"世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4272)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global sports analytics market size to grow at a CAGR of 22.0% during the forecast period
The sports analytics market size is projected to grow from USD 1.9 billion in 2019 to USD 5.2 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 22.0% during the forecast period. The sports analytics market is driven by increasing demand for predictive analysis, which is boosting fans’ experience in stadiums and provides detailed statistical data for athletes performance analysis. Predictive analysis helps in boosting athlete performance by optimizing ticket pricing. A few of the restraints for the market growth are the dearth of budget for investing in advanced technologies by various teams and leagues and the lack of awareness for various advanced technologies in the sports analytics market.

Team sports segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The sports analytics market by sports is segmented into individual sports and team sports. The team sports segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. The sub segments of team sports considered in the report are cricket, football, hockey, and basketball. The football sub segment has the highest growth rate during the forecast period, due to the increased number of leagues performance in various regions. The growth of this segment can be attributed to the increasing deployment of the sports analytics technology, which leads to the rising demand for pre- and post-match performance videos to have better analyzing capability for players performance.

Performance analysis segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The sports analytics market by application has been segmented into performance analytics, player fitness and safety, player and team valuation, fan engagement, and broadcast management. The performance analysis segment is growing at a fast pace due to the increasing demand for structured data required by teams and coaches for better analyzing and improving the player performance. Furthermore, followed by performance analysis, fans engagement is also growing, which increases the overall revenue of various sports, leagues, and clubs.

Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The growth is attributed to the emergence of various sports analytics software and services, which help the player get a statistical and structured data to analyze the performance and increase the use of digital-based technology, such as sensory devices.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the sports analytics market.
 By Company: Tier I: 38%, Tier II: 41%, and Tier III: 21%
 By Designation: C-Level Executives: 65%, Directors: 20%, and Others: 15%
 By Region: North America: 45%, APAC: 30%, Europe: 15%, MEA: 5%, and Latin America: 5%
The report includes the study of the key players offering sports analytics. It profiles major vendors in the global sports analytics market. The major vendors are IBM (US), SAS Institute (US), Tableau Software (US), EXL (US), GlobalStep (US), Catapult (US), SportsSource Analytics (UK), HCL (India), Experfy (US), IceBergs Sports (Canada), Chyronhego (US), Stats Perform (US), TruMedia Network (US), DataArt (US), Orreco (Ireland), Advanced Sports Analytics (US), Qualitas Global (India), iSportsAnalysis (UK), FORMCEPT (India), Quant4Sport (Italy), Physimax Technologies (US), and Zebra Technologies (US). It also includes an in-depth competitive analysis of key players in the sports analytics market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research Coverage
The market study covers the sports analytics market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across segments, such as sports types, deployment models, applications, and regions.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall sports analytics market and sub segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Sports Analytics Market
4.2 Market Top 3 Applications
4.3 Market By Region
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Investment in Sports Technology for Data-Driven Decisions
5.2.1.2 Need for Player/Team Performance Improvement
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Awareness About the Benefits of Sports Analytics Solutions
5.2.2.2 Budget Constraints May Hamper the Adoption of Sports Analytics Solutions
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Advent of AI and ML Technologies
5.2.3.2 Streaming of Complex Data to Increase Demand for Analytics
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Professionals With ApproPRIAte Analytical Skills
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 General Data Protection Regulation
5.4.2 Health Insurance Portability and Accountability Act
5.4.3 System and Organization Control2 Type II Compliance
5.4.4 ISO/IEC 27001
6 Sports Analytics Market, By Sports Type (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Individual Sports
6.2.1 Boxing
6.2.1.1 Boxing: Operational Drivers
6.2.2 Tennis
6.2.2.1 Tennis: Operational Drivers
6.2.3 Racing
6.2.3.1 Racing: Operational Drivers
6.2.4 Athletics
6.2.4.1 Athletics: Operational Drivers
6.2.5 Others
6.3 Team Sports
6.3.1 Cricket
6.3.1.1 Cricket: Operational Drivers
6.3.2 Football
6.3.2.1 Football: Operational Drivers
6.3.3 Basketball
6.3.3.1 Basketball: Operational Drivers
6.3.4 Baseball
6.3.4.1 Baseball: Operational Drivers
6.3.5 Hockey
6.3.5.1 Hockey: Operational Drivers
6.3.6 Others
7 Sports Analytics Market, By Application (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Performance Analytics
7.2.1 Performance Analytics: Operational Drivers
7.2.2 Team Performance Analysis
7.2.3 Competitor Analysis
7.2.4 Workload Management
7.3 Player and Team Valuation
7.3.1 Player and Team Valuation: Operational Drivers
7.4 Player Fitness and Safety
7.4.1 Player Fitness and Safety: Operational Drivers
7.5 Fan Engagement
7.5.1 Fan Engagement: Operational Drivers
7.6 Broadcast Management
7.6.1 Broadcast Management: Operational Drivers
8 Sports Analytics Market, By Deployment Model (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.2.1 On-Premises: Operational Drivers
8.3 Cloud
8.3.1 Cloud: Operational Drivers
9 Sports Analytics Market, By Component (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Solutions
9.2.1 Solutions: Operational Drivers
9.3 Services
9.3.1 Services: Operational Drivers
10 Sports Analytics Market, By Region (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 United States: Operational Drivers
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada: Operational Drivers
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 United Kingdom: Operational Drivers
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Germany: Operational Drivers
10.3.3 France
10.3.3.1 France: Operational Drivers
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 China: Operational Drivers
10.4.2 India
10.4.2.1 India: Operational Drivers
10.4.3 Australia and New Zealand
10.4.3.1 Australia and New Zealand: Operational Drivers
10.4.4 Japan
10.4.4.1 Japan: Operational Drivers
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Middle East
10.5.1.1 Middle East: Operational Drivers
10.5.2 Africa
10.5.2.1 Africa: Operational Drivers
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Brazil: Operational Drivers
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Mexico: Operational Drivers
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 108)
11.1 Competitive Leadership Mapping
11.1.1 Visionary Leaders
11.1.2 Innovators
11.1.3 Dynamic Differentiators
11.1.4 Emerging Companies
11.2 Strength of Product Portfolio
11.3 Business Strategy Excellence
12 Company Profiles (Page No. – 112)
12.1 Introduction
12.2 IBM
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.3 Tableau Software
12.4 Zebra Technologies
12.5 Catapult
12.6 EXL
12.7 SAS Institute
12.8 HCL
12.9 Chyronhego
12.10 GlobalStep
12.11 Stats Perform
12.12 Exasol
12.13 TruMedia Networks
12.14 DataArt
12.15 Orreco
12.16 Quant4Sport
12.17 Physimax Technologies
12.18 FORMCEPT
12.19 Qualitas Global
12.20 iSportsAnalysis
12.21 IceBerg Sports Analytics
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 144)
13.1 Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4272
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 乗務員管理システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、乗務員管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、アプリケーション別分析、システム別分析、デバイス別分析、地域別分析、乗務員管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パーソナルケア用包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、パーソナルケア用包装の世界市場について調査・分析し、パーソナルケア用包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アイススケート用具の世界市場2016-2020:アイススケート靴、アイススケートアクセサリ
    当調査レポートでは、アイススケート用具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイススケート用具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クリーンルーム用ケーブルの世界市場
    当調査レポートでは、クリーンルーム用ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム用ケーブルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体組成計の世界市場予測(~2021年):バイオ・インピーダンス分析装置、DEXA(二重エネルギーX線吸収測定法)、皮脂厚計、ADP(空気置換プレチスモグラフィー)、静水力学的計量装置
    当調査レポートでは、体組成計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、体組成計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は絵文字形状包装食品(スナック菓子)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Conagra Brands、McCain Foods、Mondelēz International、Snyder's – Lance等です。
  • 弾薬取り扱いシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、弾薬取り扱いシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、弾薬取り扱いシステム市場規模、銃器種類別(マシンガン、ランチャー、主砲、ガトリング砲、大砲)分析、装填方法別(非結合、結合)分析、コンポーネント別(補助電源装置(APU)、ローディングシステム、駆動装置、弾薬保管装置、その他)分析、プラットフォーム別(海、航空、陸)分析、作動形態別(半自動式、自動式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:銃器種類別(マシンガン、ランチャー、主砲、ガトリング砲、大砲) ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:装填方法別(非結合、結合) ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場:コンポーネント別(補助電源装置(APU)、ローディングシステム、駆動装置、弾薬保管装置、その他) ・ 弾薬取り扱いシステムの世界市場 …
  • 股関節・膝関節再建装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、股関節・膝関節再建装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・股関節・膝関節再建装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・股関節・膝関節再建装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・股関節・膝関節再建装置の製品パイプライン分析 ・股関節・膝関節再建装置の治験動向 ・主要企業分析 ・股関節・膝関節再建装置の世界市場規模予測 ・股関節・膝関節再建装置の地域別市場規模予測
  • 高機能顔料の世界市場:ベンズイミダゾロン、キナクリドン、ペリレン、DPP、バナジン酸ビスマス、カドミウム
    当調査レポートでは、高機能顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンタクトセンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コンタクトセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンタクトセンターの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アクリル板の世界市場2018-2022
    アクリルは、アクリル酸の1つ以上の誘導体を用いて製造されたプラスチックの一種です。ポリメチルメタクリレートアクリルは、非常に高い対候性、強度、透明度、汎用性を備えています。PMMAは管、ロッド、板として利用します。 Technavioのアナリストは、2018年から2022年の間にアクリル板の世界市場が6.27%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Arkema、Evonik Industries、Mitsubishi Chemical Corporation、SCHWEITER TECHNOLOGIES、Daicel Corporation、Trotec Laserなどです。 当調査レポートでは、アクリル板の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アクリル板市場規模、製品別(セルキャストアクリル板、連続キャストアクリル板、押出しアクリル板)分析、エンドユーザ―別(建築・建物、自動車・輸送、消費財、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマ …
  • サービスとしてのアクセスコントロール(ACaaS)の世界市場予測(~2022):サービス別、導入別、最終用途別(商用、製造&産業、政府機関、公共設備)、地域別
    当調査レポートでは、サービスとしてのアクセスコントロール(ACaaS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、サービス別分析、導入別分析、最終用途別分析、地域別分析、サービスとしてのアクセスコントロール(ACaaS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機ADS-Bの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、航空機ADS-Bの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、航空機ADS-Bの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラッチバッグの世界市場:流通経路別、地域別
    本レポートは、クラッチバッグの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・クラッチバッグの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 静止画像の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、静止画像の世界市場について調べ、静止画像の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、静止画像の市場規模をセグメンテーション別(画像種類別(写真、その他)、ライセンスモデル別(RM、RF)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は静止画像の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・静止画像の市場状況 ・静止画像の市場規模 ・静止画像の市場予測 ・静止画像の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:画像種類別(写真、その他) ・市場セグメンテーション:ライセンスモデル別(RM、RF) ・静止画像の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アクセスコントロールリーダーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、アクセスコントロールリーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、リーダータイプ別(カードベースリーダー、バイオメトリックリーダー、マルチテクノロジーリーダー)分析、スマートカード技術種類別(iCLASS、MIFARE、DESFire、Advant)分析、業種別分析、アクセスコントロールリーダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、アクセスコントロールリーダーの世界市場規模が2019年30億万ドルから2024年54億万ドルまで年平均12.5%成長すると予測しています。
  • カルボン酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カルボン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カルボン酸の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はカルボン酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BASF• Celanese Corporation• Eastman Chemical Company • Perstorp Holdings• The Dow Chemical Company等です。
  • 世界のPSIM市場2015
    本調査レポートでは、世界のPSIM市場2015について調査・分析し、PSIMの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 絶縁製品の世界市場:熱絶縁、音響絶縁、真空絶縁
    当調査レポートでは、絶縁製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、絶縁製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シャンプーの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 動物飼料用添加物の世界市場
    当調査レポートでは、動物飼料用添加物の世界市場について調査・分析し、動物飼料用添加物の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調べ、次世代シーケンシング(NGS)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、次世代シーケンシング(NGS)の市場規模をセグメンテーション別(技術別、製品別(消耗品、装置)、エンドユーザー別)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は次世代シーケンシング(NGS)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均19%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・次世代シーケンシング(NGS)の市場状況 ・次世代シーケンシング(NGS)の市場規模 ・次世代シーケンシング(NGS)の市場予測 ・次世代シーケンシング(NGS)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別 ・市場セグメンテーション:製品別(消耗品、装置) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別 ・次世代シーケンシング(NGS)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・ …
  • システムインフラ収益の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、システムインフラ収益の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、システムインフラ収益の世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の茶エキス市場:用途別(食品、飲料、医薬品、化粧品)、カテゴリー別(オーガニック、従来型)、フォーム別(液体および粉末)、種類別(緑茶、紅茶、ウーロン茶)、地域別
    MarketsandMarkets社は、茶エキスの世界市場規模が2019年25億ドルから2025年38億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。当資料では、世界の茶エキス市場を統合的に調査・分析し、市場概要、カテゴリー別(オーガニック、従来型)分析、フォーム別(液体、粉末)分析、種類別(緑茶、紅茶、ウーロン茶、その他(白、黄、濃))分析、用途別(食品、飲料、医薬品、化粧品、その他(ペットフードおよび動物飼料)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・規制 ・世界の茶エキス市場:カテゴリー別(オーガニック、従来型) ・世界の茶エキス市場:フォーム別(液体、粉末) ・世界の茶エキス市場:種類別(緑茶、紅茶、ウーロン茶、その他(白、黄、濃)) ・世界の茶エキス市場:用途別(食品、飲料、医薬品、化粧品、その他(ペットフードおよび動物飼料) ・世界の茶エキス市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • Q-TOF型質量分析の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、Q-TOF型質量分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(バイオテクノロジ、製薬、食品・飲料検査、環境試験、石油化学)分析、Q-TOF型質量分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フォ—クリフト用バッテリーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フォ—クリフト用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォ—クリフト用バッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ製文房具の世界市場:製品別(プリンター用品、郵送用品、マーキング装置、紙製品、その他)、地域別予測
    本資料は、ヨーロッパ製文房具の世界市場について調べ、ヨーロッパ製文房具の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(プリンター用品、郵送用品、マーキング装置、紙製品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーは3M、BIC、HAMELIN、ICO、LYRECO、WHSmithなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヨーロッパ製文房具の世界市場概要 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場環境 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場動向 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場規模 ・ヨーロッパ製文房具の世界市場規模:製品別(プリンター用品、郵送用品、マーキング装置、紙製品、その他) ・ヨーロッパ製文房具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヨーロッパ製文房具の北米市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具のアメリカ市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具のヨーロッパ市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具のアジア市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具の日本市場規模・予測 ・ヨーロッパ製文房具の中国 …
  • ルートビアの世界市場
    当調査レポートでは、ルートビアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ルートビアの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コンベアオーブンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コンベアオーブンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンベアオーブンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ブレーキシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブレーキシステムの世界市場について調査・分析し、ブレーキシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブレーキシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブレーキシステム種類別分析(ディスクブレーキ、ドラムブレーキ)、ブレーキシステム用途別分析(乗用車、商用車 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブレーキシステムの市場概観 ・ブレーキシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブレーキシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブレーキシステムの世界市場規模 ・ブレーキシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブレーキシステムのアメリカ市場規模推移 ・ブレーキシステムのカナダ市場規模推移 ・ブレーキシステムのメキシコ市場規模推移 ・ブレーキシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブレーキシステムのドイツ市場規模推移 ・ブレーキシステムのイギリス市場規模推移 ・ブレーキシステムのロシア市場規模推 …
  • 食品用色素の世界市場予測(~2022年):天然色素、合成色素、ネイチャーアイデンティカル
    当調査レポートでは、食品用色素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、食品用色素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアSCM(サプライチェーン管理)の世界市場:ソフトウェア(在庫、購買)、ハードウェア
    当調査レポートでは、ヘルスケアSCM(サプライチェーン管理)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、導入形態別分析、需要先別分析、地域別分析、ヘルスケアSCM(サプライチェーン管理)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プリント基板の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、プリント基板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プリント基板の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はプリント基板の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、NIPPON MEKTRON、Zhen Ding Tech、TTM Technologies、Unimicron等です。
  • 平型ポーチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、平型ポーチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、平型ポーチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂市場規模、用途別(家電、自動車、消費財、建設、電気・電子機器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂の世界市場概要 ・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂の世界市場環境 ・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂の世界市場動向 ・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂の世界市場規模 ・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂の世界市場:業界構造分析 ・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂の世界市場:用途別(家電、自動車、消費財、建設、電気・電子機器、その他) ・ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂の世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 電気バスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気バスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、電気バスの世界市場規模及び予測、充電技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アピアランスボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アピアランスボードの世界市場について調査・分析し、アピアランスボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アピアランスボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、アピアランスボード種類別分析(ブロック・ボード、合板、中質繊維板、パーティクルボード、その他)、アピアランスボード用途別分析(商業用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アピアランスボードの市場概観 ・アピアランスボードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アピアランスボードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アピアランスボードの世界市場規模 ・アピアランスボードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アピアランスボードのアメリカ市場規模推移 ・アピアランスボードのカナダ市場規模推移 ・アピアランスボードのメキシコ市場規模推移 ・アピアランスボードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アピアランスボードのドイツ市場規模推移 ・アピアランスボード …
  • 無人水上艦(USV)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、無人水上艦(USV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、サイズ別分析、ペイロード別分析、地域別分析、無人水上艦(USV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアのアクリロニトリル市場(~2019)
  • クラウドセキュリティネットワークの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 食品・飲料倉庫保管の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食品・飲料倉庫保管の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料倉庫保管の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 病理学用消耗品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、病理学用消耗品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、病理学用消耗品市場規模、用途別(診断、創薬)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・病理学用消耗品の世界市場概要 ・病理学用消耗品の世界市場環境 ・病理学用消耗品の世界市場動向 ・病理学用消耗品の世界市場規模 ・病理学用消耗品の世界市場:業界構造分析 ・病理学用消耗品の世界市場:用途別(診断、創薬) ・病理学用消耗品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・病理学用消耗品のアメリカ市場規模・予測 ・病理学用消耗品のヨーロッパ市場規模・予測 ・病理学用消耗品のアジア市場規模・予測 ・病理学用消耗品の主要国分析 ・病理学用消耗品の世界市場:意思決定フレームワーク ・病理学用消耗品の世界市場:成長要因、課題 ・病理学用消耗品の世界市場:競争環境 ・病理学用消耗品の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のニコチンガム市場予測
    本調査レポートでは、世界のニコチンガム市場について調査・分析し、世界のニコチンガム市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ステンレス鋼の世界市場:グレード別(200シリーズ、300シリーズ、400シリーズ、二相鋼シリーズ)、製品別(ロング、フラット)、用途別
    本調査レポートでは、ステンレス鋼の世界市場について調査・分析し、ステンレス鋼の世界市場動向、ステンレス鋼の世界市場規模、市場予測、セグメント別ステンレス鋼市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))のフェーズ3治験薬の状況 ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))治療薬の市場規模(販売予測) ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・乾性角結膜炎(ドライアイ)(Keratoconjunctivitis sicca (Dry Eye))の …
  • デオキシリボ核酸マイナーグルーブ副溝のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるデオキシリボ核酸マイナーグルーブ副溝のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デオキシリボ核酸マイナーグルーブ副溝の概要 ・デオキシリボ核酸マイナーグルーブ副溝のパイプライン概要 ・企業別開発中のデオキシリボ核酸マイナーグルーブ副溝 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デオキシリボ核酸マイナーグルーブ副溝の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デオキシリボ核酸マイナーグルーブ副溝開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用牽引バーの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用牽引バーの世界市場について調べ、自動車用牽引バーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用牽引バーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(引き込み不可、引き込み可能)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用牽引バーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用牽引バーの市場状況 ・自動車用牽引バーの市場規模 ・自動車用牽引バーの市場予測 ・自動車用牽引バーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(引き込み不可、引き込み可能) ・自動車用牽引バーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 電動水中ポンプ(ESP)の世界市場
    当調査レポートでは、電動水中ポンプ(ESP)の世界市場について調査・分析し、電動水中ポンプ(ESP)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • mGlu2アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるmGlu2アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・mGlu2アゴニスト(作動薬)の概要 ・mGlu2アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のmGlu2アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・mGlu2アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・mGlu2アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • レーザー変位センサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レーザー変位センサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザー変位センサー市場規模、最終用途別(自動車、工業用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーザー変位センサーの世界市場概要 ・レーザー変位センサーの世界市場環境 ・レーザー変位センサーの世界市場動向 ・レーザー変位センサーの世界市場規模 ・レーザー変位センサーの世界市場:業界構造分析 ・レーザー変位センサーの世界市場:最終用途別(自動車、工業用、その他) ・レーザー変位センサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーザー変位センサーのアメリカ市場規模・予測 ・レーザー変位センサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・レーザー変位センサーのアジア市場規模・予測 ・レーザー変位センサーの主要国分析 ・レーザー変位センサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・レーザー変位センサーの世界市場:成長要因、課題 ・レーザー変位センサーの世界市場:競争環境 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"