"世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4272)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global sports analytics market size to grow at a CAGR of 22.0% during the forecast period
The sports analytics market size is projected to grow from USD 1.9 billion in 2019 to USD 5.2 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 22.0% during the forecast period. The sports analytics market is driven by increasing demand for predictive analysis, which is boosting fans’ experience in stadiums and provides detailed statistical data for athletes performance analysis. Predictive analysis helps in boosting athlete performance by optimizing ticket pricing. A few of the restraints for the market growth are the dearth of budget for investing in advanced technologies by various teams and leagues and the lack of awareness for various advanced technologies in the sports analytics market.

Team sports segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The sports analytics market by sports is segmented into individual sports and team sports. The team sports segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. The sub segments of team sports considered in the report are cricket, football, hockey, and basketball. The football sub segment has the highest growth rate during the forecast period, due to the increased number of leagues performance in various regions. The growth of this segment can be attributed to the increasing deployment of the sports analytics technology, which leads to the rising demand for pre- and post-match performance videos to have better analyzing capability for players performance.

Performance analysis segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The sports analytics market by application has been segmented into performance analytics, player fitness and safety, player and team valuation, fan engagement, and broadcast management. The performance analysis segment is growing at a fast pace due to the increasing demand for structured data required by teams and coaches for better analyzing and improving the player performance. Furthermore, followed by performance analysis, fans engagement is also growing, which increases the overall revenue of various sports, leagues, and clubs.

Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The growth is attributed to the emergence of various sports analytics software and services, which help the player get a statistical and structured data to analyze the performance and increase the use of digital-based technology, such as sensory devices.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the sports analytics market.
 By Company: Tier I: 38%, Tier II: 41%, and Tier III: 21%
 By Designation: C-Level Executives: 65%, Directors: 20%, and Others: 15%
 By Region: North America: 45%, APAC: 30%, Europe: 15%, MEA: 5%, and Latin America: 5%
The report includes the study of the key players offering sports analytics. It profiles major vendors in the global sports analytics market. The major vendors are IBM (US), SAS Institute (US), Tableau Software (US), EXL (US), GlobalStep (US), Catapult (US), SportsSource Analytics (UK), HCL (India), Experfy (US), IceBergs Sports (Canada), Chyronhego (US), Stats Perform (US), TruMedia Network (US), DataArt (US), Orreco (Ireland), Advanced Sports Analytics (US), Qualitas Global (India), iSportsAnalysis (UK), FORMCEPT (India), Quant4Sport (Italy), Physimax Technologies (US), and Zebra Technologies (US). It also includes an in-depth competitive analysis of key players in the sports analytics market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research Coverage
The market study covers the sports analytics market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across segments, such as sports types, deployment models, applications, and regions.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall sports analytics market and sub segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Sports Analytics Market
4.2 Market Top 3 Applications
4.3 Market By Region
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Investment in Sports Technology for Data-Driven Decisions
5.2.1.2 Need for Player/Team Performance Improvement
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Awareness About the Benefits of Sports Analytics Solutions
5.2.2.2 Budget Constraints May Hamper the Adoption of Sports Analytics Solutions
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Advent of AI and ML Technologies
5.2.3.2 Streaming of Complex Data to Increase Demand for Analytics
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Professionals With ApproPRIAte Analytical Skills
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 General Data Protection Regulation
5.4.2 Health Insurance Portability and Accountability Act
5.4.3 System and Organization Control2 Type II Compliance
5.4.4 ISO/IEC 27001
6 Sports Analytics Market, By Sports Type (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Individual Sports
6.2.1 Boxing
6.2.1.1 Boxing: Operational Drivers
6.2.2 Tennis
6.2.2.1 Tennis: Operational Drivers
6.2.3 Racing
6.2.3.1 Racing: Operational Drivers
6.2.4 Athletics
6.2.4.1 Athletics: Operational Drivers
6.2.5 Others
6.3 Team Sports
6.3.1 Cricket
6.3.1.1 Cricket: Operational Drivers
6.3.2 Football
6.3.2.1 Football: Operational Drivers
6.3.3 Basketball
6.3.3.1 Basketball: Operational Drivers
6.3.4 Baseball
6.3.4.1 Baseball: Operational Drivers
6.3.5 Hockey
6.3.5.1 Hockey: Operational Drivers
6.3.6 Others
7 Sports Analytics Market, By Application (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Performance Analytics
7.2.1 Performance Analytics: Operational Drivers
7.2.2 Team Performance Analysis
7.2.3 Competitor Analysis
7.2.4 Workload Management
7.3 Player and Team Valuation
7.3.1 Player and Team Valuation: Operational Drivers
7.4 Player Fitness and Safety
7.4.1 Player Fitness and Safety: Operational Drivers
7.5 Fan Engagement
7.5.1 Fan Engagement: Operational Drivers
7.6 Broadcast Management
7.6.1 Broadcast Management: Operational Drivers
8 Sports Analytics Market, By Deployment Model (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.2.1 On-Premises: Operational Drivers
8.3 Cloud
8.3.1 Cloud: Operational Drivers
9 Sports Analytics Market, By Component (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Solutions
9.2.1 Solutions: Operational Drivers
9.3 Services
9.3.1 Services: Operational Drivers
10 Sports Analytics Market, By Region (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 United States: Operational Drivers
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canada: Operational Drivers
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 United Kingdom: Operational Drivers
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Germany: Operational Drivers
10.3.3 France
10.3.3.1 France: Operational Drivers
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 China: Operational Drivers
10.4.2 India
10.4.2.1 India: Operational Drivers
10.4.3 Australia and New Zealand
10.4.3.1 Australia and New Zealand: Operational Drivers
10.4.4 Japan
10.4.4.1 Japan: Operational Drivers
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Middle East
10.5.1.1 Middle East: Operational Drivers
10.5.2 Africa
10.5.2.1 Africa: Operational Drivers
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Brazil: Operational Drivers
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Mexico: Operational Drivers
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 108)
11.1 Competitive Leadership Mapping
11.1.1 Visionary Leaders
11.1.2 Innovators
11.1.3 Dynamic Differentiators
11.1.4 Emerging Companies
11.2 Strength of Product Portfolio
11.3 Business Strategy Excellence
12 Company Profiles (Page No. – 112)
12.1 Introduction
12.2 IBM
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.3 Tableau Software
12.4 Zebra Technologies
12.5 Catapult
12.6 EXL
12.7 SAS Institute
12.8 HCL
12.9 Chyronhego
12.10 GlobalStep
12.11 Stats Perform
12.12 Exasol
12.13 TruMedia Networks
12.14 DataArt
12.15 Orreco
12.16 Quant4Sport
12.17 Physimax Technologies
12.18 FORMCEPT
12.19 Qualitas Global
12.20 iSportsAnalysis
12.21 IceBerg Sports Analytics
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 144)
13.1 Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4272
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のスポーツ分析市場:スポーツ種類別(個人およびチーム)、コンポーネント別、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤーのフィットネスと安全性、プレーヤーとチームの評価、ファンのエンゲージメント)、展開モデル別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • バイオバンクの世界市場
    当調査レポートでは、バイオバンクの世界市場について調査・分析し、バイオバンクの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - バイオバンクの世界市場:市場動向分析 - バイオバンクの世界市場:競争要因分析 - バイオバンクの世界市場:用途別 ・個体群のバイオバンク ・仮想バイオバンク ・組織のバイオバンク - バイオバンクの世界市場:製品別 ・消費財 ・設備 - バイオバンクの世界市場:試料別 ・幹細胞 ・体液 ・ヒト組織 ・デオキシリボ核酸(DNA) ・リボ核酸(RNA) ・その他 - バイオバンクの世界市場:主要地域別分析 - バイオバンクの北米市場規模(アメリカ市場等) - バイオバンクのヨーロッパ市場規模 - バイオバンクのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・バイオバンクの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 有機ピープロテインの世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、有機ピープロテインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脅威インテリジェンスの世界市場:ソリューション別、サービス別(マネージド、プロフェッショナル)、導入モード別(オンクラウド、オンプレミス)、組織サイズ別(SME、大規模)、垂直産業別、地域別予測
    本資料は、脅威インテリジェンスの世界市場について調べ、脅威インテリジェンスの世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別分析、サービス別(マネージド、プロフェッショナル)分析、導入モード別(オンクラウド、オンプレミス)分析、組織サイズ別(SME、大規模)分析、垂直産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・脅威インテリジェンスの世界市場概要 ・脅威インテリジェンスの世界市場環境 ・脅威インテリジェンスの世界市場動向 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:ソリューション別 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:サービス別(マネージド、プロフェッショナル) ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:導入モード別(オンクラウド、オンプレミス) ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:組織サイズ別(SME、大規模) ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:垂直産業別 ・脅威インテリジェンスの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 半導体組立・パッケージングサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体組立・パッケージングサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体組立・パッケージングサービス市場規模、用途別(通信分野、コンピューティング・ネットワーク分野、工業・自動車分野、家電分野)分析、パッケージタイプ別(WLP、ダイレベルパッケージング)分析、サービスプロバイダ別(OSATs、IDM、ファウンドリ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場概要 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場環境 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場動向 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場規模 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場:業界構造分析 ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場:用途別(通信分野、コンピューティング・ネットワーク分野、工業・自動車分野、家電分野) ・半導体組立・パッケージングサービスの世界市場:パッケー …
  • ITセキュリティテストの世界市場予測(~2021年):ネットワーク、アプリケーション、デバイス
    当調査レポートでは、ITセキュリティテストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、ツール別分析、導入形態別分析、産業別分析、ITセキュリティテストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のドローン配送市場:ソリューション別(プラットフォーム、インフラストラクチャ、ソフトウェア、サービス)、期間別( 30分)、範囲別(短距離 25キロメートル)、パッケージサイズ別( 5 KG)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ドローン配送の世界市場規模が2023年21億ドルから2030年274億ドルまで年平均44.7%成長すると予測しています。本書は、世界のドローン配送市場について調査・分析し、市場概要、ソリューション別(プラットフォーム、ソフトウェア、インフラストラクチャ、サービス)分析、期間別(短時間( 30分))分析、範囲別(短距離( 25キロメートル))分析、パッケージサイズ別( 5キログラム)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・世界のドローン配送市場:ソリューション別(プラットフォーム、ソフトウェア、インフラストラクチャ、サービス) ・世界のドローン配送市場:期間別(短時間( 30分)) ・世界のドローン配送市場:範囲別(短距離( 25キロメートル)) ・世界のドローン配送市場:パッケージサイズ別( 5キログラム) ・世界のドローン配送市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • ディーゼル排気用流体(DEF)の世界市場予測(~2022年):SCR触媒、DEFタンク、インジェクター、供給モジュール、センサ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ディーゼル排気用流体(DEF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成品別分析、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析、ディーゼル排気用流体(DEF)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水陸両用強襲車(AAV)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、水陸両用強襲車(AAV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水陸両用強襲車(AAV)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 実験室用振盪機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、実験室用振盪機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用振盪機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車用テレマティクスの世界市場2016-2026
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場について調査・分析し、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:市場動向分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:競争要因分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の北米市場規模・分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の欧州市場・分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術のアジア市場・分析 ・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)技術の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 角膜厚測定の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、角膜厚測定の世界市場について調べ、角膜厚測定の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、角膜厚測定の市場規模をセグメンテーション別(製品別(非ハンドヘルド、ハンドヘルド)、用途別(屈折矯正手術、緑内障診断)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は角膜厚測定の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・角膜厚測定の市場状況 ・角膜厚測定の市場規模 ・角膜厚測定の市場予測 ・角膜厚測定の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(非ハンドヘルド、ハンドヘルド) ・市場セグメンテーション:用途別(屈折矯正手術、緑内障診断) ・角膜厚測定の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ココナッツウォーターの欧州市場2017-2021
    当調査レポートでは、ココナッツウォーターの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ココナッツウォーターの欧州市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はココナッツウォーターの欧州市場が2017-2021年期間中に年平均25.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CHi• Coca-Cola• GraceKennedy• green coco europe• PepsiCo• Vaivai • Vita Coco等です。
  • ジオクチルテレフタレートの世界市場:種類別(プレミアムグレード、ファーストグレード、認定グレード)、用途別(自動車、軟質PVC、フローリング・内装面、ガスケット・住宅・配管、ラテックスシーラント、感圧接着剤、ワイヤー・ケーブル)、地域別予測
    本資料は、ジオクチルテレフタレートの世界市場について調べ、ジオクチルテレフタレートの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(プレミアムグレード、ファーストグレード、認定グレード)分析、用途別(自動車、軟質PVC、フローリング・内装面、ガスケット・住宅・配管、ラテックスシーラント、感圧接着剤、ワイヤー・ケーブル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF、Aekyung Petrochemical、Oxea、LG Chemical、Eastman、ExxonMobil、Meltem Kimya、Nan Ya Plastics、UPC Group、Iro Group、Bluesail Chemical Group、Xiongye Chemical、Lingchuang Chemical、Xiangfeng Plastic、Kunshan Hefeng Chemicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ジオクチルテレフタレートの世界市場概要 ・ジ …
  • 世界の太陽電池用接続箱市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽電池用接続箱市場2015について調査・分析し、太陽電池用接続箱の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フルフラールの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、フルフラールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原材料別(スガカンバガス、コーンコブ、もみ殻など)分析、用途別(誘導体(フルフラールアルコール及びその他の誘導体)、溶媒)分析、フルフラールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、フルフラールの世界市場規模が2019年551百万ドルから2024年700百万ドルまで年平均4.9%成長すると予測しています。
  • 世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別
    MarketsandMarkets社は、遺伝子治療の世界市場規模が2019年38億ドルから2024年130億ドルまで年平均27.8%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の遺伝子治療市場を広く調査・分析し、市場概要、ベクター別(非ウイルスベクター、ウイルスベクター)分析、疾患別(神経疾患、がん、肝疾患、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、その他)分析、デリバリー方法別(In Vivo遺伝子治療、Ex Vivo遺伝子治療)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の遺伝子治療市場:ベクター別(非ウイルスベクター、ウイルスベクター) ・世界の遺伝子治療市場:疾患別(神経疾患、がん、肝疾患、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、その他) ・世界の遺伝子治療市場:デリバリー方法別(In Vivo遺伝子治療、Ex Vivo遺伝子治療) ・世界の遺伝子治療市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • ファシリティマネジメント(FM)サービスの欧州市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファシリティマネジメント(FM)サービスの欧州市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ファシリティマネジメント(FM)サービスの欧州市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 空気圧装置の世界市場:空気圧シリンダ、空気圧弁、空気圧エンジン・モータ
    当調査レポートでは、空気圧装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気圧装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 卵包装容器の世界市場:成型紙、PET、ポリスチレン
    当調査レポートでは、卵包装容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、卵包装容器の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非血管ステントの世界市場2014-2025:製品別[胃腸(胆道、十二指腸、結腸、膵臓、食道ステント)、肺、泌尿器ステント]
    本調査レポートでは、非血管ステントの世界市場について調査・分析し、非血管ステントの世界市場動向、非血管ステントの世界市場規模、市場予測、セグメント別非血管ステント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 化粧品・香水用ガラスボトルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、化粧品・香水用ガラスボトルの世界市場について調査・分析し、化粧品・香水用ガラスボトルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別化粧品・香水用ガラスボトルシェア、市場規模推移、市場規模予測、化粧品・香水用ガラスボトル種類別分析(0-50ml、50-150ml、>150ml (150ML))、化粧品・香水用ガラスボトル用途別分析(化粧品用ガラスボトル、香水用ガラスボトル)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・化粧品・香水用ガラスボトルの市場概観 ・化粧品・香水用ガラスボトルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・化粧品・香水用ガラスボトルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・化粧品・香水用ガラスボトルの世界市場規模 ・化粧品・香水用ガラスボトルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・化粧品・香水用ガラスボトルのアメリカ市場規模推移 ・化粧品・香水用ガラスボトルのカナダ市場規模推移 ・化粧品・香水用ガラスボトルのメキシコ市場規模推移 ・化粧品・香水用ガラスボト …
  • 過圧揚水の世界市場:タイプ別(水圧破砕、セメンチング)、抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井)、地域別予測
    本資料は、過圧揚水の世界市場について調べ、過圧揚水の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(水圧破砕、セメンチング)分析、抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・過圧揚水の世界市場概要 ・過圧揚水の世界市場環境 ・過圧揚水の世界市場動向 ・過圧揚水の世界市場規模 ・過圧揚水の世界市場規模:タイプ別(水圧破砕、セメンチング) ・過圧揚水の世界市場規模:抗井タイプ別(水平井、垂直井、傾斜井) ・過圧揚水の世界市場:地域別市場規模・分析 ・過圧揚水の北米市場規模・予測 ・過圧揚水のアメリカ市場規模・予測 ・過圧揚水のヨーロッパ市場規模・予測 ・過圧揚水のアジア市場規模・予測 ・過圧揚水の日本市場規模・予測 ・過圧揚水の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • BCGワクチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、BCGワクチンの世界市場について調査・分析し、BCGワクチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別BCGワクチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、BCGワクチン種類別分析(免疫BCG、治療用BCG)、BCGワクチン用途別分析(病院、クリニック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・BCGワクチンの市場概観 ・BCGワクチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・BCGワクチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・BCGワクチンの世界市場規模 ・BCGワクチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・BCGワクチンのアメリカ市場規模推移 ・BCGワクチンのカナダ市場規模推移 ・BCGワクチンのメキシコ市場規模推移 ・BCGワクチンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・BCGワクチンのドイツ市場規模推移 ・BCGワクチンのイギリス市場規模推移 ・BCGワクチンのロシア市場規模推移 ・BCGワクチンのアジア市場分 …
  • 世界のLDOリニアレギュレータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のLDOリニアレギュレータ市場2016について調査・分析し、LDOリニアレギュレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 感情分析の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、感情分析の世界市場について調べ、感情分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、感情分析の市場規模をセグメンテーション別(用途別(顧客体験管理、販売およびマーケティング管理、競争力インテリジェンス、公安および法執行機関、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は感情分析の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・感情分析の市場状況 ・感情分析の市場規模 ・感情分析の市場予測 ・感情分析の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(顧客体験管理、販売およびマーケティング管理、競争力インテリジェンス、公安および法執行機関、その他) ・感情分析の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 入浴・シャワー製品の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • アメリカのK-12実験室用キット市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのK-12実験室用キット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのK-12実験室用キット市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの血栓管理装置市場(~2021)
  • 変形性関節症治療法の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、変形性関節症治療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、解剖学別(膝、股関節)分析、薬物種類別(NSAID、コルチコステロイド)分析、投与経路別(非経口、局所)分析、流通チャンネル別(病院薬局)分析、変形性関節症治療法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、変形性関節症治療法の世界市場規模が2019年68億ドルから2024年101億ドルまで年平均8.1%成長すると予測しています。
  • 自動車用自動防眩ミラーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用自動防眩ミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用自動防眩ミラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼気検査機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、呼気検査機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、呼気検査機の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤の概要 ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のPI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 心臓バイオマーカーの世界市場分析:タイプ別(トロンポニン、クレアチンキナーゼ-MB(CK-MB)、ナトリウム利尿ペプチド-B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)・N末端プロb型ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)、ミオグロビン、虚血修飾アルブミン(IMA)、心臓型脂肪酸結合タンパク質(H-FABP)、LDHアイソザイム)、用途別(急性冠動脈症候群、心筋梗塞、うっ血性心不全、心筋症、虚血、心筋炎、心房細動)、エンドユーザー別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、心臓バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、心臓バイオマーカーの世界市場動向、心臓バイオマーカーの世界市場規模、市場予測、セグメント別心臓バイオマーカー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場予測(~2021年):大豆メチルエステル(SME)、菜種メチルエステル(RME)、椰子油メチルエステル(PME)
    当調査レポートでは、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルペス治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヘルペス治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、疾患概要、ヘルペス治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コーディング及びマーキング機器の世界市場2020-2024:エンドユーザー別、技術別、地域別
    「コーディング及びマーキング機器の世界市場2020-2024」は、コーディング及びマーキング機器について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(食品&飲料、工業用、ヘルスケア、その他)分析、技術別(CIJ印刷&コーディング、レーザーコーディング&マーキング、TIJ印刷、DOD印刷、その他)分析、顧客状況、地域状況、決定フレームワーク、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コーディング及びマーキング機器の世界市場:エンドユーザー別(食品&飲料、工業用、ヘルスケア、その他) ・コーディング及びマーキング機器の世界市場:技術別(CIJ印刷&コーディング、レーザーコーディング&マーキング、TIJ印刷、DOD印刷、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の実体顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の実体顕微鏡市場2015について調査・分析し、実体顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アセチレンガスの世界市場予測2019-2024
    「アセチレンガスの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、炭化カルシウム製造、炭化水素熱分解製造など、用途別には、Cutting and Welding、Chemical、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アセチレンガスのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アセチレンガスの世界市場概要(サマリー) ・アセチレンガスの企業別販売量・売上 ・アセチレンガスの企業別市場シェア ・アセチレンガスの世界市場規模:種類別(炭化カルシウム製造、炭化水素熱分解製造) ・アセチレンガスの世界市場規模:用途別(Cutting and Welding、Chemical、Others) ・アセチレンガスの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アセチレンガスのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アセチレンガスの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・アセチレン …
  • スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるスギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)の概要 ・スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のスギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スギ花粉症(Cedar Pollen Allergy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 農業用トラクターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農業用トラクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業用トラクター市場規模、種類別(車輪トラクター、歩行牽引トラクター)分析、馬力別(250HP以上、181HP~250HP、121HP~180HP、81HP~120HP、40HP~80HP、40HP、40HP未満)分析、エンジン容量別(高排気量、中排気量、低排気量)分析、製品別(四輪駆動、二輪駆動、全輪駆動、自動運転、その他)分析、機器種類別(脱穀機、回転機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農業用トラクターの世界市場:市場動向分析 ・ 農業用トラクターの世界市場:競争要因分析 ・ 農業用トラクターの世界市場:種類別(車輪トラクター、歩行牽引トラクター) ・ 農業用トラクターの世界市場:馬力別(250HP以上、181HP~250HP、121HP~180HP、81HP~120HP、40HP~80HP、40HP、40HP未満) ・ 農業用トラクターの世界市場:エ …
  • 宇宙ゴミ監視及び除去の世界市場2020-2024:用途別、地域別
    「宇宙ゴミ監視及び除去の世界市場2020-2024」は、宇宙ゴミ監視及び除去について市場概要、市場規模、用途別(スペースデブリ除去技術、スペースデブリ監視技術)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・宇宙ゴミ監視及び除去の世界市場:用途別(スペースデブリ除去技術、スペースデブリ監視技術) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 脂肪族炭化水素系溶剤およびシンナーの世界市場予測
    当調査レポートでは、脂肪族炭化水素系溶剤およびシンナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モニター心電図の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モニター心電図の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モニター心電図の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用LIDARセンサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用LIDARセンサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用LIDARセンサー市場規模、用途別(ADAS、自律走行車両)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場概要 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場環境 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場動向 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場規模 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場:業界構造分析 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場:用途別(ADAS、自律走行車両) ・自動車用LIDARセンサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用LIDARセンサーの北米市場規模・予測 ・自動車用LIDARセンサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用LIDARセンサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用LIDARセンサーの主要国分析 ・自動車用LIDARセンサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるKv1.3カリウム・チャンネル遮断薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬の概要 ・Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のKv1.3カリウム・チャンネル遮断薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • T細胞リンパ腫(T-Cell Lymphomas):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、T細胞リンパ腫(T-Cell Lymphomas)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・T細胞リンパ腫(T-Cell Lymphomas):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・T細胞リンパ腫(T-Cell Lymphomas)のフェーズ3治験薬の状況 ・T細胞リンパ腫(T-Cell Lymphomas)治療薬の市場規模(販売予測) ・T細胞リンパ腫(T-Cell Lymphomas)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・T細胞リンパ腫(T-Cell Lymphomas)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のT細胞リンパ腫(T-Cell Lymphomas)治療薬剤
  • 自動車用ターボチャージャーの世界市場予測(~2027年)
    MarketsandMarkets社は、自動車用ターボチャージャーの世界市場規模が2019年125億ドルから2027年264億ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、車種別(乗用車、小型商用車、トラック、バス)分析、燃料別(ディーゼル、ガソリン、代替燃料/ CNG)分析、技術別(可変ジオメトリーターボチャージャー(VGT / VNT)、ウェイストゲートターボチャージャー、電動ターボチャージャー、可変ツインスクロールターボチャージャー、ツインターボチャージャー、フリーフローティングターボチャージャー、ダブルアクスルターボチャージャー)分析、材料別(鋳鉄、アルミニウム、その他の材料)分析、コンポーネント別(タービン、コンプレッサー、ハウジング)分析、産業別(農業用トラクター、建設機械)分析、車両タイプ別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))分析、地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 …
  • 世界の子供用経口抗生剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の子供用経口抗生剤市場2015について調査・分析し、子供用経口抗生剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心血管用医療機器の世界市場・予測2016-2026
    当調査レポートでは、心血管用医療機器の世界市場について調査・分析し、心血管用医療機器の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 心血管用医療機器市場2016-2026 3. 心血管用医療機器市場:予測2016-2026 4. 心臓律動管理装置市場2015-2026 5. 心臓プロテーゼ市場2015-2026 6. インターベンショナル心血管装置市場2015-2026 7. 心モニタリング・診断装置市場2016-2026 8. 心血管用装置の主要国市場2016-2026 9. 主要企業および市場開発 10. 心血管用機器市場の定性分析2016-2026 11. 結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"