"世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:PH 5445)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The stable isotope labeled compounds market is projected to grow at a CAGR of 3.0% during the forecast period (2019–2024).”
The global stable isotope labeled compounds market size is projected to reach USD 312 million by 2024 from USD 269 million in 2019, at a CAGR of 3.0%. The growth of this market is driven majorly by factors such as the increase in research activities in the pharmaceutical and biotechnology sector, rising proteomics research, and the rising prevalence of cancer. However, the high cost of stable isotope-labeled compounds is expected to restrain the growth of this market during the forecast period.

“By type, the H-2 labeled compounds segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on component, the stable isotope-labeled compounds market is segmented into C-13, N-15, O-18, H-2 (deuterium), and other isotopes. The H-2 labeled compounds segment accounted for the largest market share in 2018. This segment is also expected to register the highest growth during the forecast period. This growth in this segment is driven primarily by growing drug research in the pharmaceutical industry and the increasing availability of deuterium-labeled compounds.

“By application, the research segment dominated the stable isotope labeled compounds market in 2018.”
Based on technology, the stable isotope-labeled compounds market is segmented into research, clinical diagnostics, industrial applications, and other applications. The research segment accounted for the largest share of the stable isotope-labeled compounds market in 2018, owing to rising research activities in the biomedical, pharmaceutical, environmental & ecological, and agricultural sectors.

“North America stable isotope labeled compounds market is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
The North America region market is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period, primarily due to the growing pharmaceutical and biopharmaceutical industry, support from the Isotope Production and Distribution Program Fund, and the presence of a large nuclear industry are driving market growth in the region.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–21%, Tier 2–26%, and Tier 3–53%
• By Designation: C-level–32%, Director-level–26%, and Others–42%
• By Region: North America–34%, Europe–29%, Asia Pacific–27%, RoW-10%

The prominent players operating in the global stable isotope labeled compounds market include PerkinElmer Inc. (US), Merck KGaA (Germany), Cambridge Isotope Laboratories, Inc. (US), URENCO Limited (UK), IsoSciences, LLC (US), Medical Isotopes, Inc. (US), Omicron Biochemicals, Inc. (US), Trace Sciences International (US), Alsachim (France), Taiyo Nippon Sanso Corporation (Japan), and Rotem Industries Israel Ltd. (Israel).

Research Coverage:
The report analyzes the stable isotope labeled compounds market and aims at estimating the market size and future growth potential. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the stable isotope labeled compounds market
• Service Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the stable isotope labeled compounds market
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions
• Market Diversification: Exhaustive information about new systems, growing geographies, and recent developments in the global stable isotope labeled compounds market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, revenue analysis, and services of the leading players in the stable isotope labeled compounds market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Markets Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Key Data From Primary Sources
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.5 Data Triangulation
2.5.1 Assumptions for the Study
2.5.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Stable Isotope-Labeled Compounds Market Overview
4.2 North America: Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Application (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Stable Isotope-Labeled Compounds Market
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in Research Activities in the Pharmaceutical & Biotechnology Sectors
5.2.1.2 Growing Proteomics Research
5.2.1.3 Growing Prevalence of Cancer
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Stable Isotope-Labeled Compounds
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Investments in Pharmaceutical R&D in Emerging Markets
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Professionals
6 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Hydrogen-2
6.2.1 Growing Applications of H-2 in Pharmaceutical Research Will Drive the Demand for Labeled Compounds
6.3 Carbon-13
6.3.1 Growing Number of Metabolomics Studies and Applications in Disease Diagnosis are Driving Market Growth
6.4 Oxygen-18
6.4.1 Increasing Research on Cancer is Expected to Drive the Demand for Oxygen-18-Labeled Isotopes
6.5 Nitrogen-15
6.5.1 Expanding Applications of N-15 in Agricultural Investigation and Rising Research are Likely to Drive Market Demand
6.6 Other Stable Isotopes
7 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Application (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Research Applications
7.2.1 Biomedical Research
7.2.1.1 Increasing Number of Biomedical Research Activities Involving Stable Isotopes to Drive the Stable Isotope-Labeled Compounds Market for Biomedical Research
7.2.2 Pharmaceutical Research
7.2.2.1 Stable Isotopically Modified Pharmaceutical Agents Offer Reduced Side-Effects, Improved Oral Bioavailability, and Increased Half-Life—Key Factors Driving Market Growth
7.2.3 Environmental & Ecological Research
7.2.3.1 Increasing Use of Stable to Study the Feeding Ecology of Living Or Extinct Animal Species Through the Analysis of Their Ratios in Carcasses Or Remains to Drive Market Growth
7.2.4 Agricultural Research
7.2.4.1 Increasing Use of Stable Isotopes to Prevent Soil Pollution and Contamination and Facilitate Maximum Crop Production to Drive Growth in This Market
7.3 Clinical Diagnostics
7.3.1 Increasing Adoption of Pet Scans and Gamma Imaging for Disease Staging to Support Market Growth
7.4 Industrial Applications
7.4.1 Growing Application of Stable Isotopes in the Nuclear Industry and the Increasing Number of Nuclear Reactors to Support Market Growth
7.5 Other Applications
8 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By End User (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
8.2.1 Increase in R&D Activities to Drive the Demand for Stable Isotope-Labeled Compounds Among Pharma & Biotech Companies
8.3 Academic & Research Institutes
8.3.1 Growing Research on Various Treatment Therapies is Driving the Growth of This End-User Segment
8.4 Hospitals & Diagnostic Centers
8.4.1 Adoption of Stable Isotopes has Increased Owing to the Rising Prevalence of Target Diseases
8.5 Other End Users
9 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Region (Page No. – 73)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Stable Isotope-Labeled Compounds Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Availability of Funding Will Drive the Market in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is the Fastest-Growing Market in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Favorable Scenario for Environmental Research and Increasing Prevalence of Cancer are Key Growth Drivers in the UK
9.3.3 France
9.3.3.1 France has A Large and Well-Developed Biotech Industry
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Strong Government Support for Research has Stimulated Market Growth in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Increasing Research Activities and Expenditure Shows Significant Market Growth Potential in Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 China Dominates the Stable Isotope-Labeled Compounds Market in the APAC
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Growing Support and Funding have Raised Research Intensity in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Government Initiatives have Strengthened the Life Science Industry in India
9.4.4 Australia
9.4.4.1 Growing Funding for Research and Collaborations have Supported Market Growth in Australia
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 110)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.4 Competitive Leadership Mapping (2018)
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 114)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View)*
11.1 Cambridge Isotope Laboratories
11.2 Merck KGaA
11.3 URENCO Limited
11.4 Isosciences
11.5 Medical Isotopes
11.6 Omicron Biochemicals
11.7 Trace Sciences International
11.8 Alsachim
11.9 Taiyo Nippon Sanso Corporation
11.10 PerkinElmer
11.11 Rotem Industries Israel
11.12 BOC Sciences
11.13 CortecNet
11.14 ISOFLEX
11.15 Huayi Isotopes Co.
11.16 Mesbah Energy Co.
11.17 Shanghai Research Institute of Chemical Industry
11.18 13c Molecular
11.19 C/D/N Isotopes
11.20 Shoko Co.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 138)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】PH 5445
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医薬品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • レトルト包装の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、レトルト包装の世界市場について調査・分析し、レトルト包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・レトルト包装の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・レトルト包装の世界市場:セグメント別市場分析 ・レトルト包装の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 自動車用バルブの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用バルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用バルブ市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用バルブの世界市場概要 ・自動車用バルブの世界市場環境 ・自動車用バルブの世界市場動向 ・自動車用バルブの世界市場規模 ・自動車用バルブの世界市場:業界構造分析 ・自動車用バルブの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用バルブの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用バルブのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用バルブのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用バルブのアジア市場規模・予測 ・自動車用バルブの主要国分析 ・自動車用バルブの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用バルブの世界市場:成長要因、課題 ・自動車用バルブの世界市場:競争環境 ・自動車用バルブの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • オーストリアの整形外科補綴市場見通し
  • 世界の食品用保湿剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食品用保湿剤市場2015について調査・分析し、食品用保湿剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用パワースライドドアシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用パワースライドドアシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用パワースライドドアシステム市場規模、最終用途別(乗用バン、カーゴバン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場概要 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場環境 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場動向 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場規模 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場:最終用途別(乗用バン、カーゴバン) ・自動車用パワースライドドアシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用パワースライドドアシステムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用パワースライドドアシステムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用パワースライドドアシステムのアジア市場規模・予測 ・自動車用パワースライ …
  • 分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場動向および予測(~2021年)
    当調査レポートでは、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧力逃がし弁の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、圧力逃がし弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力逃がし弁の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 光電感知器の世界市場2018–2025:技術別(拡散、再帰性反射、透過型ビーム)、エンドユーズ別(自動車、軍事・航空宇宙、電子機器・セミコンダクター、パッケージング)
    本調査レポートでは、光電感知器の世界市場について調査・分析し、光電感知器の世界市場動向、光電感知器の世界市場規模、市場予測、セグメント別光電感知器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ZigBeeリモコンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ZigBeeリモコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ZigBeeリモコンの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 注射型ドラッグデリバリーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、注射型ドラッグデリバリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、注射型ドラッグデリバリー市場規模、タイプ別(製剤、デバイス)分析、製剤容器別(カートリッジ、アンプル、ボトル、小瓶)分析、使用パターン別(予防接種、治療、その他) 分析、使用施設別(在宅医療、病院・診療所、その他)分析、投与部位別(循環・筋骨格(静脈内、心臓内、筋肉内、腹膜内)、皮膚(皮内・皮下)、中枢神経系(大脳内・クモ膜下)、臓器(硝子体内・関節内))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:市場動向分析 ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:競争要因分析 ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:タイプ別(製剤、デバイス) ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:製剤容器別(カートリッジ、アンプル、ボトル、小瓶) ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:使用パターン別(予防接種、治療、その他) ・ 注射型ドラッグデリ …
  • 高圧弁用ステムシールの世界市場2017-2021:ポジティブシール、アンブレラシール
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高圧弁用ステムシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高圧弁用ステムシールの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高圧弁用ステムシールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDuPont、Flexitallic、Garlock、SKF、Velan等です。
  • 核医学イメージング装置の世界市場:製品別(ハイブリッドSPECT、スタンドアロンSPECT、ハイブリッドPET、平面像でのシンチグラフィ)、用途別(腫瘍学、心臓病学、神経学)、最終用途別(病院、イメージングセンター、学術研究センター、その他)、地域別予測
    本資料は、核医学イメージング装置の世界市場について調べ、核医学イメージング装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ハイブリッドSPECT、スタンドアロンSPECT、ハイブリッドPET、平面像でのシンチグラフィ)分析、用途別(腫瘍学、心臓病学、神経学)分析、最終用途別(病院、イメージングセンター、学術研究センター、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCMR Naviscan Corporation、DDD-Diagnostic A/S、Digirad Corporation、GE Healthcare、Mediso Medical Imaging System Ltd.、Neusoft Medical Systems Co. Ltd.、Philips Healthcare、Siemens AG、Surgiceye GmbHなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・核医学イメージング装置の世界市場概要 ・核医学イメージング装置の世界市場環境 …
  • ノルウェーの心臓血管手術装置市場見通し
  • 洗剤の世界市場2019-2023
    洗剤とは水溶性化学物質であり、形状は液体もしくは固体であり、汚れや泥などを洗浄するために使われ、脂肪塩酸で出来ています。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に洗剤の世界市場が4.51%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Church & Dwight、Henkel、Kao Corporation、Procter & Gamble、Reckitt Benckiser Group、Unileverなどです。 当調査レポートでは、洗剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、洗剤市場規模、種類別(粉末、液体)分析、エンドユーザー別(家庭用、商業・産業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・洗剤の世界市場概要 ・洗剤の世界市場環境 ・洗剤の世界市場動向 ・洗剤の世界市場規模 ・洗剤の世界市場:業界構造分析 ・洗剤の世界市場:種類別(粉末、液体) ・洗剤の世界市場:エンドユーザー別(家庭用、商 …
  • 眼科レーザーの世界市場予測(~2021年):フェムト秒レーザー、エキシマレーザー、Nd:YAGレーザー、ダイオードレーザー
    当調査レポートでは、眼科レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、眼科レーザーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験室用濾過製品の世界市場:限外濾過、精密濾過、ナノ濾過、逆浸透膜濾過
    当調査レポートでは、実験室用濾過製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧力反応性接着剤の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、圧力反応性接着剤の世界市場について調査・分析し、圧力反応性接着剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 圧力反応性接着剤の世界市場:市場動向分析 - 圧力反応性接着剤の世界市場:競争要因分析 - 圧力反応性接着剤の世界市場:ポリマー種類別 ポリアミド エチレンビニールアセテート (EVA) アクリル ポリオレフィン ポリウレタン (PUR and PU) シリコン ポリエステル ゴム エラストマー その他のポリマー - 圧力反応性接着剤の世界市場:技術別 溶剤系PSA 放射性PSA 熱溶融PSA 水性PSA - 圧力反応性接着剤の世界市場:製品別 ラベル テープ グラフィックPSA その他の製品 - 圧力反応性接着剤の世界市場:エンドユーザー別 ビルディング及び建築 電化製品、電子通信 医療及び健康管理 梱包 自動車及び輸送 その他のエンドユーザー - 圧力反応性接着剤の世界市場:用途様式別 脱着可能 永久固定 - 圧力反応性接着剤の世界市場:主要地域別分析 - 圧力反応性接着剤の北 …
  • メンタリングソフトウェアの世界市場
    本資料は、メンタリングソフトウェアの世界市場について調べ、メンタリングソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オンプレミス、クラウドベース)分析、用途別(中所企業(SMEs)、大企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAllscripts、Agamatrix、Apple、Honeywell、Medtronic Minimed、Vivify Health、IHealth Labs 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・メンタリングソフトウェアの世界市場概要 ・メンタリングソフトウェアの世界市場環境 ・メンタリングソフトウェアの世界市場動向 ・メンタリングソフトウェアの世界市場規模 ・メンタリングソフトウェアの世界市場規模:種類別(オンプレミス、クラウドベース) ・メンタリングソフトウェアの世界市場規模:用途別(中所企業(SMEs)、大企業) ・メンタリングソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・メンタリングソフトウェアの北 …
  • 世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、診断心電計(ECG)の世界市場規模が2019年75億ドルから2024年103億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の診断心電計(ECG)市場を広く調査・分析し、市場概要、製品&サービス別(製品、ソフトウェア&サービス)分析、リード種類別(12ピンECGデバイス、5ピンECGデバイス、3ピンECGデバイス、6ピンECGデバイス、シングルピンECGデバイス、その他のリードタイプ)分析、エンドユーザー別(病院、診療所、心臓センター、外来手術センター、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の診断心電計(ECG)市場:製品&サービス別(製品、ソフトウェア&サービス) ・世界の診断心電計(ECG)市場:リード種類別(12ピンECGデバイス、5ピンECGデバイス、3ピンECGデバイス、6ピンECGデバイス、シングルピンECGデバイス、その他のリードタイプ) ・世界の診断心電 …
  • クラウドPOSの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クラウドPOSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント別分析、組織サイズ別分析、用途別(小売・消費財、旅行・ホスピタリティ、輸送・物流、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア)分析、クラウドPOSの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用センサの世界市場予測(~2022年):圧力センサ、速度センサ、近接センサ、ジャイロセンサ
    当調査レポートでは、航空機用センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、航空機種類別分析、センサ種類別分析、用途別分析、地域別分析、航空機用センサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベルギーの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 米国の冬服市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の冬服市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国の冬服市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヒトパピローマウイルス感染症(Human Papillomavirus Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヒトパピローマウイルス感染症(Human Papillomavirus Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヒトパピローマウイルス感染症(Human Papillomavirus Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヒトパピローマウイルス感染症(Human Papillomavirus Infections)の概要 ・ヒトパピローマウイルス感染症(Human Papillomavirus Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヒトパピローマウイルス感染症(Human Papillomavirus Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • 生鮮食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、生鮮食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生鮮食品の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ピスタチオの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ピスタチオの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピスタチオの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の高密度インターコネクト(HDI)PCB市場2019
    本調査レポートでは、世界の高密度インターコネクト(HDI)PCB市場2019について調査・分析し、高密度インターコネクト(HDI)PCBの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、高密度インターコネクト(HDI)PCBのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、高密度インターコネクト(HDI)PCBメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・高密度インターコネクト(HDI)PCBの市場概要 ・高密度インターコネクト(HDI)PCBの上流・下流市場分析 ・高密度インターコネクト(HDI)PCBのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・高密度インターコネクト(HDI)PCBのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高密度インターコネクト(HDI)PCBのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・高密度インターコネクト(HDI)PCBのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・高密度インターコネクト( …
  • 世界のLVAD市場2015
    本調査レポートでは、世界のLVAD市場2015について調査・分析し、LVADの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 学校事務ソフトウェアの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、学校事務ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校事務ソフトウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワークステーションの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:タワー型ワークステーション、モバイル型ワークステーション、ラック型ワークステーション、ブレード型ワークステーション、オールインワン型ワークステーション
  • ポリオレフィンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリオレフィンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリオレフィンの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • ボンディングワイヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボンディングワイヤの世界市場について調査・分析し、ボンディングワイヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボンディングワイヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボンディングワイヤ種類別分析(金製、銅製、銀製、パラジウム被覆、その他)、ボンディングワイヤ用途別分析(IC、トランジスタ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボンディングワイヤの市場概観 ・ボンディングワイヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボンディングワイヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボンディングワイヤの世界市場規模 ・ボンディングワイヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボンディングワイヤのアメリカ市場規模推移 ・ボンディングワイヤのカナダ市場規模推移 ・ボンディングワイヤのメキシコ市場規模推移 ・ボンディングワイヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボンディングワイヤのドイツ市場規模推移 ・ボンディングワイヤのイギリス …
  • EラーニングITインフラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EラーニングITインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EラーニングITインフラの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるcFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・cFMSキナーゼ阻害薬の概要 ・cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のcFMSキナーゼ阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・cFMSキナーゼ阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・cFMSキナーゼ阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 韓国の血栓管理装置市場(~2021)
  • AMI市場の世界市場:スマートメーター(電力メーター、ガスメーター、水道メーター)、通信モジュール
    当調査レポートでは、AMI(Advanced Metering Infrastructure)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、デバイス別分析、ソリューション別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CBD注入型化粧品の世界市場2020-2024
    「CBD注入型化粧品の世界市場2020-2024」は、CBD注入型化粧品について市場概要、市場規模、製品別(スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、香料、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・CBD注入型化粧品の世界市場:製品別(スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、香料、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 風力タービン用ギアオイルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、風力タービン用ギアオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、風力タービン用ギアオイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のソレノイド弁市場2015
    本調査レポートでは、中国のソレノイド弁市場2015について調査・分析し、ソレノイド弁の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フレーバー及びレグランスの世界市場:製品別(ナチュラル、アロマ)、用途別(食品香料、香粧品香料)、地域別
    本調査レポートでは、フレーバー及びレグランスの世界市場について調査・分析し、フレーバー及びレグランスの世界市場動向、フレーバー及びレグランスの世界市場規模、市場予測、セグメント別フレーバー及びレグランス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ロッカーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ロッカーの世界市場について調査・分析し、ロッカーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ロッカーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ロッカー種類別分析(金属、ラミネート、木製、プラスチック・フェノール)、ロッカー用途別分析(エンターテインメント/フィットネス、教育/図書館、小売/商業、運送・ロジスティックス(小包など))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ロッカーの市場概観 ・ロッカーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ロッカーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ロッカーの世界市場規模 ・ロッカーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ロッカーのアメリカ市場規模推移 ・ロッカーのカナダ市場規模推移 ・ロッカーのメキシコ市場規模推移 ・ロッカーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ロッカーのドイツ市場規模推移 ・ロッカーのイギリス市場規模推移 ・ロッカーのロシア市場規模推移 ・ロッカーのアジア市場分析(日本、中 …
  • 世界の六ほう化ランタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の六ほう化ランタン市場2016について調査・分析し、六ほう化ランタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLTEパワーアンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のLTEパワーアンプ市場2015について調査・分析し、LTEパワーアンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • レーザー加工の世界市場:固体レーザー、液体レーザー、ガスレーザー
    当調査レポートでは、レーザー加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医用画像の世界市場
    当調査レポートでは、医用画像の世界市場について調査・分析し、医用画像の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医用画像の世界市場:市場動向分析 - 医用画像の世界市場:競争要因分析 - 医用画像の世界市場:製品別 ・コンピューター断層撮影 ・マンモグラフィー ・MRI ・核医学画像/放射性核種 ・超音波 ・X線画像 ・触覚イメージング ・サーモグラフィー ・エラストグラフィー ・その他 - 医用画像の世界市場:用途別 ・脳&神経系 ・心臓 ・神経 ・産科/婦人科 ・腫瘍 ・骨盤&腹部 ・脊柱&筋骨格 ・泌尿器 ・血管 ・その他 - 医用画像の世界市場:エンドユーザー別 ・クリニック ・外来外科センター ・画像診断研究所 ・病院 - 医用画像の世界市場:主要地域別分析 - 医用画像の北米市場規模(アメリカ市場等) - 医用画像のヨーロッパ市場規模 - 医用画像のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医用画像の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車用バックミラーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用バックミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、製品別分析、機能別分析、種類別分析、車両種類別分析、自動車用バックミラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シアン酸エステル樹脂の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シアン酸エステル樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、需要先(産業)別分析、用途(複合材料、接着剤)別分析、地域別分析、シアン酸エステル樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 術後疼痛(Post-Operative Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、術後疼痛(Post-Operative Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・術後疼痛(Post-Operative Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・術後疼痛(Post-Operative Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・術後疼痛(Post-Operative Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・術後疼痛(Post-Operative Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・術後疼痛(Post-Operative Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の術後疼痛(Post-Operative Pain)治療薬剤
  • アルミニウムの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、アルミニウムの世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アルミニウムの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アルミニウムの世界市場:需要先別市場分析 ・アルミニウムの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"