"世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:PH 5445)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The stable isotope labeled compounds market is projected to grow at a CAGR of 3.0% during the forecast period (2019–2024).”
The global stable isotope labeled compounds market size is projected to reach USD 312 million by 2024 from USD 269 million in 2019, at a CAGR of 3.0%. The growth of this market is driven majorly by factors such as the increase in research activities in the pharmaceutical and biotechnology sector, rising proteomics research, and the rising prevalence of cancer. However, the high cost of stable isotope-labeled compounds is expected to restrain the growth of this market during the forecast period.

“By type, the H-2 labeled compounds segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on component, the stable isotope-labeled compounds market is segmented into C-13, N-15, O-18, H-2 (deuterium), and other isotopes. The H-2 labeled compounds segment accounted for the largest market share in 2018. This segment is also expected to register the highest growth during the forecast period. This growth in this segment is driven primarily by growing drug research in the pharmaceutical industry and the increasing availability of deuterium-labeled compounds.

“By application, the research segment dominated the stable isotope labeled compounds market in 2018.”
Based on technology, the stable isotope-labeled compounds market is segmented into research, clinical diagnostics, industrial applications, and other applications. The research segment accounted for the largest share of the stable isotope-labeled compounds market in 2018, owing to rising research activities in the biomedical, pharmaceutical, environmental & ecological, and agricultural sectors.

“North America stable isotope labeled compounds market is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
The North America region market is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period, primarily due to the growing pharmaceutical and biopharmaceutical industry, support from the Isotope Production and Distribution Program Fund, and the presence of a large nuclear industry are driving market growth in the region.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–21%, Tier 2–26%, and Tier 3–53%
• By Designation: C-level–32%, Director-level–26%, and Others–42%
• By Region: North America–34%, Europe–29%, Asia Pacific–27%, RoW-10%

The prominent players operating in the global stable isotope labeled compounds market include PerkinElmer Inc. (US), Merck KGaA (Germany), Cambridge Isotope Laboratories, Inc. (US), URENCO Limited (UK), IsoSciences, LLC (US), Medical Isotopes, Inc. (US), Omicron Biochemicals, Inc. (US), Trace Sciences International (US), Alsachim (France), Taiyo Nippon Sanso Corporation (Japan), and Rotem Industries Israel Ltd. (Israel).

Research Coverage:
The report analyzes the stable isotope labeled compounds market and aims at estimating the market size and future growth potential. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the stable isotope labeled compounds market
• Service Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the stable isotope labeled compounds market
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions
• Market Diversification: Exhaustive information about new systems, growing geographies, and recent developments in the global stable isotope labeled compounds market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, revenue analysis, and services of the leading players in the stable isotope labeled compounds market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Markets Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Key Data From Primary Sources
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.5 Data Triangulation
2.5.1 Assumptions for the Study
2.5.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Stable Isotope-Labeled Compounds Market Overview
4.2 North America: Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Application (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Stable Isotope-Labeled Compounds Market
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in Research Activities in the Pharmaceutical & Biotechnology Sectors
5.2.1.2 Growing Proteomics Research
5.2.1.3 Growing Prevalence of Cancer
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Stable Isotope-Labeled Compounds
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Investments in Pharmaceutical R&D in Emerging Markets
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Professionals
6 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Hydrogen-2
6.2.1 Growing Applications of H-2 in Pharmaceutical Research Will Drive the Demand for Labeled Compounds
6.3 Carbon-13
6.3.1 Growing Number of Metabolomics Studies and Applications in Disease Diagnosis are Driving Market Growth
6.4 Oxygen-18
6.4.1 Increasing Research on Cancer is Expected to Drive the Demand for Oxygen-18-Labeled Isotopes
6.5 Nitrogen-15
6.5.1 Expanding Applications of N-15 in Agricultural Investigation and Rising Research are Likely to Drive Market Demand
6.6 Other Stable Isotopes
7 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Application (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Research Applications
7.2.1 Biomedical Research
7.2.1.1 Increasing Number of Biomedical Research Activities Involving Stable Isotopes to Drive the Stable Isotope-Labeled Compounds Market for Biomedical Research
7.2.2 Pharmaceutical Research
7.2.2.1 Stable Isotopically Modified Pharmaceutical Agents Offer Reduced Side-Effects, Improved Oral Bioavailability, and Increased Half-Life—Key Factors Driving Market Growth
7.2.3 Environmental & Ecological Research
7.2.3.1 Increasing Use of Stable to Study the Feeding Ecology of Living Or Extinct Animal Species Through the Analysis of Their Ratios in Carcasses Or Remains to Drive Market Growth
7.2.4 Agricultural Research
7.2.4.1 Increasing Use of Stable Isotopes to Prevent Soil Pollution and Contamination and Facilitate Maximum Crop Production to Drive Growth in This Market
7.3 Clinical Diagnostics
7.3.1 Increasing Adoption of Pet Scans and Gamma Imaging for Disease Staging to Support Market Growth
7.4 Industrial Applications
7.4.1 Growing Application of Stable Isotopes in the Nuclear Industry and the Increasing Number of Nuclear Reactors to Support Market Growth
7.5 Other Applications
8 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By End User (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
8.2.1 Increase in R&D Activities to Drive the Demand for Stable Isotope-Labeled Compounds Among Pharma & Biotech Companies
8.3 Academic & Research Institutes
8.3.1 Growing Research on Various Treatment Therapies is Driving the Growth of This End-User Segment
8.4 Hospitals & Diagnostic Centers
8.4.1 Adoption of Stable Isotopes has Increased Owing to the Rising Prevalence of Target Diseases
8.5 Other End Users
9 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Region (Page No. – 73)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Stable Isotope-Labeled Compounds Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Availability of Funding Will Drive the Market in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is the Fastest-Growing Market in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Favorable Scenario for Environmental Research and Increasing Prevalence of Cancer are Key Growth Drivers in the UK
9.3.3 France
9.3.3.1 France has A Large and Well-Developed Biotech Industry
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Strong Government Support for Research has Stimulated Market Growth in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Increasing Research Activities and Expenditure Shows Significant Market Growth Potential in Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 China Dominates the Stable Isotope-Labeled Compounds Market in the APAC
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Growing Support and Funding have Raised Research Intensity in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Government Initiatives have Strengthened the Life Science Industry in India
9.4.4 Australia
9.4.4.1 Growing Funding for Research and Collaborations have Supported Market Growth in Australia
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 110)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.4 Competitive Leadership Mapping (2018)
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 114)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View)*
11.1 Cambridge Isotope Laboratories
11.2 Merck KGaA
11.3 URENCO Limited
11.4 Isosciences
11.5 Medical Isotopes
11.6 Omicron Biochemicals
11.7 Trace Sciences International
11.8 Alsachim
11.9 Taiyo Nippon Sanso Corporation
11.10 PerkinElmer
11.11 Rotem Industries Israel
11.12 BOC Sciences
11.13 CortecNet
11.14 ISOFLEX
11.15 Huayi Isotopes Co.
11.16 Mesbah Energy Co.
11.17 Shanghai Research Institute of Chemical Industry
11.18 13c Molecular
11.19 C/D/N Isotopes
11.20 Shoko Co.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 138)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】PH 5445
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医薬品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 耐食性樹脂の世界市場動向・予測:エポキシ樹脂、ポリエステル樹脂、ポリウレタン樹脂、ビニルエステル樹脂
    当調査レポートでは、耐食性樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、耐食性樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクエン酸市場
  • シードル(リンゴ酒)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シードル(リンゴ酒)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シードル(リンゴ酒)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フルオロケミカルの世界市場:タイプ別(フルオロカーボン、フルオロエラストマー、フルオロポリマー、無機、その他)、用途別(界面活性剤、推進剤、アルミニウム生産、冷媒、自動車、農薬、その他)、最終用途別(電気電子、石油化学、化学、航空宇宙、その他)
    本調査レポートでは、フルオロケミカルの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別(フルオロカーボン、フルオロエラストマー、フルオロポリマー、無機、その他)分析、用途別(界面活性剤、推進剤、アルミニウム生産、冷媒、自動車、農薬、その他)分析、最終用途別(電気電子、石油化学、化学、航空宇宙、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フルオロケミカルの世界市場:タイプ別(フルオロカーボン、フルオロエラストマー、フルオロポリマー、無機、その他) ・フルオロケミカルの世界市場:用途別(界面活性剤、推進剤、アルミニウム生産、冷媒、自動車、農薬、その他) ・フルオロケミカルの世界市場:最終用途別(電気電子、石油化学、化学、航空宇宙、その他) ・フルオロケミカルの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 酒類入り菓子の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、酒類入り菓子の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酒類入り菓子市場規模、製品別(チョコレート、キャンディ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・酒類入り菓子の世界市場概要 ・酒類入り菓子の世界市場環境 ・酒類入り菓子の世界市場動向 ・酒類入り菓子の世界市場規模 ・酒類入り菓子の世界市場:業界構造分析 ・酒類入り菓子の世界市場:製品別(チョコレート、キャンディ) ・酒類入り菓子の世界市場:地域別市場規模・分析 ・酒類入り菓子のアメリカ市場規模・予測 ・酒類入り菓子のヨーロッパ市場規模・予測 ・酒類入り菓子のアジア市場規模・予測 ・酒類入り菓子の主要国分析 ・酒類入り菓子の世界市場:意思決定フレームワーク ・酒類入り菓子の世界市場:成長要因、課題 ・酒類入り菓子の世界市場:競争環境 ・酒類入り菓子の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の概要 ・慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 整形外科の北米市場
    本調査レポートでは、整形外科の北米市場について調査・分析し、整形外科の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 農業用生物製剤の世界市場:バイオ農薬、バイオ肥料、バイオスティミュラント
    当調査レポートでは、農業用生物製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))のフェーズ3治験薬の状況 ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))治療薬の市場規模(販売予測) ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Herpes Labialis (Oral Herpes))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の口唇ヘルペス(口辺単純疱疹)(Her …
  • 性器ヘルペス(Genital Herpes):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・性器ヘルペス(Genital Herpes):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・性器ヘルペス(Genital Herpes)のフェーズ3治験薬の状況 ・性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬の市場規模(販売予測) ・性器ヘルペス(Genital Herpes)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・性器ヘルペス(Genital Herpes)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の性器ヘルペス(Genital Herpes)治療薬剤
  • 絶縁の世界市場分析:製品別(ガラス繊維、発泡プラスチック、ミネラルウール)、用途別(住宅建設、工業用、HVACおよびOEM、非住宅建設)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、絶縁の世界市場について調査・分析し、絶縁の世界市場動向、絶縁の世界市場規模、市場予測、セグメント別絶縁市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 大陸間弾道ミサイル(ICBM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 二輪車向けサイドビューアシストシステム(MSVAS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、二輪車向けサイドビューアシストシステム(MSVAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車向けサイドビューアシストシステム(MSVAS)の世界市場規模及び予測、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他)、技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ)、エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他)
    本市場調査レポートではラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他)分析、技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ)分析、エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他) ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ) ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他) ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 石油樹脂の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油樹脂の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 360度全方位カメラの世界市場:接続タイプ別(有線、無線)、業種別、解像度別(高解像度、超高解像度)、カメラタイプ別(個人、プロフェッショナル)、用途別、地域別予測
    本資料は、360度全方位カメラの世界市場について調べ、360度全方位カメラの世界規模、市場動向、市場環境、接続タイプ別(有線、無線)分析、業種別分析、解像度別(高解像度、超高解像度)分析、カメラタイプ別(個人、プロフェッショナル)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・360度全方位カメラの世界市場概要 ・360度全方位カメラの世界市場環境 ・360度全方位カメラの世界市場動向 ・360度全方位カメラの世界市場規模 ・360度全方位カメラの世界市場規模:接続タイプ別(有線、無線) ・360度全方位カメラの世界市場規模:業種別 ・360度全方位カメラの世界市場規模:解像度別(高解像度、超高解像度) ・360度全方位カメラの世界市場規模:カメラタイプ別(個人、プロフェッショナル) ・360度全方位カメラの世界市場規模:用途別 ・360度全方位カメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・360度全方位カメラの北米市場規模・予測 ・360度全 …
  • 浮体式LNG発電システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、浮体式LNG発電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、浮体式LNG発電システム市場規模、コンポーネント別(配電システム、発電システム)分析、船舶の種類別(パワーシップ(発電船)、パワーバージ)分析、発電容量別(大規模(400MW以上)、中規模(72~400MW)、小規模(72MW以下))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 浮体式LNG発電システムの世界市場:市場動向分析 ・ 浮体式LNG発電システムの世界市場:競争要因分析 ・ 浮体式LNG発電システムの世界市場:コンポーネント別(配電システム、発電システム) ・ 浮体式LNG発電システムの世界市場:船舶の種類別(パワーシップ(発電船)、パワーバージ) ・ 浮体式LNG発電システムの世界市場:発電容量別(大規模(400MW以上)、中規模(72~400MW)、小規模(72MW以下)) ・ 浮体式LNG発電システムの世界市場:主要地域別分析 ・ 浮体式LNG発 …
  • ライノウイルス用ワクチンの世界市場機会分析
  • 無線LAN(Wi-Fi)チップセットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、無線LAN(Wi-Fi)チップセットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無線LAN(Wi-Fi)チップセットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 写真プリントキオスクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、写真プリントキオスクの世界市場について調査・分析し、写真プリントキオスクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別写真プリントキオスクシェア、市場規模推移、市場規模予測、写真プリントキオスク種類別分析()、写真プリントキオスク用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・写真プリントキオスクの市場概観 ・写真プリントキオスクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・写真プリントキオスクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・写真プリントキオスクの世界市場規模 ・写真プリントキオスクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・写真プリントキオスクのアメリカ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのカナダ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのメキシコ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・写真プリントキオスクのドイツ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのイギリス市場規模推移 ・写真プリントキオス …
  • リモートI/Oモジュールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、リモートI/Oモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リモートI/Oモジュールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車イグニッション・システムカテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、自動車イグニッション・システムの購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、自動車イグニッション・システム市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、自動車イグニッション・システムのサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • 水の微生物検査の世界市場予測(~2022年):バクテリア、原虫、ウイルス
    当調査レポートでは、水の微生物検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、 病原体別分析、水の種類別分析、産業別分析、地域別分析、水の微生物検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート荷物処理ソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート荷物処理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート荷物処理ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マレーシアの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • デジタルプリント壁紙の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、デジタルプリント壁紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、基材別分析、印刷技術別分析、需要先別分析、地域別分析、デジタルプリント壁紙の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の人工椎間板置換装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、人工椎間板置換装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工椎間板置換装置の概要 ・人工椎間板置換装置の開発動向:開発段階別分析 ・人工椎間板置換装置の開発動向:セグメント別分析 ・人工椎間板置換装置の開発動向:領域別分析 ・人工椎間板置換装置の開発動向:規制Path別分析 ・人工椎間板置換装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別人工椎間板置換装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・人工椎間板置換装置の最近動向
  • 世界の歯科用メス市場2016
    本調査レポートでは、世界の歯科用メス市場2016について調査・分析し、歯科用メスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドサーバーの世界市場
    当調査レポートでは、クラウドサーバーの世界市場について調査・分析し、クラウドサーバーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - クラウドサーバーの世界市場:市場動向分析 - クラウドサーバーの世界市場:競争要因分析 - クラウドサーバーの世界市場:産業別 ・銀行取引、金融サービス、保険(BFSI) ・教育 ・政府 ・ヘルスケアおよび生命科学 ・製造 ・メディアと娯楽 ・小売 ・電気通信およびIT ・運送およびロジスティクス ・旅行およびサービス業 ・その他 - クラウドサーバーの世界市場:用途別 ・開発とテスト ・災害復旧 ・生産 ・その他 - クラウドサーバーの世界市場:展開モデル別 ・ハイブリッドクラウド ・プライベートクラウド ・パブリッククラウド - クラウドサーバーの世界市場:主要地域別分析 - クラウドサーバーの北米市場規模(アメリカ市場等) - クラウドサーバーのヨーロッパ市場規模 - クラウドサーバーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・クラウドサーバーの世界市場:主な市場 …
  • 閉経期ホットフラッシュ(顔面紅潮)の世界市場
    当調査レポートでは、閉経期ホットフラッシュ(顔面紅潮)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、閉経期ホットフラッシュ(顔面紅潮)の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の塩化カルボニル市場2015
    本調査レポートでは、世界の塩化カルボニル市場2015について調査・分析し、塩化カルボニルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 免疫タンパク質検査の世界市場2016-2020
  • レーザー材料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レーザー材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザー材料市場規模、材料種類別(金属、ガラス、プラスチック、セラミック、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーザー材料の世界市場概要 ・レーザー材料の世界市場環境 ・レーザー材料の世界市場動向 ・レーザー材料の世界市場規模 ・レーザー材料の世界市場:業界構造分析 ・レーザー材料の世界市場:材料種類別(金属、ガラス、プラスチック、セラミック、その他) ・レーザー材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーザー材料のアメリカ市場規模・予測 ・レーザー材料のヨーロッパ市場規模・予測 ・レーザー材料のアジア市場規模・予測 ・レーザー材料の主要国分析 ・レーザー材料の世界市場:意思決定フレームワーク ・レーザー材料の世界市場:成長要因、課題 ・レーザー材料の世界市場:競争環境 ・レーザー材料の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • リフォーム用DIY用品小売の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、リフォーム用DIY用品小売の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リフォーム用DIY用品小売市場規模、製品別(木材・景観管理、工具・金物類、室内装飾・屋内ガーデン、キッチン、塗装材料・壁紙・消耗品、建材、配管材料・器具、フローリング・修理・交換用材料、電気工事材料、照明)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場概要 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場環境 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場動向 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場規模 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場:業界構造分析 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場:製品別(木材・景観管理、工具・金物類、室内装飾・屋内ガーデン、キッチン、塗装材料・壁紙・消耗品、建材、配管材料・器具、フローリング・修理・交換用材料、電気工事材料、照明) ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場:地域別市場規模・分析 ・リフォーム …
  • 工業用イーサネットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用イーサネットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用イーサネット市場規模、技術別(Ethernet/IP、PROFINET、EtherCAT、Modbus TCP/IP、POWERLINK、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用イーサネットの世界市場概要 ・工業用イーサネットの世界市場環境 ・工業用イーサネットの世界市場動向 ・工業用イーサネットの世界市場規模 ・工業用イーサネットの世界市場:業界構造分析 ・工業用イーサネットの世界市場:技術別(Ethernet/IP、PROFINET、EtherCAT、Modbus TCP/IP、POWERLINK、その他) ・工業用イーサネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用イーサネットのアメリカ市場規模・予測 ・工業用イーサネットのヨーロッパ市場規模・予測 ・工業用イーサネットのアジア市場規模・予測 ・工業用イーサネットの主要国分析 …
  • フレキシブルパイプの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、フレキシブルパイプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フレキシブルパイプ市場規模、製品別(ジャンパーパイプ、ライザーパイプ、流体移送ライン、フローライン)分析、種類別(シリコーンパイプ、断熱パイプ、メトリックパイプ、その他)分析、材質別(ポリアミド(PA)、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、高密度ポリエチレン(HDPE)、ステンレス鋼、ゴム、その他)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、エンドユーザー別(製造業、水処理、石油・ガス、採鉱、化学・石油製品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ フレキシブルパイプの世界市場:市場動向分析 ・ フレキシブルパイプの世界市場:競争要因分析 ・ フレキシブルパイプの世界市場:製品別(ジャンパーパイプ、ライザーパイプ、流体移送ライン、フローライン) ・ フレキシブルパイプの世界市場:種類別(シリコーンパイプ、断熱パイプ、メトリックパイプ、その他) ・ フレキシブルパイプ …
  • チューブパッケージの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、チューブパッケージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、材料別分析、地域別分析、チューブパッケージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンテンツ・オーサリング・ツールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コンテンツ・オーサリング・ツールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンテンツ・オーサリング・ツールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ウオッシャー装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車ウオッシャー装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車ウオッシャー装置の世界市場:技術別分析/市場規模 ・自動車ウオッシャー装置の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車ウオッシャー装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車ウオッシャー装置のアメリカ市場規模予測 ・自動車ウオッシャー装置のヨーロッパ市場規模予測 ・自動車ウオッシャー装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 集光型太陽光発電(CPV)の世界市場予測
  • 血管内皮増殖因子C阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血管内皮増殖因子C阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管内皮増殖因子C阻害剤の概要 ・血管内皮増殖因子C阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血管内皮増殖因子C阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管内皮増殖因子C阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血管内皮増殖因子C阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • リン酸鉄リチウム(LiFePO4)の材料と電池の世界市場分析:原材料別(グラファイト、リン酸鉄リチウム、フッ化リチウム)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、リン酸鉄リチウム(LiFePO4)の材料と電池の世界市場について調査・分析し、リン酸鉄リチウム(LiFePO4)の材料と電池の世界市場動向、リン酸鉄リチウム(LiFePO4)の材料と電池の世界市場規模、市場予測、セグメント別リン酸鉄リチウム(LiFePO4)の材料と電池市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フィブリンシーラントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィブリンシーラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィブリンシーラントの世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 特殊液体の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、特殊液体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊液体市場規模、用途別(エアロゾル、精密洗浄、冷却剤、分散媒、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cabot Corporation, DowDuPont, Quaker Chemical Corporation, Saint-Gobain, Solvay, The Chemours Companyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・特殊液体の世界市場概要 ・特殊液体の世界市場環境 ・特殊液体の世界市場動向 ・特殊液体の世界市場規模 ・特殊液体の世界市場:業界構造分析 ・特殊液体の世界市場:用途別(エアロゾル、精密洗浄、冷却剤、分散媒、その他) ・特殊液体の世界市場:地域別市場規模・分析 ・特殊液体の北米市場規模・予測 ・特殊液体のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・特殊液体のアジア太平洋市場規模・予測 ・特殊液体の主要国分析 ・特殊液体の世界市場:意 …
  • WaaS(ワークスペース・サービス)の世界市場
    当調査レポートでは、WaaS(ワークスペース・サービス)の世界市場について調査・分析し、WaaS(ワークスペース・サービス)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のインバーター・バッテリー市場2015
    本調査レポートでは、世界のインバーター・バッテリー市場2015について調査・分析し、インバーター・バッテリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD70抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD70抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD70抗体の概要 ・Anti-CD70抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD70抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD70抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD70抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 光ファイバーケーブルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、光ファイバーケーブルの世界市場について調査・分析し、光ファイバーケーブルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別光ファイバーケーブルシェア、市場規模推移、市場規模予測、光ファイバーケーブル種類別分析(シングルモード、マルチモード)、光ファイバーケーブル用途別分析(長距離通信、海底ケーブル、FTTx、ローカルモバイルメトロネットワーク、その他のローカルアクセスネットワーク、その他シングルモード、マルチモード)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・光ファイバーケーブルの市場概観 ・光ファイバーケーブルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・光ファイバーケーブルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・光ファイバーケーブルの世界市場規模 ・光ファイバーケーブルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・光ファイバーケーブルのアメリカ市場規模推移 ・光ファイバーケーブルのカナダ市場規模推移 ・光ファイバーケーブルのメキシコ市場規模推移 ・光ファイバーケーブルのヨーロッ …
  • 特殊針の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、特殊針の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊針市場規模、用途別(ドラッグデリバリー、生体試料採集)分析、製品別(皮下注射針、ペンニードル、採血針、生検針、歯科用針、縫合針、その他)分析、エンドユーザー別(病院、外来外科センター(ASC)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・特殊針の世界市場概要 ・特殊針の世界市場環境 ・特殊針の世界市場動向 ・特殊針の世界市場規模 ・特殊針の世界市場:業界構造分析 ・特殊針の世界市場:用途別(ドラッグデリバリー、生体試料採集) ・特殊針の世界市場:製品別(皮下注射針、ペンニードル、採血針、生検針、歯科用針、縫合針、その他) ・特殊針の世界市場:エンドユーザー別(病院、外来外科センター(ASC)、その他) ・特殊針の世界市場:地域別市場規模・分析 ・特殊針の北米市場規模・予測 ・特殊針のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・特殊針のアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 世界のノートパソコン市場2015
    本調査レポートでは、世界のノートパソコン市場2015について調査・分析し、ノートパソコンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"