"世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:PH 5445)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The stable isotope labeled compounds market is projected to grow at a CAGR of 3.0% during the forecast period (2019–2024).”
The global stable isotope labeled compounds market size is projected to reach USD 312 million by 2024 from USD 269 million in 2019, at a CAGR of 3.0%. The growth of this market is driven majorly by factors such as the increase in research activities in the pharmaceutical and biotechnology sector, rising proteomics research, and the rising prevalence of cancer. However, the high cost of stable isotope-labeled compounds is expected to restrain the growth of this market during the forecast period.

“By type, the H-2 labeled compounds segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on component, the stable isotope-labeled compounds market is segmented into C-13, N-15, O-18, H-2 (deuterium), and other isotopes. The H-2 labeled compounds segment accounted for the largest market share in 2018. This segment is also expected to register the highest growth during the forecast period. This growth in this segment is driven primarily by growing drug research in the pharmaceutical industry and the increasing availability of deuterium-labeled compounds.

“By application, the research segment dominated the stable isotope labeled compounds market in 2018.”
Based on technology, the stable isotope-labeled compounds market is segmented into research, clinical diagnostics, industrial applications, and other applications. The research segment accounted for the largest share of the stable isotope-labeled compounds market in 2018, owing to rising research activities in the biomedical, pharmaceutical, environmental & ecological, and agricultural sectors.

“North America stable isotope labeled compounds market is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
The North America region market is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period, primarily due to the growing pharmaceutical and biopharmaceutical industry, support from the Isotope Production and Distribution Program Fund, and the presence of a large nuclear industry are driving market growth in the region.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–21%, Tier 2–26%, and Tier 3–53%
• By Designation: C-level–32%, Director-level–26%, and Others–42%
• By Region: North America–34%, Europe–29%, Asia Pacific–27%, RoW-10%

The prominent players operating in the global stable isotope labeled compounds market include PerkinElmer Inc. (US), Merck KGaA (Germany), Cambridge Isotope Laboratories, Inc. (US), URENCO Limited (UK), IsoSciences, LLC (US), Medical Isotopes, Inc. (US), Omicron Biochemicals, Inc. (US), Trace Sciences International (US), Alsachim (France), Taiyo Nippon Sanso Corporation (Japan), and Rotem Industries Israel Ltd. (Israel).

Research Coverage:
The report analyzes the stable isotope labeled compounds market and aims at estimating the market size and future growth potential. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the stable isotope labeled compounds market
• Service Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the stable isotope labeled compounds market
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions
• Market Diversification: Exhaustive information about new systems, growing geographies, and recent developments in the global stable isotope labeled compounds market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, revenue analysis, and services of the leading players in the stable isotope labeled compounds market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Markets Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Key Data From Primary Sources
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.5 Data Triangulation
2.5.1 Assumptions for the Study
2.5.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Stable Isotope-Labeled Compounds Market Overview
4.2 North America: Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Application (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Stable Isotope-Labeled Compounds Market
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in Research Activities in the Pharmaceutical & Biotechnology Sectors
5.2.1.2 Growing Proteomics Research
5.2.1.3 Growing Prevalence of Cancer
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Stable Isotope-Labeled Compounds
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Investments in Pharmaceutical R&D in Emerging Markets
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Professionals
6 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Hydrogen-2
6.2.1 Growing Applications of H-2 in Pharmaceutical Research Will Drive the Demand for Labeled Compounds
6.3 Carbon-13
6.3.1 Growing Number of Metabolomics Studies and Applications in Disease Diagnosis are Driving Market Growth
6.4 Oxygen-18
6.4.1 Increasing Research on Cancer is Expected to Drive the Demand for Oxygen-18-Labeled Isotopes
6.5 Nitrogen-15
6.5.1 Expanding Applications of N-15 in Agricultural Investigation and Rising Research are Likely to Drive Market Demand
6.6 Other Stable Isotopes
7 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Application (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Research Applications
7.2.1 Biomedical Research
7.2.1.1 Increasing Number of Biomedical Research Activities Involving Stable Isotopes to Drive the Stable Isotope-Labeled Compounds Market for Biomedical Research
7.2.2 Pharmaceutical Research
7.2.2.1 Stable Isotopically Modified Pharmaceutical Agents Offer Reduced Side-Effects, Improved Oral Bioavailability, and Increased Half-Life—Key Factors Driving Market Growth
7.2.3 Environmental & Ecological Research
7.2.3.1 Increasing Use of Stable to Study the Feeding Ecology of Living Or Extinct Animal Species Through the Analysis of Their Ratios in Carcasses Or Remains to Drive Market Growth
7.2.4 Agricultural Research
7.2.4.1 Increasing Use of Stable Isotopes to Prevent Soil Pollution and Contamination and Facilitate Maximum Crop Production to Drive Growth in This Market
7.3 Clinical Diagnostics
7.3.1 Increasing Adoption of Pet Scans and Gamma Imaging for Disease Staging to Support Market Growth
7.4 Industrial Applications
7.4.1 Growing Application of Stable Isotopes in the Nuclear Industry and the Increasing Number of Nuclear Reactors to Support Market Growth
7.5 Other Applications
8 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By End User (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
8.2.1 Increase in R&D Activities to Drive the Demand for Stable Isotope-Labeled Compounds Among Pharma & Biotech Companies
8.3 Academic & Research Institutes
8.3.1 Growing Research on Various Treatment Therapies is Driving the Growth of This End-User Segment
8.4 Hospitals & Diagnostic Centers
8.4.1 Adoption of Stable Isotopes has Increased Owing to the Rising Prevalence of Target Diseases
8.5 Other End Users
9 Stable Isotope-Labeled Compounds Market, By Region (Page No. – 73)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Stable Isotope-Labeled Compounds Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Availability of Funding Will Drive the Market in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is the Fastest-Growing Market in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Favorable Scenario for Environmental Research and Increasing Prevalence of Cancer are Key Growth Drivers in the UK
9.3.3 France
9.3.3.1 France has A Large and Well-Developed Biotech Industry
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Strong Government Support for Research has Stimulated Market Growth in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Increasing Research Activities and Expenditure Shows Significant Market Growth Potential in Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 China Dominates the Stable Isotope-Labeled Compounds Market in the APAC
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Growing Support and Funding have Raised Research Intensity in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Government Initiatives have Strengthened the Life Science Industry in India
9.4.4 Australia
9.4.4.1 Growing Funding for Research and Collaborations have Supported Market Growth in Australia
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 110)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.4 Competitive Leadership Mapping (2018)
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 114)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View)*
11.1 Cambridge Isotope Laboratories
11.2 Merck KGaA
11.3 URENCO Limited
11.4 Isosciences
11.5 Medical Isotopes
11.6 Omicron Biochemicals
11.7 Trace Sciences International
11.8 Alsachim
11.9 Taiyo Nippon Sanso Corporation
11.10 PerkinElmer
11.11 Rotem Industries Israel
11.12 BOC Sciences
11.13 CortecNet
11.14 ISOFLEX
11.15 Huayi Isotopes Co.
11.16 Mesbah Energy Co.
11.17 Shanghai Research Institute of Chemical Industry
11.18 13c Molecular
11.19 C/D/N Isotopes
11.20 Shoko Co.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 138)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】PH 5445
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医薬品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の安定同位体標識化合物市場:種類別(炭素13、D、酸素18、N15)、用途別(研究、臨床診断、産業)、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品企業、学術機関)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • CMV検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 世界の電解二酸化マンガン(EMD)市場2016
    本調査レポートでは、世界の電解二酸化マンガン(EMD)市場2016について調査・分析し、電解二酸化マンガン(EMD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 季節性インフルエンザワクチンの世界市場:市場規模、地域見通し、ワクチン分析、パイプラインインサイト、治験、契約種類、制度、価格動向、競争戦略、予測
  • 世界のAI搭載ストレージ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア)、ストレージシステム別(DAS、NAS、SUN)、ストレージアーキテクチャ別(ファイル、オブジェクトベースストレージ)、ストレージ媒体別、エンドユーザー別、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW)
    MarketsandMarkets社は、AI搭載ストレージの世界市場規模が2019年104億ドルから2024年345億ドルまで年平均27.1%成長すると予測しています。本書は、世界のAI搭載ストレージ市場について調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、ストレージシステム別(直接接続ストレージシステム、ネットワーク接続ストレージシステム、ストレージエリアネットワーク)分析、ストレージアーキテクチャ別(ファイルベースおよびオブジェクトベースストレージ、ブロックストレージ)分析、ストレージ媒体別(ハードディスクドライブ、ソリッドステートドライブ)分析、エンドユーザー別(企業、政府機関、クラウドサービスプロバイダー、通信会社)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のAI搭載ストレージ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア) ・世界のAI搭載ストレージ市場:ストレージシステム別(直接接続ストレージシステム、ネットワーク接続ストレージシステム、ス …
  • 脱酸素剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脱酸素剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脱酸素剤市場規模、種類別(金属、非金属)分析、最終用途別(飲食料品、医薬品、化学薬品、石油・ガス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脱酸素剤の世界市場概要 ・脱酸素剤の世界市場環境 ・脱酸素剤の世界市場動向 ・脱酸素剤の世界市場規模 ・脱酸素剤の世界市場:業界構造分析 ・脱酸素剤の世界市場:種類別(金属、非金属) ・脱酸素剤の世界市場:最終用途別(飲食料品、医薬品、化学薬品、石油・ガス、その他) ・脱酸素剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脱酸素剤のアメリカ市場規模・予測 ・脱酸素剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・脱酸素剤のアジア市場規模・予測 ・脱酸素剤の主要国分析 ・脱酸素剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・脱酸素剤の世界市場:成長要因、課題 ・脱酸素剤の世界市場:競争環境 ・脱酸素剤の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 糖尿病治療機器の世界市場
    本資料は、糖尿病治療機器の世界市場について調べ、糖尿病治療機器の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(血中グルコース監視装置、インシュリン運搬装置)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはLiveU 、TVU、Dejero、Sony Corporation、LG Corporation、Haier Group Corporation、Samsung Group、Funai 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・糖尿病治療機器の世界市場概要 ・糖尿病治療機器の世界市場環境 ・糖尿病治療機器の世界市場動向 ・糖尿病治療機器の世界市場規模 ・糖尿病治療機器の世界市場規模:製品別(血中グルコース監視装置、インシュリン運搬装置) ・糖尿病治療機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・糖尿病治療機器の北米市場規模・予測 ・糖尿病治療機器のアメリカ市場規模・予測 ・糖尿病治療機器のヨーロッパ市場規模・予測 ・糖尿病治療機器のアジア市場規模・予測 ・糖尿病治療機器 …
  • マスターバッチの世界市場:ホワイトマスターバッチ、ブラックマスターバッチ、カラーマスターバッチ、添加剤マスターバッチ、フィラーマスターバッチ
    当調査レポートでは、マスターバッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルエコノミー2025:通信およびインターネットエコシステムの未来
  • 分散型温度センシング(DTS)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、分散型温度センシング(DTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、ファイバー種類別分析、用途別分析、地域別分析、分散型温度センシング(DTS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターファブリックの世界市場2017-2021:ファブリックスイッチ、SANファブリック、ファブリックルータ、管理ソフトウェア
    当調査レポートでは、データセンターファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターファブリックの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • IGCTの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IGCTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IGCTの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はIGCTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• Infineon Technologies• Mitsubishi Electric等です。
  • 消費者信用の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消費者信用の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者信用の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用接着剤市場規模・予測2017-2025:樹脂の種類別(ポリウレタン、エポキシ、シアノアクリレート、アクリル接着剤、シリコン)、技術別(ホットメルト、水性、溶剤系、その他)、用途別(内部医療アプリケーション、医療デバイス・機器、外部医療アプリケーション、デンタル、その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の医療用接着剤市場について調査・分析し、世界の医療用接着剤市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の医療用接着剤関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)の概要 ・血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • フルーツパウダー(ソフトドリンク)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • クラウドストレージのアジア太平洋市場
  • ポリエステル製ストラップの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ポリエステル製ストラップの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエステル製ストラップ市場規模、グレード別(機械グレード、ハンドグレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリエステル製ストラップの世界市場概要 ・ポリエステル製ストラップの世界市場環境 ・ポリエステル製ストラップの世界市場動向 ・ポリエステル製ストラップの世界市場規模 ・ポリエステル製ストラップの世界市場:業界構造分析 ・ポリエステル製ストラップの世界市場:グレード別(機械グレード、ハンドグレード) ・ポリエステル製ストラップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリエステル製ストラップの北米市場規模・予測 ・ポリエステル製ストラップのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ポリエステル製ストラップのアジア太平洋市場規模・予測 ・ポリエステル製ストラップの主要国分析 ・ポリエステル製ストラップの世界市場:成長要因、課題 ・ポリエステル製ス …
  • ニッケル合金の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ニッケル合金の世界市場について調査・分析し、ニッケル合金の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ニッケル合金の世界市場:市場動向分析 - ニッケル合金の世界市場:競争要因分析 - ニッケル合金の世界市場:エンドユーザー別 ・石油・ガス ・航空宇宙・防衛 ・エネルギー・電力 ・化学 ・電気・電子製品 ・自動車 ・医療 ・その他 - ニッケル合金の世界市場:機能別 ・電子合金 ・高性能合金 ・耐熱合金 ・耐食合金 - ニッケル合金の世界市場:製品別 ・ニッケルーチタン合金 ・ニッケルーアルミニウム合金 ・ニッケルークロム合金 - ニッケル合金の世界市場:主要地域別分析 - ニッケル合金の北米市場規模(アメリカ市場等) - ニッケル合金のヨーロッパ市場規模 - ニッケル合金のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ニッケル合金の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 工業用・商業用冷媒の世界市場2017-2021:フルオロカーボン、炭化水素、無機化合物
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、工業用・商業用冷媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用・商業用冷媒の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は工業用・商業用冷媒の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はArkema、Airgas、DAIKIN INDUSTRIES、The Dow Chemical Company、Honeywell International等です。
  • 口腔内カメラの世界市場:有線、ワイヤレス
    当調査レポートでは、口腔内カメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、口腔内カメラ市場規模、製品別(有線、ワイヤレス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ACTEON, Carestream Health, Danaher, Dentsply Sironaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・口腔内カメラの世界市場概要 ・口腔内カメラの世界市場環境 ・口腔内カメラの世界市場動向 ・口腔内カメラの世界市場規模 ・口腔内カメラの世界市場:業界構造分析 ・口腔内カメラの世界市場:製品別(有線、ワイヤレス) ・口腔内カメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・口腔内カメラの北米市場規模・予測 ・口腔内カメラのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・口腔内カメラのアジア太平洋市場規模・予測 ・口腔内カメラの主要国分析 ・口腔内カメラの世界市場:意思決定フレームワーク ・口腔内カメラの世界市場:成長要因、課題 ・口腔内カメラの世界市場:競争環境 …
  • パワーアンプ(電力増幅器)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パワーアンプ(電力増幅器)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パワーアンプ(電力増幅器)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車排ガス浄化用セラミックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車排ガス浄化用セラミックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車排ガス浄化用セラミックス市場規模、種類別(ハニカム、GPF・DPF)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車排ガス浄化用セラミックスの世界市場概要 ・自動車排ガス浄化用セラミックスの世界市場環境 ・自動車排ガス浄化用セラミックスの世界市場動向 ・自動車排ガス浄化用セラミックスの世界市場規模 ・自動車排ガス浄化用セラミックスの世界市場:業界構造分析 ・自動車排ガス浄化用セラミックスの世界市場:種類別(ハニカム、GPF・DPF) ・自動車排ガス浄化用セラミックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車排ガス浄化用セラミックスのアメリカ市場規模・予測 ・自動車排ガス浄化用セラミックスのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車排ガス浄化用セラミックスのアジア市場規模・予測 ・自動車排ガス浄化用セラミックスの主要国分析 ・自動車排ガス浄化用セラ …
  • 世界の土壌試験装置市場:エンドユーザー産業別(農業、建設、環境)、試験種類別(物理、残留、化学)、現場別(ラボ、オンサイト)、自動化程度別(自動、手動)、地域別
    MarketsandMarkets社は、土壌試験装置の世界市場規模が2019年33億ドルから2025年62億ドルまで年平均10.8%成長すると予測しています。本書は、世界の土壌試験装置市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーズ産業別(農業、建設、その他)分析、試験種類別(物理試験、残留試験、化学試験)分析、自動化程度別(手動、自動、半自動)分析、現場別(研究室、オンサイト)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の土壌試験装置市場:エンドユーズ産業別(農業、建設、その他) ・世界の土壌試験装置市場:試験種類別(物理試験、残留試験、化学試験) ・世界の土壌試験装置市場:自動化程度別(手動、自動、半自動) ・世界の土壌試験装置市場:現場別(研究室、オンサイト) ・世界の土壌試験装置市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • クレーンレンタルの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クレーンレンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別(移動式、固定式)分析、重量挙げ能力別(低、低、中、重、極度の重さ)分析、エンドユーズ産業別(建築および建設、海洋およびオフショア、鉱業および掘削、石油およびガス、輸送)分析、クレーンレンタルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クレーンレンタルの世界市場規模が2019年421億ドルから2024年531億ドルまで年平均4.7%成長すると予測しています。
  • 自動車安全装置向け光学レンズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車安全装置向け光学レンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車安全装置向け光学レンズの世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の光電気複合ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の光電気複合ケーブル市場2015について調査・分析し、光電気複合ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電池マネージメントシステムの世界市場
    当調査レポートでは、電池マネージメントシステムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・電池マネージメントシステムの世界市場:種類別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムのアメリカ市場規模予測 ・電池マネージメントシステムのヨーロッパ市場規模予測 ・電池マネージメントシステムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 月経困難症(Dysmenorrhea):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、月経困難症(Dysmenorrhea)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・月経困難症(Dysmenorrhea):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・月経困難症(Dysmenorrhea)のフェーズ3治験薬の状況 ・月経困難症(Dysmenorrhea)治療薬の市場規模(販売予測) ・月経困難症(Dysmenorrhea)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・月経困難症(Dysmenorrhea)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の月経困難症(Dysmenorrhea)治療薬剤
  • ITロボット・オートメーションの世界市場
    当調査レポートでは、ITロボット・オートメーションの世界市場について調査・分析し、ITロボット・オートメーションの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 5-リポキシゲナーゼ活性タンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-リポキシゲナーゼ活性タンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-リポキシゲナーゼ活性タンパク質阻害剤の概要 ・5-リポキシゲナーゼ活性タンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-リポキシゲナーゼ活性タンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-リポキシゲナーゼ活性タンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-リポキシゲナーゼ活性タンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パスワード管理の世界市場:種類別、アクセス別、導入方式別、産業別、企業規模別、地域別予測
    本資料は、パスワード管理の世界市場について調べ、パスワード管理の世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、アクセス別分析、導入方式別分析、産業別分析、企業規模別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パスワード管理の世界市場概要 ・パスワード管理の世界市場環境 ・パスワード管理の世界市場動向 ・パスワード管理の世界市場規模 ・パスワード管理の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・パスワード管理の世界市場規模:種類別 ・パスワード管理の世界市場規模:アクセス別 ・パスワード管理の世界市場規模:導入方式別 ・パスワード管理の世界市場規模:産業別 ・パスワード管理の世界市場規模:企業規模別 ・パスワード管理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パスワード管理の北米市場規模・予測 ・パスワード管理のアメリカ市場規模・予測 ・パスワード管理のヨーロッパ市場規模・予測 ・パスワード管理のアジ …
  • 世界の発泡剤市場規模・予測2017-2025:トランスミッションの種類別(マニュアル・オートマチック)、燃料別(ガソリン、・ディーゼル)、車種別(乗用車、LCVs、ICVs、HCVs、道路外、建築、防衛・農業用車)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の発泡剤市場について調査・分析し、世界の発泡剤市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の発泡剤関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 乾燥加工食品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乾燥加工食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乾燥加工食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ホワイトボックスサーバーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ホワイトボックスサーバーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホワイトボックスサーバー市場規模、エンドユーザー別(データセンター、中小企業・大企業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場概要 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場環境 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場動向 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場規模 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:業界構造分析 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:エンドユーザー別(データセンター、中小企業・大企業) ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホワイトボックスサーバーの北米市場規模・予測 ・ホワイトボックスサーバーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ホワイトボックスサーバーのアジア太平洋市場規模・予測 ・ホワイトボックスサーバーの主要国分析 ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:意思決定フレー …
  • スペインの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 無水マレイン酸の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、無水マレイン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のE-廃棄物管理市場規模・予測2017-2025:材料リカバリー別(メタル、プラスチック、ガラス)、原料の種類別(家庭用品、娯楽・家電・IT・テレコミュニケーション)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のE-廃棄物管理市場について調査・分析し、世界のE-廃棄物管理市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のE-廃棄物管理関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の政府部門におけるバイオメトリクス(生体認証)市場
    当調査レポートでは、世界の政府部門におけるバイオメトリクス(生体認証)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の政府部門におけるバイオメトリクス(生体認証)市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バランスシャフトの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、バランスシャフトの世界市場規模が2017年9兆9784億ドルから2026年20兆2156億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、バランスシャフトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バランスシャフト市場規模、製造加工別(キャストバランスシャフト、鍛造バランスシャフト)分析、車種別(大型商用車、乗用車、小型商用車)分析、エンジン種類別(V-6エンジン、直列5気筒エンジン、直列4気筒(L4)エンジン、直列3気筒(L3)エンジン)分析、エンドユーザー別(防衛、商業、産業、その他のエンドユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バランスシャフトの世界市場:市場動向分析 ・ バランスシャフトの世界市場:競争要因分析 ・ バランスシャフトの世界市場:製造加工別(キャストバランスシャフト、鍛造バランスシャフト) ・ バランスシャフトの世界市場:車種別(大型商用車、乗用車、小型商 …
  • ロボット掃除機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ロボット掃除機の世界市場について調査・分析し、ロボット掃除機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ロボット掃除機シェア、市場規模推移、市場規模予測、ロボット掃除機種類別分析(150USD未満、150USD-300USD、300USD-500USD、501USD以上)、ロボット掃除機用途別分析(家庭用、商業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ロボット掃除機の市場概観 ・ロボット掃除機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ロボット掃除機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ロボット掃除機の世界市場規模 ・ロボット掃除機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ロボット掃除機のアメリカ市場規模推移 ・ロボット掃除機のカナダ市場規模推移 ・ロボット掃除機のメキシコ市場規模推移 ・ロボット掃除機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ロボット掃除機のドイツ市場規模推移 ・ロボット掃除機のイギリス市場規模推移 ・ロ …
  • 産業用ヒートポンプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ヒートポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ヒートポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 泥炭の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、泥炭の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、泥炭市場規模、用途別(燃料・エネルギー、農業・園芸、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BORD NA MÓNA, Klasmann-Deilmann, Oulun Energia, R?kyva, Vapoなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・泥炭の世界市場概要 ・泥炭の世界市場環境 ・泥炭の世界市場動向 ・泥炭の世界市場規模 ・泥炭の世界市場:業界構造分析 ・泥炭の世界市場:用途別(燃料・エネルギー、農業・園芸、その他) ・泥炭の世界市場:地域別市場規模・分析 ・泥炭の北米市場規模・予測 ・泥炭のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・泥炭のアジア太平洋市場規模・予測 ・泥炭の主要国分析 ・泥炭の世界市場:意思決定フレームワーク ・泥炭の世界市場:成長要因、課題 ・泥炭の世界市場:競争環境 ・泥炭の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 船舶用再生可能エネルギー推進技術の世界市場2017-2021:天然ガス、風力・太陽光エネルギーシステム
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、船舶用再生可能エネルギー推進技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用再生可能エネルギー推進技術の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は船舶用再生可能エネルギー推進技術の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Deltamarin、Eco Marine Power (EMP)、Eniram (Wärtsilä)、Norsepower、Smart Green Shipping Alliance (SGSA)等です。
  • 創傷ケア用生物製剤の世界市場予測(~2023年):生物学的代用皮膚(生合成製品)、外用剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、創傷ケア用生物製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(生物学的代用皮膚(生合成製品)、外用剤)別分析、創傷種類別分析、需要先別分析、地域別分析、創傷ケア用生物製剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベルギーの膝関節再建装置市場見通し
  • 急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)の概要 ・急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)治療薬 …
  • 鎮痛剤注入ポンプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鎮痛剤注入ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鎮痛剤注入ポンプの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 鎮痛剤注入ポンプとは、注入ポンプで患者に鎮痛剤を注入し疼痛管理を行う際に使用する医療機器です。脳性麻痺、脊髄損傷(SCI)、癌、鎌状赤血球貧血などの慢性疾患、または陣痛、事故および外傷、手術跡の痛みなどの症状による疼痛を和らげるために使用されます。Technavio社は鎮痛剤注入ポンプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Baxter• B. Braun• BD• Medtronic• Smiths Medical等です。
  • レーダー製造の世界市場:タイプ別(地上配備型、海軍用、航空用)、地域別予測
    本資料は、レーダー製造の世界市場について調べ、レーダー製造の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(地上配備型、海軍用、航空用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・レーダー製造の世界市場概要 ・レーダー製造の世界市場環境 ・レーダー製造の世界市場動向 ・レーダー製造の世界市場規模 ・レーダー製造の世界市場規模:タイプ別(地上配備型、海軍用、航空用) ・レーダー製造の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーダー製造の北米市場規模・予測 ・レーダー製造のアメリカ市場規模・予測 ・レーダー製造のヨーロッパ市場規模・予測 ・レーダー製造のアジア市場規模・予測 ・レーダー製造の日本市場規模・予測 ・レーダー製造の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 成長ホルモンアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における成長ホルモンアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・成長ホルモンアゴニストの概要 ・成長ホルモンアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の成長ホルモンアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・成長ホルモンアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・成長ホルモンアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • セキュリティアドバイザリーサービスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、セキュリティアドバイザリーサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス種類別(侵入テスト、脆弱性管理、インシデントレスポンス、セキュリティリスク、コンプライアンス管理、CISCOアドバイザリ&サポート)分析、組織規模別分析、業種別分析、セキュリティアドバイザリーサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、セキュリティアドバイザリーサービスの世界市場規模が2019年78億ドルから2024年188億ドルまで年平均19.3%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"