"世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 2551)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The diagnostic electrocardiograph (ECG) market is projected to grow at a CAGR of 6.4% during the forecast period.
The global diagnostic electrocardiograph (ECG) market size is expected to reach USD 10.3 billion by 2024 from USD 7.5 billion in 2019, at a CAGR of 6.4% during the forecast period. The scope of the report includes diagnostic ECG products and services used for the continuous monitoring, detection, and treatment of heart activities and abnormal heart rhythm (electric heart patterns).

The rising incidence of lifestyle-related cardiovascular diseases, growing geriatric population, and increasing technological advancements in wireless monitoring and wearable devices are the major factors driving the growth of the market. However, the dearth of skilled professionals is expected to restrain the growth of the diagnostic electrocardiograph (ECG) market to a certain extent.

The 3-lead ECG segment is expected to grow at the highest CAGR in the diagnostic electrocardiograph (ECG) market during the forecast period
By lead type, the diagnostic ECG market is divided into 12-lead, 5-lead, 3-lead, 6-lead, single-lead, and other lead types (15- and 18-lead). The 3-lead segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. This positive growth is due to the fact that these leads are used conjointly with various other cardiac diagnostic tests and during medical procedures.

Resting ECG devices held the largest share of the diagnostic electrocardiograph (ECG) industry in 2018
Based on products and services, the diagnostic electrocardiograph (ECG) market is classified into ECG devices, implantable loop recorders, event monitors, cardiac output monitors, mobile cardiac telemetry, and smart wearable ECG monitors. The large share of this segment can primarily be attributed to the increasing incidence of cardiovascular diseases, the wide application of ECG devices in CVD management, the development of technologically advanced devices, and government initiatives.

Hospitals, clinics, & cardiac centers held the largest share of the diagnostic electrocardiograph (ECG) market in 2018
Based on end user, the diagnostic electrocardiograph (ECG) market is classified into hospitals, clinics, & cardiac centers; ambulatory surgical centers; and other end users. The large share of the hospitals, clinics, & cardiac centers segment can primarily be attributed to increasing the need for quality cardiology care and increasing prevalence of cardiovascular diseases, growing number of cardiac centers, increasing number of patient visits to physician offices for the diagnosis of CVDs, and the availability of reimbursements for Holter & event monitors across developed markets.

North America accounted for the largest share of the market in 2019
On the basis of region, the diagnostic electrocardiograph (ECG) market is segmented into North America, Europe, Asia, and RoW. North America accounted for the largest share of the diagnostic electrocardiograph (ECG) market in 2018. The large share of this regional segment can be attributed to the growth in the geriatric population and the subsequent growth in the prevalence of cardiovascular diseases, high accessibility to advanced technologies, increasing development of innovative and technologically advanced products, and increasing healthcare expenditure in the region.

Break-up of Primaries:
• By Respondent Type: Supply Side (80%), Demand Side (20%)
• By Designation: C-level (57%), D-level (18%), and Others (25%)
• By Region: North America (50%), Europe (20%), APAC (20%), and RoW (10%)
The major key players in the diagnostic electrocardiograph (ECG) market are GE Healthcare (US), Philips Healthcare (Netherlands), Nihon Kohden (Japan), Hill-Rom Holdings (US), and Ambu (Denmark).

Research Coverage:
In this report, the diagnostic electrocardiograph (ECG) market is segmented by product & service, lead type, end user, and region. The report provides a detailed overview of the major drivers, challenges, opportunities, and restraining factors impacting the market, along with the estimates and forecasts of the revenue.

Reasons to Buy this Report:
The report provides insights into the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the portfolios offered by the top players in the diagnostic electrocardiograph (ECG) market. The report analyzes the market by product & service, lead type, end user, and region.

• Product Development: Detailed insights into the upcoming research & development activities and product launches in the diagnostic electrocardiograph (ECG) market.

• Market Development: Comprehensive information about the lucrative emerging markets. The report analyzes the markets for diagnostic electrocardiograph (ECG) across regions.

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, and recent developments in the diagnostic electrocardiograph (ECG) industry.

• Competitive Assessment: In-depth assessment of strategies, products, and manufacturing capabilities of the key players in the diagnostic electrocardiograph (ECG) market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Markets Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Key Data From Primary Sources
2.4 Market Size Estimation
2.5 Data Triangulation
2.5.1 Assumptions for the Study
2.5.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Diagnostic Electrocardiograph Market Overview
4.2 Asia Pacific: Market Share, By End User & Country (2018)
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics: Drivers, Opportunities, and Challenges
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Incidence of Lifestyle and Cardiovascular Diseases
5.2.1.2 Increasing Geriatric Population
5.2.1.3 Technological Advancements in Wireless Monitoring and Wearable Devices
5.2.2 Opportunity
5.2.2.1 Untapped Emerging Markets
5.2.3 Challenge
5.2.3.1 Dearth of Skilled Professionals
5.2.4 Trend
5.2.4.1 Mergers, Acquisitions, and Joint Ventures
5.3 Diagnostic Electrocardiograph Market, By Lead Type (2019–2024)
5.4 Geographic Snapshot of the Market
6 Diagnostic Electrocardiograph Market, By Product & Service (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Products
6.3 Resting ECG Devices
6.3.1 Low Cost, Ease of Use, and Simplicity Have Driven the Adoption of Resting ECG Devices
6.4 Stress ECG Devices
6.4.1 The High Cost of These Devices is Negatively Impacting Market Growth
6.5 Implantable Loop Recorders
6.5.1 High Cost and Limited Applications are Hampering Market Growth
6.6 Mobile Cardiac Telemetry Devices
6.6.1 Increasing Demand for Cardiac Monitoring Solutions in Home Care Settings to Propel Market Growth
6.7 Event Monitors
6.7.1 Increasing Outsourcing of Monitoring Devices to Propel Market Growth
6.8 Holter Monitors
6.8.1 Short Duration of Monitoring is A Key Restraint to Market Growth
6.9 Smart ECG Monitors
6.9.1 Lack of Data Security is Hampering the Growth of This Segment
6.1 Software & Services
7 Diagnostic Electrocardiograph Market, By Lead Type (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 12-Lead ECG Devices
7.2.1 Use in Pre-Hospital and Clinic Settings has Driven the Adoption of 12-Lead ECG Devices
7.3 5-Lead ECG Devices
7.3.1 Use in Patient Monitoring Will Drive the Growth of the 5-Lead ECG Devices Market
7.4 3-Lead ECG Devices
7.4.1 Market Growth is Driven By Its Capabilities to Meet the Needs of Multiple Diagnostic Tests Simultaneously
7.5 6-Lead ECG Devices
7.5.1 6-Lead ECG Devices are Mainly Used in Remote Patient Monitoring
7.6 Single-Lead ECG Devices
7.6.1 Ease of Use for Diagnosis and Quick Results Have Increased the Use of Single-Lead ECG Devices
7.7 Other Lead Types
8 Diagnostic Electrocardiograph Market, By End User (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals, Clinics, and Cardiac Centers
8.2.1 In 2018, the Hospitals, Clinics, and Cardiac Centers Segment Accounted for the Largest Share of the Market
8.3 Ambulatory Surgical Centers
8.3.1 The Ascs Segment to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
8.4 Other End Users
9 Diagnostic Electrocardiograph Market, By Region (Page No. – 70)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Growing Number of Fda Approvals for Cm and ECG Devices to Support Market Growth in the US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growing Focus of Government and Private Organizations on Providing Funding for Research Will Drive Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Dominates the Diagnostic ECG Market in Europe
9.3.2 France
9.3.2.1 Rising Prevalence of Heart Failure Will Drive the Adoption of Diagnostic ECG Devices in France
9.3.3 UK
9.3.3.1 Rising Demand for Home-Based Smart ECG Devices Will Support Market Growth
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Rise in Individuals Suffering From Heart Diseases Will Increase the Use of Diagnostic ECG
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Rising Geriatric Population Will Support Market Growth in Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 High Healthcare Expenditure and Favorable Reimbursement and Insurance Coverage Will Support Market Growth in Japan
9.4.2 China
9.4.2.1 Government Support for Infrastructural Improvement Will Drive Market Growth
9.4.3 India
9.4.3.1 Government Initiatives Will Propel Market Growth in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 100)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Leadership Mapping (2019)
10.3.1 Vendor Inclusion Criteria
10.3.2 Visionary Leaders
10.3.3 Innovators
10.3.4 Dynamic Differentiators
10.3.5 Emerging Companies
10.4 Diagnostic Electrocardiograph Market (Global) Competitive Leadership Mapping, 2019
10.5 Competitive Scenario
10.5.1 Collaborations, Agreements, and Partnerships (2016–2019)
10.5.2 Product Launches and Approvals (2016–2019)
10.5.3 Expansions (2016–2019)
10.5.4 Acquisitions and Mergers (2016–2019)
11 Company Profiles (Page No. – 105)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 GE Healthcare
11.2 Koninklijke Philips N.V.
11.3 Nihon Kohden Corporation
11.4 Hill-Rom Holdings, Inc.
11.5 MBU A/S
11.6 Schiller AG
11.7 ACS Diagnostics
11.8 BPL Technologies
11.9 Fukuda Denshi
11.10 Biotelemetry, Inc.
11.11 OSI Systems, Inc.
11.12 BTL
11.13 Allengers Medical Systems, Ltd.
11.14 Shenzhen Mindray Bio-Medical Electronics Co., Ltd.
11.15 Edan Instruments, Inc.
11.16 Cardioline Spa
11.17 Suzuken Co., Ltd.
11.18 Norav Medical
11.19 Bionet Co., Inc.
11.20 Vectracor, Inc.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 136)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 2551
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の診断心電計(ECG)市場:製品別(安静時心電図、ストレス、モバイルテレメトリーデバイス、埋め込み型ループレコーダー)、サービス別、リードタイプ別(12リード、6リード、5リード)、エンドユーザー別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場
    本資料は、モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場について調べ、モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ソフトウェアソリューション、プラットフォーム、サービス)分析、用途別(建物&ホームオートメーション、スマートエネルギー&ユーティリティー、スマート製造、ロジスティックス関連、スマート小売り、スマートモビリティ&輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGoogle 、Twitter、BIGO Live、Facebook、You Now、Periscope 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場概要 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場環境 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場動向 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場規模 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場規模:種 …
  • 地上型レーザスキャナの世界市場
    当調査レポートでは、地上型レーザスキャナの世界市場について調査・分析し、地上型レーザスキャナの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 債権回収ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、債権回収ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、組織規模別分析、展開種類別分析、ユーザー種類別(金融機関、収集機関、ヘルスケア、政府、通信、ユーティリティ)分析、債権回収ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、債権回収ソフトウェアの世界市場規模が2019年29億万ドルから2024年46億万ドルまで年平均9.6%成長すると予測しています。
  • 世界のtrans-1,2-ジクロロエチレン市場2016
    本調査レポートでは、世界のtrans-1,2-ジクロロエチレン市場2016について調査・分析し、trans-1,2-ジクロロエチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージ化水処理装置の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、パッケージ化水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、技術タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、パッケージ化水処理装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属包装の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、金属包装の世界市場について調査・分析し、金属包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・金属包装の世界市場:市場動向分析 ・金属包装の世界市場:競争要因分析 ・金属包装の世界市場:用途別分析/市場規模 ・金属包装の世界市場:技術別分析/市場規模 ・金属包装の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・金属包装の世界市場:材料別分析/市場規模 ・金属包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・金属包装の北米市場規模 ・金属包装の欧州市場規模 ・金属包装のアジア市場規模 ・金属包装の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 臍帯血バンクサービスの米国市場
  • 船舶用エンジンの世界市場:商用船舶、オフショア支援船、内陸航路用船舶
    当調査レポートでは、船舶用エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、推進機関種類別分析、推進力別分析、船舶別分析、燃料別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 包装用発泡体の世界市場2017-2021:軟質発泡体、硬質発泡体
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、包装用発泡体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装用発泡体の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は包装用発泡体の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はArkema、BASF、Borealis、Sealed Air、Zetofoams等です。
  • 腎移植(Kidney Transplantation):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、腎移植(Kidney Transplantation)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎移植(Kidney Transplantation):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・腎移植(Kidney Transplantation)のフェーズ3治験薬の状況 ・腎移植(Kidney Transplantation)治療薬の市場規模(販売予測) ・腎移植(Kidney Transplantation)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・腎移植(Kidney Transplantation)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の腎移植(Kidney Transplantation)治療薬剤
  • 世界のスクアラン市場2015
    本調査レポートでは、世界のスクアラン市場2015について調査・分析し、スクアランの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の金属粉末市場2015
    本調査レポートでは、世界の金属粉末市場2015について調査・分析し、金属粉末の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 装甲車の世界市場予測(~2023年)
    装甲車の世界市場は、2018年の143億米ドルから2023年には168億米ドルに達し、この期間中3.25%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、国境を越えた紛争の勃発や非対称戦争の増加により装甲車に対する需要が高まっていることが考えられます。一方で、中東やアジア太平洋地域に装甲車の大手OEMが存在しないことや、機械的、電気的、その他の障害が装甲車に発生することにより、市場の成長は妨げられる可能性があります。当調査レポートでは、装甲車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、プラットフォーム(戦闘車両、戦闘支援車両、無人装甲地上車両)分析、モビリティ性(車輪付き、牽引式)分析、システム(エンジン、駆動システム、弾道装甲、ターレット駆動、C2システム)分析、装甲車の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスクリーンレス・ディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスクリーンレス・ディスプレイ市場2015について調査・分析し、スクリーンレス・ディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の燐酸二カリウム(DKP)市場2016
    本調査レポートでは、世界の燐酸二カリウム(DKP)市場2016について調査・分析し、燐酸二カリウム(DKP)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建築用大理石の世界市場予測2019-2024
    「建築用大理石の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、天然、人工など、用途別には、Residential Buildings、Public Buildingsなどに区分してまとめた調査レポートです。建築用大理石のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・建築用大理石の世界市場概要(サマリー) ・建築用大理石の企業別販売量・売上 ・建築用大理石の企業別市場シェア ・建築用大理石の世界市場規模:種類別(天然、人工) ・建築用大理石の世界市場規模:用途別(Residential Buildings、Public Buildings) ・建築用大理石の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・建築用大理石のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・建築用大理石の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・建築用大理石の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国 …
  • 二次性進行型多発性硬化症(SPMS):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における二次性進行型多発性硬化症(SPMS)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、二次性進行型多発性硬化症(SPMS)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・二次性進行型多発性硬化症(SPMS)の概要 ・二次性進行型多発性硬化症(SPMS)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の二次性進行型多発性硬化症(SPMS)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・二次性進行型多発性硬化症(SPMS)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • タイル接着剤および石材接着剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、タイル接着剤および石材接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、化学成分別分析、用途別分析、建設種類別分析、地域別分析、タイル接着剤および石材接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IoT (モノのインターネット) セキュリティ市場規模、セキュリティコンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、エンドユーザー別(産業用、商業用、消費者用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cisco Systems, IBM, Infineon Technologies, Intel, Symantecなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場概要 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場環境 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場動向 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場規模 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世界市場:業界構造分析 ・IoT (モノのインターネット) セキュリティの世 …
  • 対話型AIの世界市場予測(~2024年)
    対話型AIの世界市場は、2019年の42億米ドルから2024年には157億米ドルに達し、この期間中30.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、AIを基盤としたカスタマーサポートサービス、オムニチャネルの導入、そしてチャットボット開発コスト削減に対する要求の増加が考えられます。一方で、認識の不足は市場の成長を抑制する可能性があります。当調査レポートでは、対話型AIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(プラットフォーム、サービス)分析、タイプ(IVA、チャットボット)分析、技術分析、用途(カスタマーサポート、パーソナルアシスタント、カスタマーエンゲージメント・維持)分析、対話型AIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 滑り止め添加剤の世界市場:種類別(酸化アルミニウム、シリカ、その他)、用途別(建設用床材、船舶甲板、その他)、地域別予測
    本資料は、滑り止め添加剤の世界市場について調べ、滑り止め添加剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(酸化アルミニウム、シリカ、その他)分析、用途別(建設用床材、船舶甲板、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・滑り止め添加剤の世界市場概要 ・滑り止め添加剤の世界市場環境 ・滑り止め添加剤の世界市場動向 ・滑り止め添加剤の世界市場規模 ・滑り止め添加剤の世界市場規模:タイプ別(酸化アルミニウム、シリカ、その他) ・滑り止め添加剤の世界市場規模:用途別(建設用床材、船舶甲板、その他) ・滑り止め添加剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・滑り止め添加剤の北米市場規模・予測 ・滑り止め添加剤のアメリカ市場規模・予測 ・滑り止め添加剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・滑り止め添加剤のアジア市場規模・予測 ・滑り止め添加剤の日本市場規模・予測 ・滑り止め添加剤の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • FPGAの世界市場予測(~2023年):SRAM、アンチヒューズ、フラッシュ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、FPGAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、サイズ別分析、構成別分析、産業別分析、FPGAの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機上射撃制御レーダーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、機上射撃制御レーダーの世界市場について調査・分析し、機上射撃制御レーダーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 機上射撃制御レーダーの世界市場:市場動向分析 - 機上射撃制御レーダーの世界市場:競争要因分析 - 機上射撃制御レーダーの世界市場:周波数帯域別 S−バンド X−バンド Ku/K/Ka バンド - 機上射撃制御レーダーの世界市場:主要地域別分析 - 機上射撃制御レーダーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 機上射撃制御レーダーのヨーロッパ市場規模 - 機上射撃制御レーダーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・機上射撃制御レーダーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のグリオキサール市場2015
    本調査レポートでは、世界のグリオキサール市場2015について調査・分析し、グリオキサールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腸球菌感染症(Enterococcus Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腸球菌感染症(Enterococcus Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腸球菌感染症(Enterococcus Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腸球菌感染症(Enterococcus Infections)の概要 ・腸球菌感染症(Enterococcus Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腸球菌感染症(Enterococcus Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腸球菌感染症(Enterococcus Infections)治療薬 …
  • Anti-CD25抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD25抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD25抗体の概要 ・Anti-CD25抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD25抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD25抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD25抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • メキシコの血栓管理装置市場(~2021)
  • 口腔粘膜炎(Oral Mucositis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)のフェーズ3治験薬の状況 ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬の市場規模(販売予測) ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・口腔粘膜炎(Oral Mucositis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の口腔粘膜炎(Oral Mucositis)治療薬剤
  • 3Dイメージングの世界市場
    当調査レポートでは、3Dイメージングの世界市場について調査・分析し、3Dイメージングの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 医療用カメラの世界市場分析:用途別(内視鏡、眼科、皮膚科、歯科)、技術別(デジタルイメージング、赤外線、光干渉断層撮影、液体レンズ技術)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、医療用カメラの世界市場動向、医療用カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チューナブルレーザーの世界市場:製品別(色素レーザー、クリソベリルレーザー、色中心レーザー、その他)、加工別(切削、掘削、マーキング・彫刻、微細加工)、最終用途別(医療、汚染検知、半導体加工、その他)、地域別予測
    本資料は、チューナブルレーザーの世界市場について調べ、チューナブルレーザーの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(色素レーザー、クリソベリルレーザー、色中心レーザー、その他)分析、加工別(切削、掘削、マーキング・彫刻、微細加工)分析、最終用途別(医療、汚染検知、半導体加工、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・チューナブルレーザーの世界市場概要 ・チューナブルレーザーの世界市場環境 ・チューナブルレーザーの世界市場動向 ・チューナブルレーザーの世界市場規模 ・チューナブルレーザーの世界市場規模:製品別(色素レーザー、クリソベリルレーザー、色中心レーザー、その他) ・チューナブルレーザーの世界市場規模:加工別(切削、掘削、マーキング・彫刻、微細加工) ・チューナブルレーザーの世界市場規模:最終用途別(医療、汚染検知、半導体加工、その他) ・チューナブルレーザーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・チューナブルレーザーの北米市場規模・予測 …
  • 熱管理の世界市場分析:製品別(ハードウェア、ソフトウェア、インタフェース、基板)、用途別(コンピュータ、消費者家電、テレコミュニケーション、自動車電子部品、再生可能エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、熱管理の世界市場について調査・分析し、熱管理の世界市場動向、熱管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クラウドサービス仲介事業の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラウドサービス仲介事業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウドサービス仲介事業市場規模、実装タイプ別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場概要 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場環境 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場動向 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場規模 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場:業界構造分析 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場:実装タイプ別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド) ・クラウドサービス仲介事業の世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウドサービス仲介事業の北米市場規模・予測 ・クラウドサービス仲介事業のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・クラウドサービス仲介事業のアジア太平洋市場規模・予測 ・クラウドサービス仲介事業の主要国分析 …
  • 産業用温度調整弁の世界市場
    当調査レポートでは、産業用温度調整弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用温度調整弁の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳由来神経栄養因子モジュレーターのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における脳由来神経栄養因子モジュレーターのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脳由来神経栄養因子モジュレーターの概要 ・脳由来神経栄養因子モジュレーターのパイプライン概要 ・企業別開発中の脳由来神経栄養因子モジュレーター ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳由来神経栄養因子モジュレーターの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脳由来神経栄養因子モジュレーター開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 浴室用リネン類の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、浴室用リネン類の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、浴室用リネン類市場規模、製品別(バスタオル、バスローブ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・浴室用リネン類の世界市場概要 ・浴室用リネン類の世界市場環境 ・浴室用リネン類の世界市場動向 ・浴室用リネン類の世界市場規模 ・浴室用リネン類の世界市場:業界構造分析 ・浴室用リネン類の世界市場:製品別(バスタオル、バスローブ、その他) ・浴室用リネン類の世界市場:地域別市場規模・分析 ・浴室用リネン類の北米市場規模・予測 ・浴室用リネン類のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・浴室用リネン類のアジア太平洋市場規模・予測 ・浴室用リネン類の主要国分析 ・浴室用リネン類の世界市場:意思決定フレームワーク ・浴室用リネン類の世界市場:成長要因、課題 ・浴室用リネン類の世界市場:競争環境 ・浴室用リネン類の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企 …
  • ポリマーフォームの世界市場:ポリウレタンフォーム、ポリスチレンフォーム、PVCフォーム、フェノールフォーム、ポリオレフィンフォーム、メラミンフォーム、シリコーン、PVDF
    当調査レポートでは、ポリマーフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 海底電力ケーブルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、海底電力ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海底電力ケーブルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイクロタービン市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロタービン市場2015について調査・分析し、マイクロタービンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グルジアの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の吸入器市場2016
    本調査レポートでは、世界の吸入器市場2016について調査・分析し、吸入器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ホームオートメーションのインド市場:照明、セキュリティ&安全、HVAC、エンターテイメント
  • コートスポーツ用シューズ(靴)の世界市場
    当調査レポートでは、コートスポーツ用シューズ(靴)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コートスポーツ用シューズ(靴)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 保護用テキスタイルの世界市場分析:耐熱・耐炎、機械、電気、化学、バリスティック、宇宙服、医療用衣類
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、保護用テキスタイルの世界市場について調査・分析し、保護用テキスタイルの世界市場動向、保護用テキスタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別保護用テキスタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 磁気共鳴画像法(MRI)装置の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、磁気共鳴画像法(MRI)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、磁界の強さ別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 止血帯システムの世界市場分析:コンポーネント別(止血帯用具、止血帯カフス[空気圧{使い捨て、再利用}、非空気圧])、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、止血帯システムの世界市場について調査・分析し、止血帯システムの世界市場動向、止血帯システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別止血帯システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 一次電池の世界市場:アルカリ電池、リチウム電池
    当調査レポートでは、一次電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、一次電池の世界市場規模及び予測、電池種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業向けオンライン語学学習のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、企業向けオンライン語学学習のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けオンライン語学学習のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品検査向けPCRシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品検査向けPCRシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品検査向けPCRシステム市場規模、製品別(消費財、器具)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、bioMérieux, Bio-Rad Laboratories, BIOTECON Diagnostics, QIAGEN, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場概要 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場環境 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場動向 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場規模 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場:業界構造分析 ・食品検査向けPCRシステムの世界市場:製品別(消費財、器具) ・食品検査向けPCRシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品検査向けPCRシステムの北米市場規模・予測 ・食品検査向けPCRシステムのヨーロッパ・中東・アフ …
  • 歩数計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歩数計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歩数計の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は歩数計の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Fitbit• Garmin• Jawbone• Omron Healthcare等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"