"世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7502)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The cardiac mapping market is projected to grow at a CAGR of 8.7% during the forecast period.”
The global cardiac mapping market size is projected to reach USD 2.1 billion by 2024 from USD 1.4 billion in 2019 at a CAGR of 8.7%. The emergence of new entrants, growing investments, funds, and grants, increasing incidences of target diseases, and growth in the geriatric population are supporting the growth of this market. However, unfavorable healthcare reforms in the US and the lack of skilled & experienced electrophysiologists may restrain the market to a certain extent during the forecast period.

“The contact cardiac mapping segment is projected to dominate the cardiac mapping products market during the forecast period.”
The cardiac mapping products market has been segmented into contact cardiac mapping systems and non-contact cardiac mapping systems. The contact cardiac mapping systems segment further includes electroanatomical mapping, basket catheter mapping, and traditional endocardial mapping. The contact cardiac mapping systems segment held the largest share of this market in 2018 and is also estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. Contact mapping systems are technologically more efficient and precise, hence, they provide higher accuracy, sensitivity, and efficiency in disease diagnosis and ablation.

“The atrial fibrillation applications segment held the largest market share in 2018.”
By indication, the cardiac mapping market is segmented into atrial fibrillation, atrial flutter, atrioventricular nodal reentry tachycardia (AVNRT), other arrhythmias. The atrial fibrillation segment accounted for the largest share of this market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the technological advancements in mapping systems and the rising incidences of AF and associated ablation procedures.

“The North American cardiac mapping market is expected to hold the largest share during the forecast period.”
Geographically, the cardiac mapping industry is segmented into North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World. North America is expected to hold the largest share of this market during the forecast period. The increase in approval rate of mapping systems and clinical trials validating cardiac mapping systems in the US, high incidence of CVDs, and growing focus of government organizations on providing funding for cardiological research are the key factors driving the North American market.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 50%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level – 37%, Director-level – 29%, and Others – 34%
• By Region: North America – 35%, Europe – 30%, APAC – 25%, and RoW – 10%

The major players in the cardiac mapping market include Biosense Webster (US), Abbott (US), Medtronic (Ireland), Boston Scientific Corporation (US), MicroPort Scientific Corporation (China), EP Solutions SA (Switzerland), Acutus Medical (US), Koninklijke Philips N.V. (Royal Philips) (Netherlands), Lepu Medical (China), BIOTRONIK (Germany), AngioDynamics (US), BioSig Technologies (US), APN Health (US), CoreMap (US), Kardium (Canada), Catheter Precision (US), and Epmap-System (Germany).

Research Coverage
This report studies the cardiac mapping market based on product, indication, and region. The report also studies factors (such as drivers, restraints, opportunities, and challenges) affecting the market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micro markets concerning their growth trends and forecasts the revenue of the market segments for four main regions and respective countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market share of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the cardiac mapping market, and high-growth regions with their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Research Methodology Steps
2.2.1 Secondary Data
2.2.1.1 Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.2.1 Key Insights From Primary Sources
2.2.3 Market Size Estimation Methodology
2.2.4 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.3 Market Data Estimation and Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Market Overview
4.2 Geographic Analysis: European Cardiac Mappingmarket, By Indication & Country (2019)
4.3 Market Share, By Type, 2019 vs. 2024
4.4 Market Share, By Indication, 2019 vs. 2024
4.5 Geographic Outlook: Market
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 New Entrants in the Market
5.2.1.2 Growing Investments, Funds, and Grants
5.2.1.3 Increasing Incidence of Target Diseases
5.2.1.4 Growth in the Geriatric Population
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Unfavorable Healthcare Reforms in the US
5.2.2.2 Lack of Skilled and Experienced Electrophysiologists
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets
5.2.3.2 Technological Advancements
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Unfavorable Regulatory Scenario
5.2.4.2 Alternative Technologies
6 Cardiac Mapping Market, By Type (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Contact Cardiac Mapping Systems
6.2.1 Electroanatomical Mapping Systems
6.2.1.1 Electroanatomical Mapping Systems Account for the Largest Share of the Contact Mapping Systems Market
6.2.2 Basket Catheter Mapping Systems
6.2.2.1 Basket Catheter Mapping Systems Provide Simultaneous, Multiple, Stable Recordings for Most Endocardial Surfaces—A Key Factor Driving Market Growth
6.2.3 Traditional Endocardial Catheter Mapping Systems
6.2.3.1 Exposure to Ionizing Radiation Due to the Need for Fluoroscopy Guidance is A Key Disadvantage of Traditional Endocardial Catheter Mapping Systems
6.3 Non-Contact Cardiac Mapping Systems
6.3.1 Non-Contact Mapping is Applicable in Cases Where the Arrhythmia Cannot Be Tolerated Or in Cases Where Clinical Arrhythmia is Not Reproducible During the Electrophysiology Study
7 Cardiac Mapping Market, By Indication (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Atrial Fibrillation
7.2.1 Growing Number of Cases of Atrial Fibrillation and the Subsequent Increase in the Number of Ablation Procedures to Drive Market Growth
7.3 Atrial Flutter
7.3.1 High Success Rate of Radiofrequency Catheter Ablation for the Treatment of Atrial Flutter is A Major Factor Contributing to the Growth of This Market
7.4 Atrioventricular Nodal Reentry Tachycardia (Avnrt)
7.4.1 Growing Number of Avnrt Cases Across the Globe is Supporting the Growth of This Segment
7.5 Other Arrhythmias
8 Cardiac Mapping Market, By Region (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 High Burden of Cvds to Drive the Demand for Cardiac Mapping in the US
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Growing Focus of Government Organizations on Providing Research Funding to Support Market Growth in Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Favorable Healthcare Expenditure and Growing Use of Crt Devices to Drive Market Growth
8.3.2 UK
8.3.2.1 Rising Geriatric Population to Support Market Growth
8.3.3 France
8.3.3.1 Increasing Incidence of Heart Failure to Support Market Growth
8.3.4 Italy
8.3.4.1 Increasing Incidence of Cvd to Drive the Adoption of Cardiac Mapping Systems
8.3.5 Spain
8.3.5.1 Increasing Cardiac Ablation Procedures to Drive the Market in Spain
8.3.6 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 Japan
8.4.1.1 Favourable Reimbursement Scenario to Support Market Growth
8.4.2 China
8.4.2.1 Growing Geriatric Population to Drive the Market for Cardiac Mapping Systems
8.4.3 India
8.4.3.1 Increasing Government Initiatives Towards Healthcare are Supporting the Growth of the Market in India
8.4.4 Rest of Asia Pacific
8.5 Rest of the World
9 Competitive Landscape (Page No. – 95)
9.1 Introduction
9.2 Market Ranking Analysis
9.3 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
9.3.1 Visionary Leaders
9.3.2 Innovators
9.3.3 Emerging Companies
9.3.4 Dynamic Differentiators
9.4 Competitive Scenario
9.4.1 Product Launches & Approvals
9.4.2 Partnerships, Agreements, and Collaborations
9.4.3 Acquisitions
10 Company Profile (Page No. – 103)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis)*
10.1 Biosense Webster, Inc. (A Johnson & Johnson Company)
10.2 Abbott Laboratories
10.3 Medtronic Plc
10.4 Boston Scientific Corporation
10.5 Microport Scientific Corporation
10.6 EP Solutions Sa
10.7 Acutus Medical
10.8 Koninklijke Philips N.V.
10.9 Lepu Medical
10.1 Biotronik
10.11 Angiodynamics
10.12 Biosig Technologies, Inc.
10.13 APN Health, LLC
10.14 Coremap
10.15 Kardium, Inc.
10.16 Catheter Precision, Inc.
10.17 Epmap-System
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Competitive Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 129)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7502
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の心臓マッピング市場:製品別(接触マッピングシステム(電気解剖学的マッピング、バスケットカテーテルマッピング)、非接触マッピングシステム)、疾患別(心房細動、心房粗動、AVNRT)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ソマトスタチン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるソマトスタチン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ソマトスタチン受容体アゴニストの概要 ・ソマトスタチン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のソマトスタチン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ソマトスタチン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ソマトスタチン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 空気噴霧器の世界市場分析:タイプ別(通気、呼吸作動型)、地域別(北米(アメリカ・カナダ)、ヨーロッパ(英国&ドイツ)、アジア太平洋(日本、中国・インド)、ラテンアメリカ(ブラジル・メキシコ)、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、空気噴霧器の世界市場について調査・分析し、空気噴霧器の世界市場動向、空気噴霧器の世界市場規模、市場予測、セグメント別空気噴霧器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ドキュメント解析の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、ドキュメント解析の世界市場規模が2019年438百万ドルから2024年3855百万ドルまで年平均54.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ドキュメント解析の世界市場について調査・分析し、市場概要、ソリューション別(製品、サービス)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、展開種類別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、政府、ヘルスケア&ライフサイエンス、小売&電子商取引、製造、輸送&物流、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・ドキュメント解析の世界市場:ソリューション別(製品、サービス) ・ドキュメント解析の世界市場:サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス) ・ドキュメント解析の世界市場:展開種類別(オンプレミス、クラウド) ・ドキュメント解析の世界市場 …
  • シリアル-イーサネットデバイスサーバーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シリアル-イーサネットデバイスサーバーの世界市場について調査・分析し、シリアル-イーサネットデバイスサーバーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シリアル-イーサネットデバイスサーバーシェア、市場規模推移、市場規模予測、シリアル-イーサネットデバイスサーバー種類別分析(外付け型、埋め込み型)、シリアル-イーサネットデバイスサーバー用途別分析(工業、医療、遠距離通信、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シリアル-イーサネットデバイスサーバーの市場概観 ・シリアル-イーサネットデバイスサーバーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シリアル-イーサネットデバイスサーバーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シリアル-イーサネットデバイスサーバーの世界市場規模 ・シリアル-イーサネットデバイスサーバーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シリアル-イーサネットデバイスサーバーのアメリカ市場規模推移 ・シリアル-イーサネットデバイスサーバーのカナ …
  • 世界のポリイミドワニス市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリイミドワニス市場2016について調査・分析し、ポリイミドワニスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 超高分子量ポリエチレンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超高分子量ポリエチレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超高分子量ポリエチレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体重減量および体重管理の世界市場予測(~2022年):フィットネス機器(ルームランナー、エリプティカル・マシン、階段ステッパー)、手術機器、ダイエット、体重減量サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、体重減量および体重管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置種類別分析、サービス別分析、地域別分析、体重減量および体重管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)市場規模、用途別(通信機器、家電、自動車、データ処理、産業、その他)分析、パッケージタイプ別(表面実装CPLD、スルーホールCPLD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場概要 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場環境 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場動向 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場規模 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場:業界構造分析 ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場:用途別(通信機器、家電、自動車、データ処理、産業、その他) ・CPLD(複合プログラマブル論理デバイス)の世界市場:パッケージタイプ別(表面実装CPLD、スルー …
  • 世界の小売向けタッチスクリーンディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界の小売向けタッチスクリーンディスプレイ市場2015について調査・分析し、小売向けタッチスクリーンディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱業におけるロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉱業におけるロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉱業におけるロボット市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、測量・マッピング、掘削、その他)分析、ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉱業におけるロボットの世界市場概要 ・鉱業におけるロボットの世界市場環境 ・鉱業におけるロボットの世界市場動向 ・鉱業におけるロボットの世界市場規模 ・鉱業におけるロボットの世界市場:業界構造分析 ・鉱業におけるロボットの世界市場:用途別(マテリアルハンドリング、測量・マッピング、掘削、その他) ・鉱業におけるロボットの世界市場:ソリューション別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・鉱業におけるロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉱業におけるロボットのアメリカ市場規模・予測 ・鉱業におけるロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・鉱業におけるロボット …
  • テレビ用ディスプレイドライバIC(DDIC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テレビ用ディスプレイドライバIC(DDIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレビ用ディスプレイドライバIC(DDIC)の世界市場規模及び予測、市場シェア、テレビ種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生体内の医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場:製品の類型別、GLP(優良試験所規範)タイプ別、疾患別(糖尿病、肥満、自己免疫/炎症性、CNS Conditions)
    本調査レポートでは、生体内の医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場について調査・分析し、生体内の医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場動向、生体内の医薬品開発受託機関(CRO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別生体内の医薬品開発受託機関(CRO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3Dテレビの世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、3Dテレビの世界市場について調査・分析し、3Dテレビのメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(非ガラスフリー、ガラスフリー)、用途別販売分析(家庭用、業務用)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、3Dテレビ産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・3Dテレビ市場概要 ・3Dテレビのメーカー別販売量・メーカー別シェア ・3Dテレビの世界市場:種類別販売量(非ガラスフリー、ガラスフリー) ・3Dテレビの世界市場:用途別販売量(家庭用、業務用) ・3Dテレビの世界市場:地域別販売量・市場シェア ・3Dテレビの米国市場規模 ・3Dテレビの中国市場規模 ・3Dテレビの欧州市場規模 ・3Dテレビの日本市場規模 ・3Dテレビの東南アジア市場規模 ・3Dテレビのインド市場規模 ・3Dテレビのメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等) ・3Dテレビのコスト分析・価格動向 ・3Dテレビの産業チェーン(サプライチェーン分析) ・3Dテレビのマーケティング戦略・販売チャネル、流通 …
  • 聴覚用インプラントの世界市場:人工内耳、骨固定インプラント
    ※本調査レポートでは、聴覚用インプラントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、聴覚用インプラントの世界市場規模、地域別市場規模、セグメント別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペット向けデイケア・宿泊サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ペット向けデイケア・宿泊サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペット向けデイケア・宿泊サービスの世界市場規模及び予測、ペット種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アンチドローンの世界市場:レーザーシステム、キネティックシステム、電子システム
    当調査レポートでは、アンチドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコの火力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • 世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場
    当調査レポートでは、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非小細胞肺癌(NSCLC)治療の世界市場:医薬品予測・市場分析(~2025)
  • 地理空間解析の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、地理空間解析の世界市場について調査・分析し、地理空間解析の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・地理空間解析の世界市場規模:技術別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:用途別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:種類別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界及び米国のポマード市場2017-2022
  • PET包装の世界市場
    当調査レポートでは、PET包装の世界市場について調査・分析し、PET包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - PET包装の世界市場:市場動向分析 - PET包装の世界市場:競争要因分析 - PET包装の世界市場:パックの種類別 ・トレー ・蓋/キャップ&閉包物 ・ボトル&ジャー ・バッグ&ポーチ ・その他 - PET包装の世界市場:形状別 ・結晶質のPET ・非結晶質のPET - PET包装の世界市場:包装の種類別 ・軟質の包装 ・硬質の包装 - PET包装の世界市場:充填技術別 ・無菌充填 ・低温充填 ・高温充填 ・低真空重力 ・高真空重力 ・逆圧 ・陽圧 ・その他 - PET包装の世界市場:エンドユーザー別 ・パーソナルケア&化粧品 ・医薬品 ・飲料 ・食品 ・家庭用品 ・その他 - PET包装の世界市場:主要地域別分析 - PET包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - PET包装のヨーロッパ市場規模 - PET包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・PET包装の世界市場:主 …
  • パーソナルケア産業用アロマ成分の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パーソナルケア産業用アロマ成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(合成成分、天然成分)分析、用途別(ファインフレグランス、トイレタリー、化粧品)分析、パーソナルケア産業用アロマ成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 形質転換増殖因子ベータ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における形質転換増殖因子ベータ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・形質転換増殖因子ベータ1阻害剤の概要 ・形質転換増殖因子ベータ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の形質転換増殖因子ベータ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・形質転換増殖因子ベータ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・形質転換増殖因子ベータ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機)、用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技)
    当調査レポートでは、自動芝刈り機の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機) ・自動芝刈り機の世界市場:用途別(住宅、商業、ゴルフコース、スポーツ/陸上競技) ・自動芝刈り機の世界市場:地域別分析 ・競合分析 ・企業概要
  • イノベーション管理の世界市場予測(~2022年):ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、イノベーション管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、サービス別分析、導入形態別分析、アプリケーション別分析、イノベーション管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートカードICの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートカードICの世界市場について調べ、スマートカードICの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートカードICの市場規模をセグメンテーション別(用途別(テレコミュニケーション、財務、政府、交通手段、その他)、マイクロプロセッサアーキテクチャ別(16ビット、32ビット)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はスマートカードICの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートカードICの市場状況 ・スマートカードICの市場規模 ・スマートカードICの市場予測 ・スマートカードICの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(テレコミュニケーション、財務、政府、交通手段、その他) ・市場セグメンテーション:マイクロプロセッサアーキテクチャ別(16ビット、32ビット) ・スマートカードICの顧客状況 …
  • テキスタイルヤーン(織編用糸)の世界市場:天然糸(動物糸、植物糸)、人工糸(ポリエステル、ナイロン、アクリル、ビスコース)
    当調査レポートでは、テキスタイルヤーン(織編用糸)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶射用セラミックコーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶射用セラミックコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶射用セラミックコーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロボティックプロセスオートメーションの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ロボティックプロセスオートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボティックプロセスオートメーションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はロボティックプロセスオートメーションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均25.19%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Accenture、Cognizant、Deloitte、IBM等です。
  • 世界の自動車塗料市場規模・予測2017-2025:樹脂の種類別(ポリウレタン、エポキシ、アクリル)、技術別(溶剤系、水性、パウダー塗装)、塗装タイプ別(クリアコート・ベースコート・プライマー・Eコート(電着塗装))地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動車塗料市場について調査・分析し、世界の自動車塗料市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動車塗料関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • オンラインギャンブルの世界市場:カジノ、ベット、宝くじ
    当調査レポートでは、オンラインギャンブルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オンラインギャンブル市場規模、種類別(カジノ、ベット、宝くじ)分析、デバイス別(デスクトップ、モバイル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、888 Holdings, bet-at-home.com, GVC Holdings PLC, MGM Resorts, Paddy Power Betfair, William Hillなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オンラインギャンブルの世界市場概要 ・オンラインギャンブルの世界市場環境 ・オンラインギャンブルの世界市場動向 ・オンラインギャンブルの世界市場規模 ・オンラインギャンブルの世界市場:業界構造分析 ・オンラインギャンブルの世界市場:種類別(カジノ、ベット、宝くじ) ・オンラインギャンブルの世界市場:デバイス別(デスクトップ、モバイル) ・オンラインギャンブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンラ …
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)及びループス腎炎治療薬の世界市場予測・分析
  • Xバンドレーダーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、Xバンドレーダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Xバンドレーダー市場規模、種類別(海上配備型、モバイル型)分析、システムコンポーネント別(通信システム、コマンド・コントロールシステム)分析、アレイ別(パッシブ電子走査アレイ(PESA)、パッシブ電子走査アレイ(AESA))分析、用途別(政府、商業、防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ Xバンドレーダーの世界市場:市場動向分析 ・ Xバンドレーダーの世界市場:競争要因分析 ・ Xバンドレーダーの世界市場:種類別(海上配備型、モバイル型) ・ Xバンドレーダーの世界市場:システムコンポーネント別(通信システム、コマンド・コントロールシステム) ・ Xバンドレーダーの世界市場:アレイ別(パッシブ電子走査アレイ(PESA)、パッシブ電子走査アレイ(AESA)) ・ Xバンドレーダーの世界市場:用途別(政府、商業、防衛) ・ Xバンドレーダーの世界市場:主要地域別 …
  • 自動料金収受(AFC)の世界市場分析:技術別(スマートカード、磁気ストリップ、NFC、OCR)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、システム別(TVM、TOM、運賃ゲート、ICカード)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動料金収受(AFC)の世界市場について調査・分析し、自動料金収受(AFC)の世界市場動向、自動料金収受(AFC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動料金収受(AFC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軍人向け健康管理バイオインフォマティックスの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、軍人向け健康管理バイオインフォマティックスの世界市場について調査・分析し、軍人向け健康管理バイオインフォマティックスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍人向け健康管理バイオインフォマティックスの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍人向け健康管理バイオインフォマティックスの世界市場:セグメント別市場分析 ・軍人向け健康管理バイオインフォマティックスの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 3D磁気センサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、3D磁気センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3D磁気センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は3D磁気センサの世界市場が2017-2021年期間中に年平均21.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Allegro MicroSystems• Infineon Technologies• NXP Semiconductors• STMicroelectronics等です。
  • 帯ひもの世界市場分析:製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維、パラアラミド合成繊維、UHMWPE)、用途別(自動車および輸送、スポーツ用品、家具、軍用/防衛)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、帯ひもの世界市場について調査・分析し、帯ひもの世界市場動向、帯ひもの世界市場規模、市場予測、セグメント別帯ひも市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場について調査・分析し、自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場規模:用途別分析 ・自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場規模:製品別分析 ・自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 日本のインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 不妊検査・不妊治療の北米市場
    本調査レポートでは、不妊検査・不妊治療の北米市場について調査・分析し、不妊検査・不妊治療の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 採鉱装置レンタルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、採鉱装置レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、採鉱装置レンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 手術用動力器具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、手術用動力器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用動力器具の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)
    ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場は、2019年の750億米ドルから2024年には1,125億米ドルに達し、この期間中10.12%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、建築物における自動セキュリティシステムの採用の増加、エネルギー効率が高く環境に優しい建物の設計と建築への注力、BASの便益性、ビルオートメーションシステムにおけるIoTの急速な普及、そして発展途上国における急速なインフラの拡大が考えられます。さらに、政府の取り組み、そしてデータアナリティクスを用いた建築技術とビルディングオートメーションの進歩は、BAS市場プレーヤーに好機をもたらすでしょう。一方で、技術的な問題や熟練した専門家の不足がBAS市場の成長を妨げています。当調査レポートでは、ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、通信技術分析、製品(施設管理システム、セキュリティ・アクセス管理システム、防火システム、ビルエネルギー管理ソフトウェア)分析、用途分析、ビルディ …
  • 日本のアクリロニトリル市場(~2019)
  • 食品の真正性(Authenticity)検査の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、食品の真正性(Authenticity)検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、検査種類別分析、技術別分析、食品種類別分析、地域別分析、食品の真正性(Authenticity)検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クレアチニン測定の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、クレアチニン測定の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クレアチニン測定市場規模、種類別(ヤッフェ法経過測定、酵素法、その他)分析、製品別(測定キット、試薬)分析、試料別(血液・血清、尿)分析、エンドユーザー別(診断ラボ、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ クレアチニン測定の世界市場:市場動向分析 ・ クレアチニン測定の世界市場:競争要因分析 ・ クレアチニン測定の世界市場:種類別(ヤッフェ法経過測定、酵素法、その他) ・ クレアチニン測定の世界市場:製品別(測定キット、試薬) ・ クレアチニン測定の世界市場:試料別(血液・血清、尿) ・ クレアチニン測定の世界市場:エンドユーザー別(診断ラボ、病院) ・ クレアチニン測定の世界市場:主要地域別分析 ・ クレアチニン測定の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ クレアチニン測定のヨーロッパ市場規模 ・ クレアチニン測定のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市 …
  • 移植診断の世界市場予測(~2021):技術別(PCR、SSO-PCR、SSP-PCR、NGS、サンガーシーケンシング、マイクロアレイ)、製品&サービス別、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品&サービス別分析、用途別分析、需要先別分析、移植診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設管理ソフトウェアの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、建設管理ソフトウェアの世界市場について調べ、建設管理ソフトウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、建設管理ソフトウェアの市場規模をセグメンテーション別(展開別(クラウドベース、オンプレミス)、エンドユーザー別(建築業者&請負業者、建設管理者、エンジニア&建築家)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は建設管理ソフトウェアの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・建設管理ソフトウェアの市場状況 ・建設管理ソフトウェアの市場規模 ・建設管理ソフトウェアの市場予測 ・建設管理ソフトウェアの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:展開別(クラウドベース、オンプレミス) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(建築業者&請負業者、建設管理者、エンジニア&建築家) ・建設管理ソフトウェアの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"