"世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7503)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Rising demand for network virtualization and automation to drive adoption of NFV infrastructure

The global Network Function Virtualization (NFV) market size is projected to grow from USD 12.9 billion in 2019 to USD 36.3 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 22.9% from 2019 to 2024. The exponential increase in the size and complexity of network infrastructures in the last decade has created a need for solutions to simplify and efficiently manage the entire network. NFV solutions cater directly to these problems by providing more flexibility in terms of traffic management to operators to improve network efficiency. Hence, the rising demand for advanced network management systems is driving the global NFV market growth.

The virtual appliance segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
Virtual appliance primarily includes various networking operations, such as traffic forwarding, traffic monitoring, security, caching, intrusion detection system, and domain name service. These operations are widely carried over Virtual Customer Premise equipment (VCPe) over the edge. This has considerably affected enterprises to streamline their network complexities. Thus, the segment is expected to record decent momentum in the coming years.

The service providers segment to lead the NFV market in 2019
Service providers such as telecom service providers and cloud service providers are actively leveraging NFV to optimize networks, improve service delivery times, increase Average Revenue Per User (ARPU), and reduce Capital Expenditure (CAPEX) and Operational Expenditure (OPEX). NFV transforms networks into more open and programmable frameworks by implementing a decoupled centralized control layer, which optimizes network resources, resulting in reduced network congestions, enhanced network user capacity (bandwidth requirement), and the minimized cost associated with hardware requirement for network user expansions.

APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period
APAC consists of major economies, such as China, India, Japan, Australia, and South Korea. These countries are gaining worldwide attention due to their rapid growth and advancements, such as the adoption of cloud, big data, NFV, and digital transformation technologies. The latest 4G and 5G technology intervention in the APAC region is a major reason for the rapid digital transformation in the region. This has led to developments in technologies, such as IoT, BYOD, and mobility services, opening numerous revenue streams and use cases for businesses. The 4G technology is at a growing stage in APAC, owing to the increasing subscriber base, favorable policies and regulations, and demand for data storage and security.
All these factors act as drivers for the NFV market due to rapid digital transformation and wide scope of growth.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the NFV market.
• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-level – 40%, Directors – 35%, Managers – 15%, and Others – 10%
• By Region: North America – 45%, Europe – 30%, APAC – 15%, and RoW – 10%
Major vendors providing NFV solutions and services include Cisco (US), Ericsson (US), Huawei (China), VMware(US), Nokia (Finland), HPE (US), Dell EMC (US), Juniper Networks (US), Affirmed Networks (US), NETSCOUT (US), NEC (Japan), Ribbon Communications (US), ZTE Corporation (China), Fujitsu (Japan), Ciena (US), ECI Telecom (Israel), Metaswitch (UK), Mavenir (US), Radisys (US), and Wind River (US). The study included an in-depth competitive analysis of these key players, along with their company profiles, recent developments, and key growth strategies.

Research coverage
The market study covers the NFV market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as, component, Virtualized Network Function (VNF), application, end-user, and regions. The study also includes an in-depth competitive analysis of key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall NFV market and its segments. This report is also expected to help stakeholders in understanding the competitive landscape and gaining insights to improve the position of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It also aims at helping stakeholders in understanding the pulse of the market and providing them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primaries
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Competitive Leadership Mapping
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Market
4.2 Network Function Virtualization Market, By Virtualized Network Function, 2019
4.3 North America: Market By Application and End User, 2019
4.4 Asia Pacific: Market By Application and End User, 2019
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 37)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Need for an Enhanced Network Management System to Handle the Growing Network Traffic and Complexity
5.1.1.2 Increased Emergence of Cloud Services, Data Center Consolidation, and Server Virtualization
5.1.1.3 Rise in Demand for Network Virtualization and Automation
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Growing Number of Security Risks Across the NFV Infrastructure
5.1.2.2 Difficulties in Troubleshooting Across the NFV Network
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Adoption of NFV for IoT Technology
5.1.3.2 Increased Demand for Private Cloud Solutions and Services
5.1.3.3 Development of Open-Source SDN and NFV
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Complexities Introduced By Third-Party Integrations, Acquisitions, and Collaborations
5.1.4.2 Reliability Concerns for NFV
5.1.4.3 Balancing Network Infrastructure Between Traditional and NFV Technologies
5.2 Use Cases
5.2.1 SD-WAN
5.2.2 VCPE
5.2.3 NFV-Based Service Orchestration
5.2.4 Augmentation Service Offering Through NFV
5.2.5 Virtual Managed Services for Small and Medium Enterprises
6 Network Function Virtualization Market By Component (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Hardware
6.2.1.1 Hardware: NFV Market Drivers
6.2.2 Software
6.2.2.1 Software: NFV Market Drivers
6.3 Orchestration and Automation
6.3.1 Orchestration and Automation: Network Function Virtualization Market Drivers
6.4 Professional Services
6.4.1 Consulting
6.4.1.1 Consulting: NFV Market Drivers
6.4.2 Implementation
6.4.2.1 Implementation: NFV Market Drivers
6.4.3 Training and Support
6.4.3.1 Training and Support: NFV Market Drivers
7 Network Function Virtualization Market By Virtualized Network Function (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Compute
7.2.1 Compute: Market Drivers
7.3 Storage
7.3.1 StoraGE: Market Drivers
7.4 Network
7.4.1 Network: Market Drivers
8 Network Function Virtualization Market By Application (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Virtual Appliance
8.2.1 Virtual Appliance: Market Drivers
8.3 Core Network
8.3.1 Mobile Edge Computing
8.3.1.1 MEC: NFV Market Drivers
8.3.2 Virtualized Radio Access Network
8.3.2.1 VRAN: NFV Market Drivers
8.3.3 Virtualized Evolved Packet Core
8.3.3.1 VEPC: NFV Market Drivers
8.3.4 Virtual Internet Protocol Multimedia Subsystem
8.3.4.1 VIMS: NFV Market Drivers
9 Network Function Virtualization Market, By End User (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 Service Providers
9.2.1 Service Providers: Market Drivers
9.2.2 Network Service Providers
9.2.3 Telecom Operators
9.3 Data Centers
9.3.1 Data Centers: Market Drivers
9.4 Enterprises
9.4.1 Enterprises: Market Drivers
9.4.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.4.3 Manufacturing
9.4.4 Retail
9.4.5 Healthcare
9.4.6 Education
9.4.7 Government and Defense
9.4.8 Others
10 Network Function Virtualization Market By Enterprise Size (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 Small and Medium-Sized Enterprises
10.2.1 Small and Medium-Sized Enterprises: Market Drivers
10.3 Large Enterprises
10.3.1 Large Enterprises: Market Drivers
11 Network Function Virtualization Market By Region (Page No. – 82)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 United States: NFV Market Drivers
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Canada: NFV Market Drivers
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 United Kingdom: NFV Market Drivers
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Germany: NFV Market Drivers
11.3.3 France
11.3.3.1 France: NFV Market Drivers
11.4 Asia Pacific
11.4.1 Japan
11.4.1.1 Japan: NFV Market Drivers
11.4.2 China
11.4.2.1 China: NFV Market Drivers
11.4.3 India
11.4.3.1 India: NFV Market Drivers
11.5 Latin America
11.5.1 Brazil
11.5.1.1 Brazil: NFV Market Drivers
11.5.2 Mexico
11.5.2.1 Mexico: NFV Market Drivers
11.6 Middle East and Africa
11.6.1 Middle East
11.6.1.1 Middle East: NFV Market Drivers
11.6.2 Africa
11.6.2.1 Africa: NFV Market Drivers
12 Competitive Landscape (Page No. – 110)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Strength of Product Portfolio
12.4 Business Strategy Excellence
12.5 Market Ranking for the Network Function Virtualization Market, 2018
13 Company Profiles (Page No. – 115)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Cisco
13.2 VMware
13.3 Huawei
13.4 Ericsson
13.5 Nokia
13.6 HPE
13.7 Dell EMC
13.8 Juniper Networks
13.9 NEC
13.10 Affirmed Networks
13.11 Ribbon Communications
13.12 ZTE
13.13 NETSCOUT
13.14 Fujitsu
13.15 Ciena
13.16 ECI Telecom
13.17 Metaswitch Networks
13.18 Mavenir
13.19 Radisys
13.20 Wind River
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 151)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7503
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 農業機械向け融資の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、農業機械向け融資の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業機械向け融資市場規模、種類別(リース、ローン、融資限度)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農業機械向け融資の世界市場概要 ・農業機械向け融資の世界市場環境 ・農業機械向け融資の世界市場動向 ・農業機械向け融資の世界市場規模 ・農業機械向け融資の世界市場:業界構造分析 ・農業機械向け融資の世界市場:種類別(リース、ローン、融資限度) ・農業機械向け融資の世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業機械向け融資の北米市場規模・予測 ・農業機械向け融資のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・農業機械向け融資のアジア太平洋市場規模・予測 ・農業機械向け融資の主要国分析 ・農業機械向け融資の世界市場:意思決定フレームワーク ・農業機械向け融資の世界市場:成長要因、課題 ・農業機械向け融資の世界市場:競争環境 ・農業機械向け融資の世界市場:関連企業情報(ベンダー …
  • 世界の2-メチルピリジン市場2015
    本調査レポートでは、世界の2-メチルピリジン市場2015について調査・分析し、2-メチルピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インホイールモーターの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、インホイールモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、推進タイプ別(BEV、HEV、PHEV、FCEV)分析、車両タイプ別(PC、CV)分析、モーター別(アキシャルフラックスモーター、ラジアルフラックスモーター)分析、冷却タイプ別(空気冷却、液体冷却)分析、インホイールモーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシリカゲル市場2016
    本調査レポートでは、世界のシリカゲル市場2016について調査・分析し、シリカゲルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の分子生物学用キット市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子生物学用キット市場2015について調査・分析し、分子生物学用キットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートハブ(Smart Hub)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマート・ハブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・ハブの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマート・ハブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、LG Electronics、Logitech、SmartThings、WINK LABS等です。
  • アジアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • ロシアの麻酔器市場動向(~2021)
  • ドイツの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 注射剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、注射剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、注射剤の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は注射剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AbbVie • F. Hoffmann-La Roche• GlaxoSmithKline• Sanofi等です。
  • 世界の圧力リリーフ装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の圧力リリーフ装置市場2015について調査・分析し、圧力リリーフ装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 延伸PTFE(ePTFE)の世界市場予測:フォーム別、用途別、エンドユーズ産業別
    MarketsandMarkets社は、延伸PTFE(ePTFE)の世界市場規模が2019年816百万ドルから2024年1105百万ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、延伸PTFE(ePTFE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、フォーム別(シート、テープ、膜、繊維)分析、用途別(ガスケット、ろ過&分離、誘電率)分析、エンドユーズ産業別(石油&ガス、化学、医療、輸送)分析、延伸PTFE(ePTFE)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用衣類スチーマー・乾燥機の世界市場2017-2021:衣類スチーマー、衣類乾燥機
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用衣類スチーマー・乾燥機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用衣類スチーマー・乾燥機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用衣類スチーマー・乾燥機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Haier Electronics Group、Koninklijke Philips、LG Electronics、Robert Bosch、SAMSUNG、Whirlpool等です。
  • AT自動車用トルクコンバータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、AT自動車用トルクコンバータの世界市場について調査・分析し、AT自動車用トルクコンバータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別AT自動車用トルクコンバータシェア、市場規模推移、市場規模予測、AT自動車用トルクコンバータ種類別分析(単段型、多段型)、AT自動車用トルクコンバータ用途別分析(4AT、6AT、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・AT自動車用トルクコンバータの市場概観 ・AT自動車用トルクコンバータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・AT自動車用トルクコンバータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・AT自動車用トルクコンバータの世界市場規模 ・AT自動車用トルクコンバータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・AT自動車用トルクコンバータのアメリカ市場規模推移 ・AT自動車用トルクコンバータのカナダ市場規模推移 ・AT自動車用トルクコンバータのメキシコ市場規模推移 ・AT自動車用トルクコンバータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギ …
  • 8K技術の世界市場予測(~2024年)
    8K技術の世界市場は、2019年の29億米ドルから2024年には268億米ドルに達し、この期間中55.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ディスプレイ技術の進歩、政府による資金援助、8K UHDディスプレイパネルの生産能力の拡大、8Kコンテンツの作成・配信に対応するさまざまな製品の入手可能性、高解像度の大型テレビに対する需要の増加が考えられます。一方で、スマートフォン、タブレット、自動車、その他の分野での8Kコンテンツの利用に制限があること、そして8K技術の使用に関する不確実性などの要因により、市場の成長が抑制されています。当調査レポートでは、8K技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(テレビ、モニター・ノートブック、プロ用カメラ、プロジェクター)分析、エンドユーザー(家電、スポーツ・エンターテイメント、医療)分析、8K技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコンパクタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のコンパクタ市場2016について調査・分析し、コンパクタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気防爆機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気防爆機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気防爆機器の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 防爆電子機器により、電気スパーク、アーク、もしくは電気器具から発生した熱による差し迫った爆発を防いだり、止めたりすることができます。Technavio社は電気防爆機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Eaton• Emerson • Pepperl+Fuchs• R. STAHL• WEG等です。
  • 住宅用ケーブルの世界市場:電線、データケーブル
    Technavioが発行した当調査レポートでは、住宅用ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用ケーブルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は住宅用ケーブルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Belden、General Cable Technologies、Nexans、NKT group、Polycab、Prysmian Group等です。
  • 耐擦傷性ガラスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、耐擦傷性ガラスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、耐擦傷性ガラス市場規模、製品別(サファイアガラス、イオン強化ガラス)分析、種類別(強化度合い、形状)分析、用途別(石油・ガス、航空、自動車、内装建築、電化製品、スマートフォン・タブレット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:市場動向分析 ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:競争要因分析 ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:製品別(サファイアガラス、イオン強化ガラス) ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:種類別(強化度合い、形状) ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:用途別(石油・ガス、航空、自動車、内装建築、電化製品、スマートフォン・タブレット、その他) ・ 耐擦傷性ガラスの世界市場:主要地域別分析 ・ 耐擦傷性ガラスの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 耐擦傷性ガラスのヨーロッパ市場規模 ・ 耐擦傷性ガラスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド …
  • ヘッドマウントディスプレイの世界市場
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイの世界市場について調査・分析し、ヘッドマウントディスプレイの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ガイドワイヤーの世界市場
    当調査レポートでは、ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ガイドワイヤーの世界市場:原材料別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーのアメリカ市場規模予測 ・ガイドワイヤーのヨーロッパ市場規模予測 ・ガイドワイヤーのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 発酵用化学品の世界市場
    本調査レポートでは、発酵用化学品の世界市場について調査・分析し、発酵用化学品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヨーロッパのプロセスオイル市場予測(~2020)
  • ESRアナライザの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ESRアナライザの世界市場について調査・分析し、ESRアナライザの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ESRアナライザシェア、市場規模推移、市場規模予測、ESRアナライザ種類別分析(Big Sample Numbers、Small Sample Numbers)、ESRアナライザ用途別分析(科学研究用途、医療用途、教育用途、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ESRアナライザの市場概観 ・ESRアナライザのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ESRアナライザのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ESRアナライザの世界市場規模 ・ESRアナライザの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ESRアナライザのアメリカ市場規模推移 ・ESRアナライザのカナダ市場規模推移 ・ESRアナライザのメキシコ市場規模推移 ・ESRアナライザのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ESRアナライザのドイツ市場規模推移 ・ESR …
  • 世界の木質パネル市場2015
    本調査レポートでは、世界の木質パネル市場2015について調査・分析し、木質パネルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テレハンドラーの世界市場:高さ別(50フィート未満、50フィート以上)、エンドユーザー別(建設、鉱業、農業、重工業、その他)
    本市場調査レポートではテレハンドラーについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、高さ別(50フィート未満、50フィート以上)分析、エンドユーザー別(建設、鉱業、農業、重工業、その他)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・テレハンドラーの世界市場:高さ別(50フィート未満、50フィート以上) ・テレハンドラーの世界市場:エンドユーザー別(建設、鉱業、農業、重工業、その他) ・テレハンドラーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 水性接着剤の世界市場予測(~2023年)
    水性接着剤の世界市場は、2018年の153億米ドルから2023年には202億米ドルに達し、5.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、テープ・ラベル、製紙・包装、木工、建築・建設、自動車・輸送といった用途からの需要増加、さらには化学工業に対する厳しい政府の規制が考えれられます。一方で、原材料の価格変動は、水性接着剤メーカーの全体的な製造コストに悪影響を及ぼす可能性があります。当調査レポートでは、水性接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂タイプ(PAE、PVAエマルジョン、VAEエマルジョン、SBラテックス、PUD)分析、用途(テープ・ラベル、製紙・包装、木工、建築・建設、自動車・輸送)分析、水性接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 液体硫化水素ナトリウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、液体硫化水素ナトリウムの世界市場について調査・分析し、液体硫化水素ナトリウムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別液体硫化水素ナトリウムシェア、市場規模推移、市場規模予測、液体硫化水素ナトリウム種類別分析(20%-35%、35%-50%)、液体硫化水素ナトリウム用途別分析(紙・パルプ、Copper Flotation、化学・染料製造、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・液体硫化水素ナトリウムの市場概観 ・液体硫化水素ナトリウムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・液体硫化水素ナトリウムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・液体硫化水素ナトリウムの世界市場規模 ・液体硫化水素ナトリウムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・液体硫化水素ナトリウムのアメリカ市場規模推移 ・液体硫化水素ナトリウムのカナダ市場規模推移 ・液体硫化水素ナトリウムのメキシコ市場規模推移 ・液体硫化水素ナトリウムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス …
  • 自動車用パッシブキーレスエントリー(PKE)システムの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用パッシブキーレスエントリー(PKE)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用パッシブキーレスエントリー(PKE)システムの世界市場規模及び予測、OEM/アフターマーケット別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コンタクトレンズの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンタクトレンズ市場規模、製品別(ソフトコンタクトレンズ、RGPコンタクトレンズ、ハイブリッドコンタクトレンズ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンタクトレンズの世界市場概要 ・コンタクトレンズの世界市場環境 ・コンタクトレンズの世界市場動向 ・コンタクトレンズの世界市場規模 ・コンタクトレンズの世界市場:業界構造分析 ・コンタクトレンズの世界市場:製品別(ソフトコンタクトレンズ、RGPコンタクトレンズ、ハイブリッドコンタクトレンズ) ・コンタクトレンズの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンタクトレンズのアメリカ市場規模・予測 ・コンタクトレンズのヨーロッパ市場規模・予測 ・コンタクトレンズのアジア市場規模・予測 ・コンタクトレンズの主要国分析 ・コンタクトレンズの世界市場:意思決定フレームワーク ・コンタクトレンズの世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 世界のサウンドバー市場2015
    本調査レポートでは、世界のサウンドバー市場2015について調査・分析し、サウンドバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 台湾の整形外科装置市場見通し
  • スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストの概要 ・スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のスフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • マルチファンクションディスプレイ(MFD)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マルチファンクションディスプレイ(MFD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチファンクションディスプレイ(MFD)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 田植え機の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、田植え機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、田植え機市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、製品別(手動式、機械式)分析、用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 田植え機の世界市場:市場動向分析 ・ 田植え機の世界市場:競争要因分析 ・ 田植え機の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・ 田植え機の世界市場:製品別(手動式、機械式) ・ 田植え機の世界市場:用途別(家庭用、商業用) ・ 田植え機の世界市場:主要地域別分析 ・ 田植え機の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 田植え機のヨーロッパ市場規模 ・ 田植え機のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・田植え機の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 医療機器セキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療機器セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション(暗号化、アンチウイルス、アイデンティティ&アクセス管理)別分析、サービス別分析、タイプ別分析、需要先別分析、医療機器セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)
    MarketsandMarkets社は、コンクリート修理モルタルの世界市場規模が2019年21億ドルから2024年28億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のコンクリート修理モルタル市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(ポリマー変性セメント(PMC)モルタル、エポキシ系モルタル)分析、グレード別(構造的、非構造的)分析、適用方法別(ハンド/トロール、注ぐ、散布)分析、最終用途産業別(建物&駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、マリン)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(ポリマー変性セメント(PMC)モルタル、エポキシ系モルタル) ・世界のコンクリート修理モルタル市場:グレード別(構造的、非構造的) ・世界のコンクリート修理モルタル市場:適用方法別(ハンド/トロール、注ぐ、散布) ・世界のコンクリート修理モルタル市場:最終用途産業別(建物&駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、マ …
  • 季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の概要 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • ソーラー充電器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソーラー充電器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラー充電器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 椎体形成術用装置の世界市場分析・予測
  • 航空機用プラスチックの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空機用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用プラスチックの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空機用プラスチックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DuPont、Hexcel、PPG Industries、Saint-Gobain、Solvay等です。
  • アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場2017-2021
    当調査レポートでは、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空交通管理の世界市場予測(~2022):ドメイン別(ATC、ATFM、AIM)、最終用途別(通信、誘導、監視、自動・シミュレーション)、投資タイプ別(グリーンフィールド、ブラウンフィールド)、空港クラス別(A、B、C、D)、システム別、地域別
    当調査レポートでは、航空交通管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ドメイン別分析、用途別分析、投資タイプ別分析、空港クラス別分析、航空交通管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 病院用家具の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、病院用家具の世界市場について調査・分析し、病院用家具の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別病院用家具シェア、市場規模推移、市場規模予測、病院用家具種類別分析(ベッド、椅子・ベンチ、キャビネット、仕切り、ワゴン・カート、その他)、病院用家具用途別分析(病院、クリニック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・病院用家具の市場概観 ・病院用家具のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・病院用家具のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・病院用家具の世界市場規模 ・病院用家具の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・病院用家具のアメリカ市場規模推移 ・病院用家具のカナダ市場規模推移 ・病院用家具のメキシコ市場規模推移 ・病院用家具のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・病院用家具のドイツ市場規模推移 ・病院用家具のイギリス市場規模推移 ・病院用家具のロシア市場規模推移 ・病院用家具のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、 …
  • ソフトドリンク用パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、ソフトドリンク用パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトドリンク用パッケージングの世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者モニタリング装置の世界市場
    当調査レポートでは、患者モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・患者モニタリング装置の世界市場:装置種類別分析/市場規模 ・患者モニタリング装置の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・患者モニタリング装置の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・患者モニタリング装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・患者モニタリング装置のアメリカ市場規模予測 ・患者モニタリング装置のヨーロッパ市場規模予測 ・患者モニタリング装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 医療部門における人工知能(AI)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、医療部門における人工知能(AI)の世界市場について調べ、医療部門における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、医療部門における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(医療用画像及び診断、創薬、業務管理、仮想アシスタント、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は医療部門における人工知能(AI)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均28%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・医療部門における人工知能(AI)の市場状況 ・医療部門における人工知能(AI)の市場規模 ・医療部門における人工知能(AI)の市場予測 ・医療部門における人工知能(AI)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(医療用画像及び診断、創薬、業務管理、仮想アシスタント、その他) ・医療部門における人工知能(AI)の顧客状況 ・主要地域別市場 …
  • ニードルフリーIVコネクターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ニードルフリーIVコネクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ニードルフリーIVコネクター市場規模、最終用途別(病院、在宅医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場概要 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場環境 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場動向 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場規模 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:業界構造分析 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:最終用途別(病院、在宅医療、その他) ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ニードルフリーIVコネクターのアメリカ市場規模・予測 ・ニードルフリーIVコネクターのヨーロッパ市場規模・予測 ・ニードルフリーIVコネクターのアジア市場規模・予測 ・ニードルフリーIVコネクターの主要国分析 ・ニードルフリーIVコネクターの世界市場:意思 …
  • 宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、出力電圧別分析、出力電力別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"