"世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 7503)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Rising demand for network virtualization and automation to drive adoption of NFV infrastructure

The global Network Function Virtualization (NFV) market size is projected to grow from USD 12.9 billion in 2019 to USD 36.3 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 22.9% from 2019 to 2024. The exponential increase in the size and complexity of network infrastructures in the last decade has created a need for solutions to simplify and efficiently manage the entire network. NFV solutions cater directly to these problems by providing more flexibility in terms of traffic management to operators to improve network efficiency. Hence, the rising demand for advanced network management systems is driving the global NFV market growth.

The virtual appliance segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
Virtual appliance primarily includes various networking operations, such as traffic forwarding, traffic monitoring, security, caching, intrusion detection system, and domain name service. These operations are widely carried over Virtual Customer Premise equipment (VCPe) over the edge. This has considerably affected enterprises to streamline their network complexities. Thus, the segment is expected to record decent momentum in the coming years.

The service providers segment to lead the NFV market in 2019
Service providers such as telecom service providers and cloud service providers are actively leveraging NFV to optimize networks, improve service delivery times, increase Average Revenue Per User (ARPU), and reduce Capital Expenditure (CAPEX) and Operational Expenditure (OPEX). NFV transforms networks into more open and programmable frameworks by implementing a decoupled centralized control layer, which optimizes network resources, resulting in reduced network congestions, enhanced network user capacity (bandwidth requirement), and the minimized cost associated with hardware requirement for network user expansions.

APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period
APAC consists of major economies, such as China, India, Japan, Australia, and South Korea. These countries are gaining worldwide attention due to their rapid growth and advancements, such as the adoption of cloud, big data, NFV, and digital transformation technologies. The latest 4G and 5G technology intervention in the APAC region is a major reason for the rapid digital transformation in the region. This has led to developments in technologies, such as IoT, BYOD, and mobility services, opening numerous revenue streams and use cases for businesses. The 4G technology is at a growing stage in APAC, owing to the increasing subscriber base, favorable policies and regulations, and demand for data storage and security.
All these factors act as drivers for the NFV market due to rapid digital transformation and wide scope of growth.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the NFV market.
• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-level – 40%, Directors – 35%, Managers – 15%, and Others – 10%
• By Region: North America – 45%, Europe – 30%, APAC – 15%, and RoW – 10%
Major vendors providing NFV solutions and services include Cisco (US), Ericsson (US), Huawei (China), VMware(US), Nokia (Finland), HPE (US), Dell EMC (US), Juniper Networks (US), Affirmed Networks (US), NETSCOUT (US), NEC (Japan), Ribbon Communications (US), ZTE Corporation (China), Fujitsu (Japan), Ciena (US), ECI Telecom (Israel), Metaswitch (UK), Mavenir (US), Radisys (US), and Wind River (US). The study included an in-depth competitive analysis of these key players, along with their company profiles, recent developments, and key growth strategies.

Research coverage
The market study covers the NFV market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as, component, Virtualized Network Function (VNF), application, end-user, and regions. The study also includes an in-depth competitive analysis of key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall NFV market and its segments. This report is also expected to help stakeholders in understanding the competitive landscape and gaining insights to improve the position of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It also aims at helping stakeholders in understanding the pulse of the market and providing them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primaries
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Competitive Leadership Mapping
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Market
4.2 Network Function Virtualization Market, By Virtualized Network Function, 2019
4.3 North America: Market By Application and End User, 2019
4.4 Asia Pacific: Market By Application and End User, 2019
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 37)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Need for an Enhanced Network Management System to Handle the Growing Network Traffic and Complexity
5.1.1.2 Increased Emergence of Cloud Services, Data Center Consolidation, and Server Virtualization
5.1.1.3 Rise in Demand for Network Virtualization and Automation
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Growing Number of Security Risks Across the NFV Infrastructure
5.1.2.2 Difficulties in Troubleshooting Across the NFV Network
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Adoption of NFV for IoT Technology
5.1.3.2 Increased Demand for Private Cloud Solutions and Services
5.1.3.3 Development of Open-Source SDN and NFV
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Complexities Introduced By Third-Party Integrations, Acquisitions, and Collaborations
5.1.4.2 Reliability Concerns for NFV
5.1.4.3 Balancing Network Infrastructure Between Traditional and NFV Technologies
5.2 Use Cases
5.2.1 SD-WAN
5.2.2 VCPE
5.2.3 NFV-Based Service Orchestration
5.2.4 Augmentation Service Offering Through NFV
5.2.5 Virtual Managed Services for Small and Medium Enterprises
6 Network Function Virtualization Market By Component (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Hardware
6.2.1.1 Hardware: NFV Market Drivers
6.2.2 Software
6.2.2.1 Software: NFV Market Drivers
6.3 Orchestration and Automation
6.3.1 Orchestration and Automation: Network Function Virtualization Market Drivers
6.4 Professional Services
6.4.1 Consulting
6.4.1.1 Consulting: NFV Market Drivers
6.4.2 Implementation
6.4.2.1 Implementation: NFV Market Drivers
6.4.3 Training and Support
6.4.3.1 Training and Support: NFV Market Drivers
7 Network Function Virtualization Market By Virtualized Network Function (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Compute
7.2.1 Compute: Market Drivers
7.3 Storage
7.3.1 StoraGE: Market Drivers
7.4 Network
7.4.1 Network: Market Drivers
8 Network Function Virtualization Market By Application (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Virtual Appliance
8.2.1 Virtual Appliance: Market Drivers
8.3 Core Network
8.3.1 Mobile Edge Computing
8.3.1.1 MEC: NFV Market Drivers
8.3.2 Virtualized Radio Access Network
8.3.2.1 VRAN: NFV Market Drivers
8.3.3 Virtualized Evolved Packet Core
8.3.3.1 VEPC: NFV Market Drivers
8.3.4 Virtual Internet Protocol Multimedia Subsystem
8.3.4.1 VIMS: NFV Market Drivers
9 Network Function Virtualization Market, By End User (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 Service Providers
9.2.1 Service Providers: Market Drivers
9.2.2 Network Service Providers
9.2.3 Telecom Operators
9.3 Data Centers
9.3.1 Data Centers: Market Drivers
9.4 Enterprises
9.4.1 Enterprises: Market Drivers
9.4.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.4.3 Manufacturing
9.4.4 Retail
9.4.5 Healthcare
9.4.6 Education
9.4.7 Government and Defense
9.4.8 Others
10 Network Function Virtualization Market By Enterprise Size (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 Small and Medium-Sized Enterprises
10.2.1 Small and Medium-Sized Enterprises: Market Drivers
10.3 Large Enterprises
10.3.1 Large Enterprises: Market Drivers
11 Network Function Virtualization Market By Region (Page No. – 82)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 United States: NFV Market Drivers
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Canada: NFV Market Drivers
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 United Kingdom: NFV Market Drivers
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Germany: NFV Market Drivers
11.3.3 France
11.3.3.1 France: NFV Market Drivers
11.4 Asia Pacific
11.4.1 Japan
11.4.1.1 Japan: NFV Market Drivers
11.4.2 China
11.4.2.1 China: NFV Market Drivers
11.4.3 India
11.4.3.1 India: NFV Market Drivers
11.5 Latin America
11.5.1 Brazil
11.5.1.1 Brazil: NFV Market Drivers
11.5.2 Mexico
11.5.2.1 Mexico: NFV Market Drivers
11.6 Middle East and Africa
11.6.1 Middle East
11.6.1.1 Middle East: NFV Market Drivers
11.6.2 Africa
11.6.2.1 Africa: NFV Market Drivers
12 Competitive Landscape (Page No. – 110)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Strength of Product Portfolio
12.4 Business Strategy Excellence
12.5 Market Ranking for the Network Function Virtualization Market, 2018
13 Company Profiles (Page No. – 115)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Cisco
13.2 VMware
13.3 Huawei
13.4 Ericsson
13.5 Nokia
13.6 HPE
13.7 Dell EMC
13.8 Juniper Networks
13.9 NEC
13.10 Affirmed Networks
13.11 Ribbon Communications
13.12 ZTE
13.13 NETSCOUT
13.14 Fujitsu
13.15 Ciena
13.16 ECI Telecom
13.17 Metaswitch Networks
13.18 Mavenir
13.19 Radisys
13.20 Wind River
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 151)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 7503
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のネットワーク機能仮想化(NFV)市場:コンポーネント別(ソリューション、オーケストレーション&自動化、プロフェッショナルサービス)、仮想化ネットワーク機能別、用途別(仮想アプライアンスおよびコアネットワーク)、エンドユーザー別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 製紙用化学品の世界市場予測(~2023年)
    製紙用化学品の世界市場は、2018年の364億米ドルから2023年には402億米ドルに達し、この期間中2.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、包装紙の生産の増加ならびに食品および飲料業界における紙ベースの包装の普及などが考えれられます。一方で、市場の成長は抑制する主な要因には、紙の生産減少があります。当調査レポートでは、製紙用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、形態(特殊化学品、大量生産型化学品)分析、タイプ(パルプ化学品、プロセス化学品、機能化学品)分析、製紙用化学品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 再生医療用コラーゲン及びゼラチンの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、再生医療用コラーゲン及びゼラチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原料別分析、用途別分析、地域別分析、再生医療用コラーゲン及びゼラチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モータースポーツ用トランスミッションの世界市場2018-2022
    モータースポーツ用トランスミッションは、自動車に搭載されたトランスミッションシステムであり、レーシング用途向けに特別に設計および製造されたギヤボックスで構成されています。モータースポーツ用トランスミッションの市場収益は、2018~2022年の間、10億ドル以上にも上ると予測されています。 主な分析対象企業は、Hewland Engineering、Holinger、Ricardo、SADEV、Xtrac、ZF Friedrichshafenなどです。 当調査レポートでは、モータースポーツ用トランスミッションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、モータースポーツ用トランスミッション市場規模、レースタイプ別(F1、NASCAR、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・モータースポーツ用トランスミッションの世界市場概要 ・モータースポーツ用トランスミッションの世界市場環境 ・モータースポーツ用トランスミッションの世界市場動向 ・モ …
  • ポンプ・バルブサービスの北米市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポンプ・バルブサービスの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポンプ・バルブサービスの北米市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポンプ・バルブサービスの北米市場が2017-2021年期間中に年平均4.56%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はFranklin Electric、Wilo、Universal Plant Services、North American hydraulics、Lewis-Goetz等です。
  • CRISPRのアジア市場
    本調査レポートでは、CRISPRのアジア市場について調査・分析し、CRISPRのアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 敗血症性ショック(Septic Shock):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における敗血症性ショック(Septic Shock)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、敗血症性ショック(Septic Shock)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・敗血症性ショック(Septic Shock)の概要 ・敗血症性ショック(Septic Shock)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の敗血症性ショック(Septic Shock)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・敗血症性ショック(Septic Shock)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 世界のひげそり用ブラシ市場2015
    本調査レポートでは、世界のひげそり用ブラシ市場2015について調査・分析し、ひげそり用ブラシの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床参照検査室サービスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、臨床参照検査室サービスの世界市場について調べ、臨床参照検査室サービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、臨床参照検査室サービスの市場規模をセグメンテーション別(サービス別、エンドユーザー別、用途別(臨床化学、ヒト及び腫瘍遺伝学、医療微生物学及び細胞学、その他))と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は臨床参照検査室サービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・臨床参照検査室サービスの市場状況 ・臨床参照検査室サービスの市場規模 ・臨床参照検査室サービスの市場予測 ・臨床参照検査室サービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:サービス別 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別 ・市場セグメンテーション:用途別(臨床化学、ヒト及び腫瘍遺伝学、医療微生物学及び細胞学、その他) ・臨床参照検査室サービスの顧客状況 ・主要地域別 …
  • B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるB細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)の概要 ・B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のB細胞性非ホジキンリンパ腫(B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬 …
  • ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場2014-2025:製品別(固体、中空)、由来別(未使用、再生、混合)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場について調査・分析し、ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場動向、ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリエステル短繊維(PSF)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ボーンハーベスターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボーンハーベスターの世界市場について調査・分析し、ボーンハーベスターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボーンハーベスターシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボーンハーベスター種類別分析(海綿骨採取、骨髄採取)、ボーンハーベスター用途別分析(公立病院、私立病院)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボーンハーベスターの市場概観 ・ボーンハーベスターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボーンハーベスターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボーンハーベスターの世界市場規模 ・ボーンハーベスターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボーンハーベスターのアメリカ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのカナダ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのメキシコ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボーンハーベスターのドイツ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのイギリス市場規模推移 ・ボーンハーベ …
  • アクセスコントロールの世界市場:磁気ストリップ、近接&スマートカード、生体認証、電子ロック、制御装置/サーバ、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、アクセスコントロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、装置別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナルコレプシー(Narcolepsy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるナルコレプシー(Narcolepsy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ナルコレプシー(Narcolepsy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ナルコレプシー(Narcolepsy)の概要 ・ナルコレプシー(Narcolepsy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のナルコレプシー(Narcolepsy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ナルコレプシー(Narcolepsy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • アルミニウム顔料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルミニウム顔料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルミニウム顔料市場規模、用途別(塗料、プラスチック、印刷用インク、パーソナルケア用品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルミニウム顔料の世界市場概要 ・アルミニウム顔料の世界市場環境 ・アルミニウム顔料の世界市場動向 ・アルミニウム顔料の世界市場規模 ・アルミニウム顔料の世界市場:業界構造分析 ・アルミニウム顔料の世界市場:用途別(塗料、プラスチック、印刷用インク、パーソナルケア用品、その他) ・アルミニウム顔料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルミニウム顔料の北米市場規模・予測 ・アルミニウム顔料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アルミニウム顔料のアジア太平洋市場規模・予測 ・アルミニウム顔料の主要国分析 ・アルミニウム顔料の世界市場:意思決定フレームワーク ・アルミニウム顔料の世界市場:成長要因、課題 ・アルミニウム顔料の …
  • フィンランドの心臓律動管理装置市場見通し
  • 重症虚血肢(Critical Limb Ischemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)の概要 ・重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • シェービングローションおよびクリームの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、シェービングローションおよびクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シェービングローションおよびクリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タンポンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、タンポンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンポンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマルチファンクションディスプレイ(MFD)市場2015
    本調査レポートでは、世界のマルチファンクションディスプレイ(MFD)市場2015について調査・分析し、マルチファンクションディスプレイ(MFD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用装甲車の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、軍事用装甲車の世界市場について調査・分析し、軍事用装甲車の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍事用装甲車の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍事用装甲車の世界市場:セグメント別市場分析 ・軍事用装甲車の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ガングリオシドGD2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるガングリオシドGD2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ガングリオシドGD2阻害剤の概要 ・ガングリオシドGD2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のガングリオシドGD2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ガングリオシドGD2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ガングリオシドGD2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • テストステロン補充療法の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、テストステロン補充療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テストステロン補充療法市場規模、製品別(注射、局所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テストステロン補充療法の世界市場概要 ・テストステロン補充療法の世界市場環境 ・テストステロン補充療法の世界市場動向 ・テストステロン補充療法の世界市場規模 ・テストステロン補充療法の世界市場:業界構造分析 ・テストステロン補充療法の世界市場:製品別(注射、局所、その他) ・テストステロン補充療法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・テストステロン補充療法の北米市場規模・予測 ・テストステロン補充療法のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・テストステロン補充療法のアジア太平洋市場規模・予測 ・テストステロン補充療法の主要国分析 ・テストステロン補充療法の世界市場:意思決定フレームワーク ・テストステロン補充療法の世界市場:成長要因、課題 ・テストステロ …
  • 世界の木質ペレット市場2015
    本調査レポートでは、世界の木質ペレット市場2015について調査・分析し、木質ペレットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セルロースナノ粒子の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、セルロースナノ粒子の世界市場について調査・分析し、セルロースナノ粒子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・セルロースナノ粒子の世界市場:市場動向分析 ・セルロースナノ粒子の世界市場:競争要因分析 ・セルロースナノ粒子の世界市場:用途別分析/市場規模 ・セルロースナノ粒子の世界市場:地域別分析/市場規模 ・セルロースナノ粒子の北米市場規模 ・セルロースナノ粒子の欧州市場規模 ・セルロースナノ粒子のアジア市場規模 ・セルロースナノ粒子の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 口腔がん治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、口腔がん治療法の世界市場について調べ、口腔がん治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、口腔がん治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は口腔がん治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・口腔がん治療法の市場状況 ・口腔がん治療法の市場規模 ・口腔がん治療法の市場予測 ・口腔がん治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(標的療法、化学療法) ・口腔がん治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の超音波センサー市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波センサー市場2015について調査・分析し、超音波センサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊殺生物剤の世界市場:抗菌剤、殺虫剤
    当調査レポートでは、特殊殺生物剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊殺生物剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の血栓管理装置市場(~2021)
  • マラリア検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 特殊肥料の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、特殊肥料の世界市場について調査・分析し、特殊肥料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・特殊肥料の世界市場:市場動向分析 ・特殊肥料の世界市場:競争要因分析 ・特殊肥料の世界市場:作物別分析/市場規模 ・特殊肥料の世界市場:肥料別分析/市場規模 ・特殊肥料の世界市場:用途別分析/市場規模 ・特殊肥料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・特殊肥料の北米市場規模・分析 ・特殊肥料の欧州市場・分析 ・特殊肥料のアジア市場・分析 ・特殊肥料の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 再生硬質プラスチックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、再生硬質プラスチックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、再生硬質プラスチック市場規模、製品別(HDPE(高密度ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PET(ポリエチレンテレフタレート)、その他)分析、最終用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・再生硬質プラスチックの世界市場概要 ・再生硬質プラスチックの世界市場環境 ・再生硬質プラスチックの世界市場動向 ・再生硬質プラスチックの世界市場規模 ・再生硬質プラスチックの世界市場:業界構造分析 ・再生硬質プラスチックの世界市場:製品別(HDPE(高密度ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PET(ポリエチレンテレフタレート)、その他) ・再生硬質プラスチックの世界市場:最終用途別 ・再生硬質プラスチックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・再生硬質プラスチックのアメリカ市場規模・予測 ・再生硬質プラスチックのヨーロッパ市場規模・予測 ・再生硬質プラスチック …
  • 敗血症診断の世界市場2017-2021:免疫測定検査、POCT、分子検査
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、敗血症診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、敗血症診断の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は敗血症診断の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.74%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、bioMérieux、T2 Biosystems等です。
  • 冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、冠血流予備量比(FFR)測定装置市場規模、製品別(FFRガイドワイヤ、FFR監視システム)分析、用途別(多枝冠動脈疾患、一枝冠動脈疾患)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場概要 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場環境 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場動向 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場規模 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:業界構造分析 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:製品別(FFRガイドワイヤ、FFR監視システム) ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:用途別(多枝冠動脈疾患、一枝冠動脈疾患) ・冠血流予備量比(FFR)測定装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・冠血流予備量比(FFR)測定装置のアメリカ市場規模・予測 ・冠 …
  • ビデオ監視およびVSaaSの世界市場
    当調査レポートでは、ビデオ監視およびVSaaSの世界市場について調査・分析し、ビデオ監視およびVSaaSの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 飼料分析の世界市場予測(~2023年):栄養素、乾燥物、マイコトキシン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飼料分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ターゲット(栄養素、乾燥物、マイコトキシン)分析、家畜(ウシ、ウマ、ヒツジ)分析、飼料(糧食、干草、サイレージ)分析、手法(湿式化学、近赤外(NIR))分析、飼料分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フルオロシリコーンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フルオロシリコーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フルオロシリコーン市場規模、エンドユーザー別(輸送、OEM、石油・ガス、その他) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フルオロシリコーンの世界市場概要 ・フルオロシリコーンの世界市場環境 ・フルオロシリコーンの世界市場動向 ・フルオロシリコーンの世界市場規模 ・フルオロシリコーンの世界市場:業界構造分析 ・フルオロシリコーンの世界市場:エンドユーザー別(輸送、OEM、石油・ガス、その他) ・フルオロシリコーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フルオロシリコーンの北米市場規模・予測 ・フルオロシリコーンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・フルオロシリコーンのアジア太平洋市場規模・予測 ・フルオロシリコーンの主要国分析 ・フルオロシリコーンの世界市場:意思決定フレームワーク ・フルオロシリコーンの世界市場:成長要因、課題 ・フルオロシリコーンの世 …
  • 住宅用デジタル水栓の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、住宅用デジタル水栓の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用デジタル水栓の世界市場規模及び予測、用途別分析、方式別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は住宅用デジタル水栓の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、LIXIL Group、Masco、Spectrum Brands、Zurn Industries等です。
  • 殺菌剤の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、殺菌剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、殺菌剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は殺菌剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Bayer、FMC、Sumitomo Chemical、Syngenta等です。
  • バイオ発電の世界市場:市場規模、平均価格、主要原料、制度、主要国分析
  • アジアのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • パレットコンベヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、パレットコンベヤの世界市場について調査・分析し、パレットコンベヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別パレットコンベヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、パレットコンベヤ種類別分析()、パレットコンベヤ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・パレットコンベヤの市場概観 ・パレットコンベヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・パレットコンベヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・パレットコンベヤの世界市場規模 ・パレットコンベヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・パレットコンベヤのアメリカ市場規模推移 ・パレットコンベヤのカナダ市場規模推移 ・パレットコンベヤのメキシコ市場規模推移 ・パレットコンベヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・パレットコンベヤのドイツ市場規模推移 ・パレットコンベヤのイギリス市場規模推移 ・パレットコンベヤのロシア市場規模推移 ・パレットコンベヤのアジア市場分析(日本、中 …
  • 肝性脳症(Hepatic Encephalopathy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)の概要 ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 危険場所用装置の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、危険場所用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、ネットワーク種類別分析、産業別分析、地域別分析、危険場所用装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車金融の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車金融の世界市場について調査・分析し、自動車金融の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車金融の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車金融の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車金融の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界のシールリング市場2015
    本調査レポートでは、世界のシールリング市場2015について調査・分析し、シールリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 圧力センサーダイの世界市場2017-2021:自動車、生物医学、家電、石油・ガス、工業
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、圧力センサーダイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力センサーダイの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は圧力センサーダイの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Hebei MT Microsystems、Murata Manufacturing、Sensonor、TDK等です。
  • アジアの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 電子楽器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電子楽器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子楽器の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 構造用接着剤の世界市場:建物・建設用、バス・トラック用、自動車用、航空用、船舶用、風力エネルギー用接着剤
    当調査レポートでは、構造用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"