"世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7504)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global graphene battery market is projected to grow at a CAGR of 23.9% from 2024 to 2030, in terms of value.”
The global graphene battery market size is projected to grow from USD 168 million in 2024 to USD 609 million by 2030, at a CAGR of 23.9% from 2024 to 2030. The increasing demand for graphene batteries in consumer electronics and automotive industries is expected to drive the graphene battery industry.

“The lithium-ion graphene battery type segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on type, the lithium-ion graphene battery segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The demand for graphene lithium-ion batteries is expected to increase from various end-use industries, such as consumer electronics, automotive, industrial, and power, among others due, due to their lightweight, durability and suitability for high capacity energy storage, as well as short charging cycles. This is expected to result in the lithium-ion graphene battery segment exhibiting the highest growth rate.

“The automotive end-use industry segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on the end-use industry, the battery-grade segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The need for high power and energy density has created a demand for reliable and safe batteries for industries such as automotive and consumer electronics, ultimately driving the growth of the graphene battery market. The automotive segment is forecasted to show the highest growth rate owing to the rise in the demand for electric vehicles due to environmental concerns and awareness about clean and sustainable fuel.

“Asia Pacific is projected to grow the highest CAGR in the graphene battery market during the forecast period.”
Asia Pacific is projected to grow at the highest CAGR in the graphene battery industry from 2024 to 2030. The growing economies of the countries such as China, Japan, Thailand, Taiwan, Malaysia, among others, coupled with the expansion and development of the manufacturing sector is expected to play a vital role in driving the demand for various products including batteries. Apart from electronic gadgets, the graphene battery is also used in electric vehicles and the demand for electric vehicles is increasing in the Asia Pacific region.

Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 22%, and Tier 3 – 33%
• By Designation: C-level Executives – 50%, Directors – 10%, and Others – 40%
• By Region: North America – 33%, Europe – 22%, Asia Pacific – 38%, South America – 5%, Middle East & Africa- 2%

Furthermore, as a part of the qualitative analysis of the graphene battery market, the research provides a comprehensive review of drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the growth of the market across the globe. It also discusses competitive strategies adopted by the leading market players such as Samsung SDI (South Korea), Huawei Technologies Co., Ltd. (China), Log 9 Materials Scientific Private Limited (India), Cabot Corporation (US), Grabat Graphenano Energy (Spain), Nanotech Energy (US), Nanotek Instruments, Inc. (US), XG Sciences, Inc. (US), ZEN Graphene Solutions Ltd. (Canada), Graphene NanoChem (Malaysia), Global Graphene Group (US), Vorbeck Materials Corp. (US), Graphenea Group (Spain), Hybrid Kinetic Group Ltd. (Hong Kong) and Targray Group (Canada).

Research Coverage:
The report defines, segments, and projects the size of the graphene battery market based on type, end-use industry, grade, and region. It strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market share and core competencies. It also tracks and analyzes competitive developments, such as expansions, and joint-ventures undertaken by them in the market.

Reasons to Buy the Report:
This report is expected to help the market leaders/new entrants in the market by providing them the closest approximations of revenue numbers of the graphene battery market and its segments. The report is also expected to help stakeholders obtain an improved understanding of the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses, and make suitable go-to-market strategies. It also enables stakeholders to understand the pulse of the market and provide them information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in Graphene Battery Market
4.2 Graphene Battery Market, By Region
4.3 Asia Pacific Graphene Battery Market, By Type & Country
4.4 Graphene Battery Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Advantages Over Other Battery Materials
5.2.1.2 Increasing Focus on R&D Activities
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Incapability of Mass Production
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Patents
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Production Cost
5.3 Economic Indicators
5.3.1 Industry Outlook
5.3.1.1 Electric Vehicles
5.4 Graphene Battery Patent Analysis
5.4.1 Publication Trends – 2015–2019
5.4.2 Insight
5.4.3 Trend Analysis and Geographical Representation
5.4.4 Top Assignees
6 Graphene Battery Market, By Type (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Lithium-Ion Graphene Battery
6.3 Graphene Supercapacitor
6.4 Lithium-Sulfur Graphene Battery
6.5 Others
7 Graphene Battery Market, By End-Use Industry (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Automotive
7.2.1 Battery Electric Vehicles
7.2.1.1 Graphene Batteries Provide High Thermal Stability and are Safe for Use in Electric Vehicles
7.2.2 Plug-In Hybrid Electric Vehicles
7.2.2.1 Low Self-Discharge Rate, High Output, and High Energy Density are Driving the Adoption of Graphene Batteries in Hybrid Electric Vehicles
7.3 Consumer Electronics
7.3.1 Smartphones
7.3.2 UPS
7.3.3 Laptops
7.4 Industrial
7.4.1 Mining Equipment
7.4.2 Construction Equipment
7.5 Power
7.6 Others
8 Regional Analysis (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.3 North America
8.4 Europe
8.5 Rest of the World (RoW)
9 Competitive Landscape (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Overview
9.3 Competitive Situations & Trends
9.3.1 Product Launches
9.3.2 Partnerships
9.3.3 Contracts
9.3.4 Agreements
9.3.5 Expansions
9.3.6 Collaborations
9.3.7 Product Developments
9.3.8 Investments
10 Company Profiles (Page No. – 67)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Graphenano Nanotechnologies
10.2 Nanograf Technologies
10.3 Global Graphene Group
10.4 XG Sciences
10.5 Graphene 3D Lab, Inc.
10.6 Samsung SDI
10.7 Huawei
10.8 Hybrid Kinetic Group Ltd.
10.9 Vorbeck Materials
10.10 Elcora Advanced Materials Corp.
10.11 Nanotek Instruments, Inc.
10.12 Graphene Batteries AS
10.13 Nanotech Energy, Inc.
10.14 ZEN Graphene Solutions Ltd.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 88)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7504
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 潜水艦発射ミサイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、潜水艦発射ミサイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潜水艦発射ミサイルの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 難燃性化学物質の世界市場2016-2020:臭素化難燃性化学物質、塩素化難燃性化学物質、リン系難燃性化学物質、水酸化アルミニウム難燃性化学物質、酸化アンチモン難燃性化学物質
    当調査レポートでは、難燃性化学物質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、難燃性化学物質の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの地熱発電市場2015
  • テレプレゼンス(テレビ会議)の世界市場:装置、ソフトウェア、サービス、没入型、パーソナル型、ホログラフィック、ロボット型テレプレゼンス
    当調査レポートでは、テレプレゼンス(テレビ会議)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、システム種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ロボットの世界市場
    当調査レポートでは、医療用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・医療用ロボットの世界市場:用途別分析/市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:製品別分析/市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療用ロボットのアメリカ市場規模予測 ・医療用ロボットのヨーロッパ市場規模予測 ・医療用ロボットのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 配電フィーダー自動化の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、配電フィーダー自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、配電フィーダー自動化の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ストラドルキャリアの世界市場
    当調査レポートでは、ストラドルキャリアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストラドルキャリアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トール様受容体9アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトール様受容体9アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トール様受容体9アンタゴニストの概要 ・トール様受容体9アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトール様受容体9アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トール様受容体9アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トール様受容体9アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヘルニア用メッシュデバイスの世界市場2014-2025:タイプ別(鼠径ヘルニア、瘢痕ヘルニア、大腿ヘルニア、その他)、メッシュタイプ別(生物学的メッシュ、合成メッシュ)、地域別
    本調査レポートでは、ヘルニア用メッシュデバイスの世界市場について調査・分析し、ヘルニア用メッシュデバイスの世界市場動向、ヘルニア用メッシュデバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルニア用メッシュデバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 動物診断の世界市場予測(~2023年):動物診断機器、動物診断消耗品
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、動物診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(機器、消耗品)分析、技術別(臨床生化学、尿検査、免疫診断、血液学、分子診断)分析、動物の種類別(犬、猫、馬、牛、豚、家禽)分析、エンドユーザー別分析、動物診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスプライン・シャフト市場2015
    本調査レポートでは、世界のスプライン・シャフト市場2015について調査・分析し、スプライン・シャフトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医用画像装置の世界市場:MRI、CTスキャナー、X線撮影、SPECT/PET、超音波撮像
    当調査レポートでは、医用画像装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医用画像装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの膝関節置換処置動向(~2021)
  • ドローン物流・輸送の世界市場予測(~2027年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ドローン物流・輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、分野別分析、ドローン種類(貨物ドローン、乗客ドローン、救急ドローン)別分析、地域別分析、ドローン物流・輸送の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BOM(部品表)ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、BOM(部品表)ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BOM(部品表)ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • モバイルマーケティングソリューションの世界市場:SMS、MMS、プッシュ通知、モバイルEメール、QRコード、モバイルウェブ
    当調査レポートでは、モバイルマーケティングソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、ユーザー別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェハ検査装置の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ウェハ検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェハ検査装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • HIVワクチンの世界市場:種類別(急性爪囲炎、慢性爪囲炎、カンジダ性爪囲炎、化膿性爪囲炎)、抗生物質別(ムピロシン軟膏、フシジン酸軟膏、ゲンタマイシン軟膏、ジクロキサシリン、その他)、地域別予測
    本資料は、HIVワクチンの世界市場について調べ、HIVワクチンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(急性爪囲炎、慢性爪囲炎、カンジダ性爪囲炎、化膿性爪囲炎)分析、抗生物質別(ムピロシン軟膏、フシジン酸軟膏、ゲンタマイシン軟膏、ジクロキサシリン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAlphaVax、Antigen Express、Argo Therapeutic、Bionor Pharmaceuticals、Celldex Therapeutics、FIT Biotech、Crucell Pharmaceutical、GeneCure、Genetic Immunity、GenVec、GeoVax Labs、GlaxoSmithKline、Immune Response Biopharma 、Inovio Pharmaceuticals、Novartisなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・HIVワクチンの世界市場概要 ・HIVワクチンの …
  • エンタープライズデータマネジメントの世界市場見通し2016-2022:オペレーション&メンテナンスサービス、コンサルティングサービス、トレーニング&サポートサービス
    当調査レポートでは、エンタープライズデータマネジメントの世界市場について調査・分析し、エンタープライズデータマネジメントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・エンタープライズデータマネジメントの世界市場:市場動向分析 ・エンタープライズデータマネジメントの世界市場:競争要因分析 ・エンタープライズデータマネジメントの世界市場:ユーザー種類別分析/市場規模 ・エンタープライズデータマネジメントの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・エンタープライズデータマネジメントの世界市場:導入別分析/市場規模 ・エンタープライズデータマネジメントの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・エンタープライズデータマネジメントの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・エンタープライズデータマネジメントの世界市場:地域別分析/市場規模 ・エンタープライズデータマネジメントの北米市場規模 ・エンタープライズデータマネジメントの欧州市場規模 ・エンタープライズデータマネジメントのアジア市場規模 ・エンタープライズデータマネジメントの世 …
  • 暖房コスト配分器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、暖房コスト配分器の世界市場について調査・分析し、暖房コスト配分器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別暖房コスト配分器シェア、市場規模推移、市場規模予測、暖房コスト配分器種類別分析()、暖房コスト配分器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・暖房コスト配分器の市場概観 ・暖房コスト配分器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・暖房コスト配分器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・暖房コスト配分器の世界市場規模 ・暖房コスト配分器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・暖房コスト配分器のアメリカ市場規模推移 ・暖房コスト配分器のカナダ市場規模推移 ・暖房コスト配分器のメキシコ市場規模推移 ・暖房コスト配分器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・暖房コスト配分器のドイツ市場規模推移 ・暖房コスト配分器のイギリス市場規模推移 ・暖房コスト配分器のロシア市場規模推移 ・暖房コスト配分器のアジア市場分析(日本、中 …
  • 世界のシングルユース・バイオリアクター市場2015
    本調査レポートでは、世界のシングルユース・バイオリアクター市場2015について調査・分析し、シングルユース・バイオリアクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の集光型太陽熱発電市場規模・予測2017-2025技術別(パラボラ‐トラフ・リニアフレネル反射器、ソーラーディッシュ、ソーラータワー)、構成要素別(ソーラーフィールド、パワーブロック・熱貯蔵)、エンドユーザー別(ユーティリティ、EOR・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の集光型太陽熱発電市場について調査・分析し、世界の集光型太陽熱発電市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の集光型太陽熱発電関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 肺放射線毒性(Pulmonary Radiation Toxicity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肺放射線毒性(Pulmonary Radiation Toxicity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肺放射線毒性(Pulmonary Radiation Toxicity)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肺放射線毒性(Pulmonary Radiation Toxicity)の概要 ・肺放射線毒性(Pulmonary Radiation Toxicity)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肺放射線毒性(Pulmonary Radiation Toxicity)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肺放射線毒性(Pu …
  • 試験準備のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、試験準備のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、試験準備のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 股・膝整形外科用インプラントの世界市場
    当調査レポートでは、股・膝整形外科用インプラントの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・股・膝整形外科用インプラントの世界市場:置換インプラント別分析/市場規模 ・股・膝整形外科用インプラントの世界市場:技術別分析/市場規模 ・股・膝整形外科用インプラントの世界市場:地域別分析/市場規模 ・股・膝整形外科用インプラントのアメリカ市場規模予測 ・股・膝整形外科用インプラントのヨーロッパ市場規模予測 ・股・膝整形外科用インプラントのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • RegTech (レグテック)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、RegTech (レグテック)の世界市場について調べ、RegTech (レグテック)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、RegTech (レグテック)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(大企業、中小企業)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はRegTech (レグテック)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均21%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・RegTech (レグテック)の市場状況 ・RegTech (レグテック)の市場規模 ・RegTech (レグテック)の市場予測 ・RegTech (レグテック)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(大企業、中小企業) ・RegTech (レグテック)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 半導体変圧器(スマート変圧器)の世界市場2014-2025:製品別、構成要素別(変圧器、高周波変圧器、スイッチ)、用途別、エンドユーズ別、地域別、
    本調査レポートでは、半導体変圧器(スマート変圧器)の世界市場について調査・分析し、半導体変圧器(スマート変圧器)の世界市場動向、半導体変圧器(スマート変圧器)の世界市場規模、市場予測、セグメント別半導体変圧器(スマート変圧器)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の無水酢酸リチウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の無水酢酸リチウム市場2016について調査・分析し、無水酢酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性不妊症(Women Infertility):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、女性不妊症(Women Infertility)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・女性不妊症(Women Infertility):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・女性不妊症(Women Infertility)のフェーズ3治験薬の状況 ・女性不妊症(Women Infertility)治療薬の市場規模(販売予測) ・女性不妊症(Women Infertility)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・女性不妊症(Women Infertility)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の女性不妊症(Women Infertility)治療薬剤
  • OTT端末・サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OTT端末・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OTT端末・サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用荷物運搬システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍事用荷物運搬システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用荷物運搬システムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ナノ金属酸化物の世界市場分析:製品別(酸化アルミニウム、酸化鉄、二酸化チタン、二酸化ケイ素、酸化亜鉛)、用途別(電子、パーソナルケア、塗料およびコーティング)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ナノ金属酸化物の世界市場について調査・分析し、ナノ金属酸化物の世界市場動向、ナノ金属酸化物の世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノ金属酸化物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 体外診断薬(IVD)品質管理製品の世界市場:用途別、類型別(品質管理、品質保証サービス)、エンドユーズ別(実験室、在宅医療、病院)
    本調査レポートでは、体外診断薬(IVD)品質管理製品の世界市場について調査・分析し、体外診断薬(IVD)品質管理製品の世界市場動向、体外診断薬(IVD)品質管理製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別体外診断薬(IVD)品質管理製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 肝性浮腫(Hepatic Edema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肝性浮腫(Hepatic Edema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肝性浮腫(Hepatic Edema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肝性浮腫(Hepatic Edema)の概要 ・肝性浮腫(Hepatic Edema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肝性浮腫(Hepatic Edema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肝性浮腫(Hepatic Edema)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 建設産業用防火材料の世界市場2014-2025:タイプ別(充填剤、モルタル、スプレー、シート・ボード、パテ)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、建設産業用防火材料の世界市場について調査・分析し、建設産業用防火材料の世界市場動向、建設産業用防火材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別建設産業用防火材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ガラスの世界市場分析:製品別(強化、ラミネート)、用途別(ウィンドスクリーン、サイドライト)、エンドユーザー別(OEM, ARG)、車両タイプ別(乗用車、軽・大型商用車)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車用ガラスの世界市場について調査・分析し、自動車用ガラスの世界市場動向、自動車用ガラスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ガラス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 卵代替材料の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:デンプン、ミルクプロテイン、大豆製品、藻類粉、タンパク質
  • ライドシェアの世界市場予測(~2025年)
    ライドシェアの世界市場は、2018年の613億米ドルから2025年には2,180億米ドルに達し、19.87%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、都市化の進行および自動車所有率の低下を受けて、パーソナルモビリティに対するニーズが高まっていることが考えられます。一方で、市場の成長を抑制する要因としては、伝統的な輸送サービスからの反発や国によって異なる複雑な輸送政策があります。当調査レポートでは、ライドシェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(オンラインタクシー配車、ステーションベース、カーシェアリング・レンタル)分析、カーシェアリング(P2P、法人)分析、サービス(ナビゲーション、決済、情報)分析、マイクロモビリティ(自転車、スクーター)分析、ライドシェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの原子力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • ガスマスクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガスマスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ガスマスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 第Ⅸ因子A阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における第Ⅸ因子A阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・第Ⅸ因子A阻害剤の概要 ・第Ⅸ因子A阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の第Ⅸ因子A阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・第Ⅸ因子A阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・第Ⅸ因子A阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 抗アクネクレンザーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、抗アクネクレンザーの世界市場について調査・分析し、抗アクネクレンザーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別抗アクネクレンザーシェア、市場規模推移、市場規模予測、抗アクネクレンザー種類別分析(マスク、乳液、クレンザー、その他)、抗アクネクレンザー用途別分析(女性用、男性用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・抗アクネクレンザーの市場概観 ・抗アクネクレンザーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・抗アクネクレンザーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・抗アクネクレンザーの世界市場規模 ・抗アクネクレンザーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・抗アクネクレンザーのアメリカ市場規模推移 ・抗アクネクレンザーのカナダ市場規模推移 ・抗アクネクレンザーのメキシコ市場規模推移 ・抗アクネクレンザーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・抗アクネクレンザーのドイツ市場規模推移 ・抗アクネクレンザーのイギリス市場規模推移 ・抗ア …
  • 加工肉の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、加工肉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、加工肉の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エラストマーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エラストマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エラストマー市場規模、車両別(商用車、乗用車、その他)分析、種類別(熱可塑性エラストマー、熱硬化性エラストマー)分析、用途別(医療、接着剤、自動車、消費財、産業、家電製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エラストマーの世界市場:市場動向分析 ・ エラストマーの世界市場:競争要因分析 ・ エラストマーの世界市場:車両別(商用車、乗用車、その他) ・ エラストマーの世界市場:種類別(熱可塑性エラストマー、熱硬化性エラストマー) ・ エラストマーの世界市場:用途別(医療、接着剤、自動車、消費財、産業、家電製品、その他) ・ エラストマーの世界市場:主要地域別分析 ・ エラストマーの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ エラストマーのヨーロッパ市場規模 ・ エラストマーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エラストマーの世界市場:主な市場開拓 …
  • HDテレビ(HDTV)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、HDテレビ(HDTV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HDテレビ(HDTV)の世界市場規模及び予測、技術別分析、ディスプレイ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港滑走路安全システムの世界市場2017-2021:空港レーダー・ 着陸システム、空港照明システム
    当調査レポートでは、空港滑走路安全システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空港滑走路安全システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱間圧延リブ付きバー市場2019
    本調査レポートでは、世界の熱間圧延リブ付きバー市場2019について調査・分析し、熱間圧延リブ付きバーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、熱間圧延リブ付きバーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、熱間圧延リブ付きバーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・熱間圧延リブ付きバーの市場概要 ・熱間圧延リブ付きバーの上流・下流市場分析 ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延リブ付きバーの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延リブ付きバーの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延リブ付きバーの北米市 …
  • スマートソーラーの世界市場
    本調査レポートでは、スマートソーラーの世界市場について調査・分析し、スマートソーラーの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場分析:用途別(EOR、産業、農業)、捕集技術別(燃焼前、産業用、酸素燃焼、燃焼後)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場動向、二酸化炭素貯留(CCS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別二酸化炭素貯留(CCS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パワーアンプの世界市場予測(~2023年)
    パワーアンプの世界市場は、2018年の214億米ドルから2023年には306億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、家庭用電化製品の人気の高まり、LTE技術の使用、高品質オーディオに対する需要が考えれられます。一方で、高度に細分化された産業による価格マージンの減少、ひいては利益の低減が要因で、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、パワーアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(オーディオパワーアンプ、RFパワーアンプ)分析、クラス(クラスAB、クラスC、クラスD)分析、技術分析、産業(家電、工業、テレコム、自動車)分析、パワーアンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"