"世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7504)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global graphene battery market is projected to grow at a CAGR of 23.9% from 2024 to 2030, in terms of value.”
The global graphene battery market size is projected to grow from USD 168 million in 2024 to USD 609 million by 2030, at a CAGR of 23.9% from 2024 to 2030. The increasing demand for graphene batteries in consumer electronics and automotive industries is expected to drive the graphene battery industry.

“The lithium-ion graphene battery type segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on type, the lithium-ion graphene battery segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The demand for graphene lithium-ion batteries is expected to increase from various end-use industries, such as consumer electronics, automotive, industrial, and power, among others due, due to their lightweight, durability and suitability for high capacity energy storage, as well as short charging cycles. This is expected to result in the lithium-ion graphene battery segment exhibiting the highest growth rate.

“The automotive end-use industry segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on the end-use industry, the battery-grade segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The need for high power and energy density has created a demand for reliable and safe batteries for industries such as automotive and consumer electronics, ultimately driving the growth of the graphene battery market. The automotive segment is forecasted to show the highest growth rate owing to the rise in the demand for electric vehicles due to environmental concerns and awareness about clean and sustainable fuel.

“Asia Pacific is projected to grow the highest CAGR in the graphene battery market during the forecast period.”
Asia Pacific is projected to grow at the highest CAGR in the graphene battery industry from 2024 to 2030. The growing economies of the countries such as China, Japan, Thailand, Taiwan, Malaysia, among others, coupled with the expansion and development of the manufacturing sector is expected to play a vital role in driving the demand for various products including batteries. Apart from electronic gadgets, the graphene battery is also used in electric vehicles and the demand for electric vehicles is increasing in the Asia Pacific region.

Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 22%, and Tier 3 – 33%
• By Designation: C-level Executives – 50%, Directors – 10%, and Others – 40%
• By Region: North America – 33%, Europe – 22%, Asia Pacific – 38%, South America – 5%, Middle East & Africa- 2%

Furthermore, as a part of the qualitative analysis of the graphene battery market, the research provides a comprehensive review of drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the growth of the market across the globe. It also discusses competitive strategies adopted by the leading market players such as Samsung SDI (South Korea), Huawei Technologies Co., Ltd. (China), Log 9 Materials Scientific Private Limited (India), Cabot Corporation (US), Grabat Graphenano Energy (Spain), Nanotech Energy (US), Nanotek Instruments, Inc. (US), XG Sciences, Inc. (US), ZEN Graphene Solutions Ltd. (Canada), Graphene NanoChem (Malaysia), Global Graphene Group (US), Vorbeck Materials Corp. (US), Graphenea Group (Spain), Hybrid Kinetic Group Ltd. (Hong Kong) and Targray Group (Canada).

Research Coverage:
The report defines, segments, and projects the size of the graphene battery market based on type, end-use industry, grade, and region. It strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market share and core competencies. It also tracks and analyzes competitive developments, such as expansions, and joint-ventures undertaken by them in the market.

Reasons to Buy the Report:
This report is expected to help the market leaders/new entrants in the market by providing them the closest approximations of revenue numbers of the graphene battery market and its segments. The report is also expected to help stakeholders obtain an improved understanding of the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses, and make suitable go-to-market strategies. It also enables stakeholders to understand the pulse of the market and provide them information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in Graphene Battery Market
4.2 Graphene Battery Market, By Region
4.3 Asia Pacific Graphene Battery Market, By Type & Country
4.4 Graphene Battery Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Advantages Over Other Battery Materials
5.2.1.2 Increasing Focus on R&D Activities
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Incapability of Mass Production
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Patents
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Production Cost
5.3 Economic Indicators
5.3.1 Industry Outlook
5.3.1.1 Electric Vehicles
5.4 Graphene Battery Patent Analysis
5.4.1 Publication Trends – 2015–2019
5.4.2 Insight
5.4.3 Trend Analysis and Geographical Representation
5.4.4 Top Assignees
6 Graphene Battery Market, By Type (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Lithium-Ion Graphene Battery
6.3 Graphene Supercapacitor
6.4 Lithium-Sulfur Graphene Battery
6.5 Others
7 Graphene Battery Market, By End-Use Industry (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Automotive
7.2.1 Battery Electric Vehicles
7.2.1.1 Graphene Batteries Provide High Thermal Stability and are Safe for Use in Electric Vehicles
7.2.2 Plug-In Hybrid Electric Vehicles
7.2.2.1 Low Self-Discharge Rate, High Output, and High Energy Density are Driving the Adoption of Graphene Batteries in Hybrid Electric Vehicles
7.3 Consumer Electronics
7.3.1 Smartphones
7.3.2 UPS
7.3.3 Laptops
7.4 Industrial
7.4.1 Mining Equipment
7.4.2 Construction Equipment
7.5 Power
7.6 Others
8 Regional Analysis (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.3 North America
8.4 Europe
8.5 Rest of the World (RoW)
9 Competitive Landscape (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Overview
9.3 Competitive Situations & Trends
9.3.1 Product Launches
9.3.2 Partnerships
9.3.3 Contracts
9.3.4 Agreements
9.3.5 Expansions
9.3.6 Collaborations
9.3.7 Product Developments
9.3.8 Investments
10 Company Profiles (Page No. – 67)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Graphenano Nanotechnologies
10.2 Nanograf Technologies
10.3 Global Graphene Group
10.4 XG Sciences
10.5 Graphene 3D Lab, Inc.
10.6 Samsung SDI
10.7 Huawei
10.8 Hybrid Kinetic Group Ltd.
10.9 Vorbeck Materials
10.10 Elcora Advanced Materials Corp.
10.11 Nanotek Instruments, Inc.
10.12 Graphene Batteries AS
10.13 Nanotech Energy, Inc.
10.14 ZEN Graphene Solutions Ltd.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 88)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7504
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自己免疫疾患診断の世界市場
    当調査レポートでは、自己免疫疾患診断の世界市場について調査・分析し、自己免疫疾患診断の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ニトリルブタジエンゴム(NBR)の世界市場2014-2025:製品別(ホース、ベルト、ケーブル、成形、密閉・Oリング、手袋)、用途別(自動車、石油・ガス、採掘、建設、医療)
    本調査レポートでは、ニトリルブタジエンゴム(NBR)の世界市場について調査・分析し、ニトリルブタジエンゴム(NBR)の世界市場動向、ニトリルブタジエンゴム(NBR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ニトリルブタジエンゴム(NBR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 拡張現実(AR)の世界市場予測(~2023年):センサー、ディスプレイ、プロジェクター、カメラ、ソフトウェア
    当調査レポートでは、拡張現実(AR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供商品別分析、デバイス種類別分析、用途別分析、地域別分析、拡張現実(AR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の有機飼料市場:種類別(シリアル&穀物、油糧種子)、フォーム別(ペレット、クランブル、マッシュ)、家畜別(家禽、反すう動物、豚、水生動物)、添加物別(アミノ酸、酵素、ビタミン、ミネラル、植物性生物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、有機飼料の世界市場規模が2019年68億ドルから2025年101億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。当資料では、世界の有機飼料市場を統合的に調査・分析し、市場概要、種類別(シリアル&穀物、油料種子、その他)分析、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他の家畜)分析、フォーム別(ペレット、クランブル、マッシュ)分析、添加剤別(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、植物学)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の有機飼料市場:種類別(シリアル&穀物、油料種子、その他) ・世界の有機飼料市場:家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他の家畜) ・世界の有機飼料市場:フォーム別(ペレット、クランブル、マッシュ) ・世界の有機飼料市場:添加剤別(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、植物学) ・世界の有機飼料市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 熱電発電機の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、熱電発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(廃熱回収、環境発電、直接発電、コジェネレーション)分析、ワット数別( 1kW)分析、温度別( 500°C)分析、材料別分析、熱電発電機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱電発電機の世界市場規模が2019年460百万ドルから2025年741百万ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。
  • モバイルシグナルブースターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルシグナルブースターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルシグナルブースターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 飼料用香料および甘味料の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飼料用香料および甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、ソース別分析、飼料用香料および甘味料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ栄養の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スポーツ栄養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ栄養の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はスポーツ栄養の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Atlantic Multipower UK、CLIF Bar & Company、Glanbia、ProAction、Weider Global Nutrition等です。
  • インホイールモーターの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、インホイールモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、推進タイプ別(BEV、HEV、PHEV、FCEV)分析、車両タイプ別(PC、CV)分析、モーター別(アキシャルフラックスモーター、ラジアルフラックスモーター)分析、冷却タイプ別(空気冷却、液体冷却)分析、インホイールモーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション(ファイアウォール、アンチウイルス/アンチマルウェア、およびSWG)およびサービス(プロフェッショナルサービスおよびマネージドサービス))分析、展開モード別分析、組織規模別分析、業種別分析、ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場規模が2019年135億ドルから2024年228億ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。
  • 世界のLSZHケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界のLSZHケーブル市場2015について調査・分析し、LSZHケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの遺伝子検査市場動向(~2021)
  • 業務用台所装置・道具の世界市場2014-2025:製品別(冷蔵庫、料理道具、皿洗い機、その他)、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、業務用台所装置・道具の世界市場について調査・分析し、業務用台所装置・道具の世界市場動向、業務用台所装置・道具の世界市場規模、市場予測、セグメント別業務用台所装置・道具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の口腔ケア製品市場2015
    本調査レポートでは、世界の口腔ケア製品市場2015について調査・分析し、口腔ケア製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防弾保護設備の世界市場分析:材質別(アラミド、複合材、UHMWPE、スチール)、製品別(頭部保護、ソフトアーマー、ハードアーマー)、エンドユーザー別(防衛、商業、法執行・安全)セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、防弾保護設備の世界市場について調査・分析し、防弾保護設備の世界市場動向、防弾保護設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別防弾保護設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスーパーキャパシタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のスーパーキャパシタ市場2016について調査・分析し、スーパーキャパシタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道保守用機械の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉄道保守用機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道保守用機械の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉄道保守用機械の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCRCC High-Tech Equipment、Harsco、Loram Maintenance of Way、Plasser & Theurer、ROBEL Bahnbaumaschinen、Speno等です。
  • バイオプシー(生検)デバイスの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、バイオプシー(生検)デバイスの世界市場について調査・分析し、バイオプシー(生検)デバイスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 重要インフラ保護の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、重要インフラ保護の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、重要インフラ保護市場規模、コンポーネント別(サービス、セキュリティ技術)分析、エンドユーザー別(機密性の高いインフラ/企業、エネルギー/電力、交通システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 重要インフラ保護の世界市場:市場動向分析 ・ 重要インフラ保護の世界市場:競争要因分析 ・ 重要インフラ保護の世界市場:コンポーネント別(サービス、セキュリティ技術) ・ 重要インフラ保護の世界市場:エンドユーザー別(機密性の高いインフラ/企業、エネルギー/電力、交通システム) ・ 重要インフラ保護の世界市場:主要地域別分析 ・ 重要インフラ保護の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 重要インフラ保護のヨーロッパ市場規模 ・ 重要インフラ保護のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・重要インフラ保護の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 軍用ヘリコプタMRO(整備・修理・分解点検)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用ヘリコプタMRO(整備・修理・分解点検)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用ヘリコプタMRO(整備・修理・分解点検)の世界市場規模及び予測、メインテナンス種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 1-アダマンチルトリメチルアンモニウム・ヒドロキシドの世界市場予測2019-2024
    「1-アダマンチルトリメチルアンモニウム・ヒドロキシドの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、20% ソリューション、25% ソリューションなど、用途別には、Molecular Sieve Template Agent、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。1-アダマンチルトリメチルアンモニウム・ヒドロキシドのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・1-アダマンチルトリメチルアンモニウム・ヒドロキシドの世界市場概要(サマリー) ・1-アダマンチルトリメチルアンモニウム・ヒドロキシドの企業別販売量・売上 ・1-アダマンチルトリメチルアンモニウム・ヒドロキシドの企業別市場シェア ・1-アダマンチルトリメチルアンモニウム・ヒドロキシドの世界市場規模:種類別(20% ソリューション、25% ソリューション) ・1-アダマンチルトリメチルアンモニウム・ヒドロキシドの世界市場規模:用途別(Molecular Siev …
  • 電子式ホームビデオの世界市場:OTT配信、TV視聴、IPTV
    当調査レポートでは、電子式ホームビデオの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子式ホームビデオの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドのオンライン教育市場
    当調査レポートでは、インドのオンライン教育市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドのオンライン教育市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気油圧式サーボ弁の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気油圧式サーボ弁の世界市場について調査・分析し、電気油圧式サーボ弁の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気油圧式サーボ弁シェア、市場規模推移、市場規模予測、電気油圧式サーボ弁種類別分析(ノズルフラッパ弁、ジェット弁、動弁 )、電気油圧式サーボ弁用途別分析(航空宇宙産業、製鋼工業、電力事業、化学産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気油圧式サーボ弁の市場概観 ・電気油圧式サーボ弁のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気油圧式サーボ弁のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気油圧式サーボ弁の世界市場規模 ・電気油圧式サーボ弁の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気油圧式サーボ弁のアメリカ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のカナダ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のメキシコ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電気油圧式サーボ弁のドイツ市場規模推移 ・電気油圧 …
  • 庭・芝用ツールの世界市場:芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー
    Technavio社の本調査レポートでは、庭・芝用ツールの世界市場について調べ、庭・芝用ツールの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、庭・芝用ツールの市場規模をセグメンテーション別(製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー)、エンドユーザ別(家庭用、商業用)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は庭・芝用ツールの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・庭・芝用ツールの市場状況 ・庭・芝用ツールの市場規模 ・庭・芝用ツールの市場予測 ・庭・芝用ツールの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー) ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭用、商業用) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・庭・芝用ツールの …
  • 小型自動車用素材の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用素材の世界市場について調査・分析し、小型自動車用素材の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 位置情報サービス(LBS)・リアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、位置情報サービス(LBS)・リアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ロケーション種類別(屋内、屋外)分析、ソフトウェア別(ジオコーディング・逆ジオコーディング、位置・予測分析)分析、ハードウェア別分析、サービス別分析、位置情報サービス(LBS)・リアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バージョン管理システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バージョン管理システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バージョン管理システム市場規模、導入形態別(オンプレミス、クラウドベース)分析、エンドユーザー別(大企業、中小企業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amazon.com, CA Technologies, Hewlett Packard Enterprise, IBM, Microsoftなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バージョン管理システムの世界市場概要 ・バージョン管理システムの世界市場環境 ・バージョン管理システムの世界市場動向 ・バージョン管理システムの世界市場規模 ・バージョン管理システムの世界市場:業界構造分析 ・バージョン管理システムの世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウドベース) ・バージョン管理システムの世界市場:エンドユーザー別(大企業、中小企業) ・バージョン管理システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バージョン管理 …
  • ゴム加工油の世界市場:種類別(処理済蒸留芳香族抽出物、蒸留芳香族抽出物、中度抽出溶媒和物、残留芳香族抽出物・処理済残留芳香族抽出物、パラフィン系、ナフテン系)、地域別予測
    本資料は、ゴム加工油の世界市場について調べ、ゴム加工油の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(処理済蒸留芳香族抽出物、蒸留芳香族抽出物、中度抽出溶媒和物、残留芳香族抽出物・処理済残留芳香族抽出物、パラフィン系、ナフテン系)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNynas AB、Apar Industries Ltd.、Panama Petrochem Ltd.、Behran Oil Company、Gandhar Oil Refinery、HPCL、Unipetrol group、Repsol S.A.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ゴム加工油の世界市場概要 ・ゴム加工油の世界市場環境 ・ゴム加工油の世界市場動向 ・ゴム加工油の世界市場規模 ・ゴム加工油の世界市場規模:種類別(処理済蒸留芳香族抽出物、蒸留芳香族抽出物、中度抽出溶媒和物、残留芳香族抽出物・処理済残留芳香族抽出物、パラフィン系、ナフテン系) ・ゴム加工油の世界市場:地域別市場規 …
  • ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場:無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) 、用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場について調べ、ワイヤレスメッシュネットワークの世界規模、市場動向、市場環境、無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) 分析、用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場概要 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場環境 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場動向 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理) ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:エ …
  • アナログタイマーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アナログタイマーの世界市場について調査・分析し、アナログタイマーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アナログタイマーシェア、市場規模推移、市場規模予測、アナログタイマー種類別分析(DINレールマウント、パネルマウント、プラグインマウント)、アナログタイマー用途別分析(工業機器、照明システム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アナログタイマーの市場概観 ・アナログタイマーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アナログタイマーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アナログタイマーの世界市場規模 ・アナログタイマーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アナログタイマーのアメリカ市場規模推移 ・アナログタイマーのカナダ市場規模推移 ・アナログタイマーのメキシコ市場規模推移 ・アナログタイマーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アナログタイマーのドイツ市場規模推移 ・アナログタイマーのイギリス市場規模推移 …
  • オンライン語学学習コースの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オンライン語学学習コースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オンライン語学学習コース市場規模、語学別(英語、中国語、スペイン語、その他)分析、エンドユーザー別(個人学習者、団体学習者)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オンライン語学学習コースの世界市場概要 ・オンライン語学学習コースの世界市場環境 ・オンライン語学学習コースの世界市場動向 ・オンライン語学学習コースの世界市場規模 ・オンライン語学学習コースの世界市場:業界構造分析 ・オンライン語学学習コースの世界市場:語学別(英語、中国語、スペイン語、その他) ・オンライン語学学習コースの世界市場:エンドユーザー別(個人学習者、団体学習者) ・オンライン語学学習コースの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンライン語学学習コースのアメリカ市場規模・予測 ・オンライン語学学習コースのヨーロッパ市場規模・予測 ・オンライン語学学習コースのアジア市場規模・予 …
  • 分娩後出血用治療機器の世界市場予測
    本調査レポートでは、分娩後出血用治療機器の世界市場について調査・分析し、分娩後出血用治療機器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アメリカのブラインド及びシェード市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのブラインド及びシェード市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのブラインド及びシェード市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 魚加工の世界市場:冷凍魚、保存魚
    当調査レポートでは、魚加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、装置別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • いびき防止用マウスピースの世界市場予測2019-2024
    「いびき防止用マウスピースの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、調整可能、調整不可など、用途別には、Male、Femaleなどに区分してまとめた調査レポートです。いびき防止用マウスピースのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・いびき防止用マウスピースの世界市場概要(サマリー) ・いびき防止用マウスピースの企業別販売量・売上 ・いびき防止用マウスピースの企業別市場シェア ・いびき防止用マウスピースの世界市場規模:種類別(調整可能、調整不可) ・いびき防止用マウスピースの世界市場規模:用途別(Male、Female) ・いびき防止用マウスピースの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・いびき防止用マウスピースのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・いびき防止用マウスピースの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・いびき防止用マウスピースの中東・アフリカ市場( …
  • ペニシリン結合タンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるペニシリン結合タンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ペニシリン結合タンパク質阻害剤の概要 ・ペニシリン結合タンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のペニシリン結合タンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ペニシリン結合タンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ペニシリン結合タンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • バイブレータ(性具)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、バイブレータ(性具)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイブレータ(性具)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クリーンルーム技術の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クリーンルーム技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(HVAC、HEPAフィルター、エアシャワー、アパレル、手袋、真空システム、消毒剤)分析、建設別(ドライウォール、ハードウォール、ソフトウォール)分析、エンドユーザー別(医薬品、バイオテクノロジー、病院)分析、クリーンルーム技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クリーンルーム技術の世界市場規模が2019年57億ドルから2024年79億ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。
  • 板金加工装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、板金加工装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、板金加工装置市場規模、用途別(金属切削、金属成形、金属溶接)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・板金加工装置の世界市場概要 ・板金加工装置の世界市場環境 ・板金加工装置の世界市場動向 ・板金加工装置の世界市場規模 ・板金加工装置の世界市場:業界構造分析 ・板金加工装置の世界市場:用途別(金属切削、金属成形、金属溶接) ・板金加工装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・板金加工装置の北米市場規模・予測 ・板金加工装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・板金加工装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・板金加工装置の主要国分析 ・板金加工装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・板金加工装置の世界市場:成長要因、課題 ・板金加工装置の世界市場:競争環境 ・板金加工装置の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 中国の市場見通し(~2021年)
  • 研磨剤の世界市場:天然研磨剤、合成研磨剤、砥石車、紙やすり、被覆砥粒、固定砥粒、超砥粒
    当調査レポートでは、研磨剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、製品別分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリエチレンナフタレート(PEN)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリエチレンナフタレート(PEN)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ポリエチレンナフタレート(PEN)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリエチレンナフタレート(PEN)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリエチレンナフタレート(PEN)のアメリカ市場規模予測 ・ポリエチレンナフタレート(PEN)のヨーロッパ市場規模予測 ・ポリエチレンナフタレート(PEN)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 複合材料製ドア・窓の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、複合材料製ドア・窓の世界市場規模が2017年7766億ドルから2026年1兆4641.8億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、複合材料製ドア・窓の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、複合材料製ドア・窓市場規模、種類別(繊維強化プラスチック(FOR)、木質プラスチック複合材(WPC))分析、樹脂種類別(ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエステル、その他の樹脂種類)分析、用途別(家庭用、商業用、産業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 複合材料製ドア・窓の世界市場:市場動向分析 ・ 複合材料製ドア・窓の世界市場:競争要因分析 ・ 複合材料製ドア・窓の世界市場:種類別(繊維強化プラスチック(FOR)、木質プラスチック複合材(WPC)) ・ 複合材料製ドア・窓の世界市場:樹脂種類別(ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエステル、その他の樹脂種類) ・ 複合材料製ドア・窓の世界市場: …
  • 線維筋痛症(Fibromyalgia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、線維筋痛症(Fibromyalgia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・線維筋痛症(Fibromyalgia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・線維筋痛症(Fibromyalgia)のフェーズ3治験薬の状況 ・線維筋痛症(Fibromyalgia)治療薬の市場規模(販売予測) ・線維筋痛症(Fibromyalgia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・線維筋痛症(Fibromyalgia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の線維筋痛症(Fibromyalgia)治療薬剤
  • 睡眠時ブラキシズム治療の世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、睡眠時ブラキシズム治療の世界市場について調査・分析し、睡眠時ブラキシズム治療の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • CTスキャナーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、CTスキャナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CTスキャナー市場規模、デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー)分析、用途別(研究、医療、動物医療)分析、種類別(ポータブル型、据置型)分析、技術別(コーンビームCT(CBCT)、低線量CT、中線量CT、高線量CT)分析、エンドユーザー別(動物病院、研究所、病院、外来治療センター、診断センター、学術機関、臨床研究機関(CRO)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ CTスキャナーの世界市場:市場動向分析 ・ CTスキャナーの世界市場:競争要因分析 ・ CTスキャナーの世界市場:デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー) ・ CTスキャナーの世界市場:用途別(研究、医療、動物医療) ・ CTスキャナーの世界市場:種類別(ポータブル型、据置型) ・ CTスキャナーの世界市場:技術別(コー …
  • 包装スクッグの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装スクッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装スクッグ市場規模、最終用途別(商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装スクッグの世界市場概要 ・包装スクッグの世界市場環境 ・包装スクッグの世界市場動向 ・包装スクッグの世界市場規模 ・包装スクッグの世界市場:業界構造分析 ・包装スクッグの世界市場:最終用途別(商業用、家庭用) ・包装スクッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装スクッグのアメリカ市場規模・予測 ・包装スクッグのヨーロッパ市場規模・予測 ・包装スクッグのアジア市場規模・予測 ・包装スクッグの主要国分析 ・包装スクッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・包装スクッグの世界市場:成長要因、課題 ・包装スクッグの世界市場:競争環境 ・包装スクッグの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 食品用酵素の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品用酵素の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品用酵素市場規模、形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他)分析、タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他)分析、供給源別(動物由来酵素、植物由来酵素、微生物、真菌、細菌)分析、ブランド別(Ha-Lactase、Veron Xtender、Novozymes Novamyl、Powerflex、Rapidase、Brewers Compass、Maxilact、Novozymes Gluzyme、Brewers Clarex)分析、用途別(菓子、加工食品、飲料、ベーカリー製品、乳製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品用酵素の世界市場:市場動向分析 ・ 食品用酵素の世界市場:競争要因分析 ・ 食品用酵素の世界市場:形状別(液体、凍結乾燥粉末、その他) ・ 食品用酵素の世界市場:タイプ別(リパーゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他) …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"