"世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 3760)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Rising demand for digital holography systems in commercial and medical applications to drive overall growth of digital holography market”
The digital holography market is projected to reach USD 5.4 billion by 2024 from USD 2.2 billion in 2019; growing at a CAGR of 19.8%. The growth of the digital holography market is driven by factors such as rising demand for digital holography in medical and commercial applications; and increasing use of digital holography microscopy for precise measurements. Moreover, the growing adoption of digital holography in the financial sector for security purposes is expected to drive the digital holography market. On the other hand, factors such as the high cost of digital holographic systems, and computational complexities in the acquisition and reconstruction of holograms are barriers inhibiting the growth of this market.

“Hardware segment to hold largest share of digital holography market during forecast period”
The digital holography technique requires several hardware components, including lasers, CMOS/CCD cameras, spatial filters, mirrors, beam splitters, and others. In recent years, there have been rapid improvements in electronic devices such as image sensors, spatial light modulators (SLM), and computers. An SLM with high-pixel density enables the formation of a natural, colorful, and high-quality 3D motion-picture image on a holographic display without the requirement for lenses. These hardware components help to capture the specimen. The initial cost required for these hardware components is quite high.

“Digital holographic displays to lead the market, in terms of size, by 2024 “
Holographic display technology has the ability to provide all four-eye mechanisms: binocular disparity, motion parallax, accommodation, and convergence. 3D objects can be viewed without wearing any special glasses and no visual fatigue is caused to human eyes.
3D imagery has attracted people for a long time and it is the next major thing in the advertisement sector. These displays help in enhancing the customer experience. Holographic displays in the commercial vertical are expected to be in high demand in the coming years. The growing adoption of 3D holographic display solutions in the retail vertical for advertisements and marketing is propelling the growth of the digital holographic display market.

“North America to hold largest size of digital holography market during forecast period”
The leading position of North America, in terms of size, can be attributed to the high demand for digital holography systems in this region due to the presence of a large number of life science & biomedical research and testing centers. Moreover, there is an escalated demand for holographic displays in commercial applications, which is further propelling the market in the region. The region is also one of the early adopters of the technology, and the demand is mainly derived from the growing adoption of digital holographic systems for commercial applications in the US.

In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the digital holography ecosystem.
Breakdown of primary participants’ profile:
• By Company Type: Tier 1 = 30%, Tier 2 = 45%, and Tier 3 = 25%
• By Designation: C-Level Executives = 25%, Directors = 40%, and Others = 35%
• By Region: North America = 35%, Europe = 30%, APAC = 25%, and RoW = 10%
Lyncee Tec (Switzerland), Holoxica Limited (UK), RealView Imaging (Israel), HoloTech Switzerland AG (Switzerland), EON Reality (US), Geola Technologies (Lithuania), Holmarc Opto-Mechatronics (India), Ovizio Imaging Systems (Belgium), Leia (US), and Phase Holographic Imaging (Sweden) are a few of the leading players in this market. The other players operating in the digital holography market include MetroLaser (US), MDH Hologram (UK), Realfiction (Sweden), Intelligent Imaging Innovations (US), Holotronica (UK), Light Logics Holography and Optics (India) Digitos Technologies (India), and Trimos (Switzerland). Whereas, Jasper Display Corp. (Taiwan), HOLOEYE Photonics (Germany), MIT Media Lab (US), and Fraunhofer IMP (Germany), are key innovators operating in this space.

Research Coverage:
Offering, application, vertical, and geography are the segments covered in this report. It also gives a detailed view of the market across 4 main regions: North America, Europe, APAC, and RoW.

Reasons to Buy the Report:
• This report includes statistics pertaining to the digital holography market in terms of offering, application, vertical, and geography along with their respective market sizes.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the digital holography market have been provided in detail in this report.
• The report includes illustrative segmentation, analysis, and forecast for the digital holography market based on its segments and subsegments.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition & Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Opportunities for Growth of Digital Holography Market
4.2 Global Market, By Offering
4.3 Global Market, By Application
4.4 Global Market, By Vertical
4.5 Global Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Digital Holography in Medical and Commercial Applications
5.2.1.2 Growing Adoption of Digital Holography in Financial Sector for Security Purposes
5.2.1.3 Increasing Use of Digital Holography Microscopy for Precise Measurements
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Digital Holographic Products
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Potential Demand for Holographic Displays for Near to Eye Applications
5.2.3.2 Latent Opportunities for Digital Holographic Solutions From Countries in APAC Particularly, China, Japan, and South Korea
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Computational Complexities in Acquisition and Reconstruction of Holograms
5.2.4.2 Lack of Technological Awareness in Market
6 Industry Analysis (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Research and Development
6.2.2 Component Manufacturing
6.2.3 Assembly and Product Integration
6.2.4 Distribution
6.2.5 End Users
6.3 Strategic Partnerships/Collaborations
6.4 Adjacent/Connected Markets
6.4.1 Introduction
6.4.2 Microdisplay
7 Digital Holography Market, By Process Type (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Digital Recording
7.2.1 Owing to Availability of CCDs With Suitable Pixels and High-Speed Computers, Recording of Digital Holograms has Become More Feasible
7.3 Reconstruction
7.3.1 in Reconstruction, Hologram is Illuminated By Laser Beam
8 Digital Holography Techniques (Page No. – 59)
8.1 Overview
8.2 Off-Axis Holography
8.2.1 in Off-Axis Technique, Reference Beam and Object Beam Come From Different Directions
8.3 In-Line (Gabor) Holography
8.3.1 In-Line Holography is Process of Recording A Hologram By Illuminating A Photographic Plate With Two In-Line Waves
8.4 Others
9 Digital Holography Market, By Offering (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Hardware
9.2.1 Laser
9.2.1.1 Laser Holographic Techniques Can Be Used to Detect Small Deformations of Three-Dimensional Objects
9.2.2 Beam Splitter
9.2.2.1 Beam Splitters Divide Laser Light Into Two Separate Beams
9.2.3 CCD/CMOS Camera
9.2.3.1 CCD Image Sensors are Used in This Camera to Obtain High-Quality Images
9.2.4 Other Components
9.3 Software
9.3.1 Increasing Demand for Data Analytics and Automation to Drive Market for Software Offering
10 Digital Holography Market, By Application (Page No. – 69)
10.1 Introduction
10.2 Digital Holographic Microscopy
10.2.1 Increasing Adoption & Utility of 3D Medical and Surgical Imaging Platforms to Create Opportunities for DHM Vendors
10.3 Digital Holographic Displays
10.3.1 Increasing Adoption of Digital Holographic Displays By Commercial Vertical to Drive Said Market
10.4 Holographic Telepresence
10.4.1 Advent of 5G to Create Opportunities for Holographic Telepresence
11 Digital Holography Market, By Vertical (Page No. – 76)
11.1 Introduction
11.2 Medical
11.2.1 Increasing Demand of DHM for Biomedical/Clinical/Medical Applications to Drive Market
11.3 Commercial
11.3.1 Growing Adoption of Digital Holographic Displays in Commercial Vertical to Propel Said Market During Forecast Period
11.4 Aerospace & Defense
11.4.1 Rising Government Funding to Drive Market for Aerospace & Defense Vertical
11.5 Automotive
11.5.1 Accelerating Demand for Measuring Vibratory and Static Deformations to Propel Said Market Growth
11.6 Consumer
11.6.1 North America to Hold the Largest Size of Market for Consumer Vertical
11.7 Others
12 Geographic Analysis (Page No. – 85)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 US
12.2.1.1 Growing Commercial Spaces Coupled With Escalated Demand for Holographic Displays to Propel Said Market
12.2.2 Rest of North America
12.2.2.1 Increasing Demand for Digital Holography Systems in Commercial and Medical Verticals to Propel DH Market in Region
12.3 Europe
12.3.1 UK
12.3.1.1 Strong Government Support and Presence of Major Digital Holography System Vendors to Boost Market Growth
12.3.2 Germany
12.3.2.1 Established Automotive and Medical Sectors to Create Opportunities for Digital Holography System Vendors in Germany
12.3.3 France
12.3.3.1 Rising Adoption of DHM for Industrial Inspection and Measurement to Drive Market in France
12.3.4 Italy
12.3.4.1 Growing Adoption of Digital Holography in Commercial Vertical to Drive Italian DH Market
12.3.5 Rest of Europe
12.3.5.1 Commercial, Medical, and Industrial Verticals are Key Contributors of DH Market in Rest of Europe
12.4 APAC
12.4.1 China
12.4.1.1 Digital Holographic Microscopy to Exhibit High Growth in China
12.4.2 Japan
12.4.2.1 DH Market in Japan to Be Driven By Increasing Adoption of Digital Holography in Automotive and Medical Verticals
12.4.3 South Korea
12.4.3.1 Surge in Demand for Holographic Displays From Retail Sector to Boost South Korean Market
12.4.4 India
12.4.4.1 High Demand for Holographic Displays to Be Witnessed in India During Forecast Period
12.4.5 Rest of APAC
12.4.5.1 Market in Region to Be Propelled By Increasing Commercial Space Coupled With Increasing Spending on Improving Medical Imaging
12.5 RoW
12.5.1 South America
12.5.1.1 Emerging Economies Such as Brazil, Chile, and Argentina are Among Key Contributors in South American Market
12.5.2 Middle East & Africa
12.5.2.1 Market in Middle East & Africa is Driven By Rising Demand for Digital Holography Systems in Medical, Commercial, and Oil & Gas Applications
13 Competitive Landscape (Page No. – 121)
13.1 Overview
13.2 Digital Holography Market: Market Ranking Analysis 2019
13.3 Competitive Situations and Trends
13.3.1 Product Developments & Launches, and Expansions
13.3.2 Agreements, Partnerships, Collaborations, & Contracts
13.3.3 Acqusitions
13.4 Competitive Leadership Mapping
13.4.1 Visionary Leaders
13.4.2 Innovators
13.4.3 Dynamic Differentiators
13.4.4 Emerging Companies
14 Company Profiles (Page No. – 128)
14.1 Introduction
14.2 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
14.2.1 Lyncee TEC SA
14.2.2 Holoxica Limited
14.2.3 Realview Imaging
14.2.4 Eon Reality
14.2.5 Phase Holographic Imaging AB (PHI)
14.2.6 Holotech Switzerland AG (Zebra Imaging)
14.2.7 Holmarc Opto-Mechatronics
14.2.8 Geola Digital Uab
14.2.9 Ovizio Imaging Systems
14.2.10 Leia Inc
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14.3 Other Key Players
14.3.1 Realfiction
14.3.2 Intelligent Imaging Innovations (3I)
14.3.3 MetRoLAser
14.3.4 MDH Hologram
14.3.5 Holotronica
14.3.6 Light Logics Holography and Optics
14.3.7 Digitos Technologies
14.3.8 Trimos
14.4 Key Innovators
14.4.1 Jasper Display Corp. (JDC)
14.4.2 Holoeye Photonics
14.4.3 Mit Media Lab (Massachusetts Institute of Technology)
14.4.4 Fraunhofer IPM
15 Appendix (Page No. – 153)
15.1 Discussion Guide
15.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.3 Available Customizations
15.4 Related Reports
15.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 3760
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子製品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • CD 30阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD 30阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD 30阻害薬の概要 ・CD 30阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD 30阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD 30阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD 30阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 元素分析の世界市場2014-2025:元素タイプ別(有機、無機)、技術別(破壊技術、非破壊技術)、地域別
    本調査レポートでは、元素分析の世界市場について調査・分析し、元素分析の世界市場動向、元素分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別元素分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 沈降シリカの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、沈降シリカの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、産業別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティ保証の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セキュリティ保証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(ビジネスアプリケーション、システム・ネットワークインフラ、モバイルソリューション)分析、組織サイズ別分析、産業別(BFSI、テレコム、行政、ヘルスケア)分析、セキュリティ保証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IBS-C薬の北米市場
  • 工業用パッケージングの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、工業用パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用パッケージングの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は工業用パッケージングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Greif、International Paper、Mondi Group、Nefab Group、Sonoco Products Company等です。
  • データセンターITインフラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンターITインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターITインフラの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はデータセンターITインフラの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(5.16%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Arista Networks • Brocade Communications Systems• Cisco Systems• Dell • Hitachi • HPE• IBM• Juniper Networks• Lenovo• NetApp等です。
  • Anti-CD70抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD70抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD70抗体の概要 ・Anti-CD70抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD70抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD70抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD70抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の2-メチルピリジン市場2015
    本調査レポートでは、世界の2-メチルピリジン市場2015について調査・分析し、2-メチルピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石炭の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、石炭の世界市場について調査・分析し、石炭の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・石炭の世界市場:市場動向分析 ・石炭の世界市場:競争要因分析 ・石炭の世界市場:需要先産業別分析/市場規模 ・石炭の世界市場:地域別分析/市場規模 ・石炭の世界市場: 別分析/市場規模 ・石炭の北米市場規模 ・石炭の欧州市場規模 ・石炭のアジア市場規模 ・石炭の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 加速度計およびジャイロスコープ(回転儀)の世界市場予測2022:MEMS型、圧電型、ピエゾ抵抗型
    当調査レポートでは、加速度計およびジャイロスコープ(回転儀)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、次元別分析、用途別分析、地域別分析、加速度計およびジャイロスコープ(回転儀)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車インタークーラーの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、自動車インタークーラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車インタークーラーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 11β-HSD1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における11β-HSD1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・11β-HSD1阻害剤の概要 ・11β-HSD1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の11β-HSD1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・11β-HSD1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・11β-HSD1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • エプロン給鉱機の世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「エプロン給鉱機の世界市場2020-2024」は、エプロン給鉱機について市場概要、市場規模、製品別(大型エプロンフィーダー、小型エプロンフィーダー)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・エプロン給鉱機の世界市場:製品別(大型エプロンフィーダー、小型エプロンフィーダー) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 機能性チューインガムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、機能性チューインガムの世界市場について調べ、機能性チューインガムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、機能性チューインガムの市場規模をセグメンテーション別(製品別(口腔衛生ガム、ニコチンガム、ウエイトガム、ライフスタイルガム)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は機能性チューインガムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・機能性チューインガムの市場状況 ・機能性チューインガムの市場規模 ・機能性チューインガムの市場予測 ・機能性チューインガムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(口腔衛生ガム、ニコチンガム、ウエイトガム、ライフスタイルガム) ・機能性チューインガムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 美容医療の世界市場予測(~2021): 脂肪吸引、セリュライト低減、脂肪低減、皮膚引き締め、豊胸術、ボトックス、皮膚充填剤、タトゥー除去、スレッドリフト、レーザー脱毛
    当調査レポートでは、美容医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、美容医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気配線相互接続システム(EWIS)市場規模、コンポーネント別(保護材料、コネクター・コネクターアクセサリー、クランプ、ワイヤー・ケーブル、電気スプライス、その他)分析、航空タイプ別(ビジネス・一般用、軍用、商用)分析、用途別(インテリア、アビオニクス、機体、推進装置、発電所、その他)分析、エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場:市場動向分析 ・ 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場:競争要因分析 ・ 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場:コンポーネント別(保護材料、コネクター・コネクターアクセサリー、クランプ、ワイヤー・ケーブル、電気スプライス、その他) ・ 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場:航空タイプ別(ビジネス・ …
  • チェコの原子力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)市場規模、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場概要 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場環境 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場動向 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場規模 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場:業界構造分析 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)の北米市場規模・予測 ・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高速液体クロマトグラフィ …
  • スプレーガンの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スプレーガンの世界市場について調べ、スプレーガンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スプレーガンの市場規模をセグメンテーション別(種類別(手動、自動)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はスプレーガンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スプレーガンの市場状況 ・スプレーガンの市場規模 ・スプレーガンの市場予測 ・スプレーガンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(手動、自動) ・スプレーガンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場予測(~2024年)
    ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場は、2019年の推定23億米ドルから2024年には42億米ドルに達し、この期間中12.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、患者中心の医療への関心の高まり、医療費の増加を抑制するニーズの高まり、患者の治療と安全性を向上させるための政府の取り組み、ヘルスケア相互運用性に対する政府の資金援助、さらにはヘルスケアインフラの改善が考えられます。一方で、一貫したデータがないことで複雑さが増すこと、訓練を受けた医療IT専門家が不足していること、そしてデータのプライバシーに関する懸念は、市場が抱える課題です。当調査レポートでは、ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(EHR相互運用性、健康情報交換、企業)分析、相互運用性レベル(基礎的、構造的、意味的)分析、エンドユーザー分析、ヘルスケアにおける相互運用性ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届け …
  • 血液処理装置および消耗品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血液処理装置および消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液処理装置および消耗品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のHDカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のHDカメラ市場2015について調査・分析し、HDカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農薬の世界市場分析:肥料、作物保護用化学品、植物成長調整剤
    本調査レポートでは、農薬の世界市場について調査・分析し、農薬の世界市場動向、農薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別農薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 家庭用ビール醸造マシンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用ビール醸造マシンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用ビール醸造マシンの世界市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用ビール醸造マシンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AlBrew、Brewie、PicoBrew、Speidel Tank- Und Behälterbau等です。
  • 自動潤滑システムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動潤滑システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、潤滑タイプ(グリース、オイル)別分析、システムタイプ(シングルライン、デュアルライン、マルチライン、シリーズプログレッシブ、循環オイル、オイル・エア)別分析、産業(スチール、製造、セメント)別分析、自動潤滑システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶接材料の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:被覆アーク溶接棒、単線、フラックス入りワイヤ、SAWワイヤ&フラックス
  • ウォーターバスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ウォーターバスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウォーターバスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用コネクターの世界市場:製品別、コネクティビティ別、用途別、車種別(乗用車、商用車)、セグメント予測
    自動車用コネクターの世界市場は2025年には282億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動車の接続性、利便性、および安全性に対する要求の高まりが考えられます。さらに、プラグインハイブリッド車や電気自動車の需要の増加も、予測期間にわたって市場の成長を牽引していくでしょう。本調査レポートでは、自動車用コネクターの世界市場について調査・分析し、自動車用コネクターの世界市場動向、自動車用コネクターの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用コネクター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱可塑性複合材料の世界市場2017-2021:SFT、LFT、GFT、CFT
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、熱可塑性複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱可塑性複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は熱可塑性複合材料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、Celanese Corporation、DuPont 、LANXESS、SABIC等です。
  • 世界のクロロメタン市場2016
    本調査レポートでは、世界のクロロメタン市場2016について調査・分析し、クロロメタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インベルターゼの世界市場:産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他)、ソース別(植物、微生物)、地域別予測
    本資料は、インベルターゼの世界市場について調べ、インベルターゼの世界規模、市場動向、市場環境、産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他)分析、ソース別(植物、微生物)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSigma-Aldrich Co. LLC、Koninklijke DSM N.V.、Parchem Fine & Speciality Chemicals、SternEnzym GmbH & Co. KG、Kerry Inc.、Meteoric Exim Private Ltd.、MP Biomedicals LLC、BIO-CAT、Megazyme Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インベルターゼの世界市場概要 ・インベルターゼの世界市場環境 ・インベルターゼの世界市場動向 ・インベルターゼの世界市場規模 ・インベルターゼの世界市場規模:産業別(食品・飲料、医薬品、パーソナルケア用品、その他) ・インベルターゼの世界 …
  • 自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他)、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)、車両タイプ別(乗用車&商用車)
    本調査レポートでは、自動車排気システムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルタ(GPF)、その他)分析、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)分析、車両タイプ別(乗用車&商用車)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他) ・自動車排気システムの世界市場:燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル) ・自動車排気システムの世界市場:車両タイプ別(乗用車&商用車) ・自動車排気システムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 電力監視の世界市場予測(~2022年):装置、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電力監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、電力監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • MDM(モバイルデバイス管理)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、MDM(モバイルデバイス管理)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MDM(モバイルデバイス管理)の世界市場規模及び予測、製品別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーン界面活性剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、シリコーン界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別(乳化剤、発泡剤、消泡剤、湿潤剤、分散剤)分析、エンドユーズ産業別(パーソナルケア、建設、繊維、塗料およびコーティング、農業)分析、シリコーン界面活性剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、シリコーン界面活性剤の世界市場規模が2019年20億ドルから2024年25億ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。
  • マグネシウムエトキシドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マグネシウムエトキシドの世界市場について調査・分析し、マグネシウムエトキシドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マグネシウムエトキシドシェア、市場規模推移、市場規模予測、マグネシウムエトキシド種類別分析()、マグネシウムエトキシド用途別分析(ポリプロピレン、ポリエチレン)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マグネシウムエトキシドの市場概観 ・マグネシウムエトキシドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マグネシウムエトキシドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マグネシウムエトキシドの世界市場規模 ・マグネシウムエトキシドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マグネシウムエトキシドのアメリカ市場規模推移 ・マグネシウムエトキシドのカナダ市場規模推移 ・マグネシウムエトキシドのメキシコ市場規模推移 ・マグネシウムエトキシドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・マグネシウムエトキシドのドイツ市場規模推移 ・マグネ …
  • 世界のC4ISR市場2018-2028
  • 地元の酒類の世界市場2014-2025:蒸留所規模別(大規模、中規模、小規模)、製品別(ウィスキー、ウォッカ、ジン、ラム、ブランデー、リキュール)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、MEA)
    本調査レポートでは、地元の酒類の世界市場について調査・分析し、地元の酒類の世界市場動向、地元の酒類の世界市場規模、市場予測、セグメント別地元の酒類市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • VoIPサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、VoIPサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、VoIPサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クレーンのアジア太平洋市場
  • VVT(可変バルブタイミング)およびスタート/ストップシステムの世界市場予測
  • 教室用ウェアラブル技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、教室用ウェアラブル技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教室用ウェアラブル技術の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 変色性材料の世界市場機会
  • ニコチン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニコチン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニコチン・アゴニスト(作動薬)の概要 ・ニコチン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のニコチン・アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニコチン・アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニコチン・アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の大腸癌診断・検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、大腸癌診断・検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・大腸癌診断・検査装置の概要 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:領域別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別大腸癌診断・検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・大腸癌診断・検査装置の最近動向
  • 可変周波数ドライブの世界市場2017-2021:1000kw未満、1000kw以上
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、可変周波数ドライブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、可変周波数ドライブの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は可変周波数ドライブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はABB、Danfoos、Rockwell Automation、Siemens、Schneider Electric等です。
  • ENT(耳鼻咽喉科)疾患治療の世界市場
    当調査レポートでは、ENT(耳鼻咽喉科)疾患治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、ENT(耳鼻咽喉科)疾患治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 関節リウマチ(RA)治療薬の世界市場予測・分析
  • メキシコのコーヒー市場2016-2020
    当調査レポートでは、メキシコのコーヒー市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メキシコのコーヒー市場規模及び予測、種類別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"