"世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 3760)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Rising demand for digital holography systems in commercial and medical applications to drive overall growth of digital holography market”
The digital holography market is projected to reach USD 5.4 billion by 2024 from USD 2.2 billion in 2019; growing at a CAGR of 19.8%. The growth of the digital holography market is driven by factors such as rising demand for digital holography in medical and commercial applications; and increasing use of digital holography microscopy for precise measurements. Moreover, the growing adoption of digital holography in the financial sector for security purposes is expected to drive the digital holography market. On the other hand, factors such as the high cost of digital holographic systems, and computational complexities in the acquisition and reconstruction of holograms are barriers inhibiting the growth of this market.

“Hardware segment to hold largest share of digital holography market during forecast period”
The digital holography technique requires several hardware components, including lasers, CMOS/CCD cameras, spatial filters, mirrors, beam splitters, and others. In recent years, there have been rapid improvements in electronic devices such as image sensors, spatial light modulators (SLM), and computers. An SLM with high-pixel density enables the formation of a natural, colorful, and high-quality 3D motion-picture image on a holographic display without the requirement for lenses. These hardware components help to capture the specimen. The initial cost required for these hardware components is quite high.

“Digital holographic displays to lead the market, in terms of size, by 2024 “
Holographic display technology has the ability to provide all four-eye mechanisms: binocular disparity, motion parallax, accommodation, and convergence. 3D objects can be viewed without wearing any special glasses and no visual fatigue is caused to human eyes.
3D imagery has attracted people for a long time and it is the next major thing in the advertisement sector. These displays help in enhancing the customer experience. Holographic displays in the commercial vertical are expected to be in high demand in the coming years. The growing adoption of 3D holographic display solutions in the retail vertical for advertisements and marketing is propelling the growth of the digital holographic display market.

“North America to hold largest size of digital holography market during forecast period”
The leading position of North America, in terms of size, can be attributed to the high demand for digital holography systems in this region due to the presence of a large number of life science & biomedical research and testing centers. Moreover, there is an escalated demand for holographic displays in commercial applications, which is further propelling the market in the region. The region is also one of the early adopters of the technology, and the demand is mainly derived from the growing adoption of digital holographic systems for commercial applications in the US.

In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the digital holography ecosystem.
Breakdown of primary participants’ profile:
• By Company Type: Tier 1 = 30%, Tier 2 = 45%, and Tier 3 = 25%
• By Designation: C-Level Executives = 25%, Directors = 40%, and Others = 35%
• By Region: North America = 35%, Europe = 30%, APAC = 25%, and RoW = 10%
Lyncee Tec (Switzerland), Holoxica Limited (UK), RealView Imaging (Israel), HoloTech Switzerland AG (Switzerland), EON Reality (US), Geola Technologies (Lithuania), Holmarc Opto-Mechatronics (India), Ovizio Imaging Systems (Belgium), Leia (US), and Phase Holographic Imaging (Sweden) are a few of the leading players in this market. The other players operating in the digital holography market include MetroLaser (US), MDH Hologram (UK), Realfiction (Sweden), Intelligent Imaging Innovations (US), Holotronica (UK), Light Logics Holography and Optics (India) Digitos Technologies (India), and Trimos (Switzerland). Whereas, Jasper Display Corp. (Taiwan), HOLOEYE Photonics (Germany), MIT Media Lab (US), and Fraunhofer IMP (Germany), are key innovators operating in this space.

Research Coverage:
Offering, application, vertical, and geography are the segments covered in this report. It also gives a detailed view of the market across 4 main regions: North America, Europe, APAC, and RoW.

Reasons to Buy the Report:
• This report includes statistics pertaining to the digital holography market in terms of offering, application, vertical, and geography along with their respective market sizes.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the digital holography market have been provided in detail in this report.
• The report includes illustrative segmentation, analysis, and forecast for the digital holography market based on its segments and subsegments.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition & Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Opportunities for Growth of Digital Holography Market
4.2 Global Market, By Offering
4.3 Global Market, By Application
4.4 Global Market, By Vertical
4.5 Global Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Digital Holography in Medical and Commercial Applications
5.2.1.2 Growing Adoption of Digital Holography in Financial Sector for Security Purposes
5.2.1.3 Increasing Use of Digital Holography Microscopy for Precise Measurements
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Digital Holographic Products
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Potential Demand for Holographic Displays for Near to Eye Applications
5.2.3.2 Latent Opportunities for Digital Holographic Solutions From Countries in APAC Particularly, China, Japan, and South Korea
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Computational Complexities in Acquisition and Reconstruction of Holograms
5.2.4.2 Lack of Technological Awareness in Market
6 Industry Analysis (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Research and Development
6.2.2 Component Manufacturing
6.2.3 Assembly and Product Integration
6.2.4 Distribution
6.2.5 End Users
6.3 Strategic Partnerships/Collaborations
6.4 Adjacent/Connected Markets
6.4.1 Introduction
6.4.2 Microdisplay
7 Digital Holography Market, By Process Type (Page No. – 56)
7.1 Introduction
7.2 Digital Recording
7.2.1 Owing to Availability of CCDs With Suitable Pixels and High-Speed Computers, Recording of Digital Holograms has Become More Feasible
7.3 Reconstruction
7.3.1 in Reconstruction, Hologram is Illuminated By Laser Beam
8 Digital Holography Techniques (Page No. – 59)
8.1 Overview
8.2 Off-Axis Holography
8.2.1 in Off-Axis Technique, Reference Beam and Object Beam Come From Different Directions
8.3 In-Line (Gabor) Holography
8.3.1 In-Line Holography is Process of Recording A Hologram By Illuminating A Photographic Plate With Two In-Line Waves
8.4 Others
9 Digital Holography Market, By Offering (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Hardware
9.2.1 Laser
9.2.1.1 Laser Holographic Techniques Can Be Used to Detect Small Deformations of Three-Dimensional Objects
9.2.2 Beam Splitter
9.2.2.1 Beam Splitters Divide Laser Light Into Two Separate Beams
9.2.3 CCD/CMOS Camera
9.2.3.1 CCD Image Sensors are Used in This Camera to Obtain High-Quality Images
9.2.4 Other Components
9.3 Software
9.3.1 Increasing Demand for Data Analytics and Automation to Drive Market for Software Offering
10 Digital Holography Market, By Application (Page No. – 69)
10.1 Introduction
10.2 Digital Holographic Microscopy
10.2.1 Increasing Adoption & Utility of 3D Medical and Surgical Imaging Platforms to Create Opportunities for DHM Vendors
10.3 Digital Holographic Displays
10.3.1 Increasing Adoption of Digital Holographic Displays By Commercial Vertical to Drive Said Market
10.4 Holographic Telepresence
10.4.1 Advent of 5G to Create Opportunities for Holographic Telepresence
11 Digital Holography Market, By Vertical (Page No. – 76)
11.1 Introduction
11.2 Medical
11.2.1 Increasing Demand of DHM for Biomedical/Clinical/Medical Applications to Drive Market
11.3 Commercial
11.3.1 Growing Adoption of Digital Holographic Displays in Commercial Vertical to Propel Said Market During Forecast Period
11.4 Aerospace & Defense
11.4.1 Rising Government Funding to Drive Market for Aerospace & Defense Vertical
11.5 Automotive
11.5.1 Accelerating Demand for Measuring Vibratory and Static Deformations to Propel Said Market Growth
11.6 Consumer
11.6.1 North America to Hold the Largest Size of Market for Consumer Vertical
11.7 Others
12 Geographic Analysis (Page No. – 85)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 US
12.2.1.1 Growing Commercial Spaces Coupled With Escalated Demand for Holographic Displays to Propel Said Market
12.2.2 Rest of North America
12.2.2.1 Increasing Demand for Digital Holography Systems in Commercial and Medical Verticals to Propel DH Market in Region
12.3 Europe
12.3.1 UK
12.3.1.1 Strong Government Support and Presence of Major Digital Holography System Vendors to Boost Market Growth
12.3.2 Germany
12.3.2.1 Established Automotive and Medical Sectors to Create Opportunities for Digital Holography System Vendors in Germany
12.3.3 France
12.3.3.1 Rising Adoption of DHM for Industrial Inspection and Measurement to Drive Market in France
12.3.4 Italy
12.3.4.1 Growing Adoption of Digital Holography in Commercial Vertical to Drive Italian DH Market
12.3.5 Rest of Europe
12.3.5.1 Commercial, Medical, and Industrial Verticals are Key Contributors of DH Market in Rest of Europe
12.4 APAC
12.4.1 China
12.4.1.1 Digital Holographic Microscopy to Exhibit High Growth in China
12.4.2 Japan
12.4.2.1 DH Market in Japan to Be Driven By Increasing Adoption of Digital Holography in Automotive and Medical Verticals
12.4.3 South Korea
12.4.3.1 Surge in Demand for Holographic Displays From Retail Sector to Boost South Korean Market
12.4.4 India
12.4.4.1 High Demand for Holographic Displays to Be Witnessed in India During Forecast Period
12.4.5 Rest of APAC
12.4.5.1 Market in Region to Be Propelled By Increasing Commercial Space Coupled With Increasing Spending on Improving Medical Imaging
12.5 RoW
12.5.1 South America
12.5.1.1 Emerging Economies Such as Brazil, Chile, and Argentina are Among Key Contributors in South American Market
12.5.2 Middle East & Africa
12.5.2.1 Market in Middle East & Africa is Driven By Rising Demand for Digital Holography Systems in Medical, Commercial, and Oil & Gas Applications
13 Competitive Landscape (Page No. – 121)
13.1 Overview
13.2 Digital Holography Market: Market Ranking Analysis 2019
13.3 Competitive Situations and Trends
13.3.1 Product Developments & Launches, and Expansions
13.3.2 Agreements, Partnerships, Collaborations, & Contracts
13.3.3 Acqusitions
13.4 Competitive Leadership Mapping
13.4.1 Visionary Leaders
13.4.2 Innovators
13.4.3 Dynamic Differentiators
13.4.4 Emerging Companies
14 Company Profiles (Page No. – 128)
14.1 Introduction
14.2 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
14.2.1 Lyncee TEC SA
14.2.2 Holoxica Limited
14.2.3 Realview Imaging
14.2.4 Eon Reality
14.2.5 Phase Holographic Imaging AB (PHI)
14.2.6 Holotech Switzerland AG (Zebra Imaging)
14.2.7 Holmarc Opto-Mechatronics
14.2.8 Geola Digital Uab
14.2.9 Ovizio Imaging Systems
14.2.10 Leia Inc
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14.3 Other Key Players
14.3.1 Realfiction
14.3.2 Intelligent Imaging Innovations (3I)
14.3.3 MetRoLAser
14.3.4 MDH Hologram
14.3.5 Holotronica
14.3.6 Light Logics Holography and Optics
14.3.7 Digitos Technologies
14.3.8 Trimos
14.4 Key Innovators
14.4.1 Jasper Display Corp. (JDC)
14.4.2 Holoeye Photonics
14.4.3 Mit Media Lab (Massachusetts Institute of Technology)
14.4.4 Fraunhofer IPM
15 Appendix (Page No. – 153)
15.1 Discussion Guide
15.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.3 Available Customizations
15.4 Related Reports
15.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 3760
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子製品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のシクロヘキサンジメタノ—ル(CHDM)市場2016
    本調査レポートでは、世界のシクロヘキサンジメタノ—ル(CHDM)市場2016について調査・分析し、シクロヘキサンジメタノ—ル(CHDM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 薄膜・プリンテッドバッテリーの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、薄膜・プリンテッドバッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、電圧定格別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、薄膜・プリンテッドバッテリーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 鍛造の世界市場2017-2021:型鍛造、自由鍛造、シームレスリング
    当調査レポートでは、鍛造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鍛造の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属不活性化剤の世界市場
    当調査レポートでは、金属不活性化剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・金属不活性化剤の世界市場:形態別分析/市場規模 ・金属不活性化剤の世界市場:金属別分析/市場規模 ・金属不活性化剤の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・金属不活性化剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・金属不活性化剤のアメリカ市場規模予測 ・金属不活性化剤のヨーロッパ市場規模予測 ・金属不活性化剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 5-HT1Bアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-HT1Bアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-HT1Bアンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・5-HT1Bアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-HT1Bアンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-HT1Bアンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-HT1Bアンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医薬品物流の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医薬品物流の世界市場について調査・分析し、医薬品物流の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医薬品物流シェア、市場規模推移、市場規模予測、医薬品物流種類別分析()、医薬品物流用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医薬品物流の市場概観 ・医薬品物流のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医薬品物流のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医薬品物流の世界市場規模 ・医薬品物流の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医薬品物流のアメリカ市場規模推移 ・医薬品物流のカナダ市場規模推移 ・医薬品物流のメキシコ市場規模推移 ・医薬品物流のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・医薬品物流のドイツ市場規模推移 ・医薬品物流のイギリス市場規模推移 ・医薬品物流のロシア市場規模推移 ・医薬品物流のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・医薬品物流の日本市場規模推移 ・医薬品物流の中国市場規模推移 ・医薬品物 …
  • ネパールのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • カナダの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場2017-2023
    本調査レポートでは、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場について調査・分析し、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スウェーデンの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • ペクチンの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、ペクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(HMペクチン、LMペクチン)分析、原料別(柑橘類、リンゴ、テンサイ)分析、機能別分析、用途別(食品および飲料、医薬品およびパーソナルケア製品、産業用途)分析、ペクチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ペクチンの世界市場規模が2019年10億ドルから2025年15億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。
  • ベビーキャリアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ベビーキャリアの世界市場について調査・分析し、ベビーキャリアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ベビーキャリアシェア、市場規模推移、市場規模予測、ベビーキャリア種類別分析(ラップ型、スリング型、メイタイ型、ヒップシートキャリア、フレーム付きバックパック型、ソフトストラクチャ―型(ヒップシー)、ベビーキャリア用途別分析(スーパーマーケット・ハイパーマーケット、個人リテイラー、オンライントレード、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ベビーキャリアの市場概観 ・ベビーキャリアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ベビーキャリアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ベビーキャリアの世界市場規模 ・ベビーキャリアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ベビーキャリアのアメリカ市場規模推移 ・ベビーキャリアのカナダ市場規模推移 ・ベビーキャリアのメキシコ市場規模推移 ・ベビーキャリアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア …
  • 半導体製造用ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体製造用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体製造用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 次世代エネルギー貯蔵技術(EST)の世界市場展望2016
    当調査レポートでは、次世代エネルギー貯蔵技術(EST)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. 概要 2. 既存および新興のエネルギー貯蔵技術の概要 3. 次世代エネルギー貯蔵技術の促進要因と制約要因 4. 次世代機械的エネルギー貯蔵技術 5. 次世代化学エネルギー貯蔵技術 6. 次世代電気エネルギー貯蔵技術 7. 次世代電気化学エネルギー貯蔵技術 8. 専門家の意見 9. 次世代エネルギー貯蔵市場のPEST分析 10. 既存と新興のエネルギー貯蔵技術の比較分析 11. 新興エネルギー貯蔵技術市場の世界的状況 12. 結論および推奨事項 13. 用語集
  • インビルト・ストレージSTB(セットトップボックス)の世界市場:衛星STB、ケーブルSTB、IPTV STB、ハイブリッドSTB
    当調査レポートでは、インビルト・ストレージSTB(セットトップボックス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インビルト・ストレージSTB(セットトップボックス)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 投薬管理システムの世界市場2014-2025:ソフトウェア別、デリバリーモード別(オンプレミス、ウェブベース、クラウドベース)、最終用途別、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、投薬管理システムの世界市場について調査・分析し、投薬管理システムの世界市場動向、投薬管理システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別投薬管理システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モバイルアプリケーションの世界市場:マーケットプレイス別(Apple iOSストア、Google Playストア、その他)、アプリカテゴリ別(ゲーム、エンターテイメント、音楽、健康、フィットネス)
    本市場調査レポートではモバイルアプリケーションについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、マーケットプレイス別(Apple iOSストア、Google Playストア、その他)分析、アプリカテゴリ別(ゲーム、エンターテイメント、音楽、健康、フィットネス)分析、エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・モバイルアプリケーションの世界市場:マーケットプレイス別(Apple iOSストア、Google Playストア、その他) ・モバイルアプリケーションの世界市場:アプリカテゴリ別(ゲーム、エンターテイメント、音楽、健康、フィットネス) ・モバイルアプリケーションの世界市場:エンドユーザー別(病院、地域保健サービスセンター) ・モバイルアプリケーションの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の世界市場について調査・分析し、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン シェア、市場規模推移、市場規模予測、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン 種類別分析()、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の市場概観 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の世界市場規模 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン のアメリカ市場規模推移 ・エチレ …
  • 世界のIOTマイクロコントローラ市場規模・予測2017-2025:商品別(8ビット、16ビット、32ビット)、用途別(スマートホーム、家電、産業用車)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のIOTマイクロコントローラ市場について調査・分析し、世界のIOTマイクロコントローラ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のIOTマイクロコントローラ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 航空貨物の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空貨物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空貨物の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空貨物の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCathay Pacific Cargo、Emirates SkyCargo、FedEx、UPS等です。
  • フランスのポリプロピレン市場(~2019)
  • IoTゲートウェイの世界市場:スマートウォッチ、カメラ、レーダー、サーモスタット、アクチュエーター、スマートTV
    当調査レポートでは、IoTゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ノード別分析、接続技術別分析、構成品別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酢酸エチルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、酢酸エチルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酢酸エチル市場規模、用途別(コーティング、飲料、パーソナルケア、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Jubilant Life Sciences, Lonza, SEKABなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・酢酸エチルの世界市場概要 ・酢酸エチルの世界市場環境 ・酢酸エチルの世界市場動向 ・酢酸エチルの世界市場規模 ・酢酸エチルの世界市場:業界構造分析 ・酢酸エチルの世界市場:用途別(コーティング、飲料、パーソナルケア、医薬品、その他) ・酢酸エチルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・酢酸エチルの北米市場規模・予測 ・酢酸エチルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・酢酸エチルのアジア太平洋市場規模・予測 ・酢酸エチルの主要国分析 ・酢酸 …
  • cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるcFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・cFMSキナーゼ阻害薬の概要 ・cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のcFMSキナーゼ阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・cFMSキナーゼ阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・cFMSキナーゼ阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場規模が2017年19.1億ドルから2026年49.6億ドルまで年平均11.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬市場規模、疾患別(乳がん、大腸がん、肺癌、その他の疾患)分析、遮断薬別(モノクローナル抗体、チロシンキナーゼ阻害剤(TKI))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場:市場動向分析 ・ 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場:競争要因分析 ・ 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場:疾患別(乳がん、大腸がん、肺癌、その他の疾患) ・ 上皮増殖因子受容体(EGFR)阻害薬の世界市場:遮断薬別(モノクローナル抗体、チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)) ・ 上皮増殖因子受容 …
  • 世界の膜弁市場2016
    本調査レポートでは、世界の膜弁市場2016について調査・分析し、膜弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊用途ロジックICの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、特殊用途ロジックICの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊用途ロジックIC市場規模、用途別(通信、コンピューティング、家電、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・特殊用途ロジックICの世界市場概要 ・特殊用途ロジックICの世界市場環境 ・特殊用途ロジックICの世界市場動向 ・特殊用途ロジックICの世界市場規模 ・特殊用途ロジックICの世界市場:業界構造分析 ・特殊用途ロジックICの世界市場:用途別(通信、コンピューティング、家電、その他) ・特殊用途ロジックICの世界市場:地域別市場規模・分析 ・特殊用途ロジックICの北米市場規模・予測 ・特殊用途ロジックICのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・特殊用途ロジックICのアジア太平洋市場規模・予測 ・特殊用途ロジックICの主要国分析 ・特殊用途ロジックICの世界市場:意思決定フレームワーク ・特殊用途ロジックICの世界市場:成長要因、課題 ・特 …
  • 世界のカルバミド市場2016
    本調査レポートでは、世界のカルバミド市場2016について調査・分析し、カルバミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の股関節置換処置動向(~2021)
  • 調理器具の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、調理器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、調理器具市場規模、素材別(アルミニウム、ステンレス鋼、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・調理器具の世界市場概要 ・調理器具の世界市場環境 ・調理器具の世界市場動向 ・調理器具の世界市場規模 ・調理器具の世界市場:業界構造分析 ・調理器具の世界市場:素材別(アルミニウム、ステンレス鋼、その他) ・調理器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・調理器具の北米市場規模・予測 ・調理器具のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・調理器具のアジア太平洋市場規模・予測 ・調理器具の主要国分析 ・調理器具の世界市場:意思決定フレームワーク ・調理器具の世界市場:成長要因、課題 ・調理器具の世界市場:競争環境 ・調理器具の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 変電所自動化の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、変電所自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、モジュール別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、変電所自動化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経刺激器の世界市場:インサイト、機会、分析、市場シェア、予測
  • 大気造水(AWG)の世界市場分析:製品別(冷却凝縮、湿潤乾燥)、用途別(産業、商業、住居)、セグメント予測
    本調査レポートでは、大気造水(AWG)の世界市場について調査・分析し、大気造水(AWG)の世界市場動向、大気造水(AWG)の世界市場規模、市場予測、セグメント別大気造水(AWG)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • LNG(液化天然ガス)年報2016:LNGインフラガイド
    当調査レポートでは、世界のLNG(液化天然ガス)市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. LNGインフラ市場の概要 3. LNGの世界市場 4. 大規模陸上LNGの世界市場 5. LNG船の世界市場 6. FLNGの世界市場 7. 小規模LNGの世界市場 8. オーストラレーシアのLNG市場 2016-2026 9. 北米およびカリブ海のLNG市場 2016-2026 10. アジアのLNG市場 2016-2026 11. 東南アジアのLNG市場 2016-2026 12. 欧州のLNG市場 2016-2026 13. 中東のLNG市場 2016-2026 14. アフリカのLNG市場 2016-2026 15. 南米のLNG市場 2016-2026 16. LNGインフラ市場のPEST分析 17. 専門家の意見 18. LNGインフラ市場における主要企業 19 LNG船市場における主要企業 20 FLNG市場における主要企業 21. 小規模LNG市場における主要企業 22. 結論および推奨事項 23. 用語集
  • CCR4阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCCR4阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CCR4阻害薬の概要 ・CCR4阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCCR4阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CCR4阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CCR4阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 酸化亜鉛の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、酸化亜鉛の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、酸化亜鉛の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は酸化亜鉛の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• American Zinc Recycling• EverZinc• GHC• Hindustan Zinc• Votorantim Group等です。
  • 芝生用シューズの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、芝生用シューズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、芝生用シューズの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナノテクノロジー産業及び市場2015-2016
  • 本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の本態性血小板血症(Essential Thrombocythemia)治療薬剤
  • 椎弓根スクリューシステムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、椎弓根スクリューシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品タイプ別(単軸タイプ、多軸タイプ)分析、手術別(直視下手術、低侵襲手術)分析、適応症別(脊椎変形、脊椎外傷)分析、用途別(胸腰椎固定、頸椎固定)分析、椎弓根スクリューシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高圧バルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高圧バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高圧バルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高圧バルブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Danfoss• Accudyne Industries• Graco• High Pressure Equipment Company• Parker Hannifin等です。
  • 手術用ステープラーの世界市場予測(~2022年):手動、動力式
    当調査レポートでは、手術用ステープラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、手術用ステープラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用センサーの世界市場:技術、動向、予測
    ※本調査レポートでは、小型自動車用センサーの世界市場について調査・分析し、小型自動車用センサーの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 非晶質ポリオレフィンの世界市場予測2019-2024
    「非晶質ポリオレフィンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、プロピレンホモポリマー、プロピレン-エチレンコポリマー、プロピレンホモポリマー・エチレンコポリマー、その他など、用途別には、Hot Melt Adhesive、Bitumen Modification、Polymer Modification、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。非晶質ポリオレフィンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・非晶質ポリオレフィンの世界市場概要(サマリー) ・非晶質ポリオレフィンの企業別販売量・売上 ・非晶質ポリオレフィンの企業別市場シェア ・非晶質ポリオレフィンの世界市場規模:種類別(プロピレンホモポリマー、プロピレン-エチレンコポリマー、プロピレンホモポリマー・エチレンコポリマー、その他) ・非晶質ポリオレフィンの世界市場規模:用途別(Hot Melt Adhesive、Bitumen Modification …
  • デイリーフリー(乳製品不使用)製品の世界市場:種類別(従来タイプ、オーガニック)、製品別(飲料、ヨーグルト、アイスクリーム・デザート、ベーカリー製品、チーズ・バタースプレッド、その他)、販売チャネル別(モダントレード、コンビニエンスストア、専門店、その他)、地域別予測
    本資料は、デイリーフリー(乳製品不使用)製品の世界市場について調べ、デイリーフリー(乳製品不使用)製品の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(従来タイプ、オーガニック)分析、製品別(飲料、ヨーグルト、アイスクリーム・デザート、ベーカリー製品、チーズ・バタースプレッド、その他)分析、販売チャネル別(モダントレード、コンビニエンスストア、専門店、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGroupe Danone 、The Hein Celestial Group、The Whitewave Foods Company、Good Karma Foods、GraceKennedy Group、Blue Diamond Growers Inc.、SunOpta Inc.、Oatly A.B.、Vitasoy International Holdings Limitedなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デイリーフリー(乳製品不使用)製品の世界市場概 …
  • PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの概要 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のPPAR-ベータ/デルタアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PPAR-ベータ/デルタアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 印刷済テープの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、印刷済テープの世界市場について調査・分析し、印刷済テープの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・印刷済テープの世界市場規模:材料別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:製品別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:技術別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:印刷用インク別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・印刷済テープの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 腫瘍切除の世界市場:治療法別(外科的、経皮的)、技術別(凍結治療、IRE、MWA、RFA)、用途別(肝臓癌、肺癌、乳癌、前立腺癌)
    本調査レポートでは、腫瘍切除の世界市場について調査・分析し、腫瘍切除の世界市場動向、腫瘍切除の世界市場規模、市場予測、セグメント別腫瘍切除市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 韓国の関節鏡検査処置動向(~2021)
  • コラーゲンの世界市場:由来別(ウシ、海洋生物、ブタ)、用途別(食品・飲料、ヘルスケア、化粧品)、製品別(ゼラチン、加水分解)、セグメント予測
    コラーゲンの世界市場は2025年には66億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、最終用途におけるコラーゲンの需要が急速に拡大していることが考えられます。主要な最終用途産業は、医療、食品・飲料、化粧品、医薬品です。本調査レポートでは、コラーゲンの世界市場について調査・分析し、コラーゲンの世界市場動向、コラーゲンの世界市場規模、市場予測、セグメント別コラーゲン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"