"世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4691)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing demand for energy-efficient cooling solutions along with the increasing need for compact and noise-free solutions to drive the adoption of data center liquid cooling solutions and services
The global data center liquid cooling market is expected to grow from USD 1.2 billion in 2019 to USD 3.2 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 22.6% during the forecast period. Major factors driving the growth of the data center liquid cooling market include increasing need for energy-efficient cooling solutions, growing demand for compact and noise-free solutions, need for lower operating costs, and need for better overclocking potential.

Based on solutions, direct liquid cooling solutions segment to grow at the higher CAGR during the forecast period”
Direct Liquid cooling involves the direct immersion of data center servers into special sealed containers filled with fluids that are non-corrosive and non-toxic. Direct cooling solutions are anticipated to experience good growth opportunities in warmer regions of the world, such as APAC and MEA. Single-phase direct cooling solutions are cheaper to set up, but they tend to reduce the server lifespan. These solutions are, therefore, gaining popularity among data center vendors that utilize servers for a shorter time span.

Based on enterprises, the BFSI segment to hold the highest market share in 2019 in the data center liquid cooling market
The data centers in BFSI are characterized by larger server densities that generate high amounts of heat and require powerful cooling infrastructure. Moreover, with increasing budget constraints, cost-effective infrastructure solutions are becoming essential in the BFSI industry. Thus, this industry focuses on lowering energy consumption by installing advanced data center cooling and innovative building management tools. Data center cooling solutions are increasingly gaining traction in this sector, globally; this can be attributed to their capacity to provide reliable and efficient high performance cooling to large data center facilities.

Based on regions, data center liquid cooling market in Europe to grow at the highest CAGR during the forecast period
The high growth of the market in Europe is attributed to the large number of colocation facilities in the region and the increasing adoption of indirect liquid cooling solutions. Data center colocation providers are increasingly adopting liquid cooling due significant benefits in reducing energy consumption. Moreover, rising green data center initiatives are propelling the demand for direct liquid cooling solutions across the region.
Further, in-depth interviews were conducted with the Chief Executive Officers (CEOs), Chief Marketing Officers (CMO), Vice Presidents (VPs), Managing Directors (MDs), technology and innovation directors, and related key executives from various key companies and organizations operating in the data center liquid cooling market.
 By Company – Tier 1–10%, Tier 2–25%, and Tier 3–65%
 By Designation – C-Level–25%, Director Level–50%, and Others–25%
 By Region – North America–40%, Europe–30%, and APAC–20%, RoW – 10%
The data center liquid cooling market comprises major providers, such as Asetek (Denmark), Rittal (Germany), Vertiv (US), Green Revolution Cooling (US), Midas Green Technologies (US), Allied Control (Hong Kong), Schneider Electric (France), Chilldyne (US), CoolIT Systems (Canada), Submer (Spain), Iceotope (UK), Fujitsu (Japan), Aspen Systems (US), DCX The Liquid Cooling Company (Poland), Ebullient (US), Aquila Group (US), ExaScaler (Japan), Cooler Master Co (China), Asperitas (Netherland), Liqit.io (Ukraine). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the data center liquid cooling market with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The data center liquid cooling market revenue is primarily classified into revenues from solutions and services. Solutions revenue is associated with data center liquid cooling solutions, such as direct liquid cooling and indirect liquid cooling. Furthermore, services revenue is associated with design and consulting, installation and deployment, support and maintenance services. The market is also segmented on the basis of end user, data center type, enterprises, and region.

Key benefits of the report
The report would help the market leaders/new entrants in this market with the information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall data center liquid cooling market and the subsegments. This report would help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report would also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Liquid Cooling Solutions
1.3.3 Regions Covered
1.3.4 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Data Center Liquid Cooling Market
4.2 North America Data Center Liquid Cooling Market, By Component and Country
4.3 Market: Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Need for Energy-Efficient Cooling Solutions
5.2.1.2 Increasing Demand for Compact and Noise-Free Solutions
5.2.1.3 Need for Lower Operating Costs
5.2.1.4 Need for Better Overclocking Potential
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Susceptibility to Leakage
5.2.2.2 High Capital Expenditure and Maintenance
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of AI, Blockchain, and Other Advanced Technologies
5.2.3.2 High-Density Cooling Requirements
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Standardization
5.3 Use Cases
5.3.1 Case Study 1: Reduction in Data Center Energy Spending By Adopting Immersion Cooling
5.3.2 Case Study 2: Better Per Rack Power Density and Scalability
5.3.3 Case Study 3: Improvement in Power Usage Effectiveness
6 Data Center Liquid Cooling Market, By Component (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Indirect Liquid Cooling
6.2.1.1 Growing Demand for Precision Cooling to Drive Growth of Indirect Liquid Cooling
6.2.1.2 Single Phase
6.2.1.3 Two Phase
6.2.2 Direct Liquid Cooling
6.2.2.1 Growing Demand for High-Density Cooling to Drive Growth of Direct Liquid Cooling
6.2.2.2 Single Phase
6.2.2.3 Two Phase
6.3 Services
6.3.1 Design and Consulting
6.3.1.1 Growing Demand for Technical Evaluation of Liquid Cooling Systems to Drive Growth of Direct Liquid Cooling
6.3.2 Installation and Deployment
6.3.2.1 Increasing Need for Integration With Traditional Cooling Devices to Drive Growth of Installation and Deployment Services
6.3.3 Support and Maintenance
6.3.3.1 Growing Demand for Maintenance of Coolants to Drive Growth of Support and Maintenance Services
7 Data Center Liquid Cooling Market, By Data Center Type (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Small and Mid-Sized Data Centers
7.2.1 Growing Need for Indirect Liquid Cooling Solutions to Drive the Demand for Small and Mid-Sized Data Centers
7.3 Large Data Centers
7.3.1 Growing Requirement for Direct Liquid Cooling in Large Data Centers
8 Data Center Liquid Cooling Market, By End User (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Cloud Providers
8.2.1 Increasing Demand for Cloud Services to Drive the Growth of the Data Center Liquid Cooling Market
8.3 Colocation Providers
8.3.1 Availability of Low-Cost, Disaster-Proof Systems to Contribute to A Higher Adoption Among Colocation Providers
8.4 Enterprises
8.4.1 Rapid Deployment Capabilities to Drive the Adoption of Enterprises
8.5 Hyperscale Data Centers
8.5.1 Requirement for Scalable Cooling Solutions to Drive the Adoption in Hyperscale Data Centers
9 Data Center Liquid Cooling Market, By Enterprise (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.2.1 Focus on Lowering Energy Consumption to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling in the Banking, Financial Services, and Insurance Sector
9.3 IT and Telecom
9.3.1 Growing Adoption of Advanced Servers to Drive the Growth of Data Center Liquid Cooling Solutions in the IT and Telecom Sector
9.4 Media and Entertainment
9.4.1 Requirement for Scale-Out Solutions to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in the Media and Entertainment Industry
9.5 Healthcare
9.5.1 Growing Demand for Customized Data Center Cooling Solutions to Drive Their Adoption in Healthcare
9.6 Government and Defense
9.6.1 Growing Digitalization Initiatives to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in Government and Defense Industry
9.7 Retail
9.7.1 Increased Need for Robust Cooling to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in Retail Industry
9.8 Research and Academia
9.8.1 Adoption of High-Performance Computing to Drive the Demand for Efficient Cooling Solutions in Research and Academia Industry
9.9 Others
10 Data Center Liquid Cooling Market, By Region (Page No. – 72)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Surge in Demand From Cryptocurrency Providers to Drive the Growth of Data Center Liquid Cooling Solutions in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Increased Digitalization and Huge Data Generation to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Eco-Design Requirements Set By the European Parliament for Servers and Data Storage Products to Drive the Growth of the Direct Liquid Cooling Market in the Uk
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Attractive Investment Climate of German Locations for Data Centers to Drive the Demand for Liquid Cooling Solutions in the Country
10.3.3 France
10.3.3.1 Growing Demand From Cloud Providers to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Growing Number of Colocation Facilities Coupled With Rising Data Center Revenues to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling in China
10.4.2 Australia
10.4.2.1 Government Initiatives Toward Infrastructure Development to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling in Australia
10.4.3 India
10.4.3.1 Surging Data Demand to Drive the Rapid Adoption of Liquid Cooling in India
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 South Africa
10.5.1.1 Developed Telecommunication Infrastructure to Drive the Demand for Data Center Liquid Cooling Solutions in South Africa
10.5.2 Saudi Arabia
10.5.2.1 Increasing Demand for Rugged Data Center Solutions to Drive the Demand for Data Center Liquid Cooling Solutions in Saudi Arabia
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Growing IT Spending Across Enterprises to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Increasing Data Demand to Drive the Data Center Liquid Cooling Market Growth in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 110)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 New Product/Solution Launches and Product Enhancements
11.2.2 Business Expansions
11.2.3 Partnerships
11.2.4 Acquisitions
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 115)
12.1 Introduction
12.2 Asetek
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and SWOT Analysis)*
12.3 Rittal
12.4 Vertiv
12.5 Green Revolution Cooling
12.6 Midas Green Technologies
12.7 Allied Control
12.8 Schneider Electric
12.9 Chilldyne
12.10 Coolit Systems
12.11 Submer
12.12 Iceotope
12.13 Fujitsu
12.14 Aspen Systems
12.15 DCX the Liquid Cooling Company
12.16 Ebullient
12.17 Aquila
12.18 Exascaler
12.19 Cooler Master
12.20 Asperitas
12.21 Liqit.Io
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.22 Right to Win
13 Appendix (Page No. – 139)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4691
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • タイのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • レポーター遺伝子アッセイの世界市場予測(~2024年)
    レポーター遺伝子アッセイの世界市場は、2018年の推定16億米ドルから2024年には26億米ドルに達し、この期間中10.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、細胞ベース研究に対する資金援助増加、遺伝子発現用途の拡大、および細胞ベースのアッセイの選好の高まりが考えられます。一方で、細胞生物学研究の高コストは、市場の成長を抑制すると予想されます。当調査レポートでは、レポーター遺伝子アッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、試薬・アッセイキット(ルシフェラーゼ、緑色蛍光タンパク質、β-グルクロニダーゼ、β-ガラクトシダーゼ)分析、用途(遺伝子調節、タンパク質相互作用、細胞シグナル伝達経路)分析、エンドユーザー分析、レポーター遺伝子アッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー製品材料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ベーカリー製品材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベーカリー製品材料市場規模、種類別(生地コンディショナー、澱粉、ベーキングパウダー・ミックス、澱粉、乳化剤、その他)分析、用途別(パン、ケーキ・ペストリー、ロール・パイ、クッキー・ビスケット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ベーカリー製品材料の世界市場:市場動向分析 ・ ベーカリー製品材料の世界市場:競争要因分析 ・ ベーカリー製品材料の世界市場:種類別(生地コンディショナー、澱粉、ベーキングパウダー・ミックス、澱粉、乳化剤、その他) ・ ベーカリー製品材料の世界市場:用途別(パン、ケーキ・ペストリー、ロール・パイ、クッキー・ビスケット、その他) ・ ベーカリー製品材料の世界市場:主要地域別分析 ・ ベーカリー製品材料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ベーカリー製品材料のヨーロッパ市場規模 ・ ベーカリー製品材料のアジア市場規模(日本市場、中 …
  • 自己接着性ラベルの世界市場
    当調査レポートでは、自己接着性ラベルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自己接着性ラベルの世界市場:ラベル種類別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:形状別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルのアメリカ市場規模予測 ・自己接着性ラベルのヨーロッパ市場規模予測 ・自己接着性ラベルのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 化学療法誘発性末梢神経障害:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性末梢神経障害の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性末梢神経障害治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性末梢神経障害の概要 ・化学療法誘発性末梢神経障害の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性末梢神経障害治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化学療法誘発性末梢神経障害治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・化学療法誘発性末梢神経障害治療薬開発に取り組んでい …
  • ホームセキュリティソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ホームセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ホームセキュリティソリューション市場規模、住宅タイプ別(集合住宅、戸建て住宅、コンドミニアム)分析、製品別(警報器、カメラ、消火スプリンクラー・消火器、センサー、非常ボタン、電子ロック)分析、ソリューション別(防火装置、アクセス制御・管理ソリューション、統合セキュリティソリューション、侵入者警告ソリューション、ビデオ監視ソリューション、インターホン装置、医療警報システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:住宅タイプ別(集合住宅、戸建て住宅、コンドミニアム) ・ ホームセキュリティソリューションの世界市場:製品別(警報器、カメラ、消火スプリンクラー・消火器、センサー、非常ボタン、 …
  • 世界の自動車排気管市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車排気管市場2016について調査・分析し、自動車排気管の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星トランスポンダの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、衛星トランスポンダの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、帯域幅別分析、用途別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペイントプロテクションフィルム(PPF)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ペイントプロテクションフィルム(PPF)の世界市場について調査・分析し、ペイントプロテクションフィルム(PPF)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ペイントプロテクションフィルム(PPF)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ペイントプロテクションフィルム(PPF)種類別分析(PVC型、PU型、TPU型)、ペイントプロテクションフィルム(PPF)用途別分析(自動車、電気・電子、航空宇宙・防衛、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)の市場概観 ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)の世界市場規模 ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ペイントプロテクションフィルム(PPF)のアメリカ市場規模推移 ・ペイ …
  • カザフスタンのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 溶融亜鉛メッキ鋼管のインド市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶融亜鉛メッキ鋼管のインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶融亜鉛メッキ鋼管のインド市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱管理の世界市場分析:製品別(ハードウェア、ソフトウェア、インタフェース、基板)、用途別(コンピュータ、消費者家電、テレコミュニケーション、自動車電子部品、再生可能エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、熱管理の世界市場について調査・分析し、熱管理の世界市場動向、熱管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 運搬機器の世界市場分析:製品別(バルクハンドリング、ユニットハンドリング、パーツおよびアタッチメント)、用途別(耐久材、非耐久財)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、運搬機器の世界市場について調査・分析し、運搬機器の世界市場動向、運搬機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別運搬機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスポーツ用品市場2015
    本調査レポートでは、世界のスポーツ用品市場2015について調査・分析し、スポーツ用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力小売りの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、電力小売りの世界市場について調べ、電力小売りの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、電力小売りの市場規模をセグメンテーション別(用途別(産業用、商業用、家庭用、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は電力小売りの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・電力小売りの市場状況 ・電力小売りの市場規模 ・電力小売りの市場予測 ・電力小売りの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(産業用、商業用、家庭用、その他) ・電力小売りの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ポリアスパラティック (ポリアスパラギン酸) コーティングの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、ポリアスパラティック (ポリアスパラギン酸) コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(ポリ尿素、ポリ尿素ハイブリッド)分析、システム別(クォーツ、金属)分析、エンドユーズ産業別(建築・建設、輸送、産業、発電、景観)分析、ポリアスパラティック (ポリアスパラギン酸) コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トラックエッチドメンブレンの世界市場予測(~2023年):メンブレンフィルター、カプセル・カートリッジフィルター、細胞培養用インサート
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、トラックエッチドメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(メンブレンフィルター、カプセル・カートリッジフィルター、細胞培養用インサート)分析、材料別(ポリカーボネート、ポリイミド)分析、用途別(細胞生物学、微生物学、分析試験、自動車)分析、エンドユーザー別分析、トラックエッチドメンブレンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性衛生用ワイプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性衛生用ワイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性衛生用ワイプの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)の概要 ・真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 無菌処理の世界市場予測(~2022):装置別(加工&包装)、用途別、パッケージング別、地域別
    当調査レポートでは、無菌処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、用途別分析、パッケージング別分析、地域別分析、無菌処理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レチノールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レチノールの世界市場について調査・分析し、レチノールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レチノールシェア、市場規模推移、市場規模予測、レチノール種類別分析()、レチノール用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レチノールの市場概観 ・レチノールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レチノールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レチノールの世界市場規模 ・レチノールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レチノールのアメリカ市場規模推移 ・レチノールのカナダ市場規模推移 ・レチノールのメキシコ市場規模推移 ・レチノールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レチノールのドイツ市場規模推移 ・レチノールのイギリス市場規模推移 ・レチノールのロシア市場規模推移 ・レチノールのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・レチノールの日本市場規模推移 ・レチノールの中国市場規模推移 ・レチノー …
  • 中国のマイクロプレート器具市場2015
    本調査レポートでは、中国のマイクロプレート器具市場2015について調査・分析し、マイクロプレート器具の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロカーの世界市場
    当調査レポートでは、マイクロカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のニコチンガム市場予測
    本調査レポートでは、世界のニコチンガム市場について調査・分析し、世界のニコチンガム市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用照明装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用照明装置の世界市場について調査・分析し、自動車用照明装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 迅速検査サービスの世界市場予測(~2022年):技術、汚染物質、食品
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、迅速検査サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別分析、汚染物質別分析、食品別分析、地域別分析、迅速検査サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療廃棄物管理の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、医療廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、医療廃棄物管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・医療廃棄物管理の世界市場:市場動向分析 ・医療廃棄物管理の世界市場:競争要因分析 ・医療廃棄物管理の世界市場:活動別分析/市場規模 ・医療廃棄物管理の世界市場:廃棄物タイプ別分析/市場規模 ・医療廃棄物管理の世界市場:処理技術別分析/市場規模 ・医療廃棄物管理の世界市場:廃棄物排出者別分析/市場規模 ・医療廃棄物管理の世界市場:処理場別分析/市場規模 ・医療廃棄物管理の世界市場:運搬方法別分析/市場規模 ・医療廃棄物管理の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・医療廃棄物管理の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・医療廃棄物管理の世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療廃棄物管理の北米市場規模・分析 ・医療廃棄物管理の欧州市場・分析 ・医療廃棄物管理のアジア市場・分析 ・医療廃棄物管理の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 家禽診断の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、家禽診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、検査種類別分析、疾患種類別分析、サービス別分析、地域別分析、家禽診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血友病A(Hemophilia A):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血友病A(Hemophilia A)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血友病A(Hemophilia A)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血友病A(Hemophilia A)の概要 ・血友病A(Hemophilia A)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血友病A(Hemophilia A)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血友病A(Hemophilia A)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • ディスプレイコントローラの世界市場予測(~2022):種類別(LCDコントローラ、タッチスクリーンコントローラ、マルチディスプレイ、スマートディスプレイ、グラフィックLCDコントローラ)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、ディスプレイコントローラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ディスプレイコントローラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車テレマチックスの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、商用車テレマチックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、商用車テレマチックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品業界用流動層乾燥器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品業界用流動層乾燥器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品業界用流動層乾燥器市場規模、製品別(振動流動層乾燥機、静止流動層乾燥機)分析、作動別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場概要 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場環境 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場動向 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場規模 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:業界構造分析 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:製品別(振動流動層乾燥機、静止流動層乾燥機) ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:作動別 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品業界用流動層乾燥器のアメリカ市場規模・予測 ・食品業界用流動層乾燥器のヨーロッパ市場規模・予測 ・食品業界用流動層乾燥器のアジア市場規模・予測 ・食品業界用流動層乾燥器の主要国分析 ・食品業界用流動層乾燥器の世界市場:意思決定フレーム …
  • 精密農業ソフトウェアの世界市場:導入モデル別(ローカル・ウェブベース、クラウドベース)、用途別(収穫高モニタリング、フィールドマッピング、作物スカウティング、天気予報・予測)、サービスプロバイダー別、地域別予測
    本資料は、精密農業ソフトウェアの世界市場について調べ、精密農業ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、導入モデル別(ローカル・ウェブベース、クラウドベース)分析、用途別(収穫高モニタリング、フィールドマッピング、作物スカウティング、天気予報・予測)分析、サービスプロバイダー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・精密農業ソフトウェアの世界市場概要 ・精密農業ソフトウェアの世界市場環境 ・精密農業ソフトウェアの世界市場動向 ・精密農業ソフトウェアの世界市場規模 ・精密農業ソフトウェアの世界市場規模:導入モデル別(ローカル・ウェブベース、クラウドベース) ・精密農業ソフトウェアの世界市場規模:用途別(収穫高モニタリング、フィールドマッピング、作物スカウティング、天気予報・予測) ・精密農業ソフトウェアの世界市場規模:サービスプロバイダー別 ・精密農業ソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・精密農業ソフトウェアの北米市場規模・予測 ・精 …
  • セラミック製衛生陶器の世界市場:洗面台、WC、小便器、水槽、台、ビデ
    当調査レポートでは、セラミック製衛生陶器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、セラミック製衛生陶器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の脱毛器市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の脱毛器市場について調査・分析し、世界の脱毛器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の脱毛器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 膣ペッサリーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、膣ペッサリーの世界市場について調査・分析し、膣ペッサリーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別膣ペッサリーシェア、市場規模推移、市場規模予測、膣ペッサリー種類別分析()、膣ペッサリー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・膣ペッサリーの市場概観 ・膣ペッサリーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・膣ペッサリーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・膣ペッサリーの世界市場規模 ・膣ペッサリーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・膣ペッサリーのアメリカ市場規模推移 ・膣ペッサリーのカナダ市場規模推移 ・膣ペッサリーのメキシコ市場規模推移 ・膣ペッサリーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・膣ペッサリーのドイツ市場規模推移 ・膣ペッサリーのイギリス市場規模推移 ・膣ペッサリーのロシア市場規模推移 ・膣ペッサリーのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・膣ペッサリーの日本市場規模推移 ・膣 …
  • セキュリティペーパーの世界市場予測(~2023年)
    セキュリティペーパーの世界市場は、2018年の114億米ドルから2023年には148億米ドルに達し、この期間中5.42%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、紙幣の印刷、流通および再印刷、ならびに観光業の成長に伴うパスポートやビザの需要増加が考えられます。一方で、デジタル化の進展、小切手や紙幣に代わる電子決済ソリューション、さらには、流通する紙幣を制限する法律規制により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、セキュリティペーパーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(基材、透かし、スレッド、ホログラム)分析、用途(紙幣、パスポート、身分証明書、認証、法的文書・政府文書、小切手、切手)分析、セキュリティペーパーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動式船舶の世界市場予測(~2030年)
    MarketsandMarkets社は、電動式船舶の世界市場規模が2019年52億ドルから2030年156億ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電動式船舶の世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向,種類別(完全電動、ハイブリッド)分析、システム別(エネルギー貯蔵システム、電力変換、発電、配電)分析、動作モード別(有人、遠隔操作、自律)分析、船舶種類別(商用、防衛)分析、電気別(
  • 食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:製品別(ブランド、プライベートラベル)、エンドユーザー別(商業用、家庭用)、流通経路別(オンライン販売チャネル、スーパーマーケットおよびハイパーマーケット、デパートおよびコンビニエンスストア、独立した食料品店)
    本市場調査レポートでは食器洗い機用タブレット洗剤について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(ブランド、プライベートラベル)分析、エンドユーザー別(商業用、家庭用)分析、流通経路別(オンライン販売チャネル、スーパーマーケットおよびハイパーマーケット、デパートおよびコンビニエンスストア、独立した食料品店)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:製品別(ブランド、プライベートラベル) ・食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:エンドユーザー別(商業用、家庭用) ・食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:流通経路別(オンライン販売チャネル、スーパーマーケットおよびハイパーマーケット、デパートおよびコンビニエンスストア、独立した食料品店) ・食器洗い機用タブレット洗剤の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 石油・ガス産業用バルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油・ガス産業用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業用バルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ホームシアターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ホームシアターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホームシアターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のn-ブタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のn-ブタノール市場2015について調査・分析し、n-ブタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドッキングステーションの世界市場
    当調査レポートでは、ドッキングステーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドッキングステーションの世界市場規模及び予測、製品別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)のフェーズ3治験薬の状況 ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)治療薬の市場規模(販売予測) ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)治療薬剤
  • 産業用ろ過の世界市場2017-2021:液体用、空気用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ろ過の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用ろ過の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cummins Filtration、Eaton、Freudenberg Filtration Technologies、MANN+HUMMEL、Parker Hannifin等です。
  • 油田用特殊化学薬品の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、油田用特殊化学薬品の世界市場について調査・分析し、油田用特殊化学薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・油田用特殊化学薬品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・油田用特殊化学薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・油田用特殊化学薬品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場について調査・分析し、ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:用途別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:製品別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • プレハブ建設の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プレハブ建設の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プレハブ建設の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アクアリウム用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アクアリウム用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アクアリウム用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液凝固分析装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血液凝固分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液凝固分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"