"世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4691)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing demand for energy-efficient cooling solutions along with the increasing need for compact and noise-free solutions to drive the adoption of data center liquid cooling solutions and services
The global data center liquid cooling market is expected to grow from USD 1.2 billion in 2019 to USD 3.2 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 22.6% during the forecast period. Major factors driving the growth of the data center liquid cooling market include increasing need for energy-efficient cooling solutions, growing demand for compact and noise-free solutions, need for lower operating costs, and need for better overclocking potential.

Based on solutions, direct liquid cooling solutions segment to grow at the higher CAGR during the forecast period”
Direct Liquid cooling involves the direct immersion of data center servers into special sealed containers filled with fluids that are non-corrosive and non-toxic. Direct cooling solutions are anticipated to experience good growth opportunities in warmer regions of the world, such as APAC and MEA. Single-phase direct cooling solutions are cheaper to set up, but they tend to reduce the server lifespan. These solutions are, therefore, gaining popularity among data center vendors that utilize servers for a shorter time span.

Based on enterprises, the BFSI segment to hold the highest market share in 2019 in the data center liquid cooling market
The data centers in BFSI are characterized by larger server densities that generate high amounts of heat and require powerful cooling infrastructure. Moreover, with increasing budget constraints, cost-effective infrastructure solutions are becoming essential in the BFSI industry. Thus, this industry focuses on lowering energy consumption by installing advanced data center cooling and innovative building management tools. Data center cooling solutions are increasingly gaining traction in this sector, globally; this can be attributed to their capacity to provide reliable and efficient high performance cooling to large data center facilities.

Based on regions, data center liquid cooling market in Europe to grow at the highest CAGR during the forecast period
The high growth of the market in Europe is attributed to the large number of colocation facilities in the region and the increasing adoption of indirect liquid cooling solutions. Data center colocation providers are increasingly adopting liquid cooling due significant benefits in reducing energy consumption. Moreover, rising green data center initiatives are propelling the demand for direct liquid cooling solutions across the region.
Further, in-depth interviews were conducted with the Chief Executive Officers (CEOs), Chief Marketing Officers (CMO), Vice Presidents (VPs), Managing Directors (MDs), technology and innovation directors, and related key executives from various key companies and organizations operating in the data center liquid cooling market.
 By Company – Tier 1–10%, Tier 2–25%, and Tier 3–65%
 By Designation – C-Level–25%, Director Level–50%, and Others–25%
 By Region – North America–40%, Europe–30%, and APAC–20%, RoW – 10%
The data center liquid cooling market comprises major providers, such as Asetek (Denmark), Rittal (Germany), Vertiv (US), Green Revolution Cooling (US), Midas Green Technologies (US), Allied Control (Hong Kong), Schneider Electric (France), Chilldyne (US), CoolIT Systems (Canada), Submer (Spain), Iceotope (UK), Fujitsu (Japan), Aspen Systems (US), DCX The Liquid Cooling Company (Poland), Ebullient (US), Aquila Group (US), ExaScaler (Japan), Cooler Master Co (China), Asperitas (Netherland), Liqit.io (Ukraine). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the data center liquid cooling market with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The data center liquid cooling market revenue is primarily classified into revenues from solutions and services. Solutions revenue is associated with data center liquid cooling solutions, such as direct liquid cooling and indirect liquid cooling. Furthermore, services revenue is associated with design and consulting, installation and deployment, support and maintenance services. The market is also segmented on the basis of end user, data center type, enterprises, and region.

Key benefits of the report
The report would help the market leaders/new entrants in this market with the information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall data center liquid cooling market and the subsegments. This report would help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report would also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Liquid Cooling Solutions
1.3.3 Regions Covered
1.3.4 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Data Center Liquid Cooling Market
4.2 North America Data Center Liquid Cooling Market, By Component and Country
4.3 Market: Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Need for Energy-Efficient Cooling Solutions
5.2.1.2 Increasing Demand for Compact and Noise-Free Solutions
5.2.1.3 Need for Lower Operating Costs
5.2.1.4 Need for Better Overclocking Potential
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Susceptibility to Leakage
5.2.2.2 High Capital Expenditure and Maintenance
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of AI, Blockchain, and Other Advanced Technologies
5.2.3.2 High-Density Cooling Requirements
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Standardization
5.3 Use Cases
5.3.1 Case Study 1: Reduction in Data Center Energy Spending By Adopting Immersion Cooling
5.3.2 Case Study 2: Better Per Rack Power Density and Scalability
5.3.3 Case Study 3: Improvement in Power Usage Effectiveness
6 Data Center Liquid Cooling Market, By Component (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Indirect Liquid Cooling
6.2.1.1 Growing Demand for Precision Cooling to Drive Growth of Indirect Liquid Cooling
6.2.1.2 Single Phase
6.2.1.3 Two Phase
6.2.2 Direct Liquid Cooling
6.2.2.1 Growing Demand for High-Density Cooling to Drive Growth of Direct Liquid Cooling
6.2.2.2 Single Phase
6.2.2.3 Two Phase
6.3 Services
6.3.1 Design and Consulting
6.3.1.1 Growing Demand for Technical Evaluation of Liquid Cooling Systems to Drive Growth of Direct Liquid Cooling
6.3.2 Installation and Deployment
6.3.2.1 Increasing Need for Integration With Traditional Cooling Devices to Drive Growth of Installation and Deployment Services
6.3.3 Support and Maintenance
6.3.3.1 Growing Demand for Maintenance of Coolants to Drive Growth of Support and Maintenance Services
7 Data Center Liquid Cooling Market, By Data Center Type (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Small and Mid-Sized Data Centers
7.2.1 Growing Need for Indirect Liquid Cooling Solutions to Drive the Demand for Small and Mid-Sized Data Centers
7.3 Large Data Centers
7.3.1 Growing Requirement for Direct Liquid Cooling in Large Data Centers
8 Data Center Liquid Cooling Market, By End User (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Cloud Providers
8.2.1 Increasing Demand for Cloud Services to Drive the Growth of the Data Center Liquid Cooling Market
8.3 Colocation Providers
8.3.1 Availability of Low-Cost, Disaster-Proof Systems to Contribute to A Higher Adoption Among Colocation Providers
8.4 Enterprises
8.4.1 Rapid Deployment Capabilities to Drive the Adoption of Enterprises
8.5 Hyperscale Data Centers
8.5.1 Requirement for Scalable Cooling Solutions to Drive the Adoption in Hyperscale Data Centers
9 Data Center Liquid Cooling Market, By Enterprise (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.2.1 Focus on Lowering Energy Consumption to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling in the Banking, Financial Services, and Insurance Sector
9.3 IT and Telecom
9.3.1 Growing Adoption of Advanced Servers to Drive the Growth of Data Center Liquid Cooling Solutions in the IT and Telecom Sector
9.4 Media and Entertainment
9.4.1 Requirement for Scale-Out Solutions to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in the Media and Entertainment Industry
9.5 Healthcare
9.5.1 Growing Demand for Customized Data Center Cooling Solutions to Drive Their Adoption in Healthcare
9.6 Government and Defense
9.6.1 Growing Digitalization Initiatives to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in Government and Defense Industry
9.7 Retail
9.7.1 Increased Need for Robust Cooling to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in Retail Industry
9.8 Research and Academia
9.8.1 Adoption of High-Performance Computing to Drive the Demand for Efficient Cooling Solutions in Research and Academia Industry
9.9 Others
10 Data Center Liquid Cooling Market, By Region (Page No. – 72)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Surge in Demand From Cryptocurrency Providers to Drive the Growth of Data Center Liquid Cooling Solutions in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Increased Digitalization and Huge Data Generation to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Eco-Design Requirements Set By the European Parliament for Servers and Data Storage Products to Drive the Growth of the Direct Liquid Cooling Market in the Uk
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Attractive Investment Climate of German Locations for Data Centers to Drive the Demand for Liquid Cooling Solutions in the Country
10.3.3 France
10.3.3.1 Growing Demand From Cloud Providers to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Growing Number of Colocation Facilities Coupled With Rising Data Center Revenues to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling in China
10.4.2 Australia
10.4.2.1 Government Initiatives Toward Infrastructure Development to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling in Australia
10.4.3 India
10.4.3.1 Surging Data Demand to Drive the Rapid Adoption of Liquid Cooling in India
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 South Africa
10.5.1.1 Developed Telecommunication Infrastructure to Drive the Demand for Data Center Liquid Cooling Solutions in South Africa
10.5.2 Saudi Arabia
10.5.2.1 Increasing Demand for Rugged Data Center Solutions to Drive the Demand for Data Center Liquid Cooling Solutions in Saudi Arabia
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Growing IT Spending Across Enterprises to Drive the Adoption of Data Center Liquid Cooling Solutions in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Increasing Data Demand to Drive the Data Center Liquid Cooling Market Growth in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 110)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 New Product/Solution Launches and Product Enhancements
11.2.2 Business Expansions
11.2.3 Partnerships
11.2.4 Acquisitions
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 115)
12.1 Introduction
12.2 Asetek
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and SWOT Analysis)*
12.3 Rittal
12.4 Vertiv
12.5 Green Revolution Cooling
12.6 Midas Green Technologies
12.7 Allied Control
12.8 Schneider Electric
12.9 Chilldyne
12.10 Coolit Systems
12.11 Submer
12.12 Iceotope
12.13 Fujitsu
12.14 Aspen Systems
12.15 DCX the Liquid Cooling Company
12.16 Ebullient
12.17 Aquila
12.18 Exascaler
12.19 Cooler Master
12.20 Asperitas
12.21 Liqit.Io
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.22 Right to Win
13 Appendix (Page No. – 139)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4691
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のデータセンター用液体冷却市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、エンドユーザー別(クラウドプロバイダー、コロケーションプロバイダー、エンタープライズ、およびハイパースケールデータセンター)、データセンター種類別、エンタープライズ別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 関節炎(Arthritis Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、関節炎(Arthritis Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・関節炎(Arthritis Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・関節炎(Arthritis Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・関節炎(Arthritis Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・関節炎(Arthritis Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・関節炎(Arthritis Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の関節炎(Arthritis Pain)治療薬剤
  • 世界の頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、頭蓋顎顔面固定(CMF)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の概要 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:開発段階別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:セグメント別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:領域別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:規制Path別分析 ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・頭蓋顎顔面固定(CMF)装置の最近動向
  • ナノPLCの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナノPLCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノPLCの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 家電のインド市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家電のインド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家電のインド市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は家電のインド市場が2017-2021年期間中に年平均10.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Electrolux、Haier、LG Electronics、Robert Bosch、SAMSUNG、Whirlpool等です。
  • LPWANの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、LPWANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LPWANの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パスタおよび麺の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パスタおよび麺の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パスタおよび麺の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動パーキングシステムの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動パーキングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、自動化レベル別(半自動、完全自動)分析、エンドユーザー別(商業、住宅、混合使用)分析、システム別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、プラットフォーム別分析、自動パーキングシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動パーキングシステムの世界市場規模が2019年13億万ドルから2027年36億万ドルまで年平均13.1%成長すると予測しています。
  • 世界の手術室カメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術室カメラ市場2015について調査・分析し、手術室カメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用スーパーチャージャーの世界市場:二段スクリュー式、遠心式
    当調査レポートでは、自動車用スーパーチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用スーパーチャージャーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • API管理の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、API管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、API管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動ドアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動ドアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動ドアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軟体動物駆除剤の世界市場予測(~2023年):化学的軟体動物駆除剤、生物的軟体動物駆除剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、軟体動物駆除剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ別(化学的軟体動物駆除剤、生物的軟体動物駆除剤)分析、用途別(農業、非農業)分析、形態別(ペレット、液体・ゲル)分析、軟体動物駆除剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エナジーハーベスティングの世界市場
    本調査レポートでは、エナジーハーベスティングの世界市場について調査・分析し、エナジーハーベスティングの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • インドのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 油井管の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、油井管の世界市場について調査・分析し、油井管の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・油井管の世界市場規模:製造プロセス別分析 ・油井管の世界市場規模:グレード別分析 ・油井管の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 照明器具用安定器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、照明器具用安定器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、照明器具用安定器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、形態別(車載、外部クラウドサービス)分析、セキュリティ別(エンドポイント、アプリケーション、ワイヤレスネットワーク)分析、用途別(インフォテインメント、パワートレイン、ADAS・セーフティ)分析、車両タイプ別分析、自動車用サイバーセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グレリン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグレリン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グレリン受容体アゴニストの概要 ・グレリン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグレリン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グレリン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グレリン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のL‐ラムノース市場2015
    本調査レポートでは、世界のL‐ラムノース市場2015について調査・分析し、L‐ラムノースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 楽器の世界市場:パブリック・アドレス(PA)装置、弦楽器、キーボード、ピアノ、打楽器、DJギア、シンセサイザー
    当調査レポートでは、楽器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、楽器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農業用燻蒸剤の世界市場予測(~2022年):臭化メチル、ホスフィン、クロロピクリン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用燻蒸剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品種類別分析、作物種類別分析、用途別分析、地域別分析、農業用燻蒸剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の塩化カルボニル市場2015
    本調査レポートでは、世界の塩化カルボニル市場2015について調査・分析し、塩化カルボニルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コレシストキニンA受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコレシストキニンA受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コレシストキニンA受容体アゴニストの概要 ・コレシストキニンA受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のコレシストキニンA受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コレシストキニンA受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コレシストキニンA受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レジャー旅行の世界市場:トラベラータイプ別(ソロ、グループ)、販売経路別(従来のチャネル、オンラインチャネル)、年齢グループ別(ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアル世代、ジェネレーションZ)
    本市場調査レポートではレジャー旅行について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、トラベラータイプ別(ソロ、グループ)分析、販売経路別(従来のチャネル、オンラインチャネル)分析、年齢グループ別(ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアル世代、ジェネレーションZ)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・レジャー旅行の世界市場:トラベラータイプ別(ソロ、グループ) ・レジャー旅行の世界市場:販売経路別(従来のチャネル、オンラインチャネル) ・レジャー旅行の世界市場:年齢グループ別(ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアル世代、ジェネレーションZ) ・レジャー旅行の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のほう酸アルミニウムホイスカ市場2016
    本調査レポートでは、世界のほう酸アルミニウムホイスカ市場2016について調査・分析し、ほう酸アルミニウムホイスカの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィールドサービスマネジメント(FSM)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、フィールドサービスマネジメント(FSM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、組織規模別分析、展開種類別分析、業種別(IT及びテレコム、エネルギー及び公益事業、製造、輸送、物流)分析、フィールドサービスマネジメント(FSM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、フィールドサービスマネジメント(FSM)の世界市場規模が2019年28億ドルから2024年59億ドルまで年平均16.2%成長すると予測しています。
  • 原発性免疫不全症治療の世界市場2017-2021:イムノグロブリン治療、抗生物質、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、原発性免疫不全症治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原発性免疫不全症治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は原発性免疫不全症治療の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CSL Behring、Grifols、Pfizer、Shire等です。
  • フレキシブル包装の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、フレキシブル包装の世界市場について調査・分析し、フレキシブル包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・フレキシブル包装の世界市場:市場動向分析 ・フレキシブル包装の世界市場:競争要因分析 ・フレキシブル包装の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・フレキシブル包装の世界市場:材料別分析/市場規模 ・フレキシブル包装の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・フレキシブル包装の世界市場:プリント技術別分析/市場規模 ・フレキシブル包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・フレキシブル包装の北米市場規模 ・フレキシブル包装の欧州市場規模 ・フレキシブル包装のアジア市場規模 ・フレキシブル包装の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 腰痛(Low Back Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腰痛(Low Back Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腰痛(Low Back Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腰痛(Low Back Pain)の概要 ・腰痛(Low Back Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腰痛(Low Back Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腰痛(Low Back Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腰 …
  • 自動車RCTAS(リア・クロス・トラフィック・アラート・システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車RCTAS(リア・クロス・トラフィック・アラート・システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車RCTAS(リア・クロス・トラフィック・アラート・システム)の世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硝酸アルミニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の硝酸アルミニウム市場2016について調査・分析し、硝酸アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 陽子線治療のアメリカ市場予測2022
  • ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤の概要 ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヒストンデアセチラーゼ1(HDAC8)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パッケージ型ボイラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パッケージ型ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パッケージ型ボイラーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 澱粉回収システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、澱粉回収システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、澱粉回収システム市場規模、施設規模別(小規模、中規模、大規模)分析、コンポーネント別(フィリングステーション、スクリューコンベア、バキュームフィルター(真空ろ過機)、液体遠心分離機、精製シーブ、その他)分析、用途別(乾燥食品、チップス・スナックペレット、冷凍製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 澱粉回収システムの世界市場:市場動向分析 ・ 澱粉回収システムの世界市場:競争要因分析 ・ 澱粉回収システムの世界市場:施設規模別(小規模、中規模、大規模) ・ 澱粉回収システムの世界市場:コンポーネント別(フィリングステーション、スクリューコンベア、バキュームフィルター(真空ろ過機)、液体遠心分離機、精製シーブ、その他) ・ 澱粉回収システムの世界市場:用途別(乾燥食品、チップス・スナックペレット、冷凍製品、その他) ・ 澱粉回収システムの世界市場:主要地 …
  • 建築・建設用アルミニウムの世界市場:アルミニウム押出製品、アルミニウムRFP、アルミニウム鋳物、アルミニウム粉末
    当調査レポートでは、建築・建設用アルミニウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築・建設用アルミニウムの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 分取・プロセスクロマトグラフィーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、分取・プロセスクロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ別(分取、プロセス)分析、エンドユーザー別(バイオテクノロジー、医薬品)分析、分取・プロセスクロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルクセンサーの世界市場予測(~2024年)
    トルクセンサーの世界市場は、2018年の94億米ドルから2024年には148億米ドルに達し、7.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高性能の高性能自動車に対する需要の増加、トルク測定の重要性の増大、および電動パワーステアリング(EPS)システム用のトルクセンサーに対する需要の増加などが考えれられます。一方で、ハイエンド用途に利用可能なトルクセンサーの信頼性が高くないことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、トルクセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(回転トルクセンサー、反作用トルクセンサー)分析、用途(テスト・計測、自動車、工業、航空宇宙・防衛、その他)分析、技術分析、トルクセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用マルチメーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用マルチメーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用マルチメーター市場規模、最終用途別(OEM、インハウス、サードパーティサービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用マルチメーターの世界市場概要 ・産業用マルチメーターの世界市場環境 ・産業用マルチメーターの世界市場動向 ・産業用マルチメーターの世界市場規模 ・産業用マルチメーターの世界市場:業界構造分析 ・産業用マルチメーターの世界市場:最終用途別(OEM、インハウス、サードパーティサービス) ・産業用マルチメーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用マルチメーターのアメリカ市場規模・予測 ・産業用マルチメーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用マルチメーターのアジア市場規模・予測 ・産業用マルチメーターの主要国分析 ・産業用マルチメーターの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用マルチメーターの世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 世界の赤ん坊用おむつ交換台市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤ん坊用おむつ交換台市場2015について調査・分析し、赤ん坊用おむつ交換台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルマーケティング費の世界市場:タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア、メール広告、その他)、用途別(デスクトップ、モバイル)、地域別予測
    本資料は、デジタルマーケティング費の世界市場について調べ、デジタルマーケティング費の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア、メール広告、その他)分析、用途別(デスクトップ、モバイル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはComcast、AT&T、P&G、Verizon、General Motors、American Express、Fiat Chrysler、Ford、Johnson & Johnson、JPMorgan Chase、L’Oréal、Nissan、Pfizer、Toyota、Unileverなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルマーケティング費の世界市場概要 ・デジタルマーケティング費の世界市場環境 ・デジタルマーケティング費の世界市場動向 ・デジタルマーケティング費の世界市場規模 ・デジタルマーケティング費の世界市場規模:タイプ別(検索画面広告、ディスプレイ広告、ソーシ …
  • 腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)の概要 ・腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腋窩多汗症(Axillary Hyperhidrosis)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 世界の自動車リーフスプリングアセンブリ市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車リーフスプリングアセンブリ市場2015について調査・分析し、自動車リーフスプリングアセンブリの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 幹細胞の世界市場
    本調査レポートでは、幹細胞の世界市場について調査・分析し、幹細胞の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤の概要 ・ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ウィルスDNAポリメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 外科用シーラント装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、外科用シーラント装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、外科用シーラント装置市場規模、製品別(外科用縫合・ステープリング装置、外科用接着剤・シーラント剤、電気外科用シーリング装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・外科用シーラント装置の世界市場概要 ・外科用シーラント装置の世界市場環境 ・外科用シーラント装置の世界市場動向 ・外科用シーラント装置の世界市場規模 ・外科用シーラント装置の世界市場:業界構造分析 ・外科用シーラント装置の世界市場:製品別(外科用縫合・ステープリング装置、外科用接着剤・シーラント剤、電気外科用シーリング装置) ・外科用シーラント装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・外科用シーラント装置の北米市場規模・予測 ・外科用シーラント装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・外科用シーラント装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・外科用シーラント装置の主要国分析 ・外科用シーラント装 …
  • ライブチャット用ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ライブチャット用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライブチャット用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リチウム化合物の世界市場:炭酸リチウム、水酸化リチウム、リチウム金属、ブチルリチウム
    当調査レポートでは、リチウム化合物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、誘導体別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"