"世界のパーティクルカウンター市場:種類別(空中、液体)、用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、IAQM)、エンドユーザー別(ライフサイエンスおよび医療機器、半導体、自動車)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST 5018)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のパーティクルカウンター市場:種類別(空中、液体)、用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、IAQM)、エンドユーザー別(ライフサイエンスおよび医療機器、半導体、自動車)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The particle counters market is projected to grow at a CAGR of 11.0% during the forecast period (2019–2024).”
The particle counters market is projected to grow at a CAGR of 11.0% during the forecast period, to reach USD 580 million by 2024 from USD 340 million in 2019. The growth in this market is driven by the robust growth in applied markets, the favorable regulatory scenario, and growing focus on the quality of food products. In addition, emerging economies (such as Brazil, Russia, India, South Korea, and China) are expected to offer lucrative growth opportunities for market players. However, the high cost and technical limitations of particle counters are adversely impacting the growth of this market.

“The portable particle counters segment accounted for the larger share of the airborne particle counters market, by type, in 2018”
On the basis of type, the market is segmented into portable particle counters, handheld particle counters, remote particle counters, and condensation particle counters. The portable particle counters segment is estimated to command the largest share of the airborne particle counters market in 2018; it is also expected to register the highest CAGR during the forecast period. The advantages associated with portable particle counters, such as high sensitivity and flow rate, are driving the demand for portable particle counters.

“By type, the online/inline particle counters segment accounted for the largest market share in 2018”
Liquid particle counters are further segmented into online/inline particle counters and offline particle counters. Online/inline particle counters commanded the largest share of the liquid particle counters market in 2018; this segment is also expected to register the highest CAGR during the forecast period. The large share of this segment can be attributed to the advantages associated with these devices, such as online sampling and continuous condition monitoring. Furthermore, growth in the pharmaceutical and semiconductor industries, which require continuous monitoring of fluids, is also expected to support growth in this market segment.

“By end user, the life sciences & medical device industry segment accounted for the largest market share in 2018”
On the basis of end user, the market is segmented into the life sciences & medical device industry, semiconductor industry, automotive industry, aerospace industry, food & beverage industry, and other end users. In 2018, the life sciences & medical device industry segment accounted for the largest share of the particle counters market. Market growth is largely driven by the growing volume of compounds to be detected for the presence of impurities in pharmaceutical samples, increasing production of pharmaceutical formulations, stringent safety regulations, and increased R&D expenditure. The increase in pharmaceutical manufacturing outsourcing from the Asian region and the establishment of new manufacturing facilities by global pharmaceutical giants in newer geographies are also propelling the demand for particle counters in this end-user segment.

“The market in the APAC region is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
The particle counters market in the APAC is expected to witness the highest CAGR during the forecast period. This can be attributed to the tremendous growth in the pharmaceutical, food & beverage testing, and medical device industries; increasing R&D funding; growing number of CROs; favorable government initiatives to promote the pharmaceutical and biopharmaceutical industries; and growing concerns about environmental monitoring & food safety.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1: 21%, Tier 2: 26%, and Tier 3: 53%
• By Designation: C-level: 32%, Director-level: 26%, and Others: 42%
• By Region: North America: 35%, Europe: 30%, Asia Pacific: 15%, Latin America: 10%, and the Middle East & Africa: 10%

The prominent players in the particle counters market are Particle Measuring Systems (US), Beckman Coulter (US), RION Co., Ltd. (Japan), Lighthouse Worldwide Solutions (US), TSI (US), Climet Instruments Company (US), Met One Instruments, Inc. (US), Particle Plus (US), Setra Systems (US), PAMAS (Germany), Chemtrac (US), Hal Technology (US), Konamax (US), Veltek Associates (US), PCE Instruments (UK), GrayWolf Sensing Solutions (US), Extech Instruments (US), Palas GmbH (Germany), HYDAC International (Australia), and Fluke Corporation (US).

Research Coverage:
The report analyzes the particle counters market and aims at estimating the market size and future growth potential of the market and the different application segments, such as cleanroom monitoring, indoor air quality monitoring, contamination monitoring of liquids, drinking water contamination monitoring, aerosol monitoring & research, chemical contamination monitoring, and other applications. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the particle counters market.
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the particle counter market.
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global particle counters market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, revenue analysis, and products of the leading players in the particle counters market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のパーティクルカウンター市場:種類別(空中、液体)、用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、IAQM)、エンドユーザー別(ライフサイエンスおよび医療機器、半導体、自動車)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation Approach
2.4 Market Share Analysis
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Market Overview
4.2 North America: Market, By Type, 2018
4.3 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Robust Growth in Applied Markets
5.2.1.1.1 Pharmaceutical & Biotechnology Industries
5.2.1.1.2 Semiconductor & Automotive Industries
5.2.1.1.3 Medical Device Industry
5.2.1.2 Favorable Regulatory Scenario
5.2.1.2.1 Supportive Government Regulations for Effective Air Pollution Monitoring and Control
5.2.1.2.2 Regulations and Standards for Cleanrooms and Manufacturing
5.2.1.3 Growing Focus on the Quality of Food Products
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Particle Counters
5.2.2.2 Technical Limitations of Particle Counters
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets
6 Market, By Type (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Airborne Particle Counters
6.2.1 Portable Particle Counters
6.2.1.1 Widespread Adoption of Portable Air Particle Counters is Expected to Drive the Market
6.2.2 Remote Particle Counters
6.2.2.1 Low Cost of Remote Particle Counters in Comparison to Handheld and Portable Counters is A Key Driver
6.2.3 Handheld Particle Counters
6.2.3.1 Rising Awareness of Indoor Air Quality Monitoring Will Drive Market Growth
6.2.4 Condensation/Ultrafine Particle Counters
6.2.4.1 High Costs Limiting the Adoption of Condensation/Ultrafine Particle Counters
6.3 Liquid Particle Counters
6.3.1 Online/Inline Liquid Particle Counters
6.3.1.1 Growth in the Pharmaceutical & Semiconductor Industries is Likely to Drive Market Growth
6.3.2 Offline Liquid Particle Counters
6.3.2.1 Disadvantages of Offline Liquid Particle Counters to Restrain Market Growth
7 Market, By Application (Page No. – 66)
7.1 Introduction
7.2 Cleanroom Monitoring
7.2.1 Cleanroom Monitoring Held the Largest Market Share in 2018
7.3 Contamination Monitoring of Liquids
7.3.1 Rising Activity in End-Use Industries Will Ensure the Growth of This Application Segment
7.4 Indoor Air Quality Monitoring
7.4.1 Increasing Measures to Reduce Indoor Air Pollution are Likely to Drive Market Growth
7.5 Aerosol Monitoring and Research
7.5.1 Increasing Research on Aerosols and Growing Pollution Levels Have Supported the Adoption of Particle Counters in This Segment
7.6 Chemical Contamination Monitoring
7.6.1 Need for High-Purity Chemicals in Semiconductor and Electronics Manufacturing is Driving Market Growth
7.7 Drinking Water Contamination Monitoring
7.7.1 Favorable Initiatives and the Growing Need for Checking Water Contamination are Likely to Support Market Growth
7.8 Other Applications
8 Market, By End User (Page No. – 87)
8.1 Introduction
8.2 Life Sciences & Medical Device Industry
8.2.1 Need to Maintain Regulatory Compliance and Ensure Product Quality Have Driven Reliance on Particle Counters in This Industry
8.3 Semiconductor Industry
8.3.1 Technological Advancements in Semiconductors Will Drive Market Growth
8.4 Automotive Industry
8.4.1 Enforcement of Stringent Cleanliness Regulations for Automotive Manufacturing is Fueling the Demand for Particle Counters
8.5 Aerospace Industry
8.5.1 Growth in the Aerospace Industry to Support Market Growth
8.6 Food & Beverage Industry
8.6.1 Growing Food Safety Concerns Will Support Market Growth
8.7 Other End Users
9 Market, By Region (Page No. – 105)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Particle Counters Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Stringent Guidelines for Pharmaceuticals and Food Products to Drive the Demand for Particle Counters in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is the Largest Market for Particle Counters in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Amendments of Policies and Regulations for Contamination Control to Support Market Growth in the UK
9.3.3 France
9.3.3.1 Growth in the Applied Markets to Drive the Market for Particle Counters in France
9.3.4 Italy
9.3.4.1 High Volume of Exports and Stringent Regulations are Expected to Drive the Adoption of Particle Counters in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Spain is One of the Major Producers of Pharmaceutical and Biological Products in Europe
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Stringent Regulations on High-Pollution Sectors—A Key Factor Driving Market Growth
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Growing Food Safety Concerns to Drive the Adoption of Particle Counters in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Growth in the Manufacturing and Pharmaceutical Industries are Supporting Market Growth in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
9.5.1 Latin America
9.5.1.1 Growing Biotechnology and Pharmaceutical Industries to Support Market Growth in Latin America
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Increasing R&D in the Pharmaceutical Sector-A Key Driver for Market Growth
10 Competitive Landscape (Page No. – 160)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Analysis (2018)
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Scenario
11 Company Profiles (Page No. – 166)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Particle Measuring Systems, Inc. (A Spectris Company)
11.2 Beckman Coulter (A Danaher Corporation Company)
11.3 Rion Co., Ltd.
11.4 Lighthouse Worldwide Solutions, Inc.
11.5 TSI Incorporated
11.6 Climet Instruments Company
11.7 Kanomax Usa, Inc.
11.8 Met One Instruments, Inc.
11.9 Particle Plus, Inc.
11.10 Setra Systems
11.11 Pamas
11.12 Chemtrac, Inc.
11.13 HAL Technology
11.14 Veltek Associates, Inc.
11.15 PCE Instruments UK Ltd.
11.16 Other Companies
11.16.1 Graywolf Sensing Solutions
11.16.2 Extech Instruments
11.16.3 Palas GmbH
11.16.4 HYDAC International
11.16.5 Fluke Corporation
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 189)
12.1 Discussion Guide: Particle Counters Market
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のパーティクルカウンター市場:種類別(空中、液体)、用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、IAQM)、エンドユーザー別(ライフサイエンスおよび医療機器、半導体、自動車)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST 5018
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析及び科学機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のパーティクルカウンター市場:種類別(空中、液体)、用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、IAQM)、エンドユーザー別(ライフサイエンスおよび医療機器、半導体、自動車)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 光ファイバセンサーの世界市場予測・分析2015-2020
  • 窓用フィルムの世界市場:製品別(遮光、装飾、防犯・安全) 、用途別(自動車、住宅、船舶)、地域別
    本調査レポートでは、窓用フィルムの世界市場について調査・分析し、窓用フィルムの世界市場動向、窓用フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別窓用フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • シリコンオンインシュレーター(SOI)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シリコンオンインシュレーター(SOI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ウェハーサイズ別(200mm以下、300mm)分析、ウェハータイプ別(RF-SOI、FD-SOI、PD-SOI、パワーSOI、最新式SOI)分析、用途別(民生機器、自動車、データ通信、工業)分析、技術別分析、シリコンオンインシュレーター(SOI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インジウムの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、インジウムの世界市場について調査・分析し、インジウムの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・インジウムの世界市場規模:用途別分析 ・インジウムの世界市場規模:製品別分析 ・インジウムの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • リジッド・バルク包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リジッド・バルク包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リジッド・バルク包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プラズマ切断装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プラズマ切断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラズマ切断装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジェット燃料添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ジェット燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジェット燃料添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 反射防止ガラスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、反射防止ガラスの世界市場について調査・分析し、反射防止ガラスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別反射防止ガラスシェア、市場規模推移、市場規模予測、反射防止ガラス種類別分析(建築用窓、instrumentation windows、電子ディスプレイ、全面パネルディスプレイ、その他)、反射防止ガラス用途別分析(二層、四層、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・反射防止ガラスの市場概観 ・反射防止ガラスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・反射防止ガラスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・反射防止ガラスの世界市場規模 ・反射防止ガラスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・反射防止ガラスのアメリカ市場規模推移 ・反射防止ガラスのカナダ市場規模推移 ・反射防止ガラスのメキシコ市場規模推移 ・反射防止ガラスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・反射防止ガラスのドイツ市場規模推移 ・反射防止ガラスのイギリス市場規 …
  • フィンランドの太陽光発電(PV)市場2016
  • ポリカーボネートの世界市場
    当調査レポートでは、ポリカーボネートの世界市場について調査・分析し、ポリカーボネートの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の無人水中航走体(UUV)市場
  • おむつ交換台の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、おむつ交換台の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、おむつ交換台の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽光発電システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、太陽光発電システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、太陽光発電システム市場規模、コンポーネント別(光学、トラッカー、太陽電池)分析、タイプ別(有機PV、無機PV)分析、用途別(公益施設、住宅、非住宅) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 太陽光発電システムの世界市場:市場動向分析 ・ 太陽光発電システムの世界市場:競争要因分析 ・ 太陽光発電システムの世界市場:コンポーネント別(光学、トラッカー、太陽電池) ・ 太陽光発電システムの世界市場:タイプ別(有機PV、無機PV) ・ 太陽光発電システムの世界市場:用途別(公益施設、住宅、非住宅) ・ 太陽光発電システムの世界市場:主要地域別分析 ・ 太陽光発電システムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 太陽光発電システムのヨーロッパ市場規模 ・ 太陽光発電システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・太陽光発電システムの世界市場:主な市場開拓 ・ …
  • 食品乳化剤の世界市場分析:製品別(モノ – 、ジ – グリセリドおよび誘導体、レシチン、ステアロイルラクチレート)、用途別(製パン・製菓、コンビニエンス食品、肉製品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、食品乳化剤の世界市場について調査・分析し、食品乳化剤の世界市場動向、食品乳化剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別食品乳化剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タイヤ物流の世界市場
    当調査レポートでは、タイヤ物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイヤ物流の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 極低温断熱材の世界市場予測(~2023年)
    極低温断熱材の世界市場は、2018年の23億米ドルから2023年には33億米ドルに達し、予測期間中7.20%の年平均成長率で成長すると予測されています。極低温断熱材市場は、燃料としての液化天然ガス(LNG)の需要によって大きく左右されています。 LNGの輸送および貯蔵は、エネルギー・電力部門における極低温断熱材の主な用途です。このセグメントが市場の大部分を占めているため、LNGの用途は市場に大きな影響を与えると考えられます。二酸化炭素排やに関する環境規制や海上輸送船により、LNG消費量は今後さらに増加すると予想されます。さらには、自動車、家庭用および商業用燃料、発電などのさまざまな分野でLNGの需要が高まると、天然ガスの探査と生産が促進され、この市場の成長はさらに促されるでしょう。将来的には、LNGターミナル、貯蔵タンク、LNGを運搬する船舶の増加により相当量の断熱材が必要となり、それが極低温断熱材の市場を牽引すると予測されています。一方で、不安定な原材料価格は市場の成長を抑制する大きな要因と考えられています。当調査レポートでは、極低温断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティ …
  • スマートシェードデバイスの世界市場2020-2024
    「スマートシェードデバイスの世界市場2020-2024」は、スマートシェードデバイスについて市場概要、市場規模、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 海上監視の世界市場:用途別(海軍、沿岸警備隊、その他)、構成要素別(レーダー、センサー、AIS受信機、その他)、種類別(監視&追跡、検出器、その他)
    本調査レポートでは、海上監視の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(海軍、沿岸警備隊、その他)分析、構成要素別(レーダー、センサー、AIS受信機、その他)分析、種類別(監視&追跡、検出器、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・海上監視の世界市場:用途別(海軍、沿岸警備隊、その他) ・海上監視の世界市場:構成要素別(レーダー、センサー、AIS受信機、その他) ・海上監視の世界市場:種類別(監視&追跡、検出器、その他) ・海上監視の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のバーチャルパワープラント(VPP)市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバーチャルパワープラント(VPP)市場について調査・分析し、世界のバーチャルパワープラント(VPP)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバーチャルパワープラント(VPP)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ポリオワクチンの世界市場2018-2022
    ポリオは、ピコルナウイルス科ヒトエンテロウイルスによって引き起こされる伝染性の高い疾患であり、麻痺または死亡をもたらします。ポリオワクチンにはOPVとIPVの2種類があります。感染に対する予防接種が世界的に政府の取り組みによって推進されているため、ポリオの発生率は減少しています。ポリオワクチンの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率17.65%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Astellas Pharma、GlaxoSmithKline、Sanofi、Serum Institute of Indiaなどです。 当調査レポートでは、ポリオワクチンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリオワクチン市場規模、ワクチンの種類別(OPV、IPV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリオワクチンの世界市場概要 ・ポリオワクチンの世界市場環境 ・ポリオワクチンの世界市場動向 ・ポリオワクチンの世界市場規模 …
  • LNGタンカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、LNGタンカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LNGタンカーの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)のフェーズ3治験薬の状況 ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)治療薬の市場規模(販売予測) ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)治療薬剤
  • 喘息用スペーサーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、喘息用スペーサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、喘息用スペーサー市場規模、流通チャネル別(病院・小売薬局、オンラインストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・喘息用スペーサーの世界市場概要 ・喘息用スペーサーの世界市場環境 ・喘息用スペーサーの世界市場動向 ・喘息用スペーサーの世界市場規模 ・喘息用スペーサーの世界市場:業界構造分析 ・喘息用スペーサーの世界市場:流通チャネル別(病院・小売薬局、オンラインストア) ・喘息用スペーサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・喘息用スペーサーの北米市場規模・予測 ・喘息用スペーサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・喘息用スペーサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・喘息用スペーサーの主要国分析 ・喘息用スペーサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・喘息用スペーサーの世界市場:成長要因、課題 ・喘息用スペーサーの世界市場:競争環境 ・喘息用スペーサーの …
  • アメリカの感染症検査市場:分子診断検査、POC検査、免疫診断検査
    当調査レポートでは、アメリカの感染症検査市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの感染症検査市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー製品包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベーカリー製品包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベーカリー製品包装市場規模、食品別(ビスケット、パン、ケーキ・ペストリー、その他)分析、製品別(フレキシブル、硬質プラスチック、金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベーカリー製品包装の世界市場概要 ・ベーカリー製品包装の世界市場環境 ・ベーカリー製品包装の世界市場動向 ・ベーカリー製品包装の世界市場規模 ・ベーカリー製品包装の世界市場:業界構造分析 ・ベーカリー製品包装の世界市場:食品別(ビスケット、パン、ケーキ・ペストリー、その他) ・ベーカリー製品包装の世界市場:製品別(フレキシブル、硬質プラスチック、金属、その他) ・ベーカリー製品包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベーカリー製品包装のアメリカ市場規模・予測 ・ベーカリー製品包装のヨーロッパ市場規模・予測 ・ベーカリー製品包装のアジア市場規模・予測 ・ベーカリー製品包装の主要 …
  • ウィルス除去の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ウィルス除去の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(組換えタンパク質、血液、ワクチン)分析、エンドユーザー(製薬・バイオテクノロジー企業、CRO)分析、手法(ウィルス除去、ウィルス不活化)分析、ウィルス除去の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場について調査・分析し、インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場:市場動向分析 - インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場:競争要因分析 - インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場:パワーデバイス別 ・MOSFET ・IGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタ) - インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場:定格電流別 ・600A以上 ・101-600A ・100A以下 - インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場:定格電圧別 ・1200以上 ・1,200V ・600V以下 - インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場:産業別 ・工業用 ・一般消費者用 - インテリジェントパワーモジュール(IPM)の世界市場:回路構成別 ・7-Pac ・6-Pac ・三相ブリッジ ・デュアル ・ …
  • 床材の世界市場:ソフト床材、床タイル、木質床材
    当調査レポートでは、床材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、床材の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ドライハチミツの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ドライハチミツの世界市場について調べ、ドライハチミツの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ドライハチミツの市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型ドライハチミツ、オーガニックドライハチミツ)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はドライハチミツの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ドライハチミツの市場状況 ・ドライハチミツの市場規模 ・ドライハチミツの市場予測 ・ドライハチミツの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(従来型ドライハチミツ、オーガニックドライハチミツ) ・ドライハチミツの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 塩化カルシウムの世界市場
    当調査レポートでは、塩化カルシウムの世界市場について調査・分析し、塩化カルシウムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のトルエンスルホン酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のトルエンスルホン酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、トルエンスルホン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の世界市場予測
    当調査レポートでは、全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の世界市場について調査・分析し、全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・全身性エリテマトーデス(SLE)治療薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の気管支内チューブ市場2015
    本調査レポートでは、世界の気管支内チューブ市場2015について調査・分析し、気管支内チューブの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キルギスの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 日本の心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 移植(Transplantation):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、移植(Transplantation)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・移植(Transplantation):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・移植(Transplantation)のフェーズ3治験薬の状況 ・移植(Transplantation)治療薬の市場規模(販売予測) ・移植(Transplantation)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・移植(Transplantation)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の移植(Transplantation)治療薬剤
  • 自動車用シリコンの世界市場分析:製品別(エラストマー、接着剤・シーラント、樹脂)、用途別(内装・外装部品、エンジン・ドライブトレインシステム、サスペンションシステム、電気系統)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車用シリコンの世界市場について調査・分析し、自動車用シリコンの世界市場動向、自動車用シリコンの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用シリコン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マイクロ灌漑の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 静脈瘤治療装置の世界市場:種類別(静脈内切除、硬化療法、外科的結紮・剥離)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、静脈瘤治療装置の世界市場について調査・分析し、静脈瘤治療装置の世界市場動向、静脈瘤治療装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別静脈瘤治療装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オーロラAキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオーロラAキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オーロラAキナーゼ阻害剤の概要 ・オーロラAキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオーロラAキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オーロラAキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オーロラAキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のモーションセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のモーションセンサー市場2015について調査・分析し、モーションセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 切断・ばり取り加工・仕上げ用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、切断・ばり取り加工・仕上げ用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、切断・ばり取り加工・仕上げ用ロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は切断・ばり取り加工・仕上げ用ロボットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• FANUC• Kawasaki Heavy Industries• KUKA• Yaskawa Motorman等です。
  • フルトラックロード(FTL)輸送の北米市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フルトラックロード(FTL)輸送の北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フルトラックロード(FTL)輸送の北米市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はフルトラックロード(FTL)輸送の北米市場が2017-2021年期間中に年平均3.56%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、FedEx、J.B. Hunt Transport Services、Knight-Swift Transportation、Schneider National、UPS、YRC Worldwide等です。
  • 世界のIOTマイクロコントローラ市場規模・予測2017-2025:商品別(8ビット、16ビット、32ビット)、用途別(スマートホーム、家電、産業用車)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のIOTマイクロコントローラ市場について調査・分析し、世界のIOTマイクロコントローラ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のIOTマイクロコントローラ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • イギリスの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 軍用組み込みシステムの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、軍用組み込みシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、構成要素別分析、プラットフォーム別分析、地域別分析、軍用組み込みシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の包装用フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界の包装用フィルム市場2015について調査・分析し、包装用フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モジュラースイッチの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、モジュラースイッチの世界市場について調査・分析し、モジュラースイッチの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・モジュラースイッチの世界市場規模:値段レベル別分析 ・モジュラースイッチの世界市場規模:販売チャンネル別分析 ・モジュラースイッチの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・モジュラースイッチの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 電熱ケーブルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電熱ケーブルの世界市場について調査・分析し、電熱ケーブルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電熱ケーブルシェア、市場規模推移、市場規模予測、電熱ケーブル種類別分析(自動調節加熱ケーブル、定電力加熱ケーブル、ミネラル絶縁加熱ケーブル、表皮効果加熱トレーシングケーブル)、電熱ケーブル用途別分析(産業用、住居用、業務用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電熱ケーブルの市場概観 ・電熱ケーブルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電熱ケーブルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電熱ケーブルの世界市場規模 ・電熱ケーブルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電熱ケーブルのアメリカ市場規模推移 ・電熱ケーブルのカナダ市場規模推移 ・電熱ケーブルのメキシコ市場規模推移 ・電熱ケーブルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電熱ケーブルのドイツ市場規模推移 ・電熱ケーブルのイギリス市場規模推移 ・電熱ケーブルのロ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"