"世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:製品別(アッセイ&キット、システム)、用途別(感染症[HIV、インフルエンザ]、血液スクリーニング)、種類別(LAMP、SDA、NASBA、HDA)、エンドユーザー別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 2491)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:製品別(アッセイ&キット、システム)、用途別(感染症[HIV、インフルエンザ]、血液スクリーニング)、種類別(LAMP、SDA、NASBA、HDA)、エンドユーザー別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The rising prevalence of infectious diseases and the introduction of newer pathogens, and the cost-benefits of INAAT is expected to drive the overall growth of the INAAT market”
The global isothermal nucleic acid amplification technology (INAAT) market size is expected to grow from USD 1.9 billion in 2019 to USD 3.3 billion by 2024, at a CAGR of 11.0% during the forecast period. The major factors driving the growth of this market include the rising prevalence of infectious diseases and the introduction of newer pathogens, the need for prompt diagnosis, the increasing number of blood transfusions and donations, and the cost-benefits of INAAT. However, the extensive usage and reliance on PCR are expected to limit the adoption of INAAT.

“Assay, kits and reagents segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Based on the product, the market is segmented broadly into assay, kits, and reagents, and systems. The assay, kits, and reagents segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The increasing number of infectious disease diagnostic tests carried out; the rising prevalence of infectious diseases; the continuous launch of newer, faster, and more reliable POC products; increasing approvals of CLIA-waived tests; accessibility to a wide range of reagents; repeated purchase of reagents; and the increasing use of reagents in therapeutics, basic research, and assay development.

“TMA is expected to grow at CAGR during the forecast period”
Based on type, the INAAT market is segmented into TMA, LAMP, SDA, HDA, NASBA, and other INAAT technologies. The TMA segment is expected to be the fastest-growing segment during the forecast period due to the growing reliance on POC diagnosis in hospitals and blood banks.

“Infectious disease diagnosis segment to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The INAAT market, by the applications, has been categorized into infectious disease diagnosis, blood screening, and other applications (cancer diagnosis, cancer research, and laboratory research, which encompass cDNA preparation, whole-genome amplification (WGA), single-nucleotide polymorphism (SNP), and mutation analysis). Infectious disease diagnosis segment to grow at the highest CAGR during the forecast period owing to the increasing number of infectious disease diagnostic tests carried out and rising prevalence of infectious diseases, among others.

“Asia Pacific region to account for the largest share of the global INAAT market in 2019.”
Asia Pacific is expected to be the fastest-growing segment during the forecast period. Factors such as the sustained economic growth in several Asia Pacific countries, the rising disposable income, healthcare infrastructure modernization, increasing penetration of cutting-edge diagnostic technologies (including INAAT) for research and clinical applications, high infectious disease burden, availability of low-cost POC INAAT assays, and growing awareness among physicians and healthcare professionals about the benefits of gene-based disease diagnosis and treatment in Asia Pacific countries are expected to support market growth in this region during the forecast period.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the INAAT market.
• By Respondent Type: Supply Side: 80%, Demand Side: 20%
• By Designation: C-level Executives: 25%, Directors: 18%, and Others: 57%
• By Region: North America: 50%, Europe: 20%, APAC: 20%, and RoW: 10%
The INAAT market comprises major players such as Grifols S.A. (Spain), Hologic, Inc. (US), Abbott Laboratories, Inc. (US), Becton, Dickinson & Company (US), and Meridian Bioscience (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the INAAT market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The study covers the INAAT market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on the product, type, application, end user, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in this market and provide information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall INAAT market and its subsegments. This report will help the stakeholders to understand the competitive landscape, to gain more insights to better position their businesses, and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, and opportunities


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:製品別(アッセイ&キット、システム)、用途別(感染症[HIV、インフルエンザ]、血液スクリーニング)、種類別(LAMP、SDA、NASBA、HDA)、エンドユーザー別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 Disease-Based Market Estimation Approach
2.2.2 MnM-Know Approach
2.2.3 Application-Based Market Estimation Approach
2.2.4 Primary Research Validation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market Overview
4.2 North America: Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market Share, By Product & Country (2019)
4.3 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By End User
4.4 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Application
4.5 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Type
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Prevalence of Infectious Diseases and the Introduction of Newer Pathogens
5.2.1.2 Need for Prompt Diagnosis and Rapid Treatment
5.2.1.3 Increasing Blood Transfusion and Donations
5.2.1.4 Cost-Benefits
5.2.2 Restraint
5.2.2.1 Dominance of Pcr
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Technology Optimization and Development
5.2.3.2 Emerging Economies
6 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Product (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Assays, Kits, and Reagents
6.2.1 Assays, Kits, & Reagents Accounted for the Largest Share of the Market in 2018
6.3 Systems
6.3.1 Market for Systems to Witness Steady Growth Due to Moderate Requirement in Hospitals and Clinical Laboratories
7 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Type (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Transcription-Mediated Amplification
7.2.1 Tma Accounts for the Largest Share of the Market
7.3 Loop-Mediated Isothermal Amplification
7.3.1 Rapidity, Stability, and Sensitivity Have Driven the Use of Lamp
7.4 Strand Displacement Amplification
7.4.1 Mirna Amplification for Cancer Diagnosis is the Major Application of Sda
7.5 Helicase-Dependent Amplification
7.5.1 Compatibility With Microfluidic Technologies & Development of Lab-On-Chip Devices Support Market Growth in Hda
7.6 Nucleic Acid Sequence-Based Amplification
7.6.1 Advantages of Nasba Over Pcr has Enhanced Its Adoption in Clinical Settings
7.7 Other Technologies
8 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Application (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Infectious Disease Diagnosis
8.2.1 Hepatitis
8.2.1.1 Need to Combat the High Prevalence of Hepatitis has Raised the Demand for INAAT Assays
8.2.2 Ct/Ng
8.2.2.1 Adoption of INAAT for Ct/Ng Diagnosis is Growing Owing to Its Advantages Over Traditional Diagnostic Techniques
8.2.3 Hiv
8.2.3.1 New Product Development Will Provide Considerable Potential for Growth in the Near Future
8.2.4 Influenza
8.2.4.1 Nasba, Lamp, and Samba are Considered Highly Efficient and Reliable Methods of Influenza Diagnosis
8.2.5 Other Infectious Diseases
8.3 Blood Screening
8.3.1 Increasing Number of Blood Donations and Transfusions Have Driven the Use of INAAT in Blood Screening Applications
8.4 Other Applications
9 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By End User (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Hospitals
9.2.1 Hospitals Formed the Largest End-User Segment in the INAAT Market in 2018
9.3 Reference Laboratories
9.3.1 Outsourcing of Tests From Small Hospitals, Physicians’ Offices, and Clinics to Support the Growth of This End-User Segment
9.4 Academic & Research Institutes
9.4.1 Industry-Academia Collaborations Supporting the Adoption of INAAT
9.5 Other End Users
10 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Region (Page No. – 74)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US is A Well-Developed Market for Genome Analysis Techniques
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Investments for Genomic Research and Development of Diagnostics are Supporting Market Growth in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Dominated the European INAAT Market in 2018
10.3.2 France
10.3.2.1 Supportive Government Policies That Aim to Ease Public Access to Diagnostic Assay Procedures to Drive Growth in the INAAT Market
10.3.3 UK
10.3.3.1 Adoption of INAAT Products is Expected to Increase in the UK as A Result of the Growing Focus of Public and Private Organizations on Genomics Research
10.3.4 RoE
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific to Offer Significant Growth Opportunities for INAAT Market Players
10.5 RoW
10.5.1 The RoW INAAT Market is Significantly Smaller Than Other Markets
11 Competitive Landscape (Page No. – 99)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis, 2018
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Key Product Launches
11.4.2 Key Acquisitions
11.4.3 Key Partnerships, Agreements, Contracts, and Collaborations
11.4.4 Key Expansions
12 Company Profiles (Page No. – 103)
12.1 Grifols, S.A.
12.1.1 Business Overview
12.1.2 Products Offered
12.1.3 Recent Developments
12.1.4 MnM View
12.2 Hologic, Inc.
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Products Offered
12.2.3 Recent Developments
12.2.4 MnM View
12.3 Abbott Laboratories, Inc.
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Products Offered
12.3.3 Recent Developments
12.3.4 MnM View
12.4 Becton, Dickinson and Company
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Products Offered
12.5 Meridian Bioscience
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Products Offered
12.5.3 Recent Developments
12.6 EIKEN CHEMICALS Co., Ltd.
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Products Offered
12.6.3 Recent Developments
12.7 Quidel Corporation
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Products Offered
12.7.3 Recent Developments
12.8 Tecan Trading AG
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Products Offered
12.8.3 Recent Developments
12.9 Diasorin Group S.P.A
12.9.1 Business Overview
12.9.2 Products Offered
12.10 Qiagen
12.10.1 Business Overview
12.10.2 Products Offered
12.11 Illumina, Inc.
12.11.1 Business Overview
12.11.2 Products Offered
12.12 Thermo Fisher Scientific, Inc.
12.12.1 Business Overview
12.12.2 Products Offered
12.13 Biomérieux SA
12.13.1 Business Overview
12.13.2 Products Offered
12.14 GE Healthcare
12.14.1 Business Overview
12.14.2 Products Offered
12.15 Other Companies
12.15.1 New England Biolabs, Inc.
12.15.2 Lucigen Corporation
12.15.3 Ustar Biotechnologies Ltd.
12.15.4 TwistDx Limited
12.15.5 Mast Group Ltd.
12.15.6 Genomtec SA
13 Appendix (Page No. – 134)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:製品別(アッセイ&キット、システム)、用途別(感染症[HIV、インフルエンザ]、血液スクリーニング)、種類別(LAMP、SDA、NASBA、HDA)、エンドユーザー別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 2491
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場:製品別(アッセイ&キット、システム)、用途別(感染症[HIV、インフルエンザ]、血液スクリーニング)、種類別(LAMP、SDA、NASBA、HDA)、エンドユーザー別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 動物飼料用プロバイオティクスの世界市場予測(~2025年)
    動物飼料用プロバイオティクスの世界市場は、2019年の46億米ドルから2025年には70億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、動物由来製品の消費の増加、組織化されていない畜産業から組織化された畜産業への移行、病害発生の回避を念頭に置いた動物の健康に対する意識の高まりなどが考えられます。当調査レポートでは、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、家畜別(家禽、反芻動物、ブタ、養殖水産動植物、ペット)分析、ソース別(バクテリア、酵母・菌類)分析、形態別(乾燥、液体)分析、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用食品サービスの米国市場
    当調査レポートでは、業務用食品サービスの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用食品サービスの米国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性プラスチックの世界市場
    当調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、生分解性プラスチックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生分解性プラスチックの世界市場:市場動向分析 - 生分解性プラスチックの世界市場:競争要因分析 - 生分解性プラスチックの世界市場:用途別 ・農業および園芸 ・自動車 ・繊維製品 ・射出成型 ・包装 ・その他 - 生分解性プラスチックの世界市場:種類別 ・ポリエステル ・ポリヒドロキシアルカノエート(PHA) ・ポリ乳酸(PLA) ・ポリカプロラクトン(PCL) ・ポリ-3-ヒドロキシ酪酸(PHB) ・ポリブチレンサクシネート(PBS) ・澱粉ブレンド ・再生セルロース ・その他 - 生分解性プラスチックの世界市場:主要地域別分析 - 生分解性プラスチックの北米市場規模(アメリカ市場等) - 生分解性プラスチックのヨーロッパ市場規模 - 生分解性プラスチックのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・生分解性プラスチックの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 電気式トレース(EHT)の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、電気式トレース(EHT)の世界市場について調査・分析し、電気式トレース(EHT)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・電気式トレース(EHT)の世界市場規模:種類別分析 ・電気式トレース(EHT)の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・電気式トレース(EHT)の世界市場規模:用途別分析 ・電気式トレース(EHT)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 高速度鋼(ハイス)の世界市場予測(~2021年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、高速度鋼(ハイス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、高速度鋼(ハイス)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のトウモロコシ油市場2015
    本調査レポートでは、中国のトウモロコシ油市場2015について調査・分析し、トウモロコシ油の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 超音波プローブ消毒の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、超音波プローブ消毒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(装置、サービス、消耗品)分析、消費財(高水準消毒、消毒用ワイプ・スプレー、酵素系洗剤)分析、プローブタイプ(リニア、endocavityトランスデューサー)分析、エンドユーザー(病院)分析、超音波プローブ消毒の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 幹細胞バンクの世界市場:臍帯血バンク、コード組織バンク
    当調査レポートでは、幹細胞バンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バンク種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳製品ブレンドの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、乳製品ブレンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、乳製品ブレンドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エンジニアド・ギアボックス及び駆動装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エンジニアド・ギアボックス及び駆動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンジニアド・ギアボックス及び駆動装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 虫除けの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、虫除けの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、虫除けの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 企業情報管理(EIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、企業情報管理(EIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業情報管理(EIM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成繊維ロープの世界市場:ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、ポリエチレン、特殊繊維
    当調査レポートでは、合成繊維ロープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、材料種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 児用調製乳及びベビーフードの北米市場
  • シングルリード心電図(ECG)計の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、シングルリード心電図(ECG)計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シングルリード心電図(ECG)計市場規模、症状別(不整脈、失神、その他)分析、エンドユーザー別(外来外科センター(ASC)、在宅ケア、病院・診療所)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:市場動向分析 ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:競争要因分析 ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:症状別(不整脈、失神、その他) ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:エンドユーザー別(外来外科センター(ASC)、在宅ケア、病院・診療所) ・ シングルリード心電図(ECG)計の世界市場:主要地域別分析 ・ シングルリード心電図(ECG)計の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ シングルリード心電図(ECG)計のヨーロッパ市場規模 ・ シングルリード心電図(ECG)計のアジア市場規模(日本 …
  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場分析:自動車用、航空機用、ウェアラブル
    本調査レポートでは、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場動向、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘッドアップディスプレイ(HUD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 空気清浄システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、空気清浄システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空気清浄システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は空気清浄システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、DAIKIN INDUSTRIES、Honeywell International、Parker Hannifin等です。
  • フードサービス用消耗品のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、フードサービス用消耗品のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フードサービス用消耗品のアメリカ市場規模及び予測、需要先別分析、原料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフードサービス用消耗品のアメリカ市場が2017-2021年期間中に年平均5.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Anchor Packaging, • Dart Container, • Pactiv, • WestRock等です。
  • コレステロールスクリーニング/コレステロール臨床試験の世界市場予測(~2021):サービス利用者別(医師/医療提供者、病院、雇用主、医療制度、MCO、政府、ACO、IDN総合医療ネットワーク、患者)、地域別(北米、ヨーロッパ)、定性的評価
    当調査レポートでは、コレステロールスクリーニング/コレステロール臨床試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、サービス利用者別分析、地域別分析、コレステロールスクリーニング/コレステロール臨床試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインスリンデテミル市場2015
    本調査レポートでは、世界のインスリンデテミル市場2015について調査・分析し、インスリンデテミルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶射用セラミックコーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶射用セラミックコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶射用セラミックコーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベルギーの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • フランスの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 自動車向け先進運転支援システム(ADAS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車向け先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車向け先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模及び予測、ADAS種類別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ガス・装置の世界市場:酸素、窒素、亜酸化窒素、ヘリウム、ガス混合物、送達システム、極低温冷凍装置、酸素濃縮器
    当調査レポートでは、医療用ガス・装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、ガス別分析、装置別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、VoD、および通信)、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、およびトランザクションベース)、ストリーミング装置別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、オーバーザトップサービス(OTT)の世界市場規模が2019年816億ドルから2024年1569億ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場を統合的に調査・分析し、市場概要、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、トランザクションベース)分析、種類別(オンラインゲーム、音楽ストリーミング、ビデオオンデマンド、通信、その他)分析、ストリーミング装置別(スマートフォン&タブレット、デスクトップ&ラップトップ、インターネットプロトコルテレビ&コンソール)分析、サービス業種別(メディア&エンターテイメント、教育&学習、ゲーム、サービスユーティリティ)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場:収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、トランザクションベース) ・世界のオーバーザトップサービス( …
  • サージ保護デバイス(SPD)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、サージ保護デバイス(SPD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、放電電流別分析、需要先別分析、地域別分析、サージ保護デバイス(SPD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスキー用品市場2015
    本調査レポートでは、世界のスキー用品市場2015について調査・分析し、スキー用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オフショア支援船(OSV)の世界市場
    当調査レポートでは、オフショア支援船(OSV)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・オフショア支援船(OSV)の世界市場:船舶種類別分析/市場規模 ・オフショア支援船(OSV)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・オフショア支援船(OSV)のアメリカ市場規模予測 ・オフショア支援船(OSV)のヨーロッパ市場規模予測 ・オフショア支援船(OSV)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • シランの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、シランの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シラン市場規模、製品別(モノシラン・クロロシラン、オルガノ官能性シラン)分析、用途別(ゴム・プラスチック、塗料、繊維処理、接着剤・シーラント、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ シランの世界市場:市場動向分析 ・ シランの世界市場:競争要因分析 ・ シランの世界市場:製品別(モノシラン・クロロシラン、オルガノ官能性シラン) ・ シランの世界市場:用途別(ゴム・プラスチック、塗料、繊維処理、接着剤・シーラント、その他) ・ シランの世界市場:主要地域別分析 ・ シランの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ シランのヨーロッパ市場規模 ・ シランのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・シランの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 太陽熱温水器の世界市場:収集器別、装置別、用途別、地域別予測
    本資料は、太陽熱温水器の世界市場について調べ、太陽熱温水器の世界規模、市場動向、市場環境、収集器別分析、装置別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・太陽熱温水器の世界市場概要 ・太陽熱温水器の世界市場環境 ・太陽熱温水器の世界市場動向 ・太陽熱温水器の世界市場規模 ・太陽熱温水器の世界市場規模:収集器別 ・太陽熱温水器の世界市場規模:装置別 ・太陽熱温水器の世界市場規模:用途別 ・太陽熱温水器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・太陽熱温水器の北米市場規模・予測 ・太陽熱温水器のアメリカ市場規模・予測 ・太陽熱温水器のヨーロッパ市場規模・予測 ・太陽熱温水器のアジア市場規模・予測 ・太陽熱温水器の日本市場規模・予測 ・太陽熱温水器の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • PHM(集団健康管理)の世界市場:製品別(ソフトウェア、サービス)、最終用途別(納税者、プロバイダ―、雇用者グループ)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、PHM(集団健康管理)の世界市場について調査・分析し、PHM(集団健康管理)の世界市場動向、PHM(集団健康管理)の世界市場規模、市場予測、セグメント別PHM(集団健康管理)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アルコールRTD飲料/高強度プレミックスのアジア太平洋市場
  • 航空機タービンブレード・翼の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機タービンブレード・翼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機タービンブレード・翼の世界市場規模及び予測、航空機サイズ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 屋内農業用換気・空調の世界市場:空調装置、換気装置
    Technavio社の本調査レポートでは、屋内農業用換気・空調の世界市場について調べ、屋内農業用換気・空調の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、屋内農業用換気・空調の市場規模をセグメンテーション別(製品別(空調装置、換気装置)、種類別(新規インストール、後付け)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は屋内農業用換気・空調の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・屋内農業用換気・空調の市場状況 ・屋内農業用換気・空調の市場規模 ・屋内農業用換気・空調の市場予測 ・屋内農業用換気・空調の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(空調装置、換気装置) ・市場セグメンテーション:種類別(新規インストール、後付け) ・屋内農業用換気・空調の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企 …
  • 核医学の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、核医学の世界市場について調査・分析し、核医学の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・核医学の世界市場:市場動向分析 ・核医学の世界市場:競争要因分析 ・核医学の世界市場:用途別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:タイプ別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:手術数別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:安定同位体別分析/市場規模 ・核医学の世界市場:地域別分析/市場規模 ・核医学の北米市場規模・分析 ・核医学の欧州市場・分析 ・核医学のアジア市場・分析 ・核医学の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤の概要 ・カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のカテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のスマートエアコンディショニング(空気調和)市場規模・予測2017-2025:湿度制御、温度制御
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のスマートエアコンディショニング(空気調和)市場について調査・分析し、世界のスマートエアコンディショニング(空気調和)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のスマートエアコンディショニング(空気調和)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 拡張現実(AR)の世界市場分析:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、ディスプレイ別(頭部装着型ディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、スマートグラス)、用途別(航空宇宙/防衛、医療、ゲーム、産業、自動車、Eコマース、小売)、セグメント予測
    本調査レポートでは、拡張現実(AR)の世界市場について調査・分析し、拡張現実(AR)の世界市場動向、拡張現実(AR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別拡張現実(AR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の芝生用スプリンクラー装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の芝生用スプリンクラー装置市場2015について調査・分析し、芝生用スプリンクラー装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 塗料添加物の世界市場2018–2025:製品別(レオロジー改質剤、殺生物剤、消泡剤、湿潤・分散剤)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、塗料添加物の世界市場について調査・分析し、塗料添加物の世界市場動向、塗料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別塗料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • DNAおよびジーンチップの世界市場:製品別(消耗品、計器)、用途別(がんの診断・治療、ドラッグデリバリー、ゲノム解析)最終用途別、セグメント予測
    DNAおよびジーンチップの世界市場は2025年には107億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率11.4%で成長すると予測されています。DNAおよびジーンチップは、病気の知識を強化し、それらをターゲットとするために、包括的なゲノム研究に役立つ大量の情報を提供する上で役立っています。この技術は、疾病管理のさまざまな側面にわたって有益かつ有望なソリューションとなっています。これらの要因により、市場の成長が期待されています。本調査レポートでは、DNAおよびジーンチップの世界市場について調査・分析し、DNAおよびジーンチップの世界市場動向、DNAおよびジーンチップの世界市場規模、市場予測、セグメント別DNAおよびジーンチップ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスのアクリル酸市場(~2019)
  • 乾癬薬の世界市場2016-2022:治療薬クラス別(腫瘍壊死因子阻害剤、インターロイキン阻害剤、ビタミンD類似体)、治療別(局所、全身、生物製剤)
    本調査レポートでは、乾癬薬の世界市場について調査・分析し、乾癬薬の世界市場動向、乾癬薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別乾癬薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 紫外線(UV)分析装置の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、紫外線(UV)分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、処理種類別(液体、ガス)分析、デバイス種類別(オンライン、フィールド)分析、産業別(石油&ガス、化学品&医薬品、環境、食品&飲料)分析、用途別分析、紫外線(UV)分析装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、紫外線(UV)分析装置の世界市場規模が2019年10億ドルから2024年14億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。
  • 業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は業務用コーヒー豆粉砕機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BUNN、FETCO、Grindmaster-Cecilware、MAHLKÖNIG、Mazzer等です。
  • ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場:最終用途別、製品・サービス別(解剖模型、ウェブベースシミュレータ、シミュレーションソフトウェア)、セグメント予測
    ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場は2026年には52億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率16.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、急速な技術進歩、低侵襲治療法への要望の高まり、患者の安全への関心の高まりが考えられます。本調査レポートでは、ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場について調査・分析し、ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場動向、ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア・医療用シミュレーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 軍用衛星の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍用衛星の世界市場について調査・分析し、軍用衛星の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 軍用衛星市場の概要 3. 軍用衛星の世界市場 4. 世界の軍用衛星2次市場予測 5. 主要国の軍用衛星市場予測 6. 軍用衛星市場のSWOT分析 7. 軍用衛星市場のPEST分析 8. 軍用衛星企業主要13社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 軽飛行機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、軽飛行機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軽飛行機市場規模、技術別(従来型燃料駆動式、再生エネルギー駆動式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cirrus Aircraft, Diamond Aircraft, Piper Aircraft, TECNAM, Textron Aviationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・軽飛行機の世界市場概要 ・軽飛行機の世界市場環境 ・軽飛行機の世界市場動向 ・軽飛行機の世界市場規模 ・軽飛行機の世界市場:業界構造分析 ・軽飛行機の世界市場:技術別(従来型燃料駆動式、再生エネルギー駆動式) ・軽飛行機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・軽飛行機の北米市場規模・予測 ・軽飛行機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・軽飛行機のアジア太平洋市場規模・予測 ・軽飛行機の主要国分析 ・軽飛行機の世界市場:意思決定フレームワーク ・軽飛行機の世界市場:成長要因、課題 ・軽 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"