"世界のフローサイトメトリー市場:技術別(セルベース、ビーズベース)、製品別(分析装置、選別機、試薬、消耗品、ソフトウェア)、エンドユーザー別(アカデミア、研究所、病院、臨床研究所、Pharma-Biotech Cos)、用途別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 6015)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のフローサイトメトリー市場:技術別(セルベース、ビーズベース)、製品別(分析装置、選別機、試薬、消耗品、ソフトウェア)、エンドユーザー別(アカデミア、研究所、病院、臨床研究所、Pharma-Biotech Cos)、用途別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global flow cytometry market is projected to grow at a CAGR of 8.3%.”
The global flow cytometry market size is projected to reach USD 6.4 billion by 2025 from USD 4.0 billion in 2019, growing at a CAGR of 8.3% from 2019 to 2025. The key factors driving the growth of this market include technological advancements in flow cytometers, the increasing adoption of flow cytometry in research and clinical trials, growing focus on immunology and immuno-oncology research, increasing incorporation of AI platforms in flow cytometry workflows and advancements in flow cytometry software, high incidence and prevalence of target diseases, and the availability of novel products.

“The bead-based technology segment is expected to grow at the fastest rate during the forecast period.”
By technology, the flow cytometry market is classified into cell-based and bead-based. In 2019, the cell-based flow cytometry segment accounted for the largest share of the market. However, the bead-based flow cytometry segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The growth of the bead-based flow cytometry segment can be attributed to the procedural advantages offered by this technology over other cell-based technology, such as the capacity to detect multiple analytes (also known as multiplexing), high reproducibility, stability, and speed.

“The reagents and consumables segment is expected to grow at the highest CAGR during 2019–2025.”
On the basis of product and service, the flow cytometry market is categorized into reagents and consumables, instruments, services, software, and accessories. The reagents and consumables segment is expected to witness the highest growth during the forecast period due to the development and commercialization of high-quality application-specific reagents and assays and continuous requirement of flow cytometry reagents by end users (due to the increasing number of flow cytometry-based research activities).

“The Asia Pacific to witness the highest growth during the forecast period (2019–2025)”
North America is expected to hold the largest share of the global flow cytometry market in 2019 followed by Europe. However, the Asia Pacific is expected to grow at the fastest rate during the forecast period. The increasing participation of China, India, Japan, Australia, and South Korea in flow cytometry-based research; expansion of research infrastructure in the region; and public-private finding aimed towards boosting advance research practices are the key factors responsible for the growth of this market in the Asia Pacific.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1–33%, Tier 2–46%, and Tier 3–21%
• By Designation: C-level–26%, Director-level–20%, and Others–54%
• By Region: North America–33%, Europe–29%, APAC–24%, and RoW–14%

The major players in the market include Becton, Dickinson and Company (US), Beckman Coulter, Inc. (US), Thermo Fisher Scientific, Inc. (US), Merck KGaA (Germany), Sysmex Partec GmbH (Germany), Luminex Corporation (US), Miltenyi Biotec GmbH (Germany), Bio-Rad Laboratories, Inc. (US), Sony Biotechnology, Inc. (US), Agilent Technologies, Inc. (US), bioMérieux S.A. (France), Enzo Life Sciences, Inc. (US), Stratedigm, Inc. (US), Cytonome/ST LLC (US), Cytek Biosciences (US), and Apogee Flow Systems Ltd. (UK).

Research Coverage
This report studies the flow cytometry market based on technology, product and service, application, end user, and region. The report also studies factors (such as drivers, restraints, opportunities, and challenges) affecting the market growth. It analyzes opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of market segments with respect to four main regions (and the respective countries in these regions).

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the flow cytometry market, and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のフローサイトメトリー市場:技術別(セルベース、ビーズベース)、製品別(分析装置、選別機、試薬、消耗品、ソフトウェア)、エンドユーザー別(アカデミア、研究所、病院、臨床研究所、Pharma-Biotech Cos)、用途別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 24)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Used for the Study
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 28)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.2.2 Usage-Based Market Estimation
2.2.3 Primary Research Validation
2.3 Data Triangulation Methodology
2.4 Research Assumptions
2.5 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 37)
4 Premium Insights (Page No. – 42)
4.1 Flow Cytometry: Market Overview
4.2 Flow Cytometry Products & Services Market, 2019 vs. 2025
4.3 Market, By Application, 2019 vs. 2025
4.4 Market, By End User, 2019 vs. 2025
4.5 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 46)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Technological Advancements
5.2.1.2 Increasing Incorporation of Ai Platforms in Flow Cytometry Workflows and Advancements in Flow Cytometry Software
5.2.1.3 Growing Adoption of Flow Cytometry Techniques in Research and Academia
5.2.1.4 Growing Public-Private Initiatives in the Field of Immunology and Immuno-Oncology Research
5.2.1.5 Rising Global Incidence and Prevalence of Hiv/Aids and Cancer
5.2.1.6 Increased Availability of Application-Specific Products
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Significant Product Costs
5.2.2.2 Limited Purchasing Power of End Users in Emerging Countries
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Market Presence in Emerging Countries
5.2.3.2 Evolving Pipeline for Stem Cell Research
5.2.3.3 Adoption of Recombinant Dna Technology for Antibody Production
5.2.3.4 Evolution of Tandem Flow Cytometry Technologies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Inadequate Infrastructure for Research in Emerging Countries
5.2.4.2 Complexities Related to Reagent Development
5.2.4.3 Dearth of Well-Trained and Skilled Professionals
5.3 Regulatory Challenges
5.3.1 Stringent Fda Requirements
5.3.2 Stringent Analyte-Specific Reagent Rule
5.3.3 Lack of Well-Defined Validation Protocols for Cell-Based Assays
5.3.4 Absence of Established Laboratory-Developed Test Guidelines on Cell-Based Fluorescence Assays
5.3.5 Greater Global Recognition for Ivd–Ce Mark Approvals
5.4 US Reimbursement Scenario
6 Flow Cytometry Market, By Technology (Page No. – 61)
6.1 Introduction
6.2 Cell-Based Flow Cytometry
6.2.1 Research & Development on Novel Therapeutic Agents Will Drive the Growth of the Cell-Based Market
6.3 Bead-Based Flow Cytometry
6.3.1 Procedural Advantages of Bead-Based Flow Cytometry Have Driven Market Growth
7 Flow Cytometry Market, By Product & Service (Page No. – 66)
7.1 Introduction
7.2 Reagents & Consumables
7.2.1 Reagents and Consumables Will Generate the Highest Revenue in the Flow Cytometry Market During the Forecast Period
7.3 Flow Cytometry Instruments
7.3.1 Cell Analyzers
7.3.1.1 High-Range Cell Analyzers
7.3.1.1.1 High-Range Cell Analyzers Account for the Largest Share of the Cell Analyzers Market
7.3.1.2 Mid-Range Cell Analyzers
7.3.1.2.1 Wide Availability of Compact and High-Performance Analyzers in This Price Range Support Market Growth
7.3.1.3 Low-Range Cell Analyzers
7.3.1.3.1 Low-Range Analyzers Find Significant Adoption Among Price-Sensitive End Users
7.3.2 Cell Sorters
7.3.2.1 High-Range Cell Sorters
7.3.2.1.1 High-Range Cell Sorters Dominate the Market
7.3.2.2 Mid-Range Cell Sorters
7.3.2.2.1 Product Launches and the Cost-Efficiency of Mid-Range Sorters Have Enabled the Growth of This Market Segment
7.3.2.3 Low-Range Cell Sorters
7.3.2.3.1 Increasing Commercialization of Affordable Products has Driven the Adoption of Low-Range Cell Sorters
7.4 Services
7.4.1 Custom Flow Cytometry Assay Development Services Have Helped in the Advancement of Research, Especially in Cell Biology
7.5 Software
7.5.1 Availability of A Wide Range of Analysis Software and Advancements are Driving Market Growth
7.6 Accessories
8 Flow Cytometry Market, By Application (Page No. – 95)
8.1 Introduction
8.2 Research Applications
8.2.1 Pharmaceuticals & Biotechnology
8.2.1.1 Drug Discovery
8.2.1.1.1 Wide Usage of Flow Cytometry in Drug Discovery is the Primary Driver of Market Growth
8.2.1.2 Stem Cell Research
8.2.1.2.1 Accuracy and Precision of Flow Cytometry Have Made It A Prominent Tool in Stem Cell Research
8.2.1.3 In Vitro Toxicity Testing
8.2.1.3.1 Need to Reduce Time and Cost of Drug Development Processes Will Be A Key Factor Driving Market Growth
8.2.2 Immunology
8.2.2.1 Flow Cytometry Plays A Vital Role in Immunology Studies
8.2.3 Cell Sorting
8.2.3.1 Increase in Cell-Based Research Activity has Boosted Growth in This Application Segment
8.2.4 Apoptosis
8.2.4.1 Flow Cytometry Techniques are Used to Identify Changes Occurring During Apoptosis
8.2.5 Cell Cycle Analysis
8.2.5.1 Any Abnormality in Dna Content Can Be Detected Using Flow Cytometry
8.2.6 Cell Viability
8.2.6.1 Cell Viability is A Key Parameter Studied Using Flow Cytometry
8.2.7 Cell Counting
8.2.7.1 Flow Cytometry Allows for Easy Differentiation of Cells Via Scattering Or Staining
8.2.8 Other Research Applications
8.3 Clinical Applications
8.3.1 Cancer
8.3.1.1 Cancer Applications Include the Determination of Tumor Malignancy and Chromosome Enumeration
8.3.2 Hematology
8.3.2.1 Flow Cytometry Can Help Identify A Wide Variety of Cell Surfaces and Cytoplasmic Antigens
8.3.3 Immunodeficiency Diseases
8.3.3.1 Flow Cytometry Allows for Simultaneous, Multi-Parametric Cell Analysis
8.3.4 Organ Transplantation
8.3.4.1 Use of Flow Cytometry to Reduce Organ Rejection Rates has Contributed to Market Growth
8.3.5 Other Clinical Applications
8.4 Industrial Applications
8.4.1 Wide End-User Base Will Drive Market Growth
9 Flow Cytometry Market, By End User (Page No. – 115)
9.1 Introduction
9.2 Academic & Research Institutes
9.2.1 Growing Number of Research Projects Through Industry-Academia Collaborations to Drive Market Growth
9.3 Hospitals & Clinical Testing Laboratories
9.3.1 Rising Awareness and Disease Prevalence Have Sustained the Demand for Flow Cytometry in Hospitals
9.4 Pharmaceutical & Biotechnology Companies
9.4.1 Increase in Drug Discovery Activities to Drive Market Growth
10 Flow Cytometry Market, By Region (Page No. – 121)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Technological Innovation and Strategic Collaborations are the Key Drivers of Market Growth in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Availability of Public and Private Funding for Research Activities Will Boost Demand for Flow Cytometry Products in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Strong R&D Infrastructure and Training and Awareness Programs Have Ensured Market Growth in Germany
10.3.2 UK
10.3.2.1 UK to Witness Growing Acceptance of Flow Cytometry Products for Clinical Diagnostics
10.3.3 France
10.3.3.1 Training and Awareness Programs By Social Organizations and Key Players are Expected to Fuel the Adoption of Flow Cytometry
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Growing Use of Clinical Flow Cytometry Will Favor Market Growth
10.3.5 Spain
10.3.5.1 High Instrument Costs and Funding Limitations Have Slowed Market Growth in Spain
10.3.6 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Strong Infrastructure and Favorable Market Outlook Have Sustained Japan’s Dominance in the APAC Market
10.4.2 China
10.4.2.1 China Accounts for the Second-Largest Share of the APAC Market
10.4.3 India
10.4.3.1 High Incidence of Hiv/Aids and Cancer Drives Demand for Flow Cytometry Instruments in India
10.4.4 Australia
10.4.4.1 Rise in Cancer Prevalence and Awareness on Flow Cytometry Have Favored the Growth of the Australian Market
10.4.5 South Korea
10.4.5.1 Rising Awareness and the Growing Presence of Players are Driving Market Growth
10.4.6 Rest of Asia Pacific
10.5 Latin America
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Brazil Dominates the Latam Market for Flow Cytometry
10.5.2 Mexico
10.5.2.1 Free Trade Agreements Will Support Imports and Accessibility to Flow Cytometry Instruments in Mexico
10.5.3 Rest of Latin America
10.6 Middle East and Africa
10.6.1 Low Disposable Income and Need for Infrastructural Development Hinder Market Growth
11 Competitive Landscape (Page No. – 182)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.3 Competitive Leadership Mapping: Major Market Players (2018)
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Leadership Mapping: Emerging Companies/Smes/Start-Ups (2018)
11.4.1 Progressive Companies
11.4.2 Starting Blocks
11.4.3 Responsive Companies
11.4.4 Dynamic Companies
11.5 Competitive Scenario (2016–2019)
11.5.1 Key Product Launches and Approvals (2016–2019)
11.5.2 Key Agreements, Partnerships, and Collaborations (2016–2019)
11.5.3 Key Acquisitions (2016–2019)
11.5.4 Key Expansions (2016–2019)
11.6 Global Market Share Analysis, Top Three Market Players (2018)
12 Company Profiles (Page No. – 192)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Becton, Dickinson and Company
12.2 Beckman Coulter (A Subsidiary of Danaher)
12.3 Thermo Fisher Scientific
12.4 Merck KGaA
12.5 Luminex Corporation
12.6 Agilent Technologies
12.7 Sony Biotechnology (A Subsidiary of Sony Corporation of America)
12.8 Bio-Rad Laboratories
12.9 Miltenyi Biotec
12.10 Enzo Life Sciences, Inc. (A Subsidiary of Enzo Biochem)
12.11 Sysmex Partec (A Subsidiary of Sysmex Corporation)
12.12 Biomérieux SA
12.13 Cytonome/St, LLC
12.14 Stratedigm, Inc.
12.15 Apogee Flow Systems
12.16 Cytek Biosciences, Inc.
12.17 Other Companies
12.17.1 Sartorius AG
12.17.2 Union Biometrica, Inc.
12.17.3 Nanocellect Biomedical, Inc.
12.17.4 On-Chip Biotechnologies Co., Ltd.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 240)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のフローサイトメトリー市場:技術別(セルベース、ビーズベース)、製品別(分析装置、選別機、試薬、消耗品、ソフトウェア)、エンドユーザー別(アカデミア、研究所、病院、臨床研究所、Pharma-Biotech Cos)、用途別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 6015
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のフローサイトメトリー市場:技術別(セルベース、ビーズベース)、製品別(分析装置、選別機、試薬、消耗品、ソフトウェア)、エンドユーザー別(アカデミア、研究所、病院、臨床研究所、Pharma-Biotech Cos)、用途別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の無酸素銅(OFC)市場:詳細分析レポート2017-2022
  • ウイルス分子診断の世界市場
    当調査レポートでは、ウイルス分子診断の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ウイルス分子診断の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ウイルス分子診断の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ウイルス分子診断の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ウイルス分子診断の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ウイルス分子診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ウイルス分子診断のアメリカ市場規模予測 ・ウイルス分子診断のヨーロッパ市場規模予測 ・ウイルス分子診断のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 眼科用超音波システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、眼科用超音波システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、眼科用超音波システム市場規模、モダリティ別(独立型、ポータブル型)分析、製品別(パキメーター、超音波生体顕微鏡(UBM)、Aスキャン、Bスキャン、複合スキャン)分析、用途別(インスリン送達、ワクチン送達、小児用注射、頭痛管理)分析、エンドユーザー別(眼科研究機関、眼科クリニック、病院、外来外科センター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 眼科用超音波システムの世界市場:市場動向分析 ・ 眼科用超音波システムの世界市場:競争要因分析 ・ 眼科用超音波システムの世界市場:モダリティ別(独立型、ポータブル型) ・ 眼科用超音波システムの世界市場:製品別(パキメーター、超音波生体顕微鏡(UBM)、Aスキャン、Bスキャン、複合スキャン) ・ 眼科用超音波システムの世界市場:用途別(インスリン送達、ワクチン送達、小児用注射、頭痛管理) ・ 眼科用超音波システムの世界市 …
  • 牛乳パッケージングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、牛乳パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、牛乳パッケージングの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用サイバーセキュリティの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、形態別(車載、外部クラウドサービス)分析、セキュリティ別(エンドポイント、アプリケーション、ワイヤレスネットワーク)分析、用途別(インフォテインメント、パワートレイン、ADAS・セーフティ)分析、車両タイプ別分析、自動車用サイバーセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • スマートグリッドデータ分析の世界市場
    当調査レポートでは、スマートグリッドデータ分析の世界市場について調査・分析し、スマートグリッドデータ分析の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • デジタル治療の世界市場分析:糖尿病、肥満、CVD、CNS疾患、呼吸器疾患、禁煙
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、デジタル治療の世界市場について調査・分析し、デジタル治療の世界市場動向、デジタル治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別デジタル治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ロシアの滅菌器市場見通し(~2021)
  • インドの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 規制関連業務アウトソーシングの世界市場 :サービス別(法定代理、規制コンサルティング、規制作成と発行)、地域別
    本調査レポートでは、規制関連業務アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、規制関連業務アウトソーシングの世界市場動向、規制関連業務アウトソーシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別規制関連業務アウトソーシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 圧縮機レンタルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、圧縮機レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧縮機レンタルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ジャンクションボックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ジャンクションボックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ジャンクションボックス市場規模、車種別(従来型乗用車、従来型商用車、電気自動車、電気商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場概要 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場環境 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場動向 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場規模 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:車種別(従来型乗用車、従来型商用車、電気自動車、電気商用車) ・自動車用ジャンクションボックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ジャンクションボックスの北米市場規模・予測 ・自動車用ジャンクションボックスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用ジャンクションボックスのアジア太平洋市場規模・予測 ・自 …
  • タヒニの世界市場予測
  • 中国のLIDAR(光検出及び測距)市場2015
    本調査レポートでは、中国のLIDAR(光検出及び測距)市場2015について調査・分析し、LIDAR(光検出及び測距)の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Zigbee対応デバイスの世界市場:STB、スマートメーター、リモコン、コネクテッド電球、スマート・サーモスタット
    当調査レポートでは、Zigbee対応デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Zigbee対応デバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドの電気生理学装置市場(~2021)
  • 積層セラミックコンデンサの世界市場:クラス別(クラス1、クラス2)、用途別(民生機器、自動車、製造、ヘルスケア、その他)
    本資料は、積層セラミックコンデンサの世界市場について調べ、積層セラミックコンデンサの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、クラス別(クラス1、クラス2)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・積層セラミックコンデンサの世界市場概要 ・積層セラミックコンデンサの世界市場環境 ・積層セラミックコンデンサの世界市場動向 ・積層セラミックコンデンサの世界市場規模 ・積層セラミックコンデンサの世界市場:市場シェア ・積層セラミックコンデンサの世界市場:クラス別(クラス1、クラス2) ・積層セラミックコンデンサの世界市場:用途別(民生機器、自動車、製造、ヘルスケア、その他) ・積層セラミックコンデンサの世界市場:地域別市場規模・分析 ・積層セラミックコンデンサの北米市場規模・予測 ・積層セラミックコンデンサのアメリカ市場規模・予測 ・積層セラミックコンデンサのヨーロッパ市場規模・予測 ・積層セラミックコンデンサのアジア市場規模・予測 ・積層セラミックコ …
  • 世界のアブレーション装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、アブレーション装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アブレーション装置の概要 ・アブレーション装置の開発動向:開発段階別分析 ・アブレーション装置の開発動向:セグメント別分析 ・アブレーション装置の開発動向:領域別分析 ・アブレーション装置の開発動向:規制Path別分析 ・アブレーション装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別アブレーション装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・アブレーション装置の最近動向
  • フードロボティクスの世界市場2014-2025:ロボットのタイプ別(関節、平行、SCARA、円筒)、用途別(包装、再包装、パレタイジング、ピッキング、処理)、ペイロード別
    本調査レポートでは、フードロボティクスの世界市場について調査・分析し、フードロボティクスの世界市場動向、フードロボティクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別フードロボティクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工市場規模、生産プロセス別(メタノール - ガソリン(MTG)プロセス、ガソリンプラスプロセス、フィッシャー・トロプシュ法)分析、サイズ別(大規模、小規模)分析、製品別(ディーゼル、エタン、LPG、パラフィン、ベースオイル、ナフサ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場:市場動向分析 ・ 化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場:競争要因分析 ・ 化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場:生産プロセス別(メタノール - ガソリン(MTG)プロセス、ガソリンプラスプロセス、フィッシャー・トロプシュ法) ・ 化学品・エネルギーのGas-t …
  • バイオバンクの世界市場:製品別(LIMS)、サービス別(コールドチェーン)、生体試料別、バイオバンク別(仮想)、用途別、セグメント予測
    バイオバンクの世界市場は2025年には745億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、慢性疾患の治療のために開発された新たな治療法の臨床試験を支援し、容易にするための生体試料採取の必要性の高まりが考えられます。本調査レポートでは、バイオバンクの世界市場について調査・分析し、バイオバンクの世界市場動向、バイオバンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオバンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のラボ情報システム(LIS)市場動向・予測
    本調査レポートでは、世界のラボ情報システム(LIS)市場について調査・分析し、世界のラボ情報システム(LIS)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • オーストラリアの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • スポーツ保護具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スポーツ保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ保護具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 掘削廃棄物管理の世界市場:処理・廃棄、格納・ハンドリング、固形物制御
    当調査レポートでは、掘削廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソルビトールの世界市場予測(~2021年):液体/シロップ・ソルビトール、結晶/パウダー・ソルビトール
    当調査レポートでは、ソルビトールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、ソルビトールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド運用サービスの世界市場2014-2025:サービスタイプ別(ビジネス、ネットワーク、セキュリティ、データセンター、可動性)、展開別(公的、私的)、エンドユーザー別、垂直別、地域別
    本調査レポートでは、クラウド運用サービスの世界市場について調査・分析し、クラウド運用サービスの世界市場動向、クラウド運用サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別クラウド運用サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 痙縮(Spasticity):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、痙縮(Spasticity)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・痙縮(Spasticity):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・痙縮(Spasticity)のフェーズ3治験薬の状況 ・痙縮(Spasticity)治療薬の市場規模(販売予測) ・痙縮(Spasticity)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・痙縮(Spasticity)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の痙縮(Spasticity)治療薬剤
  • ハイパースペクトルイメージング(HSI)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハイパースペクトルイメージング(HSI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイパースペクトルイメージング(HSI)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の創傷閉鎖ストリップ市場:製品別、地域別
    本調査レポートは創傷閉鎖ストリップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(弾性創傷閉鎖ストリップ、強化創傷閉鎖ストリップ、その他の創傷閉鎖ストリップ)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・創傷閉鎖ストリップの世界市場:製品別(弾性創傷閉鎖ストリップ、強化創傷閉鎖ストリップ、その他の創傷閉鎖ストリップ) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 非経口栄養の世界市場
    当調査レポートでは、非経口栄養の世界市場について調査・分析し、非経口栄養の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 高速カメラの世界市場予測(~2023年)
    高速カメラの世界市場は、2018年の2億8800万米ドルから2023年には4億2200万米ドルに達し、この期間中8.00%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、コンパクトな高速カメラの需要の増加、メディア・エンターテインメントおよびスポーツにおける高速カメラの使用の増加、ならびに製造業における高速カメラの高い採用が考えれられます。一方で、高速カメラは高価格であることから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、高速カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、使用法分析、フレームレート(1,000〜5,000、5,000〜20,000、20,000〜100,000、100,000超)分析、画像度(2MP未満、2~5MP、5MP超)分析、スループット分析、高速カメラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小売業におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、小売業におけるブロックチェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、プロバイダー別分析、用途(コンプライアンス管理、ID管理、ロイヤルティ・リワード管理、決済、スマート契約、サプライチェーン管理)別分析、組織サイズ別分析、小売業におけるブロックチェーンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属3Dプリントの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、金属3Dプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、形態別(粉末、フィラメント)分析、タイプ別(チタン、ニッケル、ステンレス、アルミニウム)分析、最終用途産業別(航空宇宙・防衛、自動車、医療・歯科)分析、金属3Dプリントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州の産業用ロボット市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州の産業用ロボット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州の産業用ロボット市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 悪性貧血(Pernicious Anemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、悪性貧血(Pernicious Anemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・悪性貧血(Pernicious Anemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・悪性貧血(Pernicious Anemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・悪性貧血(Pernicious Anemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・悪性貧血(Pernicious Anemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・悪性貧血(Pernicious Anemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の悪性貧血(Pernicious Anemia)治療薬剤
  • 押出ポリプロピレン(XPP)発泡体の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、押出ポリプロピレン(XPP)発泡体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、押出ポリプロピレン(XPP)発泡体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IoT(モノのインターネット)OS(オペレーティングシステム)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、IoT(モノのインターネット)OS(オペレーティングシステム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成要素別分析、ユーザータイプ別分析、用途別分析、地域別分析、IoT(モノのインターネット)OS(オペレーティングシステム)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトリフルオロメタンスルホン酸リチウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリフルオロメタンスルホン酸リチウム市場2015について調査・分析し、トリフルオロメタンスルホン酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中東(GCC)の消火器市場2016-2020
    当調査レポートでは、中東(GCC)の消火器市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中東(GCC)の消火器市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • チョコレートの世界市場:ミルクチョコレート、ダークチョコレート、ホワイトチョコレート
    当調査レポートでは、チョコレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チョコレートの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スーパーコンピューターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スーパーコンピューターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スーパーコンピューターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機シート作動システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機シート作動システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機シート作動システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データ保護およびデータ復元ソリューションの世界市場分析
    本調査レポートでは、データ保護およびデータ復元ソリューションの世界市場について調査・分析し、データ保護およびデータ復元ソリューションの世界市場動向、データ保護およびデータ復元ソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別データ保護およびデータ復元ソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • UVランプの世界市場
    当調査レポートでは、UVランプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UVランプの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イースト(酵母)の世界市場
    当調査レポートでは、イースト(酵母)の世界市場について調査・分析し、イースト(酵母)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・イースト(酵母)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・イースト(酵母)の世界市場:セグメント別市場分析 ・イースト(酵母)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 湿潤剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、湿潤剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、湿潤剤市場規模、種類別(グリセロール、アルファヒドロキシ酸(AHA)・多糖類、リン酸塩、グリコール類、糖アルコール・ポリオール、その他)分析、原材料別(合成、天然)分析、用途別(動物飼料、医薬品、オーラル・パーソナルケア製品、飲食料品、塗料・コーティング剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 湿潤剤の世界市場:市場動向分析 ・ 湿潤剤の世界市場:競争要因分析 ・ 湿潤剤の世界市場:種類別(グリセロール、アルファヒドロキシ酸(AHA)・多糖類、リン酸塩、グリコール類、糖アルコール・ポリオール、その他) ・ 湿潤剤の世界市場:原材料別(合成、天然) ・ 湿潤剤の世界市場:用途別(動物飼料、医薬品、オーラル・パーソナルケア製品、飲食料品、塗料・コーティング剤、その他) ・ 湿潤剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 湿潤剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 湿潤剤のヨーロ …
  • バイオエタノールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バイオエタノールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオエタノール市場規模、供給原料別(でんぷん、砂糖、セルローズ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイオエタノールの世界市場概要 ・バイオエタノールの世界市場環境 ・バイオエタノールの世界市場動向 ・バイオエタノールの世界市場規模 ・バイオエタノールの世界市場:業界構造分析 ・バイオエタノールの世界市場:供給原料別(でんぷん、砂糖、セルローズ、その他) ・バイオエタノールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオエタノールのアメリカ市場規模・予測 ・バイオエタノールのヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオエタノールのアジア市場規模・予測 ・バイオエタノールの主要国分析 ・バイオエタノールの世界市場:意思決定フレームワーク ・バイオエタノールの世界市場:成長要因、課題 ・バイオエタノールの世界市場:競争環境 ・バイオエタノールの世界市場:関連企業 …
  • ロボット用ソフトウェアプラットフォームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ロボット用ソフトウェアプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット用ソフトウェアプラットフォームの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"