"世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェア、サービス)、展開モード別(クラウドベースおよびオンプレミス)、資産種類別(生産資産および自動化資産)、エンドユーザー産業別(プロセス、ディスクリート)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 4750)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェア、サービス)、展開モード別(クラウドベースおよびオンプレミス)、資産種類別(生産資産および自動化資産)、エンドユーザー産業別(プロセス、ディスクリート)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Plant asset Management market to exhibit significant growth during 2019–2024”
The plant asset management (PAM) market is estimated to grow from USD 5.5 billion in 2019 to USD 9.4 billion by 2024, at a CAGR of 11.3%. Major factors fueling the growth include surging adoption of lean manufacturing practices by several organizations, increasing focus on providing cloud-based PAM solutions to satisfy customer demands, escalating demand for asset management software that can identify potential failures to avoid futuristic loss, and growing need for real-time data analytics.

“Market for cloud-based (online) deployment to grow at highest CAGR during forecast period“
The market for cloud-based (online) deployment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The adoption of cloud-based (online) PAM software solutions is the most suitable option for small and medium-sized enterprises due to its low cost. Quick installation and easy access to cloud save time and help end-user industries to make better decisions to improve efficiency, as well as focus on other important business parameters.

“Oil & gas industry to hold major share of PAM in process industry market during forecast period”
The oil & gas industry is expected to hold the majority of market share from 2019 to 2024. The evolution in preventive maintenance for instrumentation and monitoring techniques in natural gas increases the demand for PAM services in the oil & gas industry. PAM solutions are used to track material asset movements. Similarly, these solutions also help oil and gas plants to reduce operational costs, without increasing any risk pertaining to unplanned downtime or employee and environment safety. Also, real-time information about production floor operations offered by these solutions enables effective decision-making. Further, plant safety and reliability are crucial for the management of plant assets. Thus, the industry needs PAM solutions to ensure the safety and operational efficiency of oil and gas plants.

“Asia Pacific to be largest market for PAM during forecast period”
The adoption of PAM solutions is high in APAC due to the growing manufacturing sector in the region. Most of the key manufacturers from different industries have shifted their manufacturing plants in APAC due to the low labor cost and availability of a skilled workforce. These manufacturing units are using asset management solutions for the improvement in the overall manufacturing processes, which is expected to drive the growth of the PAM market in the region.

Break-up of primary participants’ profile:
• By Company Type – Tier 1 – 52%, Tier 2 – 31%, and Tier 3 – 17%
• By Designation – C-level Executives – 47%, Directors – 31%, and Others – 22%
• By Region – North America – 27%, Europe – 25%, APAC – 38%, and RoW – 10%
The key players in the market include Emerson (US), Honeywell (US), Rockwell (US), ABB (Switzerland), Schneider (France), Yokogawa (Japan), General Electric (US), Siemens (Germany), and Others.

The global PAM market has been segmented into offering, asset type, deployment mode, industry, and geography. Based on offering, the market has been segmented into software solutions and services. Based on deployment mode, the PAM market has been classified into cloud-based (online) deployment and on-premises (offline) deployment. Asset types covered in this report are production assets and automation assets. The report covers 2 types of industries: process and discrete. Process industries have been further segmented into chemicals, oil & gas, energy & power, food & beverages, metals & mining, pharmaceuticals & biotechnology, pulp & paper, and water & wastewater, while discrete industries have been classified into automotive, aerospace & defense, semiconductor & electronics, and medical devices. The report covers 4 major geographic regions: North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and Rest of the World (RoW).

Reasons to buy the Report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for markets based on offering, asset type, deployment mode, industry, and geography have been conducted to give an overall view of the PAM market.
• A value chain analysis has been performed to provide an in-depth insight into the PAM market.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the PAM market have been detailed in this report.
• The report includes a detailed competitive landscape, along with key players, in-depth analysis, and revenues of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェア、サービス)、展開モード別(クラウドベースおよびオンプレミス)、資産種類別(生産資産および自動化資産)、エンドユーザー産業別(プロセス、ディスクリート)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary & Primary Research
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Key Data From Primary Sources
2.1.3.2 Key Industry Insights
2.1.3.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Plant Asset Management Market
4.2 PAM Market, By Industry
4.3 PAM Market, By Asset Type
4.4 PAM Market, By Deployment Mode
4.5 PAM Market, By Offering
4.6 PAM Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Surging Adoption of Lean Manufacturing Practices By Several Organizations
5.2.1.2 Increasing Focus on Providing Cloud-Based PAM Solutions to Satisfy Customer Demands
5.2.1.3 Growing Need for Real-Time Data Analytics
5.2.1.4 Escalating Demand for Asset Management Software That Can Identify Potential Failures to Avoid Futuristic Loss
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Initial Investment and Need for Periodic Upgrading of PAM Solutions Limiting Their Demand
5.2.2.2 Lack of Clear Guidance By Suppliers and Vendors About Product Suitability
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Investments in Greenfield Projects
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Less Acceptance From Operators Due to Lack of Technical Know-How and Fear of Job Loss
6 Industry Trends (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Key Use Cases
6.3.1 North American Utility Company Deployed ABB Ability Asset Suite Portfolio Offered By ABB Limited
6.3.2 ABB Ability Asset Health Center Performance Management Software Used in Inner Mongolia Electric Power Research Institute (Imepri)
6.3.3 Kahramaa Found Grid Reliability With Power Grid Asset Performance Management Software By Ge
6.3.4 Honeywell Supported Japanese Turbocharger Plant to Improve Performance Monitoring Technology
6.3.5 Akzo Nobel Deployed AMS Device Manager to Reduce Maintenance Costs and Unscheduled Shutdowns
6.3.6 Chobani Deployed Asset Management Services From Rockwell Automation
6.3.7 AMS Device Manager From Emerson Was Used for Online Monitoring and Diagnostics at Aksu Power Plant
6.3.8 EMS GmbH Used Software and Online Tools From Endress+Hauser for Improving Plant Efficiency
6.4 Industry Trends
6.4.1 IIoT Connectivity
6.4.2 Cloud Platform
6.4.3 Predictive Maintenance
6.4.4 Digital Twin
6.4.5 Communication Protocol
7 Plant Asset Management Market, By Offering (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Software Solutions
7.2.1 PAM Software Solutions Help Improve Operational Efficiency of Business Processes
7.3 Services
7.3.1 Industry-Specific PAM Services for Expanding Vertical Expertise
8 Plant Asset Management Market, By Deployment Mode (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises (Offline) Deployment
8.2.1 Increasing Safety and Security Concerns Force End-User Industries to Adopt PAM Solutions That are Deployed On-Premises (Offline)
8.3 Cloud-Based (Online) Deployment
8.3.1 Growing Inclination Toward Cloud-Based Asset Management Owing to Its Assistance in Utilizing Assets and Resources Optimally
9 Plant Asset Management Market, By Asset Type (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 Production Assets
9.2.1 PAM Solutions are in Demand for Monitoring Rotating and Reciprocating Equipment
9.2.1.1 Motors, Rotating, and Reciprocating Equipment
9.2.1.2 Process and Mechanical Equipment
9.2.1.3 Remote Equipment, Wiring, and Other Electrical Equipment
9.3 Automation Assets
9.3.1 Presence of Several Automation Solution Providers Drives Growth of PAM Market for Automation Assets
9.3.2 Field Devices
9.3.3 Control Valves & Positioners and Associated Equipment
10 Plant Asset Management Market, By Industry (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 Process Industries
10.2.1 Chemicals
10.2.1.1 Growing Focus of Chemical Companies to Ensure Asset Reliability and Improve Operational Efficiency to Boost Demand for PAM Solutions
10.2.2 Energy & Power
10.2.2.1 Surging Adoption of Control and Automation Solutions in Power Industry to Foster PAM Market Growth
10.2.3 Food & Beverages
10.2.3.1 Increasing Use of PAM Solutions to Extract Large Volumes of Data to Accelerate PAM Market Growth for Food & Beverages Industry
10.2.4 Metals & Mining
10.2.4.1 Rising Need for Predictive Maintenance in Metals & Mining Industry Fuels Adoption of PAM Solutions
10.2.5 Oil & Gas
10.2.5.1 Growing Use of Corrosion Monitoring Systems in Oil and Gas Plants to Foster PAM Market Growth
10.2.6 Pharmaceuticals and Biotechology
10.2.6.1 Increasing Adoption of PAM Solutions Due to Complex Manufacturing Processes in Pharmaceutical Plants
10.2.7 Pulp & Paper
10.2.7.1 Rising Need to Reduce Waste and Improve Product Consistency to Drive Demand for PAM Solutions in Pulp & Paper Industry
10.2.8 Water & Wastewater
10.2.8.1 Increasing Use of PAM Solutions to Monitor Asset Conditions and Ensure Their Long-Term Sustainability Boosts Growth of PAM Market for Water & Wastewater Industry
10.3 Discrete Industries
10.3.1 Aerospace & Defense
10.3.1.1 High Equipment Cost Encourages Adoption of PAM Solutions to Avoid Asset Failure Risks
10.3.2 Automotive
10.3.2.1 Technological Advancements in Automotive Industry Drive PAM Market Growth
10.3.3 Semiconductor & Electronics
10.3.3.1 Intense Competition Among Semiconductor & Electronic Manufacturing Companies Drives Demand for PAM Solutions to Enhance Plant Productivity
10.3.4 Medical Devices
10.3.4.1 Adoption of PAM Solutions Enabling Higher Efficiency Into Medical Devices Industry
11 Geographic Analysis (Page No. – 104)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Growing Focus of Key Players on Developing Innovative PAM Products, Coupled With Increasing Investments in Green Energy Projects, to Accelerate PAM Market Growth in US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increasing Demand for PAM Solutions From Oil & Gas Industry
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Growing Inclination of Mexican Manufacturers Toward Utilization of IIoT Technology in Industrial Plants
11.3 Europe
11.3.1 UK
11.3.1.1 Increasing Adoption of PAM Solutions in Automotive and Energy & Power Industries
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Surging Demand for PAM Solutions From Highly Competitive and Innovative Automobile Companies in Germany
11.3.3 France
11.3.3.1 Growing Manufacturing Sector in France Boosts Adoption of PAM Solutions
11.3.4 Italy
11.3.4.1 Increasing Efforts of Italian Utilities Toward Effective Management of Plant Assets to Drive Demand for PAM Solutions in Country
11.3.5 Rest of Europe
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 Increasing Number of Manufacturing Activities Expected to Fuel Growth of PAM Market in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Growing Focus of Country on Implementing Smart Factory Solutions to Accelerate Demand for PAM Solutions
11.4.3 India
11.4.3.1 Growing Manufacturing Industry as Output of Make in India Campaign to Register Country as Fastest-Growing Market in APAC
11.4.4 South Korea
11.4.4.1 Rising Adoption of PAM Solutions in Discrete Industries to Lead Significant Growth in South Korean Market
11.4.5 Rest of APAC
11.5 Rest of the World
11.5.1 South America
11.5.1.1 Growing Awareness About Advantages of PAM Solutions Expected to Increase Their Demand in Brazil
11.5.2 Middle East and Africa
11.5.2.1 Increasing Adoption of PAM Solutions in Oil and Gas and Mining Facilities to Propel Market Growth in Middle East and Africa
12 Competitive Landscape (Page No. – 127)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis
12.3 Competitive Leadership Mapping, 2018
12.3.1 Visionaries
12.3.2 Innovators
12.3.3 Dynamic Differentiators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Strength of Product Portfolio (For 25 Companies)
12.5 Business Strategy Excellence (For 25 Companies)
12.6 Competitive Situations and Trends
12.6.1 Contracts, Agreements, Collaborations, and Partnerships
12.6.2 Product Launches and Developments
12.6.3 Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 137)
(Business Overview, Products & Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.1 Key Players
13.1.1 ABB LTD.
13.1.2 Emerson Electric Co.
13.1.3 Honeywell International, Inc.
13.1.4 Rockwell Automation, Inc.
13.1.5 Siemens AG
13.1.6 Yokogawa Electric Corporation
13.1.7 General Electric Co.
13.1.8 Endress+Hauser AG
13.1.9 Schneider Electric SE
13.1.10 SKF Group
13.2 Right to Win
13.3 Other Key Players
13.3.1 Dassault Systèmes
13.3.2 Petrofac
13.3.3 Entsika
13.3.4 Opentext
13.3.5 Phoenix AMC
13.3.6 SMAR International Corporation
13.3.7 IBM
13.3.8 Hexagon PPM
13.3.9 Aspen Tech
13.3.10 Bentley Systems
13.3.11 Nexus Global Business Solutions, Inc.
13.3.12 Infoplus Technologies UK Limited
13.3.13 Hubhead Corp.
13.3.14 DNR Process Solution Pte LTD
13.3.15 Plantvision AB
*Details on Business Overview, Products & Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 171)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェア、サービス)、展開モード別(クラウドベースおよびオンプレミス)、資産種類別(生産資産および自動化資産)、エンドユーザー産業別(プロセス、ディスクリート)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 4750
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子製品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のプラント資産管理(PAM)市場:提供別(ソフトウェア、サービス)、展開モード別(クラウドベースおよびオンプレミス)、資産種類別(生産資産および自動化資産)、エンドユーザー産業別(プロセス、ディスクリート)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 光伝達網(OTN)の世界市場予測
    本調査レポートでは、光伝達網(OTN)の世界市場について調査・分析し、光伝達網(OTN)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ハプティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハプティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハプティクスの世界市場規模及び予測、用途別分析、構成要素別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高密度マルチプレックス診断検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用空気清浄機の世界市場2020-2024
    「自動車用空気清浄機の世界市場2020-2024」は、自動車用空気清浄機について市場概要、市場規模、製品別(カウンターアップ、ビルトイン)分析、技術別(HEPAフィルター、イオナイザーおよびオゾン発生器、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車用空気清浄機の世界市場:製品別(カウンターアップ、ビルトイン) ・自動車用空気清浄機の世界市場:技術別(HEPAフィルター、イオナイザーおよびオゾン発生器、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のヘキサミン市場2016
    本調査レポートでは、世界のヘキサミン市場2016について調査・分析し、ヘキサミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートワークプレイスの世界市場2017-2021:スマート空調、スマート照明、スマートセキュリティ、スマートサーモスタット、スマート窓
    当調査レポートでは、スマートワークプレイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートワークプレイスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車内装向け皮革の世界市場:車種別(乗用車、LCV、トラック・バス)、材料別(本皮、合成)、用途別、セグメント予測
    自動車内装向け皮革の世界市場は2025年には468億4,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、特にアジア太平洋の新興国における自動車製造業の好景気に相まって合成皮革の需要の増加などが考えられます。本調査レポートでは、自動車内装向け皮革の世界市場について調査・分析し、自動車内装向け皮革の世界市場動向、自動車内装向け皮革の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車内装向け皮革市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 不正の検出および防止(FDP) の世界市場予測(~2023年)
    不正の検出および防止(FDP)の世界市場は、2018年の195億米ドルから2023年には635億米ドルに達し、この期間中26.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、不正な攻撃の増加、業種を超えた電子取引の利用の増加、および高度なサイバー攻撃の増加による組織の収益損失増大が考えれられます。一方で、熟練したセキュリティ専門家の不足と統合機能の欠如により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、不正の検出および防止(FDP) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション(不正分析、認証、ガバナンス)分析、サービス分析、用途分野(IDの盗難、不正支出、マネーロンダリング)分析、組織サイズ分析、不正の検出および防止(FDP) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食器洗い機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食器洗い機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食器洗い機の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱成形プラスチックの世界市場分析:製品別、プロセス別、用途別(ヘルスケア、食品包装、電気・電子、自動車、建設、消費財)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、熱成形プラスチックの世界市場について調査・分析し、熱成形プラスチックの世界市場動向、熱成形プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別熱成形プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 梱包箱用仕切りの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、梱包箱用仕切りの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、梱包箱用仕切りの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は梱包箱用仕切りの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DS Smith、Multicell Packaging、Smurfit Kappa Group、The Golden Box等です。
  • 麦わらパルプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、麦わらパルプの世界市場について調査・分析し、麦わらパルプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別麦わらパルプシェア、市場規模推移、市場規模予測、麦わらパルプ種類別分析()、麦わらパルプ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・麦わらパルプの市場概観 ・麦わらパルプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・麦わらパルプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・麦わらパルプの世界市場規模 ・麦わらパルプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・麦わらパルプのアメリカ市場規模推移 ・麦わらパルプのカナダ市場規模推移 ・麦わらパルプのメキシコ市場規模推移 ・麦わらパルプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・麦わらパルプのドイツ市場規模推移 ・麦わらパルプのイギリス市場規模推移 ・麦わらパルプのロシア市場規模推移 ・麦わらパルプのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・麦わらパルプの日本市場規模推移 ・麦 …
  • DIY工具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、DIY工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DIY工具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の外傷固定市場動向(~2021)
  • 規範的分析の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、展開別(クラウド、オンプレミス)、ビジネス機能別(人事、販売、マーケティング、財務、運用)、業種別(ヘルスケア、BFSI、ITおよびテレコミュニケーション、小売、メディア)
    本市場調査レポートでは規範的分析について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、展開別(クラウド、オンプレミス)分析、ビジネス機能別(人事、販売、マーケティング、財務、運用)分析、業種別(ヘルスケア、BFSI、ITおよびテレコミュニケーション、小売、メディア)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・規範的分析の世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・規範的分析の世界市場:展開別(クラウド、オンプレミス) ・規範的分析の世界市場:ビジネス機能別(人事、販売、マーケティング、財務、運用) ・規範的分析の世界市場:業種別(ヘルスケア、BFSI、ITおよびテレコミュニケーション、小売、メディア) ・規範的分析の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • ワイヤレス電話充電器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレス電話充電器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイヤレス電話充電器市場規模、流通経路別(オフラインストア、オンラインストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Anker Innovations, Belkin International, mophie, SAMSUNG, TYLTなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場概要 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場環境 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場動向 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場規模 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場:業界構造分析 ・ワイヤレス電話充電器の世界市場:流通経路別(オフラインストア、オンラインストア) ・ワイヤレス電話充電器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ワイヤレス電話充電器の北米市場規模・予測 ・ワイヤレス電話充電器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ワイヤレス電話充電器のアジア太平洋市場規模・ …
  • レーザーレベルトランスミッターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レーザーレベルトランスミッターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザーレベルトランスミッター市場規模、最終用途別(化学薬品・石油化学薬品、石油・ガス、電力、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーザーレベルトランスミッターの世界市場概要 ・レーザーレベルトランスミッターの世界市場環境 ・レーザーレベルトランスミッターの世界市場動向 ・レーザーレベルトランスミッターの世界市場規模 ・レーザーレベルトランスミッターの世界市場:業界構造分析 ・レーザーレベルトランスミッターの世界市場:最終用途別(化学薬品・石油化学薬品、石油・ガス、電力、その他) ・レーザーレベルトランスミッターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーザーレベルトランスミッターのアメリカ市場規模・予測 ・レーザーレベルトランスミッターのヨーロッパ市場規模・予測 ・レーザーレベルトランスミッターのアジア市場規模・予測 ・レーザーレベ …
  • 世界の超音波モータ市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波モータ市場2015について調査・分析し、超音波モータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 弾薬取扱装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、弾薬取扱装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、武器種類別分析、仕組み別分析、地域別分析、弾薬取扱装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドのポリエチレンテレフタレート(PET)パッケージング市場予測
  • スマート輸送の世界市場:ソリューション別(駐車、交通管理、統合監視)、サービス別(クラウド、ビジネス、専門)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマート輸送の世界市場について調査・分析し、スマート輸送の世界市場動向、スマート輸送の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマート輸送市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の光電子部品市場2015
    本調査レポートでは、世界の光電子部品市場2015について調査・分析し、光電子部品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 接着剤・シーラント剤の世界市場:技術別、製品別、アプリケーション別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、接着剤・シーラント剤の世界市場について調査・分析し、接着剤・シーラント剤の世界市場動向、接着剤・シーラント剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別接着剤・シーラント剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ソフトウェアテストサービスの世界市場:アプリケーションテスト、製品テスト
    当調査レポートでは、ソフトウェアテストサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトウェアテストサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの心血管用デバイス市場(~2021)
  • 脂肪酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、脂肪酸の世界市場について調査・分析し、脂肪酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別脂肪酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、脂肪酸種類別分析(脂肪酸、植物油、メーステル、硫化)、脂肪酸用途別分析(食品、工業、バイオディーゼル、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・脂肪酸の市場概観 ・脂肪酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・脂肪酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・脂肪酸の世界市場規模 ・脂肪酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・脂肪酸のアメリカ市場規模推移 ・脂肪酸のカナダ市場規模推移 ・脂肪酸のメキシコ市場規模推移 ・脂肪酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・脂肪酸のドイツ市場規模推移 ・脂肪酸のイギリス市場規模推移 ・脂肪酸のロシア市場規模推移 ・脂肪酸のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・脂肪酸の日本市場規模推移 ・脂肪酸の中国市場規模推移 ・脂肪酸の韓国市場規模 …
  • 世界のテニスウェア市場2015
    本調査レポートでは、世界のテニスウェア市場2015について調査・分析し、テニスウェアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 製造業におけるIoTの世界市場予測(~2021):ソフトウェア別(ネットワーク・アプリケーションセキュリティ、ネットワーク帯域幅、リモート監視、データ管理、スマートサーベイランス)、プラットフォーム別、サービス別、用途別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、製造業におけるIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、製造業におけるIoTの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 飛行機用キャビン照明の世界市場:非常用照明及び条例標識、洗面所照明、読書灯及びドーム照明、特殊照明、洗面照明
    当調査レポートでは、飛行機用キャビン照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(緊急照明、条例標識、洗面所照明、読書灯、ドーム照明、特殊照明、洗面照明)分析、フィット別(レトロフィット&ラインフィット)分析、航空機種類別(商用、軍用、その他の航空機)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・飛行機用キャビン照明の世界市場:種類別(緊急照明、条例標識、洗面所照明、読書灯、ドーム照明、特殊照明、洗面照明) ・飛行機用キャビン照明の世界市場:フィット別(レトロフィット&ラインフィット) ・飛行機用キャビン照明の世界市場:航空機種類別(商用、軍用、その他の航空機) ・飛行機用キャビン照明の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • ウェアラブル医療機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ウェアラブル医療機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェアラブル医療機器市場規模、流通経路別(ハイパーマーケット、オンラインチャネル、薬局)分析、種類別(パッチ、スマートウェア、スマートウォッチ、アクティビティモニター、イヤーウェア)分析、デバイスタイプ別(治療機器、診断・監視デバイス)分析、エンドユーザー別(在宅ケア、患者遠隔モニタリング、フィットネス・スポーツ、病院・診療所)分析、トラッカー別(アクティビティトラッカー、フィットネストラッカー、スポーツトラッカー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェアラブル医療機器の世界市場:市場動向分析 ・ ウェアラブル医療機器の世界市場:競争要因分析 ・ ウェアラブル医療機器の世界市場:流通経路別(ハイパーマーケット、オンラインチャネル、薬局) ・ ウェアラブル医療機器の世界市場:種類別(パッチ、スマートウェア、スマートウォッチ、アクティビティモニター、 …
  • サイズ剤の世界市場予測(~2023年)
    サイズ剤の世界市場は、2018年の31億米ドルから2023年には40億米ドルに達し、5.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな産業用途におけるサイズ剤の需要の増加が考えれられます。自動車、医療、パッケージング、およびアパレル業界からの需要が継続的に拡大していくものと見られています。一方で、これら化学物質の水中投棄による環境上の懸念により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、サイズ剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ(天然、合成)分析、用途(テキスタイル・繊維、紙・板紙、化粧品、食品・飲料)分析、サイズ剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • トルクセンサーの世界市場予測(~2024年)
    トルクセンサーの世界市場は、2018年の94億米ドルから2024年には148億米ドルに達し、7.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高性能の高性能自動車に対する需要の増加、トルク測定の重要性の増大、および電動パワーステアリング(EPS)システム用のトルクセンサーに対する需要の増加などが考えれられます。一方で、ハイエンド用途に利用可能なトルクセンサーの信頼性が高くないことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、トルクセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(回転トルクセンサー、反作用トルクセンサー)分析、用途(テスト・計測、自動車、工業、航空宇宙・防衛、その他)分析、技術分析、トルクセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワークインタフェースカードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ネットワークインタフェースカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワークインタフェースカードの世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はネットワークインタフェースカードの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(2.44)%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• StarTech.com, • Allied Telesis, • AVM International等です。
  • 外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)の概要 ・外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・外陰部腟カンジダ症(Vulv …
  • 工業用ボイラーの世界市場:タイプ別(煙管、水管)、燃料タイプ別(天然ガス・バイオマス、石油、石炭)、最終用途産業別(化学、食品、製油所、金属・鉱業)、ボイラー馬力別(10~150BHP、151~300BHP、301~600BHP)、地域別予測
    本資料は、工業用ボイラーの世界市場について調べ、工業用ボイラーの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(煙管、水管)分析、燃料タイプ別(天然ガス・バイオマス、石油、石炭)分析、最終用途産業別(化学、食品、製油所、金属・鉱業)分析、ボイラー馬力別(10~150BHP、151~300BHP、301~600BHP)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・工業用ボイラーの世界市場概要 ・工業用ボイラーの世界市場環境 ・工業用ボイラーの世界市場動向 ・工業用ボイラーの世界市場規模 ・工業用ボイラーの世界市場規模:タイプ別(煙管、水管) ・工業用ボイラーの世界市場規模:燃料タイプ別(天然ガス・バイオマス、石油、石炭) ・工業用ボイラーの世界市場規模:最終用途産業別(化学、食品、製油所、金属・鉱業) ・工業用ボイラーの世界市場規模:ボイラー馬力別(10~150BHP、151~300BHP、301~600BHP) ・工業用ボイラーの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 世界のTLF太陽熱集熱器市場2015
    本調査レポートでは、世界のTLF太陽熱集熱器市場2015について調査・分析し、TLF太陽熱集熱器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用噴霧器の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用噴霧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、電源別分析、容量別分析、地域別分析、農業用噴霧器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場について調査・分析し、デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:ソフトウェア別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:展開別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:サービス別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・デジタルマーケティングソフトウェアの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 再分散性ポリマー粉末の世界市場予測(~2026)
    当調査レポートでは、再分散性ポリマー粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、再分散性ポリマー粉末の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 製造業における人工知能(AI)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、製造業における人工知能(AI)の世界市場について調べ、製造業における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、製造業における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(予知保全及び機械検査、生産計画、品質管理、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は製造業における人工知能(AI)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均31%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・製造業における人工知能(AI)の市場状況 ・製造業における人工知能(AI)の市場規模 ・製造業における人工知能(AI)の市場予測 ・製造業における人工知能(AI)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(予知保全及び機械検査、生産計画、品質管理、その他) ・製造業における人工知能(AI)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 仮想現実(VR)グローブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、仮想現実(VR)グローブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想現実(VR)グローブの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場:垂直産業別(ゲーム、オンラインストア、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア・医療、その他)、最終用途別(一般家庭ユーザー、中小企業、大企業)、種類別(ビデオIPTV CDN、非IPTV CDN)、サービス別(マネージドサービス、自社運用サービス)、地域別予測
    本資料は、インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場について調べ、インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界規模、市場動向、市場環境、垂直産業別(ゲーム、オンラインストア、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア・医療、その他)分析、最終用途別(一般家庭ユーザー、中小企業、大企業)分析、種類別(ビデオIPTV CDN、非IPTV CDN)分析、サービス別(マネージドサービス、自社運用サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場概要 ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場環境 ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場動向 ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場規模 ・インターネットプロトコルテレビ(IPTV)の世界市場規模:垂直産業別(ゲーム、オンラインストア、メディア・エンターテインメント、ヘルスケア・医療、その他) ・イン …
  • 身体障害者向け車両の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、身体障害者向け車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車種別(アダプティブ4輪車、モビリティスクーター)分析、製造種類別(OEM・サードパーティカスタマイズ)分析、エントリーメカニズム別分析、エントリーコンフィギュレーション別分析、身体障害者向け車両の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、身体障害者向け車両の世界市場規模が2019年26億ドルから2027年63億ドルまで年平均11.7%成長すると予測しています。
  • アジアの組織検査/細胞検査市場動向(~2021)
  • R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるR2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤の概要 ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のR2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・R2リボヌクレオチドレダクターゼサブユニット阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 省エネ窓の世界市場
    当調査レポートでは、省エネ窓の世界市場について調査・分析し、省エネ窓の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 腫瘍学に基づくインビボCROの世界市場分析:指示別(血液がん、固形腫瘍)、モデル別(同系モデル、患者由来異種移植片(PDX)、異種移植片)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、腫瘍学に基づくインビボCROの世界市場について調査・分析し、腫瘍学に基づくインビボCROの世界市場動向、腫瘍学に基づくインビボCROの世界市場規模、市場予測、セグメント別腫瘍学に基づくインビボCRO市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モバイルアイデンティティ(ID)管理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルアイデンティティ(ID)管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、モバイルアイデンティティ(ID)管理の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の人工膵臓市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、人工膵臓のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工膵臓の概要 ・人工膵臓の開発動向:開発段階別分析 ・人工膵臓の開発動向:セグメント別分析 ・人工膵臓の開発動向:領域別分析 ・人工膵臓の開発動向:規制Path別分析 ・人工膵臓の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別人工膵臓の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・人工膵臓の最近動向
  • ガイドワイヤーの世界市場:製品別(冠動脈、抹消血管、泌尿器、神経血管)、コーティング別(被覆、非被覆)、原材料別
    本調査レポートでは、ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、ガイドワイヤーの世界市場動向、ガイドワイヤーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ガイドワイヤー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"