"世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 7506)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“High incidence of cancer & other target diseases is a major factor driving the growth of the gene therapy market”
The global gene therapy market is projected to reach USD 13.0 billion by 2024 from USD 3.8 billion in 2019, at a CAGR of 27.8% during the forecast period. The high incidence of cancer and other target diseases, availability of reimbursement, and the launch of new products are the major factors driving the growth of this market. In addition, the strong product pipeline of market players is expected to offer significant growth opportunities in the coming years. However, the high cost of treatment is expected to hamper market growth to a certain extent in the coming years.

“Neurological diseases segment accounted for the largest share of the gene therapy market, by indication, in 2018”
Based on indication, the market is segmented into neurological diseases, cancer, hepatological diseases, Duchenne muscular dystrophy, and other indications. The neurological diseases segment accounted for the largest share of the market in 2018. This can be attributed to the increasing number of gene therapy products being approved for the treatment of neurological diseases and the high market penetration of oligonucleotide-based gene therapies.

“Viral vectors segment to register the highest growth in the gene therapy market during the forecast period”
The gene therapy market, by vector, has been segmented into viral and non-viral vectors. In 2018, the non-viral vectors segment accounted for the largest share of this market. However, the viral vectors segment is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period, primarily due to the increasing demand for CAR T-based gene therapies and the rising incidence of cancer.

“North America will continue to dominate the gene therapy market during the forecast period”
Geographically, the market is segmented into North America, Europe, the Asia Pacific, and the Rest of the World. In 2018, North America accounted for the largest share of the gene therapy market, followed by Europe. Factors such as the rising prevalence of chronic diseases, high healthcare expenditure, presence of advanced healthcare infrastructure, favorable reimbursement scenario, and the presence of major market players in the region are driving market growth in North America.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 32%, Tier 2 – 44%, and Tier 3 – 24%
• By Designation: C-level – 30%, D-level – 34%, and Others – 36%
• By Region: North America – 50%, Europe – 32%, Asia Pacific – 10%, and Rest of the World – 8%

List of companies profiled in the report
• Amgen, Inc. (US)
• Biogen (US)
• Novartis AG (Switzerland)
• Gilead Sciences, Inc. (US)
• Spark Therapeutics, Inc. (US)
• MolMed S.p.A. (Italy)
• Orchard Therapeutics plc. (UK)
• SiBiono GeneTech Co., Ltd. (China)
• Alnylam Pharmaceuticals, Inc. (US)
• Human Stem Cells Institute (Russia)
• AnGes, Inc. (Japan)
• Dynavax Technologies (US)
• Jazz Pharmaceuticals, Inc. (Ireland)
• Akcea Therapeutics (US)
• bluebird bio, Inc. (US)
• uniQure NV (Netherlands)
• AGTC (US)
• Mustang Bio (US)
• Cellectis (France)
• Poseida Therapeutics, Inc. (US)
• Sangamo Therapeutics (US)

Research Coverage:
This report provides a detailed picture of the global gene therapy market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments (by vector, indication, delivery method, and region). The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
This report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall gene therapy market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. Also, this report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitation
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Secondary Source
2.3 Primary Data
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.4.2 Bottom-Up Approach for Non-Viral Vectors and Viral Vectors Market
2.4.3 Growth Forecast
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Gene Therapy Market Overview
4.2 North America: Market, By Vector (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Incidence of Cancer and Other Target Diseases
5.2.1.2 Product Approvals
5.2.1.3 Funding for Gene Therapy Research
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Strong Product Pipeline
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 High Cost of Treatments
6 Gene Therapy Market, By Vector (Page No. – 35)
6.1 Introduction
6.2 Non-Viral Vectors
6.2.1 Oligonucleotides
6.2.1.1 North America Accounted for the Largest Share of the Oligonucleotides Segment
6.2.2 Other Non-Viral Vectors
6.3 Viral Vectors
6.3.1 Retroviral Vectors
6.3.1.1 Gamma-Retroviral Vectors
6.3.1.1.1 The Availability of A Wide Range of Gamma-Retroviral Vectors Supports the Growth of This Market
6.3.1.2 Lentiviral Vectors
6.3.1.2.1 North America Accounted for the Largest Share of the Lentiviral Vectors Segment
6.3.2 Adeno-Associated Virus Vectors
6.3.2.1 Possible Applications in In Vivo Applications Have Driven Interest in Adeno-Associated Virus Vectors
6.3.3 Other Viral Vectors
7 Gene Therapy Market, By Indication (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Neurological Diseases
7.2.1 Neurological Diseases Account for the Largest Share of the Market
7.3 Cancer
7.3.1 Cancer is Expected to Show the Highest Growth in This Market
7.4 Hepatological Diseases
7.4.1 Increasing Prevalence of Hepatitis B Infections Will Support Market Growth
7.5 Duchenne Muscular Dystrophy
7.5.1 North America Accounted for the Largest Share of the Dmd Gene Therapy Segment
7.6 Other Indications
8 Gene Therapy Market, By Delivery Method (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 In Vivo Gene Therapy
8.3 Ex Vivo Gene Therapy
9 Gene Therapy Market, By Region (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the Global Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growing Burden of Cancer Will Support Market Growth in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Accounted for the Largest Share of the Market in Europe
9.3.2 France
9.3.2.1 Increasing Cancer Incidence Supports Market Growth
9.3.3 UK
9.3.3.1 Rising Incidence of Melanoma Will Drive Demand in the UK
9.3.4 Italy
9.3.4.1 High Incidence of Targeted Diseases and Increasing Per Capita Healthcare Spending Will Drive Market Growth in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Non-Viral Vectors Dominate the Spanish Market, By Vector
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan Dominates the APAC Market for Gene Therapy
9.4.2 China
9.4.2.1 Rising Prevalence of Cancer and Established Base for Gene Therapy are Supportive Factors in China
9.4.3 Rest of APAC
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 89)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Key Strategies
10.4 Competitive Leadership Mapping (2018)
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 95)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View)*
11.1 Biogen
11.2 Gilead Sciences, Inc.
11.3 Amgen, Inc.
11.4 Novartis AG
11.5 Orchard Therapeutics Plc
11.6 Spark Therapeutics, Inc. (A Part of ýHoffmann-La Roche)
11.7 Molmed S.P.A.
11.8 Anges, Inc.
11.9 Bluebird Bio, Inc.
11.10 Human Stem Cells Institute (HSCI)
11.11 SIBIONO Genetech Co., Ltd.
11.12 Shanghai Sunway Biotech Co., Ltd
11.13 Uniqure N.V.
11.14 Gensight Biologics S.A.
11.15 Celgene Corporation (A Bristol-Myers Squibb Company)
11.16 Cellectis
11.17 Sangamo Therapeutics
11.18 Mustang Bio
11.19 AGTC (Applied Genetic Technologies Corporation)
11.20 Poseida Therapeutics, Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 123)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customization
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 7506
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 船舶用電源装置の世界市場
    当調査レポートでは、船舶用電源装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用電源装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスパークプラグ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスパークプラグ市場2015について調査・分析し、スパークプラグの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセス分析装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プロセス分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロセス分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オフショアデコミッショニングの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、オフショアデコミッショニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別(ウェルプラグ&放棄、プラットフォーム削除、その他)分析、深さ別(浅い、深海)分析、構造別(上部、下部構造)分析、取り外し別(所定場所、部分的、完全)分析、オフショアデコミッショニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、オフショアデコミッショニングの世界市場規模が2019年62億ドルから2027年89億ドルまで年平均4.8%成長すると予測しています。
  • 世界の合成黒鉛市場2015
    本調査レポートでは、世界の合成黒鉛市場2015について調査・分析し、合成黒鉛の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パーライトの世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、パーライトの世界市場について調べ、パーライトの世界規模、市場動向、市場環境、形状別(発泡パーライト、天然パーライト)分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パーライトの世界市場概要 ・パーライトの世界市場環境 ・パーライトの世界市場動向 ・パーライトの世界市場規模 ・パーライトの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・パーライトの世界市場規模:形状別(発泡パーライト、天然パーライト) ・パーライトの世界市場規模:用途別 ・パーライトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パーライトの北米市場規模・予測 ・パーライトのアメリカ市場規模・予測 ・パーライトのヨーロッパ市場規模・予測 ・パーライトのアジア市場規模・予測 ・パーライトの日本市場規模・予測 ・パーライトの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 財務アナリティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、財務アナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、財務アナリティクス市場規模、導入形態別(オンプレミス、クラウド)分析、種類別(照会・レポート・分析、データ統合ツール、コンサルティング・サポートサービス、データベース管理システム(DBMS)、アナリティクス・ソリューション、オンラインアナリティクス処理(OLAP)・可視化ツール、その他)分析、構成要素別(ソフトウェア、サービス)分析、企業規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(債権管理、収益性管理、予算管理、ガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)管理、総勘定元帳管理、買掛金管理、資産負債総合管理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 財務アナリティクスの世界市場:市場動向分析 ・ 財務アナリティクスの世界市場:競争要因分析 ・ 財務アナリティクスの世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド) ・ 財務アナリティクスの世界市場:種類別(照会・レ …
  • 世界の医療用X線発生装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用X線発生装置市場2015について調査・分析し、医療用X線発生装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場:用途別(遺伝性疾患、がん研究)、RNAタイプ別(miRNA、mRNA、その他)、最終用途別(臨床検査、研究、コンパニオン診断)、地域別予測
    本資料は、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場について調べ、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(遺伝性疾患、がん研究)分析、RNAタイプ別(miRNA、mRNA、その他)分析、最終用途別(臨床検査、研究、コンパニオン診断)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場概要 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場環境 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場動向 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場規模 ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場規模:用途別(遺伝性疾患、がん研究) ・蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場規模 …
  • オンライン衣類レンタルの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オンライン衣類レンタルの世界市場について調べ、オンライン衣類レンタルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オンライン衣類レンタルの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(女性、男性、子供)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はオンライン衣類レンタルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オンライン衣類レンタルの市場状況 ・オンライン衣類レンタルの市場規模 ・オンライン衣類レンタルの市場予測 ・オンライン衣類レンタルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(女性、男性、子供) ・オンライン衣類レンタルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状 …
  • アクセス制御及び認証の世界市場
    当調査レポートでは、アクセス制御及び認証の世界市場について調査・分析し、アクセス制御及び認証の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アクセス制御及び認証の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アクセス制御及び認証の世界市場:セグメント別市場分析 ・アクセス制御及び認証の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 背部痛(Back Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における背部痛(Back Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、背部痛(Back Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・背部痛(Back Pain)の概要 ・背部痛(Back Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の背部痛(Back Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・背部痛(Back Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・背部痛(Back Pain)治療薬開発 …
  • フランジガスケットシートの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フランジガスケットシートの世界市場について調査・分析し、フランジガスケットシートの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フランジガスケットシートシェア、市場規模推移、市場規模予測、フランジガスケットシート種類別分析(金属型、半金属型、非金属型)、フランジガスケットシート用途別分析(石油・ガス産業、化学産業、電力産業、自治体インフラ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フランジガスケットシートの市場概観 ・フランジガスケットシートのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フランジガスケットシートのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フランジガスケットシートの世界市場規模 ・フランジガスケットシートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フランジガスケットシートのアメリカ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのカナダ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのメキシコ市場規模推移 ・フランジガスケットシートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • アメリカの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 1,8- ジアミノナフタレンの世界市場予測2019-2024
    「1,8- ジアミノナフタレンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、工業用グレード、医薬品グレードなど、用途別には、Solvent Red 135、Solvent Orange 60、Others Dye、Pharmaceutical Industry、Polymer Industry、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。1,8- ジアミノナフタレンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・1,8- ジアミノナフタレンの世界市場概要(サマリー) ・1,8- ジアミノナフタレンの企業別販売量・売上 ・1,8- ジアミノナフタレンの企業別市場シェア ・1,8- ジアミノナフタレンの世界市場規模:種類別(工業用グレード、医薬品グレード) ・1,8- ジアミノナフタレンの世界市場規模:用途別(Solvent Red 135、Solvent Orange 60、Others Dye、Pharmaceutical …
  • 落書き防止用塗料の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、落書き防止用塗料の世界市場について調べ、落書き防止用塗料の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、落書き防止用塗料の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(建設、輸送)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は落書き防止用塗料の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・落書き防止用塗料の市場状況 ・落書き防止用塗料の市場規模 ・落書き防止用塗料の市場予測 ・落書き防止用塗料の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(建設、輸送) ・落書き防止用塗料の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • デジタルサイネージの世界市場予測(~2023年):キオスク、メニュー・ボード、広告板、看板
    当調査レポートでは、デジタルサイネージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、提供商品別分析、用途別分析、地域別分析、デジタルサイネージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • HVAC(暖房・換気・空調)レンタル装置の世界市場
    当調査レポートでは、HVAC(暖房・換気・空調)レンタル装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVAC(暖房・換気・空調)レンタル装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タヒニの世界市場予測
  • 世界のCAD/CAM歯科システム市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、CAD/CAM歯科システムのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CAD/CAM歯科システムの概要 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:開発段階別分析 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:セグメント別分析 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:領域別分析 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:規制Path別分析 ・CAD/CAM歯科システムの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別CAD/CAM歯科システムの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・CAD/CAM歯科システムの最近動向
  • レシチンの世界市場分析:由来別(大豆、菜種、ひまわり)、用途別(即席食品、製パン、菓子、医薬品、動物飼料、工業用)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、レシチンの世界市場について調査・分析し、レシチンの世界市場動向、レシチンの世界市場規模、市場予測、セグメント別レシチン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハウス用フィルムの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ハウス用フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、厚さ別分析、幅別分析、地域別分析、ハウス用フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟磁性材料の世界市場予測:ソフトフェライト、電磁鋼、コバルト
    当調査レポートでは、軟磁性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、軟磁性材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 光コネクターの世界市場
    当調査レポートでは、光コネクターの世界市場について調査・分析し、光コネクターの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 薬用キノコの世界市場2018-2022
    薬用キノコは薬効、機能特性、栄養特性を持ち、病気の予防、緩和、治癒および栄養補助として使用されるキノコの一種です。薬用キノコの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率9.2%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Banken Champignons、Four Sigmatic、Hokkaido Reishi Co、Nyishar、Sayan Chaga、Swadeshi Mushroom Spawnなどです。 当調査レポートでは、薬用キノコの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、薬用キノコ市場規模、製品別(霊芝、チャーガ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・薬用キノコの世界市場概要 ・薬用キノコの世界市場環境 ・薬用キノコの世界市場動向 ・薬用キノコの世界市場規模 ・薬用キノコの世界市場:業界構造分析 ・薬用キノコの世界市場:製品別(霊芝、チャーガ、その他) ・薬用キノコの世界市場:地域別市場規模・ …
  • ヘリウムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘリウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、垂直リフトモジュール(VLM)市場規模、貯蔵種類別(冷蔵貯蔵、非冷蔵貯蔵)分析、積載量別(60トン以下、40トン以下、20トン以下)分析、機能別(仕分け、統合、貯蔵、オーダーピッキング、バッチピッキング)分析、デリバリー種類別(デュアルレベルデリバリー、シングルレベルデリバリー)分析、エンドユーザー別(eコマース、食品・飲料、自動車、半導体・電子機器、医療、化学、航空機、金属・重機、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場:市場動向分析 ・ 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場:競争要因分析 ・ 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場:貯蔵種類別(冷蔵貯蔵、非冷蔵貯蔵) ・ 垂直リフトモジュール(VLM)の世界市場:積載量別(60トン以下、40トン以下、20トン以下) ・ 垂直リフトモジュール(V …
  • サージ保護デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、サージ保護デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サージ保護デバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車リトラクタブル・ルーフトップの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車リトラクタブル・ルーフトップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車リトラクタブル・ルーフトップの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の経皮吸収パッチ市場2015
    本調査レポートでは、世界の経皮吸収パッチ市場2015について調査・分析し、経皮吸収パッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ農薬の北米市場
    本調査レポートでは、バイオ農薬の北米市場について調査・分析し、バイオ農薬の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ベアリングの世界市場
    当調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアリングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のイソブチルアルデヒド市場2016
    本調査レポートでは、世界のイソブチルアルデヒド市場2016について調査・分析し、イソブチルアルデヒドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • シクロペンタンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シクロペンタンの世界市場について調査・分析し、シクロペンタンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シクロペンタンシェア、市場規模推移、市場規模予測、シクロペンタン種類別分析(含有量<95%、含有量95%-98%、含有量>98%)、シクロペンタン用途別分析(冷蔵庫、ヒーター、化学溶剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シクロペンタンの市場概観 ・シクロペンタンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シクロペンタンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シクロペンタンの世界市場規模 ・シクロペンタンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シクロペンタンのアメリカ市場規模推移 ・シクロペンタンのカナダ市場規模推移 ・シクロペンタンのメキシコ市場規模推移 ・シクロペンタンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シクロペンタンのドイツ市場規模推移 ・シクロペンタンのイギリス市場規模推移 ・シクロペンタンのロシア市場規 …
  • 世界の自動車排気管市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車排気管市場2016について調査・分析し、自動車排気管の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインの小関節処置動向(~2021)
  • HIV-2感染症(HIV-2 Infection):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるHIV-2感染症(HIV-2 Infection)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、HIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)の概要 ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のHIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・HIV-2感染症(HIV-2 Infection)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 外科動力ツールの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、外科動力ツールの世界市場について調査・分析し、外科動力ツールの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・外科動力ツールの世界市場規模:用途別分析 ・外科動力ツールの世界市場規模:動力源別分析 ・外科動力ツールの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 止血検査の世界市場2016
  • 多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler’s Disease)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))のフェーズ3治験薬の状況 ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))治療薬の市場規模(販売予測) ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・多発性骨髄腫(カーレル病)(Multiple Myeloma (Kahler's Disease))のフェーズ3治 …
  • 有機鶏肉の世界市場2019-2023
    有機鶏肉とは、有機食品に関する規制機関の認定要件に従って肥育され、繁殖され、飼われているニワトリの鶏肉を指します。有機鶏肉の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率18.74%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Foster Farms、Hain Celestial、Perdue Farms、Pilgrim's、Tyson Foodsなどです。 当調査レポートでは、有機鶏肉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有機鶏肉市場規模、タイプ別(生鮮冷凍、加工済み)分析、エンドユーザー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・有機鶏肉の世界市場概要 ・有機鶏肉の世界市場環境 ・有機鶏肉の世界市場動向 ・有機鶏肉の世界市場規模 ・有機鶏肉の世界市場:業界構造分析 ・有機鶏肉の世界市場:タイプ別(生鮮冷凍、加工済み) ・有機鶏肉の世界市場:エンドユーザー別 ・有機鶏肉の世界市場:地域別市場規模・分析 ・有機鶏肉の北米市 …
  • メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるメラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストの概要 ・メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のメラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・メラニン濃縮ホルモン受容体1アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • クラウドベースコンタクトセンターの世界市場見通し2016-2022:データ統合&記録、チャット品質&モニタリング、コールルーティング&キューイング、実時間決定、要員最適化
    当調査レポートでは、クラウドベースコンタクトセンターの世界市場について調査・分析し、クラウドベースコンタクトセンターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:市場動向分析 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:競争要因分析 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:用途別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:組織別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの世界市場:地域別分析/市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの北米市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターの欧州市場規模 ・クラウドベースコンタクトセンターのアジア市場規模 ・ク …
  • キノア種子の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キノア種子の世界市場について調査・分析し、キノア種子の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キノア種子シェア、市場規模推移、市場規模予測、キノア種子種類別分析(黒色、赤、白色)、キノア種子用途別分析(直接食用、加工食用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キノア種子の市場概観 ・キノア種子のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キノア種子のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キノア種子の世界市場規模 ・キノア種子の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キノア種子のアメリカ市場規模推移 ・キノア種子のカナダ市場規模推移 ・キノア種子のメキシコ市場規模推移 ・キノア種子のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・キノア種子のドイツ市場規模推移 ・キノア種子のイギリス市場規模推移 ・キノア種子のロシア市場規模推移 ・キノア種子のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・キノア種子の日本市場規模推移 ・ …
  • 再発性/難治性慢性リンパ性白血病:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再発性/難治性慢性リンパ性白血病の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再発性/難治性慢性リンパ性白血病治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・再発性/難治性慢性リンパ性白血病の概要 ・再発性/難治性慢性リンパ性白血病の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の再発性/難治性慢性リンパ性白血病治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・再発性/難治性慢性リンパ性白血病治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・再発性/難治性 …
  • 軍用ヘリコプタMRO(整備・修理・分解点検)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用ヘリコプタMRO(整備・修理・分解点検)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用ヘリコプタMRO(整備・修理・分解点検)の世界市場規模及び予測、メインテナンス種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機電動化(MEA)の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、航空機電動化(MEA)の世界市場規模が2017年71億ドルから2026年144.3億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、航空機電動化(MEA)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機電動化(MEA)市場規模、プラットフォーム別(商業、防衛、固定翼、回転翼、無人航空機(UAV))分析、技術別(安全システム・先端材料、パワーエレクトロニクス、エネルギー貯蔵装置、熱管理システム)分析、用途別(空気加圧・コンディショニング、商業、構成管理、フライトコントロール・オペレーション、軍事)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機電動化(MEA)の世界市場:市場動向分析 ・ 航空機電動化(MEA)の世界市場:競争要因分析 ・ 航空機電動化(MEA)の世界市場:プラットフォーム別(商業、防衛、固定翼、回転翼、無人航空機(UAV)) ・ 航空機電動化(MEA)の世界市場:技術別( …
  • エチルベンゼンの世界市場
    当調査レポートでは、エチルベンゼンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エチルベンゼンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリプロピレン系ランダム共重合体市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリプロピレン系ランダム共重合体市場2015について調査・分析し、ポリプロピレン系ランダム共重合体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"