"世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 7506)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“High incidence of cancer & other target diseases is a major factor driving the growth of the gene therapy market”
The global gene therapy market is projected to reach USD 13.0 billion by 2024 from USD 3.8 billion in 2019, at a CAGR of 27.8% during the forecast period. The high incidence of cancer and other target diseases, availability of reimbursement, and the launch of new products are the major factors driving the growth of this market. In addition, the strong product pipeline of market players is expected to offer significant growth opportunities in the coming years. However, the high cost of treatment is expected to hamper market growth to a certain extent in the coming years.

“Neurological diseases segment accounted for the largest share of the gene therapy market, by indication, in 2018”
Based on indication, the market is segmented into neurological diseases, cancer, hepatological diseases, Duchenne muscular dystrophy, and other indications. The neurological diseases segment accounted for the largest share of the market in 2018. This can be attributed to the increasing number of gene therapy products being approved for the treatment of neurological diseases and the high market penetration of oligonucleotide-based gene therapies.

“Viral vectors segment to register the highest growth in the gene therapy market during the forecast period”
The gene therapy market, by vector, has been segmented into viral and non-viral vectors. In 2018, the non-viral vectors segment accounted for the largest share of this market. However, the viral vectors segment is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period, primarily due to the increasing demand for CAR T-based gene therapies and the rising incidence of cancer.

“North America will continue to dominate the gene therapy market during the forecast period”
Geographically, the market is segmented into North America, Europe, the Asia Pacific, and the Rest of the World. In 2018, North America accounted for the largest share of the gene therapy market, followed by Europe. Factors such as the rising prevalence of chronic diseases, high healthcare expenditure, presence of advanced healthcare infrastructure, favorable reimbursement scenario, and the presence of major market players in the region are driving market growth in North America.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 32%, Tier 2 – 44%, and Tier 3 – 24%
• By Designation: C-level – 30%, D-level – 34%, and Others – 36%
• By Region: North America – 50%, Europe – 32%, Asia Pacific – 10%, and Rest of the World – 8%

List of companies profiled in the report
• Amgen, Inc. (US)
• Biogen (US)
• Novartis AG (Switzerland)
• Gilead Sciences, Inc. (US)
• Spark Therapeutics, Inc. (US)
• MolMed S.p.A. (Italy)
• Orchard Therapeutics plc. (UK)
• SiBiono GeneTech Co., Ltd. (China)
• Alnylam Pharmaceuticals, Inc. (US)
• Human Stem Cells Institute (Russia)
• AnGes, Inc. (Japan)
• Dynavax Technologies (US)
• Jazz Pharmaceuticals, Inc. (Ireland)
• Akcea Therapeutics (US)
• bluebird bio, Inc. (US)
• uniQure NV (Netherlands)
• AGTC (US)
• Mustang Bio (US)
• Cellectis (France)
• Poseida Therapeutics, Inc. (US)
• Sangamo Therapeutics (US)

Research Coverage:
This report provides a detailed picture of the global gene therapy market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments (by vector, indication, delivery method, and region). The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
This report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall gene therapy market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. Also, this report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitation
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Secondary Source
2.3 Primary Data
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.4.2 Bottom-Up Approach for Non-Viral Vectors and Viral Vectors Market
2.4.3 Growth Forecast
2.5 Market Breakdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Gene Therapy Market Overview
4.2 North America: Market, By Vector (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Incidence of Cancer and Other Target Diseases
5.2.1.2 Product Approvals
5.2.1.3 Funding for Gene Therapy Research
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Strong Product Pipeline
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 High Cost of Treatments
6 Gene Therapy Market, By Vector (Page No. – 35)
6.1 Introduction
6.2 Non-Viral Vectors
6.2.1 Oligonucleotides
6.2.1.1 North America Accounted for the Largest Share of the Oligonucleotides Segment
6.2.2 Other Non-Viral Vectors
6.3 Viral Vectors
6.3.1 Retroviral Vectors
6.3.1.1 Gamma-Retroviral Vectors
6.3.1.1.1 The Availability of A Wide Range of Gamma-Retroviral Vectors Supports the Growth of This Market
6.3.1.2 Lentiviral Vectors
6.3.1.2.1 North America Accounted for the Largest Share of the Lentiviral Vectors Segment
6.3.2 Adeno-Associated Virus Vectors
6.3.2.1 Possible Applications in In Vivo Applications Have Driven Interest in Adeno-Associated Virus Vectors
6.3.3 Other Viral Vectors
7 Gene Therapy Market, By Indication (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Neurological Diseases
7.2.1 Neurological Diseases Account for the Largest Share of the Market
7.3 Cancer
7.3.1 Cancer is Expected to Show the Highest Growth in This Market
7.4 Hepatological Diseases
7.4.1 Increasing Prevalence of Hepatitis B Infections Will Support Market Growth
7.5 Duchenne Muscular Dystrophy
7.5.1 North America Accounted for the Largest Share of the Dmd Gene Therapy Segment
7.6 Other Indications
8 Gene Therapy Market, By Delivery Method (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 In Vivo Gene Therapy
8.3 Ex Vivo Gene Therapy
9 Gene Therapy Market, By Region (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the Global Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growing Burden of Cancer Will Support Market Growth in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Accounted for the Largest Share of the Market in Europe
9.3.2 France
9.3.2.1 Increasing Cancer Incidence Supports Market Growth
9.3.3 UK
9.3.3.1 Rising Incidence of Melanoma Will Drive Demand in the UK
9.3.4 Italy
9.3.4.1 High Incidence of Targeted Diseases and Increasing Per Capita Healthcare Spending Will Drive Market Growth in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Non-Viral Vectors Dominate the Spanish Market, By Vector
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan Dominates the APAC Market for Gene Therapy
9.4.2 China
9.4.2.1 Rising Prevalence of Cancer and Established Base for Gene Therapy are Supportive Factors in China
9.4.3 Rest of APAC
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 89)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Key Strategies
10.4 Competitive Leadership Mapping (2018)
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 95)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View)*
11.1 Biogen
11.2 Gilead Sciences, Inc.
11.3 Amgen, Inc.
11.4 Novartis AG
11.5 Orchard Therapeutics Plc
11.6 Spark Therapeutics, Inc. (A Part of ýHoffmann-La Roche)
11.7 Molmed S.P.A.
11.8 Anges, Inc.
11.9 Bluebird Bio, Inc.
11.10 Human Stem Cells Institute (HSCI)
11.11 SIBIONO Genetech Co., Ltd.
11.12 Shanghai Sunway Biotech Co., Ltd
11.13 Uniqure N.V.
11.14 Gensight Biologics S.A.
11.15 Celgene Corporation (A Bristol-Myers Squibb Company)
11.16 Cellectis
11.17 Sangamo Therapeutics
11.18 Mustang Bio
11.19 AGTC (Applied Genetic Technologies Corporation)
11.20 Poseida Therapeutics, Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 123)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customization
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 7506
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の遺伝子治療市場:ベクター別[非ウイルス(オリゴヌクレオチド)、ウイルス(レトロウイルス(ガンマレトロウイルス、レンチウイルス))、アデノ随伴]、疾患別(がん、神経疾患)、デリバリー方法別(In Vivo、Ex Vivo)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動車用カーボンセラミックブレーキローターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用カーボンセラミックブレーキローターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用カーボンセラミックブレーキローターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CCR3阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCCR3阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CCR3阻害薬の概要 ・CCR3阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCCR3阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CCR3阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CCR3阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ソルビトールの世界市場予測(~2021年):液体/シロップ・ソルビトール、結晶/パウダー・ソルビトール
    当調査レポートでは、ソルビトールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、ソルビトールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 画像ガイド下治療システムの世界市場:最終用途別(ASC、診療所、病院)、製品別(MRI、PET)、用途別(脳神経外科、泌尿器科)、セグメント予測
    画像ガイド下治療システムの世界市場は2025年には49億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、老齢人口および慢性疾患の症例数の増加が考えられます。その他の要因としては、低侵襲手術に対する選好の高まり、画像ガイド下治療システムにおける技術的進歩などがあります。がん放射線療法の分野における様々な取り組みも、市場を動かす重要な要因の1つです。本調査レポートでは、画像ガイド下治療システムの世界市場について調査・分析し、画像ガイド下治療システムの世界市場動向、画像ガイド下治療システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別画像ガイド下治療システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ノイズ対策部品の世界市場2017-2021:PCBシールド、ガスケット、EMIフィルタ、積層体/テープ
    当調査レポートでは、ノイズ対策部品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ノイズ対策部品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水溶性高分子の世界市場
    当調査レポートでは、水溶性高分子の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・水溶性高分子の世界市場:原料別分析/市場規模 ・水溶性高分子の世界市場:種類別分析/市場規模 ・水溶性高分子の世界市場:用途別分析/市場規模 ・水溶性高分子の世界市場:地域別分析/市場規模 ・水溶性高分子のアメリカ市場規模予測 ・水溶性高分子のヨーロッパ市場規模予測 ・水溶性高分子のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 脳波(EEG)キャップの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、脳波(EEG)キャップの世界市場について調べ、脳波(EEG)キャップの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、脳波(EEG)キャップの市場規模をセグメンテーション別(製品別(大人用EEGキャップ、子供用EEGキャップ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は脳波(EEG)キャップの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・脳波(EEG)キャップの市場状況 ・脳波(EEG)キャップの市場規模 ・脳波(EEG)キャップの市場予測 ・脳波(EEG)キャップの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(大人用EEGキャップ、子供用EEGキャップ) ・脳波(EEG)キャップの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • Wi-Fiエクステンダー(中継機)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、Wi-Fiエクステンダー(中継機)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Wi-Fiエクステンダー(中継機)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルデバイス管理の世界市場見通し2016-2022:トレーニング&サポート、マネージドサービス、実施、ネットワークサービス管理、デバイス管理、アプリケーション管理、セキュリティ管理
    当調査レポートでは、モバイルデバイス管理の世界市場について調査・分析し、モバイルデバイス管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・モバイルデバイス管理の世界市場:市場動向分析 ・モバイルデバイス管理の世界市場:競争要因分析 ・モバイルデバイス管理の世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・モバイルデバイス管理の世界市場:産業別分析/市場規模 ・モバイルデバイス管理の世界市場:種類別分析/市場規模 ・モバイルデバイス管理の世界市場:地域別分析/市場規模 ・モバイルデバイス管理の北米市場規模 ・モバイルデバイス管理の欧州市場規模 ・モバイルデバイス管理のアジア市場規模 ・モバイルデバイス管理の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 都市鉄道の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、都市鉄道の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、都市鉄道の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 土壌水分センサーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、土壌水分センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、土壌水分センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)のフェーズ3治験薬の状況 ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬の市場規模(販売予測) ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬剤
  • モバイルウォレットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルウォレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルウォレットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 日本の原子力発電市場2016
  • 押出プラスチックの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、押出プラスチックの世界市場規模が2017年1941.5億ドルから2026年3252.3億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、押出プラスチックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、押出プラスチック市場規模、フォーム別(フィルム、パイプ、シート、チューブ、ワイヤー・ケーブル)分析、種類別(高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニル)分析、エンドユーザー別(自動車、建築・建設、消費財、電気電子、エネルギー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 押出プラスチックの世界市場:市場動向分析 ・ 押出プラスチックの世界市場:競争要因分析 ・ 押出プラスチックの世界市場:フォーム別(フィルム、パイプ、シート、チューブ、ワイヤー・ケーブル) ・ 押出プラスチックの世界市場:種類別(高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチ …
  • イギリスの脊椎手術処置動向(~2021)
  • プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場:製品別、エンドユーズ別(化学、HVAC・冷却、発電、石油化学)
    本調査レポートでは、プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場について調査・分析し、プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場動向、プレート及びフレーム式熱交換器の世界市場規模、市場予測、セグメント別プレート及びフレーム式熱交換器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • X線光電子分光法の世界市場:使用法別(検出素子)、用途別(ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、X線光電子分光法の世界市場について調査・分析し、X線光電子分光法の世界市場動向、X線光電子分光法の世界市場規模、市場予測、セグメント別X線光電子分光法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アンチマネーロンダリング(AML)ソリューションの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、アンチマネーロンダリング(AML)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、技術別(KYCシステム、トランザクションモニタリング、ケース管理、コンプライアンス管理、監査およびレポート)分析、展開モード別分析、組織規模別分析、アンチマネーロンダリング(AML)ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、アンチマネーロンダリング(AML)ソリューションの世界市場規模が2019年15億万ドルから2024年36億万ドルまで年平均19.5%成長すると予測しています。
  • 推力偏向の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、推力偏向の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、用途別分析、システム別分析、地域別分析、推力偏向の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティの世界市場2014-2025:システム別(アクセス制御、警告・通知、侵入検知、ビデオ監視、バリアシステム)、サービス別、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、セキュリティの世界市場について調査・分析し、セキュリティの世界市場動向、セキュリティの世界市場規模、市場予測、セグメント別セキュリティ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • ポリエチレン(PE)パッケージングの世界市場2016-2020:LDPEパッケージング、HDPEパッケージング
    当調査レポートでは、ポリエチレン(PE)パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリエチレン(PE)パッケージングの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 手術用顕微鏡のアメリカ市場:種類別(キャスター付き、天井取付け式、壁掛け式)、用途別、最終用途別(病院、診療所/歯科医院)、セグメント予測
  • 低ノイズ・アンプ(LNA)の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、低ノイズ・アンプ(LNA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、周波数別分析、材料別分析、産業別分析、地域別分析、低ノイズ・アンプ(LNA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インホイールモーターの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、インホイールモーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、推進タイプ別(BEV、HEV、PHEV、FCEV)分析、車両タイプ別(PC、CV)分析、モーター別(アキシャルフラックスモーター、ラジアルフラックスモーター)分析、冷却タイプ別(空気冷却、液体冷却)分析、インホイールモーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人地上車両(UGV)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、無人地上車両(UGV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、サイズ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サイバー戦争の世界市場2018–2025:用途別(防衛、政府、航空宇宙、家庭、コーポレート)、地域別
    本調査レポートでは、サイバー戦争の世界市場について調査・分析し、サイバー戦争の世界市場動向、サイバー戦争の世界市場規模、市場予測、セグメント別サイバー戦争市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場:セグメント別市場分析 ・WWTtE(廃水処理toエネルギー)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論および提言
  • ヘプシジンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヘプシジンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘプシジンアンタゴニストの概要 ・ヘプシジンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のヘプシジンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヘプシジンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヘプシジンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 国土セキュリティ用監視カメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、国土セキュリティ用監視カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、国土セキュリティ用監視カメラの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア向けRTLSの世界市場予測(~2022):施設種類別、提供形態別、技術別(RFID、Wi-Fi、BLE、UWB)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、ヘルスケア向けRTLSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、施設種類別分析、提供形態別分析、技術別分析、用途別分析、ヘルスケア向けRTLSの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 術中神経生理学的モニタリング(IONM)の世界市場動向および予測:脳波検査、筋電図検査、誘発電位
  • 360度カメラの世界市場2020-2024
    「360度カメラの世界市場2020-2024」は、360度カメラについて市場概要、市場規模、用途別(映画製作、イベント、その他)分析、エンドユーザー別(専門家、非専門家)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・360度カメラの世界市場:用途別(映画製作、イベント、その他) ・360度カメラの世界市場:エンドユーザー別(専門家、非専門家) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • アメリカのナースコールシステム市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのナースコールシステム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのナースコールシステム市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 綿繰り機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、綿繰り機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、綿繰り機市場規模、技術別(ソージン、ローラジン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・綿繰り機の世界市場概要 ・綿繰り機の世界市場環境 ・綿繰り機の世界市場動向 ・綿繰り機の世界市場規模 ・綿繰り機の世界市場:業界構造分析 ・綿繰り機の世界市場:技術別(ソージン、ローラジン) ・綿繰り機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・綿繰り機の北米市場規模・予測 ・綿繰り機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・綿繰り機のアジア太平洋市場規模・予測 ・綿繰り機の主要国分析 ・綿繰り機の世界市場:意思決定フレームワーク ・綿繰り機の世界市場:成長要因、課題 ・綿繰り機の世界市場:競争環境 ・綿繰り機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Bajaj Steel industries、Handan Goldenlion Cotton Machinery、 …
  • LED照明安定器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、LED照明安定器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED照明安定器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のライノウイルス感染症市場2019
    本調査レポートでは、世界のライノウイルス感染症市場2019について調査・分析し、ライノウイルス感染症の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ライノウイルス感染症のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ライノウイルス感染症メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ライノウイルス感染症の市場概要 ・ライノウイルス感染症の上流・下流市場分析 ・ライノウイルス感染症のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ライノウイルス感染症のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ライノウイルス感染症のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ライノウイルス感染症のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ライノウイルス感染症の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ライノウイルス感染症の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ライノウイルス感染症の北米市 …
  • 欧州主要国のインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 無菌包装の世界市場予測(~2022年):カートン、ボトル、缶、バック、ポーチ
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビニルエステルの世界市場予測(~2022年):ビスフェノールA、ノボラック、臭素化難燃剤、エラストマ変性
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ビニルエステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ビニルエステルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 多要素認証(MFA)の世界市場見通し2016-2022:2要素認証、3要素認証、4要素認証、5要素認証
    当調査レポートでは、多要素認証(MFA)の世界市場について調査・分析し、多要素認証(MFA)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・多要素認証(MFA)の世界市場:市場動向分析 ・多要素認証(MFA)の世界市場:競争要因分析 ・多要素認証(MFA)の世界市場:モデル別分析/市場規模 ・多要素認証(MFA)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・多要素認証(MFA)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・多要素認証(MFA)の北米市場規模 ・多要素認証(MFA)の欧州市場規模 ・多要素認証(MFA)のアジア市場規模 ・多要素認証(MFA)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ベビー用トイレタリーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ベビー用トイレタリーの世界市場について調べ、ベビー用トイレタリーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベビー用トイレタリーの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はベビー用トイレタリーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ベビー用トイレタリーの市場状況 ・ベビー用トイレタリーの市場規模 ・ベビー用トイレタリーの市場予測 ・ベビー用トイレタリーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ベビー用トイレタリーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業 …
  • 世界のマルチフォーマットトランスコーダー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマルチフォーマットトランスコーダー市場2015について調査・分析し、マルチフォーマットトランスコーダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージ入りバスマティ米の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入りバスマティ米の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入りバスマティ米市場規模、製品別(乾燥米、パーボイルド米、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場概要 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場環境 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場動向 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場規模 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場:製品別(乾燥米、パーボイルド米、その他) ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ入りバスマティ米のアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ入りバスマティ米のヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ入りバスマティ米のアジア市場規模・予測 ・パッケージ入りバスマティ米の主要国分析 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場:意思決定フレームワーク …
  • ガラス包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、ガラス包装の世界市場について調査・分析し、ガラス包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ガラス包装の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ガラス包装の世界市場:セグメント別市場分析 ・ガラス包装の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • BYODおよび企業モビリティの世界市場予測:MDM、モバイルコンテンツ管理、デバイスセキュリティ、ネットワークセキュリティ、IAM
    当調査レポートでは、BYODおよび企業モビリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア別分析、セキュリティ別分析、サービス別分析、導入形態別分析、BYODおよび企業モビリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外診断(IVD)の世界市場予測(~2021):製品別、技術別(イムノアッセイ、臨床化学、分子診断、血液学)、用途別
    当調査レポートでは、体外診断(IVD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、体外診断(IVD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • OTC薬(一般用医薬品)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OTC薬(一般用医薬品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OTC薬(一般用医薬品)の世界市場規模及び予測、種類別分析、治療クラス別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場予測2019-2024
    「抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、カプセル、タブレット、液状など、用途別には、Pollen Allergy、Dust Mites Allergy、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。抗アレルギー非薬物サプリメントのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場概要(サマリー) ・抗アレルギー非薬物サプリメントの企業別販売量・売上 ・抗アレルギー非薬物サプリメントの企業別市場シェア ・抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場規模:種類別(カプセル、タブレット、液状) ・抗アレルギー非薬物サプリメントの世界市場規模:用途別(Pollen Allergy、Dust Mites Allergy、Others) ・抗アレルギー非薬物サプリメントの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・抗アレルギー非薬物サプリメントのアジア市場規模( …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"