"世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、アルキド)、技術別(水系、溶剤系、粉末)、ユーザー種類別(DIY、プロフェッショナル)、コーティング種類別(内装、外装)、用途別(住宅、非住宅)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 5214)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、アルキド)、技術別(水系、溶剤系、粉末)、ユーザー種類別(DIY、プロフェッショナル)、コーティング種類別(内装、外装)、用途別(住宅、非住宅)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The decorative paints & coatings market is projected to register a CAGR of 4.2% between 2019 and 2024.”
The decorative paints & coatings market is projected to grow from USD 67.0 billion in 2019 to USD 82.4 billion by 2024, at a CAGR of 4.2% between 2019 and 2024. The market in APAC is witnessing high growth, which is expected to continue in the near future because of increasing residential construction and improved home remodeling practices along with rising per capita paints consumption.

“Residential is projected to be the largest and fastest-growing segment in decorative paints & coatings market”
Better economic growth and higher incomes in the last few years have resulted in the construction of several new houses and remodeling of old ones. Decorative paints and coatings for residential construction applications include new paint and repainting. These coatings mainly include architectural and functional products, such as paints, stains, lacquers, enamels, and emulsions. New paint is mainly associated with newly built residential constructions, which include both their interior and exterior application areas. So, this drives the demand for residential decorative paints and coatings.

“Acrylic resin was the fastest-growing segment of the decorative paints & coatings market”
Acrylic was the fastest-growing segment in 2018 because of its preferred choice in major applications. Acrylic paints & coatings are easy to apply and can be cleaned up with water. The weathering and oxidation resistance of acrylics is better than oil-based paints, alkyds, or epoxies as the chief components of acrylic polymers provide a polymer structure that has little tendency to absorb UV light. Acrylics possess good color and gloss retention. Moreover, they are in high demand as they are low-cost materials that provide good chemical as well as photochemical resistance, better stain protection, water resistance, and have better adhesion to surfaces.

“APAC accounts for the largest decorative paints & coatings market amongst other regions”
APAC is projected to be the fastest-growing market, in terms of both volume and value, during the forecast period. The market in the region is driven by the growing population and economic growth. Both residential and non-residential sectors are expected to grow in China and India during the forecast period, which, in turn, will drive the demand for decorative paints & coatings in this industry.

Extensive primary interviews have been conducted, and information has been gathered from secondary research to determine and verify the market size of several segments and subsegments.

Breakdown of Primary Interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 50%, Tier 2 – 20%, and Tier 3 – 30%
• By Designation: D Level – 40%, C Level – 20%, and Others – 40%
• By Region: APAC – 40%, North America – 20%, Europe – 20%, South America- 10%, and the Middle East & Africa – 10%

Key companies profiled in this report are PPG Industries, Inc. (US), Akzo Nobel N.V. (Netherlands), The Sherwin-Williams Company (US), Kansai Paints Co., Ltd. (Japan), Asian Paints Limited (India), and Nippon Paint Holdings Co., Ltd. (Japan).

Research Coverage:
The decorative paints & coatings market has been segmented on the basis of Resin Type (Acrylic, Alkyd, Vinyl, PU), Technology (Waterborne, Solventborne, Powder), Coating Type (Interior, Exterior), User Type (DIY, Professional), Application (Residential, Non-Residential), Product Type (Emulsions, Wood Coatings, Enamels) and region (North America, Europe, APAC, Middle East & Africa, and South America). The end-use industry and type segments are further analyzed for each country in the respective regions.

Reasons to Buy the Report
From an insight perspective, this research report focuses on various levels of analyses — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the market; high growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.

The report provides insights on the following pointers:
 Market Penetration: Comprehensive information on decorative paints and coatings offered by top players in the market.
 Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, research & development activities, and new product launches in the decorative paints & coatings market.
 Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets – the report analyzes the market for decorative paints and coatings across regions.
 Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the decorative paints & coatings market.
 Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the decorative paints & coatings market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、アルキド)、技術別(水系、溶剤系、粉末)、ユーザー種類別(DIY、プロフェッショナル)、コーティング種類別(内装、外装)、用途別(住宅、非住宅)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in the Decorative Paints & Coatings Market
4.2 Decorative Paints & Coatings Market Growth, By Resin Type
4.3 APAC Decorative Paints & Coatings Market, By Technology and Country
4.4 Decorative Paints & Coatings Market, By Country
4.5 Decorative Paints & Coatings Market: Developed vs Developing Countries
4.6 Decorative Paints & Coatings Market: Significant Growth in Demand From APAC Witnessed
5 Market Overview (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growth of the Construction Industry
5.2.1.2 Environmentally-Friendly Coating Systems
5.2.1.3 Durable Coatings With Better Performance and Aesthetics
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Opportunities in Less Regulated Regions
5.2.2.2 Investments in Emerging Markets
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Stringent and Time-Consuming Regulatory Policies
5.2.3.2 Volatility in Prices of Titanium Dioxide
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Buyers
5.3.4 Bargaining Power of Suppliers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macro Indicator Analysis
5.4.1 Introduction
5.4.2 Trends and Forecast of GDP
5.4.3 Trends and Forecast of the Global Construction Industry
6 Decorative Paints & Coatings Market, By Resin Type (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Acrylic Resin
6.2.1 Acrylic Resins Segment to Witness Highest Growth
6.3 Alkyd Resin
6.3.1 APAC is Largest and Fastest-Growing Market for Alkyd Resin Based Segment
6.4 Vinyl Resin
6.4.1 Vinyl Copolymer Used in Air-Drying Coatings for Its Excellent Toughness and Good Resistance to Water and Chemicals
6.5 Polyurethane Resin
6.5.1 Interiors & Furniture is One of the Major End User of Polyurethane Coatings
6.6 Others
6.6.1 Epoxy Resin
6.6.2 Unsaturated Polyester Resin
6.6.3 Saturated Polyester Resin
7 Decorative Paints & Coatings Market, By Technology (Page No. – 61)
7.1 Introduction
7.2 Waterborne Coatings
7.2.1 Increasing Residential Construction and Home Remodeling Practices to Drive the Market in Developing Countries
7.3 Solventborne Coatings
7.3.1 APAC to Register Highest CAGR in Solventborne Decorative Paints & Coatings Market
7.4 Powder Coatings
7.4.1 APAC is Projected to Be Fastest-Growing Market for Powder Coatings
8 Decorative Paints & Coatings Market, By Coating Type (Page No. – 70)
8.1 Introduction
8.2 Interior
8.3 Exterior
8.4 Others
8.4.1 Flooring
8.4.2 Roofing
8.4.3 Wood
9 Decorative Paints & Coatings Market, By User Type (Page No. – 74)
9.1 Introduction
9.2 Diy
9.2.1 Cost Constraints and Creative Control Influencing Homeowners to Opt for Diy Painting
9.3 Professional
9.3.1 Increasing Spending Power of Consumers Supporting Growth of Market in This Segment
10 Decorative Paints & Coatings Market, By Product Type (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 Emulsions
10.3 Wood Coatings
10.3.1 Varnishes
10.3.2 Stains
10.4 Enamels
10.5 Others
11 Decorative Paints & Coatings Market, By Application (Page No. – 81)
11.1 Introduction
11.2 Residential
11.2.1 New Construction
11.2.2 Remodel and Repaint
11.3 Non-Residential
11.3.1 Commercial
11.3.2 Industrial
11.3.3 Infrastructure
12 Decorative Paints & Coatings Market, By Region (Page No. – 89)
12.1 Introduction
12.2 APAC
12.2.1 China
12.2.1.1 Foreign Investment to Drive the Decorative Paints & Coatings Market
12.2.2 India
12.2.2.1 A Boom in the Real Estate Industry to Drive the Decorative Paints & Coatings Market
12.2.3 Japan
12.2.3.1 Investments in Commercial and Reconstruction of Buildings By the Government Expected to Boost the Demand
12.2.4 Australia & New Zealand
12.2.4.1 Increased Activities in Residential Construction and Renovation Sectors Driving the Market
12.2.5 Indonesia
12.2.5.1 Availability of Cheap Raw Materials and Labor
12.2.6 Thailand
12.2.6.1 Increasing Customer Awareness About Aesthetics and Functionalities of Decorative Coating Products
12.2.7 Malaysia
12.2.7.1 Strong Construction Activities to Drive the Decorative Paints & Coatings Market
12.2.8 Rest of APAC
12.3 North America
12.3.1 US
12.3.1.1 Increasing Residential and Non-Residential Constructions to Boost the Decorative Paints & Coatings Market
12.3.2 Canada
12.3.2.1 Construction Industry to Be Major Contributor to Growth of Decorative Paints & Coatings Market
12.3.3 Mexico
12.3.3.1 New Construction in the Residential Segment to Drive the Decorative Paints & Coatings Market
12.4 Europe
12.4.1 Germany
12.4.1.1 Implementation of Stringent Environmental Regulations Increasing Production of Decorative Paints and Coatings
12.4.2 Russia
12.4.2.1 Growing Population Leading to A Rise in Applications of Decorative Paints and Coatings
12.4.3 UK
12.4.3.1 Growing Construction Sector Along With Government Spending Will Boost Demand for Decorative Paints and Coatings
12.4.4 France
12.4.4.1 Government’s Focus on Development of Affordable Houses and Renewable Energy Infrastructure to Drivce Demand for Decorative Paints and Coatings
12.4.5 Italy
12.4.5.1 New Project Finance Rules and Investment Policies in the Construction Sector to Drive the Market
12.4.6 Spain
12.4.6.1 Government Investments in Transportation Infrastructure, Housing Units, and Other Infrastructures to Boost the Market
12.4.7 Turkey
12.4.7.1 Rapid Urbanization, Rising Middle-Class Population, Increasing Purchasing Power, and the Growing Housing Sector Will Create Strong Demand for Decorative Paints and Coatings
12.4.8 Rest of Europe
12.5 Middle East & Africa
12.5.1 Saudi Arabia
12.5.1.1 Mega Housing Projects are Expected to Boost the Demand for Decorative Paints and Coatings
12.5.2 South Africa
12.5.2.1 Substantial Demand for Decorative Paints and Coatings Witnessed in Building Projects
12.5.3 Rest of Middle East & Africa
12.6 South America
12.6.1 Brazil
12.6.1.1 Rising Home Ownership and Living Standards and Easier Credit Availability Expected to Fuel the Demand
12.6.2 Argentina
12.6.2.1 Increase in Population and Improved Economic Conditions Expected to Increase the Demand for Decorative Paints and Coatings
12.6.3 Rest of South America
13 Competitive Landscape (Page No. – 127)
13.1 Overview
13.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
13.2.1 Dynamic Differentiators
13.2.2 Innovators
13.2.3 Visionary Leaders
13.2.4 Emerging Companies
13.3 Strength of Product Portfolio
13.3.1 Business Strategy Excellence
13.4 Market Ranking of Key Players
13.5 Competitive Situation & Trends
13.5.1 Investments & Expansions
13.5.2 Mergers & Acquisitions
13.5.3 New Product Launches
13.5.4 Partnerships & Agreements
14 Company Profiles (Page No. – 134)
14.1 The Sherwin-Williams Company
14.1.1 Business Overview
14.1.2 Products Offered
14.1.3 Recent Developments
14.1.4 SWOT Analysis
14.1.5 MnM View
14.2 PPG Industries, Inc.
14.2.1 Business Overview
14.2.2 Products Offered
14.2.3 Recent Developments
14.2.4 SWOT Analysis
14.2.5 MnM View
14.3 Akzo Nobel N.V.
14.3.1 Business Overview
14.3.2 Products Offered
14.3.3 Recent Developments
14.3.4 SWOT Analysis
14.3.5 MnM View
14.4 BASF SE
14.4.1 Business Overview
14.4.2 Products Offered
14.4.3 Recent Developments
14.4.4 SWOT Analysis
14.4.5 MnM View
14.5 Asian Paints Limited
14.5.1 Business Overview
14.5.2 Products Offered
14.5.3 Recent Developments
14.5.4 SWOT Analysis
14.5.5 MnM View
14.6 Kansai Paint Co., LTD.
14.6.1 Business Overview
14.6.2 Products Offered
14.6.3 Recent Developments
14.7 Nippon Paint Holdings Co., LTD.
14.7.1 Business Overview
14.7.2 Products Offered
14.7.3 Recent Developments
14.8 Masco Corporation
14.8.1 Business Overview
14.8.2 Products Offered
14.9 Jotun Group
14.9.1 Business Overview
14.9.2 Products Offered
14.9.3 Recent Developments
14.10 RPM International Inc.
14.10.1 Business Overview
14.10.2 Products Offered
14.11 Other Companies
14.11.1 Hempel A/S
14.11.2 Tikkurila OYJ
14.11.3 DAW SE
14.11.4 Cromology (Formerly Materis Paints)
14.11.5 Duluxgroup LTD.
14.11.6 Diamond-Vogel Paint Company
14.11.7 Benjamin Moore & Co.
14.11.8 Kelly-Moore Paints
14.11.9 Brillux GmbH & Co. Kg
14.11.10 Berger Paints India Limited
14.11.11 Carpoly Chemical Group Co., LTD.
14.11.12 Cloverdale Paint Inc.
14.11.13 STO Corp.
14.11.14 Lanco Paints
14.11.15 Pintuco
14.11.16 Guangdong Maydos Building Materials Co., LTD
14.11.17 H-I-S Coatings and Paint Manufacturing Co.
14.11.18 Fujikura Kasei Co., LTD.
15 Appendix (Page No. – 177)
15.1 Discussion Guide
15.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.3 Available Customizations
15.4 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、アルキド)、技術別(水系、溶剤系、粉末)、ユーザー種類別(DIY、プロフェッショナル)、コーティング種類別(内装、外装)、用途別(住宅、非住宅)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 5214
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の装飾用コーティング剤市場:樹脂種類別(アクリル、アルキド)、技術別(水系、溶剤系、粉末)、ユーザー種類別(DIY、プロフェッショナル)、コーティング種類別(内装、外装)、用途別(住宅、非住宅)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • IL-1アルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-1アルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-1アルファ阻害剤の概要 ・IL-1アルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-1アルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-1アルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-1アルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • コネクテッドカーM2Mの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コネクテッドカーM2Mの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクテッドカーM2Mの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パスタの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パスタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、パスタの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの装具市場見通し
  • セキュリティの世界市場2014-2025:システム別(アクセス制御、警告・通知、侵入検知、ビデオ監視、バリアシステム)、サービス別、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、セキュリティの世界市場について調査・分析し、セキュリティの世界市場動向、セキュリティの世界市場規模、市場予測、セグメント別セキュリティ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のジイソプロピルパーオキシカーボネート市場2015
    本調査レポートでは、世界のジイソプロピルパーオキシカーボネート市場2015について調査・分析し、ジイソプロピルパーオキシカーボネートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートコネクテッドウォレットの世界市場2017-2021:オフライン・オンライン
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートコネクテッドウォレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートコネクテッドウォレットの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートコネクテッドウォレットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEkster Wallets、NXT-ID、Revol、Walli Wearables、WOOLET.CO等です。
  • 電子レンジ対応包装の世界市場2017-2021:冷凍食品、生鮮食品、常温保存可能食品、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電子レンジ対応包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子レンジ対応包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は電子レンジ対応包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmcor、Ampac Holdings、Berry Global Group、Graphic Packaging International、Sealed Air等です。
  • 重症筋無力症の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、重症筋無力症の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、重症筋無力症市場規模、治療法別(迅速免疫療法、薬物治療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 重症筋無力症の世界市場:市場動向分析 ・ 重症筋無力症の世界市場:競争要因分析 ・ 重症筋無力症の世界市場:治療法別(迅速免疫療法、薬物治療) ・ 重症筋無力症の世界市場:主要地域別分析 ・ 重症筋無力症の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 重症筋無力症のヨーロッパ市場規模 ・ 重症筋無力症のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・重症筋無力症の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 医薬品カートリッジの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医薬品カートリッジの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医薬品カートリッジ市場規模、容量別(250ml以上、50~250ml、5~50ml、5ml以下)分析、材料別(プラスチック、ガラス)分析、用途別(注射ペンシステム、歯科システム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医薬品カートリッジの世界市場:市場動向分析 ・ 医薬品カートリッジの世界市場:競争要因分析 ・ 医薬品カートリッジの世界市場:容量別(250ml以上、50~250ml、5~50ml、5ml以下) ・ 医薬品カートリッジの世界市場:材料別(プラスチック、ガラス) ・ 医薬品カートリッジの世界市場:用途別(注射ペンシステム、歯科システム、その他) ・ 医薬品カートリッジの世界市場:主要地域別分析 ・ 医薬品カートリッジの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 医薬品カートリッジのヨーロッパ市場規模 ・ 医薬品カートリッジのアジア市場規模(日本市場、 …
  • ギリシャの血栓管理装置市場見通し
  • 弾性床材の世界市場:製品別(LVT、ビニルシート、VCT、ガラス繊維、リノリウム)、用途別(住宅、商業施設、産業施設)、地域別
    本調査レポートでは、弾性床材の世界市場について調査・分析し、弾性床材の世界市場動向、弾性床材の世界市場規模、市場予測、セグメント別弾性床材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高カルシウム血症治療の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:ビスフォスフォネート、カルシトニン、グルココルチコイド、デノスマブ、カルシウム受容体刺激薬
  • ダイボンダー設備の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、ダイボンダー設備の世界市場規模が2019年820百万ドルから2024年972百万ドルまで年平均3.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ダイボンダー設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(手動ダイボンダー、半自動ダイボンダー、全自動ダイボンダー)分析、技術別(エポキシ、共融、軟はんだ、その他)分析、サプライチェーン参加者別(Osat企業、IDM企業)分析、デバイス別(オプトエレクトロニクス、MEMS&MOEM、パワーデバイス)分析、用途別(家電、自動車、産業、通信、ヘルスケア、航空宇宙、防衛)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・ダイボンダー設備の世界市場:種類別(手動ダイボンダー、半自動ダイボンダー、全自動ダイボンダー) ・ダイボンダー設備の世界市場:技術別(エポキシ、共融、軟はんだ、その他) ・ダイボンダー設備の世界市場:サプライチェーン参加 …
  • 世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別(女性不妊、閉経後骨粗鬆症、子宮内膜症、避妊、PCOS、閉経)
    MarketsandMarkets社は、女性健康管理の世界市場規模が2019年96億ドルから2024年178憶ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の女性健康管理市場を広く調査・分析し、市場概要、用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の女性健康管理市場:用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途) ・世界の女性健康管理市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 冷蔵庫キャビネットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、冷蔵庫キャビネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵庫キャビネットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車向け仮想アシスタントの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車向け仮想アシスタントの世界市場について調査・分析し、自動車向け仮想アシスタントの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車向け仮想アシスタントの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車向け仮想アシスタントの世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車向け仮想アシスタントの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • サージ保護装置の世界市場見通し2016-2022:プラグイン装置、電力制御センター、ハードワイヤード装置、ラインコード装置
    当調査レポートでは、サージ保護装置の世界市場について調査・分析し、サージ保護装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・サージ保護装置の世界市場:市場動向分析 ・サージ保護装置の世界市場:競争要因分析 ・サージ保護装置の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・サージ保護装置の世界市場:保護種類別分析/市場規模 ・サージ保護装置の世界市場:種類別分析/市場規模 ・サージ保護装置の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・サージ保護装置の世界市場:電力定格モード別分析/市場規模 ・サージ保護装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・サージ保護装置の北米市場規模 ・サージ保護装置の欧州市場規模 ・サージ保護装置のアジア市場規模 ・サージ保護装置の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 統合脅威管理(UTM)の世界市場見通し2016-2022:マネージドUTM、サポート&メンテナンス
    当調査レポートでは、統合脅威管理(UTM)の世界市場について調査・分析し、統合脅威管理(UTM)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:市場動向分析 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:競争要因分析 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:流通経路別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の北米市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の欧州市場規模 ・統合脅威管理(UTM)のアジア市場規模 ・統合脅威管理(UTM)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 歩行バイオメトリクスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、歩行バイオメトリクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歩行バイオメトリクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 圧迫療法のヨーロッパ主要国市場
  • ボトリングラインマシンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ボトリングラインマシンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボトリングラインマシンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ボトリングラインマシンは、飲料をボトルに充填する大規模な生産ラインの一部です。飲料業界において、ボトリングには外部環境から飲料を保護し防腐する役割があり、重要な工程です。Technavio社はボトリングラインマシンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.89%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bosch Packaging Technology• Coesia• GEA Group• Krones• Sidel等です。
  • 有機ペットフードの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、有機ペットフードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、有機ペットフードの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性用避妊用具・避妊薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性用避妊用具・避妊薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用避妊用具・避妊薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコーン溶液の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、シリコーン溶液の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シリコーン溶液市場規模、エンドユーザ別(パーソナルケア・ホームケア製品、エネルギー、農業、繊維製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・シリコーン溶液の世界市場概要 ・シリコーン溶液の世界市場環境 ・シリコーン溶液の世界市場動向 ・シリコーン溶液の世界市場規模 ・シリコーン溶液の世界市場:業界構造分析 ・シリコーン溶液の世界市場:エンドユーザ別(パーソナルケア・ホームケア製品、エネルギー、農業、繊維製品、その他) ・シリコーン溶液の世界市場:地域別市場規模・分析 ・シリコーン溶液の北米市場規模・予測 ・シリコーン溶液のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・シリコーン溶液のアジア太平洋市場規模・予測 ・シリコーン溶液の主要国分析 ・シリコーン溶液の世界市場:意思決定フレームワーク ・シリコーン溶液の世界市場:成長要因、課題 ・シリコーン溶液の世界 …
  • 繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 柔軟剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、柔軟剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、柔軟剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • C-RANの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、C-RANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、地域別分析、C-RANの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート製造プラットフォームの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、スマート製造プラットフォームの世界市場規模が2017年27.6億ドルから2026年159.3億ドルまで年平均21.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、スマート製造プラットフォームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート製造プラットフォーム市場規模、種類別(接続管理、アプリケーション実現プラットフォーム、端末管理)分析、展開種類別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(資産・状態監視、性能最適化、その他の用途)分析、エンドユーザー別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:市場動向分析 ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:競争要因分析 ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:種類別(接続管理、アプリケーション実現プラットフォーム、端末管理) ・ スマート製造プラットフォームの世界市場:展開種類別(オ …
  • 豆腐の世界市場
    当調査レポートでは、豆腐の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、豆腐の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場:タイプ別(シングルドア、ダブルドア、サイドバイサイドドア、フレンチドア)、冷凍庫の位置別、セグメント予測
    家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場は2025年には1256億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、冷蔵庫の革新への投資拡大、所得水準の上昇、高仕様製品の低価格化などが考えられます。この市場は、消費者支出の増加と資金調達が容易になったことにより着実に成長しています。高級ブランド志向の高まりも、今後の市場の成長につながると期待されています。本調査レポートでは、家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場について調査・分析し、家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場動向、家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場規模、市場予測、セグメント別家庭用冷蔵庫および冷凍庫市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • OTC装具および支持具の世界市場予測(~2022年):ひざ、背中、脊柱、腰、足首、足、肩、肘、手
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、OTC装具および支持具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析、OTC装具および支持具の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エイズ関連カポジ肉腫(AIDS – Related Kaposi’s Sarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるエイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、エイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・エイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)の概要 ・エイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のエイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨 …
  • 冷蔵道路輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、冷蔵道路輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵道路輸送の世界市場規模及び予測、セグメント別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 太陽熱の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、太陽熱の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、太陽熱市場規模、用途別(発熱、発電)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abengoa, ACCIONA, Bosch Thermotechnology, GREENoneTEC, Viessmannなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・太陽熱の世界市場概要 ・太陽熱の世界市場環境 ・太陽熱の世界市場動向 ・太陽熱の世界市場規模 ・太陽熱の世界市場:業界構造分析 ・太陽熱の世界市場:用途別(発熱、発電) ・太陽熱の世界市場:地域別市場規模・分析 ・太陽熱の北米市場規模・予測 ・太陽熱のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・太陽熱のアジア太平洋市場規模・予測 ・太陽熱の主要国分析 ・太陽熱の世界市場:意思決定フレームワーク ・太陽熱の世界市場:成長要因、課題 ・太陽熱の世界市場:競争環境 ・太陽熱の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 血栓摘除術装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血栓摘除術装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血栓摘除術装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鉄道車両市場2015
    本調査レポートでは、世界の鉄道車両市場2015について調査・分析し、鉄道車両の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の膝再建装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、膝再建装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膝再建装置の概要 ・膝再建装置の開発動向:開発段階別分析 ・膝再建装置の開発動向:セグメント別分析 ・膝再建装置の開発動向:領域別分析 ・膝再建装置の開発動向:規制Path別分析 ・膝再建装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別膝再建装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・膝再建装置の最近動向
  • 西ヨーロッパ(WE)のコネクティッド・カーM2M通信およびサービス市場
    当調査レポートでは、西ヨーロッパ(WE)のコネクティッド・カーM2M通信およびサービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、西ヨーロッパ(WE)のコネクティッド・カーM2M通信およびサービス市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の機能安全市場:提供別(コンポーネント(安全センサー、プログラマブル安全システム、最終制御要素)、サービス)、システム別(ESD、TMC、F&G、HIPPS、BMS)、産業別(石油&ガス、化学、発電)、地域別
    MarketsandMarkets社は、機能安全の世界市場規模が2019年46億ドルから2024年71億ドルまで年平均8.8%成長すると予測しています。本書は、世界の機能安全市場について調査・分析し、市場概要、システム別(緊急停止システム(ESD)、火災およびガス監視、高完全性圧力保護システム(HIPPS)、バーナー管理システム(BMS)、ターボ機械制御(TMC))分析、提供別(コンポーネント、サービス)分析、産業別(石油およびガス、食品および飲料、医薬品、化学薬品、発電、金属および鉱業、水および廃水)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の機能安全市場:システム別(緊急停止システム(ESD)、火災およびガス監視、高完全性圧力保護システム(HIPPS)、バーナー管理システム(BMS)、ターボ機械制御(TMC)) ・世界の機能安全市場:提供別(コンポーネント、サービス) ・世界の機能安全市場:産業別(石油およびガス、食品および飲料、医薬品、化学薬品、発電、金属およ …
  • 業務用包丁の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、業務用包丁の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用包丁市場規模、製品別(牛刀(シェフナイフ)、肉用、パン用、万能包丁、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用包丁の世界市場概要 ・業務用包丁の世界市場環境 ・業務用包丁の世界市場動向 ・業務用包丁の世界市場規模 ・業務用包丁の世界市場:業界構造分析 ・業務用包丁の世界市場:製品別(牛刀(シェフナイフ)、肉用、パン用、万能包丁、その他) ・業務用包丁の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用包丁の北米市場規模・予測 ・業務用包丁のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・業務用包丁のアジア太平洋市場規模・予測 ・業務用包丁の主要国分析 ・業務用包丁の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用包丁の世界市場:成長要因、課題 ・業務用包丁の世界市場:競争環境 ・業務用包丁の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • コンピューター統合生産(CIM)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コンピューター統合生産(CIM)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンピューター統合生産(CIM)市場規模、製品別(CAD、CAM、DM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンピューター統合生産(CIM)の世界市場概要 ・コンピューター統合生産(CIM)の世界市場環境 ・コンピューター統合生産(CIM)の世界市場動向 ・コンピューター統合生産(CIM)の世界市場規模 ・コンピューター統合生産(CIM)の世界市場:業界構造分析 ・コンピューター統合生産(CIM)の世界市場:製品別(CAD、CAM、DM) ・コンピューター統合生産(CIM)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンピューター統合生産(CIM)のアメリカ市場規模・予測 ・コンピューター統合生産(CIM)のヨーロッパ市場規模・予測 ・コンピューター統合生産(CIM)のアジア市場規模・予測 ・コンピューター統合生産(CIM)の主要国分析 ・コン …
  • 航空分野向け人工知能(AI)の世界市場2018-2022
    ビッグデータは、コスト効率の高い製品設計、より効率的な製造と運用を可能にすることにより、航空市場にプラスの影響を与えると期待されています。航空機の構造健全性監視を行うため、ビッグデータの導入が増加しています。 航空機構造物および内部部品の様々な部分に配置されたセンサーを介して、構造内に発生した応力および歪みが故障の発生前に検出されます。例えば、航空機では、着陸時に部品を交換する必要がある場合、すぐに交換する準備を乗務員にさせておくために、システムはメッセージを介して乗務員に事前に通知し、それによりターンアラウンドタイムを最小化することができます。 主な分析対象企業は、Airbus、Amazon、IBM、Intel、Microsoftなどです。 当調査レポートでは、航空分野向け人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空分野向け人工知能(AI)市場規模、用途別(航空会社・空港運営、製造・MRO(保守・修理・点検)活動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクテ …
  • 心肺ストレス検査装置の世界市場:CPET装置、ストレスECG、SPECTシステム、ストレス血圧モニター、パルスオキシメーター
    当調査レポートでは、心肺ストレス検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心肺ストレス検査装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ゼラチンの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ゼラチンの世界市場について調査・分析し、ゼラチンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ゼラチンの世界市場:市場動向分析 - ゼラチンの世界市場:競争要因分析 - ゼラチンの世界市場:原料別 ・牛皮 ・牛の骨 ・豚皮 ・その他 - ゼラチンの世界市場:機能 ・ゲル化剤 ・増粘剤 ・安定剤 ・その他 - ゼラチンの世界市場:用途別 ・食品・飲料 ・調剤 ・パーソナルケア(化粧品) ・栄養補助食品 ・写真 ・その他 - ゼラチンの世界市場:主要地域別分析 - ゼラチンの北米市場規模(アメリカ市場等) - ゼラチンのヨーロッパ市場規模 - ゼラチンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ゼラチンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • クラウドIAM(アイデンティティ及びアクセス管理)の世界市場
    当調査レポートでは、クラウドIAM(アイデンティティ及びアクセス管理)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドIAM(アイデンティティ及びアクセス管理)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 東アジアの製薬市場:日本、台湾、韓国
  • ソフトウェアライセンス管理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソフトウェアライセンス管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ソフトウェアライセンス管理の世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ニュージーランドの股関節再建装置市場見通し
  • 電気自動車充電スタンドの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電気自動車充電スタンドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、充電スタンド(AC、DC)別分析、設置タイプ(家庭用、商用)別分析、地域別分析、電気自動車充電スタンドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"