"世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3143)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing customer preference for online streaming services to drive the overall growth of the VoD market”
The Video on Demand (VoD) market size is expected to grow from USD 38.9 billion in 2019 to USD 87.1 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 17.5% during the forecast period. The major factors driving the growth of the VoD market include internet proliferation with penetration of smart devices along with a strong opportunity to reach targeted audiences.

“OTT segment to hold the highest market share during the forecast period”
The flexibility, comfort, and personalization of content have driven the adoption of VoD solution. Over The Top (OTT) services are predominantly delivered over the end user’s handheld devices, such as smartphones, tablets, and laptops, through a wireless connection over the internet. Through the OTT services, viewers are provided with a plethora of choices, with titles from diverse genres within the vast library to choose from at any given time. Owing to this ease-of-use and flexibility, viewers can have a seamless experience.

“Subscription-based segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Subscrition-based Video on Demand (SVoD) empowers content providers to set up multiple pricing options for users of their content. A proper combination of content and pricing is essential to acquire and maintain audiences. Netflix has over 158 million paid memberships across 190 countries for the SVoD monetization model. The platform offers TV series, documentaries, and feature films across a wide variety of genres and languages. In the VoD market space, the SVoD monetization model enables end users to pay monthly/yearly fees to access its services. The subscription sales include fees associated with memberships and access to digital content.

“Media, entertainment, and gaming industry vertical segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
With the digitalization of media, entertainment, and gaming mediums, the consumer appetite for gaining access to the right information or preferred channels is growing increasingly. Through efficient VOD solution, organizations are analyzing the structured and unstructured content to enhance their business decisions, augment content quality, and enrich business operations. Rich media services are offered to individual customers through a variety of devices for better customer engagement. By utilizing VoD services, enterprises can interact with their consumers to deliver media and advertising content via rich messaging channels.

“APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Major economies in the Asia Pacific (APAC) include China, Japan, and Australia and New Zealand (ANZ). The proliferation of smart devices, broadband, and internet connectivity, which is augmented by the emergence of advanced technologies, such as 5G, 4G, developed payment infrastructure, and a dynamic local content ecosystem, is driving the VoD market forward. In APAC countries, VoD players such as YouTube, iQiyi, Tencent Video, Youku, ByteDance, Netflix, Amazon, Hotstar, and Hulu Japan, will account for a major share of revenue.

• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 43%
• By Designation: C-level – 62%, Directors – 20%, and Others – 18%
• By Region: North America – 40%, APAC – 30%, Europe – 20%, Latin America- 5% and MEA– 5%.
Some prominent players across all solution types profiled in the study include Netflix (US), Amazon (US), Google (US), YouTube (US), Apple (US), HBO (US), Cisco (US), Roku (US), IndieFlix (US), Vudu (US), Hulu (US), Comcast (US), Akamai (US), Huawei (China), Fujitsu (Japan), CenturyLink (US), Muvi (US), and Vubiquity (US).

Research coverage
The market study covers the VoD market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as component, monetization models (subscription-based, advertising-based, transaction-based, and others), industry vertical (media, entertainment and gaming, travel and hospitality, education and others) and regions (North America, Europe, APAC, MEA, and Latin America).
The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall VoD market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses, and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Video on Demand Market
4.2 Market By Component (2019 vs 2024)
4.3 Market By Solution (2019 vs 2024)
4.4 Market By Industry Vertical (2019 vs 2024)
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Flexibility and Ease-Of-Use Offering Seamless Customer Experience
5.1.1.2 Proliferation of Mobile Computing Devices
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Growing Threat of Video Content Piracy
5.1.2.2 Disparity in Opinion Between Producers and Aggregators Over Licensed Business Model
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Increasing Preference for Online Streaming Services Over Traditional TV
5.1.3.2 Mergers With Local Producers and Film Studios Across Regions for the Subscription VoD Model
5.1.3.3 Use of Analytics and AI to Discern Audience Preferences and Reactions
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Complex IP, Government Regulatory Frameworks, and Licensing Regimes Across Regions
5.1.4.2 High Cost of Video Content Creation
6 Video on Demand Market By Component (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Pay-TV
6.2.1.1 Cable TV
6.2.1.1.1 Focus on Creating Local Format Content to Boost the Demand for Cable TV
6.2.1.2 Direct to Home
6.2.1.2.1 Increasing Need to Substantially Reduce Customer Churn Driving the Growth of Direct to Home Segment
6.2.2 Over-The-Top Services
6.2.2.1 Flexibility to Access Video on Handheld Devices Driving the Demand for Over-The-Top Services
6.2.3 Internet Protocol Television
6.2.3.1 Attractive Pricing Strategies to Spur the Growth of the IPTV Segment
6.3 Services
6.3.1 Growing Need to Streamline Business Processes Driving the Growth of Services Segment
7 Video on Demand Market By Monetization Model (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Transaction-Based
7.2.1 Attractive Video Packages to Boost the Demand for Transaction-Based Monetization Model
7.3 Subscription-Based
7.3.1 Focus on Delivering Enhanced Customer Experience to Fuel the Demand for Subscription-Based Monetization Model
7.4 Advertising-Based
7.4.1 Higher Penetration of Internet and Use of Mobile Devices to Drive the Demand for Advertising-Based Monetization Model
7.5 Others
8 Video on Demand Market By Industry Vertical (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Media, Entertainment, and Gaming
8.2.1 Ability to Select Content as Per One’s Interest to Drive the Growth of the Market in Media, Entertainment, and Gaming Vertical
8.3 Travel and Hospitality
8.3.1 Growing Demand for On-The-Go Services on Handheld Devices to Boost the Adoption of VoD Solution and Services in Travel and Hospitality Vertical
8.4 Education
8.4.1 Proliferation of Elearning and Smart Education System to Drive the Growth of the Market in the Education Vertical
8.5 Others
9 Video on Demand Market By Region (Page No. – 65)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 United States
9.2.1.1 Presence of Major VoD Solution Providers in the US to Drive the Growth of the Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Increased Mobility Trend in Canada to Drive the Growth of VoD Market
9.3 Europe
9.3.1 United Kingdom
9.3.1.1 Changing Content Consumption Behavior to Drive the Demand for the OTT Services Segment in the UK
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Increasing Number of Digital Viewers Contributing to the Growth of the VoD Market in Germany
9.3.3 France
9.3.3.1 Robust Telecommunication Infrastructure to Propel the Growth of the VoD Market in France
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Roll Out of 5G Services By Telecom Operators to Drive the Growth of the VoD Market in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Convenience of Accessing Content From Anywhere and Any Device to Propel the Growth of the VoD Market in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 High Internet Traffic in India Contributing to the Higher Adoption of VoD Solutions
9.4.4 Australia and New Zealand
9.4.4.1 Technologically Advanced Population With Strong Awareness of VoD Content to Drive Svod Monetization Model in ANZ
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.5.1 Mexico
9.5.1.1 Increasing Adoption of Mobile Technology in Mexico to Propel the Growth of the VoD Market
9.5.2 Brazil
9.5.2.1 Digital Transformation Initiatives Across Industry Verticals to Drive OTT Services Segment in Brazil
9.5.3 Rest of Latin America
9.6 Middle East and Africa
9.6.1 United Arab Emirates
9.6.1.1 Government Initiatives to Offer Positive Opportunities for the Adoption of VoD Solutions in the UAE
9.6.2 South Africa
9.6.2.1 Increasing Interest of Audience in Global Video Content to Drive the VoD Market in South Africa
9.6.3 Kingdom of Saudi Arabia
9.6.3.1 Use of Internet to Watch TV and Video Content Propelling the Growth of VoD Solutions and Services in KSA
9.6.4 Rest of Middle East and Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 100)
10.1 Overview
10.2 Competitive Scenario
10.2.1 Partnerships
10.2.2 New Product Launches
11 Company Profiles (Page No. – 104)
11.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.2 Netflix
11.3 Amazon
11.4 Google
11.5 Apple
11.6 Youtube
11.7 Cisco
11.8 HBO
11.9 Hulu
11.10 Vudu
11.11 Indieflix
11.12 Comcast
11.13 Akamai
11.14 Huawei
11.15 Fujitsu
11.16 Centurylink
11.17 Roku
11.18 Muvi
11.19 Vubiquity
11.20 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 144)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3143
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 農業用小型トラクターの世界市場2018-2022
    製品種類の増加に伴い、農業用小型トラクターの需要が高まっています。業者は、改良した機能を備えた製品を発売することに力を注いでいます。 例を上げると、KUBOTA UKは36.6-HPの3気筒クボタD1803-M-E2エンジン(マニュアルまたは3レンジ静圧伝達付き)と38リットル容量のタンクを装備したL1361小型ユーティリティトラクターを発売しました。 Technavioのアナリストは、農業用小型トラクター市場が2022年までに約4%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、AGCO、CNH Industrial、Deere & Company、KUBOTA、Mahindra & Mahindraなどです。 当調査レポートでは、農業用小型トラクターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業用小型トラクター市場規模、エンジン容量別(20-40HP、20HP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・農業用小型トラクター …
  • ブラシレスDCモーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ブラシレスDCモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ブラシレスDCモーター市場規模、スピード別(10,000RPM超、2,001-10,000RPM、501–2,000RPM、500RPM未満)分析、種類別(アウターローター、インナーローター)分析、エンドユーザー別(医療機器、自動車、家庭用電化製品、製造、冷暖房(HVAC)機器、航空・防衛、ユーティリティー産業、その他)分析、用途別(アクチュエーター、CNC機器、押出機駆動モーター、リニアモーター、サーボモーター、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ブラシレスDCモーターの世界市場:市場動向分析 ・ ブラシレスDCモーターの世界市場:競争要因分析 ・ ブラシレスDCモーターの世界市場:スピード別(10,000RPM超、2,001-10,000RPM、501–2,000RPM、500RPM未満) ・ ブラシレスDCモーターの世界市場:種類別(アウタ …
  • インドの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 東南アジアのデータセンター市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジアのデータセンター市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジアのデータセンター市場規模及び予測、IT装置別分析、電源管理別分析、冷却方式別分析、セキュリティ別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バイオセンサーの世界市場:用途別(医療、農業)、技術別(サーマル式、電気化学式、光学式)、セグメント予測
    本調査レポートでは、バイオセンサーの世界市場について調査・分析し、バイオセンサーの世界市場動向、バイオセンサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオセンサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のフレキシブルOLED用基板市場2015
    本調査レポートでは、世界のフレキシブルOLED用基板市場2015について調査・分析し、フレキシブルOLED用基板の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エピジェネティクスの世界市場:修飾酵素、DNAポリメラーゼ、アセチラーゼ、メチルトランスフェラーゼ、機器、消耗品、キット、試薬
    当調査レポートでは、エピジェネティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、研究分野別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子戦(EW)の世界市場:電子攻撃、電子防護、電子戦支援
    当調査レポートでは、電子戦(EW)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電子戦(EW)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電子戦(EW)の世界市場:セグメント別市場分析  (電子攻撃、電子防護、電子戦支援) ・電子戦(EW)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 陸上焼却プラントの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、陸上焼却プラントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、陸上焼却プラント市場規模、容量別(大容量、中容量、小容量)分析、用途別(工場、地方自治体、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 陸上焼却プラントの世界市場:市場動向分析 ・ 陸上焼却プラントの世界市場:競争要因分析 ・ 陸上焼却プラントの世界市場:容量別(大容量、中容量、小容量) ・ 陸上焼却プラントの世界市場:用途別(工場、地方自治体、その他) ・ 陸上焼却プラントの世界市場:主要地域別分析 ・ 陸上焼却プラントの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 陸上焼却プラントのヨーロッパ市場規模 ・ 陸上焼却プラントのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・陸上焼却プラントの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 感染対策の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、感染対策の世界市場について調べ、感染対策の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、感染対策の市場規模をセグメンテーション別(種類別(治療薬、非治療薬)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は感染対策の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・感染対策の市場状況 ・感染対策の市場規模 ・感染対策の市場予測 ・感染対策の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(治療薬、非治療薬) ・感染対策の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 食品用乳化剤の世界市場予測2022:モノグリセリド、ジグリセリド、レシチン、ソルビタンエステル、ステアロイルラクチラート塩、ポリグリセロールエステル
    当調査レポートでは、食品用乳化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析、食品用乳化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザワクチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インフルエンザワクチンの世界市場について調査・分析し、インフルエンザワクチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インフルエンザワクチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、インフルエンザワクチン種類別分析(全粒子ワクチン、Split Virus Vaccines、サブユニットワクチン、弱毒化生ウイルスワクチン)、インフルエンザワクチン用途別分析(幼児(6か月から3歳)、3歳以上の子供・成人用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インフルエンザワクチンの市場概観 ・インフルエンザワクチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インフルエンザワクチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インフルエンザワクチンの世界市場規模 ・インフルエンザワクチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インフルエンザワクチンのアメリカ市場規模推移 ・インフルエンザワクチンのカナダ市場規模推移 ・インフルエンザワクチンのメキシコ市場規模推移 ・インフルエンザワクチンのヨ …
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・注意欠陥多動性障害(ADHD)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・注意欠陥多動性障害(ADHD)治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 麻ベース食品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻ベース食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻ベース食品の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレンジフード市場2016
    本調査レポートでは、世界のレンジフード市場2016について調査・分析し、レンジフードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター冷却の世界市場分析:製品別(エアコン、精密空調、チラー、エアハンドリングユニット)、用途別(電話通信・IT、小売、ヘルスケア、BFSI、エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、データセンター冷却の世界市場について調査・分析し、データセンター冷却の世界市場動向、データセンター冷却の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンター冷却市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クラウドセキュリティの世界市場:クラウドIAM、クラウドEメールセキュリティ、クラウドIDS/IPS、クラウドDLP
    当調査レポートでは、クラウドセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドセキュリティの世界市場規模及び予測、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 関節リウマチ検査装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、関節リウマチ検査装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・関節リウマチ検査装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・関節リウマチ検査装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・関節リウマチ検査装置の製品パイプライン分析 ・関節リウマチ検査装置の治験動向 ・主要企業分析 ・関節リウマチ検査装置の世界市場規模予測 ・関節リウマチ検査装置の地域別市場規模予測
  • 東南アジアのデータセンター冷却市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジアのデータセンター冷却市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジアのデータセンター冷却市場規模及び予測、冷却システム別分析、冷却技術別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • BIPV(建材一体型太陽光発電)ガラスの世界市場2015-2022
  • 世界及び欧州の金属基複合材料(MMC)市場-分析及び展望(~2022年)
  • 脊髄疾患(Spinal Cord Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脊髄疾患(Spinal Cord Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脊髄疾患(Spinal Cord Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脊髄疾患(Spinal Cord Disorders)の概要 ・脊髄疾患(Spinal Cord Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脊髄疾患(Spinal Cord Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脊髄疾患(Spinal Cord Disorders)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 美容およびパーソナルケア製品の世界市場予測
    本調査レポートでは、美容およびパーソナルケア製品の世界市場について調査・分析し、美容およびパーソナルケア製品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 医療用カメラと顕微鏡の世界市場
    当調査レポートでは、医療用カメラと顕微鏡の世界市場について調査・分析し、医療用カメラと顕微鏡の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者、貸手)、用途別(スマートコントラクト、サプライチェーン管理、航空機メンテナンス、貨物および手荷物追跡)、展開別、機能別、地域別
    MarketsandMarkets社は、航空ブロックチェーンの世界市場規模が2019年421百万ドルから2025年1394百万ドルまで年平均22.1%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の航空ブロックチェーン市場を広く調査・分析し、市場概要、最終市場別(航空会社、Mro、空港、メーカー、講師)分析、用途別(貨物および手荷物追跡、旅客識別管理、フライトおよび乗務員データ管理、フリークエントフライヤープログラム、スマート契約、サプライチェーン管理、航空機整備)分析、展開別(パブリック、プライベート、ハイブリッド)分析、機能別(記録保持、トランザクション)分析、業種別(民生用、商業用)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(航空会社、Mro、空港、メーカー、講師) ・世界の航空ブロックチェーン市場:用途別(貨物および手荷物追跡、旅客識別管理、フライトおよび乗務員データ管理、フリークエントフライヤープ …
  • ストレッチ・シュリンクフィルムの世界市場
    当調査レポートでは、ストレッチ・シュリンクフィルムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ストレッチ・シュリンクフィルムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ストレッチ・シュリンクフィルムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ストレッチ・シュリンクフィルムのアメリカ市場規模予測 ・ストレッチ・シュリンクフィルムのヨーロッパ市場規模予測 ・ストレッチ・シュリンクフィルムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 救急箱の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、救急箱の世界市場について調査・分析し、救急箱のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(一般型・特殊型)、用途別販売分析(家庭用・オフィス用、交通、産業・製造設備、軍隊、アウトドア、スポーツ)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、救急箱産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・救急箱市場概要 ・救急箱のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・救急箱の世界市場:種類別販売量(一般型・特殊型) ・救急箱の世界市場:用途別販売量(家庭用・オフィス用、交通、産業・製造設備、軍隊、アウトドア、スポーツ) ・救急箱の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・救急箱の米国市場規模 ・救急箱の中国市場規模 ・救急箱の欧州市場規模 ・救急箱の日本市場規模 ・救急箱の東南アジア市場規模 ・救急箱のインド市場規模 ・救急箱のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等) ・救急箱のコスト分析・価格動向 ・救急箱の産業チェーン(サプライチェーン分析) ・救急箱のマーケティング戦略・販売チャネ …
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 世界のラットモデル市場規模・予測2017-2025:種類別(ハイブリッド、非近交系ラット、近交系ラット、ノックアウトラット、条件付け、免疫不全)、技術別(微量注入、核移植)、サービス別(繁殖、細胞凍結、検疫)、用途別(腫瘍学、オンコロジー、免疫学)、エンドユーズ別(CROs、学術研究機関、ヘルスケア企業)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のラットモデル市場について調査・分析し、世界のラットモデル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のラットモデル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヘア美容液の世界市場:ヘアースタイリング美容液、ヘアトリートメント美容液
    当調査レポートでは、ヘア美容液の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘア美容液の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スキンパッケージの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スキンパッケージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スキンパッケージの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • PEEKの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、PEEKの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、PEEKの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 公共安全LTEデバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、公共安全LTEデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、公共安全LTEデバイスの世界市場規模及び予測、収益別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 食品廃棄物処理装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品廃棄物処理装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品廃棄物処理装置市場規模、流通チャネル別(オフライン、オンライン)分析、エンドユーザ―別(商業、住宅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Anaheim Manufacturing Company, Emerson Electric, Franke Management, Haier, Hobart, Whirlpoolなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品廃棄物処理装置の世界市場概要 ・食品廃棄物処理装置の世界市場環境 ・食品廃棄物処理装置の世界市場動向 ・食品廃棄物処理装置の世界市場規模 ・食品廃棄物処理装置の世界市場:業界構造分析 ・食品廃棄物処理装置の世界市場:流通チャネル別(オフライン、オンライン) ・食品廃棄物処理装置の世界市場:エンドユーザ―別(商業、住宅) ・食品廃棄物処理装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品廃棄物処理装置の北米市場 …
  • 成型プラスチック包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、成型プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、成型プラスチック包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 肝臓移植(Liver Transplantation):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝臓移植(Liver Transplantation):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肝臓移植(Liver Transplantation)のフェーズ3治験薬の状況 ・肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬の市場規模(販売予測) ・肝臓移植(Liver Transplantation)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肝臓移植(Liver Transplantation)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肝臓移植(Liver Transplantation)治療薬剤
  • ポリ乳酸のアジア太平洋市場
  • 世界のポリマーコーティング生地市場:製品別(ポリビニル、ポリウレタン、ポリエチレン)、用途別(輸送、防護服、工業用、日除け、屋根&天蓋、家具&座席)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ポリマーコーティング生地の世界市場規模が2019年163億ドルから2024年201億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。当資料では、世界のポリマーコーティング生地市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品別(ビニールポリマーコーティング生地、Puポリマーコーティング生地、Peポリマーコーティング生地、その他のポリマーポリマーコーティング生地)分析、用途別(交通機関、防護服、工業用、屋根、日よけ&天蓋、家具&座席、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のポリマーコーティング生地市場:製品別(ビニールポリマーコーティング生地、Puポリマーコーティング生地、Peポリマーコーティング生地、その他のポリマーポリマーコーティング生地) ・世界のポリマーコーティング生地市場:用途別(交通機関、防護服、工業用、屋根、日よけ&天蓋、家具&座席、その他) ・世界のポリマーコーティング生地市場:地域別 ・競合環境 ・企業概 …
  • 世界のフィターゼ市場2015
    本調査レポートでは、世界のフィターゼ市場2015について調査・分析し、フィターゼの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 学生情報管理システム(SIMS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学生情報管理システム(SIMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学生情報管理システム(SIMS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 胎児および新生児のケア用設備の世界市場
    当調査レポートでは、胎児および新生児のケア用設備の世界市場について調査・分析し、胎児および新生児のケア用設備の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 胎児および新生児のケア用設備の世界市場:市場動向分析 - 胎児および新生児のケア用設備の世界市場:競争要因分析 - 胎児および新生児のケア用設備:新生児用設備別 ・変換可能なウォーマー&保育器 ・保育器 ・呼吸装置 ・新生児モニタリング装置 ・光線療法用設備 ・インファントウォーマー - 胎児および新生児のケア用設備:胎児用設備別 ・超音波装置 ・胎児MRIシステム ・胎児パルスオキシメーター ・胎児ドップラー ・胎児モニター - 胎児および新生児のケア用設備:エンドユーザー別 ・病院 ・クリニック ・その他 - 胎児および新生児のケア用設備の世界市場:主要地域別分析 - 胎児および新生児のケア用設備の北米市場規模(アメリカ市場等) - 胎児および新生児のケア用設備のヨーロッパ市場規模 - 胎児および新生児のケア用設備のアジア市場規模(日本市場、中国市場、イ …
  • エンドウでん粉の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エンドウでん粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(食品・飲料、飼料、ペットフード、工業用)分析、機能別(結合・増粘、ゲル化、テクスチャライジング、膜形成)分析、グレード別分析、エンドウでん粉の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臓器移植免疫抑制薬の世界市場
    当調査レポートでは、臓器移植免疫抑制薬の世界市場について調査・分析し、臓器移植免疫抑制薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アメリカのファーストカジュアルレストラン市場
    当調査レポートでは、アメリカのファーストカジュアルレストラン市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのファーストカジュアルレストラン市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 屋根材の世界市場:瀝青、金属、タイル
    当調査レポートでは、屋根材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、屋根材の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル端末用モーションセンサーの世界市場:スマートウォッチ、スマートバンド、スマートクロージング、スマートグラス
    当調査レポートでは、ウェアラブル端末用モーションセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブル端末用モーションセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラフトビアのヨーロッパ市場
    当調査レポートでは、クラフトビアのヨーロッパ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラフトビアのヨーロッパ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管内超音波検査(IVUS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血管内超音波検査(IVUS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管内超音波検査(IVUS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エッジコンピューティングの世界市場予測(~2022年):ハードウェア、プラットフォーム、ソリューション
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エッジコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、用途別分析、企業規模別分析、産業別分析、エッジコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスムージー市場:製品別、消費パターン別、地域別
    本調査レポートはスムージーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(フルーツベース、乳製品ベース、その他のスムージー)分析、顧客状況、地域別状況、消費パターン別(家庭外消費、家庭内消費)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スムージーの世界市場:製品別(フルーツベース、乳製品ベース、その他のスムージー) ・顧客状況 ・地域別状況 ・スムージーの世界市場:消費パターン別(家庭外消費、家庭内消費) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"