"世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3143)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing customer preference for online streaming services to drive the overall growth of the VoD market”
The Video on Demand (VoD) market size is expected to grow from USD 38.9 billion in 2019 to USD 87.1 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 17.5% during the forecast period. The major factors driving the growth of the VoD market include internet proliferation with penetration of smart devices along with a strong opportunity to reach targeted audiences.

“OTT segment to hold the highest market share during the forecast period”
The flexibility, comfort, and personalization of content have driven the adoption of VoD solution. Over The Top (OTT) services are predominantly delivered over the end user’s handheld devices, such as smartphones, tablets, and laptops, through a wireless connection over the internet. Through the OTT services, viewers are provided with a plethora of choices, with titles from diverse genres within the vast library to choose from at any given time. Owing to this ease-of-use and flexibility, viewers can have a seamless experience.

“Subscription-based segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Subscrition-based Video on Demand (SVoD) empowers content providers to set up multiple pricing options for users of their content. A proper combination of content and pricing is essential to acquire and maintain audiences. Netflix has over 158 million paid memberships across 190 countries for the SVoD monetization model. The platform offers TV series, documentaries, and feature films across a wide variety of genres and languages. In the VoD market space, the SVoD monetization model enables end users to pay monthly/yearly fees to access its services. The subscription sales include fees associated with memberships and access to digital content.

“Media, entertainment, and gaming industry vertical segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
With the digitalization of media, entertainment, and gaming mediums, the consumer appetite for gaining access to the right information or preferred channels is growing increasingly. Through efficient VOD solution, organizations are analyzing the structured and unstructured content to enhance their business decisions, augment content quality, and enrich business operations. Rich media services are offered to individual customers through a variety of devices for better customer engagement. By utilizing VoD services, enterprises can interact with their consumers to deliver media and advertising content via rich messaging channels.

“APAC to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Major economies in the Asia Pacific (APAC) include China, Japan, and Australia and New Zealand (ANZ). The proliferation of smart devices, broadband, and internet connectivity, which is augmented by the emergence of advanced technologies, such as 5G, 4G, developed payment infrastructure, and a dynamic local content ecosystem, is driving the VoD market forward. In APAC countries, VoD players such as YouTube, iQiyi, Tencent Video, Youku, ByteDance, Netflix, Amazon, Hotstar, and Hulu Japan, will account for a major share of revenue.

• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 43%
• By Designation: C-level – 62%, Directors – 20%, and Others – 18%
• By Region: North America – 40%, APAC – 30%, Europe – 20%, Latin America- 5% and MEA– 5%.
Some prominent players across all solution types profiled in the study include Netflix (US), Amazon (US), Google (US), YouTube (US), Apple (US), HBO (US), Cisco (US), Roku (US), IndieFlix (US), Vudu (US), Hulu (US), Comcast (US), Akamai (US), Huawei (China), Fujitsu (Japan), CenturyLink (US), Muvi (US), and Vubiquity (US).

Research coverage
The market study covers the VoD market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as component, monetization models (subscription-based, advertising-based, transaction-based, and others), industry vertical (media, entertainment and gaming, travel and hospitality, education and others) and regions (North America, Europe, APAC, MEA, and Latin America).
The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall VoD market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses, and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Video on Demand Market
4.2 Market By Component (2019 vs 2024)
4.3 Market By Solution (2019 vs 2024)
4.4 Market By Industry Vertical (2019 vs 2024)
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Flexibility and Ease-Of-Use Offering Seamless Customer Experience
5.1.1.2 Proliferation of Mobile Computing Devices
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Growing Threat of Video Content Piracy
5.1.2.2 Disparity in Opinion Between Producers and Aggregators Over Licensed Business Model
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Increasing Preference for Online Streaming Services Over Traditional TV
5.1.3.2 Mergers With Local Producers and Film Studios Across Regions for the Subscription VoD Model
5.1.3.3 Use of Analytics and AI to Discern Audience Preferences and Reactions
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Complex IP, Government Regulatory Frameworks, and Licensing Regimes Across Regions
5.1.4.2 High Cost of Video Content Creation
6 Video on Demand Market By Component (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Pay-TV
6.2.1.1 Cable TV
6.2.1.1.1 Focus on Creating Local Format Content to Boost the Demand for Cable TV
6.2.1.2 Direct to Home
6.2.1.2.1 Increasing Need to Substantially Reduce Customer Churn Driving the Growth of Direct to Home Segment
6.2.2 Over-The-Top Services
6.2.2.1 Flexibility to Access Video on Handheld Devices Driving the Demand for Over-The-Top Services
6.2.3 Internet Protocol Television
6.2.3.1 Attractive Pricing Strategies to Spur the Growth of the IPTV Segment
6.3 Services
6.3.1 Growing Need to Streamline Business Processes Driving the Growth of Services Segment
7 Video on Demand Market By Monetization Model (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Transaction-Based
7.2.1 Attractive Video Packages to Boost the Demand for Transaction-Based Monetization Model
7.3 Subscription-Based
7.3.1 Focus on Delivering Enhanced Customer Experience to Fuel the Demand for Subscription-Based Monetization Model
7.4 Advertising-Based
7.4.1 Higher Penetration of Internet and Use of Mobile Devices to Drive the Demand for Advertising-Based Monetization Model
7.5 Others
8 Video on Demand Market By Industry Vertical (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Media, Entertainment, and Gaming
8.2.1 Ability to Select Content as Per One’s Interest to Drive the Growth of the Market in Media, Entertainment, and Gaming Vertical
8.3 Travel and Hospitality
8.3.1 Growing Demand for On-The-Go Services on Handheld Devices to Boost the Adoption of VoD Solution and Services in Travel and Hospitality Vertical
8.4 Education
8.4.1 Proliferation of Elearning and Smart Education System to Drive the Growth of the Market in the Education Vertical
8.5 Others
9 Video on Demand Market By Region (Page No. – 65)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 United States
9.2.1.1 Presence of Major VoD Solution Providers in the US to Drive the Growth of the Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Increased Mobility Trend in Canada to Drive the Growth of VoD Market
9.3 Europe
9.3.1 United Kingdom
9.3.1.1 Changing Content Consumption Behavior to Drive the Demand for the OTT Services Segment in the UK
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Increasing Number of Digital Viewers Contributing to the Growth of the VoD Market in Germany
9.3.3 France
9.3.3.1 Robust Telecommunication Infrastructure to Propel the Growth of the VoD Market in France
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Roll Out of 5G Services By Telecom Operators to Drive the Growth of the VoD Market in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Convenience of Accessing Content From Anywhere and Any Device to Propel the Growth of the VoD Market in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 High Internet Traffic in India Contributing to the Higher Adoption of VoD Solutions
9.4.4 Australia and New Zealand
9.4.4.1 Technologically Advanced Population With Strong Awareness of VoD Content to Drive Svod Monetization Model in ANZ
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.5.1 Mexico
9.5.1.1 Increasing Adoption of Mobile Technology in Mexico to Propel the Growth of the VoD Market
9.5.2 Brazil
9.5.2.1 Digital Transformation Initiatives Across Industry Verticals to Drive OTT Services Segment in Brazil
9.5.3 Rest of Latin America
9.6 Middle East and Africa
9.6.1 United Arab Emirates
9.6.1.1 Government Initiatives to Offer Positive Opportunities for the Adoption of VoD Solutions in the UAE
9.6.2 South Africa
9.6.2.1 Increasing Interest of Audience in Global Video Content to Drive the VoD Market in South Africa
9.6.3 Kingdom of Saudi Arabia
9.6.3.1 Use of Internet to Watch TV and Video Content Propelling the Growth of VoD Solutions and Services in KSA
9.6.4 Rest of Middle East and Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 100)
10.1 Overview
10.2 Competitive Scenario
10.2.1 Partnerships
10.2.2 New Product Launches
11 Company Profiles (Page No. – 104)
11.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.2 Netflix
11.3 Amazon
11.4 Google
11.5 Apple
11.6 Youtube
11.7 Cisco
11.8 HBO
11.9 Hulu
11.10 Vudu
11.11 Indieflix
11.12 Comcast
11.13 Akamai
11.14 Huawei
11.15 Fujitsu
11.16 Centurylink
11.17 Roku
11.18 Muvi
11.19 Vubiquity
11.20 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 144)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3143
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のビデオオンデマンド(VoD)市場:ソリューション別(有料テレビ、OTTサービス、およびIPTV)、収益化モデル別(サブスクリプションベースおよび広告ベース)、業種別(メディア、エンターテイメント、およびゲームと教育)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 電子棚ラベルの世界市場:製品タイプ別(LCD、セグメント化された電子ペーパー、およびフルグラフィック電子ペーパー)、コンポーネント別(ディスプレイ、バッテリー、トランシーバー、マイクロプロセッサー、その他)、通信技術別(無線周波数、赤外線、近距離無線通信、その他) 、店舗タイプ別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、非食品小売店、専門店、その他)
    本市場調査レポートでは電子棚ラベルについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品タイプ別(LCD、セグメント化された電子ペーパー、およびフルグラフィック電子ペーパー)分析、コンポーネント別(ディスプレイ、バッテリー、トランシーバー、マイクロプロセッサー、その他)分析、通信技術別(無線周波数、赤外線、近距離無線通信、その他)分析、店舗タイプ別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、非食品小売店、専門店、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:製品タイプ別(LCD、セグメント化された電子ペーパー、およびフルグラフィック電子ペーパー) ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:コンポーネント別(ディスプレイ、バッテリー、トランシーバー、マイクロプロセッサー、その他) ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:通信技術別(無線周波数、赤外線、近距離無線通信、その他) ・嚢胞性線維症(CF)治療薬の世界市場:店舗タイプ別(ハイパーマーケット、スー …
  • MEPサービスの北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、MEPサービスの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MEPサービスの北米市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリエチレンワックスの世界市場
    当調査レポートでは、ポリエチレンワックスの世界市場について調査・分析し、ポリエチレンワックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のチオシアン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のチオシアン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、チオシアン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リン酸塩結合剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるリン酸塩結合剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・リン酸塩結合剤の概要 ・リン酸塩結合剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のリン酸塩結合剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リン酸塩結合剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・リン酸塩結合剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のスマート変圧器市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート変圧器市場2015について調査・分析し、スマート変圧器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオシミュレーション技術の世界市場
    当調査レポートでは、バイオシミュレーション技術の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・バイオシミュレーション技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・バイオシミュレーション技術の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・バイオシミュレーション技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・バイオシミュレーション技術のアメリカ市場規模予測 ・バイオシミュレーション技術のヨーロッパ市場規模予測 ・バイオシミュレーション技術のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のデニムジーンズ市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートはデニムジーンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・デニムジーンズの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ブラジルの火力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • 筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の筋骨格系疼痛(Musculoskeletal Pain)治療薬剤
  • ドイツの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 世界の二ホウ化チタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の二ホウ化チタン市場2016について調査・分析し、二ホウ化チタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の紫外線硬化粉体塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の紫外線硬化粉体塗料市場2015について調査・分析し、紫外線硬化粉体塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インバータ・デューティ・モーターの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、インバータ・デューティ・モーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • VOCガスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、VOCガスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、VOCガス市場規模、エンドユーザー別(塗料・コーティング剤、化学製品、石油、医薬品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・VOCガスの世界市場概要 ・VOCガスの世界市場環境 ・VOCガスの世界市場動向 ・VOCガスの世界市場規模 ・VOCガスの世界市場:業界構造分析 ・VOCガスの世界市場:エンドユーザー別(塗料・コーティング剤、化学製品、石油、医薬品) ・VOCガスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・VOCガスの北米市場規模・予測 ・VOCガスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・VOCガスのアジア太平洋市場規模・予測 ・VOCガスの主要国分析 ・VOCガスの世界市場:意思決定フレームワーク ・VOCガスの世界市場:成長要因、課題 ・VOCガスの世界市場:競争環境 ・VOCガスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Aeroqua …
  • ピロリ菌検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • イギリスの病院用品市場(~2021)
  • 導電性繊維の世界市場予測(~2021年):綿、ナイロン、ポリエステル、ウール
    当調査レポートでは、導電性繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、繊維別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、導電性繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ニキビ治療薬の世界市場:治療クラス別(れ地の井戸、抗生剤、サリチル酸、過酸化ベンゾイル、その他)、製剤別(局所用薬剤、経口薬)、タイプ別(処方薬、市販(OTC)薬)、ニキビタイプ別(非炎症性、炎症性)、販売チャネル別(食料品店、薬局・ドラッグストア、電子商取引)
    本資料は、ニキビ治療薬の世界市場について調べ、ニキビ治療薬の世界規模、市場動向、市場環境、治療クラス別(れ地の井戸、抗生剤、サリチル酸、過酸化ベンゾイル、その他)分析、タイプ別(処方薬、市販(OTC)薬)分析、ニキビタイプ別(非炎症性、炎症性)分析、販売チャネル別(食料品店、薬局・ドラッグストア、電子商取引)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ニキビ治療薬の世界市場概要 ・ニキビ治療薬の世界市場環境 ・ニキビ治療薬の世界市場動向 ・ニキビ治療薬の世界市場規模 ・ニキビ治療薬の世界市場:治療クラス別(れ地の井戸、抗生剤、サリチル酸、過酸化ベンゾイル、その他) ・ニキビ治療薬の世界市場:製剤別(局所用薬剤、経口薬) ・ニキビ治療薬の世界市場:タイプ別(処方薬、市販(OTC)薬) ・ニキビ治療薬の世界市場:ニキビタイプ別(非炎症性、炎症性) ・ニキビ治療薬の世界市場:販売チャネル別(食料品店、薬局・ドラッグストア、電子商取引) ・ニキビ治療薬の世 …
  • フランスの体外式除細動器市場(~2021)
  • コネクテッドマイニングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コネクテッドマイニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクテッドマイニングの世界市場規模及び予測、種類別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の免疫化学分析装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、免疫化学分析装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・免疫化学分析装置の概要 ・免疫化学分析装置の開発動向:開発段階別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:セグメント別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:領域別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:規制Path別分析 ・免疫化学分析装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別免疫化学分析装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・免疫化学分析装置の最近動向
  • ヘッドホンの世界市場2017-2021:一般ヘッドホン、スマートヘッドホン
    当調査レポートでは、ヘッドホンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘッドホンの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 絶縁の世界市場分析:製品別(ガラス繊維、発泡プラスチック、ミネラルウール)、用途別(住宅建設、工業用、HVACおよびOEM、非住宅建設)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、絶縁の世界市場について調査・分析し、絶縁の世界市場動向、絶縁の世界市場規模、市場予測、セグメント別絶縁市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アラミド繊維の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、アラミド繊維の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アラミド繊維シェア、市場規模推移、市場規模予測、アラミド繊維種類別分析(パラアラミド繊維、メタアラミド繊維、その他)、アラミド繊維用途別分析(ボディアーマー、航空宇宙用材料、スポーツ用材料、タイヤ、高強度ロープ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アラミド繊維の市場概観 ・アラミド繊維のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アラミド繊維のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アラミド繊維の世界市場規模 ・アラミド繊維の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アラミド繊維のアメリカ市場規模推移 ・アラミド繊維のカナダ市場規模推移 ・アラミド繊維のメキシコ市場規模推移 ・アラミド繊維のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アラミド繊維のドイツ市場規模推移 ・アラミド繊維のイギリス市場規模推移 ・アラミド繊維のロシア市場規模 …
  • アラミド繊維の世界市場予測(~2024年):パラアラミド繊維、メタアラミド繊維
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(パラアラミド繊維、メタアラミド繊維)分析、用途別(セキュリティ・保護、摩擦材料、工業用ろ過、光ファイバー、ゴム補強、タイヤ補強)分析、アラミド繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 油田向けサービスの世界市場2017-2021:オンショア、オフショア
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、油田向けサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油田向けサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は油田向けサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Baker Hughes、Halliburton、National Oilwell Varco、Schlumberger、Weatherford等です。
  • 合成開口レーダー(SAR)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、合成開口レーダー(SAR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、合成開口レーダー(SAR)の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 自動化式侵害及び攻撃シミュレーションの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、自動化式侵害及び攻撃シミュレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(プラットフォーム/ツール、サービス)分析、用途別(構成管理、パッチ管理、脅威インテリジェンス)分析、エンドユーザー別(エンタープライズ、データセンター、サービスプロバイダー)分析、自動化式侵害及び攻撃シミュレーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動化式侵害及び攻撃シミュレーションの世界市場規模が2019年134百万ドルから2024年724百万ドルまで年平均40.2%成長すると予測しています。
  • セロトニントランスポータ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセロトニントランスポータ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セロトニントランスポータ阻害剤の概要 ・セロトニントランスポータ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のセロトニントランスポータ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セロトニントランスポータ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セロトニントランスポータ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 流量計校正の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、流量計校正の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、流量計校正市場規模、製品別(OEMサービスプロバイダ―、サードパーティーサービスプロバイダ―)分析、最終用途別(石油・ガス、上下水道、鉱業、化学工業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・流量計校正の世界市場概要 ・流量計校正の世界市場環境 ・流量計校正の世界市場動向 ・流量計校正の世界市場規模 ・流量計校正の世界市場:業界構造分析 ・流量計校正の世界市場:製品別(OEMサービスプロバイダ―、サードパーティーサービスプロバイダ―) ・流量計校正の世界市場:最終用途別(石油・ガス、上下水道、鉱業、化学工業、その他) ・流量計校正の世界市場:地域別市場規模・分析 ・流量計校正のアメリカ市場規模・予測 ・流量計校正のヨーロッパ市場規模・予測 ・流量計校正のアジア市場規模・予測 ・流量計校正の主要国分析 ・流量計校正の世界市場:意思決定フレームワーク ・流量計 …
  • 乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の世界市場について調べ、乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ホエイプロテイン濃縮物、ホエイプロテインアイソレート、加水分解ホエイプロテイン、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の市場状況 ・乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の市場規模 ・乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の市場予測 ・乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ホエイプロテイン濃縮物、ホエイプロテインアイソレート、加水分解ホエイプロテイン、その他) ・乳清タンパク質(ホエイプロテイン)の顧客状況 ・ …
  • EV充電アダプターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EV充電アダプターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EV充電アダプターの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトリメチルガリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリメチルガリウム市場2015について調査・分析し、トリメチルガリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テレコミュニケーションの世界市場
    本資料は、テレコミュニケーションの世界市場について調べ、テレコミュニケーションの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(インターネットサービス・プロバイダ(ISP)、電話、衛星、有線通信)分析、使用別(エンターテインメント、ポイントトゥポイントコミュニケーション、インフォテインメント、インタネット可能サービス、ニュース、クリティカル通信)分析、用途別(セルラー、ページャ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTantalum Corporation、InfoTrack Telematics、Agero Inc.、NXP Semiconductors、BOX Telematics、Coordina Gestion Logistica SL、Verizon Enterprise Solutions、Trimble Navigation Ltd.、Calamp Corp.、ORBCOMM Inc.、ClickSoftware Technologies Ltd.、Qual …
  • 感圧テープの世界市場分析:バッキング材別(ポリプロピレン、紙、PVC)、製品別(カートンシーリングテープ、マスキングテープ、両面テープ、電気テープ)、用途別(梱包、建築・建設、電気・電子、自動車、健康・衛生)、セグメント予測
    本調査レポートでは、感圧テープの世界市場について調査・分析し、感圧テープの世界市場動向、感圧テープの世界市場規模、市場予測、セグメント別感圧テープ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高純度アルミナの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、純度レベル別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 輸血診断検査の世界市場2016
  • サファイアガラスの世界市場
    当調査レポートでは、サファイアガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サファイアガラスの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シアヌル酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シアヌル酸の世界市場について調査・分析し、シアヌル酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シアヌル酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、シアヌル酸種類別分析(顆粒、粉末)、シアヌル酸用途別分析(ファインケミカル産業、合成樹脂、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シアヌル酸の市場概観 ・シアヌル酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シアヌル酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シアヌル酸の世界市場規模 ・シアヌル酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シアヌル酸のアメリカ市場規模推移 ・シアヌル酸のカナダ市場規模推移 ・シアヌル酸のメキシコ市場規模推移 ・シアヌル酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シアヌル酸のドイツ市場規模推移 ・シアヌル酸のイギリス市場規模推移 ・シアヌル酸のロシア市場規模推移 ・シアヌル酸のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・シアヌル酸の日本市場規模 …
  • 製品エンジニアリングサービスの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、製品エンジニアリングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、製品エンジニアリングサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビンカミンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビンカミンの世界市場について調査・分析し、ビンカミンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビンカミンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ビンカミン種類別分析(錠剤、カプセル)、ビンカミン用途別分析(10mg、30mg)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビンカミンの市場概観 ・ビンカミンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビンカミンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビンカミンの世界市場規模 ・ビンカミンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビンカミンのアメリカ市場規模推移 ・ビンカミンのカナダ市場規模推移 ・ビンカミンのメキシコ市場規模推移 ・ビンカミンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビンカミンのドイツ市場規模推移 ・ビンカミンのイギリス市場規模推移 ・ビンカミンのロシア市場規模推移 ・ビンカミンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ビンカミンの日本市場規模推移 ・ビンカミ …
  • ボディローションの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボディローションの世界市場について調査・分析し、ボディローションの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボディローションシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボディローション種類別分析(乾燥肌用ボディローション、油性肌用ボディローション、普通肌用ボディローション、その他)、ボディローション用途別分析(男性用、女性用、乳児用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボディローションの市場概観 ・ボディローションのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボディローションのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボディローションの世界市場規模 ・ボディローションの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボディローションのアメリカ市場規模推移 ・ボディローションのカナダ市場規模推移 ・ボディローションのメキシコ市場規模推移 ・ボディローションのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボディローションのドイツ市場規模推移 ・ボディローションの …
  • 高度外傷治療管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高度外傷治療管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高度外傷治療管理市場規模、製品別(外傷治療装置、能動的外傷治療、湿潤創傷治療)分析、外傷種類別(手術創傷、火傷、傷部外傷、潰瘍、その他)分析、エンドユーザー別(病院・クリニック、在宅医療、地域保健センター、外来センター、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高度外傷治療管理の世界市場:市場動向分析 ・ 高度外傷治療管理の世界市場:競争要因分析 ・ 高度外傷治療管理の世界市場:製品別(外傷治療装置、能動的外傷治療、湿潤創傷治療) ・ 高度外傷治療管理の世界市場:外傷種類別(手術創傷、火傷、傷部外傷、潰瘍、その他) ・ 高度外傷治療管理の世界市場:エンドユーザー別(病院・クリニック、在宅医療、地域保健センター、外来センター、その他) ・ 高度外傷治療管理の世界市場:主要地域別分析 ・ 高度外傷治療管理の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 高度外傷治療管理のヨ …
  • スマートセンサーの世界市場:温度センサー、湿度センサー、圧力センサー、流量センサー、タッチセンサー、画像センサー、モーションセンサー、人感センサー、水センサー、位置センサー、光センサー、超音波センサー
    当調査レポートでは、スマートセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、構成要素別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓再同期療法(CRT)の世界市場分析:製品別(心臓再同期療法ペースメーカー[CRT-P]、心臓再同期化療法除細動器[CRT-D])、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、LATAM、MEA)、セグメント予測2014-2025
    本調査レポートでは、心臓再同期療法(CRT)の世界市場について調査・分析し、心臓再同期療法(CRT)の世界市場動向、心臓再同期療法(CRT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別心臓再同期療法(CRT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マイクロスフェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マイクロスフェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロスフェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツインナーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スポーツインナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツインナーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 膵臓がん(Pancreatic Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膵臓がん(Pancreatic Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膵臓がん(Pancreatic Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膵臓がん(Pancreatic Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・膵臓がん(Pancreatic Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・膵臓がん(Pancreatic Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膵臓がん(Pancreatic Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の膵臓がん(Pancreatic Cancer)治療薬剤
  • アジア太平洋のスチレンブロック共重合体(SBC)市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、アジア太平洋のスチレンブロック共重合体(SBC)市場について調査・分析し、アジア太平洋のスチレンブロック共重合体(SBC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"