"世界のモバイルマネー市場:トランザクションモード別(POS、モバイルアプリ、QRコード、インターネット決済、SMS、STK / USSD決済、キャリア決済、モバイルバンキング)、支払い性質別、用途別、支払い種類別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3260)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のモバイルマネー市場:トランザクションモード別(POS、モバイルアプリ、QRコード、インターネット決済、SMS、STK / USSD決済、キャリア決済、モバイルバンキング)、支払い性質別、用途別、支払い種類別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Government initiatives to promote cashless economy to drive the demand for mobile money market
MarketsandMarkets projects the mobile money market to grow from USD 3.4 billion in 2019 to USD 12.0 billion by 2024 at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 28.7% from 2019 to 2024. Major factors driving the mobile money market include an increase in the number of mobile subscribers, government initiatives to promote cashless economies, and rise in the number of businesses with digital payment-based business models.

By transaction mode, the Point of Sale segment to account for a higher market share during the forecast period
The Point of Sale (PoS) solution includes services provided at the PoS and are extremelyuseful for the brick and mortar-based businesses. POS solutions include Near-Field Communication (NFC), Magnetic Secure Transmission (MST), and sound wave-based payments. NFC is a technology that enables simple, fast, and secure bidirectional communication between 2 electronic devices. This short-range wireless technology helps access, communicate, and transfer data electronically and seamlessly between 2 NFC-enabled devices. The technology is referred to as an advancement of the Radio Frequency Identification (RFID) technology and is an enhancement in contactless card transactions and payments technology. One of the key advantage of sound waves-based payments is that they do not need any extra hardware, which makes it a suitable choice for developing regions.

By nature of payment, the Person to Person segment to hold the largest market size during the forecast period
Person to Person (P2P) mobile payments are payments between 2 individuals carried out using mobile devices. Individuals can use multiple transaction modes to carry out P2P transactions, such as Unified Payment Interface (UPI) payment mode bank transfer and Short Message Service (SMS) payment, among others. P2P payments are vastly used around the world. This next-generation nature of payments helps financial institutes, such as banks to facilitate its customers with enhanced payment options to transfer and receive funds and remittances, pay bills, and make payments. P2P payment services provided by banks offer customers with heightened convenience as P2P services provide immediate withdrawal and deposit facilities and facilitate instant money transfers through any mobile device and Mobile Network Operator (MNO). The stream revenue generated for supplementing P2P payments for banks and other stakeholders involved in the mobile money ecosystem are calculated through volume of transactions, processing fees, and commissions earned for each transaction. As many banks and third-party application providers now offer P2P payment options, the competition between P2P payment service providers is high. Healthy competition between P2P payment service providers is expected to boost the global P2P mobile money market in upcoming years.

By region, Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
APAC is at the forefront of adopting mobile money owing to the increased smartphone penetration in this region that provides operators with an opportunity to launch advanced mobile wallet services. The rapid eCommerce adoption further contributes to the increased use of electronic payment mechanisms, including mobile money services. According to the report, The Mobile Economy Asia Pacific 2019, published by Global System for Mobile Communication (GSMA), mobile technologies and services generated 5.3% of the total Gross Domestic Product (GDP) across APAC, in 2018. The report further stated, at the end of 2018, 1.9 billion people across APAC were connected via mobile internet with the addition of 200 million new subscribers as compared to its earlier year. Additionally, according to the report, two-third of the new subscribers are expected to be from India and China by 2025. Hence, increasing mobile subscriptions and growing mobile technologies and services are factors driving the growth of mobile money market in APAC.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the mobile money market.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 18%, Tier 2 – 27%, and Tier 3 – 55%
• By Designation: C-Level Executives– 33%, Director Level – 25%, and Others -42%
• By Region: North America – 38%, Europe – 14%, APAC – 19%, and RoW – 29%

The following key mobile money vendors are profiled in the report:
• Vodafone (UK)
• Google (US)
• Orange (France)
• FIS (US)
• Paypal (US)
• Mastercard (US)
• Fiserve (US)
• Airtel (India)
• Gemalto (Netherlands)
• Alipay (China)
• MTN (South Africa)
• PAYTM (India)
• SAMSUNG (South Korea)
• VISA (US)
• TENCENT (China)
• GLOBAL PAYMENTS (US)
• SQUARE (US)
• AMAZON (US)
• APPLE (US)
• WESTERN UNION HOLDINGS (US)
• COMVIVA (India)
• T- MOBILE (US)

Research Coverage
The mobile money market is segmented by transaction mode (PoS, mobile apps, Quick Response [QR] codes, internet payments, SMS, Sim Tool Kit [STK]/ Unstructured Supplementary Service Data [USSD] payments, direct carrier billing, and mobile banking), nature of payment (Person to Person [P2P], Person to Business [P2B], Business to Person [B2P], and Business to Business [B2B]), application (money transfers, bill payments, airtime transfer and top-ups, travel and ticketing, and merchandise and coupons, ), by type of payment (remote payments, proximity payments), and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overviews; services; key strategies; new service and product launches; partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the mobile money market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders and new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the mobile money market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across different regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on the key market drivers, challenges, and opportunities in the market.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, new service developments, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のモバイルマネー市場:トランザクションモード別(POS、モバイルアプリ、QRコード、インターネット決済、SMS、STK / USSD決済、キャリア決済、モバイルバンキング)、支払い性質別、用途別、支払い種類別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Mobile Money Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Global Mobile Money Market
4.2 Market, By Type of Payment, 2019
4.3 Market, By Nature of Payment, 2019 Vs. 2024
4.4 Market, By Application, 2019
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in the Number of Mobile Subscribers
5.2.1.2 Government Initiatives to Promote Cashless Economy Driving the Growth of the Market
5.2.1.3 Rise in the use of Digital Payment-Based Business Models By Organizations Driving the Global Market Growth
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Concerns Over Data Security
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increased Flexibility By Using Mobile Money to Attract More Business
5.2.3.2 Rising Number of NFC-Enabled Handset to Boost the Market in Coming Years
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Diversified Regulations and Policies Across Regions
5.2.4.2 Limited Network Coverage in Developing Regions
5.3 Regulatory Landscape
5.3.1 Anti-Money Laundering/Combating Financing of Terrorism
5.3.2 Payment Service Directives
5.3.3 Single Euro Payments Area
5.3.4 Consultative Group to Assist the Poor
5.3.5 Know Your Customer
5.3.6 Credit Card Accountability Responsibility and Disclosure Act
5.4 Use Cases
5.4.1 Use Case 1: Vodafone
5.4.2 Use Case 2: Google
5.4.3 Use Case 3: Gemalto
5.4.4 Use Case 4: Fiserv
5.4.5 Use Case 5: FIS
6 Mobile Money Market, By Transaction Mode (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Point of Sale
6.2.1 Increasing Adoption of Mobile Payment Methods By Brick and Mortar Businesses to Drive the Demand for Point of Sale Transaction Mode
6.3 Mobile Apps
6.3.1 Multiple Functionalities Provided By Mobile Apps to Drive the Growth of the Mobile Apps Segment
6.4 QR Codes
6.4.1 Easy-To-Use User Interface of QR-Based Application to Attract More Users to the QR-Based Payment System
6.5 Internet Payments
6.5.1 Increasing Promotion of Net Banking By Banks to Drive the Global Internet Payments Market
6.6 SMS and STK/USSD Payments
6.6.1 Increasing Traction of SMS-Based Payment System Among Businesses to Boost the Market of SMS and STK/USSD Payments
6.7 Direct Carrier Billing
6.7.1 Demand for Direct Carrier Billing to Grow Owing to the Increasing Demand for Digital Content From Mobile Users
6.8 Mobile Banking
6.8.1 Access to Various Banking Facilities Using Mobile Banking to Boost the Mobile Banking Segment in Upcoming Years
7 Market, By Nature of Payment (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Person to Person
7.2.1 Healthy Competition Between Person-To-Person Payment Service Providers to Boost the Global Market in Upcoming Years
7.3 Person to Business
7.3.1 Adoption of Digital Payment-Based Business Models By Vendors to Drive the Growth of Person-To-Business Mobile Payment Segment
7.4 Business to Person
7.4.1 Use of for Business-To-Person Payments for Salary Disbursements, Incentives, and Commission Payments to Boost Its Demand
7.5 Business to Business
7.5.1 Reliance of Businesses on Third Parties for Various Resources and Functionalities to Drive the Growth of Business-To-Business Mobile Payments
8 Mobile Money Market, By Application (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Money Transfers
8.2.1 High Real-Estate Costs and Large-Scale Migrations for Work From Developing to Developed Countries to Drive the to Drive the Demand for Money Transfers
8.3 Bill Payments
8.3.1 Ease of E-Billing Payments to Fuel the Demand for Mobile Bill Payments
8.4 Airtime Transfers and Top-Ups
8.4.1 Increasing Number of Services Offered By Telecom Players to Drive the Airtime Transfers and Top-Ups Payments
8.5 Travel and Ticketing
8.5.1 Developing New Transportation Infrastructure in Many Countries to Drive the Demand for Travel and Ticketing Mobile Payments
8.6 Merchandise and Coupons
8.6.1 Rise of Ecommerce to Drive the Growth of the Merchandise and Coupons Segment
9 Market, By Type of Payment (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Remote Payments
9.2.1 Rise of Ecommerce and Third-Party Digital Payment Services to Drive the Demand for Remote Payments
9.3 Proximity Payments
9.3.1 Increasing Adoption of Mobile Payment Technologies By Brick and Mortar-Based Businesses to Drive the Demand for Proximity Payments
10 Mobile Money Market, By Region (Page No. – 67)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Business Expansion Strategies Adopted By Major Mobile Money Providers Contribute to the Growth of the Market in United States
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Lucrative Mobile Money Service Offerings From Various Mobile Network Operators to Drive the Growth of the Market in Canada
10.3 Europe and Central Asia
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Various Initiatives By Government to Promote Security and Ease of Payments to Boost the Adoption of the Market in the United Kingdom
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Large Presence of Mobile Payment Solution Providers in Germany to Drive the Growth of the Market
10.3.3 Rest of Europe and Central Asia
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Increasing Ecommerce Industry and the Adoption of Mobile Payment to Fuel the Growth of Mobile Money in China
10.4.2 India
10.4.2.1 Increasing Adoption of Smartphones, Along With a Favorable Regulatory Environment, to Boost the Adoption of Mobile Money in India
10.4.3 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Middle East and North Africa
10.5.1.1 Increasing Government Initiatives for Digitalizing Society to Fuel the Growth of the Market in the Country
10.5.2 Sub-Saharan Africa
10.5.2.1 South Africa
10.5.2.1.1 Government Initiatives Triggering the Growth of the Market in the Country
10.5.2.2 Kenya
10.5.2.2.1 Increasing Partnership Between Banks, Mobile Network Operators, Governments, and Businesses to Digitalize Payments in Kenya to Boost the Adoption of Mobile Money
10.5.2.3 Tanzania
10.5.2.3.1 Interoperability Between Mobile Money Service Providers to Enhance the Growth of Market in Tanzania
10.5.2.4 Uganda
10.5.2.4.1 High Mobile Subscription Penetration to Drive the Growth of Market in Uganda
10.5.2.5 Ghana
10.5.2.5.1 Various Partnerships Between Mobile Network Operators and Banks to Boost the Growth of the Market in the Country
10.5.2.6 Zimbabwe
10.5.2.6.1 High Mobile Penetration Rate and a High Percentage of Unbanked Population to Drive the Adoption of Mobile Money in Zimbabwe
10.5.2.7 Nigeria
10.5.2.7.1 Low Penetration of Financial Services to Fuel the Adoption of Mobile Money in Nigeria
10.5.2.8 Ivory Coast
10.5.2.8.1 Interoperability Between Mobile Money Providers to Play an Important Role in the Growth of the Market in Ivory Coast
10.5.2.9 Rest of Sub-Saharan Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Strong Government Initiatives for Digital Payments to Fuel the Growth of Mobile Money in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Recent Government Initiatives to Drive the Growth of the Mobile Money Market in the Country
10.6.3 Rest of Latin America
11 Completive Landscape (Page No. – 114)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 Partnerships
11.2.2 New Product Launches
11.2.3 Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 118)
12.1 Introduction
12.2 Vodafone Group
(Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, and MnM View)*
12.3 Google
12.4 Orange
12.5 Fidelity National Information Services
12.6 Paypal
12.7 Mastercard
12.8 Fiserv
12.9 Airtel
12.10 Gemalto
12.11 Alipay
12.12 MTN
12.13 PAYTM
12.14 Samsung Electronics
12.15 VISA
12.16 Tencent
12.17 Global Payments
12.18 Square
12.19 Amazon
12.20 Apple
12.21 Western Union
12.22 Comviva
12.23 T- Mobile
*Details on Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 147)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のモバイルマネー市場:トランザクションモード別(POS、モバイルアプリ、QRコード、インターネット決済、SMS、STK / USSD決済、キャリア決済、モバイルバンキング)、支払い性質別、用途別、支払い種類別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3260
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のモバイルマネー市場:トランザクションモード別(POS、モバイルアプリ、QRコード、インターネット決済、SMS、STK / USSD決済、キャリア決済、モバイルバンキング)、支払い性質別、用途別、支払い種類別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 協働ロボットの世界市場2017-202:マテリアルハンドリング、一般アセンブリ、塗装、検査、溶接、機械管理、パッケージング、パレタイジング
    当調査レポートでは、協働ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、協働ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウェットティッシュ市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェットティッシュ市場2015について調査・分析し、ウェットティッシュの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 緑内障(Glaucoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、緑内障(Glaucoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・緑内障(Glaucoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・緑内障(Glaucoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・緑内障(Glaucoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・緑内障(Glaucoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・緑内障(Glaucoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の緑内障(Glaucoma)治療薬剤
  • 世界の超薄型ディスプレイ (PTD)市場2015
    本調査レポートでは、世界の超薄型ディスプレイ (PTD)市場2015について調査・分析し、超薄型ディスプレイ (PTD) の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工知能(AI)の世界市場
    当調査レポートでは、人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 鉄鋳物の北米市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、鉄鋳物の北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄鋳物の北米市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉄鋳物の北米市場が2017-2021年期間中に年平均4.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、American Axle & Manufacturing、GIS、Hitachi Metals、Neenah Foundry、OSCO INDUSTRIES等です。
  • ネットワーク機能仮想化(NFV)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ネットワーク機能仮想化(NFV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワーク機能仮想化(NFV)の世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドのアクリロニトリル市場(~2019)
  • 世界のイタコン酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のイタコン酸市場2015について調査・分析し、イタコン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用航空機用バッテリー管理システム(BMS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商用航空機用バッテリー管理システム(BMS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用航空機用バッテリー管理システム(BMS)市場規模、バッテリ種類別(ニッケル-カドミウム、リチウムイオン、鉛酸)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Acme Aerospace, Concorde Battery, EaglePicher Technologies, Kanto Aircraft Instrument, MarathonNorco Aerospace, Saftなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用航空機用バッテリー管理システム(BMS)の世界市場概要 ・商用航空機用バッテリー管理システム(BMS)の世界市場環境 ・商用航空機用バッテリー管理システム(BMS)の世界市場動向 ・商用航空機用バッテリー管理システム(BMS)の世界市場規模 ・商用航空機用バッテリー管理システム(BMS)の世界市場:業界構造分析 ・商用航 …
  • スプロケットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スプロケットの世界市場について調査・分析し、スプロケットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スプロケットシェア、市場規模推移、市場規模予測、スプロケット種類別分析()、スプロケット用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スプロケットの市場概観 ・スプロケットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スプロケットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スプロケットの世界市場規模 ・スプロケットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スプロケットのアメリカ市場規模推移 ・スプロケットのカナダ市場規模推移 ・スプロケットのメキシコ市場規模推移 ・スプロケットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スプロケットのドイツ市場規模推移 ・スプロケットのイギリス市場規模推移 ・スプロケットのロシア市場規模推移 ・スプロケットのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・スプロケットの日本市場規模推移 ・ス …
  • 核磁気共鳴画像法(MRI)装置の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、核磁気共鳴画像法(MRI)装置の世界市場について調査・分析し、核磁気共鳴画像法(MRI)装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 核磁気共鳴画像法(MRI)の概要 3. MRI装置市場2016-2026 4. 低磁場MRI装置2次市場2016-2026 5. 中磁場MRI装置2次市場2016-2026 6. 高磁場MRI装置2次市場2016-2026 7. 主要国のMRI装置市場2016-2026 8. 核磁気共鳴画像法装置市場における主要企業 9. MRI装置市場の定性分析2016 10. 結論
  • 股関節再建デバイスの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、股関節再建デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、製品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用ポテトフライヤーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用ポテトフライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ポテトフライヤーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィールドサービス管理(FSM)ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィールドサービス管理(FSM)ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィールドサービス管理(FSM)ソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 工業用自販機の世界市場2014-2025:タイプ別(カルーセル式自販機、コイル式自販機)、製品別(メンテナンス、修理・運転、PPE)、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、工業用自販機の世界市場について調査・分析し、工業用自販機の世界市場動向、工業用自販機の世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用自販機市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クラウドディスカバリーの世界市場:ソリューション別(アプリケーションディスカバリー、インフラディスカバリー)、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、小売・消費財、製造)、地域別予測
    本資料は、クラウドディスカバリーの世界市場について調べ、クラウドディスカバリーの世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別(アプリケーションディスカバリー、インフラディスカバリー)分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、小売・消費財、製造)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・クラウドディスカバリーの世界市場概要 ・クラウドディスカバリーの世界市場環境 ・クラウドディスカバリーの世界市場動向 ・クラウドディスカバリーの世界市場規模 ・クラウドディスカバリーの世界市場規模:ソリューション別(アプリケーションディスカバリー、インフラディスカバリー) ・クラウドディスカバリーの世界市場規模:サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス) ・クラウドディスカバリーの世界市場規模:組織規模別(大企業、中小企業) ・クラウ …
  • 半導体ベアダイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体ベアダイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ベアダイ市場規模、用途別(家電、コンピューター、工業、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体ベアダイの世界市場概要 ・半導体ベアダイの世界市場環境 ・半導体ベアダイの世界市場動向 ・半導体ベアダイの世界市場規模 ・半導体ベアダイの世界市場:業界構造分析 ・半導体ベアダイの世界市場:用途別(家電、コンピューター、工業、通信、その他) ・半導体ベアダイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体ベアダイのアメリカ市場規模・予測 ・半導体ベアダイのヨーロッパ市場規模・予測 ・半導体ベアダイのアジア市場規模・予測 ・半導体ベアダイの主要国分析 ・半導体ベアダイの世界市場:意思決定フレームワーク ・半導体ベアダイの世界市場:成長要因、課題 ・半導体ベアダイの世界市場:競争環境 ・半導体ベアダイの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 整形外科用医療画像の世界市場2017-2021:X線システム、CTスキャナ、MRIスキャナ、超音波システム、核撮像システム
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、整形外科用医療画像の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用医療画像の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は整形外科用医療画像の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE Healthcare、Hitachi、Philips Healthcare、Siemens Healthineers、Toshiba Medical Systems等です。
  • 骨形成タンパク質の世界市場分析:タイプ別(rhBMP-2、rhBMP-7)、用途別(脊髄融合、外傷、再建、口腔顎顔面手術)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、LATAM、MEA)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、骨形成タンパク質の世界市場について調査・分析し、骨形成タンパク質の世界市場動向、骨形成タンパク質の世界市場規模、市場予測、セグメント別骨形成タンパク質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:技術別(EEPROM、アンチヒューズ、SRAM、フラッシュ、その他)、用途別(データ処理、民生機器、産業、防衛・航空宇宙、自動車、テレコム、その他)
    本資料は、組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場について調べ、組み込み(エンベデッド)FPGAの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、技術別(EEPROM、アンチヒューズ、SRAM、フラッシュ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場概要 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場環境 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場動向 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場規模 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:市場シェア ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:技術別(EEPROM、アンチヒューズ、SRAM、フラッシュ、その他) ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:用途別(データ処理、民生機器、産業、防衛・航空宇宙、自動車、テレコム、その他) ・組み込み(エンベデッド)FPGAの世界市場:地域別市場規模・分析 ・組み込み(エンベデッド)FPGAの北米 …
  • コンピューター数値制御の世界市場:タイプ別(旋盤、ミル、ルーター、研削盤、プラズマ切断機、ドリルプレス、その他)、用途別(航空宇宙・防衛、自動車、電子機器、ヘルスケア、工業、その他)、地域別予測
    本資料は、コンピューター数値制御の世界市場について調べ、コンピューター数値制御の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(旋盤、ミル、ルーター、研削盤、プラズマ切断機、ドリルプレス、その他)分析、用途別(航空宇宙・防衛、自動車、電子機器、ヘルスケア、工業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはMONDRAGON Corporation 、GSK CNC Equipment、Soft Servo Systems、Heidenhain GmbH、Bosch Rexroth AG、Siemens AG、Sandvik AB、Haas Automation、Mitsubishi Electric Corporation、FANUC Corporationなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コンピューター数値制御の世界市場概要 ・コンピューター数値制御の世界市場環境 ・コンピューター数値制御の世界市場動向 ・コンピューター数値制御の世界市場規模 ・ …
  • 台湾の末梢血管用装置市場見通し
  • 整形外科外傷治療用デバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、整形外科外傷治療用デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科外傷治療用デバイスの世界市場規模及び予測、材料別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤の概要 ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のPI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA)、基材別(紙および板紙、セルロースフィルム)、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装)、国家別
    MarketsandMarkets社は、押出コーティング用生分解性ポリマーのヨーロッパ市場規模が2019年403百万ドルから2024年829百万ドルまで年平均15.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA、その他)分析、基板別(紙・板紙、セルロースフィルム、その他)分析、用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA、その他) ・ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:基板別(紙・板紙、セルロースフィルム、その他) ・ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:用途別(リジッド包装、フレキシブル包装、液体包装、その他) ・ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場:地域別 ・ …
  • シリコンウェハ再生の世界市場分析:製品別(150mm、200mm、300mm)、用途別(集積回路、太陽電池)、セグメント予測
    本調査レポートでは、シリコンウェハ再生の世界市場について調査・分析し、シリコンウェハ再生の世界市場動向、シリコンウェハ再生の世界市場規模、市場予測、セグメント別シリコンウェハ再生市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の圧力容器市場2016
    本調査レポートでは、世界の圧力容器市場2016について調査・分析し、圧力容器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フッ素系界面活性剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、フッ素系界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フッ素系界面活性剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のチオシアン酸銅市場2016
    本調査レポートでは、世界のチオシアン酸銅市場2016について調査・分析し、チオシアン酸銅の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エアろ過メディアの世界市場:エンドユーザー別、用途別、メディア別、使用法別、評価別、ビジネス別
    当調査レポートでは、エアろ過メディアの世界市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーザー別(産業、商業、住宅)分析、用途別(HVAC、空気清浄機、フェイスマスク、大気汚染防止、工業製造、輸送、その他)分析、メディア別(スパンボンド、ニードルフェルト、ウェットレイド、メルトブローン、その他)分析、使用方法別(使い捨て、ウォッシャブル)分析、評価別(MERV、HEPA、ULPA、およびその他)分析、ビジネス別(OEM、およびアフターマーケット)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・エアろ過メディアの世界市場:エンドユーザー別(産業、商業、住宅) ・エアろ過メディアの世界市場:用途別(HVAC、空気清浄機、フェイスマスク、大気汚染防止、工業製造、輸送、その他) ・エアろ過メディアの世界市場:メディア別(スパンボンド、ニードルフェルト、ウェットレイド、メルトブローン、その他) ・エアろ過メディアの世界市場:使用方法別(使い捨て、ウォッシャブル) ・エアろ過メディアの世界市場:評価別(MERV、HEPA …
  • ブラジルの原子力発電市場2016:発電能力、生産、発電所、規制、企業分析
  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車排気ガス用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車排気ガス用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車排気ガス用センサーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポンプの中国市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポンプの中国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポンプの中国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポンプの中国市場が2017-2021年期間中に年平均7.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• FengQiu Group• SHIMGE Pump Industry Group • Shanghai East Pump Group• Grundfos• Kaiquan Group等です。
  • ベントナイトの世界市場分析:製品別(ナトリウム、カルシウム)、用途別(鋳物砂、鉄鉱石造粒、ペットトイレ、掘削泥、土木、精錬)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、ベントナイトの世界市場について調査・分析し、ベントナイトの世界市場動向、ベントナイトの世界市場規模、市場予測、セグメント別ベントナイト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 海外旅行のイギリス市場ー旅行&支出
  • 合成紙の世界市場:BOPP合成紙、HDPE合成紙
    当調査レポートでは、合成紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、合成紙の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 油田用特殊化学薬品の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、油田用特殊化学薬品の世界市場について調査・分析し、油田用特殊化学薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:市場動向分析 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:競争要因分析 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:用途別 ・ボーリング泥水 ・製造用化学薬品 ・接合 ・原油増進回収 ・改修・完成 ・坑井刺激 ・その他 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:製品別 ・さび・スケール防止 ・不凍剤 ・抗乳化剤 ・殺生物剤 ・泡制御剤 ・界面活性剤 ・流動点降下剤 ・ゲル化剤・増粘剤 ・レオロジー改質剤 ・摩擦低減剤 ・天然ポリマー ・人造ポリマー - 油田用特殊化学薬品の世界市場:主要地域別分析 - 油田用特殊化学薬品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 油田用特殊化学薬品のヨーロッパ市場規模 - 油田用特殊化学薬品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・油田用特殊化学薬品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のスクリューポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスクリューポンプ市場2015について調査・分析し、スクリューポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シミュレーション及び分析ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シミュレーション及び分析ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、シミュレーション及び分析ソフトウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • チューブ包装の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、チューブ包装の世界市場について調査・分析し、チューブ包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の臭化アセチル市場2016
    本調査レポートでは、世界の臭化アセチル市場2016について調査・分析し、臭化アセチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機の機体構成品の世界市場:胴体、翼、尾部
    当調査レポートでは、航空機の機体構成品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機の機体構成品の世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用エアフィルターの世界市場:製品別(ウェット・ドライスクラバー、溶接ヒューム抽出器)、最終用途別(電力、食品、金属)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、工業用エアフィルターの世界市場について調査・分析し、工業用エアフィルターの世界市場動向、工業用エアフィルターの世界市場規模、市場予測、セグメント別工業用エアフィルター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 原位置ハイブリッド形成(ISH)の世界市場:技術別(FISH、CISH)、種類別(DNA、RNA)、製品別(器具、プローブ・キット)、用途別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、原位置ハイブリッド形成(ISH)の世界市場について調査・分析し、原位置ハイブリッド形成(ISH)の世界市場動向、原位置ハイブリッド形成(ISH)の世界市場規模、市場予測、セグメント別原位置ハイブリッド形成(ISH)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 腎細胞癌治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、腎細胞癌治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・腎細胞癌の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・腎細胞癌の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・腎細胞癌治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・腎細胞癌治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・腎細胞癌治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・腎細胞癌治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • ソマトスタチン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるソマトスタチン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ソマトスタチン受容体アゴニストの概要 ・ソマトスタチン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のソマトスタチン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ソマトスタチン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ソマトスタチン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 段ボール箱の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、段ボール箱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、段ボール箱の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"