"世界の工業用床コーティング市場:樹脂種類別、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ)、コーティング成分別、技術別、引火点別、最終用途セクター別(製造、航空および輸送、食品加工、科学および技術)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BC 5043)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の工業用床コーティング市場:樹脂種類別、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ)、コーティング成分別、技術別、引火点別、最終用途セクター別(製造、航空および輸送、食品加工、科学および技術)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increase in the industrial and commercial construction is projected to drive the overall growth of the industrial floor coating market across the globe from 2019 to 2024.”
The global industrial floor coating market size is projected to grow from USD 5.5 billion in 2019 to USD 6.8 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 4.6% from 2019 to 2024. The global industrial floor coating industry has witnessed high growth primarily because of the increasing industrial construction worldwide. Industrial expansion in the emerging economies and increasing need to protect floors from chemical attack as well as environmental conditions is another key factor contributing towards the increasing growth of the industrial floor coating sector over the next few years.

“In terms of both value and volume, the epoxy segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The epoxy segment of the industrial floor coating market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, in terms of value as well as volume. The unique combination of adhesion, chemical resistance, and physical properties of epoxy provides high protection to industrial floors against severe corrosive environments. Further, it is extensively used for flooring applications in industrial facilities such as refineries, chemical plants, and production.

“In terms of both value and volume, the concrete segment is projected to lead the industrial floor coating market from 2019 to 2024.”
Growth of concrete segment in the industrial floor coating industry is primarily attributed to various factors, such as its low cost, superior durability, and tensile strength. Coatings protect concrete floors from degradation due to contamination and also prevent the growth of microbes on the floor surfaces. It also provides concrete flooring with excellent chemical resistance, ease of maintenance, enhanced aesthetic appeal, and superior structural performance.

“The food processing segment is projected to lead the industrial floor coating market from 2019 to 2024.”
Floors in the food processing sectors are exposed to food by-products, such as sugar solution, hot oils, fats, and natural food acids which can cause damage to the flooring because of their corrosive nature. It can infiltrate uncoated concrete floors, resulting in bacterial growth, ultimately degrading the quality and purity of processed food. Floors in the food processing facilities are likely to provide harborage to pests, especially in the joints of walls and floors. To avoid these consequences, the food processing industry needs to apply floors coatings in their processing facilities, which in turn boost the demand for industrial floor coatings in this sector.

“In terms of both value and volume, the Asia Pacific industrial floor coating market is projected to contribute to the maximum market share during the forecast period.”
In terms of value, the Asia Pacific region is projected to lead the global market from 2019 to 2024 due to the strong demand from countries such as China, Australia, India, Japan, and South Korea. This demand in these mentioned countries is due to the tremendous growth of the industrial construction opportunities in these countries, due to the low-cost labor and cheap availability of lands. The demand is also driven by the increasing industrial, infrastructural & construction, marine, and automotive industries.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the industrial floor coating market.

By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 25%
By Designation: C-Level Executives: 40%, Directors: 35%, and Others*: 25%
By Region: North America: 20%, Europe: 30%, Asia Pacific: 35%, Middle East & Africa: 10%, and
South America: 5%

*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.

The global industrial floor coating market comprises major manufacturers, such as PPG Industries, Inc. (US), AkzoNobel N.V. (The Netherlands), The Sherwin-Williams Company (US), BASF SE (Germany), and RPM International Inc. (US).

Research Coverage
The market study covers the industrial floor coating market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on resin type, flooring material, component type, technology, end-use sector, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their products and business offerings, recent developments undertaken by them, and key growth strategies adopted by them to enhance their position in the industrial floor coating market.

Key Benefits of Buying the Report
The report is projected to help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall industrial floor coating market and its segments and sub-segments. This report is projected to help stakeholders understand the competitive landscape of the market and gain insights to improve the position of their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の工業用床コーティング市場:樹脂種類別、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ)、コーティング成分別、技術別、引火点別、最終用途セクター別(製造、航空および輸送、食品加工、科学および技術)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Years Considered
1.3.2 Regional Scope
1.4 Currency Considered
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Research: Supply Side Analysis
2.3 Primary Research: Demand Side Analysis
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Bottom-Up Approach
2.4.2 Top-DoWn Approach
2.5 Secondary Data
2.5.1 Key Data From Secondary Sources
2.6 Primary Data
2.7 Research Assumptions & Limitations
2.7.1 Assumptions
2.7.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
3.1 Introduction
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Emerging Economies to Witness A Relatively Higher Demand for Industrial Floor Coating
4.2 Asia Pacific: Industrial Floor Coating Market, By Resin Type & Country
4.3 Industrial Floor Coating Market, By Resin Type
4.4 Industrial Floor Coating Market, By Flooring Material
4.5 Industrial Floor Coating Market, By End-Use Sector
4.6 Industrial Floor Coating Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in Demand to Protect Concrete Floors in Industrial and Commercial Facilities
5.2.1.2 Rapidly Increasing Industrialization in Developing Countries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Prices of Raw Materials and Energy
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increase in Industrial and Commercial Constructions
5.2.3.2 Rise in Demand for Bio-Based Floor Coatings
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Stringent Environmental Regulations Enforced By Governments
6 Industrial Floor Coating Market, By Resin Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.1.1 Industrial Floor Coating Market, By Resin Type
6.1.1.1 Epoxy Segment Accounted to Be the Majorly Consumed Resin Type in the Industrial Floor Coating Market
6.2 Epoxy
6.3 Polyurethane
6.4 Hybrid
6.5 Others
7 Industrial Floor Coating Market, By Flooring Material (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.1.1 Industrial Floor Coating Market, By Flooring Material
7.1.1.1 The Concrete Segment Accounted to Be the Most Consumed Flooring Material in the Industrial Floor Coating Market
7.2 Concrete
7.3 Mortar
7.4 Terrazzo
7.5 Others
8 Industrial Floor Coating Market, By Component Type (Page No. – 48)
8.1 Introduction
8.2 One-Component
8.3 Two-Component
8.4 Three-Component
8.5 Four-Component
8.6 Five-Component
9 Industrial Floor Coating Market, By Technology (Page No. – 51)
9.1 Introduction
9.2 Water-Borne
9.3 Solvent-Borne
10 Industrial Floor Coating Market, By End-Use Sector (Page No. – 53)
10.1 Introduction
10.1.1 Industrial Floor Coating Market, By End-Use Sector
10.1.1.1 Food Processing Segment to Be the Fastest-Growing End-Use Sector in the Industrial Floor Coating Market
10.2 Manufacturing
10.3 Aviation & Transportation
10.4 Food Processing
10.5 Science & Technology
10.6 Others
11 Industrial Floor Coating Market, By Region (Page No. – 58)
11.1 Introduction
11.2 Asia Pacific
11.2.1 China
11.2.1.1 China to Be the Largest Market for Industrial Floor Coating in Asia Pacific
11.2.2 Japan
11.2.2.1 Japan to Be the Third-Fastest-Growing Country in the Asia Pacific Industrial Floor Coating Market
11.2.3 India
11.2.3.1 India is Projected to Witness the Second-Highest Growth in the Asia Pacific Market
11.2.4 Australia
11.2.4.1 Growth in the Consumer Goods and Food Processing Industries is Expected to Boost the Australian Industrial Floor Coating Market
11.2.5 South Korea
11.2.5.1 Government Sustenance to Promote Technology and Manufacturing Activities Accelerating the Growth of the South Korean Industrial Floor Coating Market
11.2.6 Rest of Asia Pacific
11.2.6.1 Growing Manufacturing and Aerospace Industries to Drive the Industrial Floor Coating Market in Rest of Asia Pacific
11.3 North America
11.3.1 US
11.3.1.1 Epoxy Segment, By Resin Type, to Witness Higher Consumption in the US By 2024
11.3.2 Canada
11.3.2.1 Food Processing Segment, By End Use, to Grow at A Higher CAGR, in Terms of Both Volume and Value, in Canada
11.3.3 Mexico
11.3.3.1 Food Processing Sector to Witness High Growth, in Terms of Volume, in Mexico By 2024
11.4 Europe
11.4.1 Germany
11.4.1.1 The Food Processing Sector is Projected to Record A Higher Growth in Germany
11.4.2 UK
11.4.2.1 The Epoxy Segment in the UK is Projected to Witness A Higher Demand By 2024
11.4.3 France
11.4.3.1 The Food Processing Sector is Projected to Grow at A Higher Rate in France
11.4.4 Russia
11.4.4.1 Increase in Growth in the Manufacturing Sector to Boost the Demand for Industrial Floor Coating in Russia
11.4.5 Spain
11.4.5.1 Growth in the Food Processing Industry to Accelerate the Consumption of Industrial Floor Coatings in Spain
11.4.6 Rest of Europe
11.4.6.1 The Epoxy Segment is Projected to Record A Higher Growth in the Rest of Europe Market By 2024
11.5 Middle East & Africa
11.5.1 UAE
11.5.1.1 The UAE is Projected to Be the Fastest-Growing Country-Level Market in the Middle East & Africa for Industrial Floor Coatings
11.5.2 Saudi Arabia
11.5.2.1 Saudi Arabia to Be the Second-Fastest-Growing Market in the Middle East & Africa, in Terms of Value
11.5.3 South Africa
11.5.3.1 Manufacturing Segment to Lead the South African Industrial Floor Coating Market, in Terms of Value
11.5.4 Turkey
11.5.4.1 Turkey to Be the Largest Market for Industrial Floor Coatings in the Middle East & Africa
11.5.5 Rest of the Middle East & Africa
11.5.5.1 Rest of the Middle East & Africa Projected to Have A High Potential for Growth in the Industrial Floor Coating Market
11.6 South America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Brazil to Account for the Largest Share in the South American Industrial Floor Coating Market
11.6.2 Argentina
11.6.2.1 Increase in Government Expenditure on Industrial Construction is Projected to Drive the Industrial Floor Coating Market in Argentina
11.6.3 Rest of South America
11.6.3.1 The Epoxy Segment is Projected to Remain the Largest Consumed Resin in Rest of South America
12 Competitive Landscape (Page No. – 124)
12.1 Overview
12.2 Competitive Scenario
12.2.1 Acquisition
12.2.2 Expansion and Investment
12.2.3 New Product Development
12.2.4 Divestiture and Partnership
12.3 Microquadrant for Industrial Floor Coating Manufacturer
12.4 Industrial Floor Coating Market (Global) Competitive Leadership Mapping, 2019
12.4.1 Strength of Product Portfolio
12.4.2 Business Strategy Excellence
13 Company Profiles (Page No. – 133)
13.1 PPG Industries, Inc.
13.1.1 Business Overview
13.1.2 Financial Assessment
13.1.3 Operational Assessment
13.1.4 Products Offered
13.1.5 Recent Developments
13.1.6 SWOT Analysis
13.1.7 Current Focus and Strategies
13.1.8 Threat From Competition
13.1.9 Right to Win
13.2 Akzonobel N.V.
13.2.1 Business Overview
13.2.2 Financial Assessment
13.2.3 Operational Assessment
13.2.4 Products Offered
13.2.5 Recent Developments
13.2.6 SWOT Analysis
13.2.7 Current Focus and Strategies
13.2.8 Threats From Competition
13.2.9 Right to Win
13.3 The Sherwin-Williams Company
13.3.1 Business Overview
13.3.2 Financial Assessment
13.3.3 Operational Assessment
13.3.4 Products Offered
13.3.5 Recent Developments
13.3.6 SWOT Analysis
13.3.7 Current Focus and Strategies
13.3.8 Threat From Competition
13.3.9 Right to Win
13.4 BASF SE
13.4.1 Business Overview
13.4.2 Financial Assessment
13.4.3 Operational Assessment
13.4.4 Products Offered
13.4.5 Recent Developments
13.4.6 SWOT Analysis
13.4.7 Current Focus and Strategies
13.4.8 Threat From Competition
13.4.9 Right to Win
13.5 RPM International Inc.
13.5.1 Business Overview
13.5.2 Financial Assessment
13.5.3 Operational Assessment
13.5.4 Products Offered
13.5.5 Recent Developments
13.5.6 SWOT Analysis
13.5.7 Current Focus and Strategies
13.5.8 Threat From Competition
13.5.9 Right to Win
13.6 3M Company
13.6.1 Business Overview
13.6.2 Financial Assessment
13.6.3 Operational Assessment
13.6.4 Product Offered
13.6.5 Right to Win
13.7 Koninklijke DSM N.V. (DSM)
13.7.1 Business Overview
13.7.2 Financial Assessment
13.7.3 Operational Assessment
13.7.4 Products Offered
13.7.5 Right to Win
13.8 Axalta Coating Systems Ltd.
13.8.1 Business Overview
13.8.2 Financial Assessment
13.8.3 Operational Assessment
13.8.4 Products Offered
13.8.5 Recent Developments
13.8.6 Right to Win
13.9 The DoW Chemical Company
13.9.1 Business Overview
13.9.2 Financial Assessment
13.9.3 Operational Assessment
13.9.4 Products Offered
13.9.5 Right to Win
13.10 The DaW Group
13.10.1 Business Overview
13.10.2 Operational Assessment
13.10.3 Products Offered
13.10.4 Right to Win
13.11 The Lubrizol Corporation
13.11.1 Business Overview
13.11.2 Financial Assessment
13.11.3 Operational Assessment
13.11.4 Product Offered
13.12 Asian Paints PPG Pvt. Limited
13.12.1 Business Overview
13.12.2 Operational Assessment
13.12.3 Product Offered
13.13 Other Players
13.13.1 CPC Floor Coatings
13.13.2 Ardex Group
13.13.3 Conren Ltd.
13.13.4 Mc-Bauchemie Muller GmbH & Co. KG
13.13.5 Armorpoxy
13.13.6 Polycote
13.13.7 A&I Coatings
13.13.8 Florock Polymer Flooring
13.13.9 Plexi-Chemie Inc.
13.13.10 Nora System, Inc.
13.13.11 Maris Polymers
13.13.12 Grand Polycoats
13.13.13 Milliken & Company
13.13.14 Michelman Inc.
13.13.15 Tambour
13.13.16 Pro Maintenance Inc.
13.13.17 Himfloor Sas
13.13.18 Remmers (UK) Ltd.
13.13.19 Rica Resine Srl
13.13.20 Apurva India Private Limited
14 Appendix (Page No. – 180)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の工業用床コーティング市場:樹脂種類別、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ)、コーティング成分別、技術別、引火点別、最終用途セクター別(製造、航空および輸送、食品加工、科学および技術)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BC 5043
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】建築及び建設
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の工業用床コーティング市場:樹脂種類別、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ)、コーティング成分別、技術別、引火点別、最終用途セクター別(製造、航空および輸送、食品加工、科学および技術)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • がん用バイオマーカーの世界市場予測(~2022年):タンパク質バイオマーカー、遺伝子バイオマーカー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、がん用バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、がんタイプ別分析、技術別分析、用途別分析、がん用バイオマーカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯型心臓モニタリング装置の世界市場予測2019-2024
    「携帯型心臓モニタリング装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、 ホルターモニター、イベントモニター、移動式心臓遠隔測定、その他など、用途別には、Hospitals、Ambulatory Care Centers、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。携帯型心臓モニタリング装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・携帯型心臓モニタリング装置の世界市場概要(サマリー) ・携帯型心臓モニタリング装置の企業別販売量・売上 ・携帯型心臓モニタリング装置の企業別市場シェア ・携帯型心臓モニタリング装置の世界市場規模:種類別( ホルターモニター、イベントモニター、移動式心臓遠隔測定、その他) ・携帯型心臓モニタリング装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Ambulatory Care Centers、Other) ・携帯型心臓モニタリング装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・携帯型心 …
  • 幹細胞バンクの世界市場:臍帯血バンク、コード組織バンク
    当調査レポートでは、幹細胞バンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バンク種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオロジカルインプラント市場規模・予測2017-2025:商品別(自家移植片、同種移植片、異種移植片)、用途別(心血管、整形外科、歯科、皮膚科インプラント)、投与方法別(外科的、注射)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオロジカルインプラント市場について調査・分析し、世界のバイオロジカルインプラント市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオロジカルインプラント関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • バイオエタノールの世界市場予測(~2022年):でん粉系、砂糖系、セルロース系
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、バイオエタノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、需要先別分析、種類別分析、地域別分析、バイオエタノールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用真空調圧器市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用真空調圧器市場2015について調査・分析し、医療用真空調圧器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場:製品別(Webベース、インストール)、エンドユーザー別(病院、診療所、その他)、地域別予測
    本資料は、医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場について調べ、医療用スケジューリングソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(Webベース、インストール)分析、エンドユーザー別(病院、診療所、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場概要 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場環境 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場動向 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場規模 ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場規模:製品別(Webベース、インストール) ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場規模:エンドユーザー別(病院、診療所、その他) ・医療用スケジューリングソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用スケジューリングソフトウェアの北米市場規模・予測 ・医療用スケジューリングソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・医療用スケジューリ …
  • 超伝導磁気エネルギー貯蔵の世界市場
    当調査レポートでは、超伝導磁気エネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超伝導磁気エネルギー貯蔵の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ソフトウェア・デファインド・ネットワーキング(SDN)の世界市場:ネットワークインフラ、コントローラーソフトウェア、SDNアプリケーション
    当調査レポートでは、ソフトウェア・デファインド・ネットワーキング(SDN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトウェア・デファインド・ネットワーキング(SDN)の世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エネルギー管理システム(EMS)の世界市場:ディスプレイ、スマート・サーモスタット、スマート・プラグ、負荷制御スイッチ
    当調査レポートでは、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソフトウェア別分析、機器別分析、用途別分析、産業別分析、エネルギー管理システム(EMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬物乱用検査の世界市場予測
  • キサンタンガムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、キサンタンガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、機能別分析、形状別分析、地域別分析、キサンタンガムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 床材の世界市場:材料別(カーペット・ラグ、弾性床材)、非弾性床材別(セラミック、石材、木材、ラミネート)、最終用途別(住宅、非住宅)、地域別予測
    本資料は、床材の世界市場について調べ、床材の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(カーペット・ラグ、弾性床材)分析、非弾性床材別(セラミック、石材、木材、ラミネート)分析、最終用途別(住宅、非住宅)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・床材の世界市場概要 ・床材の世界市場環境 ・床材の世界市場動向 ・床材の世界市場規模 ・床材の世界市場規模:材料別(カーペット・ラグ、弾性床材) ・床材の世界市場規模:非弾性床材別(セラミック、石材、木材、ラミネート) ・床材の世界市場規模:最終用途別(住宅、非住宅) ・床材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・床材の北米市場規模・予測 ・床材のアメリカ市場規模・予測 ・床材のヨーロッパ市場規模・予測 ・床材のアジア市場規模・予測 ・床材の日本市場規模・予測 ・床材の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 空港情報システムの世界市場
    当調査レポートでは、空港情報システムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・空港情報システムの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・空港情報システムの世界市場:空港サイズ別分析/市場規模 ・空港情報システムの世界市場:コスト別分析/市場規模 ・空港情報システムの世界市場:機能別分析/市場規模 ・空港情報システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・空港情報システムのアメリカ市場規模予測 ・空港情報システムのヨーロッパ市場規模予測 ・空港情報システムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)の概要 ・胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胎児性アルコール症候群(Fe …
  • プロバイオティクス飲料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プロバイオティクス飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プロバイオティクス飲料市場規模、製品別(乳飲料、ジュース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プロバイオティクス飲料の世界市場概要 ・プロバイオティクス飲料の世界市場環境 ・プロバイオティクス飲料の世界市場動向 ・プロバイオティクス飲料の世界市場規模 ・プロバイオティクス飲料の世界市場:業界構造分析 ・プロバイオティクス飲料の世界市場:製品別(乳飲料、ジュース) ・プロバイオティクス飲料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・プロバイオティクス飲料の北米市場規模・予測 ・プロバイオティクス飲料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・プロバイオティクス飲料のアジア太平洋市場規模・予測 ・プロバイオティクス飲料の主要国分析 ・プロバイオティクス飲料の世界市場:意思決定フレームワーク ・プロバイオティクス飲料の世界市場:成長要因、課題 ・プロバイオティク …
  • 世界のセルフチェックアウト端末市場2015
    本調査レポートでは、世界のセルフチェックアウト端末市場2015について調査・分析し、セルフチェックアウト端末の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 塩化チタン(IV)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、塩化チタン(IV)の世界市場について調査・分析し、塩化チタン(IV)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別塩化チタン(IV)シェア、市場規模推移、市場規模予測、塩化チタン(IV)種類別分析()、塩化チタン(IV)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・塩化チタン(IV)の市場概観 ・塩化チタン(IV)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・塩化チタン(IV)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・塩化チタン(IV)の世界市場規模 ・塩化チタン(IV)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・塩化チタン(IV)のアメリカ市場規模推移 ・塩化チタン(IV)のカナダ市場規模推移 ・塩化チタン(IV)のメキシコ市場規模推移 ・塩化チタン(IV)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・塩化チタン(IV)のドイツ市場規模推移 ・塩化チタン(IV)のイギリス市場規模推移 ・塩化チタン(IV)のロシア市場規模推移 ・塩化チタ …
  • ベンズアルデヒドの世界市場2017-2021:香料、農薬、医薬品、染料・塗料、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ベンズアルデヒドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベンズアルデヒドの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はベンズアルデヒドの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEmerald Performance Materials、GUANGZHOU SHINY、Gujarat Alkalies and Chemicals、LANXESS、Merck等です。
  • 超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場について調査・分析し、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別超音波ドップラー流速分布計(ADCP)シェア、市場規模推移、市場規模予測、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)種類別分析(2ビーム式ADCP、3ビーム式ADCP、4ビーム式ADCP、5ビーム式ADCP、9ビーム式ADCP、)、超音波ドップラー流速分布計(ADCP)用途別分析(ボトムトラッキング、流量測定、DVL、波動計測、乱気流)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の市場概観 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の世界市場規模 ・超音波ドップラー流速分布計(ADCP)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・超音 …
  • 産業用食品及び飲料ろ過システムの世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「産業用食品及び飲料ろ過システムの世界市場2020-2024」は、産業用食品及び飲料ろ過システムについて市場概要、市場規模、製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・産業用食品及び飲料ろ過システムの世界市場:製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • ドイツのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 経皮吸収型製剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、経皮吸収型製剤の世界市場について調査・分析し、経皮吸収型製剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別経皮吸収型製剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、経皮吸収型製剤種類別分析(フェンタニル、ニトログリセリン、エストラジオール、ニコチン、その他)、経皮吸収型製剤用途別分析(OTC、Rx)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・経皮吸収型製剤の市場概観 ・経皮吸収型製剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・経皮吸収型製剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・経皮吸収型製剤の世界市場規模 ・経皮吸収型製剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・経皮吸収型製剤のアメリカ市場規模推移 ・経皮吸収型製剤のカナダ市場規模推移 ・経皮吸収型製剤のメキシコ市場規模推移 ・経皮吸収型製剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・経皮吸収型製剤のドイツ市場規模推移 ・経皮吸収型製剤のイギリス市場規模推移 ・経皮吸収型製剤のロシア市場規模推移 …
  • 金属製伸縮継手の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金属製伸縮継手の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属製伸縮継手の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管炎治療薬の世界市場機会分析・予測
    当調査レポートでは、血管炎治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・血管炎の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・血管炎治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 有機食品・飲料の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、有機食品・飲料の世界市場について調査・分析し、有機食品・飲料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・有機食品・飲料の世界市場:市場動向分析 ・有機食品・飲料の世界市場:競争要因分析 ・有機食品・飲料の世界市場:製品別分析/市場規模 ・有機食品・飲料の世界市場:摂取形態別分析/市場規模 ・有機食品・飲料の世界市場:流通経路別分析/市場規模 ・有機食品・飲料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・有機食品・飲料の北米市場規模 ・有機食品・飲料の欧州市場規模 ・有機食品・飲料のアジア市場規模 ・有機食品・飲料の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アスタキサンチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アスタキサンチンの世界市場について調査・分析し、アスタキサンチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アスタキサンチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、アスタキサンチン種類別分析(天然、人口)、アスタキサンチン用途別分析(栄養補助食品、化粧品、飲食料品、飼料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アスタキサンチンの市場概観 ・アスタキサンチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アスタキサンチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アスタキサンチンの世界市場規模 ・アスタキサンチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アスタキサンチンのアメリカ市場規模推移 ・アスタキサンチンのカナダ市場規模推移 ・アスタキサンチンのメキシコ市場規模推移 ・アスタキサンチンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アスタキサンチンのドイツ市場規模推移 ・アスタキサンチンのイギリス市場規模推移 ・アスタキサンチンのロシア市場 …
  • 海洋バイオテクノロジーの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、海洋バイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、海洋バイオテクノロジーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:市場動向分析 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:競争要因分析 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:製品別 ・バイオ材料 ・生物活性物質 ・その他 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:用途別 ・消費財 ・エネルギー ・環境 ・食料・飼料 ・医療/バイオテクノロジー ・工業製品 ・公共サービス・インフラ ・その他 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:原料別 ・珊瑚・海綿 ・大型藻類 ・海生菌類 ・海洋ウイルス ・微細藻類 - 海洋バイオテクノロジーの世界市場:主要地域別分析 - 海洋バイオテクノロジーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 海洋バイオテクノロジーのヨーロッパ市場規模 - 海洋バイオテクノロジーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・海洋バイオテクノロジーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ゲノミクスの世界市場予測(~2024年)
    ゲノミクスの世界市場は、2019年の189億米ドルから2024年には357億米ドルに達し、この期間中13.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、政府の援助資金の増加、ゲノミクスプロジェクトの増加、シーケンスコストの削減、ゲノミクスの応用分野の拡大、ゲノミクス分野への企業の新規参入などが考えられます。一方で、ゲノム関連機器の高コストは市場の成長を抑制する主な要因です。当調査レポートでは、ゲノミクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品・サービス(システム・ソフトウェア、消耗品、サービス)分析、技術(シーケンシング、マイクロアレイ、PCR)分析、用途(診断、精密医療)分析、エンドユーザー(研究所)分析、ゲノミクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ジェスチャー認識技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ジェスチャー認識技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジェスチャー認識技術の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の製紙用でん粉誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界の製紙用でん粉誘導体市場2015について調査・分析し、製紙用でん粉誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)のフェーズ3治験薬の状況 ・外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)治療薬の市場規模(販売予測) ・外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の外陰部腟カンジダ症(Vulvovaginal Candidiasis)治療薬剤
  • 産業用ガスタービンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ガスタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ガスタービンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 屋根材料の世界市場分析:製品別(アスファルト屋根板、タイル屋根、金属屋根、プラスチック屋根)、用途別(居住用、非居住用)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、動向分析、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、屋根材料の世界市場について調査・分析し、屋根材料の世界市場動向、屋根材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別屋根材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モバイルセキュリティソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルセキュリティソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルセキュリティソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 消化酵素サプリメントの世界市場分析:起源別(動物、植物、微生物)、用途別(追加サプリメント、医療・幼児栄養、スポーツ栄養)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、消化酵素サプリメントの世界市場について調査・分析し、消化酵素サプリメントの世界市場動向、消化酵素サプリメントの世界市場規模、市場予測、セグメント別消化酵素サプリメント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 糸鋸刃の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、糸鋸刃の世界市場について調べ、糸鋸刃の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、糸鋸刃の市場規模をセグメンテーション別(製品別(:電動のこぎり刃、手動のこぎり刃)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は糸鋸刃の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・糸鋸刃の市場状況 ・糸鋸刃の市場規模 ・糸鋸刃の市場予測 ・糸鋸刃の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(:電動のこぎり刃、手動のこぎり刃) ・糸鋸刃の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 乳酸の世界市場分析:用途別(産業、食品・飲料、医薬品、パーソナルケア)、ポリ乳酸(PLA)の世界市場分析:用途別(包装、農業、輸送、電子、テキスタイル)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、乳酸の世界市場について調査・分析し、乳酸の世界市場動向、乳酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別乳酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 液体レンズの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、液体レンズの世界市場について調査・分析し、液体レンズの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別液体レンズシェア、市場規模推移、市場規模予測、液体レンズ種類別分析(エレクトロウェッティング型、液晶型)、液体レンズ用途別分析(コードリーダ、カメラ、医療用画像、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・液体レンズの市場概観 ・液体レンズのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・液体レンズのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・液体レンズの世界市場規模 ・液体レンズの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・液体レンズのアメリカ市場規模推移 ・液体レンズのカナダ市場規模推移 ・液体レンズのメキシコ市場規模推移 ・液体レンズのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・液体レンズのドイツ市場規模推移 ・液体レンズのイギリス市場規模推移 ・液体レンズのロシア市場規模推移 ・液体レンズのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 世界の冷媒市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 世界の2-メチルピリジン市場2015
    本調査レポートでは、世界の2-メチルピリジン市場2015について調査・分析し、2-メチルピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシリコーン射出成形機械市場2015
    本調査レポートでは、世界のシリコーン射出成形機械市場2015について調査・分析し、シリコーン射出成形機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場2018-2025:ソリューション別(アダプティブクルーズコントロール(ACC)・死角検知(BSD))、構成要素別、自動車別
    本調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場動向、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別先進運転支援システム(ADAS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医用画像装置の世界市場
    当調査レポートでは、医用画像装置の世界市場について調査・分析し、医用画像装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 大型LCDディスプレイの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、大型LCDディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大型LCDディスプレイの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケアSCM(サプライチェーン管理)の世界市場:ソフトウェア(在庫、購買)、ハードウェア
    当調査レポートでは、ヘルスケアSCM(サプライチェーン管理)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、導入形態別分析、需要先別分析、地域別分析、ヘルスケアSCM(サプライチェーン管理)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術室/OR統合の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、手術室/OR統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(一般外科、整形外科、心臓血管外科、脳神経外科、胸部外科)分析、エンドユーザー別(病院、ASC)分析、手術室/OR統合の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、手術室/OR統合の世界市場規模が2019年10億ドルから2024年17億ドルまで年平均12.4%成長すると予測しています。
  • 補完代替医療の世界市場:介入別(植物、鍼、心、身体、ヨガ)、流通別(直接接触、e-トレーニング)
    本調査レポートでは、補完代替医療の世界市場について調査・分析し、補完代替医療の世界市場動向、補完代替医療の世界市場規模、市場予測、セグメント別補完代替医療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 親水コロイドの世界市場:ゼラチン、キサンタン、カラゲーニン、アルジネート、寒天、ペクチン、グアー、イナゴマメ、アラビアガム、CMC
    当調査レポートでは、親水コロイドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラールーフの世界市場:種類別(オングリッドタイプ、オフグリッドタイプ、ハイブリッド、グリッドインタラクティブ)、用途別(商業、工業、住宅、エネルギー消費者)、地域別予測
    本資料は、ソーラールーフの世界市場について調べ、ソーラールーフの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オングリッドタイプ、オフグリッドタイプ、ハイブリッド、グリッドインタラクティブ)分析、用途別(商業、工業、住宅、エネルギー消費者)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTata power solar systems、CleanMax solar、Jaksons engineers 、Thermax、Hero future energies、KEC International、RelyOn Solar、SOLON India、Fourth partner energy、SunTegra Solar Roof Systems、Atlantis energy systemsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ソーラールーフの世界市場概要 ・ソーラールーフの世界市場環境 ・ソーラールーフの世界市場動向 ・ソーラールーフの世界市場規模 ・ソーラールーフ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"