"世界の赤外線検出器市場:種類別(MCT、InGaAs、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)、技術別(冷却および非冷却)、波長別(NIR&SWIR、MWIR、およびLWIR)、用途別、業種別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 2275)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の赤外線検出器市場:種類別(MCT、InGaAs、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)、技術別(冷却および非冷却)、波長別(NIR&SWIR、MWIR、およびLWIR)、用途別、業種別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Significant adoption of infrared detectors for motion and people sensing devices drives market growth”
The infrared detector market is expected to grow at a CAGR of 6.5% from 2020 to 2025, to reach USD 683 million by 2025 from USD 498 million in 2020. The rising adoption of infrared technology for motion and people sensing solutions is one of the key driving factors for the infrared detector market growth. However, the stringent import and export regulations for infrared cameras, and availability of substitute technologies are a few of the factors hindering the growth of the infrared detector market.

“Nonindustrial vertical to dominate infrared detector market, in terms of size, during forecast period”
The infrared detector market, by vertical, is segmented into industrial and nonindustrial. The infrared detector market for nonindustrial vertical is expected to hold a dominant position during the forecast period. Military & defense and residential & commercial are major segments within the nonindustrial vertical that generate the highest demand for infrared detectors, especially for people and motion sensing, temperature measurement, and security and surveillance applications.

“Uncooled infrared detectors segment to hold largest share of infrared detector market and witness highest growth from 2020 to 2025”
In terms of market size, the uncooled segment is expected to dominate the infrared detector market during the forecast period and is likely to witness the highest growth in the said market during the forecast period. The advantages of uncooled infrared detectors over cooled infrared detectors, such as low cost and smaller size, contributed to the leading position of this segment in the infrared detector market.

“APAC to witness highest growth in market during forecast period”
APAC is expected to witness the highest growth in the infrared detector market during the forecast period. A number of untapped verticals and applications; and growing awareness about infrared technology are expected to contribute to the fast growth of the infrared detector market in the region. People and motion sensing, and security and surveillance applications are expected to demonstrate higher growth compared with other applications in the region.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key officials in the infrared detector market. Following is the breakup of the profiles of primary participants for the report.
• By Company Type: Tier 1 = 35 %, Tier 2 = 45%, and Tier 3 = 20%
• By Designation: C-Level Executives = 35%, Managers = 25%, and Others = 40%
• By Region: Americas = 45%, Europe = 20%, APAC = 30%, and RoW = 5%
The report profiles key players in the infrared detector market and analyzes their market rankings. Players profiled in this report are Excelitas Technologies (US), Nippon Ceramic (Japan), Hamamatsu Photonics (Japan), Murata Manufacturing (Japan), FLIR Systems (US), Texas Instruments (US), OMRON Corporation (Japan), Lynred (France), VIGO System (Poland), TE Connectivity (Switzerland), InfraTec (Germany), Laser Components (Germany), Honeywell International (US), Raytheon Company (US), Dräger (Germany), Melexis (Belgium), Thorlabs (US), Semitec Corporation (Japan), Xenics (Belgium), and Fagus GreCon (Germany).

Research Coverage
This report segments the infrared detector market by type, technology, wavelength, application, vertical, and geography. It also describes major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to this market, as well as includes the value chain and market ranking analysis.

Reasons to Buy This Report
The report will help leaders/new entrants in the infrared detector market in the following ways:
1. The report segments the infrared detector market comprehensively and provides the closest market size estimation for all subsegments across regions.
2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the infrared detector market.
3. The report will help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the infrared detector market. The competitive landscape section describes the competitor ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の赤外線検出器市場:種類別(MCT、InGaAs、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)、技術別(冷却および非冷却)、波長別(NIR&SWIR、MWIR、およびLWIR)、用途別、業種別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Size By Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for Research Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Market
4.2 Market, By Wavelength
4.3 Market in North America, By Country and Application
4.4 Market, By Type
4.5 Market, By Country (2019)
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Significant Adoption of Infrared Detectors in Motion and People Sensing Solutions
5.2.1.2 High Penetration of Infrared Detectors in Gas Analysis, Fire Detection, and Non-Contact Temperature Measurement Applications
5.2.1.3 Remarkable Popularity of Uncooled Infrared Detectors
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Import and Export Regulations for Infrared Cameras
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Demand for Infrared Detectors From Emerging Countries
5.2.3.2 Growing Application Areas of Infrared Spectroscopy Technique
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Decrease in Data Accuracy With Increasing Distance Between Detector and Object
5.2.4.2 Availability of Substitute Technologies
5.3 Value Chain Analysis
6 Infrared Detector Market, By Type (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Mercury Cadmium Telluride (MCT)
6.2.1 North America to Continue to Dominate Market for Mercury Cadmium Telluride Infrared Detectors During 2020–2025
6.3 Indium Gallium Arsenide (InGaAs)
6.3.1 InGaAs Infrared Detectors Operate Mainly in Short-Wave Infrared Wavelength
6.4 Pyroelectric
6.4.1 People and Motion Sensing Application Drives Demand for Pyroelectric Infrared Detectors
6.5 Thermopile
6.5.1 Temperature Monitoring, Gas Monitoring, and Presence Detection are Key Applications of Thermopile Infrared Detectors
6.6 Microbolometer
6.6.1 Security and Surveillance Application is Expected to Drive Microbolometer Market During Forecast Period
6.7 Others
7 Market, By Technology (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Cooled Infrared Detector
7.2.1 Security and Surveillance Application Contributes Most to Growth of Market for Cooled Infrared Detectors
7.3 Uncooled Infrared Detector
7.3.1 Pyroelectric, Thermopiles, and Microbolometers are Most Commonly Used Uncooled Infrared Detectors
8 Market, By Wavelength (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Near Infrared and Short-Wave Infrared
8.2.1 Indium Gallium Arsenide and Mercury Cadmium Telluride Detectors are Popular Infrared Detectors That are Sensitive in NIR and SWIR Wavelengths
8.3 Mid-Wave Infrared
8.3.1 Security and Surveillance is Key Application Area of MWIR Detectors
8.4 Long-Wave Infrared
8.4.1 Pyroelectric, Thermopiles, and Microbolometers are Most Commonly Used Infrared Detectors in LWIR Wavelength
9 Infrared Detector Market, By Application (Page No. – 70)
9.1 Introduction
9.2 People and Motion Sensing
9.2.1 Advanced People Detection and Counting
9.2.1.1 Commercial Infrastructure Segment Generates High Demand for Infrared Detectors for Advanced People Detection and Counting
9.2.2 People/Motion Detection for Security Systems
9.2.2.1 Pyroelectric Sensors are Commonly Used in Security Systems for People and Motion Detection
9.3 Temperature Measurement
9.3.1 Non-Contact Temperature Measurement
9.3.1.1 Industrial Vertical Witnesses Significant Demand for Infrared Thermometers for Non-Contact Temperature Measurement Application
9.3.2 Contact-Based Temperature Measurement
9.3.2.1 Thermocouples are Highly Adopted in Contact-Based Temperature Measurement Applications Owing to Their Low Cost and Capacity to Measure Wide Range of Temperatures
9.4 Security and Surveillance
9.4.1 Military & Defense Vertical Contributes Significantly to Growth of Market for Security and Surveillance Application
9.5 Gas and Fire Detection
9.5.1 Infrared Technology is Being Used to Detect Gases Including Methane, Ammonia, Carbon Monoxide, and Carbon Dioxide
9.5.2 Non-Dispersive Infrared Gas Detection
9.6 Spectroscopy and Biomedical Imaging
9.6.1 APAC is Likely to Witness Increasing Adoption of Infrared Detectors for Spectroscopy and Biomedical Imaging Application During Forecast Period
9.7 Scientific Applications
9.7.1 North America to Dominate Market, in Terms of Size, for Scientific Applications During Forecast Period
10 Market, By Vertical (Page No. – 97)
10.1 Introduction
10.2 Industrial
10.2.1 Automotive
10.2.1.1 Driver Vision Enhancement—Key Application Area for Infrared Detectors in Automotive Vertical
10.2.2 Aerospace
10.2.2.1 Security and Surveillance, Quality Inspection, and Vision Enhancement are Common Applications of Infrared Detectors in Aerospace Vertical
10.2.3 Semiconductor & Electronics
10.2.3.1 PCB Inspection, Wafer Inspection, and Machine Condition Monitoring are Key Applications for Which Infrared Detector-Enabled Devices are Used in Semiconductor & Electronics Vertical
10.2.4 Oil & Gas
10.2.4.1 Gas and Fire Detection is Critical Application Area for Infrared Detectors in Oil & Gas Industry
10.2.5 Others
10.3 Nonindustrial
10.3.1 Military & Defense
10.3.1.1 Vision Enhancement is Crucial Application Area of Infrared Detectors in Military & Defense Vertical
10.3.2 Residential & Commercial
10.3.2.1 People and Motion Sensing, Temperature Measurement, and Security and Surveillance are Primary Applications of Infrared Detectors in Residential & Commercial Vertical
10.3.3 Medical
10.3.3.1 Infrared Detectors are Primarily Adopted for Temperature Measurement Applications in Medical Segment
10.3.4 Scientific Research
10.3.4.1 Spectroscopy is Critical Application for Which Infrared Detectors are Used in Scientific Research
11 Geographic Analysis (Page No. – 104)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 US to Continue to Account for Largest Share of North American Market During 2020–2025
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Canada Would Demand Infrared Detectors for use in Security and Surveillance Application During Forecast Period
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Structural Reforms in Mexico to Have Positive Impact on Market Growth
11.3 Europe
11.3.1 UK
11.3.1.1 UK to Continue to Capture Largest Share of Market in Europe From 2020 to 2025
11.3.2 Germany
11.3.2.1 People and Motion Sensing is Major Application for Which Infrared Detectors are Adopted in Germany
11.3.3 France
11.3.3.1 Market Growth in France is Primarily Driven By People and Motion Sensing Application
11.3.4 Italy
11.3.4.1 Temperature Measurement, and People and Motion Sensing Applications are Key Contributors to Growth of Market in Italy
11.3.5 Rest of Europe
11.4 APAC
11.4.1 Japan
11.4.1.1 Japan is Home to Various Prominent Infrared Detector Manufacturers
11.4.2 China
11.4.2.1 China Holds Immense Potential Market Growth in Industrial Vertical
11.4.3 Taiwan
11.4.3.1 People and Motion Sensing Application to Command Market in Taiwan During 2020–2025
11.4.4 Rest of APAC
11.5 RoW
11.5.1 South America
11.5.1.1 Brazil, Chile, and Argentina Fuel Market Growth in South America
11.5.2 Middle East
11.5.2.1 Oil & Gas Industry Boosts Demand for Infrared Detectors in Middle Eastern Market
11.5.3 Africa
11.5.3.1 Market Growth in Africa is Supported By People and Motion Sensing Application
12 Competitive Landscape (Page No. – 127)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis: Infrared Detector Market
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Innovators
12.3.3 Dynamic Differentiators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Strength of Product Portfolio
12.5 Business Strategy Excellence
12.6 Competitive Situations and Trends
12.6.1 Product Launches
12.6.2 Expansions and Acquisitions
12.6.3 Partnerships and Contracts
13 Company Profiles (Page No. – 135)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.1 Key Players
13.1.1 Excelitas Technologies
13.1.2 Nippon Ceramic
13.1.3 Hamamatsu Photonics
13.1.4 Murata Manufacturing
13.1.5 FLIR Systems
13.1.6 Texas Instruments
13.1.7 OMRON Corporation
13.1.8 InfraTec
13.1.9 Lynred
13.1.10 TE Connectivity
13.2 Right to Win
13.3 Other Companies
13.3.1 Honeywell International
13.3.2 Raytheon Company
13.3.3 Laser Components
13.3.4 Dräger
13.3.5 Vigo System
13.3.6 Xenics
13.3.7 Melexis
13.3.8 Fagus Grecon
13.3.9 Thorlabs
13.3.10 Semitec Corporation
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 164)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の赤外線検出器市場:種類別(MCT、InGaAs、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)、技術別(冷却および非冷却)、波長別(NIR&SWIR、MWIR、およびLWIR)、用途別、業種別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 2275
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体及び電子製品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の赤外線検出器市場:種類別(MCT、InGaAs、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)、技術別(冷却および非冷却)、波長別(NIR&SWIR、MWIR、およびLWIR)、用途別、業種別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • K-12指導教材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、K-12指導教材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、K-12指導教材の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 潤滑油粘度グレード向上剤世界市場2017-2021:OCP系、PMA系、スチレン系
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、潤滑油粘度グレード向上剤世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潤滑油粘度グレード向上剤世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は潤滑油粘度グレード向上剤世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はChevron Oronite、Evonik、Infineum 、Lubrizol、NewMarket等です。
  • コンタクトレンズの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンタクトレンズ市場規模、製品別(ソフトコンタクトレンズ、RGPコンタクトレンズ、ハイブリッドコンタクトレンズ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンタクトレンズの世界市場概要 ・コンタクトレンズの世界市場環境 ・コンタクトレンズの世界市場動向 ・コンタクトレンズの世界市場規模 ・コンタクトレンズの世界市場:業界構造分析 ・コンタクトレンズの世界市場:製品別(ソフトコンタクトレンズ、RGPコンタクトレンズ、ハイブリッドコンタクトレンズ) ・コンタクトレンズの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンタクトレンズのアメリカ市場規模・予測 ・コンタクトレンズのヨーロッパ市場規模・予測 ・コンタクトレンズのアジア市場規模・予測 ・コンタクトレンズの主要国分析 ・コンタクトレンズの世界市場:意思決定フレームワーク ・コンタクトレンズの世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 天気予報システムの世界市場
    当調査レポートでは、天気予報システムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・天気予報システムの世界市場:システム種類別分析/市場規模 ・天気予報システムの世界市場:装置別分析/市場規模 ・天気予報システムの世界市場:予測種類別分析/市場規模 ・天気予報システムの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・天気予報システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・天気予報システムのアメリカ市場規模予測 ・天気予報システムのヨーロッパ市場規模予測 ・天気予報システムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 高容量ガス発電機の世界市場2017-2021:300 kW以下、301-1,000 kW、1,000 kW超
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高容量ガス発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高容量ガス発電機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高容量ガス発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCaterpillar、Cummins、Generac Power Systems、Kohler等です。
  • 世界の精製テレフタル酸市場2015
    本調査レポートでは、世界の精製テレフタル酸市場2015について調査・分析し、精製テレフタル酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • インドネシアの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、産業別分析、クラウド基盤コンタクトセンターソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 個別指導のアメリカ市場予測・分析2019-2023
  • 防衛IT支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、防衛IT支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防衛IT支出の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の世界市場:併用療法、単独療法
    Technavio社の本調査レポートでは、BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の世界市場について調べ、BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(併用療法、単独療法)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はBCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均39%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の市場状況 ・BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の市場規模 ・BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の市場予測 ・BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(併用療法、単独療法) ・BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・ …
  • 世界のコーディング・マーキング機市場2016
    本調査レポートでは、世界のコーディング・マーキング機市場2016について調査・分析し、コーディング・マーキング機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スクラップ金属リサイクルの世界市場
    当調査レポートでは、スクラップ金属リサイクルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スクラップ金属リサイクルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機気象レーダーシステムの世界市場2018-2022
    航空機搭載気象レーダーシステムは、安全な飛行軌道の戦略的かつ戦術的計画を可能にし、パイロットにとって必要不可欠なシステムです。航空業界は非常に競争が激しく、様々な要因により利益が生み出されています。 航空燃料価格の下落による航空交通量の増加によって、格安航空サービスが登場しました。 航空会社は、次世代航空機の調達と航空機の近代化を行っています。その結果、航空機搭載気象レーダー技術が大幅に進化し、多くの特長と機能を備えた製品が増えました。厳しい天候から航空機を保護する必要性が高まることにより、予測期間中の航空機用気象レーダーシステム市場が促進される見通しです。 主な分析対象企業は、Garmin、Honeywell International、Leonardo、Rockwell Collins、Telephonicsなどです。 当調査レポートでは、航空機気象レーダーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機気象レーダーシステム市場規模、用途別(商業航空、ビジネス・一般航空)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報など …
  • アジアの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 粉体塗料のアメリカ・ヨーロッパ市場:樹脂種類別、コーティング法別、用途別
  • テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場:サービス別(電子部品製造、電子工学、電子アセンブリ、サプライチェーンマネジメント)、セグメント予測
    テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場は2025年には2,301億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.0%で成長すると予測されています。IoTはこれからの重要なトレンドであり、収益の創出とインフラの拡大の観点からテレコム産業を支えていくことが期待されています。さらにここ数年、モバイル端末の接続性は飛躍的に向上し、ワイヤレスデバイスの普及は顕著な成長を遂げてきました。こういった背景が、今後数年間この市場の成長を後押ししていくものと考えられています。本調査レポートでは、テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場について調査・分析し、テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場動向、テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別テレコム産業における電子機器受託製造サービス(EMS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の眼科用診断装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、眼科用診断装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・眼科用診断装置の概要 ・眼科用診断装置の開発動向:開発段階別分析 ・眼科用診断装置の開発動向:セグメント別分析 ・眼科用診断装置の開発動向:領域別分析 ・眼科用診断装置の開発動向:規制Path別分析 ・眼科用診断装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別眼科用診断装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・眼科用診断装置の最近動向
  • 農薬メーカの戦略的方向性分析2016
  • 細胞単離/細胞分離の世界市場予測(~2024年)
    細胞単離/細胞分離の世界市場は、2019年の59億米ドルから2024年には130億米ドルに達し、この期間中17.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がんや感染症を患っている患者数の増加、細胞ベースの研究への政府の資金援助の増加、技術の進歩、個別化医療への注目の高まりなどが考えられます。当調査レポートでは、細胞単離/細胞分離の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(試薬、ビーズ、遠心分離)分析、細胞のタイプ(ヒト、動物)分析、細胞源(骨髄、脂肪)分析、技術(ろ過)分析、細胞単離/細胞分離の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 甲状腺機能低下症(Hypothyroidism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)のフェーズ3治験薬の状況 ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)治療薬の市場規模(販売予測) ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)治療薬剤
  • 債権回収ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、債権回収ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、債権回収ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別債権回収ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、債権回収ソフトウェア種類別分析()、債権回収ソフトウェア用途別分析(債権回収会社、金融会社、小売店、法律事務所・政府機関、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・債権回収ソフトウェアの市場概観 ・債権回収ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・債権回収ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・債権回収ソフトウェアの世界市場規模 ・債権回収ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・債権回収ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・債権回収ソフトウェアのカナダ市場規模推移 ・債権回収ソフトウェアのメキシコ市場規模推移 ・債権回収ソフトウェアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・債権回収ソフトウェアのドイツ市場規模推移 ・債権 …
  • 工作機械の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、工作機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品タイプ別(フライス盤、ボール盤、旋盤、研削盤、放電加工機)分析、オートメーションタイプ別分析、産業セグメント別分析、販売チャンネル別分析、工作機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、工作機械の世界市場規模が2019年770億万ドルから2027年983億万ドルまで年平均3.2%成長すると予測しています。
  • 油田用特殊化学薬品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、油田用特殊化学薬品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、油田用特殊化学薬品市場規模、製品種類別(特殊化学品、ポリマー、阻害剤・スカベンジャー、レオロジー調整剤、摩擦低減剤、その他)分析、用途別(原油増進回収法(EOR)、セメント処理、製造化学、掘削用流体、油井刺激、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 油田用特殊化学薬品の世界市場:市場動向分析 ・ 油田用特殊化学薬品の世界市場:競争要因分析 ・ 油田用特殊化学薬品の世界市場:製品種類別(特殊化学品、ポリマー、阻害剤・スカベンジャー、レオロジー調整剤、摩擦低減剤、その他) ・ 油田用特殊化学薬品の世界市場:用途別(原油増進回収法(EOR)、セメント処理、製造化学、掘削用流体、油井刺激、その他) ・ 油田用特殊化学薬品の世界市場:主要地域別分析 ・ 油田用特殊化学薬品の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 油田用特殊化学薬品のヨーロッパ市場規模 ・ 油田用特殊化 …
  • メキシコの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 世界の活性炭フィルター市場2016
    本調査レポートでは、世界の活性炭フィルター市場2016について調査・分析し、活性炭フィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨結合インプラントの世界市場:最終用途別(ASC、病院、歯科医院)、製品別(歯科インプラント、膝関節インプラント、股関節インプラント、脊椎インプラント)、セグメント予測
    骨結合インプラントの世界市場は2026年には93億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者における関節置換術の増加、低侵襲手術の増加、および医療施設の振興が考えられます。本調査レポートでは、骨結合インプラントの世界市場について調査・分析し、骨結合インプラントの世界市場動向、骨結合インプラントの世界市場規模、市場予測、セグメント別骨結合インプラント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インフルエンザ診断の世界市場:テストタイプ別(RIDT、RT-PCR、細胞培養)、最終用途別(病院、ラボ、ポイントオブケア検査(POCT))、地域別予測
    本資料は、インフルエンザ診断の世界市場について調べ、インフルエンザ診断の世界規模、市場動向、市場環境、テストタイプ別(RIDT、RT-PCR、細胞培養)分析、最終用途別(病院、ラボ、ポイントオブケア検査(POCT))分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インフルエンザ診断の世界市場概要 ・インフルエンザ診断の世界市場環境 ・インフルエンザ診断の世界市場動向 ・インフルエンザ診断の世界市場規模 ・インフルエンザ診断の世界市場規模:テストタイプ別(RIDT、RT-PCR、細胞培養) ・インフルエンザ診断の世界市場規模:最終用途別(病院、ラボ、ポイントオブケア検査(POCT)) ・インフルエンザ診断の世界市場:地域別市場規模・分析 ・インフルエンザ診断の北米市場規模・予測 ・インフルエンザ診断のアメリカ市場規模・予測 ・インフルエンザ診断のヨーロッパ市場規模・予測 ・インフルエンザ診断のアジア市場規模・予測 ・インフルエンザ診断の日本市場規模・予測 …
  • ガムの世界市場:チューインガム、風船ガム
    当調査レポートでは、ガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動誘導車両(AGV)の世界市場分析:タイプ別(牽引車両、ユニットロードキャリア、パレットトラック、フォークリフトトラック、その他)、誘導技術別(磁気ガイダンス、レーザガイダンス、ナチュラルナビゲーション、ビジョンガイダンス)、用途別(物流、組立、包装)、エンドユーザー業界別(自動車、食品・飲料、航空宇宙、ヘルスケア、小売)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動誘導車両(AGV)の世界市場について調査・分析し、自動誘導車両(AGV)の世界市場動向、自動誘導車両(AGV)の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動誘導車両(AGV)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)分析、エンドユーザー別(垂直産業、サービスプロバイダー)分析、組織サイズ別分析、ネットワーク管理システム(NMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 結腸鏡検査の世界市場:材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査)、用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所)、地域別予測
    本資料は、結腸鏡検査の世界市場について調べ、結腸鏡検査の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査)分析、用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・結腸鏡検査の世界市場概要 ・結腸鏡検査の世界市場環境 ・結腸鏡検査の世界市場動向 ・結腸鏡検査の世界市場規模 ・結腸鏡検査の世界市場規模:材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査) ・結腸鏡検査の世界市場規模:用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他) ・結腸鏡検査の世界市場規模:エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所) ・結腸鏡検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結腸鏡検査の北米市場規模・予測 ・結腸鏡検査のアメリカ市場規模・予測 ・結腸鏡検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・結腸鏡検査 …
  • エラスターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるエラスターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エラスターゼ阻害剤の概要 ・エラスターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のエラスターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・エラスターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・エラスターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 建設機械レンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設機械レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設機械レンタルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は建設機械レンタルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Sunbelt Rentals• Cramo • Loxam Group• Herc Rentals • United Rentals等です。
  • パッケージ印刷の世界市場予測(~2026):印刷用インク別、印刷技術別(フレキソ印刷、グラビア印刷、デジタル印刷)、材料別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、パッケージ印刷の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、印刷用インク別分析、印刷技術別分析、材料別分析、用途別分析、パッケージ印刷の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • 世界の解剖病理学におけるトラック&トレースソリューション市場:技術別、地域別
    本調査レポートは解剖病理学におけるトラック&トレースソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(バーコード、RFID)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・解剖病理学におけるトラック&トレースソリューションの世界市場:技術別(バーコード、RFID) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 自動車用塗料およびコーティングの世界市場2017-2021:溶剤系塗料、水性塗料
    当調査レポートでは、自動車用塗料およびコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用塗料およびコーティングの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 飲料用カートン包装機械の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飲料用カートン包装機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、自動化別分析、用途別分析、地域別分析、飲料用カートン包装機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星地上局設備の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、衛星地上局設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、衛星地上局設備市場規模、機器タイプ別(NOC機器、VSAT機器、アンテナ、電源ユニット、ゲートウェイ、試験・監視装置)分析、NOC機器別(周波数変換器、増幅器、衛星ルーター、帯域幅最適化装置、モデム、ブロックアップコンバーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・衛星地上局設備の世界市場概要 ・衛星地上局設備の世界市場環境 ・衛星地上局設備の世界市場動向 ・衛星地上局設備の世界市場規模 ・衛星地上局設備の世界市場:業界構造分析 ・衛星地上局設備の世界市場:機器タイプ別(NOC機器、VSAT機器、アンテナ、電源ユニット、ゲートウェイ、試験・監視装置) ・衛星地上局設備の世界市場:NOC機器別(周波数変換器、増幅器、衛星ルーター、帯域幅最適化装置、モデム、ブロックアップコンバーター) ・衛星地上局設備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・衛星地上局設備のアメリ …
  • 乗用車用エンジンオイル・アフターマーケットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乗用車用エンジンオイル・アフターマーケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乗用車用エンジンオイル・アフターマーケットの世界市場規模及び予測、エンジン容量別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • LED照明の世界市場予測(~2022):設置種類別、最終用途別、製品種類別(ランプ&照明器具)、地域別
    当調査レポートでは、LED照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、設置種類別分析、最終用途別分析、製品種類別分析、地域別分析、LED照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの股関節置換処置動向(~2021)
  • 自動運転車センサーの世界市場
    当調査レポートでは、自動運転車センサーの世界市場について調査・分析し、自動運転車センサーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動運転車センサーの世界市場:市場動向分析 - 自動運転車センサーの世界市場:競争要因分析 - 自動運転車センサーの世界市場:センサーの種類別 ・安全センサー ・圧力センサー ・MEMS(微小電気機械システム)センサー ・磁気センサー ・温度センサー ・慣性センサー ・レベルセンサー ・位置センサー ・酸素センサー ・速度センサー ・NOxセンサー ・その他 - 自動運転車センサーの世界市場:動作原理別 ・圧電性 ・磁気性 ・容量性 ・誘導性 ・光学性 - 自動運転車センサーの世界市場:車両の種類別 ・二輪車 ・バス ・車 ・トラック - 自動運転車センサーの世界市場:用途別 ・乗り物の安全確保 ・燃料噴射および排出 ・シャーシ ・安全&制御 ・エンジン ・パワートレイン ・テレマティックス ・その他 - 自動運転車センサーの世界市場:主要地域別分析 - 自動運転車センサーの北 …
  • 自動車ワイヤーハーネスの世界市場
    当調査レポートでは、自動車ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車ワイヤーハーネスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車ワイヤーハーネスの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車ワイヤーハーネスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車ワイヤーハーネスのアメリカ市場規模予測 ・自動車ワイヤーハーネスのヨーロッパ市場規模予測 ・自動車ワイヤーハーネスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ベンチトップ・オートクレーブの世界市場
    当調査レポートでは、ベンチトップ・オートクレーブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベンチトップ・オートクレーブの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートリング市場2016
    本調査レポートでは、世界のスマートリング市場2016について調査・分析し、スマートリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人水上艦(USV)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、無人水上艦(USV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、サイズ別分析、ペイロード別分析、地域別分析、無人水上艦(USV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"