"世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 4276)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The animal growth promoters and performance enhancers market projected to grow at a CAGR of 5.9% during the forecast period (2019–2024).”
The global animal growth promoters and performance enhancers market is projected to reach USD 18.5 billion by 2024 from an estimated USD 13.9 billion in 2019, at a CAGR of 5.9% during the forecast period. The key factors driving the growth of this market is the increasing global meat demand, research into alternatives to antibiotics, and the need to deal with epidemics and environmental factors. However, various countries have stringent regulations in place against antibiotics and particular growth promoters, which has affected their adoption.

“By type, the non-antibiotic growth promoters segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period (2019–2024).”
On the basis of type, the market is segmented into antibiotic and non-antibiotic growth promoters. The non-antibiotic growth promoters segment commanded the largest share of the animal growth promoters and performance enhancers market in 2018. This large share of this segment is due to the economic benefits, a wide range of substances (acidifiers, prebiotics & probiotics, feed enzymes, phytogenic, hormones and others growth promoters), numerous applications in various production animals, greater sustainability, and the increasing number of regulations on antibiotics.

“By animal type, the poultry segment is expected to dominate the market during the forecast period (2019–2024).”
Based on animal type, the market is segmented into poultry, porcine, livestock, aquaculture, and other animals (equine, rabbit, camel, deer, yak, and geese). The poultry segment marked the largest share of the animal growth promoters and performance enhancers market in 2018. The large market share of this segment can be attributed to the increasing demand for poultry meat & eggs, novel diet approaches, and antibiotics phase-outs, resulting in the development of alternatives.

“The Europe region to witness the highest growth during the forecast period (2019–2024).”
The Europe market is projected to register the highest growth during the forecast period. Factors such as rising in domestic livestock, poultry and pork production, and decreasing meat imports owing to the ban of certain growth promoters in Europe are driving the growth for the animal growth promoters and performance enhancers market in Europe. Other factors also include technological advancements in animal production in this region and increasing meat production.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–21%, Tier 2–26%, and Tier 3–53%
• By Designation: C-level–32%, Director-level–23%, and Others–45%
• By Region: North America–36%, Europe–32%, Asia Pacific–17%, RoW–15%

Prominent players in the global animal growth promoters and performance enhancers market include are Merck and Co. Inc. (US), Cargill Inc. (US), Royal DSM N. V. (Germany), Bupo Animal Health (SA), Elanco Animal Health Inc. (US), CHR Hansen (UK), Alltech Inc. (US), Phibro Animal Health Corporation (US), Kemin Industries (US), and SHV (Nutreco) (UK).

Research Coverage:
The report analyzes the animal growth promoters and performance enhancers market and aims at estimating the market size and future growth potential of this market based on various segments such as product, animal type, and region. The report also includes competitive analysis of the key players in this market along with their company profiles, product and service offerings, recent developments, and key market strategies.

Reasons to Buy the Report
The report can help established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or any combination of the below mentioned five strategies.

This report provides insights into the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios of the top players in the animal growth promoters and performance enhancers market. The report analyzes the market based on the product, animal type, and region.
• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, research and development activities, and product launches in the animal growth promoters and performance enhancers market.
• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets. The report analyzes the markets for various animal growth promoters and performance enhancers equipment across regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about products, untapped regions, recent developments, and investments in the animal growth promoters and performance enhancers market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, distribution networks, and manufacturing capabilities of the leading players in the animal growth promoters and performance enhancers market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Animal Growth Promoters Market Overview
4.2 Asia Pacific: Animal Performance Enhancers Market, By Type (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Continuous Growth in the Global Meat Demand
5.2.1.2 Research Into Alternatives to Antibiotics and Hormones and Increasing Demand for Non-Antibiotic Growth Promoters
5.2.1.3 Rise in Animal Epidemics and Climate Changes
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Regulations Restricting the Use of Antibiotics and Hormones for Growth Promotion in Animals
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Focus on Increasing Environment Sustainability
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Increasing Global Feed Tonnage and High Feed Costs Leading to the Adoption of Conventional Feeding Systems
6 Market, By Type (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Non-Antibiotic Growth Promoters and Performance Enhancers
6.2.1 Prebiotics & Probiotics
6.2.1.1 Prebiotics & Probiotics Hold the Largest Share of the Market
6.2.2 Acidifiers
6.2.2.1 Regulations on Antibiotics and Wide Applications in Different Production Animals have Driven the Use of Acidifiers
6.2.3 Phytogenics
6.2.3.1 Natural Performance Enhancement and Antioxidative & Disease Defense Properties have Supported the Use of Phytogenics
6.2.4 Feed Enzymes
6.2.4.1 Feed Enzymes Segment is Expected to Benefit Greatly From the Bans of Antibiotics and Hormones
6.2.5 Hormones
6.2.5.1 Human Health Implications and Restricted Usage Due to Regulations Will Hamper the Growth of the Hormones Segment
6.2.6 Other Non-Antibiotic Growth Promoters and Performance Enhancers
6.3 Antibiotic Growth Promoters
6.3.1 Antibiotics to Face A Gradual Decline Due to Unfavorable Regulations and Bans on Their Use
7 Animal Growth Promoters Market, By Animal Type (Page No. – 62)
7.1 Introduction
7.2 Poultry
7.2.1 in 2018, the Poultry Segment Accounted for the Largest Share of the Market
7.3 Swine
7.3.1 Rising Demand for Pork Meat and Increasing Awareness of African Swine Fever (Asf) Outbreaks to Drive the Adoption of Growth Promoters and Performance Enhancers
7.4 Livestock
7.4.1 The Livestock Segment to Register the Highest Growth Rate During the Forecast Period
7.5 Aquatic Animals
7.5.1 Growing Production and Consumption of Seafood to Drive the Demand for Growth Promoters for Aquatic Animals
7.6 Other Animals
8 Market, By Region (Page No. – 69)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.2.1 China
8.2.1.1 China Dominates the APAC Animal Growth Promoters and Performance Enhancers Market
8.2.2 India
8.2.2.1 Large Livestock Population and Increasing Production and Export Capacities to Drive Market Growth in the Country
8.2.3 Japan
8.2.3.1 Rising Domestic Meat Demand and Government Efforts to Encourage Animal Producers are Driving the Demand for Promoters in Japan
8.2.4 Australia
8.2.4.1 Large Cattle Population and Heavy Meat Exports have Supported the Market in Australia
8.2.5 Rest of Asia Pacific
8.2.5.1 Lack of A Defined Regulatory Scenario has Resulted in the Wide Use of Antibiotic Growth Promoters in the RoAPAC
8.3 North America
8.3.1 Us
8.3.1.1 US Holds the Largest Share of the North American Market
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Canada is A Prominent Meat and Aquaculture Producer and Exporter
8.4 Europe
8.4.1 Russia
8.4.1.1 Russia Holds the Largest Share of the European Market
8.4.2 Rest of Europe
8.4.2.1 Technological Advancements and the Strong Trade Industry have Supported the RoE Market
8.5 Rest of the World
8.5.1 Brazil
8.5.1.1 Brazil Dominates the RoW Market for Animal Growth Promoters and Performance Enhancers
8.5.2 Rest of Latin America
8.5.2.1 Strong Demand for Animal Products and Supportive Initiatives have Supported the Market in the RoLA
8.5.3 Middle East
8.5.3.1 Increasing Demand for Chicken and Seafood have Contributed to Market Growth in the Middle East
8.5.4 Africa
8.5.4.1 Reliance on Conventional Livestock Production Practices May Hamper the Market Growth in Africa
9 Competitive Landscape (Page No. – 100)
9.1 Introduction
9.2 Market Share Analysis
9.3 Competitive Leadership Mapping (2018)
9.3.1 Visionary Leaders
9.3.2 Innovators
9.3.3 Dynamic Differentiators
9.3.4 Emerging Companies
9.4 Competitive Scenario
9.4.1 Key Developments in the Animal Growth Promoters and Performance Enhancers Market
9.4.2 Key Product Launches
9.4.3 Key Acquisitions
9.4.4 Key Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 107)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & Competitive Analysis)*
10.1 Cargill, Inc.
10.2 Royal DSM N.V.
10.3 Elanco Animal Health Inc.
10.4 Merck & Co., Inc.
10.5 Alltech, Inc.
10.6 Archer-Daniels-Midland Company (ADM)
10.7 Vetoquinol
10.8 Bupo Animal Health
10.9 Chr. Hansen
10.10 Novus International, Inc.
10.11 Associated British Foods PLC
10.12 Erber AG
10.13 Phibro Animal Health Corporation
10.14 Kemin Industries
10.15 Nutreco (A Wholly Owned Subsidiary of SHV Group)
10.16 BASF SE
10.17 Lallemand Inc.
10.18 Bluestar Adisseo Company
10.19 Evonik Industries AG
10.20 Land O’lakes, Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & Competitive Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 153)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 4276
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 医療用ガス・装置の世界市場:酸素、窒素、亜酸化窒素、ヘリウム、ガス混合物、送達システム、極低温冷凍装置、酸素濃縮器
    当調査レポートでは、医療用ガス・装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、ガス別分析、装置別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマスカラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のマスカラ市場2015について調査・分析し、マスカラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)の概要 ・野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の野兎病菌感染症(Francisella Tularensis Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬 …
  • ナイロン6及びナイロン66の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、ナイロン6及びナイロン66の世界市場について調査・分析し、ナイロン6及びナイロン66の世界市場動向、ナイロン6及びナイロン66の世界市場規模、市場予測、セグメント別ナイロン6及びナイロン66市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国のモバイルDRAM市場2015
    本調査レポートでは、中国のモバイルDRAM市場2015について調査・分析し、モバイルDRAMの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用交流発電機の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用交流発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用交流発電機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用交流発電機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alton France、DENSO、MAHLE、MITSUBA等です。
  • ゴムシートの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ゴムシートの世界市場について調査・分析し、ゴムシートの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ゴムシートシェア、市場規模推移、市場規模予測、ゴムシート種類別分析(ネオプレンゴムシート(クロロプレンゴムシート)、天然ゴムシート、EPDMゴムシート、シリコンゴムシート、ニトリルゴムシート、その他)、ゴムシート用途別分析(化学産業、自動車、医薬品・医療、鉱業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ゴムシートの市場概観 ・ゴムシートのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ゴムシートのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ゴムシートの世界市場規模 ・ゴムシートの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ゴムシートのアメリカ市場規模推移 ・ゴムシートのカナダ市場規模推移 ・ゴムシートのメキシコ市場規模推移 ・ゴムシートのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ゴムシートのドイツ市場規模推移 ・ゴムシートのイギリス市場規模推移 ・ゴム …
  • スマートファクトリーの世界市場:センサ、アクチュエーター、通信技術、産業用ロボット、マシンビジョン、制御装置、制御弁
    当調査レポートでは、スマートファクトリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成製品別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 温度センサーの世界市場:サーミスター、IC、RTD(測温抵抗体)、熱電対、その他
    当調査レポートでは、温度センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 尿管ダイレーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、尿管ダイレーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、尿管ダイレーター市場規模、エンドユーザー別(病院、外来外科センター、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・尿管ダイレーターの世界市場概要 ・尿管ダイレーターの世界市場環境 ・尿管ダイレーターの世界市場動向 ・尿管ダイレーターの世界市場規模 ・尿管ダイレーターの世界市場:業界構造分析 ・尿管ダイレーターの世界市場:エンドユーザー別(病院、外来外科センター、その他) ・尿管ダイレーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・尿管ダイレーターの北米市場規模・予測 ・尿管ダイレーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・尿管ダイレーターのアジア太平洋市場規模・予測 ・尿管ダイレーターの主要国分析 ・尿管ダイレーターの世界市場:意思決定フレームワーク ・尿管ダイレーターの世界市場:成長要因、課題 ・尿管ダイレーターの世界市場:競争環境 ・尿管ダイレーターの …
  • 世界の医療産業におけるエネルギー管理システム市場
    当調査レポートでは、世界の医療産業におけるエネルギー管理システム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の医療産業におけるエネルギー管理システム市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の微生物培養市場動向(~2021)
  • 欧州主要国の使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 骨固定型補聴器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、骨固定型補聴器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、骨固定型補聴器の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーセージ・ホットドッグ用包装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ソーセージ・ホットドッグ用包装の世界市場について調査・分析し、ソーセージ・ホットドッグ用包装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ソーセージ・ホットドッグ用包装シェア、市場規模推移、市場規模予測、ソーセージ・ホットドッグ用包装種類別分析()、ソーセージ・ホットドッグ用包装用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装の市場概観 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装の世界市場規模 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のアメリカ市場規模推移 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のカナダ市場規模推移 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のメキシコ市場規模推移 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 副腎機能不全(Adrenal Insufficiency):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬の状況 ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬の市場規模(販売予測) ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の副腎機能不全(Adrenal Insufficiency)治療薬剤
  • 世界のACモーター(交流電動機)市場規模・予測2017-2025:種類別(誘導、同期)、電圧別(分数、整数)、エンドユーズ別(輸送機器、産業用、HVAC、モーター車、家庭用)、地域別、
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のACモーター(交流電動機)市場について調査・分析し、世界のACモーター(交流電動機)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のACモーター(交流電動機)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬の状況 ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)治療薬の市場規模(販売予測) ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の難治性多発性骨髄腫(Refractory Multiple Myeloma)治療薬剤
  • 認知サービスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、認知サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、サービスタイプ別分析、産業別分析、地域別分析、認知サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地盤工学用計装・モニタリングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、地盤工学用計装・モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供商品別分析、技術別分析、構造別分析、需要先別分析、地盤工学用計装・モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液化石油ガス(LPG)シリンダーの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、液化石油ガス(LPG)シリンダーの世界市場について調べ、液化石油ガス(LPG)シリンダーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、液化石油ガス(LPG)シリンダーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(金属、複合)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は液化石油ガス(LPG)シリンダーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・液化石油ガス(LPG)シリンダーの市場状況 ・液化石油ガス(LPG)シリンダーの市場規模 ・液化石油ガス(LPG)シリンダーの市場予測 ・液化石油ガス(LPG)シリンダーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(金属、複合) ・液化石油ガス(LPG)シリンダーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ソフトウェアライセンス管理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソフトウェアライセンス管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ソフトウェアライセンス管理の世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 清掃請負サービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、清掃請負サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、清掃請負サービス市場規模、最終用途別(商業用、産業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・清掃請負サービスの世界市場概要 ・清掃請負サービスの世界市場環境 ・清掃請負サービスの世界市場動向 ・清掃請負サービスの世界市場規模 ・清掃請負サービスの世界市場:業界構造分析 ・清掃請負サービスの世界市場:最終用途別(商業用、産業用、家庭用) ・清掃請負サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・清掃請負サービスのアメリカ市場規模・予測 ・清掃請負サービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・清掃請負サービスのアジア市場規模・予測 ・清掃請負サービスの主要国分析 ・清掃請負サービスの世界市場:意思決定フレームワーク ・清掃請負サービスの世界市場:成長要因、課題 ・清掃請負サービスの世界市場:競争環境 ・清掃請負サービスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ウェブコンテンツ管理の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
  • ブルガリアの太陽光発電(PV)市場2015
  • 食品・飲料用金属缶の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、食品・飲料用金属缶の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、食品・飲料用金属缶の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設・採掘機械の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、建設・採掘機械の世界市場について調査・分析し、建設・採掘機械の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・建設・採掘機械の世界市場規模:装置種類別分析 ・建設・採掘機械の世界市場規模:用途別分析 ・建設・採掘機械の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 電気自動車(EV)ポリマーの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、電気自動車(EV)ポリマーの世界市場規模が2017年14.8億ドルから2026年1235.8億ドルまで年平均61.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電気自動車(EV)ポリマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気自動車(EV)ポリマー市場規模、コンポネント別(外装、内装、パワートレインシステム)分析、種類別(エラストマー、エンジニアリングプラスチック)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 電気自動車(EV)ポリマーの世界市場:市場動向分析 ・ 電気自動車(EV)ポリマーの世界市場:競争要因分析 ・ 電気自動車(EV)ポリマーの世界市場:コンポネント別(外装、内装、パワートレインシステム) ・ 電気自動車(EV)ポリマーの世界市場:種類別(エラストマー、エンジニアリングプラスチック) ・ 電気自動車(EV)ポリマーの世界市場:主要地域別分析 ・ 電気自動車(EV)ポリマーの北米市場 …
  • 世界の燃料/石油染料およびマーカ市場
  • トラック搭載型コンクリートポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、トラック搭載型コンクリートポンプの世界市場について調査・分析し、トラック搭載型コンクリートポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別トラック搭載型コンクリートポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、トラック搭載型コンクリートポンプ種類別分析()、トラック搭載型コンクリートポンプ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・トラック搭載型コンクリートポンプの市場概観 ・トラック搭載型コンクリートポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・トラック搭載型コンクリートポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・トラック搭載型コンクリートポンプの世界市場規模 ・トラック搭載型コンクリートポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・トラック搭載型コンクリートポンプのアメリカ市場規模推移 ・トラック搭載型コンクリートポンプのカナダ市場規模推移 ・トラック搭載型コンクリートポンプのメキシコ市場規模推移 ・トラック搭載型コンクリートポンプのヨーロッパ市 …
  • 発酵用化学品の世界市場
    本調査レポートでは、発酵用化学品の世界市場について調査・分析し、発酵用化学品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スペインの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、組織サイズ別(中小企業、大規模)、垂直産業別(BFSI、政府・防衛、小売・電子商取引、IT・テレコム、ヘルスケア、エネルギー・公益事業、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場について調べ、プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、組織サイズ別(中小企業、大規模)分析、垂直産業別(BFSI、政府・防衛、小売・電子商取引、IT・テレコム、ヘルスケア、エネルギー・公益事業、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場概要 ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場環境 ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場動向 ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場規模 ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場規模:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場規模:組織サイズ別(中小企業、大規模) ・プロアクティブ(予防的)セキュリティの世界市場規模:垂直産業別(BFS …
  • パッケージ印刷の世界市場予測(~2026):印刷用インク別、印刷技術別(フレキソ印刷、グラビア印刷、デジタル印刷)、材料別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、パッケージ印刷の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、印刷用インク別分析、印刷技術別分析、材料別分析、用途別分析、パッケージ印刷の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機フライトコントロールシステム(操縦装置)の世界市場予測2021
    当調査レポートでは、航空機フライトコントロールシステム(操縦装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、航空機種類別分析、技術別分析、航空機フライトコントロールシステム(操縦装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の白金市場2015
    本調査レポートでは、世界の白金市場2015について調査・分析し、白金の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 海洋巡視船(OPV)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、海洋巡視船(OPV)の世界市場について調査・分析し、海洋巡視船(OPV)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・海洋巡視船(OPV)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・海洋巡視船(OPV)の世界市場:セグメント別市場分析 ・海洋巡視船(OPV)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • スリランカのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 自動車リトラクタブル・ルーフトップの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車リトラクタブル・ルーフトップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車リトラクタブル・ルーフトップの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベルギーの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 生鮮食品包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生鮮食品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生鮮食品包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサイクルコンピューター市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 髄膜炎菌ワクチンの世界市場
    当調査レポートでは、髄膜炎菌ワクチンの世界市場について調査・分析し、髄膜炎菌ワクチンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オランダの関節鏡検査装置市場見通し
  • 工業用ワックスの世界市場予測:化石ベース、合成ベース、バイオベース
    当調査レポートでは、工業用ワックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、工業用ワックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスメーターの世界市場2017-2021:従来型、スマート型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ガスメーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスメーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はガスメーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はElster Gas、General Electric、Itron、Landis+Gyr等です。
  • 超音波センサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は超音波センサの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.37%成長すると予測しています。
  • 脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))の概要 ・脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳梗塞(脳軟化症)(Cerebral Infarction (Brain Infarction))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤 …
  • 潤滑油添加剤の世界市場:添加剤タイプ別(洗剤、摩耗防止剤、抗酸化剤、乳化剤、その他)、用途別(エンジンオイル、ギアオイル、プロセスオイル、工業用オイル、油圧オイル、金属加工用油剤)、最終用途別(自動車、工業)、地域別予測
    本資料は、潤滑油添加剤の世界市場について調べ、潤滑油添加剤の世界規模、市場動向、市場環境、添加剤タイプ別(洗剤、摩耗防止剤、抗酸化剤、乳化剤、その他)分析、用途別(エンジンオイル、ギアオイル、プロセスオイル、工業用オイル、油圧オイル、金属加工用油剤)分析、最終用途別(自動車、工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・潤滑油添加剤の世界市場概要 ・潤滑油添加剤の世界市場環境 ・潤滑油添加剤の世界市場動向 ・潤滑油添加剤の世界市場規模 ・潤滑油添加剤の世界市場規模:添加剤タイプ別(洗剤、摩耗防止剤、抗酸化剤、乳化剤、その他) ・潤滑油添加剤の世界市場規模:用途別(エンジンオイル、ギアオイル、プロセスオイル、工業用オイル、油圧オイル、金属加工用油剤) ・潤滑油添加剤の世界市場規模:最終用途別(自動車、工業) ・潤滑油添加剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・潤滑油添加剤の北米市場規模・予測 ・潤滑油添加剤のアメリカ市場規模・予測 ・潤滑油添加剤の …
  • 世界の電動パワートレイン市場:コンポーネント別(モーター、12V、HV / 48Vバッテリー、BMS、48V ISG、コントローラー、PDM、DC / ACインバーター、DC / DCコンバーター、その他)、種類別(BEV、MHEV、シリーズ、パラレル&パラレルシリーズ)、車種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、電動パワートレインの世界市場規模が2019年629億ドルから2027年1914億ドルまで年平均14.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の電動パワートレイン市場を広く調査・分析し、市場概要、車両別(運用データ、HEV / PHEV、BEV、48vマイルドハイブリッド車)分析、パワートレイン種類別(BEVパワートレイン、MHEVパワートレイン、シリーズハイブリッドパワートレイン、パラレルハイブリッドパワートレイン)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の電動パワートレイン市場:車両別(運用データ、HEV / PHEV、BEV、48vマイルドハイブリッド車) ・世界の電動パワートレイン市場:パワートレイン種類別(BEVパワートレイン、MHEVパワートレイン、シリーズハイブリッドパワートレイン、パラレルハイブリッドパワートレイン) ・世界の電動パワートレイン市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"