"世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 4276)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The animal growth promoters and performance enhancers market projected to grow at a CAGR of 5.9% during the forecast period (2019–2024).”
The global animal growth promoters and performance enhancers market is projected to reach USD 18.5 billion by 2024 from an estimated USD 13.9 billion in 2019, at a CAGR of 5.9% during the forecast period. The key factors driving the growth of this market is the increasing global meat demand, research into alternatives to antibiotics, and the need to deal with epidemics and environmental factors. However, various countries have stringent regulations in place against antibiotics and particular growth promoters, which has affected their adoption.

“By type, the non-antibiotic growth promoters segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period (2019–2024).”
On the basis of type, the market is segmented into antibiotic and non-antibiotic growth promoters. The non-antibiotic growth promoters segment commanded the largest share of the animal growth promoters and performance enhancers market in 2018. This large share of this segment is due to the economic benefits, a wide range of substances (acidifiers, prebiotics & probiotics, feed enzymes, phytogenic, hormones and others growth promoters), numerous applications in various production animals, greater sustainability, and the increasing number of regulations on antibiotics.

“By animal type, the poultry segment is expected to dominate the market during the forecast period (2019–2024).”
Based on animal type, the market is segmented into poultry, porcine, livestock, aquaculture, and other animals (equine, rabbit, camel, deer, yak, and geese). The poultry segment marked the largest share of the animal growth promoters and performance enhancers market in 2018. The large market share of this segment can be attributed to the increasing demand for poultry meat & eggs, novel diet approaches, and antibiotics phase-outs, resulting in the development of alternatives.

“The Europe region to witness the highest growth during the forecast period (2019–2024).”
The Europe market is projected to register the highest growth during the forecast period. Factors such as rising in domestic livestock, poultry and pork production, and decreasing meat imports owing to the ban of certain growth promoters in Europe are driving the growth for the animal growth promoters and performance enhancers market in Europe. Other factors also include technological advancements in animal production in this region and increasing meat production.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–21%, Tier 2–26%, and Tier 3–53%
• By Designation: C-level–32%, Director-level–23%, and Others–45%
• By Region: North America–36%, Europe–32%, Asia Pacific–17%, RoW–15%

Prominent players in the global animal growth promoters and performance enhancers market include are Merck and Co. Inc. (US), Cargill Inc. (US), Royal DSM N. V. (Germany), Bupo Animal Health (SA), Elanco Animal Health Inc. (US), CHR Hansen (UK), Alltech Inc. (US), Phibro Animal Health Corporation (US), Kemin Industries (US), and SHV (Nutreco) (UK).

Research Coverage:
The report analyzes the animal growth promoters and performance enhancers market and aims at estimating the market size and future growth potential of this market based on various segments such as product, animal type, and region. The report also includes competitive analysis of the key players in this market along with their company profiles, product and service offerings, recent developments, and key market strategies.

Reasons to Buy the Report
The report can help established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or any combination of the below mentioned five strategies.

This report provides insights into the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios of the top players in the animal growth promoters and performance enhancers market. The report analyzes the market based on the product, animal type, and region.
• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, research and development activities, and product launches in the animal growth promoters and performance enhancers market.
• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets. The report analyzes the markets for various animal growth promoters and performance enhancers equipment across regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about products, untapped regions, recent developments, and investments in the animal growth promoters and performance enhancers market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, distribution networks, and manufacturing capabilities of the leading players in the animal growth promoters and performance enhancers market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Revenue Mapping-Based Market Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Animal Growth Promoters Market Overview
4.2 Asia Pacific: Animal Performance Enhancers Market, By Type (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Continuous Growth in the Global Meat Demand
5.2.1.2 Research Into Alternatives to Antibiotics and Hormones and Increasing Demand for Non-Antibiotic Growth Promoters
5.2.1.3 Rise in Animal Epidemics and Climate Changes
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Regulations Restricting the Use of Antibiotics and Hormones for Growth Promotion in Animals
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Focus on Increasing Environment Sustainability
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Increasing Global Feed Tonnage and High Feed Costs Leading to the Adoption of Conventional Feeding Systems
6 Market, By Type (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Non-Antibiotic Growth Promoters and Performance Enhancers
6.2.1 Prebiotics & Probiotics
6.2.1.1 Prebiotics & Probiotics Hold the Largest Share of the Market
6.2.2 Acidifiers
6.2.2.1 Regulations on Antibiotics and Wide Applications in Different Production Animals have Driven the Use of Acidifiers
6.2.3 Phytogenics
6.2.3.1 Natural Performance Enhancement and Antioxidative & Disease Defense Properties have Supported the Use of Phytogenics
6.2.4 Feed Enzymes
6.2.4.1 Feed Enzymes Segment is Expected to Benefit Greatly From the Bans of Antibiotics and Hormones
6.2.5 Hormones
6.2.5.1 Human Health Implications and Restricted Usage Due to Regulations Will Hamper the Growth of the Hormones Segment
6.2.6 Other Non-Antibiotic Growth Promoters and Performance Enhancers
6.3 Antibiotic Growth Promoters
6.3.1 Antibiotics to Face A Gradual Decline Due to Unfavorable Regulations and Bans on Their Use
7 Animal Growth Promoters Market, By Animal Type (Page No. – 62)
7.1 Introduction
7.2 Poultry
7.2.1 in 2018, the Poultry Segment Accounted for the Largest Share of the Market
7.3 Swine
7.3.1 Rising Demand for Pork Meat and Increasing Awareness of African Swine Fever (Asf) Outbreaks to Drive the Adoption of Growth Promoters and Performance Enhancers
7.4 Livestock
7.4.1 The Livestock Segment to Register the Highest Growth Rate During the Forecast Period
7.5 Aquatic Animals
7.5.1 Growing Production and Consumption of Seafood to Drive the Demand for Growth Promoters for Aquatic Animals
7.6 Other Animals
8 Market, By Region (Page No. – 69)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.2.1 China
8.2.1.1 China Dominates the APAC Animal Growth Promoters and Performance Enhancers Market
8.2.2 India
8.2.2.1 Large Livestock Population and Increasing Production and Export Capacities to Drive Market Growth in the Country
8.2.3 Japan
8.2.3.1 Rising Domestic Meat Demand and Government Efforts to Encourage Animal Producers are Driving the Demand for Promoters in Japan
8.2.4 Australia
8.2.4.1 Large Cattle Population and Heavy Meat Exports have Supported the Market in Australia
8.2.5 Rest of Asia Pacific
8.2.5.1 Lack of A Defined Regulatory Scenario has Resulted in the Wide Use of Antibiotic Growth Promoters in the RoAPAC
8.3 North America
8.3.1 Us
8.3.1.1 US Holds the Largest Share of the North American Market
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Canada is A Prominent Meat and Aquaculture Producer and Exporter
8.4 Europe
8.4.1 Russia
8.4.1.1 Russia Holds the Largest Share of the European Market
8.4.2 Rest of Europe
8.4.2.1 Technological Advancements and the Strong Trade Industry have Supported the RoE Market
8.5 Rest of the World
8.5.1 Brazil
8.5.1.1 Brazil Dominates the RoW Market for Animal Growth Promoters and Performance Enhancers
8.5.2 Rest of Latin America
8.5.2.1 Strong Demand for Animal Products and Supportive Initiatives have Supported the Market in the RoLA
8.5.3 Middle East
8.5.3.1 Increasing Demand for Chicken and Seafood have Contributed to Market Growth in the Middle East
8.5.4 Africa
8.5.4.1 Reliance on Conventional Livestock Production Practices May Hamper the Market Growth in Africa
9 Competitive Landscape (Page No. – 100)
9.1 Introduction
9.2 Market Share Analysis
9.3 Competitive Leadership Mapping (2018)
9.3.1 Visionary Leaders
9.3.2 Innovators
9.3.3 Dynamic Differentiators
9.3.4 Emerging Companies
9.4 Competitive Scenario
9.4.1 Key Developments in the Animal Growth Promoters and Performance Enhancers Market
9.4.2 Key Product Launches
9.4.3 Key Acquisitions
9.4.4 Key Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 107)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & Competitive Analysis)*
10.1 Cargill, Inc.
10.2 Royal DSM N.V.
10.3 Elanco Animal Health Inc.
10.4 Merck & Co., Inc.
10.5 Alltech, Inc.
10.6 Archer-Daniels-Midland Company (ADM)
10.7 Vetoquinol
10.8 Bupo Animal Health
10.9 Chr. Hansen
10.10 Novus International, Inc.
10.11 Associated British Foods PLC
10.12 Erber AG
10.13 Phibro Animal Health Corporation
10.14 Kemin Industries
10.15 Nutreco (A Wholly Owned Subsidiary of SHV Group)
10.16 BASF SE
10.17 Lallemand Inc.
10.18 Bluestar Adisseo Company
10.19 Evonik Industries AG
10.20 Land O’lakes, Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & Competitive Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 153)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 4276
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の動物成長促進剤及びパフォーマンスエンハンサー市場:製品抗生物質&非抗生物質別(ホルモン、酸性化剤、飼料酵素、プロバイオティクスおよびプレバイオティクス、植物病原体)、動物別(家禽、ブタ、家畜、水産養殖)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の監視装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の監視装置市場2015について調査・分析し、監視装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 幹細胞治療の世界市場予測(~2021年):同種幹細胞、自己幹細胞
    当調査レポートでは、幹細胞治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、ソース別分析、地域別分析、幹細胞治療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発泡金属の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、発泡金属の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、用途別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析、発泡金属の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クウェートの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 世界の半導体ウェハ洗浄装置市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の半導体ウェハ洗浄装置市場について調査・分析し、世界の半導体ウェハ洗浄装置市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の半導体ウェハ洗浄装置関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 研削機の世界市場の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、研削機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研削機市場規模、エンドユーザー別(産業機械、自動車、精密機械、その他) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、600 Group, AMADA HOLDINGS, ANCA, DANOBATGROUP, DMG MORI, FALCON MACHINE TOOLSなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・研削機の世界市場概要 ・研削機の世界市場環境 ・研削機の世界市場動向 ・研削機の世界市場規模 ・研削機の世界市場:業界構造分析 ・研削機の世界市場:エンドユーザー別(産業機械、自動車、精密機械、その他) ・研削機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・研削機の北米市場規模・予測 ・研削機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・研削機のアジア太平洋市場規模・予測 ・研削機の主要国分析 ・研削機の世界市場:意思決定フレームワーク ・研削機の世界市場:成長要因、課題 ・研削機の世界市 …
  • カザフスタンのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • Eラーニングの世界市場2020-2024:エンドユーザー別、地域別
    「Eラーニングの世界市場2020-2024」は、Eラーニングについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・Eラーニングの世界市場:エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • アメリカン・ウイスキーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカン・ウイスキーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカン・ウイスキーの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステアリン酸マグネシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のステアリン酸マグネシウム市場2016について調査・分析し、ステアリン酸マグネシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カザフスタンのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • インドの火力発電市場2016
  • レース用クラッチの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、レース用クラッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レース用クラッチの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はレース用クラッチの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AP Racing、EXEDY Globalparts、ZF等です。
  • 凝血塊回収装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、凝血塊回収装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、凝血塊回収装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 屋根材用化学品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、屋根材用化学品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋根材用化学品市場規模、製品別(アスファルト/歴青質、アクリル樹脂、エポキシ樹脂、エラストマー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋根材用化学品の世界市場概要 ・屋根材用化学品の世界市場環境 ・屋根材用化学品の世界市場動向 ・屋根材用化学品の世界市場規模 ・屋根材用化学品の世界市場:業界構造分析 ・屋根材用化学品の世界市場:製品別(アスファルト/歴青質、アクリル樹脂、エポキシ樹脂、エラストマー、その他) ・屋根材用化学品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屋根材用化学品のアメリカ市場規模・予測 ・屋根材用化学品のヨーロッパ市場規模・予測 ・屋根材用化学品のアジア市場規模・予測 ・屋根材用化学品の主要国分析 ・屋根材用化学品の世界市場:意思決定フレームワーク ・屋根材用化学品の世界市場:成長要因、課題 ・屋根材用化学品の世界市場:競争環境 ・屋根 …
  • 病院情報システム(HIS)の世界市場分析:送達モード別(クラウドベースの技術、オンプレミスのインストール、Webベースの技術)、コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス)、セグメント予測、2013 – 2025
    本調査レポートでは、病院情報システム(HIS)の世界市場について調査・分析し、病院情報システム(HIS)の世界市場動向、病院情報システム(HIS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別病院情報システム(HIS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のファイバレーザ市場2016
    本調査レポートでは、世界のファイバレーザ市場2016について調査・分析し、ファイバレーザの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動タイヤインフレーションシステムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動タイヤインフレーションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(中央、連続)分析、コンポーネント別(ECU、コンプレッサー、圧力センサー)分析、オンハイウェイ車両別(PC、CV)分析、オフハイウェイ車両別(農業、建設)分析、自動タイヤインフレーションシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リングメインユニット(RMU)の世界市場:ガス絶縁、空気絶縁、油絶縁、固体誘電体
    当調査レポートでは、リングメインユニット(RMU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テキスト読み上げ(TTS)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、テキスト読み上げ(TTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、産業別分析、地域別分析、テキスト読み上げ(TTS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グルジアの精製石油製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 振動式レベルスイッチの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、振動式レベルスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、技術別(フォーク型、ロッド型)分析、用途別(液体、固体)分析、産業別(石油・ガス、化学品、食品・飲料、医薬品)分析、振動式レベルスイッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の防カビ剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の防カビ剤市場2016について調査・分析し、防カビ剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高血圧治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高血圧治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パイプライン分析、高血圧治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロッカー用錠の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ロッカー用錠の世界市場について調査・分析し、ロッカー用錠の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ロッカー用錠シェア、市場規模推移、市場規模予測、ロッカー用錠種類別分析(電動式、機械式 )、ロッカー用錠用途別分析(金属製ロッカー、木製ロッカー、プラスチック・フェノール製ロッカー、ラミネートロッカー)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ロッカー用錠の市場概観 ・ロッカー用錠のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ロッカー用錠のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ロッカー用錠の世界市場規模 ・ロッカー用錠の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ロッカー用錠のアメリカ市場規模推移 ・ロッカー用錠のカナダ市場規模推移 ・ロッカー用錠のメキシコ市場規模推移 ・ロッカー用錠のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ロッカー用錠のドイツ市場規模推移 ・ロッカー用錠のイギリス市場規模推移 ・ロッカー用錠のロシア市場規模推移 ・ロッカー用 …
  • ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストラクチャードファイナンス(仕組み金融)の世界市場規模及び予測、商品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機アビオニクスシステムの世界市場2017-2021:FCS、CN&Sシステム、AHMS、FMS
    当調査レポートでは、民間航空機アビオニクスシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機アビオニクスシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の概要 ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脊柱管狭窄症(Spinal Stenosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • エラストグラフィイメージングの世界市場予測(~2024年)
    エラストグラフィイメージングの世界市場は、2018年の25億米ドルから2024年には46億米ドルに達し、この期間中11.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。乳がんや慢性的な肝疾患の発生率が高まっており、世界中で低侵襲手術が選好されていることが市場を牽引している主な要因です。当調査レポートでは、エラストグラフィイメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、モダリティ別(超音波、磁気共鳴エラストグラフィ)分析、用途別(放射線、心臓病、OB・GYN、血管、整形外科・筋骨格系疾患)分析、エンドユーザー別(病院、外科手術センター、診断センター)分析、エラストグラフィイメージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アゾキシストロビンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アゾキシストロビンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アゾキシストロビンの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミック基複合材料(CMC)の世界市場予測(~2026年):酸化物/酸化物、SiC/SiC、炭素/炭素
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セラミック基複合材料(CMC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、セラミック基複合材料(CMC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 UAV (無人機)用地上制御局 (GCS)とは、オペレーターがドローンの機能を操作するためのセンターもしくはシステムを指します。地上制御局(GCS)は各種ハードウェアやソフトウェア 、インターフェース、コンピューター、テレメトリー、電子光学センサー、音響センサー、制御装置など を組み合わせた構造となっており、高周波 (RF) 無線などのワイヤレス通信技術を用いてUAVに情報や指令を伝えることができますTechnavio社はUAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BAE Systems• Boeing• General Ato …
  • フォトニック集積回路(IC)の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、フォトニック集積回路(IC)の世界市場について調査・分析し、フォトニック集積回路(IC)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場規模:原材料別分析 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場規模:用途別分析 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場規模:集積種類別分析 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 戦術データ・リンクの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、戦術データ・リンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、戦術データ・リンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 選択的レーザー焼結装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、選択的レーザー焼結装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、材料別(金属、ナイロン)分析、用途別(工具、重機・機械、ロボティクス)分析、産業別(消費財、自動車、医療装置)分析、レーザータイプ別分析、選択的レーザー焼結装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アクアリウム用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アクアリウム用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アクアリウム用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ビデオ監視の世界市場動向および予測:固定カメラ、ドームカメラ、パン/チルト/ズームカメラ、サーマルネットワークカメラ、隠しネットワークカメラ
  • ロボットプログラミングサービスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ロボットプログラミングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ロボットプログラミングサービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はロボットプログラミングサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ABB、Delfoi、DiFACTO、FANUC、Hypertherm、LEONI等です。
  • 固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場予測(~2025年):発電用、熱電併給システム用、軍事用
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がんのフェーズ3治験薬の状況 ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん治療薬の市場規模(販売予測) ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がんの市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がんのフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん治療薬剤
  • 特殊教育教師トレーニングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、特殊教育教師トレーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊教育教師トレーニング市場規模、コース別(正規教育プログラム、その他コース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、American University, APTTI, ACT, Capella Education Company, National Centre for Autism, Teaching Certification, University of Kansas, WGUなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・特殊教育教師トレーニングの世界市場概要 ・特殊教育教師トレーニングの世界市場環境 ・特殊教育教師トレーニングの世界市場動向 ・特殊教育教師トレーニングの世界市場規模 ・特殊教育教師トレーニングの世界市場:業界構造分析 ・特殊教育教師トレーニングの世界市場:コース別(正規教育プログラム、その他コース) ・特殊教育教師トレーニングの世界市場: …
  • エッジ・アナリティクスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、エッジ・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、業務機能別分析、導入形態別分析、産業別分析、エッジ・アナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車補修塗料の世界市場2017-2021:溶剤型塗料、水性塗料、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車補修塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車補修塗料の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車補修塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.86%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAxalta Coating Systems、Akzo Nobel、BASF、PPG industries、The Sherwin-Williams Company等です。
  • リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場について調査・分析し、リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リアルタイム位置測位システム(RTLS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、リアルタイム位置測位システム(RTLS)種類別分析(RFID、Wi-Fi、超音波、赤外線、ZigBee、超広帯域(UWB)、その他(GPS、Bluetooth・その混合))、リアルタイム位置測位システム(RTLS)用途別分析(医療、交通・ロジスティックス、工業生産、加工産業、政府・防衛、小売、教育、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リアルタイム位置測位システム(RTLS)の市場概観 ・リアルタイム位置測位システム(RTLS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リアルタイム位置測位システム(RTLS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場規模 ・リアルタイム位置測位システム( …
  • 自動車用外周照明システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用外周照明システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用外周照明システム市場規模、用途別(自動車、SUV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用外周照明システムの世界市場概要 ・自動車用外周照明システムの世界市場環境 ・自動車用外周照明システムの世界市場動向 ・自動車用外周照明システムの世界市場規模 ・自動車用外周照明システムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用外周照明システムの世界市場:用途別(自動車、SUV) ・自動車用外周照明システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用外周照明システムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用外周照明システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用外周照明システムのアジア市場規模・予測 ・自動車用外周照明システムの主要国分析 ・自動車用外周照明システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用外周照明システムの世界市場:成長要因、課題 ・自動 …
  • 高クロムミル内部(HCMIs)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、高クロムミル内部(HCMIs)の世界市場について調査・分析し、高クロムミル内部(HCMIs)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別高クロムミル内部(HCMIs)シェア、市場規模推移、市場規模予測、高クロムミル内部(HCMIs)種類別分析(高クロム粉砕ボール、高クロム合金鋳物、ライナー(ボルトあり・ボルト)、その他)、高クロムミル内部(HCMIs)用途別分析(セメント産業、鉱業、ユーティリティ産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・高クロムミル内部(HCMIs)の市場概観 ・高クロムミル内部(HCMIs)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・高クロムミル内部(HCMIs)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・高クロムミル内部(HCMIs)の世界市場規模 ・高クロムミル内部(HCMIs)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・高クロムミル内部(HCMIs)のアメリカ市場規模推移 ・高クロムミル内部(HCMIs)のカナダ市場規模推移 ・高クロ …
  • アメリカのSSL証明書市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのSSL証明書市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのSSL証明書市場規模及び予測、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベネズエラの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • ログ管理の世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、ログ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、地域別分析、ログ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"