"世界のディープパケットインスペクション及び処理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、ソリューション種類別(ハードウェア、ソフトウェア)、インストール種類別(統合およびスタンドアロン)、展開モード別、組織規模別、業種別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 4374)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のディープパケットインスペクション及び処理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、ソリューション種類別(ハードウェア、ソフトウェア)、インストール種類別(統合およびスタンドアロン)、展開モード別、組織規模別、業種別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing need of organizations to protect business operations from Distributed Denial-Of-Service (DDOS) attacks, along with adherence to meet compliance and regulatory norms related to data protection laws across several verticals, is driving the overall growth of the deep packet inspection and processing market.”

The deep packet inspection and processing market size is expected to grow from USD 8.7 billion in 2019 USD 12.5 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 5.9% from 2019 to 2024. The rising adoption of advanced electronic devices, and changing business models and technological advancements are projected to stimulate the growth of the deep packet inspection and processing market during the forecast period. The need to comply with various governance standards and adhere to different policies and regulations is expected to surge the use of deep packet inspection and processing solutions across the globe.

By component, the services segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
deep packet inspection and processing services have become a necessity for integrating and managing solutions across business operations. These services help enterprises by managing and ensuring the smooth functioning of deep packet inspection and processing solutions over a time period. The growing virtualization across industries and increasing adoption of cloud computing are promoting the demand for deep packet inspection and processing solutions in various countries. Moreover, deep packet inspection and processing installations help organizations to analyze dynamic network communication in real-time, assisting organizations in managing more number of suppliers, partners, and vendors.

By vertical, the IT and telecom vertical to hold the significant market size in 2019
The rapid transition of enterprises from on-premise solutions to cloud, storage of data on external data centers, and mobility are raising cyber threats in this vertical. The vertical also makes the intensive use of network performance management and optimization solutions to ensure improved Quality of Service (QoS) and Quality of Experience (QoE). To ensure the safety of critical infrastructure and technological innovation, IT service providers and telecom organizations are increasing cybersecurity budgets significantly, aligning business strategies with cybersecurity plans, and creating cyber awareness programs for employees and customers. APAC to register the highest growth rate during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period and is becoming a new hotspot for deep packet inspection-based application and service vendors as a revenue-generating region. Major trends influencing the growth of the market in this region are the increasing network traffic in the APAC region, continuing growth in the mobile network, increasing complexity of businesses, and rising adoption of Bring Your Own Device (BYOD). Countries such as China, Singapore, and Japan are expected to capture significantly large market size in the APAC deep packet inspection and processing market, due to rapid digitalization in the industry verticals present in these countries.

Companies operating in APAC would benefit from flexible economic conditions, industrialization–motivated policies of the governments, as well as the awareness of cybersecurity, which is expected to have a significant impact on the business community.

• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 55%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level – 50%, Directors – 30%, and Others – 20%
• By Region: North America – 55%, Europe – 25%, APAC– 15%, and RoW – 5%
Major deep packet inspection and processing market vendors include IBM (US), Cisco Systems (US), Extreme Networks (US), Juniper Networks (US), Symantec (US), SolarWinds (US), Viavi Solutions (US), NetScout (US), LogRhythm (US), Qosmos (France), Cubro Network Visibility (Austria), Lionic Corporation (Taiwan), Trovicor (Taiwan), Netronome (US), Sandvine (Canada), Huawei (China), Bivio Networks (US), Ipoque (Germany), and ManageEngine (US). The deep packet inspection and processing market study includes an in-depth competitive analysis of these key market players, along with their profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the deep packet inspection and processing market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as components, types, deployment modes, organization size, verticals, and regions. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help the market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall deep packet inspection and processing market and its subsegments. It would help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It would also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のディープパケットインスペクション及び処理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、ソリューション種類別(ハードウェア、ソフトウェア)、インストール種類別(統合およびスタンドアロン)、展開モード別、組織規模別、業種別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 23)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Data
2.1.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.5.1 Vendor Inclusion Criteria
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in the Deep Packet Inspection and Processing Market
4.2 Market By Component, 2019
4.3 Market By Organization Size, 2019–2024
4.4 Market By Deployment Mode, 2019–2024
4.5 Market Share of Top 3 Verticals and Regions, 2019
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Adoption of Regulatory and Data Protection Laws
5.2.1.2 Increasing Number of Sophisticated Cyberattacks
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Limited Security Budget Among SMES
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 High Growth Opportunities in Virtual NGFW
5.2.3.2 High Adoption of Cloud-Based Security Technologies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Skilled Security Professionals
5.3 Use Cases
5.3.1 Globally Renowned Media Company Relies on Opmanager for Broadcasting Without Disruption
5.3.2 Major European Bank Improves Application Performance With Ngeniusone
5.3.3 Barracuda’s Cloud-Ready Firewalls Utilize the Deep Packet Inspection (DPI) Engine R&S Pace 2
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 General Data Protection Regulation
5.4.2 Payment Card Industry Data Security Standard
5.4.3 Health Insurance Portability and Accountability Act
5.4.4 Gramm–Leach–Bliley Act
5.4.5 Sarbanes-Oxley Act
5.4.6 The International Organization for Standardization 27001
6 Deep Packet Inspection and Processing Market By Component (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Solutions: Market Drivers
6.3 Services
6.3.1 Services: Market Drivers
7 Deep Packet Inspection and Processing Market By Solution (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Hardware: Market Drivers
7.3 Software
7.3.1 Software: Market Drivers
8 Deep Packet Inspection and Processing Market By Installation Type (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Standalone
8.2.1 Standalone: Market Drivers
8.3 Integrated
8.3.1 Integrated: Market Drivers
9 Deep Packet Inspection and Processing Market By Deployment Mode (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 On-Premises
9.2.1 On-Premises: Market Drivers
9.3 Cloud
9.3.1 Cloud: Market Drivers
10 Deep Packet Inspection and Processing Market By Organization Size (Page No. – 66)
10.1 Introduction
10.2 Small and Medium-Sized Enterprises
10.2.1 Small and Medium-Sized Enterprises: Market Drivers
10.3 Large Enterprises
10.3.1 Large Enterprises: Market Drivers
11 Deep Packet Inspection and Processing Market By Vertical (Page No. – 70)
11.1 Introduction
11.2 Banking, Financial Services, and Insurance
11.2.1 Banking, Financial Services, and Insurance: Market Drivers
11.3 Government and Defense
11.3.1 Government and Defense: Market Drivers
11.4 Healthcare
11.4.1 Healthcare: Market Drivers
11.5 IT and Telecom
11.5.1 IT and Telecom: Market Drivers
11.6 Retail and Ecommerce
11.6.1 Retail and Ecommerce: Market Drivers
11.7 Manufacturing
11.7.1 Manufacturing: Market Drivers
11.8 Others
12 Deep Packet Inspection and Processing Market By Region (Page No. – 80)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 United States
12.2.1.1 Presence of Several Security Vendors to Boost the Market Growth in the US
12.2.2 Canada
12.2.2.1 Canadian Market to Propel Due to Geographic Expansions of Security Vendors
12.3 Europe
12.3.1 United Kingdom
12.3.1.1 Increased Ddos Attacks on Enterprises to Boost the Market Growth
in the UK 94
12.3.2 Germany
12.3.2.1 Increasing Favorable Government Initiatives and Growing Awareness of Cyberthreats to Boost the Demand for Deep Packet Inspection and Processing Solutions in Germany
12.3.3 France
12.3.3.1 Huge Technological and Financial Advancements to Drive the Market Growth in France
12.3.4 Rest of Europe
12.4 Asia Pacific
12.4.1 China
12.4.1.1 Technological Advancements to Increase the Growth of Market in China
12.4.2 Japan
12.4.2.1 Increased Government Spending on Cyberattacks to Boost the Market Growth in Japan
12.4.3 Australia and New Zealand
12.4.3.1 Emergence of Mobile Technologies, Cloud Computing, and Increased Automation to Bolster the Growth of the Deep Packet Inspection and Processing Market in ANZ
12.4.4 Rest of Asia Pacific
12.5 Middle East and Africa
12.5.1 Kingdom of Saudi Arabia
12.5.1.1 Ksa Local Government to Focus on Security-Related Initiatives
12.5.2 United Arab Emirates
12.5.2.1 Need for Securing Businesses has Forced Organizations in the UAE to Adopt Deep Packet Inspection and Processing Solutions
12.5.3 South Africa
12.5.3.1 Organizations to Deploy Deep Packet Inspection and Processing Solutions to Address Dynamic Business Models in South Africa
12.5.4 Rest of Middle East and Africa
12.6 Latin America
12.6.1 Brazil
12.6.1.1 Brazilian Market to Grow Due to the Growing Awareness of Mitigating Cyber Threats
12.6.2 Mexico
12.6.2.1 Adoption of Deep Packet Inspection and Processing Solutions to Grow in the Banking, Financial Services, and Insurance Vertical in Mexico
12.6.3 Rest of Latin America
13 Competitive Landscape (Page No. – 143)
13.1 Competitive Leadership Mapping
13.1.1 Visionary Leaders
13.1.2 Innovators
13.1.3 Dynamic Differentiators
13.1.4 Emerging Companies
14 Company Profiles (Page No. – 145)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
14.1 Introduction
14.2 IBM
14.3 Cisco Networks
14.4 Extreme Networks
14.5 Juniper Networks
14.6 Symantec
14.7 SolarWinds
14.8 Viavi Solutions
14.9 NetScout
14.10 LogRhythm
14.11 Qosmos
14.12 Cubro Network Visibility
14.13 Lionic Corporation
14.14 Trovicor
14.15 Netronome
14.16 Sandvine
14.17 Huawei
14.18 Bivio Networks
14.19 Ipoque
14.20 ManageEngine
14.21 WiseSpot
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
15 Appendix (Page No. – 175)
15.1 Discussion Guide
15.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.3 Available Customizations
15.4 Related Reports
15.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のディープパケットインスペクション及び処理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、ソリューション種類別(ハードウェア、ソフトウェア)、インストール種類別(統合およびスタンドアロン)、展開モード別、組織規模別、業種別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 4374
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のディープパケットインスペクション及び処理市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、ソリューション種類別(ハードウェア、ソフトウェア)、インストール種類別(統合およびスタンドアロン)、展開モード別、組織規模別、業種別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 家庭用掃除用品の世界市場:清掃器、食器用洗剤、トイレ掃除製品、洗浄剤
    当調査レポートでは、家庭用掃除用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用掃除用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッド採掘の世界市場:コネクテッドアセット、コネクテッドロジスティクス、コネクテッドコントロールシステム、セーフティ・セキュリティ、遠隔管理ソリューション
    当調査レポートでは、コネクテッド採掘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、形態別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脊椎手術機器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脊椎手術機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脊椎手術機器市場規模、製品別(インプラント・計測器、脊椎用生物製剤)分析、処置別(脊椎固定機器、脊髄非固定機器)分析、手順別(直視下手術、MIS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脊椎手術機器の世界市場概要 ・脊椎手術機器の世界市場環境 ・脊椎手術機器の世界市場動向 ・脊椎手術機器の世界市場規模 ・脊椎手術機器の世界市場:業界構造分析 ・脊椎手術機器の世界市場:製品別(インプラント・計測器、脊椎用生物製剤) ・脊椎手術機器の世界市場:処置別(脊椎固定機器、脊髄非固定機器) ・脊椎手術機器の世界市場:手順別(直視下手術、MIS) ・脊椎手術機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脊椎手術機器のアメリカ市場規模・予測 ・脊椎手術機器のヨーロッパ市場規模・予測 ・脊椎手術機器のアジア市場規模・予測 ・脊椎手術機器の主要国分析 ・脊椎手術機器の世界市場:意思決定 …
  • 界面活性剤による石油増進回収法(EOR)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、界面活性剤による石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の3-メチルピリジン市場2016
    本調査レポートでは、世界の3-メチルピリジン市場2016について調査・分析し、3-メチルピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデジタル風力計市場2016
    本調査レポートでは、世界のデジタル風力計市場2016について調査・分析し、デジタル風力計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非構造タンパク質3阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質3阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質3阻害剤の概要 ・非構造タンパク質3阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質3阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質3阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質3阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ゲルマニウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゲルマニウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゲルマニウム市場規模、用途別(光ファイバ、赤外線光学、重合触媒、エレクトロニクス・太陽光、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、5N Plus, JSC Germanium, Teck Resources, umicore, YUNNAN CHIHONG Zn&Ge, YUNNAN GERMANIUMなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゲルマニウムの世界市場概要 ・ゲルマニウムの世界市場環境 ・ゲルマニウムの世界市場動向 ・ゲルマニウムの世界市場規模 ・ゲルマニウムの世界市場:業界構造分析 ・ゲルマニウムの世界市場:用途別(光ファイバ、赤外線光学、重合触媒、エレクトロニクス・太陽光、その他) ・ゲルマニウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゲルマニウムの北米市場規模・予測 ・ゲルマニウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ゲルマニウムのアジア太平洋 …
  • 心拍数モニタリング装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、心拍数モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心拍数モニタリング装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用フードミキサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用フードミキサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用フードミキサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 個別急速冷凍(IQF)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、個別急速冷凍(IQF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置種類別分析、プロセス段階別分析、技術別分析、製品別分析、個別急速冷凍(IQF)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の概要 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の細管レオメーター市場2016
    本調査レポートでは、世界の細管レオメーター市場2016について調査・分析し、細管レオメーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、個人および在宅医療部門におけるロボット市場規模、種類別分析、製品別(コンパニオンロボット、感情療法ロボット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場概要 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場環境 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場動向 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場規模 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:業界構造分析 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:種類別 ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:製品別(コンパニオンロボット、感情療法ロボット) ・個人および在宅医療部門におけるロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・個人および在宅医療部門におけるロボットのアメリカ市場規模・予測 ・個人 …
  • グルジアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 自動パレタイザ及びデパレタイザの世界市場
    当調査レポートでは、自動パレタイザ及びデパレタイザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動パレタイザ及びデパレタイザの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 泌尿器科用医療用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、泌尿器科用医療用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、泌尿器科用医療用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食器洗い機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食器洗い機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食器洗い機の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場規模及び予測、技術別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートキャリーオンバック(機内持ち込みバッグ)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AWAY、Barracuda、Bluesmart、FUGU LUGGAGE、RADEN、Trunkster等です。
  • 資産管理システムの世界市場予測(~2022):ソリューション別、資産種類別(電子的資産、リターナブル輸送資産、輸送中機器、製造資産、人材)、産業別、地域別
    当調査レポートでは、資産管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ソリューション別分析、資産種類別分析、産業別分析、地域別分析、資産管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硫化亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、硫化亜鉛 の世界市場について調査・分析し、硫化亜鉛 の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別硫化亜鉛 シェア、市場規模推移、市場規模予測、硫化亜鉛 種類別分析()、硫化亜鉛 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・硫化亜鉛 の市場概観 ・硫化亜鉛 のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・硫化亜鉛 のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・硫化亜鉛 の世界市場規模 ・硫化亜鉛 の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・硫化亜鉛 のアメリカ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のカナダ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のメキシコ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・硫化亜鉛 のドイツ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のイギリス市場規模推移 ・硫化亜鉛 のロシア市場規模推移 ・硫化亜鉛 のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・硫化亜鉛 の日本市場規模推移 ・硫化亜鉛 の中国市場規模推移 ・硫化亜鉛 …
  • 個人用緊急対応システム(PERS)の世界市場
    当調査レポートでは、個人用緊急対応システム(PERS)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・個人用緊急対応システム(PERS)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・個人用緊急対応システム(PERS)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・個人用緊急対応システム(PERS)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・個人用緊急対応システム(PERS)のアメリカ市場規模予測 ・個人用緊急対応システム(PERS)のヨーロッパ市場規模予測 ・個人用緊急対応システム(PERS)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • インターラクティブ教科書の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターラクティブ教科書の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、インターラクティブ教科書の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • インドネシアのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の股関節置換処置動向(~2021)
  • 中国のNitric Acid市場2015
    本調査レポートでは、中国のNitric Acid市場2015について調査・分析し、Nitric Acidの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラフト紙の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、クラフト紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、グレード別(漂白、未漂白、ラッピング&パッキング、袋用クラフト紙)分析、パッケージングフォーム別(ラップ、ポーチ、食料品および工業用バッグ、段ボール箱、封筒)分析、用途別分析、クラフト紙の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラフト紙の世界市場規模が2019年156億ドルから2025年187億ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。
  • 冷蔵倉庫の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、冷蔵倉庫の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、冷蔵倉庫市場規模、用途別(肉・シーフード、乳製品・冷凍デザート、フルーツ・野菜・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・冷蔵倉庫の世界市場概要 ・冷蔵倉庫の世界市場環境 ・冷蔵倉庫の世界市場動向 ・冷蔵倉庫の世界市場規模 ・冷蔵倉庫の世界市場:業界構造分析 ・冷蔵倉庫の世界市場:用途別(肉・シーフード、乳製品・冷凍デザート、フルーツ・野菜・飲料、その他) ・冷蔵倉庫の世界市場:地域別市場規模・分析 ・冷蔵倉庫のアメリカ市場規模・予測 ・冷蔵倉庫のヨーロッパ市場規模・予測 ・冷蔵倉庫のアジア市場規模・予測 ・冷蔵倉庫の主要国分析 ・冷蔵倉庫の世界市場:意思決定フレームワーク ・冷蔵倉庫の世界市場:成長要因、課題 ・冷蔵倉庫の世界市場:競争環境 ・冷蔵倉庫の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 神経芽細胞腫治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、神経芽細胞腫治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、神経芽細胞腫治療薬市場規模、製品別(化学療法、免疫療法、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場概要 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場環境 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場動向 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場規模 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:業界構造分析 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:製品別(化学療法、免疫療法、その他) ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・神経芽細胞腫治療薬の北米市場規模・予測 ・神経芽細胞腫治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・神経芽細胞腫治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・神経芽細胞腫治療薬の主要国分析 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・神経芽細胞腫治療薬の世界市場:競争環境 ・神経芽細胞腫治 …
  • 点頭てんかん治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、点頭てんかん治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、点頭てんかん治療薬の世界市場規模及び予測、剤形別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 硬質パッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、硬質パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硬質パッケージングの世界市場規模及び予測、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • モバイルマップの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルマップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルマップの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺感染症(Lung Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における肺感染症(Lung Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、肺感染症(Lung Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・肺感染症(Lung Infections)の概要 ・肺感染症(Lung Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の肺感染症(Lung Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肺感染症(Lung Infections)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場について調査・分析し、ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場規模:製品別分析 ・ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ハンドリング・ゲート除去・バリ取りロボットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 間質性膀胱炎(Interstitial Cystitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における間質性膀胱炎(Interstitial Cystitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、間質性膀胱炎(Interstitial Cystitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・間質性膀胱炎(Interstitial Cystitis)の概要 ・間質性膀胱炎(Interstitial Cystitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の間質性膀胱炎(Interstitial Cystitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・間質性膀胱炎(Interstitial Cystitis)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 硫酸マグネシウムの世界市場:種類別(七水和物、無水、一水和物)、製品別(粉末、結晶、液体)、用途別(農業、食品添加物・医薬品、化学・工業、その他)、地域別予測
    本資料は、硫酸マグネシウムの世界市場について調べ、硫酸マグネシウムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(七水和物、無水、一水和物)分析、製品別(粉末、結晶、液体)分析、用途別(農業、食品添加物・医薬品、化学・工業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCOMPO GmbH & Co. KG、S. Chemicals LLC、Baymag、QingHai Salt Lake Industry、SDIC Xinjiang Luobupo Potash、Geermuzige Potash、Qinghai Hanhai Group、Rech Chemical、Yash Chemicals、Hengyang Jumbo Feed Additives、Jinxing Chemical、K+S Group、KOLOD、Mani Agro Chem、HebeiRongkemeiyeなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・硫酸マグネシウムの世界市場概要 ・ …
  • 業務用飲料ブレンダー(ミキサー)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用飲料ブレンダー(ミキサー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用飲料ブレンダー(ミキサー)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無停電電源装置(UPS)の世界市場:製品別(オフライン/スタンバイUPS、ラインインタラクティブUPS、オンライン/ダブルコンバージョンUPS)、地域別予測
    本資料は、無停電電源装置(UPS)の世界市場について調べ、無停電電源装置(UPS)の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(オフライン/スタンバイUPS、ラインインタラクティブUPS、オンライン/ダブルコンバージョンUPS)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKingston 、SanDisk、LaCie、Kanguru Solutions、Transcend Information、Datalocker、Apricorn、Integral Memory、iStorage、Verbatim、Axiom Memory Solutionsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・無停電電源装置(UPS)の世界市場概要 ・無停電電源装置(UPS)の世界市場環境 ・無停電電源装置(UPS)の世界市場動向 ・無停電電源装置(UPS)の世界市場規模 ・無停電電源装置(UPS)の世界市場規模:製品別(オフライン/スタンバイUPS、ラインインタラクティブUPS、オン …
  • アセトニトリルの世界市場予測(~2022年):誘導体、溶媒
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アセトニトリルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、アセトニトリルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフレーバーアルコール飲料市場における5大動向分析
  • 世界の中型および大型商用車(MHCV)市場2015
    本調査レポートでは、世界の中型および大型商用車(MHCV)市場2015について調査・分析し、中型および大型商用車(MHCV)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペースメーカーの世界市場分析:製品別(埋め込み、外部)、地域別(北アメリカ(米国、カナダ)、ヨーロッパ(イギリス、ドイツ)、アジア太平洋(日本、中国)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ)、MEA(南アフリカ、サウジアラビア)}、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ペースメーカーの世界市場について調査・分析し、ペースメーカーの世界市場動向、ペースメーカーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ペースメーカー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 飼料添加剤の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飼料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、地域別分析、飼料添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアクチュエータ市場2016
    本調査レポートでは、世界のアクチュエータ市場2016について調査・分析し、アクチュエータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用ワクチンの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、動物用ワクチンの世界市場について調査・分析し、動物用ワクチンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 動物用ワクチンの世界市場:市場動向分析 - 動物用ワクチンの世界市場:競争要因分析 - 動物用ワクチンの世界市場:製品別 ・減弱化生ワクチン ・結合型ワクチン ・DNAワクチン ・不活化ワクチン ・組換えワクチン ・サブユニットワクチン ・トキソイドワクチン - 動物用ワクチンの世界市場:病気別 ・コンパニオン・アニマルの病気 ・鶏の病気 ・豚の病気 ・馬の病気 ・家畜の病気 ・養殖時の病気 ・その他 - 動物用ワクチンの世界市場:流通チャネル別 ・動物病院 ・獣医診療所 ・開業薬局 ・動物病研究機関 ・その他 - 動物用ワクチンの世界市場:主要地域別分析 - 動物用ワクチンの北米市場規模(アメリカ市場等) - 動物用ワクチンのヨーロッパ市場規模 - 動物用ワクチンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・動物用ワクチンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の磁気ビーズ市場2016
    本調査レポートでは、世界の磁気ビーズ市場2016について調査・分析し、磁気ビーズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用X線発生装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用X線発生装置市場2015について調査・分析し、医療用X線発生装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 火傷ケアの世界市場分析:製品別(最先端包帯、生物製剤)、火傷の程度別(軽度、中間層、深部)、エンドユーザー別(病院、診療所、在宅医療、長期ケアユニット)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、火傷ケアの世界市場について調査・分析し、火傷ケアの世界市場動向、火傷ケアの世界市場規模、市場予測、セグメント別火傷ケア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、テストサービス別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"