"世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST 7509)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global tensiometer market is projected to grow at a CAGR of 7.9%.”
The global tensiometer market size is projected to reach USD 151 million by 2024 from USD 103 million in 2019, at a CAGR of 7.9% during the forecast period. The market for tensiometer is primarily driven by the rising need to improve product quality and manufacturing processes, increasing pharmaceutical and biopharmaceutical R&D expenditure, and technological advancements. The need to improve patient safety and the favorable government and private support for HCIT will also contribute to market growth. However, the reluctance to switch from conventional methods and a dearth of skilled personnel will challenge market growth.

“In 2018, the optical tensiometers segment accounted for the largest share of the market.”
On the basis of product, the optical tensiometer segment accounted for the largest share of the global tensiometer market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the increasing adoption of optical tensiometers in manufacturing industries and the rising need to improve product quality in the early R&D phase.

“In 2018, the chemical industry segment accounted for the largest share of the market.”
On the basis of industry, the chemical industry segment accounted for the largest share of the global tensiometer market in 2018. The large share of this segment is primarily attributed to the need to ensure high-quality products and the increasing demand for the characterization of surface interaction analysis of chemical compounds.

“APAC is projected to witness the highest growth during the forecast period.”
The APAC market is estimated to register the highest CAGR during the forecast period. The growth in this market can be attributed to the growth in the pharmaceutical & biopharmaceutical industries, increasing number of healthcare and life science facilities, increasing R&D spending in the chemical and oil & gas industries, increasing research activities, and growing requirements for regulatory compliance in pharmaceutical & biopharmaceutical companies.

The breakdown of primary participants was as mentioned below:
• By Company Type: Tier 1–25%, Tier 2–45%, and Tier 3–30%
• By Designation: C-level–30%, Director Level–45%, and Others–25%
• By Region: North America–25%, Europe–35%, Asia Pacific–30%, Latin America–5%, Middle East & Africa–5%

The leading players in this market include KRÜSS GmbH (Germany) Biolin Scientific AB (Sweden), DataPhysics Instruments GmbH (Germany), Kyowa Interface Science Co. Ltd. (Japan), LAUDA Scientific GmbH (Germany), TECLIS Scientific (France), Apex Instruments Co. Pvt. Ltd. (India), Pro-Pack Materials (Singapore), USA KINO Industry Co. Ltd. (US), and Kibron Inc. Oy (Finland).

Research Coverage:
The report analyzes the various tensiometers and their adoption patterns. It aims at estimating the market size and future growth potential of the tensiometer market for different segments such as product, industry, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one or any combination of the below-mentioned five strategies for strengthening the market.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the global tensiometer market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the global tensiometer market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions by product, industry, and region
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global tensiometer market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, and products of leading players in the global tensiometer market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Optical and Force Tensiometers Market Overview
4.2 APAC: Optical and Force Tensiometers Market, By Industry (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Optical and Force Tensiometers Market
4.4 Regional Mix: Optical and Force Tensiometers Market
4.5 Optical and Force Tensiometers Market: Developing vs Developed Countries
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Need to Improve Product Quality and Manufacturing Processes
5.2.1.2 Technological Advancements
5.2.1.3 Increasing Pharmaceutical and Biopharmaceutical R&D Expenditure
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Growth Opportunities in Emerging Markets
5.2.2.2 New Application Areas
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Reluctance to Switch From Conventional Methods
5.2.3.2 Dearth of Skilled Personnel
6 Optical and Force Tensiometers Market, By Product (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Optical Tensiometers
6.2.1 Optical Tensiometers Dominate the Market, By Product
6.3 Force Tensiometers
6.3.1 Capability to Analyze Single Fibers and Loose Powder are Driving the Use of Force Tensiometers
6.4 Volumetric Tensiometers
6.4.1 Rising Need for Quality Checks and Routine Measurement of Surface Tension in Liquid Samples is Driving the Market Growth
6.5 Bubble Pressure Tensiometers
6.5.1 Technological Advancements in Bubble Pressure Tensiometers Will Increase Their Adoption Among End Users
6.6 Accessories
7 Optical and Force Tensiometers Market, By Industry (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Chemical Industry
7.2.1 Chemical Forms the Largest Industry Segment of the Optical and Force Tensiometers Market
7.3 Oil & Gas Industry
7.3.1 Growth in the Number of New Oil & Gas Fields to Drive Market Growth
7.4 Energy Industry
7.4.1 Growing Demand for Energy-Saving Technologies to Drive the Adoption of Optical and Force Tensiometers
7.5 Pharmaceutical & Biopharmaceutical Industry
7.5.1 Stringent Safety Regulations & Increasing R&D Expenditure are the Key Factors Driving Market Growth
7.6 Medical Device Industry
7.6.1 Growing Focus on Wettability and Biocompatibility of Medical Implants to Support Market Growth
7.7 Cosmetic Industry
7.7.1 Need to Maintain Compliance With Regulatory Guidelines is Expected to Drive Market Growth
7.8 Other Industries
8 Optical and Force Tensiometers Market, By Region (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.2.1 China
8.2.1.1 China Dominates the APAC Optical and Force Tensiometers Market
8.2.2 Japan
8.2.2.1 Rising Adoption of Tensiometers in Manufacturing Industries—Major Factor Driving Market Growth
8.2.3 India
8.2.3.1 Growing Focus on Regulatory Requirements for Healthcare Products to Drive Market Growth
8.2.4 Rest of Asia Pacific (RoAPAC)
8.3 North America
8.3.1 US
8.3.1.1 Increasing Acceptance for New Technologies is Driving the Market for Optical and Force Tensiometers in the US
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Growing Chemical and Energy Industries in Canada Help to Propel Market Growth
8.4 Europe
8.4.1 Germany
8.4.1.1 Germany is the Largest Market for Optical and Force Tensiometers in Europe
8.4.2 France
8.4.2.1 Rising Focus of Government on Research Funding to Support Market Growth
8.4.3 UK
8.4.3.1 Increasing Awareness About Tensiometers and the Need for Quality Control in the Manufacturing Industry are Driving the Market Growth
8.4.4 Rest of Europe (RoE)
8.5 Latin America
8.5.1 Favorable Government Investments to Support Research Activities in Various Manufacturing Sectors in Latin America
8.6 Middle East & Africa
8.6.1 Growing Research Funding to Support Market Growth in the Middle East & Africa
9 Competitive Landscape (Page No. – 86)
9.1 Overview
9.2 Market Ranking Analysis
9.3 Competitive Leadership Mapping
9.3.1 Visionary Leaders
9.3.2 Innovators
9.3.3 Dynamic Differentiators
9.3.4 Emerging Companies
9.4 Competitive Situation and Trends
9.4.1 Product Launches and Enhancements
9.4.2 Agreements, Partnerships, and Collaborations
9.4.3 Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 93)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
10.1 Krüss GmbH
10.2 Biolin Scientific AB
10.3 Dataphysics Instruments GmbH
10.4 Kyowa Interface Science Co, LTD.
10.5 Teclis Scientific
10.6 Henniker Plasma
10.7 LAUDA Scientific
10.8 Rame-Hart Instrument Co.
10.9 USA Kino Industry Co., LTD.
10.10 Nanoscience Instruments
10.11 Dyne Technology LTD.
10.12 APEX Instruments Co. Pvt. LTD.
10.13 ATA Scientific Pty. LTD.
10.14 Cheminstruments, Inc.
10.15 Holmarc Opto-Mechatronics (P) LTD.
10.16 Pro-Pack Materials Pte LTD.
10.17 Sita Messtechnik GmbH
10.18 First Ten Angstroms, Inc.
10.19 CSC Scientific Company, Inc.
10.20 Kibron Inc, Oy
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 121)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST 7509
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析及び科学機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のクルミ製品市場2015
    本調査レポートでは、世界のクルミ製品市場2015について調査・分析し、クルミ製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用湿度分析計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用湿度分析計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用湿度分析計市場規模、種類別(卓上型、手持ち型、インライン/オンライン型)分析、最終用途別(食品・飲料、化学・石油化学、水・排水処理、プラスチック・ポリマー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用湿度分析計の世界市場概要 ・産業用湿度分析計の世界市場環境 ・産業用湿度分析計の世界市場動向 ・産業用湿度分析計の世界市場規模 ・産業用湿度分析計の世界市場:業界構造分析 ・産業用湿度分析計の世界市場:種類別(卓上型、手持ち型、インライン/オンライン型) ・産業用湿度分析計の世界市場:最終用途別(食品・飲料、化学・石油化学、水・排水処理、プラスチック・ポリマー、その他) ・産業用湿度分析計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用湿度分析計のアメリカ市場規模・予測 ・産業用湿度分析計のヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用湿度分析計のアジア市場規模 …
  • 熱エネルギー貯蔵(TES)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、熱エネルギー貯蔵(TES)の世界市場について調査・分析し、熱エネルギー貯蔵(TES)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・熱エネルギー貯蔵(TES)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・熱エネルギー貯蔵(TES)の世界市場:セグメント別市場分析 ・熱エネルギー貯蔵(TES)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 血管内皮増殖因子D阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血管内皮増殖因子D阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血管内皮増殖因子D阻害剤の概要 ・血管内皮増殖因子D阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血管内皮増殖因子D阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管内皮増殖因子D阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血管内皮増殖因子D阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 微生物検査の世界市場2016
  • 歯科用診断・手術装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場予測:用途別、エンドユーザー別、エンタープライズ規模別、エンタープライズ業種別
    MarketsandMarkets社は、RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場規模が2019年45億ドルから2024年106億ドルまで年平均18.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(広告キャンペーン、コンテンツ配信、統合ソリューション)分析、エンドユーザー別(消費者および企業)分析、エンタープライズ規模別分析、エンタープライズ業種別分析、RCS(リッチコミュニケーションサービス)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 麻薬スキャナーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、麻薬スキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻薬スキャナーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 熱管理の世界市場予測(~2022年):熱管理材料、熱管理装置、熱管理サービス、用途
    当調査レポートでは、熱管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、材料種類別分析、デバイス種類別分析、サービス別分析、需要先別分析、熱管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 卓球用品の世界市場:ラケット、ボール、卓球台
    当調査レポートでは、卓球用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、卓球用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のブレーキ液市場2016
    本調査レポートでは、世界のブレーキ液市場2016について調査・分析し、ブレーキ液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホスファチジルセリン市場2015
    本調査レポートでは、世界のホスファチジルセリン市場2015について調査・分析し、ホスファチジルセリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のイソニコチン酸メチル市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソニコチン酸メチル市場2015について調査・分析し、イソニコチン酸メチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オンライン美容・パーソナルケア製品販売の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オンライン美容・パーソナルケア製品販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン美容・パーソナルケア製品販売の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパッシブ防火(PFP)素材市場2015
    本調査レポートでは、世界のパッシブ防火(PFP)素材市場2015について調査・分析し、パッシブ防火(PFP)素材の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術用画像装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、手術用画像装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、手術用画像装置市場規模、技術別(FPD、II)分析、用途別(心血管手術、整形外科手術、神経科手術、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・手術用画像装置の世界市場概要 ・手術用画像装置の世界市場環境 ・手術用画像装置の世界市場動向 ・手術用画像装置の世界市場規模 ・手術用画像装置の世界市場:業界構造分析 ・手術用画像装置の世界市場:技術別(FPD、II) ・手術用画像装置の世界市場:用途別(心血管手術、整形外科手術、神経科手術、その他) ・手術用画像装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・手術用画像装置の北米市場規模・予測 ・手術用画像装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・手術用画像装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・手術用画像装置の主要国分析 ・手術用画像装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・手術用画像装置の世界市場:成長要因、課題 ・ …
  • 世界のレンズ洗浄液市場2015
    本調査レポートでは、世界のレンズ洗浄液市場2015について調査・分析し、レンズ洗浄液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)の概要 ・皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚エリテマトーデス(Cutaneous Lupus Erythematosus)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分 …
  • 世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者、貸手)、用途別(スマートコントラクト、サプライチェーン管理、航空機メンテナンス、貨物および手荷物追跡)、展開別、機能別、地域別
    MarketsandMarkets社は、航空ブロックチェーンの世界市場規模が2019年421百万ドルから2025年1394百万ドルまで年平均22.1%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の航空ブロックチェーン市場を広く調査・分析し、市場概要、最終市場別(航空会社、Mro、空港、メーカー、講師)分析、用途別(貨物および手荷物追跡、旅客識別管理、フライトおよび乗務員データ管理、フリークエントフライヤープログラム、スマート契約、サプライチェーン管理、航空機整備)分析、展開別(パブリック、プライベート、ハイブリッド)分析、機能別(記録保持、トランザクション)分析、業種別(民生用、商業用)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(航空会社、Mro、空港、メーカー、講師) ・世界の航空ブロックチェーン市場:用途別(貨物および手荷物追跡、旅客識別管理、フライトおよび乗務員データ管理、フリークエントフライヤープ …
  • 結腸腫瘍(Colon Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の概要 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・結 …
  • ウィルソン病治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ウィルソン病治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウィルソン病治療薬市場規模、製品別(キレート薬、ミネラル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ウィルソン病治療薬の世界市場概要 ・ウィルソン病治療薬の世界市場環境 ・ウィルソン病治療薬の世界市場動向 ・ウィルソン病治療薬の世界市場規模 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:業界構造分析 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:製品別(キレート薬、ミネラル) ・ウィルソン病治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウィルソン病治療薬の北米市場規模・予測 ・ウィルソン病治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ウィルソン病治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・ウィルソン病治療薬の主要国分析 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・ウィルソン病治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・ウィルソン病治療薬の世界市場:競争環境 ・ウィルソン病治療薬の世界市 …
  • 非致死性兵器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非致死性兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非致死性兵器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ波装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マイクロ波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ波装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はマイクロ波装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• API Technologies• L3 Technologies• Qorvo• Teledyne Technologies等です。
  • 外科用アームイメージングシステムの世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、外科用アームイメージングシステムの世界市場について調べ、外科用アームイメージングシステムの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(Cアームイメージング装置、Oアームイメージング装置、Gアームイメージング装置)分析、用途別(整形外科、心臓血管、疼痛管理、泌尿器科)分析、エンドユーザー別(病院・通院外科診療所、学術研究機関)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・外科用アームイメージングシステムの世界市場動向 ・外科用アームイメージングシステムの世界市場環境 ・外科用アームイメージングシステムの世界市場規模 ・外科用アームイメージングシステムの世界市場規模:製品別(Cアームイメージング装置、Oアームイメージング装置、Gアームイメージング装置) ・外科用アームイメージングシステムの世界市場規模:用途別(整形外科、心臓血管、疼痛管理、泌尿器科) ・外科用アームイメージングシス …
  • 3Dプリンティング用プラスチックの世界市場:フォトポリマー、ABS、PLA、ポリアミド/ナイロン
    当調査レポートでは、3Dプリンティング用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、形態別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グルジアのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 慣性航法装置(INS)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、慣性航法装置(INS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品等級別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-12阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-12阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-12阻害剤の概要 ・インターロイキン-12阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-12阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-12阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-12阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 認知機能向上用サプリメントの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、認知機能向上用サプリメントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、認知機能向上用サプリメント市場規模、用途別(サプリメント、医薬品、化粧品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Accelerated Intelligence, HVMN, Onnit Labs, Purelife bioscience, Quincy Bioscienceなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場概要 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場環境 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場動向 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場規模 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:業界構造分析 ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:用途別(サプリメント、医薬品、化粧品) ・認知機能向上用サプリメントの世界市場:地域別市場規模・分析 ・認知機能向上用サプリメントの北米市場規模・予測 ・認知機能向上用サプリメントのヨ …
  • 玄関用フロアマットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、玄関用フロアマットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、玄関用フロアマットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 直鎖アルキルベンゼンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、直鎖アルキルベンゼンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、直鎖アルキルベンゼンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は直鎖アルキルベンゼンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Clariant、Huntsman International、Reliance Industries、Chevron Phillips Chemical、CEPSA等です。
  • 世界のサッカリン市場2015
    本調査レポートでは、世界のサッカリン市場2015について調査・分析し、サッカリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスヘッドフォンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレスヘッドフォンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイヤレスヘッドフォン市場規模、種類別(インイヤー、オンイヤー、オーバーイヤー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場概要 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場環境 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場動向 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場規模 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:業界構造分析 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:種類別(インイヤー、オンイヤー、オーバーイヤー) ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ワイヤレスヘッドフォンのアメリカ市場規模・予測 ・ワイヤレスヘッドフォンのヨーロッパ市場規模・予測 ・ワイヤレスヘッドフォンのアジア市場規模・予測 ・ワイヤレスヘッドフォンの主要国分析 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:意思決定フレームワーク ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:成長 …
  • OCTG(油井管)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、OCTG(油井管)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、OCTG(油井管)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • 産業用IoTゲートウェイの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用IoTゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用IoTゲートウェイの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビーケア製品の世界市場予測
    本調査レポートでは、ベビーケア製品の世界市場について調査・分析し、ベビーケア製品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 機能性食品成分のアジア太平洋市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 農業バイオテクノロジーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、農業バイオテクノロジーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、農業バイオテクノロジー市場規模、技術別(バイオチップ、リボ核酸干渉(RNAi)、ゲノム編集ツール、合成生物学、デオキシリボ核酸(DNA)シークエンシング)分析、製品別(作物保護製品、トランスジェニック種子、合成生物製品)分析、種類別(分子診断、分子マーカー、体組織培養、ワクチン、遺伝子工学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:市場動向分析 ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:競争要因分析 ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:技術別(バイオチップ、リボ核酸干渉(RNAi)、ゲノム編集ツール、合成生物学、デオキシリボ核酸(DNA)シークエンシング) ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:製品別(作物保護製品、トランスジェニック種子、合成生物製品) ・ 農業バイオテクノロジーの世界市場:種類別(分子診断、分子マーカ …
  • 血管内超音波検査(IVUS)の世界市場:製品別(コンソール、関連製品)、最終用途別(病院、診断センター)、セグメント予測
    血管内超音波検査(IVUS)の世界市場は2025年には35億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、メデック業界への投資の増加、研究開発活動の増加、製品展開の急増が考えられます。本調査レポートでは、血管内超音波検査(IVUS)の世界市場について調査・分析し、血管内超音波検査(IVUS)の世界市場動向、血管内超音波検査(IVUS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別血管内超音波検査(IVUS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の手術と診断用顕微鏡市場2016
    本調査レポートでは、世界の手術と診断用顕微鏡市場2016について調査・分析し、手術と診断用顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クロム鉄鉱の世界市場2019-2023
    クロム鉄鉱は、クロム、マグネシウム、アルミニウム、鉄を含む褐色を帯びた黒色の鉱物であり、その比率は一定ではありません。 スピネルグループに属し、唯一のクロム金属およびクロム化合物が生成される鉱物です。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間にクロム鉄鉱の世界市場が4.84%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Chrometco、Eurasian Resources Group、Glencore、International Ferro Metals、Samancor Chrome、YILDIRIM GROUP OF COMPANIESなどです。 当調査レポートでは、クロム鉄鉱の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クロム鉄鉱市場規模、種類別(冶金、化学製品・鋳物類、耐火物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クロム鉄鉱の世界市場概要 ・クロム鉄鉱の世界市場環境 ・クロム鉄鉱の世界市場動 …
  • モーター保護用回路遮断器の世界市場2017-2021:中電圧、低電圧
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モーター保護用回路遮断器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、モーター保護用回路遮断器の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はモーター保護用回路遮断器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEaton、General Electric、Rockwell Automation、Schneider Electric、Siemens等です。
  • RAIDコントローラ・カードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RAIDコントローラ・カードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RAIDコントローラ・カードの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の多段式消火ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の多段式消火ポンプ市場2015について調査・分析し、多段式消火ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 母乳パッドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、母乳パッドの世界市場について調査・分析し、母乳パッドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別母乳パッドシェア、市場規模推移、市場規模予測、母乳パッド種類別分析(フラッフパルプ、SAP、その他)、母乳パッド用途別分析(洗濯可能母乳パッド、使い捨て母乳パッド)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・母乳パッドの市場概観 ・母乳パッドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・母乳パッドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・母乳パッドの世界市場規模 ・母乳パッドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・母乳パッドのアメリカ市場規模推移 ・母乳パッドのカナダ市場規模推移 ・母乳パッドのメキシコ市場規模推移 ・母乳パッドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・母乳パッドのドイツ市場規模推移 ・母乳パッドのイギリス市場規模推移 ・母乳パッドのロシア市場規模推移 ・母乳パッドのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・母乳 …
  • 導電性高分子の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、導電性高分子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、導電性高分子の世界市場規模及び予測、用途別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非常警報・避難システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非常警報・避難システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非常警報・避難システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オランダの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 鎮静作用(Sedation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における鎮静作用(Sedation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、鎮静作用(Sedation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・鎮静作用(Sedation)の概要 ・鎮静作用(Sedation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の鎮静作用(Sedation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・鎮静作用(Sedation)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・鎮静作用(Sedation)治療薬開発 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"