"世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST 7509)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global tensiometer market is projected to grow at a CAGR of 7.9%.”
The global tensiometer market size is projected to reach USD 151 million by 2024 from USD 103 million in 2019, at a CAGR of 7.9% during the forecast period. The market for tensiometer is primarily driven by the rising need to improve product quality and manufacturing processes, increasing pharmaceutical and biopharmaceutical R&D expenditure, and technological advancements. The need to improve patient safety and the favorable government and private support for HCIT will also contribute to market growth. However, the reluctance to switch from conventional methods and a dearth of skilled personnel will challenge market growth.

“In 2018, the optical tensiometers segment accounted for the largest share of the market.”
On the basis of product, the optical tensiometer segment accounted for the largest share of the global tensiometer market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the increasing adoption of optical tensiometers in manufacturing industries and the rising need to improve product quality in the early R&D phase.

“In 2018, the chemical industry segment accounted for the largest share of the market.”
On the basis of industry, the chemical industry segment accounted for the largest share of the global tensiometer market in 2018. The large share of this segment is primarily attributed to the need to ensure high-quality products and the increasing demand for the characterization of surface interaction analysis of chemical compounds.

“APAC is projected to witness the highest growth during the forecast period.”
The APAC market is estimated to register the highest CAGR during the forecast period. The growth in this market can be attributed to the growth in the pharmaceutical & biopharmaceutical industries, increasing number of healthcare and life science facilities, increasing R&D spending in the chemical and oil & gas industries, increasing research activities, and growing requirements for regulatory compliance in pharmaceutical & biopharmaceutical companies.

The breakdown of primary participants was as mentioned below:
• By Company Type: Tier 1–25%, Tier 2–45%, and Tier 3–30%
• By Designation: C-level–30%, Director Level–45%, and Others–25%
• By Region: North America–25%, Europe–35%, Asia Pacific–30%, Latin America–5%, Middle East & Africa–5%

The leading players in this market include KRÜSS GmbH (Germany) Biolin Scientific AB (Sweden), DataPhysics Instruments GmbH (Germany), Kyowa Interface Science Co. Ltd. (Japan), LAUDA Scientific GmbH (Germany), TECLIS Scientific (France), Apex Instruments Co. Pvt. Ltd. (India), Pro-Pack Materials (Singapore), USA KINO Industry Co. Ltd. (US), and Kibron Inc. Oy (Finland).

Research Coverage:
The report analyzes the various tensiometers and their adoption patterns. It aims at estimating the market size and future growth potential of the tensiometer market for different segments such as product, industry, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one or any combination of the below-mentioned five strategies for strengthening the market.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the global tensiometer market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the global tensiometer market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions by product, industry, and region
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global tensiometer market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, and products of leading players in the global tensiometer market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Optical and Force Tensiometers Market Overview
4.2 APAC: Optical and Force Tensiometers Market, By Industry (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Optical and Force Tensiometers Market
4.4 Regional Mix: Optical and Force Tensiometers Market
4.5 Optical and Force Tensiometers Market: Developing vs Developed Countries
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Need to Improve Product Quality and Manufacturing Processes
5.2.1.2 Technological Advancements
5.2.1.3 Increasing Pharmaceutical and Biopharmaceutical R&D Expenditure
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Growth Opportunities in Emerging Markets
5.2.2.2 New Application Areas
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Reluctance to Switch From Conventional Methods
5.2.3.2 Dearth of Skilled Personnel
6 Optical and Force Tensiometers Market, By Product (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Optical Tensiometers
6.2.1 Optical Tensiometers Dominate the Market, By Product
6.3 Force Tensiometers
6.3.1 Capability to Analyze Single Fibers and Loose Powder are Driving the Use of Force Tensiometers
6.4 Volumetric Tensiometers
6.4.1 Rising Need for Quality Checks and Routine Measurement of Surface Tension in Liquid Samples is Driving the Market Growth
6.5 Bubble Pressure Tensiometers
6.5.1 Technological Advancements in Bubble Pressure Tensiometers Will Increase Their Adoption Among End Users
6.6 Accessories
7 Optical and Force Tensiometers Market, By Industry (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Chemical Industry
7.2.1 Chemical Forms the Largest Industry Segment of the Optical and Force Tensiometers Market
7.3 Oil & Gas Industry
7.3.1 Growth in the Number of New Oil & Gas Fields to Drive Market Growth
7.4 Energy Industry
7.4.1 Growing Demand for Energy-Saving Technologies to Drive the Adoption of Optical and Force Tensiometers
7.5 Pharmaceutical & Biopharmaceutical Industry
7.5.1 Stringent Safety Regulations & Increasing R&D Expenditure are the Key Factors Driving Market Growth
7.6 Medical Device Industry
7.6.1 Growing Focus on Wettability and Biocompatibility of Medical Implants to Support Market Growth
7.7 Cosmetic Industry
7.7.1 Need to Maintain Compliance With Regulatory Guidelines is Expected to Drive Market Growth
7.8 Other Industries
8 Optical and Force Tensiometers Market, By Region (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.2.1 China
8.2.1.1 China Dominates the APAC Optical and Force Tensiometers Market
8.2.2 Japan
8.2.2.1 Rising Adoption of Tensiometers in Manufacturing Industries—Major Factor Driving Market Growth
8.2.3 India
8.2.3.1 Growing Focus on Regulatory Requirements for Healthcare Products to Drive Market Growth
8.2.4 Rest of Asia Pacific (RoAPAC)
8.3 North America
8.3.1 US
8.3.1.1 Increasing Acceptance for New Technologies is Driving the Market for Optical and Force Tensiometers in the US
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Growing Chemical and Energy Industries in Canada Help to Propel Market Growth
8.4 Europe
8.4.1 Germany
8.4.1.1 Germany is the Largest Market for Optical and Force Tensiometers in Europe
8.4.2 France
8.4.2.1 Rising Focus of Government on Research Funding to Support Market Growth
8.4.3 UK
8.4.3.1 Increasing Awareness About Tensiometers and the Need for Quality Control in the Manufacturing Industry are Driving the Market Growth
8.4.4 Rest of Europe (RoE)
8.5 Latin America
8.5.1 Favorable Government Investments to Support Research Activities in Various Manufacturing Sectors in Latin America
8.6 Middle East & Africa
8.6.1 Growing Research Funding to Support Market Growth in the Middle East & Africa
9 Competitive Landscape (Page No. – 86)
9.1 Overview
9.2 Market Ranking Analysis
9.3 Competitive Leadership Mapping
9.3.1 Visionary Leaders
9.3.2 Innovators
9.3.3 Dynamic Differentiators
9.3.4 Emerging Companies
9.4 Competitive Situation and Trends
9.4.1 Product Launches and Enhancements
9.4.2 Agreements, Partnerships, and Collaborations
9.4.3 Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 93)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
10.1 Krüss GmbH
10.2 Biolin Scientific AB
10.3 Dataphysics Instruments GmbH
10.4 Kyowa Interface Science Co, LTD.
10.5 Teclis Scientific
10.6 Henniker Plasma
10.7 LAUDA Scientific
10.8 Rame-Hart Instrument Co.
10.9 USA Kino Industry Co., LTD.
10.10 Nanoscience Instruments
10.11 Dyne Technology LTD.
10.12 APEX Instruments Co. Pvt. LTD.
10.13 ATA Scientific Pty. LTD.
10.14 Cheminstruments, Inc.
10.15 Holmarc Opto-Mechatronics (P) LTD.
10.16 Pro-Pack Materials Pte LTD.
10.17 Sita Messtechnik GmbH
10.18 First Ten Angstroms, Inc.
10.19 CSC Scientific Company, Inc.
10.20 Kibron Inc, Oy
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 121)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST 7509
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析及び科学機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • マイクロラーニングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、マイクロラーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、組織規模別分析、展開種類別分析、産業別(小売、製造・物流、金融、通信およびIT、医療・ライフサイエンス)分析、マイクロラーニングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、マイクロラーニングの世界市場規模が2019年15億ドルから2024年27億ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。
  • ディーゼル燃料噴射システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ディーゼル燃料噴射システムの世界市場について調査・分析し、ディーゼル燃料噴射システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ディーゼル燃料噴射システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、ディーゼル燃料噴射システム種類別分析(ポンプ‐ライン‐ノズル噴射システム、 共同噴射システム、その他)、ディーゼル燃料噴射システム用途別分析(自動車、建設・農業機器、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ディーゼル燃料噴射システムの市場概観 ・ディーゼル燃料噴射システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ディーゼル燃料噴射システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ディーゼル燃料噴射システムの世界市場規模 ・ディーゼル燃料噴射システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ディーゼル燃料噴射システムのアメリカ市場規模推移 ・ディーゼル燃料噴射システムのカナダ市場規模推移 ・ディーゼル燃料噴射システムのメキシコ市場規模推移 ・ディーゼル燃料噴射システムのヨー …
  • オーロラBキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオーロラBキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オーロラBキナーゼ阻害剤の概要 ・オーロラBキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオーロラBキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オーロラBキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オーロラBキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用スマートセンサーの世界市場2017-2021:流量センサー、温度センサー、圧力センサー、位置センサー、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用スマートセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用スマートセンサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用スマートセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHoneywell、Infineon Technologies、NXP Semiconductors、STMicroelectronics、Texas Instruments等です。
  • 世界の水道ユーティリティ市場2019
    本調査レポートでは、世界の水道ユーティリティ市場2019について調査・分析し、水道ユーティリティの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、水道ユーティリティのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、水道ユーティリティメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・水道ユーティリティの市場概要 ・水道ユーティリティの上流・下流市場分析 ・水道ユーティリティのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・水道ユーティリティのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・水道ユーティリティのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・水道ユーティリティのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・水道ユーティリティの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・水道ユーティリティの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・水道ユーティリティの北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 手術用縫合糸の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、手術用縫合糸の世界市場について調査・分析し、手術用縫合糸の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 手術用縫合糸の世界市場:市場動向分析 - 手術用縫合糸の世界市場:競争要因分析 - 手術用縫合糸の世界市場:製品別 自動化縫合機器 非融解縫合糸 融解縫合糸 - 手術用縫合糸の世界市場:材料別 単一繊維 複数繊維 - 手術用縫合糸の世界市場:用途別 産婦人科手術 眼科手術 一般手術 整形外科手術 心臓血管系手術 その他の用途 - 手術用縫合糸の世界市場:エンドユーザー別 救急手術センター 病院 専門医院 その他のエンドユーザー - 手術用縫合糸の世界市場:主要地域別分析 - 手術用縫合糸の北米市場規模(アメリカ市場等) - 手術用縫合糸のヨーロッパ市場規模 - 手術用縫合糸のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・手術用縫合糸の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • オートインジェクターの世界市場予測(~2023年):関節リウマチ、多発性硬化症、アナフィラキシー、心臓血管疾患、乾癬、片頭痛
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、オートインジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、治療別(関節リウマチ、多発性硬化症、アナフィラキシー、心臓血管疾患、乾癬、片頭痛)分析、タイプ別(使い捨て、再利用)分析、エンドユーザー別(在宅医療、病院)分析、オートインジェクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドIAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場
    当調査レポートでは、クラウドIAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・クラウドIAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・クラウドIAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:アプリケーション別分析/市場規模 ・クラウドIAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:種類別分析/市場規模 ・クラウドIAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・クラウドIAM(アイデンティティ・アクセス管理)のアメリカ市場規模予測 ・クラウドIAM(アイデンティティ・アクセス管理)のヨーロッパ市場規模予測 ・クラウドIAM(アイデンティティ・アクセス管理)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • アメリカの野球用品市場:野球バット、野球グラブ、野球シューズ、野球ボール、野球防具
    当調査レポートでは、アメリカの野球用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの野球用品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペンタエリスリトール市場2015
    本調査レポートでは、世界のペンタエリスリトール市場2015について調査・分析し、ペンタエリスリトールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 精密農業の世界市場予測(~2022):技術別(誘導システム、リモートセンシング、可変レート技術)、提供形態別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、精密農業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、提供形態別分析、用途別分析、地域別分析、精密農業の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グルテンフリー食品の世界市場:ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品
    当調査レポートでは、グルテンフリー食品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、グルテンフリー食品市場規模、製品別(ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、FREEDOM FOODS, General Mills, GRUMA, Hain Celestial, THE HERSHEY COMPANYなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・グルテンフリー食品の世界市場概要 ・グルテンフリー食品の世界市場環境 ・グルテンフリー食品の世界市場動向 ・グルテンフリー食品の世界市場規模 ・グルテンフリー食品の世界市場:業界構造分析 ・グルテンフリー食品の世界市場:製品別(ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品) ・グルテンフリー食品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・グルテンフリー食品の北米市場規模・予測 ・グルテンフリー食品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・グルテンフリー食品のアジア …
  • BCAAの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、BCAAの世界市場について調査・分析し、BCAAの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別BCAAシェア、市場規模推移、市場規模予測、BCAA種類別分析(0.0840393518518519、その他)、BCAA用途別分析(スポーツ栄養、医薬品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・BCAAの市場概観 ・BCAAのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・BCAAのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・BCAAの世界市場規模 ・BCAAの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・BCAAのアメリカ市場規模推移 ・BCAAのカナダ市場規模推移 ・BCAAのメキシコ市場規模推移 ・BCAAのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・BCAAのドイツ市場規模推移 ・BCAAのイギリス市場規模推移 ・BCAAのロシア市場規模推移 ・BCAAのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・BCAAの日本市場規模推移 ・BCA …
  • リンパ浮腫(Lymphedema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるリンパ浮腫(Lymphedema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、リンパ浮腫(Lymphedema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・リンパ浮腫(Lymphedema)の概要 ・リンパ浮腫(Lymphedema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のリンパ浮腫(Lymphedema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リンパ浮腫(Lymphedema)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・リ …
  • 世界のアルコポップ市場2015
    本調査レポートでは、世界のアルコポップ市場2015について調査・分析し、アルコポップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの原子力発電市場2015
  • パワーエレクトロニクスの世界市場分析:材料別(シリコン、サファイア、SiC、GaN系、およびその他)、機器別(ディスクリート、モジュール、IC)、用途別(ICT、家庭用電化製品、電力、産業、自動車、航空宇宙・防衛)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、パワーエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、パワーエレクトロニクスの世界市場動向、パワーエレクトロニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別パワーエレクトロニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業ロボット用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業ロボット用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボット用センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 形成外科用製品の世界市場:注射剤、インプラント、手術装置
    当調査レポートでは、形成外科用製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、形成外科用製品の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の紫外線(日光)角化症(Actinic (Solar) Keratosis)治療薬剤
  • 自動車用レーダーセンサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用レーダーセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用レーダーセンサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、範囲別分析、地域別分析、市場の成長要因、市場の課題、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨て医療機器用センサーの世界市場
    本調査レポートでは、使い捨て医療機器用センサーの世界市場について調査・分析し、使い捨て医療機器用センサーの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 脳血管内非コイル装置の世界市場:脳血管内ステント、アクセスデバイス、分流装置
    当調査レポートでは、脳血管内非コイル装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脳血管内非コイル装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用ヒートワイパーブレードシステムのアフターマーケット市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の自動車用ヒートワイパーブレードシステムのアフターマーケット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の自動車用ヒートワイパーブレードシステムのアフターマーケット市場規模及び予測、地域別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート農業におけるIoTの世界市場:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、用途別(給水管理、精密農業、総合害虫管理・防除)、地域別予測
    本資料は、スマート農業におけるIoTの世界市場について調べ、スマート農業におけるIoTの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、用途別(給水管理、精密農業、総合害虫管理・防除)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCisco、IBM、Kaalot Technologies、Oracle、Trimble、Virtus Nutrition、John Deere、Precision Planting、Accenture、AGCO、Auroras、CEMA、DigiReach、Libelium、Link Labsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマート農業におけるIoTの世界市場概要 ・スマート農業におけるIoTの世界市場環境 ・スマート農業におけるIoTの世界市場動向 ・スマート農業におけるIoTの世界市場規模 ・スマート農業におけるIoTの世界市場規模:種類別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ …
  • 気相ろ過の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、気相ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、タイプ別(充填層、コンビネーション)分析、媒体別(活性炭、過マンガン酸カリウム、ブレンド)分析、用途別(腐食性・有毒性ガス防御、臭気防御)分析、エンドユーザー別分析、気相ろ過の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴム製タイヤ&チューブのパキスタン市場:経路別(OEM、アフターマーケット)、構成要素別(タイヤ、チューブ)、デザイン別(ラジアル、バイアス)、車両種類別(乗用車、商用車、二輪車、三輪車、農業用トラクター、OTR/TBR)
    本調査レポートでは、ゴム製タイヤ&チューブのパキスタン市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、経路別(OEM、アフターマーケット)分析、構成要素別(タイヤ、チューブ)分析、デザイン別(ラジアル、バイアス)分析、車両種類別(乗用車、商用車、二輪車、三輪車、農業用トラクター、OTR/TBR)分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ゴム製タイヤ&チューブのパキスタン市場:経路別(OEM、アフターマーケット) ・ゴム製タイヤ&チューブのパキスタン市場:構成要素別(タイヤ、チューブ) ・ゴム製タイヤ&チューブのパキスタン市場:デザイン別(ラジアル、バイアス) ・ゴム製タイヤ&チューブのパキスタン市場:車両種類別(乗用車、商用車、二輪車、三輪車、農業用トラクター、OTR/TBR) ・企業概要
  • モバイルシグナルブースターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モバイルシグナルブースターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルシグナルブースターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品・飲料加工用濾過膜の世界市場2017-2021:精密濾過法、逆浸透法、限外濾過法、ナノ濾過法、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品・飲料加工用濾過膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料加工用濾過膜の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品・飲料加工用濾過膜の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、GE、Koch Membrane Systems、The Dow Chemical Company、Toray Membrane等です。
  • ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ハイブリッドバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(スチール、タングステンカーバイド、合金、チタン、二相ニッケル)分析、バルブサイズ別分析、エンドユーズ産業別(石油及びガス、水及び廃水、エネルギー及び電力、化学薬品など)分析、ハイブリッドバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ハイブリッドバルブの世界市場規模が2019年10億ドルから2024年14億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。
  • 鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱山・石切り場用潤滑剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の麦芽粉市場2015
    本調査レポートでは、世界の麦芽粉市場2015について調査・分析し、麦芽粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 永久磁石の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、永久磁石の世界市場について調査・分析し、永久磁石の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 永久磁石の世界市場:市場動向分析 - 永久磁石の世界市場:競争要因分析 - 永久磁石の世界市場:製品の種類別 ・アルニコ磁石 ・フェライト磁石 ・サマリウムコバルト(SmCo) ・ネオジ鉄系磁石(NdFeB) - 永久磁石の世界市場:用途別 ・発電 ・自動車 ・電子 ・その他 - 永久磁石の世界市場:エンドユーザー別 ・航空宇宙・防衛 ・自動車産業 ・家電 ・環境・エネルギー ・一般産業 ・医療技術 ・その他 - 永久磁石の世界市場:主要地域別分析 - 永久磁石の北米市場規模(アメリカ市場等) - 永久磁石のヨーロッパ市場規模 - 永久磁石のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・永久磁石の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ガラス用物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ガラス用物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガラス用物流市場規模、サービス別(輸送、倉庫・VAS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Lannutti, Nijman/Zeetank, Odyssey Logistics & Technology Corporation, Saint-Gobain Glass Logisticsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ガラス用物流の世界市場概要 ・ガラス用物流の世界市場環境 ・ガラス用物流の世界市場動向 ・ガラス用物流の世界市場規模 ・ガラス用物流の世界市場:業界構造分析 ・ガラス用物流の世界市場:サービス別(輸送、倉庫・VAS) ・ガラス用物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ガラス用物流の北米市場規模・予測 ・ガラス用物流のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ガラス用物流のアジア太平洋市場規模・予測 ・ガラス用物流の主要国分析 ・ガラス用物流の世界市 …
  • 世界の溶接用消耗品市場2015
    本調査レポートでは、世界の溶接用消耗品市場2015について調査・分析し、溶接用消耗品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、テストサービス別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、産業別分析、ペネトレーションテスト(侵入テスト)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スキンケア製品の世界市場
    当調査レポートでは、スキンケア製品の世界市場について調査・分析し、スキンケア製品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のプロトン交換膜市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロトン交換膜市場2015について調査・分析し、プロトン交換膜の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 短腸症候群(Short Bowel Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における短腸症候群(Short Bowel Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、短腸症候群(Short Bowel Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)の概要 ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の短腸症候群(Short Bowel Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • アジアの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 自動車用燃料レベルセンサの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用燃料レベルセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用燃料レベルセンサの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用燃料レベルセンサの世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Delphi、Continental、Omnicomm、MSIL、Sensata Technologies等です。
  • 5-HT1アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-HT1アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-HT1アゴニスト(作動薬)の概要 ・5-HT1アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-HT1アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-HT1アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-HT1アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業用マシンビジョン(MV)の世界市場予測(~2023年):カメラ、フレームグラバー、光学、プロセッサ、ソフトウェア、製品、用途、エンドユーザー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用マシンビジョン(MV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成品別分析、ソフトウェア別分析、製品別分析、用途別分析、産業用マシンビジョン(MV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体検査装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、半導体検査装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • スマートウォッチの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートウォッチの世界市場について調べ、スマートウォッチの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートウォッチの市場規模をセグメンテーション別(種類別(統合型、スタンドアロン)、OS別(ウォッチOS、ティゼン、ウェアOS、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はスマートウォッチの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマートウォッチの市場状況 ・スマートウォッチの市場規模 ・スマートウォッチの市場予測 ・スマートウォッチの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(統合型、スタンドアロン) ・市場セグメンテーション:OS別(ウォッチOS、ティゼン、ウェアOS、その他) ・スマートウォッチの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • スペインのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 世界の水着市場2015
    本調査レポートでは、世界の水着市場2015について調査・分析し、水着の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 装具型フットインソールの世界市場2020-2024
    「装具型フットインソールの世界市場2020-2024」は、装具型フットインソールについて市場概要、市場規模、用途別(医療、スポーツ)分析、流通チャンネル別(小売店、オンライン小売)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・装具型フットインソールの世界市場:用途別(医療、スポーツ) ・装具型フットインソールの世界市場:流通チャンネル別(小売店、オンライン小売) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • アメリカの妊婦向けパーソナルケア製品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの妊婦向けパーソナルケア製品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの妊婦向けパーソナルケア製品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エアフィルターの世界市場分析:製品別(吸気、キャビン)、用途別(乗用車、軽・大型商用車)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車用エアフィルターの世界市場について調査・分析し、自動車用エアフィルターの世界市場動向、自動車用エアフィルターの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用エアフィルター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"