"世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AST 7509)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global tensiometer market is projected to grow at a CAGR of 7.9%.”
The global tensiometer market size is projected to reach USD 151 million by 2024 from USD 103 million in 2019, at a CAGR of 7.9% during the forecast period. The market for tensiometer is primarily driven by the rising need to improve product quality and manufacturing processes, increasing pharmaceutical and biopharmaceutical R&D expenditure, and technological advancements. The need to improve patient safety and the favorable government and private support for HCIT will also contribute to market growth. However, the reluctance to switch from conventional methods and a dearth of skilled personnel will challenge market growth.

“In 2018, the optical tensiometers segment accounted for the largest share of the market.”
On the basis of product, the optical tensiometer segment accounted for the largest share of the global tensiometer market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the increasing adoption of optical tensiometers in manufacturing industries and the rising need to improve product quality in the early R&D phase.

“In 2018, the chemical industry segment accounted for the largest share of the market.”
On the basis of industry, the chemical industry segment accounted for the largest share of the global tensiometer market in 2018. The large share of this segment is primarily attributed to the need to ensure high-quality products and the increasing demand for the characterization of surface interaction analysis of chemical compounds.

“APAC is projected to witness the highest growth during the forecast period.”
The APAC market is estimated to register the highest CAGR during the forecast period. The growth in this market can be attributed to the growth in the pharmaceutical & biopharmaceutical industries, increasing number of healthcare and life science facilities, increasing R&D spending in the chemical and oil & gas industries, increasing research activities, and growing requirements for regulatory compliance in pharmaceutical & biopharmaceutical companies.

The breakdown of primary participants was as mentioned below:
• By Company Type: Tier 1–25%, Tier 2–45%, and Tier 3–30%
• By Designation: C-level–30%, Director Level–45%, and Others–25%
• By Region: North America–25%, Europe–35%, Asia Pacific–30%, Latin America–5%, Middle East & Africa–5%

The leading players in this market include KRÜSS GmbH (Germany) Biolin Scientific AB (Sweden), DataPhysics Instruments GmbH (Germany), Kyowa Interface Science Co. Ltd. (Japan), LAUDA Scientific GmbH (Germany), TECLIS Scientific (France), Apex Instruments Co. Pvt. Ltd. (India), Pro-Pack Materials (Singapore), USA KINO Industry Co. Ltd. (US), and Kibron Inc. Oy (Finland).

Research Coverage:
The report analyzes the various tensiometers and their adoption patterns. It aims at estimating the market size and future growth potential of the tensiometer market for different segments such as product, industry, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one or any combination of the below-mentioned five strategies for strengthening the market.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the global tensiometer market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the global tensiometer market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions by product, industry, and region
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global tensiometer market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, and products of leading players in the global tensiometer market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Optical and Force Tensiometers Market Overview
4.2 APAC: Optical and Force Tensiometers Market, By Industry (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Optical and Force Tensiometers Market
4.4 Regional Mix: Optical and Force Tensiometers Market
4.5 Optical and Force Tensiometers Market: Developing vs Developed Countries
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Need to Improve Product Quality and Manufacturing Processes
5.2.1.2 Technological Advancements
5.2.1.3 Increasing Pharmaceutical and Biopharmaceutical R&D Expenditure
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Growth Opportunities in Emerging Markets
5.2.2.2 New Application Areas
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Reluctance to Switch From Conventional Methods
5.2.3.2 Dearth of Skilled Personnel
6 Optical and Force Tensiometers Market, By Product (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Optical Tensiometers
6.2.1 Optical Tensiometers Dominate the Market, By Product
6.3 Force Tensiometers
6.3.1 Capability to Analyze Single Fibers and Loose Powder are Driving the Use of Force Tensiometers
6.4 Volumetric Tensiometers
6.4.1 Rising Need for Quality Checks and Routine Measurement of Surface Tension in Liquid Samples is Driving the Market Growth
6.5 Bubble Pressure Tensiometers
6.5.1 Technological Advancements in Bubble Pressure Tensiometers Will Increase Their Adoption Among End Users
6.6 Accessories
7 Optical and Force Tensiometers Market, By Industry (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Chemical Industry
7.2.1 Chemical Forms the Largest Industry Segment of the Optical and Force Tensiometers Market
7.3 Oil & Gas Industry
7.3.1 Growth in the Number of New Oil & Gas Fields to Drive Market Growth
7.4 Energy Industry
7.4.1 Growing Demand for Energy-Saving Technologies to Drive the Adoption of Optical and Force Tensiometers
7.5 Pharmaceutical & Biopharmaceutical Industry
7.5.1 Stringent Safety Regulations & Increasing R&D Expenditure are the Key Factors Driving Market Growth
7.6 Medical Device Industry
7.6.1 Growing Focus on Wettability and Biocompatibility of Medical Implants to Support Market Growth
7.7 Cosmetic Industry
7.7.1 Need to Maintain Compliance With Regulatory Guidelines is Expected to Drive Market Growth
7.8 Other Industries
8 Optical and Force Tensiometers Market, By Region (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.2.1 China
8.2.1.1 China Dominates the APAC Optical and Force Tensiometers Market
8.2.2 Japan
8.2.2.1 Rising Adoption of Tensiometers in Manufacturing Industries—Major Factor Driving Market Growth
8.2.3 India
8.2.3.1 Growing Focus on Regulatory Requirements for Healthcare Products to Drive Market Growth
8.2.4 Rest of Asia Pacific (RoAPAC)
8.3 North America
8.3.1 US
8.3.1.1 Increasing Acceptance for New Technologies is Driving the Market for Optical and Force Tensiometers in the US
8.3.2 Canada
8.3.2.1 Growing Chemical and Energy Industries in Canada Help to Propel Market Growth
8.4 Europe
8.4.1 Germany
8.4.1.1 Germany is the Largest Market for Optical and Force Tensiometers in Europe
8.4.2 France
8.4.2.1 Rising Focus of Government on Research Funding to Support Market Growth
8.4.3 UK
8.4.3.1 Increasing Awareness About Tensiometers and the Need for Quality Control in the Manufacturing Industry are Driving the Market Growth
8.4.4 Rest of Europe (RoE)
8.5 Latin America
8.5.1 Favorable Government Investments to Support Research Activities in Various Manufacturing Sectors in Latin America
8.6 Middle East & Africa
8.6.1 Growing Research Funding to Support Market Growth in the Middle East & Africa
9 Competitive Landscape (Page No. – 86)
9.1 Overview
9.2 Market Ranking Analysis
9.3 Competitive Leadership Mapping
9.3.1 Visionary Leaders
9.3.2 Innovators
9.3.3 Dynamic Differentiators
9.3.4 Emerging Companies
9.4 Competitive Situation and Trends
9.4.1 Product Launches and Enhancements
9.4.2 Agreements, Partnerships, and Collaborations
9.4.3 Expansions
10 Company Profiles (Page No. – 93)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
10.1 Krüss GmbH
10.2 Biolin Scientific AB
10.3 Dataphysics Instruments GmbH
10.4 Kyowa Interface Science Co, LTD.
10.5 Teclis Scientific
10.6 Henniker Plasma
10.7 LAUDA Scientific
10.8 Rame-Hart Instrument Co.
10.9 USA Kino Industry Co., LTD.
10.10 Nanoscience Instruments
10.11 Dyne Technology LTD.
10.12 APEX Instruments Co. Pvt. LTD.
10.13 ATA Scientific Pty. LTD.
10.14 Cheminstruments, Inc.
10.15 Holmarc Opto-Mechatronics (P) LTD.
10.16 Pro-Pack Materials Pte LTD.
10.17 Sita Messtechnik GmbH
10.18 First Ten Angstroms, Inc.
10.19 CSC Scientific Company, Inc.
10.20 Kibron Inc, Oy
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 121)
11.1 Insights of Industry Experts
11.2 Discussion Guide
11.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.4 Available Customizations
11.5 Related Reports
11.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AST 7509
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】分析及び科学機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のテンシオメーター市場:製品別(光学、力、体積、気泡圧力計、アクセサリー)、産業別(化学、石油&ガス、エネルギー、医薬品、医療機器、化粧品、研究所)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • インスリンペンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、インスリンペンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インスリンペン市場規模、用途別(再利用可能型、使い捨て型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・インスリンペンの世界市場概要 ・インスリンペンの世界市場環境 ・インスリンペンの世界市場動向 ・インスリンペンの世界市場規模 ・インスリンペンの世界市場:業界構造分析 ・インスリンペンの世界市場:用途別(再利用可能型、使い捨て型) ・インスリンペンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・インスリンペンの北米市場規模・予測 ・インスリンペンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・インスリンペンのアジア太平洋市場規模・予測 ・インスリンペンの主要国分析 ・インスリンペンの世界市場:意思決定フレームワーク ・インスリンペンの世界市場:成長要因、課題 ・インスリンペンの世界市場:競争環境 ・インスリンペンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、BD、 …
  • ロボット溶接の世界市場:種類別(スポット溶接、アーク溶接)、エンドユーザー別(自動車および輸送、電気および電子機器、金属および機械、その他)、ペイロード別(50 kg未満、50-150 kg、150 kgを超える)
    本市場調査レポートではロボット溶接について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(スポット溶接、アーク溶接)分析、エンドユーザー別(自動車および輸送、電気および電子機器、金属および機械、その他)分析、ペイロード別(50 kg未満、50-150 kg、150 kgを超える)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ロボット溶接の世界市場:種類別(スポット溶接、アーク溶接) ・ロボット溶接の世界市場:エンドユーザー別(自動車および輸送、電気および電子機器、金属および機械、その他) ・ロボット溶接の世界市場:ペイロード別(50 kg未満、50-150 kg、150 kgを超える) ・ロボット溶接の世界市場:地域別 ・企業概要
  • データ可視化アプリケーションの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、データ可視化アプリケーションの世界市場について調査・分析し、データ可視化アプリケーションの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - データ可視化アプリケーションの世界市場:市場動向分析 - データ可視化アプリケーションの世界市場:競争要因分析 - データ可視化アプリケーションの世界市場:産業別 ・銀行・保険 ・娯楽・メディア ・連邦政府 ・医療 ・法的サービス ・生命科学 ・地方自治体 ・製造 ・専門サービス ・小売 ・電気通信 ・輸送・物流 ・その他 - データ可視化アプリケーションの世界市場:主要地域別分析 - データ可視化アプリケーションの北米市場規模(アメリカ市場等) - データ可視化アプリケーションのヨーロッパ市場規模 - データ可視化アプリケーションのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・データ可視化アプリケーションの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • カイトボード用品の世界市場
    当調査レポートでは、カイトボード用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カイトボード用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の概要 ・強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・強迫性障害(Obs …
  • 台湾の心臓人工弁市場見通し
  • HSS金属切削工具の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、HSS金属切削工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HSS金属切削工具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はHSS金属切削工具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Kennametal、LMT Onsrud、NACHI-FUJIKOSHI、OSG、Sandvik Coromant等です。
  • コンピュータ支援コーディング(CAC)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、コンピュータ支援コーディング(CAC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、コンピュータ支援コーディング(CAC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床用歩行器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、臨床用歩行器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、臨床用歩行器市場規模、製品別(四輪、三輪)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Carex Health Brands, Drive DeVilbiss Healthcare, GF HEALTH PRODUCTS, Invacare, などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・臨床用歩行器の世界市場概要 ・臨床用歩行器の世界市場環境 ・臨床用歩行器の世界市場動向 ・臨床用歩行器の世界市場規模 ・臨床用歩行器の世界市場:業界構造分析 ・臨床用歩行器の世界市場:製品別(四輪、三輪) ・臨床用歩行器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・臨床用歩行器の北米市場規模・予測 ・臨床用歩行器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・臨床用歩行器のアジア太平洋市場規模・予測 ・臨床用歩行器の主要国分析 ・臨床用歩行器の世界市場:意思決定フレームワーク ・臨床用歩行器の世界市場:成長要因 …
  • 世界のガスタービン市場規模・予測2017-2025:技術別(オープンサイクル・混合サイクル)、電力定格別(40MW未満、40-120MW、120-300MW、300Mより上)、デザインタイプ別(重工業・航空転用型)、用途別(電力発電・石油・ガス)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のガスタービン市場について調査・分析し、世界のガスタービン市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のガスタービン関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 浮遊式生産システム(FPS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、浮遊式生産システム(FPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、浮遊式生産システム(FPS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メイクアップベースの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、メイクアップベースの世界市場について調べ、メイクアップベースの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、メイクアップベースの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ファウンデーション、コンシーラー、パウダー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はメイクアップベースの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・メイクアップベースの市場状況 ・メイクアップベースの市場規模 ・メイクアップベースの市場予測 ・メイクアップベースの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ファウンデーション、コンシーラー、パウダー) ・メイクアップベースの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 高速度鋼(HSS)切削工具の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、高速度鋼(HSS)切削工具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高速度鋼(HSS)切削工具市場規模、製品別(フライス工具、穴開け工具、ねじ立て治具、その他分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高速度鋼(HSS)切削工具の世界市場概要 ・高速度鋼(HSS)切削工具の世界市場環境 ・高速度鋼(HSS)切削工具の世界市場動向 ・高速度鋼(HSS)切削工具の世界市場規模 ・高速度鋼(HSS)切削工具の世界市場:業界構造分析 ・高速度鋼(HSS)切削工具の世界市場:製品別(フライス工具、穴開け工具、ねじ立て治具、その他 ・高速度鋼(HSS)切削工具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高速度鋼(HSS)切削工具の北米市場規模・予測 ・高速度鋼(HSS)切削工具のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高速度鋼(HSS)切削工具のアジア太平洋市場規模・予測 ・高速度鋼(HSS)切削工具の主要国分析 ・高速度鋼(HSS)切 …
  • 動物遺伝学におけるケーブルの世界市場:最終用途産業別(建築・建設、自動車・運輸、製造、エネルギー)、断熱材別(XPLE、LSZH、PVC、EPR)、地域別予測
    本資料は、動物遺伝学におけるケーブルの世界市場について調べ、動物遺伝学におけるケーブルの世界規模、市場動向、市場環境、最終用途産業別(建築・建設、自動車・運輸、製造、エネルギー)分析、断熱材別(XPLE、LSZH、PVC、EPR)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場概要 ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場環境 ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場動向 ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場規模 ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場規模:最終用途産業別(建築・建設、自動車・運輸、製造、エネルギー) ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場規模:断熱材別(XPLE、LSZH、PVC、EPR) ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・動物遺伝学におけるケーブルの北米市場規模・予測 ・動物遺伝学におけるケーブルのアメリカ市場規模・予測 ・動物遺伝学におけるケーブルのヨーロッパ市場規模 …
  • リテール・アナリティクス(小売業向け分析システム)の世界市場
    当調査レポートでは、リテール・アナリティクス(小売業向け分析システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リテール・アナリティクス(小売業向け分析システム)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器リーダーシリーズ:体外診断用医療機器(IVD)の上位企業2017-2027
  • チオケミカルセールスの世界市場
    本資料は、チオケミカルセールスの世界市場について調べ、チオケミカルセールスの世界規模、市場動向、市場環境、製品種類別(メルカプタン、2硫化ジメチル、ジメチルスルホキシド、チオグリコール酸&エステル、チオ尿素、その他)分析、エンドユーザー別(オイル&ガス、食品&農業用化学物質 、化学、プラスチック、電気電子、自動車&輸送、消費財、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCheck Point Software Technologies Ltd.、Dell Technologies Inc.、Fireeye Inc.、International Business Machines Corporation、Juniper Networks Inc.、LogRhythm Inc.、Looking glass Cyber Solutions Inc.、MacAfee LLC、Optiv Security Inc.、Symantec Corporation、Trend Mic …
  • 活性炭素繊維(ACF)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、活性炭素繊維(ACF)の世界市場について調査・分析し、活性炭素繊維(ACF)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別活性炭素繊維(ACF)シェア、市場規模推移、市場規模予測、活性炭素繊維(ACF)種類別分析(ピッチ系活性炭素繊維、ポリアクリロニトリル(PAN)系活性炭素繊維、ビスコースステープル系活性炭素繊維、その他)、活性炭素繊維(ACF)用途別分析(溶媒回収、空気浄化、水処理、触媒担体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・活性炭素繊維(ACF)の市場概観 ・活性炭素繊維(ACF)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・活性炭素繊維(ACF)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・活性炭素繊維(ACF)の世界市場規模 ・活性炭素繊維(ACF)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・活性炭素繊維(ACF)のアメリカ市場規模推移 ・活性炭素繊維(ACF)のカナダ市場規模推移 ・活性炭素繊維(ACF)のメキシコ市場規模推移 ・活性炭素繊維(ACF) …
  • イラクの市場見通し(~2021年)
  • 溶接用附属品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶接用附属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接用附属品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Wntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるWntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Wntシグナル伝達経路阻害剤の概要 ・Wntシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のWntシグナル伝達経路阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Wntシグナル伝達経路阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Wntシグナル伝達経路阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ヘッドマウントディスプレイの世界市場
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイの世界市場について調査・分析し、ヘッドマウントディスプレイの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • インタポーザの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インタポーザ の世界市場について調査・分析し、インタポーザ の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インタポーザ シェア、市場規模推移、市場規模予測、インタポーザ 種類別分析()、インタポーザ 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インタポーザ の市場概観 ・インタポーザ のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インタポーザ のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インタポーザ の世界市場規模 ・インタポーザ の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インタポーザ のアメリカ市場規模推移 ・インタポーザ のカナダ市場規模推移 ・インタポーザ のメキシコ市場規模推移 ・インタポーザ のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・インタポーザ のドイツ市場規模推移 ・インタポーザ のイギリス市場規模推移 ・インタポーザ のロシア市場規模推移 ・インタポーザ のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 骨肉腫(Osteosarcoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨肉腫(Osteosarcoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・骨肉腫(Osteosarcoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・骨肉腫(Osteosarcoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・骨肉腫(Osteosarcoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬剤
  • 世界の1,4-ジブロモブタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の1,4-ジブロモブタン市場2016について調査・分析し、1,4-ジブロモブタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 外来医療サービスの世界市場:タイプ別(プライマリーケア診療所、救急診療部門、外科診療専門部門、専門医療)、地域別予測
    本資料は、外来医療サービスの世界市場について調べ、外来医療サービスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(プライマリーケア診療所、救急診療部門、外科診療専門部門、専門医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・外来医療サービスの世界市場概要 ・外来医療サービスの世界市場環境 ・外来医療サービスの世界市場動向 ・外来医療サービスの世界市場規模 ・外来医療サービスの世界市場規模:タイプ別(プライマリーケア診療所、救急診療部門、外科診療専門部門、専門医療) ・外来医療サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・外来医療サービスの北米市場規模・予測 ・外来医療サービスのアメリカ市場規模・予測 ・外来医療サービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・外来医療サービスのアジア市場規模・予測 ・外来医療サービスの日本市場規模・予測 ・外来医療サービスの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 自動車用クーラント液(冷却水)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用クーラント液(冷却水)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用クーラント液(冷却水)の世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 重症虚血肢(Critical Limb Ischemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)の概要 ・重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・重症虚血肢(Critical Limb Ischemia)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)アゴニストの概要 ・上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ミートスナックの世界市場:ジャーキー、ミートスティック、ミートステーキ、その他
    当調査レポートでは、ミートスナックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ミートスナック市場規模、製品別(ジャーキー、ミートスティック、ミートステーキ、その他)分析、流通経路別(コンビニエンスストア、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Conagra Brands, Hormel Foods, Link Snacks, The Meatsnacks Group, Tyson Foodsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ミートスナックの世界市場概要 ・ミートスナックの世界市場環境 ・ミートスナックの世界市場動向 ・ミートスナックの世界市場規模 ・ミートスナックの世界市場:業界構造分析 ・ミートスナックの世界市場:製品別(ジャーキー、ミートスティック、ミートステーキ、その他) ・ミートスナックの世界市場:流通経路別(コンビニエンスストア、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、その他) ・ミ …
  • スマート材料の世界市場2014-2025:製品別(圧電、形状記憶合金、電歪、磁歪、エレクトロクロミック)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、スマート材料の世界市場について調査・分析し、スマート材料の世界市場動向、スマート材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマート材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電力レンタル付属品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電力レンタル付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力レンタル付属品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のイースト・ベータ・グルカン市場2015
    本調査レポートでは、世界のイースト・ベータ・グルカン市場2015について調査・分析し、イースト・ベータ・グルカンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート水管理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート水管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート水管理の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の爪切り市場2015
    本調査レポートでは、世界の爪切り市場2015について調査・分析し、爪切りの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無機顔料市場2015
    本調査レポートでは、世界の無機顔料市場2015について調査・分析し、無機顔料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ボーリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ボーリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボーリング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用機飛行コントロールシステムの世界市場2017-2021:固定翼、回転翼、UAV
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軍用機飛行コントロールシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機飛行コントロールシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍用機飛行コントロールシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBAE Systems、Lockheed Martin、Rockwell Collins、Saab、Safran等です。
  • 自動車照明の世界市場:技術別(ハロゲン、キセノン/ HID、およびLED)、車両別(ICE(乗用車、商用車)および電気自動車(バッテリー電気自動車(BEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、およびプラグインハイブリッド電気自動車( PHEV))、用途別(フロント/ヘッドランプ、リア照明、サイド、インテリア照明)、販売チャンネル別(OEM、アフターマーケット製品)
    当調査レポートでは、自動車照明の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別分析、車両別分析、用途別分析、販売チャンネル別分析、地域別分析、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車照明の世界市場:技術別(ハロゲン、キセノン/ HID、およびLED) ・自動車照明の世界市場:車両別(ICE(乗用車、商用車) ・自動車照明の世界市場:用途別(フロント/ヘッドランプ、リア照明、サイド、インテリア照明) ・自動車照明の世界市場:販売チャンネル別(OEM、アフターマーケット製品) ・自動車照明の世界市場:地域別分析
  • 水処理用化学物質および技術の世界市場
    当調査レポートでは、水処理用化学物質および技術の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・水処理用化学物質および技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・水処理用化学物質および技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・水処理用化学物質および技術のアメリカ市場規模予測 ・水処理用化学物質および技術のヨーロッパ市場規模予測 ・水処理用化学物質および技術のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 芳香族系溶剤の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、芳香族系溶剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、芳香族系溶剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は芳香族系溶剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Exxon Mobil、Pampa Energía、Reliance Industries、Shell International、SK global chemical、Total等です。
  • 世界の磁気共鳴画像診断(MRI)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、磁気共鳴画像診断(MRI)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・磁気共鳴画像診断(MRI)装置の概要 ・磁気共鳴画像診断(MRI)装置の開発動向:開発段階別分析 ・磁気共鳴画像診断(MRI)装置の開発動向:セグメント別分析 ・磁気共鳴画像診断(MRI)装置の開発動向:領域別分析 ・磁気共鳴画像診断(MRI)装置の開発動向:規制Path別分析 ・磁気共鳴画像診断(MRI)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別磁気共鳴画像診断(MRI)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・磁気共鳴画像診断(MRI)装置の最近動向
  • 世界の紙およびプラスチックフィルムコンデンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の紙およびプラスチックフィルムコンデンサ市場2015について調査・分析し、紙およびプラスチックフィルムコンデンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クライオポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クライオポンプの世界市場について調査・分析し、クライオポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クライオポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、クライオポンプ種類別分析( <1000std.リットル、1000-2000std.リットル、2000-4000std.リットル、>4000std.リットル)、クライオポンプ用途別分析(半導体製造、真空コーティング、粒子加速器、スパッタ堆積システム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クライオポンプの市場概観 ・クライオポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クライオポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クライオポンプの世界市場規模 ・クライオポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クライオポンプのアメリカ市場規模推移 ・クライオポンプのカナダ市場規模推移 ・クライオポンプのメキシコ市場規模推移 ・クライオポンプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等 …
  • セルロース系エタノールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セルロース系エタノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルロース系エタノールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カプリル酸の世界市場分析:用途別(パーソナルケア、医薬品、食品・飲料)、セグメント予測
    本調査レポートでは、カプリル酸の世界市場について調査・分析し、カプリル酸の世界市場動向、カプリル酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別カプリル酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のピーナッツ粉市場2015
    本調査レポートでは、世界のピーナッツ粉市場2015について調査・分析し、ピーナッツ粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの病院用品市場(~2021)
  • エポキシプライマーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エポキシプライマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、基質別(金属、コンクリート・れんが、繊維ガラス)分析、用途別(建築・建設、自動車、船舶、機械・装置)分析、技術別(油溶性、水溶性)分析、エポキシプライマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 膜用化学品の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の膜用化学品市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・膜用化学品の世界市場:イントロダクション ・膜用化学品の世界市場:市場概観 ・膜用化学品の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・膜用化学品の世界市場:セグメント別市場分析 ・膜用化学品の世界市場:主要地域別市場分析 ・膜用化学品の世界市場:関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"