"世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7512)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The vacuum evaporators market is projected to witness a CAGR of 6.9% from 2019 to 2024, in terms of value”
The vacuum evaporators market is projected to grow from USD 2.2 billion in 2019 to USD 3.1 billion by 2024, at a CAGR of 6.9% from 2019 to 2024. The implementation of stringent environmental regulations, water scarcity across the globe, and increasing adoption of zero liquid discharge (ZLD) systems are major factors driving the vacuum evaporators market.

“The wastewater treatment application segment is anticipated to lead the vacuum evaporators market during the forecast period”
Based on application, the wastewater treatment segment led the vacuum evaporators market in 2018, in terms of value, and is also projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Formulation and stringent implementation of various regulations regarding the discharge of effluents are expected to drive the demand for vacuum evaporators. These environmental regulations compel companies around the globe to ensure zero liquid discharge into the environment. Therefore, various end-use industries, such as automotive, pharmaceutical, chemical & petrochemical, and food & beverage, are installing ZLD systems.

“The MVR vacuum evaporators segment is projected to lead the market, by type of technology, during the forecast period”
By type of technology, the MVR (mechanical vapor recompression) vacuum evaporators segment is projected to lead the vacuum evaporators market during the forecast period. MVR vacuum evaporators have, for decades, been used in the manufacturing industry for purposes such as desalinating sea water, concentrating juices, and treating wastewater on large industrial scales. The MVR technology is newer compared to Thermal Vapor Recompression (TVR) and is rapidly replacing TVR in European and North American countries. However, MVR vacuum evaporators are costlier and consume more energy as compared to the other types.

“Asia Pacific is projected to register the highest CAGR in the vacuum evaporators market during the forecast period”
The vacuum evaporators market in Asia Pacific is projected to grow at the highest rate from 2019 to 2024. The region is home to some of the fastest-growing economies in the world. China, Japan, India, South Korea, Malaysia, Australia, and the Rest of Asia Pacific are considered for the study of the Asia Pacific vacuum evaporators market. China, India, and Japan are witnessing rapid industrial, manufacturing, and infrastructural growth. Some of the economies in Asia Pacific have tremendous market potential in terms of rising population, favorable government policy, industrial growth, and others. China and India are the two fastest-growing economies in the world. Economic growth is expected to increase industrial activities in these countries, leading to increased demand for treated water. This, in turn, is expected to grow the market for vacuum evaporators in the Asia Pacific region.

Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 35%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level Executives – 30%, Directors – 40%, and Others – 30%
• By Region: North America – 25%, Europe – 30%, Asia Pacific – 35%, South America – 5% Middle East & Africa- 5%

Furthermore, as a part of the qualitative analysis of the vacuum evaporators market, the research provides a comprehensive review of drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the growth of the market across the globe. It also discusses competitive strategies adopted by the leading market players, such as Veolia Water Technologies (France), Condorchem Envitech (Spain), Eco-Techno S.r.l. (Italy), SUEZ Water Technologies & Solutions (France), GEA Group AG (Germany), H2O GmbH (Germany), De Dietrich Process Systems (France), Sanshin Mfg. Co., Ltd. (Japan), Lenntech (Netherlands), Saltworks Technologies Inc. (Canada), Bucher Unipektin (Switzerland), Alfa Laval (Sweden), SPX Flow Inc. (US), JEOL Ltd. (Japan), Samsco Corporation (US), Praj Industries Limited (India), Encon Evaporators (US), S.A.I.T.A. Srl (Italy), and KMU LOFT Cleanwater GmbH (Germany).

Research Coverage:
The report defines, segments, and projects the size of the vacuum evaporators market based on application, type of technology, end-use industry, and region. It strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market share and core competencies. It also tracks and analyzes competitive developments, such as new product launches, agreements, and partnerships undertaken by them in the market.

Reasons to Buy the Report:
This report is expected to help the market leaders/new entrants in the market by providing them the closest approximations of revenue numbers of the vacuum evaporators market and its segments. The report is also expected to help stakeholders obtain an improved understanding of the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses, and make suitable go-to-market strategies. It also enables stakeholders to understand the pulse of the market and provide them information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.4 Regional Scope
1.4.1 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in Vacuum Evaporators Market
4.2 Vacuum Evaporators Market, By Region
4.3 North America Vacuum Evaporators Market, By End-Use Industry and Country
4.4 Vacuum Evaporators Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Implementation of Stringent Environmental Regulations and Water Scarcity Across the Globe
5.2.1.2 Increasing Adoption of Zero Liquid Discharge Systems
5.2.1.3 Limited Availability of Freshwater
5.2.1.4 Expanding Global Manufacturing Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Installation and Operational Costs of Vacuum Evaporators
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Concerns Over the Disposal of Brine Concentrates Into Oceans
5.2.3.2 Rising Population and Rapid Urbanization in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Awareness Regarding the Disposal of Wastewater Concentrates in Several Regions
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Vacuum Evaporators Market, By Type of Technology (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Heat Pump Vacuum Evaporators
6.3 Mechanical Vapor Recompression Vacuum Evaporators
6.4 Thermal Vacuum Evaporators
7 Vacuum Evaporators Market, By Application (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Wastewater Treatment
7.3 Product Processing
7.4 Others
8 Vacuum Evaporators Market, By End-Use Industry (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Chemical & Petrochemical
8.2.1 Chemical Processing
8.2.2 Petrochemical Processing
8.3 Electronics & Semiconductor
8.4 Energy & Power
8.5 Food & Beverage
8.5.1 Food Processing
8.5.2 Beverage Processing
8.6 Pharmaceutical
8.6.1 Active Pharmaceutical Ingredients (API)
8.6.2 Formulations
8.7 Automotive
8.8 Others
9 Vacuum Evaporators Market, By Region (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.2 Canada
9.2.3 Mexico
9.3 Asia Pacific
9.3.1 China
9.3.2 India
9.3.3 Japan
9.3.4 South Korea
9.3.5 Malaysia
9.3.6 Australia
9.3.7 Rest of Asia Pacific
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.2 France
9.4.3 Italy
9.4.4 UK
9.4.5 Russia
9.4.6 Spain
9.4.7 Rest of Europe
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.2 UAE
9.5.3 Qatar
9.5.4 Israel
9.5.5 South Africa
9.5.6 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Argentina
9.6.2 Brazil
9.6.3 Chile
9.6.4 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 118)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Landscape Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Competitive Benchmarking
10.3.1 Strength of Product Portfolio
10.3.2 Business Strategy Excellence
10.4 Overview
10.5 Competitive Situations & Trends
10.5.1 Product Launches
10.5.2 Partnerships
10.5.3 Agreements
10.6 Market Share Analysis
11 Company Profiles (Page No. – 126)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Veolia Water Technologies
11.2 SPX Flow Inc.
11.3 JEOL Ltd.
11.4 Condorchem Envitech
11.5 Eco-Techno S.R.L.
11.6 Suez Water Technologies & Solutions
11.7 GEA Group AG
11.8 H2o GmbH
11.9 De Dietrich Process Systems
11.10 Sanshin Mfg. Co., Ltd.
11.11 Lenntech
11.12 Saltworks Technologies Inc.
11.13 Bucher Unipektin
11.14 Nol-Tec Europe S.R.L.
11.15 Alfa Laval
11.16 Zhejiang Taikang Evaporator Co., Ltd
11.17 Belmar Technologies Ltd.
11.18 Hebei Leheng Energy Saving Equipment Co., Ltd.
11.19 Unitop Aquacare Ltd.
11.20 Sasakura Engineering Co., Ltd.
11.21 3V Tech S.P.A.
11.22 Vilokan Recycling Tech
11.23 Samsco Corporation
11.24 Praj Industries Ltd.
11.25 3R Technology
11.26 Kovofiniš
11.27 Encon Evaporators
11.28 S.A.I.T.A. Srl
11.29 KMU LOFT Cleanwater GmbH
*Details On Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured In Case Of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 176)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7512
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • モンタンワックスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、モンタンワックスの世界市場について調査・分析し、モンタンワックスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別モンタンワックスシェア、市場規模推移、市場規模予測、モンタンワックス種類別分析(粗製モンタンワックス、精製モンタンワックス)、モンタンワックス用途別分析(印刷、ゴム・プラスチック・織物産業、化粧品、研磨、家電産業、レザーケア、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・モンタンワックスの市場概観 ・モンタンワックスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・モンタンワックスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・モンタンワックスの世界市場規模 ・モンタンワックスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・モンタンワックスのアメリカ市場規模推移 ・モンタンワックスのカナダ市場規模推移 ・モンタンワックスのメキシコ市場規模推移 ・モンタンワックスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・モンタンワックスのドイツ市場規模推移 ・モン …
  • Eg5阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるEg5阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Eg5阻害薬の概要 ・Eg5阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のEg5阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Eg5阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Eg5阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のビール市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートはビールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ビールの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 室内空気質(IAQ)の世界市場
    当調査レポートでは、室内空気質(IAQ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、室内空気質(IAQ)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場について調査・分析し、民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:市場動向分析 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:競争要因分析 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:航空機の種類別 ・ナローボディ航空機 ・ワイドボディ航空機 ・超大型機 ・ビジネスジェット ・リージョナル輸送機 - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:システムタイプ別 ・キャビン監視システム(CSC) ・コックピットドア監視システム(CDSS) ・陸上操縦カメラシステム ・航空安全カメラシステム ・環境カメラシステム - 民間航空機向けビデオ監視システムの世界市場:主要地域別分析 - 民間航空機向けビデオ監視システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 民間航空機向けビデオ監視システムのヨーロッパ市場規模 - 民間航空機向けビデオ監視システムのアジア市場規模(日本市場、中国 …
  • X線検出器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、X線検出器の世界市場について調査・分析し、X線検出器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別X線検出器シェア、市場規模推移、市場規模予測、X線検出器種類別分析(アモルファスシリコン(TFT)、CMOS、その他)、X線検出器用途別分析(医療、歯科、安全、獣医、工業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・X線検出器の市場概観 ・X線検出器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・X線検出器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・X線検出器の世界市場規模 ・X線検出器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・X線検出器のアメリカ市場規模推移 ・X線検出器のカナダ市場規模推移 ・X線検出器のメキシコ市場規模推移 ・X線検出器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・X線検出器のドイツ市場規模推移 ・X線検出器のイギリス市場規模推移 ・X線検出器のロシア市場規模推移 ・X線検出器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • エジプトの整形外科補綴市場見通し
  • 世界の浄水器市場2016
    本調査レポートでは、世界の浄水器市場2016について調査・分析し、浄水器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 泌尿器ロボット手術の世界市場2016-2020:ロボット手術装置、機器・アクセサリ、サービス
    当調査レポートでは、泌尿器ロボット手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、泌尿器ロボット手術の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリエチレンラミネーター市場2019
    本調査レポートでは、世界のポリエチレンラミネーター市場2019について調査・分析し、ポリエチレンラミネーターの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ポリエチレンラミネーターのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ポリエチレンラミネーターメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリエチレンラミネーターの市場概要 ・ポリエチレンラミネーターの上流・下流市場分析 ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ポリエチレンラミネーターのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンラミネーターの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンラミネーターの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • データセンター冷却の世界市場分析:製品別(エアコン、精密空調、チラー、エアハンドリングユニット)、用途別(電話通信・IT、小売、ヘルスケア、BFSI、エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、データセンター冷却の世界市場について調査・分析し、データセンター冷却の世界市場動向、データセンター冷却の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンター冷却市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマート荷物処理ソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート荷物処理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート荷物処理ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジェットインジェクターデバイスの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ジェットインジェクターデバイスの世界市場について調べ、ジェットインジェクターデバイスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ジェットインジェクターデバイスの市場規模をセグメンテーション別(種類別(粉末及び液体、デポ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はジェットインジェクターデバイスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ジェットインジェクターデバイスの市場状況 ・ジェットインジェクターデバイスの市場規模 ・ジェットインジェクターデバイスの市場予測 ・ジェットインジェクターデバイスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(粉末及び液体、デポ) ・ジェットインジェクターデバイスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 企業情報管理(EIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、企業情報管理(EIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業情報管理(EIM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用香料の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、食品用香料の世界市場について調べ、食品用香料の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、食品用香料の市場規模をセグメンテーション別(製品別(天然香料、人工香料)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は食品用香料の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・食品用香料の市場状況 ・食品用香料の市場規模 ・食品用香料の市場予測 ・食品用香料の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(天然香料、人工香料) ・食品用香料の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の止血鉗子市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、止血鉗子のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・止血鉗子の概要 ・止血鉗子の開発動向:開発段階別分析 ・止血鉗子の開発動向:セグメント別分析 ・止血鉗子の開発動向:領域別分析 ・止血鉗子の開発動向:規制Path別分析 ・止血鉗子の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別止血鉗子の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・止血鉗子の最近動向
  • 世界の車載インフォテインメント市場:コンポーネント別(ディスプレイユニット、コントロールパネル、TCU、HUD)、OS別(Linux、QNX、MS、その他)、サービス別(エンターテイメント、ナビゲーション、eコール、診断)、接続性別、フォーム別、場所別、車両タイプ別、地域別
    MarketsandMarkets社は、車載インフォテインメントの世界市場規模が2019年243億ドルから2027年548億ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の車載インフォテインメント市場を広く調査・分析し、市場概要、フォーム別(組み込み、テザー、統合)分析、場所別(フロントRoW、リアRoW)分析、コンポーネント別(ディスプレイユニット/インフォテインメントユニット、コントロールパネル、テレマティクスコントロールユニット(Tcu)、ヘッドアップディスプレイ)分析、接続性別(3G、4G、5G)分析、作動システム別(Linux、Qnx、Microsoft、Os-その他)分析、サービス別(エンターテインメントサービス、ナビゲーションサービス、E-Call、車両診断、その他)分析、車種別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の車載インフォテインメント市場:フォーム別(組み込み、テザー、統合) …
  • パフォーマンスハッチバック(ホットハッチ)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パフォーマンスハッチバック(ホットハッチ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パフォーマンスハッチバック(ホットハッチ)の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はパフォーマンスハッチバック(ホットハッチ)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.50%成長すると予測しています。
  • 埋立地ガスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、埋立地ガスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、埋立地ガス市場規模、技術別(燃焼機関、タービン、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・埋立地ガスの世界市場概要 ・埋立地ガスの世界市場環境 ・埋立地ガスの世界市場動向 ・埋立地ガスの世界市場規模 ・埋立地ガスの世界市場:業界構造分析 ・埋立地ガスの世界市場:技術別(燃焼機関、タービン、その他) ・埋立地ガスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・埋立地ガスの北米市場規模・予測 ・埋立地ガスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・埋立地ガスのアジア太平洋市場規模・予測 ・埋立地ガスの主要国分析 ・埋立地ガスの世界市場:意思決定フレームワーク ・埋立地ガスの世界市場:成長要因、課題 ・埋立地ガスの世界市場:競争環境 ・埋立地ガスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ビルディングオートメーション・コントロールシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ビルディングオートメーション・コントロールシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビルディングオートメーション・コントロールシステム市場規模、製品別(アクセスコントロール、電子警備・保障。エネルギー管理システム、防火・人命保安、暖房・換気・空調、その他)分析、通信技術別(無線、有線)分析、通信技術別(無線、有線)分析、種類別(照明管理、環境制御、ビル管理ソフトウェア)分析、用途別(商業、行政、ホスピタリティ、工業、施設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ビルディングオートメーション・コントロールシステムの世界市場:市場動向分析 ・ ビルディングオートメーション・コントロールシステムの世界市場:競争要因分析 ・ ビルディングオートメーション・コントロールシステムの世界市場:製品別(アクセスコントロール、電子警備・保障。エネルギー管理システム、防火・人命保安、暖房・換気・空調、その他) ・ ビルディン …
  • 臨床ラボサービスの世界市場2017-2021:院内検査室、独立型検査室、診療所内検査室
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、臨床ラボサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臨床ラボサービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は臨床ラボサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott Laboratories、LabCorp、Quest Diagnostics、Siemens Healthineers等です。
  • 世界の2-メチルピリジン市場2015
    本調査レポートでは、世界の2-メチルピリジン市場2015について調査・分析し、2-メチルピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体レーザーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体レーザーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体レーザー市場規模、用途別(産業、軍事・防衛、医療、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Coherent, IPG Photonics Corporation, OSRAM Opto Semiconductor, ROHM Semiconductor, TRUMPFなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体レーザーの世界市場概要 ・半導体レーザーの世界市場環境 ・半導体レーザーの世界市場動向 ・半導体レーザーの世界市場規模 ・半導体レーザーの世界市場:業界構造分析 ・半導体レーザーの世界市場:用途別(産業、軍事・防衛、医療、通信、その他) ・半導体レーザーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体レーザーの北米市場規模・予測 ・半導体レーザーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・半導体レーザーのアジア太平洋市場規模・予測 ・半導体レーザー …
  • 日本のIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • 航空電子用ディスプレイの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空電子用ディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、航空電子用ディスプレイの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の2,3,5,6-テトラクロロピリジン市場2015
    本調査レポートでは、世界の2,3,5,6-テトラクロロピリジン市場2015について調査・分析し、2,3,5,6-テトラクロロピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小動物向け画像診断機器(イン・ビトロ)の世界市場予測(~2021年):光学イメージング、PET、SPECT、CT、MRI、超音波、光音響画像化装置、磁気粒子画像装置
    当調査レポートでは、小動物向け画像診断機器(イン・ビトロ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、装置種類別分析、試薬種類別分析、地域別分析、小動物向け画像診断機器(イン・ビトロ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレトルト・パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界のレトルト・パッケージ市場2015について調査・分析し、レトルト・パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のピリジン市場2015
    本調査レポートでは、世界のピリジン市場2015について調査・分析し、ピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノファイバーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナノファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノファイバーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ栄養食品の世界市場
    当調査レポートでは、スポーツ栄養食品の世界市場について調査・分析し、スポーツ栄養食品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 配合飼料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、配合飼料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、配合飼料市場規模、家畜別(家禽、反芻動物、養殖水産物、豚、その他)分析、由来別(動物、植物)分析、材料別(糖蜜、油糧種子、穀類、ケーキ・粉類、その他)分析、形態別(ペレット、クランブル、マッシュ、その他)分析、栄養補助剤別(酸味料、抗生物質、アミノ酸、抗酸化剤、ビタミン、酵素、プレバイオティクス・プロバイオティクス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 配合飼料の世界市場:市場動向分析 ・ 配合飼料の世界市場:競争要因分析 ・ 配合飼料の世界市場:家畜別(家禽、反芻動物、養殖水産物、豚、その他) ・ 配合飼料の世界市場:由来別(動物、植物) ・ 配合飼料の世界市場:材料別(糖蜜、油糧種子、穀類、ケーキ・粉類、その他) ・ 配合飼料の世界市場:形態別(ペレット、クランブル、マッシュ、その他) ・ 配合飼料の世界市場:栄養補助剤別(酸味料、抗生物質、アミノ酸、抗酸化 …
  • 自動車用高性能タイヤの世界市場
    本調査レポートでは、自動車用高性能タイヤの世界市場について調査・分析し、自動車用高性能タイヤの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 産業向け省エネサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業向け省エネサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業向け省エネサービスの世界市場規模及び予測、製品別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 歯充填材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、歯充填材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯充填材市場規模、エンドユーザー別(クリニック、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, COLTENE Group, Danaher, Dentsply Sirona, GC America, Ivoclar Vivadentなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・歯充填材の世界市場概要 ・歯充填材の世界市場環境 ・歯充填材の世界市場動向 ・歯充填材の世界市場規模 ・歯充填材の世界市場:業界構造分析 ・歯充填材の世界市場:エンドユーザー別(クリニック、病院) ・歯充填材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・歯充填材の北米市場規模・予測 ・歯充填材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・歯充填材のアジア太平洋市場規模・予測 ・歯充填材の主要国分析 ・歯充填材の世界市場:意思決定フレームワーク ・歯充填材の世界市場:成長要因、課題 ・歯充填材の世界市場:競争環境 …
  • コンクリート補強用繊維の世界市場:製品別(PE、PP、鋼、玄武岩)、用途別(インフラ、住宅・商業、産業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、コンクリート補強用繊維の世界市場について調査・分析し、コンクリート補強用繊維の世界市場動向、コンクリート補強用繊維の世界市場規模、市場予測、セグメント別コンクリート補強用繊維市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用複合材料の世界市場2017-2021:高分子マトリックス複合材料、金属マトリックス複合材料、セラミックスマトリックス複合材料
    当調査レポートでは、自動車用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用複合材料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 建設機械レンタルの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、建設機械レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設機械レンタルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 化粧品包装の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、化粧品包装の世界市場について調査・分析し、化粧品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・化粧品包装の世界市場:市場動向分析 ・化粧品包装の世界市場:競争要因分析 ・化粧品包装の世界市場:種類別分析/市場規模 ・化粧品包装の世界市場:材料別分析/市場規模 ・化粧品包装の世界市場:用途別分析/市場規模 ・化粧品包装の世界市場:地域別分析/市場規模 ・化粧品包装の世界市場: 別分析/市場規模 ・化粧品包装の北米市場規模 ・化粧品包装の欧州市場規模 ・化粧品包装のアジア市場規模 ・化粧品包装の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • オイルフリー空気圧縮機の世界市場:製品別(ポータブル、据置型)、技術別(往復式・ピストン、ロータリー式・スクリュー、遠心式)、用途別(半導体・電子機器、食品・飲料、ヘルスケア、家電製品、エネルギー・石油・ガス)、地域別予測
    本資料は、オイルフリー空気圧縮機の世界市場について調べ、オイルフリー空気圧縮機の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポータブル、据置型)分析、技術別(往復式・ピストン、ロータリー式・スクリュー、遠心式)分析、用途別(半導体・電子機器、食品・飲料、ヘルスケア、家電製品、エネルギー・石油・ガス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オイルフリー空気圧縮機の世界市場概要 ・オイルフリー空気圧縮機の世界市場環境 ・オイルフリー空気圧縮機の世界市場動向 ・オイルフリー空気圧縮機の世界市場規模 ・オイルフリー空気圧縮機の世界市場規模:製品別(ポータブル、据置型) ・オイルフリー空気圧縮機の世界市場規模:技術別(往復式・ピストン、ロータリー式・スクリュー、遠心式) ・オイルフリー空気圧縮機の世界市場規模:用途別(半導体・電子機器、食品・飲料、ヘルスケア、家電製品、エネルギー・石油・ガス) ・オイルフリー空気圧縮機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オイル …
  • モバイル広告の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、モバイル広告の世界市場について調査・分析し、モバイル広告の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・モバイル広告の世界市場:市場動向分析 ・モバイル広告の世界市場:競争要因分析 ・モバイル広告の世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・モバイル広告の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・モバイル広告の世界市場:広告種類別分析/市場規模 ・モバイル広告の世界市場:用途別分析/市場規模 ・モバイル広告の世界市場:デバイス別分析/市場規模 ・モバイル広告の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・モバイル広告の世界市場:地域別分析/市場規模 ・モバイル広告の北米市場規模 ・モバイル広告の欧州市場規模 ・モバイル広告のアジア市場規模 ・モバイル広告の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 水中ポンプの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:ノンクロッグ水中ポンプ、開放井戸用水中ポンプ、掘削井戸用水中ポンプ
  • 血液凝固/止血分析装置の世界市場予測(~2021): 臨床検査室、PoCT分析装置
    当調査レポートでは、血液凝固/止血分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、消耗品別分析、検査別分析、技術別分析、血液凝固/止血分析装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用骨移植片代用品の世界市場:合成骨移植片、異種移植片、同種移植片、ミネラル除去同種移植片
    当調査レポートでは、歯科用骨移植片代用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 真菌感染症(Fungal Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、真菌感染症(Fungal Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・真菌感染症(Fungal Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・真菌感染症(Fungal Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・真菌感染症(Fungal Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・真菌感染症(Fungal Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・真菌感染症(Fungal Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の真菌感染症(Fungal Infections)治療薬剤
  • 産業傾斜センサの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業傾斜センサの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業傾斜センサ市場規模、製品別分析、エンドユーザー別(鉱業・建設、自動車・輸送、航空宇宙・防衛、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Balluff, Baumer, Pepperl+Fuchs, SICK, TE Connectivity, Turckなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業傾斜センサの世界市場概要 ・産業傾斜センサの世界市場環境 ・産業傾斜センサの世界市場動向 ・産業傾斜センサの世界市場規模 ・産業傾斜センサの世界市場:業界構造分析 ・産業傾斜センサの世界市場:製品別 ・産業傾斜センサの世界市場:エンドユーザー別(鉱業・建設、自動車・輸送、航空宇宙・防衛、通信、その他) ・産業傾斜センサの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業傾斜センサの北米市場規模・予測 ・産業傾斜センサのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業傾斜センサ …
  • 中鎖脂肪酸トリグリセライド(MCT)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、中鎖脂肪酸トリグリセライド(MCT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、脂肪酸種類別分析、用途別分析、形態別分析、地域別分析、中鎖脂肪酸トリグリセライド(MCT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ガスおよび機器の世界市場予測(~2023年)
    医療用ガスおよび機器の世界市場は、2018年の推定140億米ドルから2023年には200億米ドルに達し、6.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者人口の増加とそれに伴うCOPDや喘息などの慢性疾患の増加、在宅医療市場の拡大、喫煙率の拡大などが考えられます。一方で、呼吸療法に対する連邦政府の払い戻し減額方針や世界的なヘリウム不足などにより、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、医療用ガスおよび機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類(酸素、亜酸化窒素、二酸化炭素、混合ガス、真空システム、マニホールド、VIPR、ホース)分析、用途(呼吸器、麻酔、医用画像、凍結手術)分析、エンドユーザー(病院、在宅医療)分析、医療用ガスおよび機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人地上車両(UGV)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、無人地上車両(UGV)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無人地上車両(UGV)市場規模、種類別(多関節アーム・GPS、レーザー、センサー、カメラ、サービス、ソリューション)分析、運転方式別(自律型、遠隔操作型、半自律型、テザード、自動型)分析、可動性別(トラック、車輪、足つき、その他)分析、サイズ別(大型、中型、小型、マイクロ型)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 無人地上車両(UGV)の世界市場:市場動向分析 ・ 無人地上車両(UGV)の世界市場:競争要因分析 ・ 無人地上車両(UGV)の世界市場:種類別(多関節アーム・GPS、レーザー、センサー、カメラ、サービス、ソリューション) ・ 無人地上車両(UGV)の世界市場:運転方式別(自律型、遠隔操作型、半自律型、テザード、自動型) ・ 無人地上車両(UGV)の世界市場:可動性別(トラック、車輪、足つき、その …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"