"世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7512)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The vacuum evaporators market is projected to witness a CAGR of 6.9% from 2019 to 2024, in terms of value”
The vacuum evaporators market is projected to grow from USD 2.2 billion in 2019 to USD 3.1 billion by 2024, at a CAGR of 6.9% from 2019 to 2024. The implementation of stringent environmental regulations, water scarcity across the globe, and increasing adoption of zero liquid discharge (ZLD) systems are major factors driving the vacuum evaporators market.

“The wastewater treatment application segment is anticipated to lead the vacuum evaporators market during the forecast period”
Based on application, the wastewater treatment segment led the vacuum evaporators market in 2018, in terms of value, and is also projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Formulation and stringent implementation of various regulations regarding the discharge of effluents are expected to drive the demand for vacuum evaporators. These environmental regulations compel companies around the globe to ensure zero liquid discharge into the environment. Therefore, various end-use industries, such as automotive, pharmaceutical, chemical & petrochemical, and food & beverage, are installing ZLD systems.

“The MVR vacuum evaporators segment is projected to lead the market, by type of technology, during the forecast period”
By type of technology, the MVR (mechanical vapor recompression) vacuum evaporators segment is projected to lead the vacuum evaporators market during the forecast period. MVR vacuum evaporators have, for decades, been used in the manufacturing industry for purposes such as desalinating sea water, concentrating juices, and treating wastewater on large industrial scales. The MVR technology is newer compared to Thermal Vapor Recompression (TVR) and is rapidly replacing TVR in European and North American countries. However, MVR vacuum evaporators are costlier and consume more energy as compared to the other types.

“Asia Pacific is projected to register the highest CAGR in the vacuum evaporators market during the forecast period”
The vacuum evaporators market in Asia Pacific is projected to grow at the highest rate from 2019 to 2024. The region is home to some of the fastest-growing economies in the world. China, Japan, India, South Korea, Malaysia, Australia, and the Rest of Asia Pacific are considered for the study of the Asia Pacific vacuum evaporators market. China, India, and Japan are witnessing rapid industrial, manufacturing, and infrastructural growth. Some of the economies in Asia Pacific have tremendous market potential in terms of rising population, favorable government policy, industrial growth, and others. China and India are the two fastest-growing economies in the world. Economic growth is expected to increase industrial activities in these countries, leading to increased demand for treated water. This, in turn, is expected to grow the market for vacuum evaporators in the Asia Pacific region.

Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 35%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level Executives – 30%, Directors – 40%, and Others – 30%
• By Region: North America – 25%, Europe – 30%, Asia Pacific – 35%, South America – 5% Middle East & Africa- 5%

Furthermore, as a part of the qualitative analysis of the vacuum evaporators market, the research provides a comprehensive review of drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the growth of the market across the globe. It also discusses competitive strategies adopted by the leading market players, such as Veolia Water Technologies (France), Condorchem Envitech (Spain), Eco-Techno S.r.l. (Italy), SUEZ Water Technologies & Solutions (France), GEA Group AG (Germany), H2O GmbH (Germany), De Dietrich Process Systems (France), Sanshin Mfg. Co., Ltd. (Japan), Lenntech (Netherlands), Saltworks Technologies Inc. (Canada), Bucher Unipektin (Switzerland), Alfa Laval (Sweden), SPX Flow Inc. (US), JEOL Ltd. (Japan), Samsco Corporation (US), Praj Industries Limited (India), Encon Evaporators (US), S.A.I.T.A. Srl (Italy), and KMU LOFT Cleanwater GmbH (Germany).

Research Coverage:
The report defines, segments, and projects the size of the vacuum evaporators market based on application, type of technology, end-use industry, and region. It strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market share and core competencies. It also tracks and analyzes competitive developments, such as new product launches, agreements, and partnerships undertaken by them in the market.

Reasons to Buy the Report:
This report is expected to help the market leaders/new entrants in the market by providing them the closest approximations of revenue numbers of the vacuum evaporators market and its segments. The report is also expected to help stakeholders obtain an improved understanding of the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses, and make suitable go-to-market strategies. It also enables stakeholders to understand the pulse of the market and provide them information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.4 Regional Scope
1.4.1 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in Vacuum Evaporators Market
4.2 Vacuum Evaporators Market, By Region
4.3 North America Vacuum Evaporators Market, By End-Use Industry and Country
4.4 Vacuum Evaporators Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Implementation of Stringent Environmental Regulations and Water Scarcity Across the Globe
5.2.1.2 Increasing Adoption of Zero Liquid Discharge Systems
5.2.1.3 Limited Availability of Freshwater
5.2.1.4 Expanding Global Manufacturing Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Installation and Operational Costs of Vacuum Evaporators
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Concerns Over the Disposal of Brine Concentrates Into Oceans
5.2.3.2 Rising Population and Rapid Urbanization in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Awareness Regarding the Disposal of Wastewater Concentrates in Several Regions
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Vacuum Evaporators Market, By Type of Technology (Page No. – 50)
6.1 Introduction
6.2 Heat Pump Vacuum Evaporators
6.3 Mechanical Vapor Recompression Vacuum Evaporators
6.4 Thermal Vacuum Evaporators
7 Vacuum Evaporators Market, By Application (Page No. – 54)
7.1 Introduction
7.2 Wastewater Treatment
7.3 Product Processing
7.4 Others
8 Vacuum Evaporators Market, By End-Use Industry (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Chemical & Petrochemical
8.2.1 Chemical Processing
8.2.2 Petrochemical Processing
8.3 Electronics & Semiconductor
8.4 Energy & Power
8.5 Food & Beverage
8.5.1 Food Processing
8.5.2 Beverage Processing
8.6 Pharmaceutical
8.6.1 Active Pharmaceutical Ingredients (API)
8.6.2 Formulations
8.7 Automotive
8.8 Others
9 Vacuum Evaporators Market, By Region (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.2 Canada
9.2.3 Mexico
9.3 Asia Pacific
9.3.1 China
9.3.2 India
9.3.3 Japan
9.3.4 South Korea
9.3.5 Malaysia
9.3.6 Australia
9.3.7 Rest of Asia Pacific
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.2 France
9.4.3 Italy
9.4.4 UK
9.4.5 Russia
9.4.6 Spain
9.4.7 Rest of Europe
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.2 UAE
9.5.3 Qatar
9.5.4 Israel
9.5.5 South Africa
9.5.6 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Argentina
9.6.2 Brazil
9.6.3 Chile
9.6.4 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 118)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Landscape Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Competitive Benchmarking
10.3.1 Strength of Product Portfolio
10.3.2 Business Strategy Excellence
10.4 Overview
10.5 Competitive Situations & Trends
10.5.1 Product Launches
10.5.2 Partnerships
10.5.3 Agreements
10.6 Market Share Analysis
11 Company Profiles (Page No. – 126)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Veolia Water Technologies
11.2 SPX Flow Inc.
11.3 JEOL Ltd.
11.4 Condorchem Envitech
11.5 Eco-Techno S.R.L.
11.6 Suez Water Technologies & Solutions
11.7 GEA Group AG
11.8 H2o GmbH
11.9 De Dietrich Process Systems
11.10 Sanshin Mfg. Co., Ltd.
11.11 Lenntech
11.12 Saltworks Technologies Inc.
11.13 Bucher Unipektin
11.14 Nol-Tec Europe S.R.L.
11.15 Alfa Laval
11.16 Zhejiang Taikang Evaporator Co., Ltd
11.17 Belmar Technologies Ltd.
11.18 Hebei Leheng Energy Saving Equipment Co., Ltd.
11.19 Unitop Aquacare Ltd.
11.20 Sasakura Engineering Co., Ltd.
11.21 3V Tech S.P.A.
11.22 Vilokan Recycling Tech
11.23 Samsco Corporation
11.24 Praj Industries Ltd.
11.25 3R Technology
11.26 Kovofiniš
11.27 Encon Evaporators
11.28 S.A.I.T.A. Srl
11.29 KMU LOFT Cleanwater GmbH
*Details On Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured In Case Of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 176)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7512
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の放送設備市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 肥満(Obesity):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肥満(Obesity)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肥満(Obesity):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肥満(Obesity)のフェーズ3治験薬の状況 ・肥満(Obesity)治療薬の市場規模(販売予測) ・肥満(Obesity)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肥満(Obesity)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肥満(Obesity)治療薬剤
  • 世界の補助心臓市場2015
    本調査レポートでは、世界の補助心臓市場2015について調査・分析し、補助心臓の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロコントローラ・ソケットの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、マイクロコントローラ・ソケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロコントローラ・ソケットの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はマイクロコントローラ・ソケットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Microchip Technology、Renesas Electronics、STMicroelectronics、Texas Instruments等です。
  • スマートガラスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、スマートガラスの世界市場について調査・分析し、スマートガラスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スマートガラスの世界市場:市場動向分析 - スマートガラスの世界市場:競争要因分析 - スマートガラスの世界市場:技術別 ・能動型ガラス ・受動型ガラス ・低放射ガラス ・その他 - スマートガラスの世界市場:用途別 ・家電 ・建築 ・発電所(太陽電池) ・輸送 ・その他 - スマートガラスの世界市場:主要地域別分析 - スマートガラスの北米市場規模(アメリカ市場等) - スマートガラスのヨーロッパ市場規模 - スマートガラスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スマートガラスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 高圧シールの世界市場予測:金属、熱可塑性ポリウレタン(TPU)、水素化ニトリルブタジエンゴム(HNBR)、フルオロエラストマ、エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)
    当調査レポートでは、高圧シールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、高圧シールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二軸延伸ポリアミドフィルム市場規模、用途別(飲食料品、医療・医薬品、電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場概要 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場環境 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場動向 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場規模 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:業界構造分析 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:用途別(飲食料品、医療・医薬品、電子、その他) ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・二軸延伸ポリアミドフィルムのアメリカ市場規模・予測 ・二軸延伸ポリアミドフィルムのヨーロッパ市場規模・予測 ・二軸延伸ポリアミドフィルムのアジア市場規模・予測 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの主要国分析 ・二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場:意思決定フレ …
  • 高脂質血症(Hyperlipidemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、高脂質血症(Hyperlipidemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・高脂質血症(Hyperlipidemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・高脂質血症(Hyperlipidemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・高脂質血症(Hyperlipidemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・高脂質血症(Hyperlipidemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・高脂質血症(Hyperlipidemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の高脂質血症(Hyperlipidemia)治療薬剤
  • CD 33阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD 33阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD 33阻害薬の概要 ・CD 33阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD 33阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD 33阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD 33阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ミックストコフェロールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ミックストコフェロールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミックストコフェロールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はミックストコフェロールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Archer Daniels Midland 、BASF、DuPont、Merck、Royal DSM等です。
  • プレストレスト・コンクリート(PC)ワイヤ&ストランドの世界市場
    当調査レポートでは、プレストレスト・コンクリート(PC)ワイヤ&ストランドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プレストレスト・コンクリート(PC)ワイヤ&ストランドの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの市場見通し(~2021年)
  • 世界及び日本の食物繊維市場2017-2022
  • アゼルバイジャンの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 若年性黄斑変性症治療の世界市場:種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、エミクススタット塩酸塩、FAB-111、その他)、用途別(診療所、病院、在宅医療)、地域別予測
    本資料は、若年性黄斑変性症治療の世界市場について調べ、若年性黄斑変性症治療の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、エミクススタット塩酸塩、FAB-111、その他)分析、用途別(診療所、病院、在宅医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAcucela Inc、Alkeus Pharmaceuticals Inc、Astellas Pharma Inc、Copernicus Therapeutics Inc、Grupo Ferrer International SA、IRIS Pharma、Sanofiなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・若年性黄斑変性症治療の世界市場概要 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場環境 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場動向 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場規模 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場規模:種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、 …
  • ポリマーエマルジョンの世界市場予測(~2023年)
    ポリマーエマルジョンの世界市場は、2018年の298億米ドルから2023年には429億米ドルに達し、この期間中7.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。市場規模が大きいのは特に中国、日本、インドなどの国々で、建築・建設、自動車・輸送、ならびに工業部門からの需要が高いためです。 欧州のREACH規則や大気浄化法などの厳しい政府規制もこの市場の成長を後押ししています。一方で、不安定な原材料価格は、市場の成長を妨げる要因となります。当調査レポートでは、ポリマーエマルジョンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ(アクリル、ポリ酢酸ビニル、SBラテックス)分析、用途(塗料・コーティング剤、接着剤・シーラント、紙・板紙)分析、ポリマーエマルジョンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グラフェンの世界市場:グラフェンオキシド、グラフェンナノプレートレット
    当調査レポートでは、グラフェンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グラフェンの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エジプトの外傷固定装置市場見通し
  • 陸地地震装置・取得の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、陸地地震装置・取得の世界市場について調査・分析し、陸地地震装置・取得の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・陸地地震装置・取得の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・陸地地震装置・取得の世界市場:セグメント別市場分析 ・陸地地震装置・取得の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるKv1.3カリウム・チャンネル遮断薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬の概要 ・Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のKv1.3カリウム・チャンネル遮断薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Kv1.3カリウム・チャンネル遮断薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ラボ用消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラボ用消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラボ用消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の剥離剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の剥離剤市場2015について調査・分析し、剥離剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの頭蓋顎顔面固定(CMF)市場動向(~2021)
  • 自動車トランスミッション装置の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、自動車トランスミッション装置の世界市場について調査・分析し、自動車トランスミッション装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車トランスミッション装置の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車トランスミッション装置の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車トランスミッション装置の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ストレートヘアアイロンの世界市場:プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他)、最終用途別(家庭用、商用)、流通経路別(オンライン、オフライン)
    本調査レポートでは、ストレートヘアアイロンの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他)分析、最終用途別(家庭用、商用)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ストレートヘアアイロンの世界市場:プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:最終用途別(家庭用、商用) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(ソフトウェア、ハードウェア、消耗品)分析、技術別(バーコード、RFID)分析、用途別(組織カセット、スライドトラッキング)分析、エンドユーザー別(病院ラボ)分析、解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートウェルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートウェルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 不凍タンパク質の世界市場:種類別(1型、3型、不凍糖タンパク質)、形態別(固体、液体)、最終用途別(医療、化粧品、食品)、由来別、地域別予測
    本資料は、不凍タンパク質の世界市場について調べ、不凍タンパク質の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(1型、3型、不凍糖タンパク質)分析、形態別(固体、液体)分析、最終用途別(医療、化粧品、食品)分析、由来別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・不凍タンパク質の世界市場概要 ・不凍タンパク質の世界市場環境 ・不凍タンパク質の世界市場動向 ・不凍タンパク質の世界市場規模 ・不凍タンパク質の世界市場規模:タイプ別(1型、3型、不凍糖タンパク質) ・不凍タンパク質の世界市場規模:形態別(固体、液体) ・不凍タンパク質の世界市場規模:最終用途別(医療、化粧品、食品) ・不凍タンパク質の世界市場規模:由来別 ・不凍タンパク質の世界市場:地域別市場規模・分析 ・不凍タンパク質の北米市場規模・予測 ・不凍タンパク質のアメリカ市場規模・予測 ・不凍タンパク質のヨーロッパ市場規模・予測 ・不凍タンパク質のアジア市場規模・予測 ・不凍タンパク質の日本市場規模・ …
  • 加熱コイルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、加熱コイルの世界市場について調査・分析し、加熱コイルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別加熱コイルシェア、市場規模推移、市場規模予測、加熱コイル種類別分析(管式ヒーター、カートリッジヒーター、バンドヒーター、その他 )、加熱コイル用途別分析(HVAC産業、工業用機器、家庭用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・加熱コイルの市場概観 ・加熱コイルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・加熱コイルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・加熱コイルの世界市場規模 ・加熱コイルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・加熱コイルのアメリカ市場規模推移 ・加熱コイルのカナダ市場規模推移 ・加熱コイルのメキシコ市場規模推移 ・加熱コイルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・加熱コイルのドイツ市場規模推移 ・加熱コイルのイギリス市場規模推移 ・加熱コイルのロシア市場規模推移 ・加熱コイルのアジア市場分析(日本、中国、韓国 …
  • 二酸化炭素回収・貯留(CCS)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、二酸化炭素回収・貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素回収・貯留(CCS)の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. 要約 2. 二酸化炭素回収・貯留市場の概要 3. 二酸化炭素回収・貯留の世界市場予測 4. 二酸化炭素回収・貯留2次市場予測 5. 米国の二酸化炭素回収・貯留市場予測 6. 欧州の二酸化炭素回収・貯留市場予測 7. アフリカ・中東の二酸化炭素回収・貯留市場予測 8.アジア・オセアニアの二酸化炭素回収・貯留市場予測 9. 二酸化炭素回収・貯留市場のPEST分析 10. 専門家の意見 11. 二酸化炭素回収・貯留市場における主要企業 12. 結論 13. 用語集
  • 世界のレーザー保護メガネ市場2015
    本調査レポートでは、世界のレーザー保護メガネ市場2015について調査・分析し、レーザー保護メガネの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フットウェア(履物)の世界市場
    当調査レポートでは、フットウェア(履物)の世界市場について調査・分析し、フットウェア(履物)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のトロンビン市場2015
    本調査レポートでは、世界のトロンビン市場2015について調査・分析し、トロンビンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キラル化学薬品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、キラル化学薬品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キラル化学薬品市場規模、用途別(医薬品、農薬、フレーバー・香料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Daicel Corporation, Merck, SOLVIAS, TORAY INDUSTRIESなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・キラル化学薬品の世界市場概要 ・キラル化学薬品の世界市場環境 ・キラル化学薬品の世界市場動向 ・キラル化学薬品の世界市場規模 ・キラル化学薬品の世界市場:業界構造分析 ・キラル化学薬品の世界市場:用途別(医薬品、農薬、フレーバー・香料、その他) ・キラル化学薬品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・キラル化学薬品の北米市場規模・予測 ・キラル化学薬品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・キラル化学薬品のアジア太平洋市場規模・予測 ・キラル化学薬品の主要国分析 ・キラル化学薬品の世界市場:意思決定フレーム …
  • 白内障(Cataract):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、白内障(Cataract)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・白内障(Cataract):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・白内障(Cataract)のフェーズ3治験薬の状況 ・白内障(Cataract)治療薬の市場規模(販売予測) ・白内障(Cataract)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・白内障(Cataract)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の白内障(Cataract)治療薬剤
  • 電気活性ポリマー(EAP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気活性ポリマー(EAP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気活性ポリマー(EAP)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 悪液質(Cachexia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、悪液質(Cachexia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・悪液質(Cachexia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・悪液質(Cachexia)のフェーズ3治験薬の状況 ・悪液質(Cachexia)治療薬の市場規模(販売予測) ・悪液質(Cachexia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・悪液質(Cachexia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の悪液質(Cachexia)治療薬剤
  • マレーシアの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の浮選エージェント市場2015
    本調査レポートでは、世界の浮選エージェント市場2015について調査・分析し、浮選エージェントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生検装置の世界市場
    当調査レポートでは、生検装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・生検装置の世界市場:技術別分析/市場規模 ・生検装置の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・生検装置の世界市場:製品別分析/市場規模 ・生検装置の世界市場:治療種類別分析/市場規模 ・生検装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・生検装置のアメリカ市場規模予測 ・生検装置のヨーロッパ市場規模予測 ・生検装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • アミロイドーシス治療の世界市場:治療別(幹細胞移植、化学療法、支持療法、外科手術、標的療法)、セグメント予測
    アミロイドーシス治療の世界市場は2025年には67億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、新しい標的療法や移植の普及、生物製剤の登場、高齢者人口の増加などが考えられます。本調査レポートでは、アミロイドーシス治療の世界市場について調査・分析し、アミロイドーシス治療の世界市場動向、アミロイドーシス治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別アミロイドーシス治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プロゲステロン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるプロゲステロン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・プロゲステロン受容体アゴニストの概要 ・プロゲステロン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のプロゲステロン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・プロゲステロン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・プロゲステロン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • セメントミキサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セメントミキサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、セメントミキサーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、EHSの世界市場規模が2019年53億ドルから2024年86億ドルまで年平均10.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のEHS市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、ソフトウェア機能別(環境および労働衛生管理、エネルギーおよび水管理、廃棄物管理、大気質およびコンプライアンス管理、安全管理、事故およびリスク管理)分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、業種別(エネルギーおよび公益事業、化学および材料、ヘルスケア、建設および工学、食品および飲料、政府および防衛、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のEHS市場:ソフトウェア機能別(環境および労働衛生管理、エネルギーおよび水管理、廃棄物管理、大気質およびコンプライアンス管理、安全管理、事故およびリスク管理) ・世界のEHS市場:コンポーネント別(ソリューション、サービ …
  • スマートコーティングの世界市場分析:製品別(単層、多層)、用途別(自動車、航空宇宙、建設、家電、軍事、ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートコーティングの世界市場について調査・分析し、スマートコーティングの世界市場動向、スマートコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 消防車の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、消防車の世界市場について調査・分析し、消防車の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別消防車シェア、市場規模推移、市場規模予測、消防車種類別分析(消防車両、消防はしご車、特殊消防車)、消防車用途別分析(自治体消防、産業火災、航空機救難・消防(ARFF))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・消防車の市場概観 ・消防車のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・消防車のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・消防車の世界市場規模 ・消防車の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・消防車のアメリカ市場規模推移 ・消防車のカナダ市場規模推移 ・消防車のメキシコ市場規模推移 ・消防車のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・消防車のドイツ市場規模推移 ・消防車のイギリス市場規模推移 ・消防車のロシア市場規模推移 ・消防車のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・消防車の日本市場規模推移 ・消防車の中国市場規模推移 ・消防 …
  • 中国のABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • 世界のアルコール酵素市場2015
    本調査レポートでは、世界のアルコール酵素市場2015について調査・分析し、アルコール酵素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 騒音・振動・ハーシュネス(NVH)試験の世界市場予測(~2022):センサー、トランスデューサー、メーター、アナライザー、ソフトウェア
    当調査レポートでは、騒音・振動・ハーシュネス(NVH)試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、騒音・振動・ハーシュネス(NVH)試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:イントロダクション ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:市場概観 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:セグメント別市場分析 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:装置別分析/市場規模 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:主要地域別市場分析 ・モバイルおよびワイヤレスバックホールの世界市場:関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"