"世界のショ糖エステル市場:用途別(食品、パーソナルケア製品、洗剤、クリーナー)、フォーム別(粉末、液体、ペレット)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 4069)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のショ糖エステル市場:用途別(食品、パーソナルケア製品、洗剤、クリーナー)、フォーム別(粉末、液体、ペレット)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Multifunctional properties of sucrose esters in the food & beverages, personal care, and pharmaceutical industry.”
The global sucrose esters market size is projected to grow from USD 76 million in 2019 to USD 106 million by 2025, recording a compound annual growth rate (CAGR) of 5.7% during the forecast period. The increasing trend of spending on convenience food products in developing countries and multifunctional properties of sucrose esters are the major factors that are projected to drive the growth of the sucrose esters market. However, the cost of reactants remains high during the formulation process of sucrose esters, which is projected to inhibit the growth of the market.

“The dairy products subsegment in the food segment dominated the sucrose esters market throughout the forecasted period.”
Dairy products that witness an increased usage of sucrose esters include milk, ice-creams, flavored yogurts, coffee whiteners, and whipping cream. Sucrose esters witness high use in dairy products due to its functions, which include emulsification, aeration, and protein protection. The major benefits of using sucrose as an alternative in dairy products are preventing protein flocculation and improving flavor release. In ice-creams, sucrose esters help in preventing excessive cohesion of fats during freezing due to stable emulsification. Furthermore, when used in milk, it provides stable emulsion, prevents ring formation, and improves the quality of flavored canned drinks, such as coffee and chocolate drinks. Due to these factors, the dairy segment is projected to dominate the market during the forecast period.

“The liquid form of sucrose esters is projected to grow at a higher growth rate during the forecast period.”
Liquid sucrose esters are widely used in dairy-based desserts for enhanced emulsification and stabilization of fat globules. They are also used in flavored beverages, including flavored water and dairy-based canned beverages. In addition, they are used as foodstuffs in heat-treated packages or canned products, such as sausages and hams for both meat and fish. In personal care products, liquid sucrose esters are used to reduce the irritation potential of anionic surfactants and improve foam density and stability. Due to these factors, the liquid segment is projected to dominate the market during the forecast period.

“The Asia Pacific region is projected to be the fastest-growing market during the forecast period.”
The Asia Pacific region projected to grow at the highest CAGR between 2019 and 2025. The increasing demand for sucrose esters in food applications is projected to create lucrative growth opportunities for manufacturers in the market in the Asia Pacific region. Furthermore, the rise in awareness about the functional benefits of sucrose esters has led to increased usage in the personal care products segment. They benefit in improving the sensory properties of oil and natural butter, which lead to the growth of the sucrose esters market in countries, such as China, Japan, and India.

According to a study published by the Food and Agriculture Organization (FAO) 2019, the usage of sucrose esters helps in the formation of flavor oil emulsions and stability. This has significantly gained the attention of various manufacturers to increase the production and usage of sucrose esters in the food and personal care industries. According to Adana Food Tech (China), sucrose esters are significant ingredients due to their functional benefits such as emulsification, crystallization, and aeration. The company also stated that the usage of sucrose esters in the Asia Pacific region has drastically increased year on year.

In-depth interviews were conducted with CXOs, managers, and key executives from various key organizations operating in the sucrose esters market.
• By Company Type: Tire 1: 30%, Tire 2: 45%, and Tire 3: 25%
• By Designation: Managers: 55%, CXOs: 30%, and Executives: 15%
• By Region: Asia Pacific: 42%, Europe: 25%, North America: 17%, South America: 8%, and RoW: 8%

The sucrose esters market comprises major players, such as BASF (Germany), Evonik Industries (Germany), P&G Chemicals (US), Croda International (UK), Mitsubishi Chemicals (Japan), Sisterna (Netherlands), Stearinerie Dubois (France), Dai-Ichi Kogyo Seiyaku (Japan), Alfa Chemicals (UK), FELDA IFFCO (US), World Chem Industries (India), Compass Foods (Singapore), and Zhejiang Synose Tech (China). The study includes an in-depth competitive analysis of these players in the sucrose esters market, with their company profiles, recent developments, and the key market strategies.

Research Coverage
The study covers the sucrose esters market across segments. It aims at estimating the market size and its growth potential across different segments such as application, form, function, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall sucrose esters market and subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and will provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のショ糖エステル市場:用途別(食品、パーソナルケア製品、洗剤、クリーナー)、フォーム別(粉末、液体、ペレット)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Segmentation
1.4 Regions Covered
1.5 Periodization Considered for the Study
1.6 Currency Considered
1.7 Volume Unit Considered
1.8 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Approach One (Based on Application, By Region)
2.2.2 Approach Two (Based on Global Market)
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in the Sucrose Esters Market
4.2 Market for Sucrose Esters: Major Regional Submarkets
4.3 Asia Pacific: Sucrose Esters Market, By Application & Key Country
4.4 Sucrose Esters Market, By Application & Region
4.5 Sucrose Esters Market in Food, By Type
4.6 Sucrose Esters Market in Personal Care Products, By Type
5 Market Overview (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Multifunctional Properties of Sucrose Esters
5.2.1.2 Increase in Trends for Consuming Convenience Foods in the Developing Nations
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Cost of Reactants During the Formulation Process
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Consumer Shift Toward Dairy Alternatives
5.2.3.2 Production of Sustainable Green Eco-Friendly Surfactant Products
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Competition From Substitutes Such as Lecithin, Sorbitan Esters, and Monoglycerides
5.2.4.2 Criticalities in the Manufacturing Process of Sucrose Esters
5.3 Value Chain
5.4 Yc Shift
5.5 Regulatory Framework
5.5.1 Introduction
5.5.2 North America
5.5.3 Europe
6 Sucrose Ester Market, By Application (Page No. – 53)
6.1 Introduction
6.2 Food
6.2.1 Bakery Products
6.2.1.1 Sucrose Esters Act as an Alternative Source to Eggs in Baking
6.2.2 Confectioneries
6.2.2.1 Sucrose Esters Improve Emulsification of Molten Sugar and Oil in Confectioneries, Making Them Less Adhesive on Consumption
6.2.3 Dairy Products
6.2.3.1 Sucrose Esters are Used to Improve the Flavor Releases in Dairy Products
6.2.4 Cereals
6.2.4.1 They Help to Obtain the Tenderness and Desirable Structure of Breakfast Cereals
6.2.5 Soups & Sauces
6.2.5.1 Various Functional Benefits Such as Emulsification, Stabilization, and Dispersion Increase Their Demand in Soups & Sauces
6.2.6 Beverages
6.2.6.1 They Find Higher Usage in Fruit-Flavored Beverages and Soft Drinks
6.2.7 Meat Products
6.2.7.1 Sucrose Esters Improve the Tenderness and Avoid Dehydration, Shrinkage, and Oil Loss in Sausages, Hams, and Canned Meat Products
6.2.8 Other Types
6.2.8.1 Sucrose Esters are Used Increasingly Across Many Food Types Owing to Their Functional Benefits
6.3 Personal Care Products
6.3.1 Cosmetics
6.3.1.1 Their Neutral Odor and Taste Encourage the Usage of Sucrose Esters
6.3.2 Other Types
6.3.2.1 Sucrose Esters Act as A Natural Emulsifier in Body Lotions, Shampoos, and Conditioners
6.4 Detergents & Cleansers
6.4.1 Growth in Popularity of Sucrose Esters Among Manufacturers has Led to the Rise in Demand for Sucrose Esters in Detergents and Cleaning Products
6.5 Other Applications
6.5.1 Sucrose Esters Improve the Fluidity of the Chemical Powders
7 Market for Sucrose Esters, By Form (Page No. – 72)
7.1 Introduction
7.2 Powder
7.2.1 Powdered Sucrose Esters are Largely Used in Food Applications
7.3 Liquid
7.3.1 Liquid Esters are Widely Used in Dairy-Based Deserts for Better Emulsification and Stabilization of Fat Globules
7.4 Pellet
7.4.1 The Pellet Form of Sucrose Esters is Preferred in Personal Care Products
8 Market for Sucrose Esters, By Function (Page No. – 76)
8.1 Introduction
8.2 Protein & Starch Interaction
8.3 Antimicrobial Property
8.4 Controlled Sugar Crystallization
8.5 Emulsification
8.6 Aeration
9 Market for Sucrose Esters, By Region (Page No. – 78)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Increase in Demand for Natural Ingredients to Drive the Growth of the Food and Personal Care Products Segment in the US Sucrose Esters Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 The Regulations Introduced in Canada to Gain Momentum in the Sucrose Esters Market
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Increase in Demand in the US for Mexican Dairy Products to Create Growth Opportunities for Sucrose Ester Manufacturers
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Growing Awareness Among Manufacturers Fuels the Market for Sucrose Esters in the Country
9.3.2 Italy
9.3.2.1 High Functional Benefits of Sucrose Esters to Boost the Market in the Country
9.3.3 UK
9.3.3.1 Bakery and Dairy Sectors are Expected to Fuel the Growth of the Sucrose Esters Market in the UK
9.3.4 France
9.3.4.1 High Purchasing Power Among the French Leads to High Quality Standards
9.3.5 Spain
9.3.5.1 The Functional Benefits of Sucrose Esters in Spanish Cuisines Drive the Market Growth
9.3.6 Netherlands
9.3.6.1 The Growth of the Bakery Industry is Attributed to the Demand for Sucrose Esters in the Country
9.3.7 Rest of Europe
9.3.7.1 Modernization in the Region is Projected to Fuel the Market Growth During the Forecast Period
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Growing Awareness About Sucrose Esters Boosts the Production Among Chinese Manufacturers
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Changes in Lifestyles to Boost the Demand for Sucrose Esters
9.4.3 India
9.4.3.1 The Benefits of Sucrose Esters in the Food and Agrochemical Industries Fuel the Market Growth in the Country
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 South America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 Easy Availability of Raw Materials to Multinational Players in the Country
9.5.2 Colombia
9.5.2.1 Rise in the Number of Health-Conscious Consumers in the Country to Drive the Demand for Sucrose Esters
9.5.3 Rest of South America
9.6 Rest of the World (RoW)
9.6.1 Middle East
9.6.1.1 Changing Lifestyle in the Middle East Impacts the Consumption Patterns, Which Led A Boost for Sucrose Esters
9.6.2 Africa
9.6.2.1 Global Demand for Sucrose Esters Boosts the Market in Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 150)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Dynamic Differentiators
10.2.3 Innovators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Start-Up Microquadrants
10.3.1 Progressive Companies
10.3.2 Starting Blocks
10.3.3 Responsive Companies
10.3.4 Dynamic Companies
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 New Product Launches
10.4.2 Expansions
11 Company Profiles (Page No. – 156)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 BASF
11.2 Evonik Industries
11.3 P&G Chemicals
11.4 Croda International
11.5 Mitsubishi Chemical Holdings Corporation
11.6 Sisterna
11.7 Alfa Chemicals
11.8 Dai-Ichi Kogyo Seiyaku
11.9 FELDA IFFCO
11.10 World Chem Industries
11.11 Compass Foods
11.12 Stearinerie Dubois
11.13 Zhejiang Synose Tech
11.14 Guangxi Gaotong Food Technology
11.15 Sinerga
11.16 Guanzhou Zio Chemical
11.17 Adana Food Tech
11.18 Alchemy Ingredients
11.19 B Joshi Agrochem Pharma
11.20 Alfa Aesar
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 182)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のショ糖エステル市場:用途別(食品、パーソナルケア製品、洗剤、クリーナー)、フォーム別(粉末、液体、ペレット)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 4069
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のショ糖エステル市場:用途別(食品、パーソナルケア製品、洗剤、クリーナー)、フォーム別(粉末、液体、ペレット)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ウィルムス腫瘍(腎芽腫)(Wilms’ Tumor (Nephroblastoma)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ウィルムス腫瘍(腎芽腫)(Wilms' Tumor (Nephroblastoma))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ウィルムス腫瘍(腎芽腫)(Wilms' Tumor (Nephroblastoma)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ウィルムス腫瘍(腎芽腫)(Wilms' Tumor (Nephroblastoma))のフェーズ3治験薬の状況 ・ウィルムス腫瘍(腎芽腫)(Wilms' Tumor (Nephroblastoma))治療薬の市場規模(販売予測) ・ウィルムス腫瘍(腎芽腫)(Wilms' Tumor (Nephroblastoma))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ウィルムス腫瘍(腎芽腫)(Wilms' Tumor (Nephroblastoma))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のウィルムス腫瘍(腎芽腫)(Wilms' Tumor (Nep …
  • 医薬品物流のアジア市場2017-2021
    当調査レポートでは、医薬品物流のアジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品物流のアジア市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は医薬品物流のアジア市場が2017-2021年期間中に年平均5.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Deutsche Post DHL Group• FedEx• Kerry Logistics• SF Express• UPS• World Courier等です。
  • B型肝炎ウイルス(Hepatitis B):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)のフェーズ3治験薬の状況 ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)治療薬の市場規模(販売予測) ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・B型肝炎ウイルス(Hepatitis B)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のB型肝炎ウイルス(Hepatitis B)治療薬剤
  • 世界の膝再建装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、膝再建装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膝再建装置の概要 ・膝再建装置の開発動向:開発段階別分析 ・膝再建装置の開発動向:セグメント別分析 ・膝再建装置の開発動向:領域別分析 ・膝再建装置の開発動向:規制Path別分析 ・膝再建装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別膝再建装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・膝再建装置の最近動向
  • アメリカの加工肉市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの加工肉市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの加工肉市場規模及び予測、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体用ダイアモンド材料の世界市場
    当調査レポートでは、半導体用ダイアモンド材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体用ダイアモンド材料の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 小児がん(Pediatric Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における小児がん(Pediatric Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、小児がん(Pediatric Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・小児がん(Pediatric Cancer)の概要 ・小児がん(Pediatric Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の小児がん(Pediatric Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・小児がん(Pediatric Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • スマートサーモスタットの世界市場2017-2021:Wi-Fi、ジグビー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートサーモスタットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートサーモスタットの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートサーモスタットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCarrier、ecobee、Emerson、Honeywell International、Nest Labs等です。
  • 世界のトランスフェクション試薬&機器市場:製品別、地域別
    本調査レポートはトランスフェクション試薬&機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(試薬、機器)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・トランスフェクション試薬&機器の世界市場:製品別(試薬、機器) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • スイスの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 防爆装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防爆装置の世界市場について調査・分析し、防爆装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防爆装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、防爆装置種類別分析(タイプ1、タイプ2、タイプ3、タイプ4)、防爆装置用途別分析(用途1、用途2、用途3、用途4)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防爆装置の市場概観 ・防爆装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防爆装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防爆装置の世界市場規模 ・防爆装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防爆装置のアメリカ市場規模推移 ・防爆装置のカナダ市場規模推移 ・防爆装置のメキシコ市場規模推移 ・防爆装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防爆装置のドイツ市場規模推移 ・防爆装置のイギリス市場規模推移 ・防爆装置のロシア市場規模推移 ・防爆装置のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・防爆装置の日本市場規模推移 ・防爆装置の …
  • MMOゲームの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、MMOゲームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、MMOゲーム市場規模、収益モデル別(F2P、P2P)分析、ジャンル別(MMORPG(ロールプレイングゲーム)、MMOFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)、MMORTS(リアルタイム対戦ゲーム)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・MMOゲームの世界市場概要 ・MMOゲームの世界市場環境 ・MMOゲームの世界市場動向 ・MMOゲームの世界市場規模 ・MMOゲームの世界市場:業界構造分析 ・MMOゲームの世界市場:収益モデル別(F2P、P2P) ・MMOゲームの世界市場:ジャンル別(MMORPG(ロールプレイングゲーム)、MMOFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)、MMORTS(リアルタイム対戦ゲーム)、その他) ・MMOゲームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・MMOゲームの北米市場規模・予測 ・MMOゲームのヨーロッパ・中東 …
  • 風力発電タービン用ギアオイルの世界市場2017-2021:鉱物系潤滑材、合成潤滑剤
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、風力発電タービン用ギアオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力発電タービン用ギアオイルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は風力発電タービン用ギアオイルの世界市場が2016-2021年期間中に年平均12.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAMSOIL、Castrol、Chevron、ExxonMobil、Klüber Lubrication、Shell等です。
  • カプリル酸/カプリン酸トリグリセリドの世界市場予測(~2026)
    当調査レポートでは、カプリル酸/カプリン酸トリグリセリドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、地域別分析、カプリル酸/カプリン酸トリグリセリドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ストリーミング分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ストリーミング分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、用途別(予測資産管理、リスク管理、ロケーションインテリジェンス、販売およびマーケティング、サプライチェーン管理)分析、業種別分析、展開モデル別分析、ストリーミング分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ストリーミング分析の世界市場規模が2019年103億ドルから2024年355億ドルまで年平均28.2%成長すると予測しています。
  • スプロケットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スプロケットの世界市場について調査・分析し、スプロケットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スプロケットシェア、市場規模推移、市場規模予測、スプロケット種類別分析()、スプロケット用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スプロケットの市場概観 ・スプロケットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スプロケットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スプロケットの世界市場規模 ・スプロケットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スプロケットのアメリカ市場規模推移 ・スプロケットのカナダ市場規模推移 ・スプロケットのメキシコ市場規模推移 ・スプロケットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スプロケットのドイツ市場規模推移 ・スプロケットのイギリス市場規模推移 ・スプロケットのロシア市場規模推移 ・スプロケットのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・スプロケットの日本市場規模推移 ・ス …
  • 世界のUV光安定剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のUV光安定剤市場2015について調査・分析し、UV光安定剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CXCR1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCXCR1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CXCR1阻害薬の概要 ・CXCR1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCXCR1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CXCR1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CXCR1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 高純度アルミナの世界市場分析:製品別(4N、5N、6N)、用途別(発光ダイオード、半導体、蛍光体、サファイア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、高純度アルミナの世界市場動向、高純度アルミナの世界市場規模、市場予測、セグメント別高純度アルミナ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の寝具ファブリック市場2015
    本調査レポートでは、世界の寝具ファブリック市場2015について調査・分析し、寝具ファブリックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モーター及びドライブサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モーター及びドライブサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モーター及びドライブサービスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • チェコの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 世界の歯科用注射器市場2016
    本調査レポートでは、世界の歯科用注射器市場2016について調査・分析し、歯科用注射器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリイミドフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリイミドフィルム市場2016について調査・分析し、ポリイミドフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトプリントおよび商品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フォトプリントおよび商品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォトプリントおよび商品の世界市場規模及び予測、用途別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の整形外科用医療機器市場(~2021)
  • アメリカのオフィス向けコーヒー・サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのオフィス向けコーヒー・サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのオフィス向けコーヒー・サービス市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 UAV (無人機)用地上制御局 (GCS)とは、オペレーターがドローンの機能を操作するためのセンターもしくはシステムを指します。地上制御局(GCS)は各種ハードウェアやソフトウェア 、インターフェース、コンピューター、テレメトリー、電子光学センサー、音響センサー、制御装置など を組み合わせた構造となっており、高周波 (RF) 無線などのワイヤレス通信技術を用いてUAVに情報や指令を伝えることができますTechnavio社はUAV (無人機) 用地上制御局 (GCS) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BAE Systems• Boeing• General Ato …
  • 屋根ふき用化学製品の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の屋根ふき用化学製品市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・屋根ふき用化学製品の世界市場:イントロダクション ・屋根ふき用化学製品の世界市場:市場概観 ・屋根ふき用化学製品の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・屋根ふき用化学製品の世界市場:セグメント別市場分析 ・屋根ふき用化学製品の世界市場:主要地域別市場分析 ・屋根ふき用化学製品の世界市場:関連企業分析
  • モバイル人工知能(AI)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モバイル人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(スマートフォン、カメラ、ドローン、自動車、AR・VR、ロボット、スマートボード、PCS)分析、テクノロジノード別(10nm、20〜28nm、7nm、その他)分析、モバイル人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 土壌水分センサの世界市場:石膏ブロック、GMS、テンシオメーター、プローブ、静電容量センサ、TDT
    当調査レポートでは、土壌水分センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、土壌水分センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリブタジエンの世界市場分析:製品別(低シス、高シス、高ビニル、高トランス)、用途別(タイヤ製造、ポリマー改質、工業用ゴム製造)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリブタジエンの世界市場について調査・分析し、ポリブタジエンの世界市場動向、ポリブタジエンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリブタジエン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プラスチック酸化防止剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、プラスチック酸化防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、酸化防止剤種類別(フェノール、亜リン酸塩および亜リン酸塩、酸化防止剤ブレンド)分析、ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン)分析、プラスチック酸化防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、プラスチック酸化防止剤の世界市場規模が2019年22億ドルから2024年28億ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。
  • 世界の圧力リリーフ装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の圧力リリーフ装置市場2015について調査・分析し、圧力リリーフ装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 欧州主要国の心臓補助装置市場(~2021)
  • モジュール型クリーンルームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、モジュール型クリーンルームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モジュール型クリーンルームの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 人数計測システムの世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、人数計測システムの世界市場について調査・分析し、人数計測システムの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 画像認識の世界市場:用途別(拡張現実、警備・監視、スキャニング・画像化)、コンポーネント別、展開方法別、業種別、セグメント予測
    本調査レポートでは、画像認識の世界市場について調査・分析し、画像認識の世界市場動向、画像認識の世界市場規模、市場予測、セグメント別画像認識市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 炭素繊維の世界市場2016-2020:航空宇宙・航空、自動車、風力タービン、スポーツユーティリティー、船舶、建設、圧力容器
    当調査レポートでは、炭素繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭素繊維の世界市場規模及び予測、用途別分析、原料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • チェコの整形外科装置市場見通し
  • IPMフェロモンの世界市場分析:製品別(性フェロモン、凝集フェロモン、産卵抑制フェロモン、アラームフェロモン)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、IPMフェロモンの世界市場について調査・分析し、IPMフェロモンの世界市場動向、IPMフェロモンの世界市場規模、市場予測、セグメント別IPMフェロモン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動認識およびデータ取得(AIDC)の世界市場予測(~2023年):バーコード、磁気ストライプカード、スマートカード、OCRシステム、RFID製品、生体認証システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動認識およびデータ取得(AIDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(バーコード、磁気ストライプカード、スマートカード、OCRシステム、RFID製品、生体認証システム)別分析、提供方式別分析、産業別分析、地域別分析、自動認識およびデータ取得(AIDC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カオリンの世界市場:用途別(セラミックス、プラスチック、医薬品・医療、塗料・コティングー、化粧品、ガラス繊維、紙、ゴム)、地域別
    本調査レポートでは、カオリンの世界市場について調査・分析し、カオリンの世界市場動向、カオリンの世界市場規模、市場予測、セグメント別カオリン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ドイツのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • グリーン・キレート剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グリーン・キレート剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン・キレート剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • シングルユースバイオリアクターの世界市場予測(~2021年):幹細胞、インターフェロン、モノクローナル抗体、ワクチン、組み換えタンパク質、遺伝子改変型細胞
    当調査レポートでは、シングルユースバイオリアクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、シングルユースバイオリアクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データ統合の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、データ統合の世界市場について調査・分析し、データ統合の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・データ統合の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・データ統合の世界市場規模:展開モデル別分析 ・データ統合の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・データ統合の世界市場規模:ビジネス用途別分析 ・データ統合の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・データ統合の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 家具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Ashley Furniture Industries• IKEA• Steelcase• Williams-Sonoma等です。
  • セメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セメントの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 地盤改良の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、地盤改良の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地盤改良市場規模、手法別(化学的手法、機械的手法)分析、添加剤別(ミネラル・安定剤、ポリマー、その他)分析、用途別(農業用、非農業用、工業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地盤改良の世界市場:市場動向分析 ・ 地盤改良の世界市場:競争要因分析 ・ 地盤改良の世界市場:手法別(化学的手法、機械的手法) ・ 地盤改良の世界市場:添加剤別(ミネラル・安定剤、ポリマー、その他) ・ 地盤改良の世界市場:用途別(農業用、非農業用、工業用) ・ 地盤改良の世界市場:主要地域別分析 ・ 地盤改良の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 地盤改良のヨーロッパ市場規模 ・ 地盤改良のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・地盤改良の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"