"世界のデータセンターラックサーバー市場:フォームファクター別(1U、2U、および4U)、サービス別、層タイプ別(層1、層2、層3、および層4)、データセンター種類別(中規模、エンタープライズ、および大規模なデータセンター)、産業別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 2947)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のデータセンターラックサーバー市場:フォームファクター別(1U、2U、および4U)、サービス別、層タイプ別(層1、層2、層3、および層4)、データセンター種類別(中規模、エンタープライズ、および大規模なデータセンター)、産業別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing need for efficient server solutions for high-density facilities to drive the data center rack server market
The global data center rack server market size is expected to grow from USD 52.1 billion in 2019 to USD 102.5 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 14.5% during the forecast period. The major factors driving the growth of the data center rack server market include an increasing need for high-density servers due to more complex computation needs and advancement in emerging technologies, such as edge computing, IoT, and big data analytics.

Support and maintenance segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
Maintenance refers to all the actions that are performed to prevent a piece of equipment from failing or to repair a failed or damaged piece of equipment. The maintenance of rack servers includes maintenance related to disk integrity and recovery. It also includes maintenance of supporting infrastructure, such as air cooling, electrical wiring, and physical suppression system.
The benefits of support and maintenance include an increase in the life span of the equipment, which results in an increase in the operational uptime and reduction in hardware failure, which saves operational costs in maintaining the network and increase the productivity of the operational resources.

BFSI vertical segment to account for the highest market share during the forecast period
Banking and finance institutions are evolving with the implementation of emerging digital technologies in an attempt to find innovative ways to better serve their customers. They are redesigning their processes to help create an improved and personalized user experience by placing storage and processing near the perimeter with edge computing. This sector is rapidly moving toward digitalization, and any further transformation will be reliant on the hosting services powering it, i.e., taking into account the scale, speed, and security of the data that is required.

Mid-sized data centers segment to record the fastest growth rate during the forecast period
The adoption of data center rack servers among mid-sized data centers is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. Rack servers used in mid-sized data centers provide a facility for storing and computing information at a lower cost, which helps organizations in their personal or private usage. Organizations are rapidly adopting these solutions as they provide increased scalability, and provide for easy migration from traditional technologies. Vendors can develop specific solutions targeted toward mid-sized data centers to improve their position in the data center rack server market. Furthermore, rising technological proficiency among the mid-sized data centers further compels mid-sized data centers to adopt data center rack servers.

North America to account for the highest market share during the forecast period
North America is estimated to dominate the global data center rack server market due to the presence of a large number of data centers in the region and the rise in popularity of technology.. Furthermore, more advanced technology ecosystem and greater user expertise have fueled the growth of North American data center rack server market. Moreover, the presence of technology giants, such as Google, Microsoft, Facebook, and Apple, add to the growth of the North American data center rack server market.

The developed economies in North America have been witnessing massive investments from private sector firms to set up large data centers. Moreover, it is home to many technological innovators. Most of the major players, such as HPE, Dell, and Cisco, offering data rack servers have their headquarters in this region. In addition, the region constitutes various developed economies, such as the US and Canada that have fairly adopted data center rack servers, thus enabling organizations in these economies excel in the market space.

• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-level Executives – 40%, Directors Level – 35%, Manager Level -25%
• By Region: North America – 45%, Europe – 25%, APAC – 20%, and RoW – 10%.
Some prominent players across all service types profiled in the data center rack server market study include Hewlett Packard Enterprise (US), Lenovo (China), Dell (US), Cisco Systems (US), Huawei (China), Oracle (US), Fujitsu (Japan), NEC (Japan), Rittal (Germany), Vertiv (US), Schneider Electric (France), Asus (China), Inspur Systems (China), Iron Systems (US), Black Box Corporation (US), and Quanta Computer (China).

Research coverage
The market study covers the data center rack server market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as form factors (1U, 2U, 4U and others), services (design and consulting, installation and deployment, and support and maintenance), tier types (tier 1, tier 2, tier 3, and tier 4), data center types (mid-sized data centers, enterprise data centers and large data centers), verticals (BFSI, IT and telecom, government and defense, healthcare and life sciences, research and academia, retail and eCommerce, media and entertainment, energy and utilities, and others) and regions (North America, Europe, APAC, RoW). The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall data center rack server market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のデータセンターラックサーバー市場:フォームファクター別(1U、2U、および4U)、サービス別、層タイプ別(層1、層2、層3、および層4)、データセンター種類別(中規模、エンタープライズ、および大規模なデータセンター)、産業別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the Global Data Center Rack Server Market
4.2 Market By Tier Type, 2019 Vs. 2024
4.3 Market By Vertical, 2024
4.4 Market Investment Scenario (2019–2024)
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Need for High-Density Servers
5.2.1.2 Lower Operating Cost
5.2.1.3 Advancement in Cloud-Computing Technology
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Requirements for Supporting Equipment and Maintenance
5.2.2.2 Poor Cable Management
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growth in the Number of Data Centers
5.2.3.2 Hyperscale Transformation
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Maintaining Availability and Uptime
5.2.4.2 Challenges With Performance and HVAC
5.3 Industry Trends
5.3.1 Use Case 1: Improved Management Systems Through High-Performance Server
5.3.2 Use Case 2: Virtualized Server for Lower Cost and Improved Performance
5.3.3 Use Case 3: Deployment of Workstations With Servers to Support High-Performance Graphics Processor System
5.3.4 Use Case 4: Reliable Server Technology to Meet the Client’s Service Level Agreement
5.4 Future of Data Center and Its Impact on Rack Servers
5.4.1 Emergence of Internet of Things (IoT) and Its Impact on Data Center Rack Servers
5.4.2 Impact of Edge Computing on Data Center Rack Servers
6 Data Center Rack Server Market By Form Factor (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 1U
6.3 2U
6.4 4U
6.5 Others
7 Data Center Rack Server Market By Service (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Design and Consulting
7.3 Installation and Deployment
7.4 Support and Maintenance
8 Data Center Rack Server Market By Tier Type (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 Tier 1
8.3 Tier 2
8.4 Tier 3
8.5 Tier 4
9 Data Center Rack Server Market By Data Center Type (Page No. – 52)
9.1 Introduction
9.2 Mid-Sized Data Centers
9.3 Enterprise Data Centers
9.4 Large Data Centers
10 Data Center Rack Server Market By Vertical (Page No. – 56)
10.1 Introduction
10.2 Government and Defense
10.3 Banking, Financial Services, and Insurance
10.4 IT and Telecom
10.5 Healthcare and Life Sciences
10.6 Research and Academia
10.7 Media and Entertainment
10.8 Retail and Ecommerce
10.9 Energy and Utilities
10.10 Others
11 Data Center Rack Server Market By Region (Page No. – 65)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.2 Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.2 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.2 Rest of Asia Pacific
11.5 Rest of the World
12 Competitive Landscape (Page No. – 96)
12.1 Competitive Leadership Mapping
12.1.1 Visionary Leaders
12.1.2 Dynamic Differentiators
12.1.3 Innovators
12.1.4 Emerging Companies
13 Company Profiles (Page No. – 98)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products and Solutions Offered, Recent Developments & SWOT Analysis)*
13.2 HPE
13.3 Lenovo
13.4 Dell
13.5 Cisco Systems
13.6 Huawei
13.7 Oracle
13.8 Fujitsu
13.9 NEC Corporation
13.10 Rittal
13.11 Vertiv
13.12 Iron Systems
13.13 Quanta Computer Inc.
13.14 Black Box Corporation
13.15 Schneider Electric
13.16 Tripp Lite
13.17 Supermicro
13.18 Chatsworth Products
13.19 Belden Inc.
13.20 Asus
13.21 Inspur Systems Inc.
13.22 IBM
*Details on Business Overview, Products and Solutions Offered, Recent Developments & SWOT Analysis Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 127)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のデータセンターラックサーバー市場:フォームファクター別(1U、2U、および4U)、サービス別、層タイプ別(層1、層2、層3、および層4)、データセンター種類別(中規模、エンタープライズ、および大規模なデータセンター)、産業別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 2947
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のデータセンターラックサーバー市場:フォームファクター別(1U、2U、および4U)、サービス別、層タイプ別(層1、層2、層3、および層4)、データセンター種類別(中規模、エンタープライズ、および大規模なデータセンター)、産業別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ヒト胚性幹細胞(hESC)の世界市場分析:用途別(再生医療、幹細胞生物学研究、組織工学、毒物学検査)、国別(アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、中国)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ヒト胚性幹細胞(hESC)の世界市場について調査・分析し、ヒト胚性幹細胞(hESC)の世界市場動向、ヒト胚性幹細胞(hESC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヒト胚性幹細胞(hESC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のシクロヘキサノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のシクロヘキサノール市場2015について調査・分析し、シクロヘキサノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストの概要 ・スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のスフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スフィンゴシン1-リン酸受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界及び欧州の医療用ファイバースコープ市場-分析及び展望(~2022年)
  • 車体制御モジュールの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、車体制御モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能別(ハイエンドおよびローエンド)分析、コンポーネント別(ハードウェア&ソフトウェア)分析、MCUビットサイズ別(8ビット、16ビット、32ビット)分析、通信プロトコル別分析、車体制御モジュールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、車体制御モジュールの世界市場規模が2019年292億ドルから2027年357億ドルまで年平均2.6%成長すると予測しています。
  • インドの体外式除細動器市場(~2021)
  • 種子の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(遺伝子組み換え、従来型)分析、特性別(除草剤耐性、耐虫性)分析、作物種類別(シリアル及び穀物、油糧種子及び豆類、果物及び野菜)分析、種子の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、種子の世界市場規模が2019年554億ドルから2025年860億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。
  • BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル決済トランザクションサービスの世界市場
    当調査レポートでは、モバイル決済トランザクションサービスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・モバイル決済トランザクションサービスの世界市場:目的別分析/市場規模 ・モバイル決済トランザクションサービスの世界市場:技術別分析/市場規模 ・モバイル決済トランザクションサービスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・モバイル決済トランザクションサービスのアメリカ市場規模予測 ・モバイル決済トランザクションサービスのヨーロッパ市場規模予測 ・モバイル決済トランザクションサービスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 人工授精の世界市場
    当調査レポートでは、人工授精の世界市場について調査・分析し、人工授精の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 人工授精の世界市場:市場動向分析 - 人工授精の世界市場:競争要因分析 - 人工授精の世界市場:技術別 ・子宮頸管内授精(ICI) ・卵管内授精(ITI) ・子宮腔内授精(IUI) ・腟内精液注入法(IVI) ・その他 - 人工授精の世界市場:種類別 ・配偶者間人工授精(AIH) ・非配偶者間人工授精(AID) - 人工授精の世界市場:製品別 ・自宅用妊娠補助道具 ・授精用キット ・付属品 ・究極の授精用キット ・基本的な授精用キット ・その他のディスポーザブル製品 - 人工授精の世界市場:エンドユーザー別 ・クリニック ・病院 ・自宅用 ・不妊治療センター ・その他 - 人工授精の世界市場:主要地域別分析 - 人工授精の北米市場規模(アメリカ市場等) - 人工授精のヨーロッパ市場規模 - 人工授精のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・人工授精の世界市場:主な市場開拓 - 関連企 …
  • マトリックス・メタルプロテイナーゼ2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマトリックス・メタルプロテイナーゼ2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ2阻害剤の概要 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマトリックス・メタルプロテイナーゼ2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インドの事務用家具市場
    当調査レポートでは、インドの事務用家具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの事務用家具市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ステビアの世界市場
    当調査レポートでは、ステビアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ステビアの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスオーディオ製品の世界市場:サウンドバー、スピーカー、ヘッドホン、ヘッドセット
    当調査レポートでは、ワイヤレスオーディオ製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • M-ヘルスアプリケーションの世界市場
    本資料は、M-ヘルスアプリケーションの世界市場について調べ、M-ヘルスアプリケーションの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(モニタリングアプリケーション、診断&治療、教育&意識、ヘルスケア管理、健康&予防)分析、用途別(病院、クリニック、ホームケア、疾患研究&試験機関)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはNordic ware、Chef Rimer、Wells Enterprises、Lekue、Presto、Gold Medal Products 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・M-ヘルスアプリケーションの世界市場概要 ・M-ヘルスアプリケーションの世界市場環境 ・M-ヘルスアプリケーションの世界市場動向 ・M-ヘルスアプリケーションの世界市場規模 ・M-ヘルスアプリケーションの世界市場規模:種類別(モニタリングアプリケーション、診断&治療、教育&意識、ヘルスケア管理、健康&予防) ・M-ヘルスアプリケーションの世界市場規模:用途別 …
  • 世界の女性健康管理市場:薬物別(プロリア、デノスマブ、エビスタ、ミレーナ、ゾメタ、リクラスト、ヌバリング、プレマリン、アクトン)、用途別(女性不妊、閉経後骨粗鬆症、子宮内膜症、避妊、PCOS、閉経)
    MarketsandMarkets社は、女性健康管理の世界市場規模が2019年96億ドルから2024年178憶ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の女性健康管理市場を広く調査・分析し、市場概要、用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の女性健康管理市場:用途別(閉経後骨粗鬆症、避妊薬、閉経期、ホルモン不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、その他の用途) ・世界の女性健康管理市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • ドイツの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 西ヨーロッパのスマートホームM2M通信市場2016-2020
    当調査レポートでは、西ヨーロッパのスマートホームM2M通信市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、西ヨーロッパのスマートホームM2M通信市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 共連れ検知の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、共連れ検知の世界市場について調査・分析し、共連れ検知の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別共連れ検知シェア、市場規模推移、市場規模予測、共連れ検知種類別分析(画像計測技術、非結像技術)、共連れ検知用途別分析(商業エリア、公的機関・政府部門、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・共連れ検知の市場概観 ・共連れ検知のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・共連れ検知のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・共連れ検知の世界市場規模 ・共連れ検知の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・共連れ検知のアメリカ市場規模推移 ・共連れ検知のカナダ市場規模推移 ・共連れ検知のメキシコ市場規模推移 ・共連れ検知のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・共連れ検知のドイツ市場規模推移 ・共連れ検知のイギリス市場規模推移 ・共連れ検知のロシア市場規模推移 ・共連れ検知のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・共連れ検知 …
  • 世界のリチウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のリチウム市場2015について調査・分析し、リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトルエン市場2016
    本調査レポートでは、世界のトルエン市場2016について調査・分析し、トルエンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:ハードウェア、ソフトウェア、クラウドベースソリューション、サービス
    当調査レポートでは、IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(ハードウェア、ソフトウェア、クラウドベースソリューション、サービス)分析、用途別(銀行、金融セクター、小売、政府、高セキュリティ、製造、企業、住宅、エンターテイメント、ヘルスケア、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:製品種類別(ハードウェア、ソフトウェア、クラウドベースソリューション、サービス) ・IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:用途別(銀行、金融セクター、小売、政府、高セキュリティ、製造、企業、住宅、エンターテイメント、ヘルスケア、その他) ・IPビデオ監視及びVSaaSの世界市場:地域別 ・企業動向
  • ウシ血清アルブミンの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、ウシ血清アルブミンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、フォーム別(気体、液体)分析、用途別(技術および診断用、研究/試薬用、食品用)分析、エンドユーザー別(ライフサイエンス産業、飼料産業、食品産業、研究所)分析、ウシ血清アルブミンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ウシ血清アルブミンの世界市場規模が2019年255百万ドルから2025年304百万ドルまで年平均3.0%成長すると予測しています。
  • スマートウェルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートウェルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乗用車用GPF(ガソリン・パティキュレート・フィルタ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、乗用車用GPF(ガソリン・パティキュレート・フィルタ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乗用車用GPF(ガソリン・パティキュレート・フィルタ)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用タイミングベルトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用タイミングベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用タイミングベルトの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 移植診断の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、移植診断の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ロボットモノのインターネットの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ロボットモノのインターネットの世界市場について調査・分析し、ロボットモノのインターネットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ロボットモノのインターネットの世界市場規模:ソフトウェア別分析 ・ロボットモノのインターネットの世界市場規模:サービス別分析 ・ロボットモノのインターネットの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・ロボットモノのインターネットの世界市場規模:用途別分析 ・ロボットモノのインターネットの世界市場規模:プラットフォーム別分析 ・ロボットモノのインターネットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 音声認識の世界市場分析:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、拡張デバイス)、用途別(人工知能、非人工知能)、分野別(自動車、BFSI、消費者、政府、小売り、ヘルスケア、ホームセキュリティとホームオートメーション、およびその他)、セグメント予測
    本調査レポートでは、音声認識の世界市場について調査・分析し、音声認識の世界市場動向、音声認識の世界市場規模、市場予測、セグメント別音声認識市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 膠腫(Glioma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膠腫(Glioma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膠腫(Glioma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膠腫(Glioma)のフェーズ3治験薬の状況 ・膠腫(Glioma)治療薬の市場規模(販売予測) ・膠腫(Glioma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膠腫(Glioma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の膠腫(Glioma)治療薬剤
  • スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場について調査・分析し、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)種類別分析(nvSRAM、非同期SRAM、動機SRAM、低電力SRAM)、スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)用途別分析(ネットワーキング、航空宇宙、医療、カーエレクトロニクス、家電、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の市場概観 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の世界市場規模 ・スタティックランダムアクセスメモリ(SRAM)の …
  • プラットホームスクリーンドア(PSD)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、プラットホームスクリーンドア(PSD)の世界市場について調査・分析し、プラットホームスクリーンドア(PSD)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別プラットホームスクリーンドア(PSD)シェア、市場規模推移、市場規模予測、プラットホームスクリーンドア(PSD)種類別分析(全閉型、半閉型、ハーフハイト型)、プラットホームスクリーンドア(PSD)用途別分析(地下鉄、その他交通機関)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)の市場概観 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・プラットホームスクリーンドア(PSD)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)の世界市場規模 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・プラットホームスクリーンドア(PSD)のアメリカ市場規模推移 ・プラットホームスクリーンドア(PSD)のカ …
  • 産業用イーサネットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用イーサネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、産業用イーサネットの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント別(フィールドイニシエーター、ロジックソルバー、バルブ、アクチュエーター)分析、サービス別(メンテナンス、テスト、検査、および認証、トレーニングおよびコンサルティング)分析、産業別分析、高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、高度圧力保護システム(HIPPS)の世界市場規模が2019年486百万ドルから2024年724百万ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。
  • ダイヤフラムバルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイヤフラムバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイヤフラムバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ダイヤフラムバルブは、工業施設で液体流量を調節・制御するために使用する装置です。流路の開閉や部分遮断により、高圧から低圧へ、また低圧から高圧へ流体を移動させます。ダイヤフラムバルブは、組立・プロセス工業分野において、密閉されたシステムにおける液体の二点間搬送に使用されています。Technavio社はダイヤフラムバルブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CRANE ChemPharma & Energy• Formatura Iniezione Polimeri• GEMU• ITT• Nippon Daiya Valve等です。
  • 婦人科用医療機器の世界市場:製品別(ハンドヘルド機器、画像診断機器、外科用機器、ソフトウェア)、地域別、競合別、セグメント予測
    本調査レポートでは、婦人科用医療機器の世界市場について調査・分析し、婦人科用医療機器の世界市場動向、婦人科用医療機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別婦人科用医療機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3D金属印刷の世界市場分析:製品別(チタン、ニッケル、スチール、アルミニウム)、用途別(航空宇宙・防衛、自動車、医療・歯科)、形状別(粉末、フィラメント)、地域別、国別、セグメント予測
    本調査レポートでは、3D金属印刷の世界市場について調査・分析し、3D金属印刷の世界市場動向、3D金属印刷の世界市場規模、市場予測、セグメント別3D金属印刷市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 肝細胞増殖因子模倣薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における肝細胞増殖因子模倣薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝細胞増殖因子模倣薬の概要 ・肝細胞増殖因子模倣薬のパイプライン概要 ・企業別開発中の肝細胞増殖因子模倣薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・肝細胞増殖因子模倣薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・肝細胞増殖因子模倣薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 術後疼痛(Post-Operative Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、術後疼痛(Post-Operative Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・術後疼痛(Post-Operative Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・術後疼痛(Post-Operative Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・術後疼痛(Post-Operative Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・術後疼痛(Post-Operative Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・術後疼痛(Post-Operative Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の術後疼痛(Post-Operative Pain)治療薬剤
  • ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)市場規模、設計別(クロスドラフト、アップドラウト、ダウンドラウト、モルテンベッド、流動床、二重発射)分析、タイプ別(石炭-エネルギー(CTE)ガス化炉、バイオマス-エネルギー(BTE)ガス化炉、石炭液化(CTL)ガス化炉、バイオマス-液化、鉄の直接還元、廃棄物利用エネルギー)分析、建設別(ガス化後リアクター、ガス化、ガス化前リアクター)分析、用途別(電気、石油・ガス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場:市場動向分析 ・ ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場:競争要因分析 ・ ガス化装置のバランスオブプラント(BOP)の世界市場:設計別(クロスドラフト、アップドラウト、ダウンドラウト、モルテンベッド、流動床、二重発射) ・ ガ …
  • B細胞活性化因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるB細胞活性化因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・B細胞活性化因子阻害剤の概要 ・B細胞活性化因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のB細胞活性化因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・B細胞活性化因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・B細胞活性化因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界主要国における高圧密封市場2018-2023
    本調査レポートでは、高圧密封の世界市場について調査・分析し、高圧密封の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(金属、熱可塑性ポリウレタン(TPU)、水素化ニトリルブタジエンゴム(HNBR)、エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)、その他)、用途別市場規模(石油・ガス、化学・石油化学、航空宇宙・防衛、発電、製造、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、高圧密封の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・高圧密封の世界市場概要 ・高圧密封の企業別市場シェア ・高圧密封の地域別市場規模 ・高圧密封の種類別市場規模(金属、熱可塑性ポリウレタン(TPU)、水素化ニトリルブタジエンゴム(HNBR)、エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)、その他) ・高圧密封の用途別市場規模(石油・ガス、化学・石油化学、航空宇宙・防衛、発電、 …
  • エンドウ豆タンパクの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エンドウ豆タンパクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンドウ豆タンパクの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場予測(~2021年):大豆メチルエステル(SME)、菜種メチルエステル(RME)、椰子油メチルエステル(PME)
    当調査レポートでは、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、脂肪酸メチルエステル(FAME)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器用吸入器の世界市場
    当調査レポートでは、呼吸器用吸入器の世界市場について調査・分析し、呼吸器用吸入器の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・呼吸器用吸入器の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・呼吸器用吸入器の世界市場:セグメント別市場分析 ・呼吸器用吸入器の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 局所疼痛緩和のアメリカ市場
  • 世界のシリコーンシーラント市場2015
    本調査レポートでは、世界のシリコーンシーラント市場2015について調査・分析し、シリコーンシーラントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリアミド6/10市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド6/10市場2015について調査・分析し、ポリアミド6/10の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の赤外線式炭化水素センサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線式炭化水素センサ市場2015について調査・分析し、赤外線式炭化水素センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 屋根用化学品の世界市場予測(~2021):メンブレンルーフィング、エラストマールーフィング、アスファルトルーフィング、金属ルーフィング、プラスチック(PVC)ルーフィング
    当調査レポートでは、屋根用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、屋根用化学品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"