"世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 2515)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The meat substitutes market is projected to grow at a CAGR of 12.0% in terms of value. The key drivers include the rising consumption of plant-based meat products and increasing vegan population.”
The meat substitutes market is estimated to be valued at USD 1.6 billion in 2019 and is projected to grow at a CAGR of 12.0%, recording a value of USD 3.5 billion by 2026. Owing to the changing perception, plant-based products are turning to be an ideal solution. The aspect of a healthy lifestyle, supported by the integration of plant-based alternatives, has become a popular notion among consumers who are increasingly open to the idea of plant-based products. Also, the rising per capita income is further accelerating market growth. However, the rising market for cultured meat and insect protein is hampering the meat substitutes market growth.

“The market for pea protein in the meat substitutes market is projected to record the highest CAGR during the forecast period.”
Pea protein has minerals, such as manganese and molybdenum, which enhances the metabolism in the human body. Protein from legumes, such as pea, helps in the prevention of diabetes and coronary heart diseases. This has led to an increase in demand by consumers. Consumers today are becoming more concerned about weight management, which is accelerating the growth of the meat substitutes market. These factors make pea protein a highly nutritious option for meat substitutes.

“The solid segment is a faster-growing segment, based on form, in the meat substitutes market.”
The solid form of proteins is preferred by manufacturers of plant-based meat products, and this is because of the numerous benefits they offer. Proteins available in the solid form are easy to handle and have better storage conditions as compared to the liquid form. Thus, they have a better shelf life, which increases the profit margin of food manufacturers.

“North America is projected to account for the largest market share during the forecast period.”
North America dominated the global meat substitutes market in 2018. This is due to the increasing demand for convenience food items in the vegan category. Also, the high standard of living has accelerated the plant-based meat industry of this region, which, in turn, is accelerating the meat substitutes market.

The US is projected to dominate the North American meat substitutes market during the forecast period. This is due to the high awareness among consumers and food centers about the usage of these substitutes. Also, the presence of prominent players such as Cargill, (US), Archer Daniels Midland Company (US), DuPont (US), Ingredion (US), and Puris (US) is expected to aid market growth in the future.
Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 45 %, Tier 2 – 33%, and Tier 3 – 22%
 By Designation: D-level – 44%, C-level – 34%, and Others*- 22%
 By Region: Europe – 40%, Asia Pacific- 30%, North America – 15%, South America – 10%, and Middle East & Africa- 5%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
Leading players profiled in this report:
• Archer Daniels Midland Company (US)
• DuPont (US)
• Roquette Frères (France)
• Kerry (Ireland)
• Ingredion (US)
• The Nisshin OilliO Group,Ltd (Japan)
• Axiom Foods (US)
• Sotexpro S.A (France)
• Wilmar International Limited (Singapore)
• CRESPEL & DEITERS (Germany)
• CHS INC. (US)
• Suedzucker (Germany)
• MGP Ingredient (US)
• Puris (US)
• Sonic Biochem Ltd. (India)
• The Top Health Ingredients (Canada)
• The Emsland Group (Germany)
• All Organic Treasures Gmbh (Germany)
• A&B Ingredients (US)
• Cargill (US)

Research Coverage:
The report segments the meat substitutes market on the basis of type, source, product, form, and region. In terms of insights, this report focuses on various levels of analyses—the competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global meat substitutes market, high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the meat substitutes market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the meat substitutes market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in the Meat Substitutes Market
4.2 Meat Substitutes Market, By Region, 2019 vs 2026
4.3 Meat Substitutes Market, By Source, 2019 vs 2026
4.4 Meat Substitutes Market, By Form, 2019 vs 2026 (USD Million)
4.5 North America: Meat Substitutes Market, By Type and Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 44)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Adoption of Plant-Based Protein
5.2.1.1.1 Increasing Vegan & Flexitarian Population Across the World
5.2.1.1.2 Increasing Obesity Globally
5.2.1.2 Increasing Investments in Plant-Based Protein Ingredients
5.2.1.3 Increasing Inclination for Pea Protein Ingredients
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Rising Market of Cultured Meat and Insect Protein
5.2.2.2 Allergy Concerns Among Consumers for Soy and Wheat Products
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets Illustrate Great Potential for Meat Substitutes
5.2.3.2 Increasing Government Initiatives
5.2.3.3 Technological Advancement in Extrusion and Processing
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Pricing Pressure
5.2.4.2 Perception of Taste
5.3 YC & YCC Shift
5.4 Supply Chain
5.5 Regulations
5.5.1 Introduction
5.5.2 Regulations, By Country
5.5.2.1 US
5.5.2.2 Canada
5.5.2.3 Europe
5.5.2.4 India
5.6 Patent Analysis
6 Meat Substitutes Market, By Product (Page No. – 60)
6.1 Introduction
6.2 Tofu
6.2.1 Major Application in the Production of Plant-Based Burgers and Patties
6.3 Tempeh
6.3.1 Increasing Awareness About the Health Benefits Offered By Fermented Food Products Drives the Tempeh Market
6.4 Seitan
6.4.1 Dense Texture and Neutral Flavor Make Seitan A Popular Meat Substitute
6.5 Quorn
6.5.1 Quorn Provides High Health and Environmental Benefits
6.6 Other Products
6.6.1 Other Types of Meat Substitutes Include Risofu, Valess, and Lupine.
7 Meat Substitutes Market, By Source (Page No. – 68)
7.1 Introduction
7.2 Soy Protein
7.2.1 Allergy Associated With Soy Protein has Led to A Sluggish Demand in the Global Market
7.3 Wheat Protein
7.3.1 High Availability of Wheat as A Raw Material Encouraging Low-Fact Food Manufacturers
7.4 Pea Protein
7.4.1 High Investments From Manufacturers Boosting the Demand for Pea Protein
7.5 Others Sources
7.5.1 Increasing Demand for Edible Fungus
8 Meat Substitutes Market, By Type (Page No. – 77)
8.1 Introduction
8.2 Concentrates
8.2.1 Lower Price of Concentrates Boosts Their Demand in the Food Industry
8.3 Isolates
8.3.1 Isolates are the Purest Form of Protein, and A Type With the Highest Amount of It
8.4 Textured
8.4.1 Textured Protein to Witness High Growth Due to the Rising Awareness About Healthy Food Habits Among Consumers
9 Meat Substitutes Market, By Form (Page No. – 84)
9.1 Introduction
9.2 Solid
9.2.1 The Solid Form of Proteins is Widely Preferred Because of Benefits Such as Ease in Storage and Handling
9.3 Liquid
9.3.1 Demand for the Liquid Form is Low Across the Globe
10 Meat Substitutes Market, By Region (Page No. – 87)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Shift of Focus to Pea Protein By Key Payers
10.2.2 Canada
10.2.2.1 High Growth Potential With Supporting Government Initiatives
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 an Untapped Market Owing to the High Prices of Plant-Based Protein in the Country
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 The Rising Trend of Veganism and Support of Government for the Meat Alternatives Market are Driving the Growth
10.3.2 UK
10.3.2.1 Entry of Major Players in the Market Attracting Consumers
10.3.3 France
10.3.3.1 Awareness About the Drawbacks of Animal-Based Meat Driving the Inclination of Consumers Toward Plant-Based Meat
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Entry of Key Players in the Italian Vegan Market Driving Growth
10.3.5 Spain
10.3.5.1 Production and Promotion of Plant-Based Meat By Numerous Companies Driving the Growth of the Meat Substitutes Market
10.3.6 Netherlands
10.3.6.1 Market for Meat Substitutes in the Country at an Extremely Nascent Stage
10.3.7 Rest of Europe
10.3.7.1 Rising Environmental Concerns
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Relatively Fragmented Market With Multiple Start-Ups Developing Generic Plant Proteins
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Japanese Consumers are More Inclined Toward Cultured Meat Products
10.4.3 Singapore
10.4.3.1 Key Players are Entering the Market Because of the Acceptance of Consumers for Meat Substitute Products
10.4.4 Australia & New Zealand
10.4.4.1 Health Benefits Offered By Vegan Meat Attract Consumers
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.4.5.1 Increasing Per Capita Income of Middle Class Families
10.5 South America
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Increasing Investments in Plant-Based Meat By Key Players to Remain High in This Market
10.5.2 Argentina
10.5.2.1 Argentina to Offer Growth Opportunities for Meat Alternatives Manufacturers
10.5.3 Rest of South America
10.5.3.1 Rising New Entrants of Plant-Based Meat Products Will Provide New Opportunites for Raw Material Manufacturers
10.6 Middle East & Africa
10.6.1 UAE
10.6.1.1 High Per Capita Income
10.6.2 South Africa
10.6.2.1 Affordability of Meat Substitutes Attracts Consumers
10.6.3 Rest of MEA
10.6.3.1 Increasing Partnerships of Global Players With Local Distributors Fuel the Meat Substitutes Market Growth
11 Competitive Landscape (Page No. – 129)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Dynamic Differentiators
11.2.2 Innovators
11.2.3 Visionary Leaders
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Benchmarking
11.3.1 Strength of Product Portfolios
11.3.2 Business Strategy Excellence
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Expansions & Investments
11.4.2 Acquisitions
11.4.3 Partnerships & Joint Ventures
11.4.4 New Product Launches
12 Company Profiles (Page No. – 138)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Archer Daniels Midland Company
12.2 DuPont
12.3 Roquette Frères
12.4 Kerry
12.5 Ingredion
12.6 The Nisshin OilliO Group,LTD.
12.7 Axiom Foods
12.8 Sotexpro S.A
12.9 Wilmar International Limited
12.10 CRESPEL & DEITERS
12.11 CHS Inc.
12.12 Suedzucker
12.13 MGP Ingredients
12.14 Puris
12.15 Sonic Biochem LTD.
12.16 The Top Health Ingredients
12.17 Emsland Group
12.18 All Organic Treasures GmbH
12.19 Cargill
12.20 A&B Ingredients
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 176)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 2515
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 形質転換増殖因子ベータ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における形質転換増殖因子ベータ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・形質転換増殖因子ベータ阻害剤の概要 ・形質転換増殖因子ベータ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の形質転換増殖因子ベータ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・形質転換増殖因子ベータ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・形質転換増殖因子ベータ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • マテリアルハンドリング装置用チェーン&スプロケットの世界市場
    当調査レポートでは、マテリアルハンドリング装置用チェーン&スプロケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マテリアルハンドリング装置用チェーン&スプロケットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経血管用コイル&非コイル装置の世界市場ー成長、動向、予測
  • 世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、EHSの世界市場規模が2019年53億ドルから2024年86億ドルまで年平均10.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のEHS市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、ソフトウェア機能別(環境および労働衛生管理、エネルギーおよび水管理、廃棄物管理、大気質およびコンプライアンス管理、安全管理、事故およびリスク管理)分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、業種別(エネルギーおよび公益事業、化学および材料、ヘルスケア、建設および工学、食品および飲料、政府および防衛、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のEHS市場:ソフトウェア機能別(環境および労働衛生管理、エネルギーおよび水管理、廃棄物管理、大気質およびコンプライアンス管理、安全管理、事故およびリスク管理) ・世界のEHS市場:コンポーネント別(ソリューション、サービ …
  • ベアメタルステント(BMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベアメタルステント(BMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアメタルステント(BMS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 BMS(ベアメタルステント)とは、コーティングやカバーリングをされていないステントのことです。BMSは細いワイヤーのついた網状の管であり、ステンレススティール、コバルトクロム合金、その他の金属でできています。BMSは金属のコイルや管状の網の様な外観です。Technavio社はベアメタルステント(BMS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abbott• Boston Scientific• Medtronic等です。
  • 医療用カメラと顕微鏡の世界市場
    当調査レポートでは、医療用カメラと顕微鏡の世界市場について調査・分析し、医療用カメラと顕微鏡の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ラギッドディスプレイの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ラギッドディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、サイズ別分析、産業別分析、地域別分析、ラギッドディスプレイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの膝関節再建市場動向(~2021)
  • メッセージング・セキュリティの世界市場予測(~2022年):コンテンツフィルタリング、電子メール暗号化、データ消失防止、アンチスパム、アンチマルウェア
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、メッセージング・セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソリューション別分析、サービス別分析、種類別分析、地域別分析、メッセージング・セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UVセンサーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、UVセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UVセンサーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はUVセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均29.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBroadcom、STMicroelectronics等です。
  • GNSSチップの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、GNSSチップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、デバイス別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、GNSSチップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のUVパワーメータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のUVパワーメータ市場2015について調査・分析し、UVパワーメータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 感圧接着テープの世界市場予測(~2022年):アクリル、ゴム、シリコーン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、感圧接着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、感圧接着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シランの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、シランの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シラン市場規模、製品別(モノシラン・クロロシラン、オルガノ官能性シラン)分析、用途別(ゴム・プラスチック、塗料、繊維処理、接着剤・シーラント、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ シランの世界市場:市場動向分析 ・ シランの世界市場:競争要因分析 ・ シランの世界市場:製品別(モノシラン・クロロシラン、オルガノ官能性シラン) ・ シランの世界市場:用途別(ゴム・プラスチック、塗料、繊維処理、接着剤・シーラント、その他) ・ シランの世界市場:主要地域別分析 ・ シランの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ シランのヨーロッパ市場規模 ・ シランのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・シランの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ヨーロッパの子供用自転車市場
    当調査レポートでは、ヨーロッパの子供用自転車市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの子供用自転車市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場
    当調査レポートでは、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のENT機器市場予測2017-2024
    本調査レポートでは、世界のENT機器市場について調査・分析し、世界のENT機器市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 血液癌治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、血液癌治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、血液癌治療市場規模、疾病種類別(白血病、リンパ腫、骨髄腫)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・血液癌治療の世界市場概要 ・血液癌治療の世界市場環境 ・血液癌治療の世界市場動向 ・血液癌治療の世界市場規模 ・血液癌治療の世界市場:業界構造分析 ・血液癌治療の世界市場:疾病種類別(白血病、リンパ腫、骨髄腫) ・血液癌治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・血液癌治療の北米市場規模・予測 ・血液癌治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・血液癌治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・血液癌治療の主要国分析 ・血液癌治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・血液癌治療の世界市場:成長要因、課題 ・血液癌治療の世界市場:競争環境 ・血液癌治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • アジア太平洋のオーラルケア(口腔ケア)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のオーラルケア(口腔ケア)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のオーラルケア(口腔ケア)市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場について調査・分析し、製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場:セグメント別市場分析 ・製薬産業向け治験サプライ・物流の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 結腸直腸癌治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、結腸直腸癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、結腸直腸癌治療薬市場規模、種類別(標的治療、免疫療法、化学療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場概要 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場環境 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場動向 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場規模 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:業界構造分析 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:種類別(標的治療、免疫療法、化学療法) ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結腸直腸癌治療薬の北米市場規模・予測 ・結腸直腸癌治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・結腸直腸癌治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・結腸直腸癌治療薬の主要国分析 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:競争環境 ・結腸直腸癌治療薬の世界市場:関連企業情報( …
  • セクシャルウェルネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セクシャルウェルネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セクシャルウェルネス市場規模、流通経路別(小売店、オンラインプラットフォーム)分析、製品別(アダルトグッズ、コンドーム・避妊具、潤滑剤、エロティックランジェリー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セクシャルウェルネスの世界市場概要 ・セクシャルウェルネスの世界市場環境 ・セクシャルウェルネスの世界市場動向 ・セクシャルウェルネスの世界市場規模 ・セクシャルウェルネスの世界市場:業界構造分析 ・セクシャルウェルネスの世界市場:流通経路別(小売店、オンラインプラットフォーム) ・セクシャルウェルネスの世界市場:製品別(アダルトグッズ、コンドーム・避妊具、潤滑剤、エロティックランジェリー、その他) ・セクシャルウェルネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セクシャルウェルネスのアメリカ市場規模・予測 ・セクシャルウェルネスのヨーロッパ市場規模・ …
  • 飲料マルチパック用収縮フィルムの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、飲料マルチパック用収縮フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、パックサイズ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 透明セラミックスの世界市場2017-2021:光学・光電子工学、航空宇宙・安全保障、センサー・計器、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、透明セラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、透明セラミックスの世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は透明セラミックスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均22.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CeramTec、CoorsTek、Konoshima Chemical、SCHOTT、Surmet Corporation等です。
  • 腫瘍随伴体液性高カルシウム血症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の概要 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍随伴体液性高カルシウム …
  • 食物不耐症用食品の世界市場:グルテンフリー食品、糖尿病患者用食品、ラクトースフリー食品
    当調査レポートでは、食物不耐症用食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食物不耐症用食品の世界市場規模及び予測、製品別分析(グルテンフリー食品、糖尿病患者用食品、ラクトースフリー食品)、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 超低電力マイクロコントローラーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、超低電力マイクロコントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、周辺装置別(アナログ機器及びデジタル機器)分析、パッケージタイプ別(8ビットパッケージ、16ビットパッケージ、および32ビットパッケージ)分析、エンドユーズ用途別分析、超低電力マイクロコントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、超低電力マイクロコントローラーの世界市場規模が2019年44億ドルから2024年129億ドルまで年平均24.1%成長すると予測しています。
  • 産業用UV浄水器の世界市場
    当調査レポートでは、産業用UV浄水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用UV浄水器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトップ10高成長セラミックス市場
  • アメリカの風力発電市場2015
  • 患者介助器具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、患者介助器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、患者介助器具の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 患者介助器具は、身体を動かす力が欠如している患者の移動の介助をする器具です。患者介助器具は、病院、通院外科診療所(ASC)、高齢者福祉施設などで、患者をベッドから椅子に座らせたり、立たせたり、移動する際に使用します。Technavio社は患者介助器具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Getinge• Hill-Rom• Invacare• Stryker等です。
  • 世界の光発電ガラス市場2016
    本調査レポートでは、世界の光発電ガラス市場2016について調査・分析し、光発電ガラスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場:技術別(ウェアラブル、バーチャルリアリティ、拡張現実、外骨格、インテリジェントバーチャルアシスタント)、機能別(身体装着、非身体装着)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)の世界市場規模が2019年709億ドルから2024年2069億ドルまで年平均23.9%成長すると予測しています。本書は、世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場について調査・分析し、市場概要、技術別(ウェアラブル、バーチャルリアリティ、拡張現実、外骨格人体増強市場、インテリジェントバーチャルアシスタント)分析、機能性別(付着型、未付着型)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場:技術別(ウェアラブル、バーチャルリアリティ、拡張現実、外骨格人体増強市場、インテリジェントバーチャルアシスタント) ・世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場:機能性別(付着型、未付着型) ・世界のヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 煙感知器の世界市場:光電式煙感知器、イオン化煙感知器、二重センサ式煙感知器
    当調査レポートでは、煙感知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、パワーソース別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電圧/無効電力管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、電圧/無効電力管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別(配布、送信、および生成)分析、コンポーネント別(ハードウェア・ソフトウェアおよびサービス)分析、エンドユーザー別(電気ユーティリティおよび産業)分析、電圧/無効電力管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電圧/無効電力管理の世界市場規模が2019年427百万ドルから2024年568百万ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。
  • ドイツの股関節再建市場動向(~2021)
  • 使い捨て医療用品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、使い捨て医療用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、使い捨て医療用品市場規模、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所(ASC)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Abbott, Cardinal Health, Johnson & Johnson Services, Smith & Nephewなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・使い捨て医療用品の世界市場概要 ・使い捨て医療用品の世界市場環境 ・使い捨て医療用品の世界市場動向 ・使い捨て医療用品の世界市場規模 ・使い捨て医療用品の世界市場:業界構造分析 ・使い捨て医療用品の世界市場:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所(ASC)、その他) ・使い捨て医療用品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨て医療用品の北米市場規模・予測 ・使い捨て医療用品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・使い捨て医療用品のアジア太平洋市場規模・予測 ・使 …
  • PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場:タイプ別(受電機器、給電機器)、標準別、用途別、最終用途別、デバイスタイプ別、セグメント予測
    PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場は2025年には12億2,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、IP電話、Webカメラと閉回路テレビ(CCTV)、および無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)の完全なカバレッジなど住宅セクターでのPoEチップセット アプリケーションの増加が考えられます。本調査レポートでは、PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場について調査・分析し、PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場動向、PoE(Power over Ethernet)チップセットの世界市場規模、市場予測、セグメント別PoE(Power over Ethernet)チップセット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • データセンター冷却ソリューションの世界市場:エアコン、チラー、クーリングタワー、エコノマイザー
    当調査レポートでは、データセンター冷却ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター冷却ソリューションの世界市場規模及び予測、冷却装置別分析、冷却方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のソーシャルメディア分析市場:コンポーネント別、用途別(販売およびマーケティング管理、カスタマーエクスペリエンス管理、および競合他社情報)、展開モデル別、組織規模別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ソーシャルメディア分析の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年94億ドルまで年平均25.4%成長すると予測しています。本書は、世界のソーシャルメディア分析市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(販売およびマーケティング管理、カスタマーエクスペリエンス管理、コンペティティブインテリジェンス、リスク管理および不正検出、公安および法執行、その他)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(BFSI、通信&IT、小売&eコマース、ヘルスケア&ライフサイエンス、政府&防衛、メディア&エンターテイメント、旅行&ホスピタリティ、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のソーシャルメディア分析市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・世界のソーシャルメディア分析市場:用途別(販売およびマーケティング管理、カスタマ …
  • 短繊維用スピンドルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、短繊維用スピンドルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、短繊維用スピンドルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるフェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))の概要 ・フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のフェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PK …
  • IoTマネジードサービスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、IoTマネジードサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、IoTマネジードサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 前臨床トモグラフィシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、前臨床トモグラフィシステムの世界市場について調査・分析し、前臨床トモグラフィシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別前臨床トモグラフィシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、前臨床トモグラフィシステム種類別分析()、前臨床トモグラフィシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・前臨床トモグラフィシステムの市場概観 ・前臨床トモグラフィシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・前臨床トモグラフィシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・前臨床トモグラフィシステムの世界市場規模 ・前臨床トモグラフィシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・前臨床トモグラフィシステムのアメリカ市場規模推移 ・前臨床トモグラフィシステムのカナダ市場規模推移 ・前臨床トモグラフィシステムのメキシコ市場規模推移 ・前臨床トモグラフィシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・前臨床トモグラフィシステ …
  • 世界の振動フィーダ市場2016
    本調査レポートでは、世界の振動フィーダ市場2016について調査・分析し、振動フィーダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱伝導流体の世界市場:アプリケーション別(石油・ガス、集光型太陽光発電)、製品別(芳香族、鉱油、シリコーン)、セグメント予測
    本調査レポートでは、熱伝導流体の世界市場について調査・分析し、熱伝導流体の世界市場動向、熱伝導流体の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱伝導流体市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 牛呼吸器病治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、牛呼吸器病治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、牛呼吸器病治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-11受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-11受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-11受容体アゴニストの概要 ・インターロイキン-11受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-11受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-11受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-11受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ドイツの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 世界の反射型光学センサ市場2016
    本調査レポートでは、世界の反射型光学センサ市場2016について調査・分析し、反射型光学センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"