"世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 2515)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The meat substitutes market is projected to grow at a CAGR of 12.0% in terms of value. The key drivers include the rising consumption of plant-based meat products and increasing vegan population.”
The meat substitutes market is estimated to be valued at USD 1.6 billion in 2019 and is projected to grow at a CAGR of 12.0%, recording a value of USD 3.5 billion by 2026. Owing to the changing perception, plant-based products are turning to be an ideal solution. The aspect of a healthy lifestyle, supported by the integration of plant-based alternatives, has become a popular notion among consumers who are increasingly open to the idea of plant-based products. Also, the rising per capita income is further accelerating market growth. However, the rising market for cultured meat and insect protein is hampering the meat substitutes market growth.

“The market for pea protein in the meat substitutes market is projected to record the highest CAGR during the forecast period.”
Pea protein has minerals, such as manganese and molybdenum, which enhances the metabolism in the human body. Protein from legumes, such as pea, helps in the prevention of diabetes and coronary heart diseases. This has led to an increase in demand by consumers. Consumers today are becoming more concerned about weight management, which is accelerating the growth of the meat substitutes market. These factors make pea protein a highly nutritious option for meat substitutes.

“The solid segment is a faster-growing segment, based on form, in the meat substitutes market.”
The solid form of proteins is preferred by manufacturers of plant-based meat products, and this is because of the numerous benefits they offer. Proteins available in the solid form are easy to handle and have better storage conditions as compared to the liquid form. Thus, they have a better shelf life, which increases the profit margin of food manufacturers.

“North America is projected to account for the largest market share during the forecast period.”
North America dominated the global meat substitutes market in 2018. This is due to the increasing demand for convenience food items in the vegan category. Also, the high standard of living has accelerated the plant-based meat industry of this region, which, in turn, is accelerating the meat substitutes market.

The US is projected to dominate the North American meat substitutes market during the forecast period. This is due to the high awareness among consumers and food centers about the usage of these substitutes. Also, the presence of prominent players such as Cargill, (US), Archer Daniels Midland Company (US), DuPont (US), Ingredion (US), and Puris (US) is expected to aid market growth in the future.
Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 45 %, Tier 2 – 33%, and Tier 3 – 22%
 By Designation: D-level – 44%, C-level – 34%, and Others*- 22%
 By Region: Europe – 40%, Asia Pacific- 30%, North America – 15%, South America – 10%, and Middle East & Africa- 5%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
Leading players profiled in this report:
• Archer Daniels Midland Company (US)
• DuPont (US)
• Roquette Frères (France)
• Kerry (Ireland)
• Ingredion (US)
• The Nisshin OilliO Group,Ltd (Japan)
• Axiom Foods (US)
• Sotexpro S.A (France)
• Wilmar International Limited (Singapore)
• CRESPEL & DEITERS (Germany)
• CHS INC. (US)
• Suedzucker (Germany)
• MGP Ingredient (US)
• Puris (US)
• Sonic Biochem Ltd. (India)
• The Top Health Ingredients (Canada)
• The Emsland Group (Germany)
• All Organic Treasures Gmbh (Germany)
• A&B Ingredients (US)
• Cargill (US)

Research Coverage:
The report segments the meat substitutes market on the basis of type, source, product, form, and region. In terms of insights, this report focuses on various levels of analyses—the competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global meat substitutes market, high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the meat substitutes market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the meat substitutes market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in the Meat Substitutes Market
4.2 Meat Substitutes Market, By Region, 2019 vs 2026
4.3 Meat Substitutes Market, By Source, 2019 vs 2026
4.4 Meat Substitutes Market, By Form, 2019 vs 2026 (USD Million)
4.5 North America: Meat Substitutes Market, By Type and Country, 2018
5 Market Overview (Page No. – 44)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Adoption of Plant-Based Protein
5.2.1.1.1 Increasing Vegan & Flexitarian Population Across the World
5.2.1.1.2 Increasing Obesity Globally
5.2.1.2 Increasing Investments in Plant-Based Protein Ingredients
5.2.1.3 Increasing Inclination for Pea Protein Ingredients
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Rising Market of Cultured Meat and Insect Protein
5.2.2.2 Allergy Concerns Among Consumers for Soy and Wheat Products
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets Illustrate Great Potential for Meat Substitutes
5.2.3.2 Increasing Government Initiatives
5.2.3.3 Technological Advancement in Extrusion and Processing
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Pricing Pressure
5.2.4.2 Perception of Taste
5.3 YC & YCC Shift
5.4 Supply Chain
5.5 Regulations
5.5.1 Introduction
5.5.2 Regulations, By Country
5.5.2.1 US
5.5.2.2 Canada
5.5.2.3 Europe
5.5.2.4 India
5.6 Patent Analysis
6 Meat Substitutes Market, By Product (Page No. – 60)
6.1 Introduction
6.2 Tofu
6.2.1 Major Application in the Production of Plant-Based Burgers and Patties
6.3 Tempeh
6.3.1 Increasing Awareness About the Health Benefits Offered By Fermented Food Products Drives the Tempeh Market
6.4 Seitan
6.4.1 Dense Texture and Neutral Flavor Make Seitan A Popular Meat Substitute
6.5 Quorn
6.5.1 Quorn Provides High Health and Environmental Benefits
6.6 Other Products
6.6.1 Other Types of Meat Substitutes Include Risofu, Valess, and Lupine.
7 Meat Substitutes Market, By Source (Page No. – 68)
7.1 Introduction
7.2 Soy Protein
7.2.1 Allergy Associated With Soy Protein has Led to A Sluggish Demand in the Global Market
7.3 Wheat Protein
7.3.1 High Availability of Wheat as A Raw Material Encouraging Low-Fact Food Manufacturers
7.4 Pea Protein
7.4.1 High Investments From Manufacturers Boosting the Demand for Pea Protein
7.5 Others Sources
7.5.1 Increasing Demand for Edible Fungus
8 Meat Substitutes Market, By Type (Page No. – 77)
8.1 Introduction
8.2 Concentrates
8.2.1 Lower Price of Concentrates Boosts Their Demand in the Food Industry
8.3 Isolates
8.3.1 Isolates are the Purest Form of Protein, and A Type With the Highest Amount of It
8.4 Textured
8.4.1 Textured Protein to Witness High Growth Due to the Rising Awareness About Healthy Food Habits Among Consumers
9 Meat Substitutes Market, By Form (Page No. – 84)
9.1 Introduction
9.2 Solid
9.2.1 The Solid Form of Proteins is Widely Preferred Because of Benefits Such as Ease in Storage and Handling
9.3 Liquid
9.3.1 Demand for the Liquid Form is Low Across the Globe
10 Meat Substitutes Market, By Region (Page No. – 87)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Shift of Focus to Pea Protein By Key Payers
10.2.2 Canada
10.2.2.1 High Growth Potential With Supporting Government Initiatives
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 an Untapped Market Owing to the High Prices of Plant-Based Protein in the Country
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 The Rising Trend of Veganism and Support of Government for the Meat Alternatives Market are Driving the Growth
10.3.2 UK
10.3.2.1 Entry of Major Players in the Market Attracting Consumers
10.3.3 France
10.3.3.1 Awareness About the Drawbacks of Animal-Based Meat Driving the Inclination of Consumers Toward Plant-Based Meat
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Entry of Key Players in the Italian Vegan Market Driving Growth
10.3.5 Spain
10.3.5.1 Production and Promotion of Plant-Based Meat By Numerous Companies Driving the Growth of the Meat Substitutes Market
10.3.6 Netherlands
10.3.6.1 Market for Meat Substitutes in the Country at an Extremely Nascent Stage
10.3.7 Rest of Europe
10.3.7.1 Rising Environmental Concerns
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Relatively Fragmented Market With Multiple Start-Ups Developing Generic Plant Proteins
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Japanese Consumers are More Inclined Toward Cultured Meat Products
10.4.3 Singapore
10.4.3.1 Key Players are Entering the Market Because of the Acceptance of Consumers for Meat Substitute Products
10.4.4 Australia & New Zealand
10.4.4.1 Health Benefits Offered By Vegan Meat Attract Consumers
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.4.5.1 Increasing Per Capita Income of Middle Class Families
10.5 South America
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Increasing Investments in Plant-Based Meat By Key Players to Remain High in This Market
10.5.2 Argentina
10.5.2.1 Argentina to Offer Growth Opportunities for Meat Alternatives Manufacturers
10.5.3 Rest of South America
10.5.3.1 Rising New Entrants of Plant-Based Meat Products Will Provide New Opportunites for Raw Material Manufacturers
10.6 Middle East & Africa
10.6.1 UAE
10.6.1.1 High Per Capita Income
10.6.2 South Africa
10.6.2.1 Affordability of Meat Substitutes Attracts Consumers
10.6.3 Rest of MEA
10.6.3.1 Increasing Partnerships of Global Players With Local Distributors Fuel the Meat Substitutes Market Growth
11 Competitive Landscape (Page No. – 129)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Dynamic Differentiators
11.2.2 Innovators
11.2.3 Visionary Leaders
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Benchmarking
11.3.1 Strength of Product Portfolios
11.3.2 Business Strategy Excellence
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Expansions & Investments
11.4.2 Acquisitions
11.4.3 Partnerships & Joint Ventures
11.4.4 New Product Launches
12 Company Profiles (Page No. – 138)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Archer Daniels Midland Company
12.2 DuPont
12.3 Roquette Frères
12.4 Kerry
12.5 Ingredion
12.6 The Nisshin OilliO Group,LTD.
12.7 Axiom Foods
12.8 Sotexpro S.A
12.9 Wilmar International Limited
12.10 CRESPEL & DEITERS
12.11 CHS Inc.
12.12 Suedzucker
12.13 MGP Ingredients
12.14 Puris
12.15 Sonic Biochem LTD.
12.16 The Top Health Ingredients
12.17 Emsland Group
12.18 All Organic Treasures GmbH
12.19 Cargill
12.20 A&B Ingredients
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 176)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 2515
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品&飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の肉代用品市場:由来別(大豆タンパク質、小麦タンパク質、エンドウ豆タンパク質)、種類別(濃縮物、分離物、テクスチャー)、製品別(豆腐、テンペ、セイタン、およびクオーン)、フォーム別(固体および液体)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ネットワーク変換の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ネットワーク変換の世界市場について調査・分析し、ネットワーク変換の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ネットワーク変換の世界市場規模:ソリューション別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:サービス別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ネットワーク変換の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 化成肥料の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、化成肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、作物タイプ別分析、形状別分析、地域別分析、化成肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場
    当調査レポートでは、自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場:エンジン種類別分析/市場規模 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場:構成品別分析/市場規模 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)のアメリカ市場規模予測 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)のヨーロッパ市場規模予測 ・自動車イグニッションシステム(点火装置)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 自動車塗装用接着剤・シーラントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車塗装用接着剤・シーラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車塗装用接着剤・シーラントの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるデュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)の概要 ・デュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(Duchenne Muscular Dystrophy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分 …
  • シングル立形バランシングマシンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シングル立形バランシングマシンの世界市場について調査・分析し、シングル立形バランシングマシンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シングル立形バランシングマシンシェア、市場規模推移、市場規模予測、シングル立形バランシングマシン種類別分析()、シングル立形バランシングマシン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シングル立形バランシングマシンの市場概観 ・シングル立形バランシングマシンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シングル立形バランシングマシンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シングル立形バランシングマシンの世界市場規模 ・シングル立形バランシングマシンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シングル立形バランシングマシンのアメリカ市場規模推移 ・シングル立形バランシングマシンのカナダ市場規模推移 ・シングル立形バランシングマシンのメキシコ市場規模推移 ・シングル立形バランシングマシンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 塞栓療法の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、塞栓療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(塞栓剤(ミクロスフィア、取り外し可能コイル、プッシュ可能コイル)、ガイドワイヤー)分析、疾患別(腫瘍学、動脈瘤、末梢血管)分析、処置別分析、エンドユーザー別(病院、診療所、ASC、学界)分析、塞栓療法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、塞栓療法の世界市場規模が2019年33億ドルから2024年49億ドルまで年平均8.1%成長すると予測しています。
  • エンドウでん粉の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エンドウでん粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(食品・飲料、飼料、ペットフード、工業用)分析、機能別(結合・増粘、ゲル化、テクスチャライジング、膜形成)分析、グレード別分析、エンドウでん粉の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 放射線量管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、放射線量管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、放射線量管理市場規模、モダリティ別(X線写真・マンモグラフィー、核医療スキャン、コンピューター断層撮影(CT)、蛍光透視・インターベンショナル撮像、その他)分析、製品・サービス別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(心臓病、整形外科、癌、その他)分析、エンドユーザー別(外来治療、研究機関・大学医療センター、病院・クリニック、診断センター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 放射線量管理の世界市場:市場動向分析 ・ 放射線量管理の世界市場:競争要因分析 ・ 放射線量管理の世界市場:モダリティ別(X線写真・マンモグラフィー、核医療スキャン、コンピューター断層撮影(CT)、蛍光透視・インターベンショナル撮像、その他) ・ 放射線量管理の世界市場:製品・サービス別(ソフトウェア、サービス) ・ 放射線量管理の世界市場:用途別(心臓病、整形外科、癌、その他) ・ 放射線量 …
  • 軍用機用バッテリーの世界市場
    当調査レポートでは、軍用機用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機用バッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外膜酸素化装置の世界市場:治療法別、地域別
    本レポートは、体外膜酸素化装置の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、治療法別(静脈および動静脈、静脈動脈)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・体外膜酸素化装置の世界市場:治療法別(静脈および動静脈、静脈動脈) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • フォトニック集積回路(IC)の世界市場分析:コンポーネント別(レーザー、MUX / DEMUX、光増幅器、変調器、減衰器、および検出器)、集積別(モノリシック、ハイブリッド、およびモジュール)、原材料別(インジウム・リン、シリコン・オン・シリコン、シリコン、ガリウムヒ素その他)、用途別(光通信、センシング、バイオフォトニクス、光信号処理)、セグメント予測
    本調査レポートでは、フォトニック集積回路(IC)の世界市場について調査・分析し、フォトニック集積回路(IC)の世界市場動向、フォトニック集積回路(IC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別フォトニック集積回路(IC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コンピューターオンモジュールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コンピューターオンモジュールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンピューターオンモジュール市場規模、用途別(産業オートメーション、医療、輸送、エンターテイメント、その他)分析、規格別(COM Express、SMARC、Qseven、ETX、その他)分析、CPUアーキテクチャ別(ARM、x86、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コンピューターオンモジュールの世界市場概要 ・コンピューターオンモジュールの世界市場環境 ・コンピューターオンモジュールの世界市場動向 ・コンピューターオンモジュールの世界市場規模 ・コンピューターオンモジュールの世界市場:業界構造分析 ・コンピューターオンモジュールの世界市場:用途別(産業オートメーション、医療、輸送、エンターテイメント、その他) ・コンピューターオンモジュールの世界市場:規格別(COM Express、SMARC、Qseven、ETX、その他) ・ …
  • モーターモニタリングの世界市場予測(~2023年)
    モーターモニタリングの世界市場は、2018年の16億米ドルから2023年には23億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、予測保全に対する注目の高まり、モーターの故障による収益損失を最小限に抑える必要性が高まっていること、産業分野における無線技術の人気の高まりが考えられます。一方で、モーターモニタリング技術の予測能力に対する信頼性の欠如は、市場の成長を抑制する主な要因とされています。当調査レポートでは、モーターモニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア)分析、モニタリングプロセス(オンライン、ポータブル)分析、導入分析、産業(石油・ガス、発電、金属・鉱業、上下水道、自動車)分析、モーターモニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペルオキシネオデカン酸tert‐ブチル市場2015
    本調査レポートでは、世界のペルオキシネオデカン酸tert‐ブチル市場2015について調査・分析し、ペルオキシネオデカン酸tert‐ブチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星ペイロードの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、衛星ペイロードの世界市場について調査・分析し、衛星ペイロードの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・衛星ペイロードの世界市場規模:周波数帯域別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:軌道種類別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:車両種類別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:ペイロード重量別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:ペイロード種類別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:用途別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 業務用カップ及び蓋ディスペンサーシステムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用カップ及び蓋ディスペンサーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用カップ及び蓋ディスペンサーシステムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品配置場所別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • ヨーロッパのココナッツジュース市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパのココナッツジュース市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのココナッツジュース市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ホスホジエステラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるホスホジエステラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホスホジエステラーゼ阻害剤の概要 ・ホスホジエステラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のホスホジエステラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ホスホジエステラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ホスホジエステラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インドのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • バイオイメージングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオイメージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオイメージング市場規模、種類別(医療用超音波検査、エラストグラフィー、X線ラジオグラフィー、MRI、その他)分析、技術別(分子技術、医療技術)分析、用途別(実験室、病院、診断センター、診療所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バイオイメージングの世界市場:市場動向分析 ・ バイオイメージングの世界市場:競争要因分析 ・ バイオイメージングの世界市場:種類別(医療用超音波検査、エラストグラフィー、X線ラジオグラフィー、MRI、その他) ・ バイオイメージングの世界市場:技術別(分子技術、医療技術) ・ バイオイメージングの世界市場:用途別(実験室、病院、診断センター、診療所、その他) ・ バイオイメージングの世界市場:主要地域別分析 ・ バイオイメージングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ バイオイメージングのヨーロッパ市場規模 ・ バイオイメ …
  • 更生タイヤの米国市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、更生タイヤの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、更生タイヤの米国市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は更生タイヤの米国市場が2017-2021年期間中に年平均13.55%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bridgestone、Continental、Goodyear Tire & Rubber Company、Marangoni、MICHELIN等です。
  • レシートプリンターの世界市場
    当調査レポートでは、レシートプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レシートプリンターの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トロカールの世界市場:製品別(使い捨て、再利用可能)、チップ別(ブレードレス、光学、丸型、ブレード)、用途別、セグメント予測
    トロカールの世界市場は2026年には9億9,110万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者人口の増加、腹腔鏡手術の増加、および先進国における市場に有利な償還政策が考えられます。本調査レポートでは、トロカールの世界市場について調査・分析し、トロカールの世界市場動向、トロカールの世界市場規模、市場予測、セグメント別トロカール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シリコン金属の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シリコン金属の世界市場について調査・分析し、シリコン金属の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シリコン金属シェア、市場規模推移、市場規模予測、シリコン金属種類別分析(含有量98.0%-99.0%、含有量99.0%-99.5%、含有量 >99.5%)、シリコン金属用途別分析(アルミニウム産業、シリコン化合物、太陽光電池、半導体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シリコン金属の市場概観 ・シリコン金属のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シリコン金属のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シリコン金属の世界市場規模 ・シリコン金属の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シリコン金属のアメリカ市場規模推移 ・シリコン金属のカナダ市場規模推移 ・シリコン金属のメキシコ市場規模推移 ・シリコン金属のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シリコン金属のドイツ市場規模推移 ・シリコン金属のイギリス市場規模推移 ・シリコ …
  • トラクターレンタルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、トラクターレンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トラクターレンタルの世界市場規模及び予測、エンジン出力別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物健康、動物医療、殺寄生虫薬、抗菌薬、抗生物質、ワクチン、飼料添加物、成長促進物質
  • バイオ後続品の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、バイオ後続品の世界市場について調査・分析し、バイオ後続品の世界市場動向、バイオ後続品の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ後続品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コードレス電動工具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コードレス電動工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コードレス電動工具の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラー・マイクロ・インバータの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 地中探査レーダ(GPR)の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、地中探査レーダ(GPR)の世界市場規模が2017年4285.2億ドルから2026年9940.2億ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、地中探査レーダ(GPR)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地中探査レーダ(GPR)市場規模、製品別(車載システム、ハンドヘルドシステム、カートベースシステム)分析、コンポネント別(コントロールユニット、アンテナ、電源)分析、提供別(サービス、装置)分析、用途別(ユーティリティ検出、交通インフラ、地質・環境、コンクリート調査、考古学)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地中探査レーダ(GPR)の世界市場:市場動向分析 ・ 地中探査レーダ(GPR)の世界市場:競争要因分析 ・ 地中探査レーダ(GPR)の世界市場:製品別(車載システム、ハンドヘルドシステム、カートベースシステム) ・ 地中探査レーダ(GPR)の世界市場:コンポネント別(コ …
  • 先進型HVAC制御の世界市場2017-2021:センサー、フィールド機器、フロア用・建物用制御機器
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、先進型HVAC制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進型HVAC制御の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は先進型HVAC制御の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Honeywell International、Johnson Controls、Mitsubishi Electric、Schneider Electric、Siemens等です。
  • 世界の給水ポンプ市場2016
    本調査レポートでは、世界の給水ポンプ市場2016について調査・分析し、給水ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアルコール酵素市場2015
    本調査レポートでは、世界のアルコール酵素市場2015について調査・分析し、アルコール酵素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品保存料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品保存料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品保存料市場規模、種類別(天然保存料、合成保存料、その他)分析、機能別(酸化防止剤、抗菌剤、その他)分析、用途別(ベーカリー製品・菓子、飲料、乳製品・冷凍製品、肉、油脂、鶏肉・シーフード、甘味・塩味菓子、ソース・ドレッシング・調味料、缶詰・保存食、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品保存料の世界市場:市場動向分析 ・ 食品保存料の世界市場:競争要因分析 ・ 食品保存料の世界市場:種類別(天然保存料、合成保存料、その他) ・ 食品保存料の世界市場:機能別(酸化防止剤、抗菌剤、その他) ・ 食品保存料の世界市場:用途別(ベーカリー製品・菓子、飲料、乳製品・冷凍製品、肉、油脂、鶏肉・シーフード、甘味・塩味菓子、ソース・ドレッシング・調味料、缶詰・保存食、その他) ・ 食品保存料の世界市場:主要地域別分析 ・ 食品保存料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 食 …
  • 中国のリール・ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、中国のリール・ケーブル市場2015について調査・分析し、リール・ケーブルの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペン針の世界市場分析:製品別(標準的なペン針、安全ペン針)、針の長さ別(4mm、5mm、6mm、8mm、10mm、12mm)、治療別(インスリン、グルカゴン様ペプチド-1 [GLP-1]、成長ホルモン)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ペン針の世界市場について調査・分析し、ペン針の世界市場動向、ペン針の世界市場規模、市場予測、セグメント別ペン針市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の脊椎手術処置動向(~2021)
  • イギリスのアクリル酸市場(~2019)
  • 救急機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、救急機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、救急機の世界市場規模及び予測、サービス別分析、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他)、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)、車両タイプ別(乗用車&商用車)
    本調査レポートでは、自動車排気システムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルタ(GPF)、その他)分析、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)分析、車両タイプ別(乗用車&商用車)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他) ・自動車排気システムの世界市場:燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル) ・自動車排気システムの世界市場:車両タイプ別(乗用車&商用車) ・自動車排気システムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 自己接着性ラベルの世界市場
    当調査レポートでは、自己接着性ラベルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自己接着性ラベルの世界市場:ラベル種類別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:形状別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自己接着性ラベルのアメリカ市場規模予測 ・自己接着性ラベルのヨーロッパ市場規模予測 ・自己接着性ラベルのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • テレハンドラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テレハンドラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレハンドラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の大豆皮市場2015
    本調査レポートでは、世界の大豆皮市場2015について調査・分析し、大豆皮の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体認証式車両アクセスシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生体認証式車両アクセスシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生体認証式車両アクセスシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインテリジェント喘息モニタリング装置市場2019
    本調査レポートでは、世界のインテリジェント喘息モニタリング装置市場2019について調査・分析し、インテリジェント喘息モニタリング装置の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、インテリジェント喘息モニタリング装置のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、インテリジェント喘息モニタリング装置メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・インテリジェント喘息モニタリング装置の市場概要 ・インテリジェント喘息モニタリング装置の上流・下流市場分析 ・インテリジェント喘息モニタリング装置のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・インテリジェント喘息モニタリング装置のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・インテリジェント喘息モニタリング装置のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・インテリジェント喘息モニタリング装置のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・インテリジェント喘息モニタリング装置の北米市 …
  • リフトチェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リフトチェアの世界市場について調査・分析し、リフトチェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リフトチェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、リフトチェア種類別分析()、リフトチェア用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リフトチェアの市場概観 ・リフトチェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リフトチェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リフトチェアの世界市場規模 ・リフトチェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リフトチェアのアメリカ市場規模推移 ・リフトチェアのカナダ市場規模推移 ・リフトチェアのメキシコ市場規模推移 ・リフトチェアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・リフトチェアのドイツ市場規模推移 ・リフトチェアのイギリス市場規模推移 ・リフトチェアのロシア市場規模推移 ・リフトチェアのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・リフトチェアの日本市場規模推移 ・リ …
  • 内分泌系治療薬の世界市場:糖尿病薬、テストステロン補充療法、ヒト成長ホルモン、甲状腺ホルモン障害治療薬
    当調査レポートでは、内分泌系治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、内分泌系治療薬の世界市場規模及び予測、用途別分析(糖尿病薬、テストステロン補充療法、ヒト成長ホルモン、甲状腺ホルモン障害治療薬)、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の心臓補助装置市場(~2021)
  • 業務用ワックスのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、業務用ワックスのヨーロッパ市場について調査・分析し、業務用ワックスのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"