"世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3450)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global smart water management market size to grow at a CAGR of 12.9% during the forecast period.
The smart water management market size is projected to grow from USD 11.7 billion in 2019 to USD 21.4 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 12.9% during the forecast period. The smart water management market is driven by factors, such as the rising demand for quality water services, need to replace aging water infrastructure, rising digitalization of utilities sector, and government regulations favoring the development of smart water management solutions. However, factors such as reduced shelf life of smart meters and lack of digitally skilled workforce restrain the growth of the market.

By offering, services segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The smart water management market by offering is segmented into water meters, solutions, and services. The services segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. Services are the most promising offering in the smart water management market as they create a high degree of smart characteristics and autonomy in the utilities sector. They are designed to meet interoperability challenges that occur due to varied heterogeneous devices, along with managing large volumes of data and offering end users with training, consulting, support, security, and privacy services.

By offering, solutions segment to hold the largest market size during 2019
The smart water management market by offering has been segmented into water meters, solutions, and services. The solutions segment holds the largest market size of smart water management market due to the increasing demand for technology solutions to modernize legacy infrastructure, rising technological adoption, and growing need for cost optimization .

Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors such as flexible economic conditions, industrialization- and globalization-motivated policies of governments, and expanding digitalization are expected to contribute to the growth of the smart water management market in the region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the smart water management market.
 By Company: Tier I: 45%, Tier II: 40%, and Tier III: 15%
 By Designation: C-Level Executives: 40%, Directors: 35%, Managers: 15% and Others: 10%
 By Region: North America: 15%, APAC: 35%, Europe: 40%, and RoW: 10%
The report includes the study of key players offering smart water management solutions and services. It profiles major vendors in the global smart water management market. Major vendors in the smart water management market are ABB (Switzerland), Arad Group (Israel), AquamatiX (UK), Badger Meter (US), Honeywell Elster (US), Huawei (China), HydroPoint (US), IBM (US), i2O (UK), Itron, Inc. (US), Oracle (US), Landis+Gyr (Switzerland), Sensus (US), Schneider Electric (France), Siemens (Germany), Suez (France), SenzIoT (India), TaKaDu (Israel), Trimble Water (US), and XENIUS (India). It further includes an in-depth competitive analysis of key players in the smart water management market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research Coverage
The market study covers the smart water management market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market, across different segments, such as offering, end user, and region. The study further includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall smart water management market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.2.1 Key Industry Insights
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Methodology
2.6 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Smart Water Management Market
4.2 Market By Offering, 2019
4.3 Market By Solution, 2017–2024
4.4 Market By Service, 2019 Vs. 2024
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 40)
5.1 Market Overview
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Need for Sustainable Water Solutions
5.2.1.2 Need for a Significant Reduction in Loss Due to Non-Revenue Water
5.2.1.3 Rising Need to Replace the Aging Water Infrastructure
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Digitally Skilled Workforce
5.2.2.2 Reduced Shelf Life of Smart Meters
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Global Smart City Initiatives
5.2.3.2 Government Initiatives and Regulatory Implementations for Promoting Smart Water Solutions
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Difficulty in Technology Implementation Over the Legacy Infrastructure
5.2.4.2 High Initial Investments and Lower Return on Investment
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case 1: Korea Water Resources Corporation
5.3.2 Use Case 2: Trimble Water
5.3.3 Use Case 3: Mueller Systems
5.3.4 Use Cases 4: Hal24k
5.3.5 Use Cases 5: AT&T
5.4 Value Chain Analysis
6 Smart Water Management, By Offering (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Water Meters
6.2.1 AMR/AMR+ Meters
6.2.1.1 AMR/AMR+ Meters: Smart Water Management Market Drivers
6.2.2 AMI Meters
6.2.2.1 AMI Meters: Market Drivers
6.3 Solutions
6.3.1 Enterprise Asset Management
6.3.1.1 Enterprise Asset Management: Market Drivers
6.3.1.2 Asset Condition Monitoring
6.3.1.3 Predictive Maintenance
6.3.2 Analytics and Data Management
6.3.2.1 Analytics and Data Management: Market Drivers
6.3.2.2 Meter Data Management
6.3.2.3 Supervisory Control and Data Acquisition
6.3.3 Security
6.3.3.1 Security: Smart Water Management Market Drivers
6.3.4 Smart Irrigation Management
6.3.4.1 Smart Irrigation: Market Drivers
6.3.5 Advanced Pressure Management
6.3.5.1 Advanced Pressure Management: Market Drivers
6.3.6 Mobile Workforce Management
6.3.6.1 Mobile Workforce Management: Market Drivers
6.3.7 Network Management
6.3.7.1 Network Management: Market Drivers
6.3.8 Customer Information System and Billing
6.3.8.1 Customer Information System and Billing: Market Drivers
6.3.9 Leak Detection
6.3.9.1 Leak Detection: Smart Water Management Market Drivers
6.3.10 Others
6.4 Services
6.4.1 Professional Services
6.4.1.1 Professional Services: Market Drivers
6.4.1.2 Consulting Services
6.4.1.3 System Integration and Deployment Services
6.4.1.4 Support and Maintenance Services
6.4.2 Managed Services
6.4.2.1 Managed Services: Market Drivers
7 Smart Water Management, By End User (Page No. – 75)
7.1 Introduction
7.2 Commercial and Industrial
7.2.1 Commercial and Industrial: Market Drivers
7.3 Residential
7.3.1 Residential: Market Drivers
8 Smart Water Management Market, By Region (Page No. – 79)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States
8.2.1.1 United States: Market Drivers
8.3 Europe
8.3.1 United Kingdom
8.3.1.1 United Kingdom: Market Drivers
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 China: Market Drivers
8.5 Middle East and Africa
8.6 Latin America
9 Competitive Landscape (Page No. – 115)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Dynamic Differentiators
9.2.3 Innovators
9.2.4 Emerging Companies
10 Company Profiles (Page No. – 117)
10.1 Introduction
(Business Overview, Solutions, Products & Services, Organic & Inorganic Growth, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.2 ABB
10.3 IBM
10.4 Honeywell Elster
10.5 Siemens
10.6 Itron
10.7 Schneider Electric
10.8 Suez
10.9 Oracle
10.10 Landis + Gyr
10.11 Sensus
10.12 Arad Group
10.13 Huawei
10.14 Trimble Water
10.15 HydroPoint
10.16 i2O Water
10.17 XENIUS
10.18 Senziot
10.19 TaKaDu
10.20 Badger Meter
10.21 Aquamatix
10.22 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Solutions, Products & Services, Organic & Inorganic Growth, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 156)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customization
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3450
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 腹水(Ascites):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腹水(Ascites)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腹水(Ascites)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腹水(Ascites)の概要 ・腹水(Ascites)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腹水(Ascites)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腹水(Ascites)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腹水(Ascites)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 濃縮フィブリノゲンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、濃縮フィブリノゲンの世界市場について調査・分析し、濃縮フィブリノゲンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別濃縮フィブリノゲンシェア、市場規模推移、市場規模予測、濃縮フィブリノゲン種類別分析(動物性、ヒト)、濃縮フィブリノゲン用途別分析(フェブリノゲン欠乏症、外科手術)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・濃縮フィブリノゲンの市場概観 ・濃縮フィブリノゲンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・濃縮フィブリノゲンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・濃縮フィブリノゲンの世界市場規模 ・濃縮フィブリノゲンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・濃縮フィブリノゲンのアメリカ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのカナダ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのメキシコ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・濃縮フィブリノゲンのドイツ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのイギリス市場規模推移 ・濃縮フィ …
  • 安息香酸ナトリウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、安息香酸ナトリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、安息香酸ナトリウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カジノ運営システムの世界市場:用途別(セキュリティ・監視、会計・現金管理、プレーヤーの追跡、資産管理、マーケティング)、セグメント予測
    カジノ運営システムの世界市場は2025年には11,7億2,670万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率14.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、カジノ施設への需要および社会的受容の高まりが考えられます。また、カジノフロア全体で技術的に高度なソリューションおよびシステムを使用することにより業務効率が向上し、さらなる市場成長がもたらされます。本調査レポートでは、カジノ運営システムの世界市場について調査・分析し、カジノ運営システムの世界市場動向、カジノ運営システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別カジノ運営システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カジノゲームのアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、カジノゲームのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カジノゲームのアメリカ市場規模及び予測、種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの装具市場動向(~2021)
  • シトロネラ油の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シトロネラ油の世界市場について調査・分析し、シトロネラ油の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シトロネラ油シェア、市場規模推移、市場規模予測、シトロネラ油種類別分析(セイロン、ジャパ)、シトロネラ油用途別分析(飲食料品、日常用化学製品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シトロネラ油の市場概観 ・シトロネラ油のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シトロネラ油のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シトロネラ油の世界市場規模 ・シトロネラ油の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シトロネラ油のアメリカ市場規模推移 ・シトロネラ油のカナダ市場規模推移 ・シトロネラ油のメキシコ市場規模推移 ・シトロネラ油のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シトロネラ油のドイツ市場規模推移 ・シトロネラ油のイギリス市場規模推移 ・シトロネラ油のロシア市場規模推移 ・シトロネラ油のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南ア …
  • 石鹸の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 継続的心拍モニタリング装置の世界市場                
    当調査レポートでは、継続的心拍モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、継続的心拍モニタリング装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:市場動向分析 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:競争要因分析 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:製品の種類別 ・埋込型ループレコーダー ・イベントモニター ・心拍出量モニタリング装置 ・ECG装置 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:様式別 ・携帯式 ・スタンドアロン式 - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:エンドユーザー別 ・在宅医療 ・病院 ・循環器科のクリニック ・外来外科センター - 継続的心拍モニタリング装置の世界市場:主要地域別分析 - 継続的心拍モニタリング装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 継続的心拍モニタリング装置のヨーロッパ市場規模 - 継続的心拍モニタリング装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・継続的心拍モニタリング装置の世界市場:主な市場開拓 - …
  • マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤の概要 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オキシトシン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオキシトシン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オキシトシン受容体アンタゴニストの概要 ・オキシトシン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のオキシトシン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オキシトシン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オキシトシン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 背部痛(Back Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における背部痛(Back Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、背部痛(Back Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・背部痛(Back Pain)の概要 ・背部痛(Back Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の背部痛(Back Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・背部痛(Back Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・背部痛(Back Pain)治療薬開発 …
  • 熱電モジュールの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱電モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、モデル別(シングルステージ、マルチステージ)分析、種類別(バルク熱電モジュール、マイクロ熱電モジュール、薄膜熱電モジュール)分析、機能別分析、提供別分析、熱電モジュールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱電モジュールの世界市場規模が2019年668百万ドルから2024年1023百万ドルまで年平均8.9%成長すると予測しています。
  • アグリビジネスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、アグリビジネスの世界市場について調査・分析し、アグリビジネスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - アグリビジネスの世界市場:市場動向分析 - アグリビジネスの世界市場:競争要因分析 - アグリビジネスの世界市場:製品種類別 ・油糧種子 ・家畜 ・穀類 ・乳製品 ・その他 - アグリビジネスの世界市場:主要地域別分析 - アグリビジネスの北米市場規模(アメリカ市場等) - アグリビジネスのヨーロッパ市場規模 - アグリビジネスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アグリビジネスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 多発性硬化症治療薬の世界市場および研究開発展望2016-2026
    当調査レポートでは、多発性硬化症治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 多発性硬化症の概要 3. 主要な多発性硬化症治療薬 4. 多発性硬化症治療薬パイプライン 2016-2026 5. 多発性硬化症治療薬の世界市場 2016-2026 6. 主要な治療セグメント: 収益見通し 2016-2026 7. MS治療薬の国別市場: 収益見通し 2016-2026 8. 研究・分析の結論
  • 遠隔武器ステーション(RWS)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、遠隔武器ステーション(RWS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、遠隔武器ステーション(RWS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの股関節再建装置市場見通し
  • プロバイオティクス成分の世界市場予測(~2023年)
    プロバイオティクス成分の世界市場は、2018年の2億6,800万米ドルから2023年には4億200万米ドルに達し、この期間中8.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、大気汚染削減を目的とした各国政府による環境・安全規制、セメント・鉱業業界の成長、ならびに産業業界における安全な労働環境要件などが考えられます。一方で、公害防止改革の遅れや市場に不利な経済状況により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、プロバイオティクス成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(機能性食品・飲料、医薬品、動物の栄養)分析、ソース(バクテリア、酵母)分析、形態(粉体、液体)分析、エンドユーザー(ヒト、動物)分析、プロバイオティクス成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外受精(IVF)の世界市場:インキュベータ、グライオシステム、精子分離システム、凍結保存媒体、胚培養媒体
    当調査レポートでは、体外受精(IVF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、体外受精(IVF)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポップコーンメーカーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポップコーンメーカーの世界市場について調査・分析し、ポップコーンメーカーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポップコーンメーカーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポップコーンメーカー種類別分析(10カップ未満、10-20カップ、21カップ以上)、ポップコーンメーカー用途別分析(家庭用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポップコーンメーカーの市場概観 ・ポップコーンメーカーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポップコーンメーカーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポップコーンメーカーの世界市場規模 ・ポップコーンメーカーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポップコーンメーカーのアメリカ市場規模推移 ・ポップコーンメーカーのカナダ市場規模推移 ・ポップコーンメーカーのメキシコ市場規模推移 ・ポップコーンメーカーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ポップコーンメーカーのドイツ市場規模推移 ・ポ …
  • アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の監視用装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の監視用装置市場2015について調査・分析し、監視用装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオテキスタイルチューブの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ジオテキスタイルチューブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(織布、不織布)分析、エンドユーズ別(海洋及び油圧、環境工学、農業工学、建設)分析、ジオテキスタイルチューブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ジオテキスタイルチューブの世界市場規模が2019年18億万ドルから2024年33億万ドルまで年平均10.0%成長すると予測しています。
  • 種子コーティング材料の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、種子コーティング材料の世界市場について調査・分析し、種子コーティング材料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 種子コーティング材料の世界市場:市場動向分析 - 種子コーティング材料の世界市場:競争要因分析 - 種子コーティング材料の世界市場:用途別 雑穀及び穀物 生花及び観賞用 果物及び野菜 油性種子及び豆類 その他の用途 - 種子コーティング材料の世界市場:種類別 着色剤 ミネラル/軽石 小球 ポリマー その他の種類 - 種子コーティング材料の世界市場:主要地域別分析 - 種子コーティング材料の北米市場規模(アメリカ市場等) - 種子コーティング材料のヨーロッパ市場規模 - 種子コーティング材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・種子コーティング材料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の末梢冠動脈形成バルーン市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、末梢冠動脈形成バルーンのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・末梢冠動脈形成バルーンの概要 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:開発段階別分析 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:セグメント別分析 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:領域別分析 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:規制Path別分析 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別末梢冠動脈形成バルーンの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・末梢冠動脈形成バルーンの最近動向
  • ゲーミフィケーションの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ゲーミフィケーションの世界市場について調べ、ゲーミフィケーションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ゲーミフィケーションの市場規模をセグメンテーション別(用途別(消費者主導型アプリケーション、エンタープライズ駆動型アプリケーション)、エンドユーザー別(健康管理、エンターテインメント、教育、小売、消費財、メディア、その他)、ニード別(ユーザーエンゲージメント、ブランド・ロイヤルティー、ブランド認知度、トレーニング、動機))と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はゲーミフィケーションの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均30%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ゲーミフィケーションの市場状況 ・ゲーミフィケーションの市場規模 ・ゲーミフィケーションの市場予測 ・ゲーミフィケーションの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(消費者主導型アプ …
  • アイルランドの膝関節再建装置市場見通し
  • 感染症診断の世界市場:製品・サービス別(アッセイ、キット、試薬、装置、サービス、ソフトウェア)、技術別、疾患別、需要先別、地域別予測
    本資料は、感染症診断の世界市場について調べ、感染症診断の世界規模、市場動向、市場環境、製品・サービス別(アッセイ、キット、試薬、装置、サービス、ソフトウェア)分析、技術別分析、疾患別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・感染症診断の世界市場概要 ・感染症診断の世界市場環境 ・感染症診断の世界市場動向 ・感染症診断の世界市場規模 ・感染症診断の世界市場規模:製品・サービス別(アッセイ、キット、試薬、装置、サービス、ソフトウェア) ・感染症診断の世界市場規模:技術別 ・感染症診断の世界市場規模:疾患別 ・感染症診断の世界市場規模:需要先別 ・感染症診断の世界市場:地域別市場規模・分析 ・感染症診断の北米市場規模・予測 ・感染症診断のアメリカ市場規模・予測 ・感染症診断のヨーロッパ市場規模・予測 ・感染症診断のアジア市場規模・予測 ・感染症診断の日本市場規模・予測 ・感染症診断の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • アルファ7アセチルコリンニコチン受容体(nAChR)アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ7アセチルコリンニコチン受容体(nAChR)アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ7アセチルコリンニコチン受容体(nAChR)アゴニストの概要 ・アルファ7アセチルコリンニコチン受容体(nAChR)アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ7アセチルコリンニコチン受容体(nAChR)アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ7アセチルコリンニコチン受容体(nAChR)アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ7アセチルコリンニコチン受容体(nAChR)アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場について調査・分析し、ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:用途別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:製品別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 圧電機器の世界市場2016-2020:アクチュエータ、ピエゾジェネレータ、トランスデューサー、センサー、加速装置、ピエゾトランスフォーマー、共振器、音響装置、超音波モーター
    当調査レポートでは、圧電機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧電機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コンピュータ支援ディスパッチの世界市場2018–2025:構成要素別、用途別(通話管理、ディスパッチユニット管理、報告・分析)、業界別(政府、ヘルスケア、輸送機械)
    本調査レポートでは、コンピュータ支援ディスパッチの世界市場について調査・分析し、コンピュータ支援ディスパッチの世界市場動向、コンピュータ支援ディスパッチの世界市場規模、市場予測、セグメント別コンピュータ支援ディスパッチ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 歯周病(Periodontal Disease):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、歯周病(Periodontal Disease)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯周病(Periodontal Disease):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・歯周病(Periodontal Disease)のフェーズ3治験薬の状況 ・歯周病(Periodontal Disease)治療薬の市場規模(販売予測) ・歯周病(Periodontal Disease)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・歯周病(Periodontal Disease)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の歯周病(Periodontal Disease)治療薬剤
  • ベーカリー&シリアルのチリ市場
  • 射出成形機の世界市場予測(~2023年):油圧式、全電動式、ハイブリッド
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、射出成形機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別(プラスチック、ゴム、金属)分析、機械の種類別(油圧式、全電動式、ハイブリッド)分析、最終用途産業別(自動車、パッケージジング、消費財)分析、型締力別(0~200、201~500、500超)分析、射出成形機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ストロボスコープの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ストロボスコープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストロボスコープの世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カラーコンタクトレンズの世界市場
    当調査レポートでは、カラーコンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カラーコンタクトレンズの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用装具・補綴の世界市場予測2019-2024
    「動物用装具・補綴の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、装具、補綴など、用途別には、Veterinary Clinic、Rehabilitation Center、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。動物用装具・補綴のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・動物用装具・補綴の世界市場概要(サマリー) ・動物用装具・補綴の企業別販売量・売上 ・動物用装具・補綴の企業別市場シェア ・動物用装具・補綴の世界市場規模:種類別(装具、補綴) ・動物用装具・補綴の世界市場規模:用途別(Veterinary Clinic、Rehabilitation Center、Others) ・動物用装具・補綴の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・動物用装具・補綴のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・動物用装具・補綴の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・動 …
  • 接着剤およびシーラントの世界市場予測(~2023年):水溶性、油溶性、ホットメルト型、反応型、その他
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、接着剤およびシーラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別(水溶性、油溶性、ホットメルト型、反応型、その他)分析、シーラントの樹脂別(シリコーン、ポリウレタン、プラスチゾル、エマルジョン、ブチル、ポリスルフィド)分析、接着剤およびシーラントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶接消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、溶接消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接消耗品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料電池の世界市場:PEMFC、SOFC、MCFC、DMFC
    当調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料電池の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • でん粉誘導体の世界市場
    当調査レポートでは、でん粉誘導体の世界市場について調査・分析し、でん粉誘導体の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 歯科用接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、歯科用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用接着剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用イグニッションコイルの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用イグニッションコイルの世界市場について調査・分析し、自動車用イグニッションコイルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:市場動向分析 - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:競争要因分析 - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:製品別 ・電子式ディストリビューターコイル ・缶型イグニッションコイル ・ダブルスパークコイル ・イグニッションコイルレール ・ペンシル型イグニッションコイル ・その他 - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:車両の種類別 ・乗用車 ・小型商用車 ・大型商用車(HCV) - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:流通経路別 ・アフターマーケット ・相手先商標製品の製造会社(OEM) - 自動車用イグニッションコイルの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用イグニッションコイルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用イグニッションコイルのヨーロッパ市場規模 - 自動車用イグニッションコイルのアジア …
  • ソーセージ・ホットドッグ用包装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ソーセージ・ホットドッグ用包装の世界市場について調査・分析し、ソーセージ・ホットドッグ用包装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ソーセージ・ホットドッグ用包装シェア、市場規模推移、市場規模予測、ソーセージ・ホットドッグ用包装種類別分析()、ソーセージ・ホットドッグ用包装用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装の市場概観 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装の世界市場規模 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のアメリカ市場規模推移 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のカナダ市場規模推移 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のメキシコ市場規模推移 ・ソーセージ・ホットドッグ用包装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • ポーランドのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 庭・芝用ツールの世界市場:芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー
    Technavio社の本調査レポートでは、庭・芝用ツールの世界市場について調べ、庭・芝用ツールの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、庭・芝用ツールの市場規模をセグメンテーション別(製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー)、エンドユーザ別(家庭用、商業用)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は庭・芝用ツールの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・庭・芝用ツールの市場状況 ・庭・芝用ツールの市場規模 ・庭・芝用ツールの市場予測 ・庭・芝用ツールの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー) ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭用、商業用) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・庭・芝用ツールの …
  • 中空マイクロスフェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、中空マイクロスフェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中空マイクロスフェアの世界市場規模及び予測、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒュームドシリカの世界市場予測(~2022年):親水性フュームドシリカ、疎水性フュームドシリカ
    当調査レポートでは、ヒュームドシリカの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ヒュームドシリカの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用スウェイバー(スタビライザー)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用スウェイバー(スタビライザー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用スウェイバー(スタビライザー)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用スウェイバー(スタビライザー)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CARROSSER、ZF Group等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"