"世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3450)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global smart water management market size to grow at a CAGR of 12.9% during the forecast period.
The smart water management market size is projected to grow from USD 11.7 billion in 2019 to USD 21.4 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 12.9% during the forecast period. The smart water management market is driven by factors, such as the rising demand for quality water services, need to replace aging water infrastructure, rising digitalization of utilities sector, and government regulations favoring the development of smart water management solutions. However, factors such as reduced shelf life of smart meters and lack of digitally skilled workforce restrain the growth of the market.

By offering, services segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The smart water management market by offering is segmented into water meters, solutions, and services. The services segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. Services are the most promising offering in the smart water management market as they create a high degree of smart characteristics and autonomy in the utilities sector. They are designed to meet interoperability challenges that occur due to varied heterogeneous devices, along with managing large volumes of data and offering end users with training, consulting, support, security, and privacy services.

By offering, solutions segment to hold the largest market size during 2019
The smart water management market by offering has been segmented into water meters, solutions, and services. The solutions segment holds the largest market size of smart water management market due to the increasing demand for technology solutions to modernize legacy infrastructure, rising technological adoption, and growing need for cost optimization .

Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Factors such as flexible economic conditions, industrialization- and globalization-motivated policies of governments, and expanding digitalization are expected to contribute to the growth of the smart water management market in the region.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), innovation and technology directors, system integrators, and executives from various key organizations operating in the smart water management market.
 By Company: Tier I: 45%, Tier II: 40%, and Tier III: 15%
 By Designation: C-Level Executives: 40%, Directors: 35%, Managers: 15% and Others: 10%
 By Region: North America: 15%, APAC: 35%, Europe: 40%, and RoW: 10%
The report includes the study of key players offering smart water management solutions and services. It profiles major vendors in the global smart water management market. Major vendors in the smart water management market are ABB (Switzerland), Arad Group (Israel), AquamatiX (UK), Badger Meter (US), Honeywell Elster (US), Huawei (China), HydroPoint (US), IBM (US), i2O (UK), Itron, Inc. (US), Oracle (US), Landis+Gyr (Switzerland), Sensus (US), Schneider Electric (France), Siemens (Germany), Suez (France), SenzIoT (India), TaKaDu (Israel), Trimble Water (US), and XENIUS (India). It further includes an in-depth competitive analysis of key players in the smart water management market, along with their company profiles, business overviews, product offerings, recent developments, and market strategies.

Research Coverage
The market study covers the smart water management market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market, across different segments, such as offering, end user, and region. The study further includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall smart water management market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.2.1 Key Industry Insights
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Methodology
2.6 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Smart Water Management Market
4.2 Market By Offering, 2019
4.3 Market By Solution, 2017–2024
4.4 Market By Service, 2019 Vs. 2024
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 40)
5.1 Market Overview
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Need for Sustainable Water Solutions
5.2.1.2 Need for a Significant Reduction in Loss Due to Non-Revenue Water
5.2.1.3 Rising Need to Replace the Aging Water Infrastructure
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Digitally Skilled Workforce
5.2.2.2 Reduced Shelf Life of Smart Meters
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Global Smart City Initiatives
5.2.3.2 Government Initiatives and Regulatory Implementations for Promoting Smart Water Solutions
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Difficulty in Technology Implementation Over the Legacy Infrastructure
5.2.4.2 High Initial Investments and Lower Return on Investment
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case 1: Korea Water Resources Corporation
5.3.2 Use Case 2: Trimble Water
5.3.3 Use Case 3: Mueller Systems
5.3.4 Use Cases 4: Hal24k
5.3.5 Use Cases 5: AT&T
5.4 Value Chain Analysis
6 Smart Water Management, By Offering (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Water Meters
6.2.1 AMR/AMR+ Meters
6.2.1.1 AMR/AMR+ Meters: Smart Water Management Market Drivers
6.2.2 AMI Meters
6.2.2.1 AMI Meters: Market Drivers
6.3 Solutions
6.3.1 Enterprise Asset Management
6.3.1.1 Enterprise Asset Management: Market Drivers
6.3.1.2 Asset Condition Monitoring
6.3.1.3 Predictive Maintenance
6.3.2 Analytics and Data Management
6.3.2.1 Analytics and Data Management: Market Drivers
6.3.2.2 Meter Data Management
6.3.2.3 Supervisory Control and Data Acquisition
6.3.3 Security
6.3.3.1 Security: Smart Water Management Market Drivers
6.3.4 Smart Irrigation Management
6.3.4.1 Smart Irrigation: Market Drivers
6.3.5 Advanced Pressure Management
6.3.5.1 Advanced Pressure Management: Market Drivers
6.3.6 Mobile Workforce Management
6.3.6.1 Mobile Workforce Management: Market Drivers
6.3.7 Network Management
6.3.7.1 Network Management: Market Drivers
6.3.8 Customer Information System and Billing
6.3.8.1 Customer Information System and Billing: Market Drivers
6.3.9 Leak Detection
6.3.9.1 Leak Detection: Smart Water Management Market Drivers
6.3.10 Others
6.4 Services
6.4.1 Professional Services
6.4.1.1 Professional Services: Market Drivers
6.4.1.2 Consulting Services
6.4.1.3 System Integration and Deployment Services
6.4.1.4 Support and Maintenance Services
6.4.2 Managed Services
6.4.2.1 Managed Services: Market Drivers
7 Smart Water Management, By End User (Page No. – 75)
7.1 Introduction
7.2 Commercial and Industrial
7.2.1 Commercial and Industrial: Market Drivers
7.3 Residential
7.3.1 Residential: Market Drivers
8 Smart Water Management Market, By Region (Page No. – 79)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States
8.2.1.1 United States: Market Drivers
8.3 Europe
8.3.1 United Kingdom
8.3.1.1 United Kingdom: Market Drivers
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 China: Market Drivers
8.5 Middle East and Africa
8.6 Latin America
9 Competitive Landscape (Page No. – 115)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Dynamic Differentiators
9.2.3 Innovators
9.2.4 Emerging Companies
10 Company Profiles (Page No. – 117)
10.1 Introduction
(Business Overview, Solutions, Products & Services, Organic & Inorganic Growth, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.2 ABB
10.3 IBM
10.4 Honeywell Elster
10.5 Siemens
10.6 Itron
10.7 Schneider Electric
10.8 Suez
10.9 Oracle
10.10 Landis + Gyr
10.11 Sensus
10.12 Arad Group
10.13 Huawei
10.14 Trimble Water
10.15 HydroPoint
10.16 i2O Water
10.17 XENIUS
10.18 Senziot
10.19 TaKaDu
10.20 Badger Meter
10.21 Aquamatix
10.22 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Solutions, Products & Services, Organic & Inorganic Growth, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 156)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customization
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3450
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のスマート水管理市場:水道メーター別(AMR&AMI)、ソリューション別(EAM、ネットワーク管理、SCADA、高度圧力管理、MDM、スマート灌漑)、サービス別、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 産業用ルータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ルータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業用ルータの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 介護付き住宅管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、介護付き住宅管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、介護付き住宅管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ユーザー・エンティティ行動分析(UEBA)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ユーザー・エンティティ行動分析(UEBA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、導入方式別分析、産業別分析、地域別分析、ユーザー・エンティティ行動分析(UEBA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サーキットトレーサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、サーキットトレーサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サーキットトレーサー市場規模、エンドユーザ別(サービスプロバイダ、工業ユーザ、商業ユーザ) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サーキットトレーサーの世界市場概要 ・サーキットトレーサーの世界市場環境 ・サーキットトレーサーの世界市場動向 ・サーキットトレーサーの世界市場規模 ・サーキットトレーサーの世界市場:業界構造分析 ・サーキットトレーサーの世界市場:エンドユーザ別(サービスプロバイダ、工業ユーザ、商業ユーザ) ・サーキットトレーサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・サーキットトレーサーの北米市場規模・予測 ・サーキットトレーサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サーキットトレーサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・サーキットトレーサーの主要国分析 ・サーキットトレーサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・サーキットトレーサーの世界 …
  • 時計の世界市場:製品別、流通経路別
    本レポートは、時計の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・時計の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • アスファルトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アスファルトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アスファルト市場規模、用途別(道路、防水、レクリエーション、その他)分析、最終用途別(非住居建設、住居建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アスファルトの世界市場概要 ・アスファルトの世界市場環境 ・アスファルトの世界市場動向 ・アスファルトの世界市場規模 ・アスファルトの世界市場:業界構造分析 ・アスファルトの世界市場:用途別(道路、防水、レクリエーション、その他) ・アスファルトの世界市場:最終用途別(非住居建設、住居建設、その他) ・アスファルトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アスファルトのアメリカ市場規模・予測 ・アスファルトのヨーロッパ市場規模・予測 ・アスファルトのアジア市場規模・予測 ・アスファルトの主要国分析 ・アスファルトの世界市場:意思決定フレームワーク ・アスファルトの世界市場:成長要因、課題 ・アスファルトの世界市場 …
  • 地上設置型変圧器の世界市場:工業用、商業用、住宅用、単相変圧器、三相変圧器
    当調査レポートでは、地上設置型変圧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、需要先別分析、種類別分析、定格出力別分析、絶縁形態別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の神経派生型チップ市場2015
    本調査レポートでは、世界の神経派生型チップ市場2015について調査・分析し、神経派生型チップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセス攪拌機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プロセス攪拌機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、プロセス攪拌機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 液体飼料添加物の世界市場:タンパク質、ミネラル、ビタミン
    当調査レポートでは、液体飼料添加物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、原料別分析、家畜別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の倒立型顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の倒立型顕微鏡市場2015について調査・分析し、倒立型顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場:技術別(CTC濃縮法、CTC検出法、CTC分析)、用途別(がん細胞研究、EMTバイオマーカー開発、腫瘍形成研究)、地域別予測
    本資料は、循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場について調べ、循環腫瘍細胞(CTC)の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(CTC濃縮法、CTC検出法、CTC分析)分析、用途別(がん細胞研究、EMTバイオマーカー開発、腫瘍形成研究)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場概要 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場環境 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場動向 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模 ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模:技術別(CTC濃縮法、CTC検出法、CTC分析) ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場規模:用途別(がん細胞研究、EMTバイオマーカー開発、腫瘍形成研究) ・循環腫瘍細胞(CTC)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・循環腫瘍細胞(CTC)の北米市場規模・予測 ・循環腫瘍細胞(CTC)のアメリカ市場規模・予測 ・循環腫瘍細胞(CTC)のヨーロッパ市場規模・予測 ・循環腫瘍細胞(CTC)のアジア …
  • 製菓・製パン材料の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、製菓・製パン材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、製菓・製パン材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイクログリッド市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクログリッド市場2015について調査・分析し、マイクログリッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドキュメントリーダーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ドキュメントリーダーの世界市場について調査・分析し、ドキュメントリーダーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ドキュメントリーダーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ドキュメントリーダー種類別分析(卓上、携帯用)、ドキュメントリーダー用途別分析(航空会社・空港、セキュリティ・政府、ホテル・旅行会社、鉄道駅・バスターミナル、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ドキュメントリーダーの市場概観 ・ドキュメントリーダーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ドキュメントリーダーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ドキュメントリーダーの世界市場規模 ・ドキュメントリーダーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ドキュメントリーダーのアメリカ市場規模推移 ・ドキュメントリーダーのカナダ市場規模推移 ・ドキュメントリーダーのメキシコ市場規模推移 ・ドキュメントリーダーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ドキュメント …
  • オートバイ用排気システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用排気システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用排気システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用排気システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkrapovic、FMF、Metal Industria Val Vibrata、Two Brothers Racing、Vance & Hines、Yoshimura等です。
  • リチウムイオン電池の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、リチウムイオン電池の世界市場について調査・分析し、リチウムイオン電池の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・リチウムイオン電池の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・リチウムイオン電池の世界市場:セグメント別市場分析 ・リチウムイオン電池の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 押出ポリプロピレン(XPP)フォームの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、押出ポリプロピレン(XPP)フォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ別(低密度、高密度)分析、最終用途産業別(自動車、パッケージング、建築・建設)分析、押出ポリプロピレン(XPP)フォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドローン識別システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ドローン識別システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ドローン識別システム市場規模、技術別分析、最終用途別(軍事用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ドローン識別システムの世界市場概要 ・ドローン識別システムの世界市場環境 ・ドローン識別システムの世界市場動向 ・ドローン識別システムの世界市場規模 ・ドローン識別システムの世界市場:業界構造分析 ・ドローン識別システムの世界市場:技術別 ・ドローン識別システムの世界市場:最終用途別(軍事用、商業用) ・ドローン識別システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ドローン識別システムのアメリカ市場規模・予測 ・ドローン識別システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・ドローン識別システムのアジア市場規模・予測 ・ドローン識別システムの主要国分析 ・ドローン識別システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・ドローン識別システムの世界市場:成長要因、課題 ・ド …
  • クラウドソーシングテストの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クラウドソーシングテストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、テスト種類別(パフォーマンステスト、機能テスト、ユーザビリティテスト、ローカリゼーションテスト、およびセキュリティテスト)分析、プラットフォーム別分析、組織規模別分析、業種別分析、クラウドソーシングテストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クラウドソーシングテストの世界市場規模が2019年13億ドルから2024年20億ドルまで年平均9.9%成長すると予測しています。
  • マッサージオイルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マッサージオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マッサージオイルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プラスチックベースウォーター包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチックベースウォーター包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチックベースウォーター包装の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用48Vシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用48Vシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用48Vシステム市場規模、用途別(マイルドHEV、低電力BEV、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用48Vシステムの世界市場概要 ・自動車用48Vシステムの世界市場環境 ・自動車用48Vシステムの世界市場動向 ・自動車用48Vシステムの世界市場規模 ・自動車用48Vシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用48Vシステムの世界市場:用途別(マイルドHEV、低電力BEV、その他) ・自動車用48Vシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用48Vシステムの北米市場規模・予測 ・自動車用48Vシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用48Vシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用48Vシステムの主要国分析 ・自動車用48Vシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用48Vシステムの世界 …
  • 婦人科手術用器具の世界市場予測(~2021年):剪刀、鉗子、トロカール、膣鏡(SIMS、CUSCO)、持針器
    当調査レポートでは、婦人科手術用器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、婦人科手術用器具の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クロマトグラフィーの世界市場:液体クロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー、イオン交換クロマトグラフィー
    当調査レポートでは、クロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ルーフィング(屋根材)の世界市場予測(~2026):材料、化学品、住宅用、商業施設用、非住宅用
    当調査レポートでは、ルーフィング(屋根材)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ルーフィング(屋根材)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 創薬サービスの世界市場予測(~2022年):医薬品化学、生物学サービス、DMPK
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、創薬サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、プロセス別分析、種類別分析、薬品タイプ別分析、治療分野別分析、創薬サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベータ2受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータ2受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータ2受容体アンタゴニストの概要 ・ベータ2受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のベータ2受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータ2受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータ2受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 家族性高コレステロール血症(II型高リポ蛋白血症):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、家族性高コレステロール血症(II型高リポ蛋白血症)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・家族性高コレステロール血症(II型高リポ蛋白血症):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・家族性高コレステロール血症(II型高リポ蛋白血症)のフェーズ3治験薬の状況 ・家族性高コレステロール血症(II型高リポ蛋白血症)治療薬の市場規模(販売予測) ・家族性高コレステロール血症(II型高リポ蛋白血症)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・家族性高コレステロール血症(II型高リポ蛋白血症)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の家族性高コレステロール血症(II型高リポ蛋白血症)治療薬剤
  • 南アフリカのボトルドウォーター市場2016-2020
    当調査レポートでは、南アフリカのボトルドウォーター市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、南アフリカのボトルドウォーター市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋のクラウドBPO市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のクラウドBPO市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のクラウドBPO市場規模及び予測、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アミン類の世界市場2014-2025:製品別(エタノールアミン、脂肪アミン、アルキルアミン)、用途別(作物保護、界面活性剤、水処理、パーソナルケア、ガス処理)
    本調査レポートでは、アミン類の世界市場について調査・分析し、アミン類の世界市場動向、アミン類の世界市場規模、市場予測、セグメント別アミン類市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の1-ブロモペンタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の1-ブロモペンタン市場2016について調査・分析し、1-ブロモペンタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 車輪型掘削機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、車輪型掘削機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、車輪型掘削機の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 音声分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、音声分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション・サービス)分析、用途別(センチメント分析、販売およびマーケティング管理、通話監視)分析、展開モデル別分析、組織規模別分析、音声分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、音声分析の世界市場規模が2019年657百万ドルから2024年1697百万ドルまで年平均19.4%成長すると予測しています。
  • 定置用燃料電池の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、定置用燃料電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、定置用燃料電池市場規模、用途別(プライム出力、CHP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・定置用燃料電池の世界市場概要 ・定置用燃料電池の世界市場環境 ・定置用燃料電池の世界市場動向 ・定置用燃料電池の世界市場規模 ・定置用燃料電池の世界市場:業界構造分析 ・定置用燃料電池の世界市場:用途別(プライム出力、CHP) ・定置用燃料電池の世界市場:地域別市場規模・分析 ・定置用燃料電池のアメリカ市場規模・予測 ・定置用燃料電池のヨーロッパ市場規模・予測 ・定置用燃料電池のアジア市場規模・予測 ・定置用燃料電池の主要国分析 ・定置用燃料電池の世界市場:意思決定フレームワーク ・定置用燃料電池の世界市場:成長要因、課題 ・定置用燃料電池の世界市場:競争環境 ・定置用燃料電池の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 有機農薬の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、有機農薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有機農薬市場規模、製品別(合成、天然)分析、作物別(耕地作物、樹園作物)分析、用途別(ポストハーベスト、農場、種子処理)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 有機農薬の世界市場:市場動向分析 ・ 有機農薬の世界市場:競争要因分析 ・ 有機農薬の世界市場:製品別(合成、天然) ・ 有機農薬の世界市場:作物別(耕地作物、樹園作物) ・ 有機農薬の世界市場:用途別(ポストハーベスト、農場、種子処理) ・ 有機農薬の世界市場:主要地域別分析 ・ 有機農薬の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 有機農薬のヨーロッパ市場規模 ・ 有機農薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・有機農薬の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場
    当調査レポートでは、循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・循環性腫瘍細胞(CTC)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・循環性腫瘍細胞(CTC)のアメリカ市場規模予測 ・循環性腫瘍細胞(CTC)のヨーロッパ市場規模予測 ・循環性腫瘍細胞(CTC)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • カルボキシメチルセルロースの世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、カルボキシメチルセルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カルボキシメチルセルロースの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アクリル酸の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、アクリル酸の世界市場について調査・分析し、アクリル酸の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - アクリル酸の世界市場:市場動向分析 - アクリル酸の世界市場:競争要因分析 - アクリル酸の世界市場:エンドユーザー別 ・封止め剤・接着剤産業 ・プラスチック添加材産業 ・パーソナルケア製品 ・有機化学薬品 ・表面被覆 ・水処理 ・界面活性剤 ・テキスタイル ・おむつ ・その他 - アクリル酸の世界市場:誘導型別 ・アクリルポリマー ・アクリル酸エステル ・その他 - アクリル酸の世界市場:主要地域別分析 - アクリル酸の北米市場規模(アメリカ市場等) - アクリル酸のヨーロッパ市場規模 - アクリル酸のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・アクリル酸の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • キューバの市場見通し(~2021年)
  • 中国の末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 使い捨て保護服の世界市場:材料別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステルなど)、用途別(熱、機械、化学、放射線、その他)、最終用途産業別(製造、石油およびガス、ヘルスケア、防衛、その他)
    当調査レポートでは、使い捨て保護服の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、材料別分析、用途別分析、最終用途産業別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・使い捨て保護服の世界市場:材料別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステルなど) ・使い捨て保護服の世界市場:用途別(熱、機械、化学、放射線、その他) ・使い捨て保護服の世界市場:最終用途産業別(製造、石油およびガス、ヘルスケア、防衛、その他) ・使い捨て保護服の世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • レーザーの世界市場2017-2021:O2レーザー、ファイバレーザー、SSL
    当調査レポートでは、レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療産業におけるIoT(モノのインターネット)市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の医療産業におけるIoT(モノのインターネット)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、世界の医療産業におけるIoT(モノのインターネット)市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスタービンの世界市場予測および動向(~2020)
    当調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、容量別分析、用途別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 聴覚保護具の世界市場2017-2021:耳栓、耳あて
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、聴覚保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、聴覚保護具の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は聴覚保護具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Etymotic Research、Honeywell、Phonak等です。
  • 自動車用ドライブトレインの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用ドライブトレインの世界市場について調査・分析し、自動車用ドライブトレインの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:駆動種類別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:車両種類技術別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:電気車両種類別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:トランスミッション別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:エンジン位置別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:エンジン種類別分析 ・自動車用ドライブトレインの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ネットワーク対応兵器(NEW)市場規模、用途別(海上発射、空中発射、地上発射)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場概要 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場環境 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場動向 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場規模 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場:業界構造分析 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場:用途別(海上発射、空中発射、地上発射) ・ネットワーク対応兵器(NEW)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ネットワーク対応兵器(NEW)のアメリカ市場規模・予測 ・ネットワーク対応兵器(NEW)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ネットワーク対応兵器(NEW)のアジア市場規模・予測 ・ネットワーク対応兵器(NEW)の主要国分析 ・ネットワーク対 …
  • スクレロチン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスクレロチン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スクレロチン阻害剤の概要 ・スクレロチン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスクレロチン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スクレロチン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スクレロチン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"