"世界の3Dプリント金属市場:フォーム別(粉末、フィラメント)、技術別(PBF、DED、バインダージェット、金属押出)、金属種類別(チタン、ニッケル、ステンレス、アルミニウム)、最終用途産業別(A&D、自動車、医療、歯科)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 4171)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の3Dプリント金属市場:フォーム別(粉末、フィラメント)、技術別(PBF、DED、バインダージェット、金属押出)、金属種類別(チタン、ニッケル、ステンレス、アルミニウム)、最終用途産業別(A&D、自動車、医療、歯科)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The 3D printing metals market is projected to grow at a CAGR of 32.5% between 2019 and 2024”
The 3D printing metals market is estimated to be USD 774 million in 2019 and is projected to reach USD 3,159 million by 2024, at a CAGR of 32.5% from 2019 to 2024. The increasing demand from the aerospace & defense and automotive industries, mass customization of complex metal objects, reductions in lead times, and possibilities to manufacture small, thin-walled, and complex structures at low-cost are major factors responsible for the growth of 3D printing metals market.

“The aerospace & defense segment is expected to hold the largest share of the 3D printing metals market during the forecast period”
The aerospace & defense application segment accounted for the largest share of the 3D printing metals market in 2018. The aerospace & defense industry has a specific requirement for lightweight and high strength components, with accurate and precise designs. Metals such as titanium are used extensively in this industry as they can withstand high temperatures and are resistant to wear & tear. Therefore, the demand for high strength materials to manufacture complex geometries is a major factor driving the demand for 3D printing metals in the aerospace & defense end-use industry.

“The powder bed fusion segment is expected to lead the 3D printing metals market during the forecast period”
Powder bed fusion is the most common technology used globally, and it accounts for the largest share of the 3D printing metals market. This technology is projected to grow at the fastest rate, owing to the increasing demand for metal powders from the aerospace & defense and automotive industries. Metal products manufactured using powder bed fusion have high density and mechanical and impact strength. Hence, powder bed fusion technology is widely used in the automotive and aerospace industries.

“The titanium segment is expected to lead the 3D printing metals market during the forecast period”
Based on metal type, the titanium segment is estimated to account for the largest share of the 3D printing metals market in 2019. The 3D printed titanium is primarily used in dental & medical applications because of its non-toxic nature, high strength, and resistance to corrosion. The growing demand from these end-use industries has increased the production of titanium. Titanium is used in aerospace & defense applications, owing to its capability to withstand extreme conditions such as high impact and high temperature.

“Asia Pacific is estimated to grow at the highest CAGR of the 3D printing metals market during the forecast period”
The Asia Pacific 3D printing metals market has been studied for China, Japan, India, South Korea, and the Rest of Asia Pacific. The Asia Pacific region is a lucrative market for 3D printing metals, owing to industrial development and improving economic conditions. Product innovations, new research and development projects, and increasing demand from the aerospace & defense industry have also fueled the demand for 3D printing metals in this region. Metal powder and printer manufacturers in North America and Europe are expanding their business in the Asia Pacific region and there is a vast knowledge transfer taking place between developed and emerging countries through active engagements in different forums.

Breakdown of primary interviews for the report on the 3D printing metals market
• By Company Type – Tier 1 – 16%, Tier 2 –36%, and Tier 3 – 48%
• By Designation – C-Level – 16%, D-Level Executives – 24%, and Others – 60%
• By Region –Asia Pacific – 20%, Europe – 36%, North America – 24%, Middle East & Africa – 12% South America – 8%,
Some of the leading manufacturers of 3D printing metals profiled in this report include 3D Systems Corporation (US), Stratasys Ltd. (US), Renishaw plc (UK), General Electric Company (US), Carpenter Technology Corporation (US), Materialise NV (Belgium), Voxeljet AG (Germany), Sandvik AB (Sweden), EOS GmbH Electro Optical Systems (Germany), The ExOne Company (US), and Proto Labs, Inc. (US)

Research Coverage
This report covers the 3D printing metals market by form, technology, metal type, end-use industry, and region. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across various segments. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their profiles and key growth strategies.

Key Benefits of Buying the Report
From an insight perspective, this report focuses on various levels of analyses, such as industry analysis (industry trends) and company profiles. These insights together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape, emerging and high-growth segments, high-growth regions, and drivers, restraints, opportunities, and challenges in the 3D printing metals market.

The report provides insights on the following:
• Market Penetration: Comprehensive information on various raw materials and processes of 3D printing metals offered by top players operating in the market

• Product Development/Innovation: Detailed insights into upcoming developments in 3D printing metals, R&D activities, and new applications in various end-use industries in the market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative and emerging markets across different regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the 3D printing metals market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the 3D printing metals market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の3Dプリント金属市場:フォーム別(粉末、フィラメント)、技術別(PBF、DED、バインダージェット、金属押出)、金属種類別(チタン、ニッケル、ステンレス、アルミニウム)、最終用途産業別(A&D、自動車、医療、歯科)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Units Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 28)
3.1 3D Printing Metals Market, By Type
3.2 3D Printing Metals Market: End-Use Industry Share, By Region
3.3 3D Printing Metals Market, By Region
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the 3D Printing Metals Market
4.2 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry
4.3 3D Printing Metals Market, By Type and End-Use Industry
4.4 3D Printing Metals Market, By Country
4.5 3D Printing Metals Market: Developing vs. Developed Economies
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand From the Aerospace & Defense and Automotive Industry
5.2.1.2 Mass Customization
5.2.1.3 Low Manufacturing Cost
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Limitation of Printer Size
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Potential to Enhance Manufacturing and Supply Chain Management
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Limited Material Requirements of Functional Products
5.2.4.2 Limited Design Tools
5.2.4.3 High Material Cost
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Industry Trends (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
7 3D Printing Metals Market, By Form (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Powder
7.3 Filament
8 3D Printing Metals Market, By Type (Page No. – 48)
8.1 Introduction
8.2 Titanium
8.3 Aluminum
8.4 Nickel
8.5 Stainless Steel
8.6 Silver
8.7 Gold
8.6 Others
9 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 Aerospace & Defense
9.3 Medical & Dental
9.4 Automotive
9.5 Others
10 3D Printing Metals Market, By Region (Page No. – 66)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 North America 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (Tons)
10.2.2 North America 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (USD Million)
10.2.3 North America 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (Tons)
10.2.4 North America 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (USD Million)
10.2.5 North America 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017 – 2024 (Tons)
10.2.6 North America 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017– 2024 (USD Million)
10.2.7 North America 3D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (Tons)
10.2.7.1 US
10.2.7.2 Canada
10.2.7.3 Mexico
10.2.8 North America 3D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (USD Million)
10.2.8.1 US
10.2.8.2 Canada
10.2.8.3 Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Europe 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (Tons)
10.3.2 Europe 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (USD Million)
10.3.3 Europe 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (Tons)
10.3.4 Europe 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (USD Million)
10.3.5 Europe 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017–2024 (Tons)
10.3.6 Europe 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017–2024 (USD Million)
10.3.7 Europe 3D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (Tons)
10.3.7.1 UK
10.3.7.2 Germany
10.3.7.3 Italy
10.3.7.4 France
10.3.7.5 Spain
10.3.7.6 Rest Of Europe
10.3.8 Europe 3D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (USD Million)
10.3.8.1 UK
10.3.8.2 Germany
10.3.8.3 Italy
10.3.8.4 France
10.3.8.5 Spain
10.3.8.6 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (Tons)
10.4.2 Asia Pacific 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (USD Million)
10.4.3 Asia Pacific 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (Tons)
10.4.4 Asia Pacific 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (USD Million)
10.4.5 Asia Pacific 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017–2024 (Tons)
10.4.6 Asia Pacific 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017–2024 (USD Million)
10.4.7 Asia Pacific 3D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (Tons)
10.4.7.1 China
10.4.7.2 India
10.4.7.3 Japan
10.4.7.4 South Korea
10.4.7.5 Rest of Asia Pacific
10.4.8 Asia Pacific D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (USD Million)
10.4.8.1 China
10.4.8.2 India
10.4.8.3 Japan
10.4.8.4 South Korea
10.4.8.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Middle East & Africa 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (Tons)
10.5.2 Middle East & Africa 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (USD Million)
10.5.3 Middle East & Africa 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (Tons)
10.5.4 Middle East & Africa 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (USD Million)
10.5.5 Middle East & Africa 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017–2024 (Tons)
10.5.6 Middle East & Africa 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017–2024 (USD Million)
10.5.7 Middle East & Africa 3D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (Tons)
10.5.7.1 South Africa
10.5.7.2 UAE
10.5.7.3 Saudi Arabia
10.5.7.4 Rest of Middle East & Africa
10.5.8 Middle East & Africa D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (USD Million)
10.5.8.1 South Africa
10.5.8.2 UAE
10.5.8.3 Saudi Arabia
10.5.8.4 Rest of Middle East & Africa
10.6 South America
10.6.1 South America 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (Tons)
10.6.2 South America 3D Printing Metals Market, By Form, 2017–2024 (USD Million)
10.6.3 South America 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (Tons)
10.6.4 South America 3D Printing Metals Market, By Type, 2017–2024 (USD Million)
10.6.5 South America 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017–2024 (Tons)
10.6.6 South America 3D Printing Metals Market, By End-Use Industry, 2017–2024 (USD Million)
10.6.7 South America 3D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (Tons)
10.6.7.1 Brazil
10.6.7.2 Argentina
10.6.7.3 Colombia
10.6.7.4 Rest of South America
10.6.8 South America D Printing Metals Market, By Country, 2017–2024 (USD Million)
10.6.8.1 Brazil
10.6.8.2 Argentina
10.6.8.3 Colombia
10.6.8.4 Rest of South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 106)
11.1 Overview
11.2 Ranking of Key Market Players
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 New Product Developments & Launches
11.3.2 Acquisitions
11.3.3 Agreements
11.3.4 Partnerships
11.3.5 Expansions
11.3.6 Investments
12 Company Profiles (Page No. – 113)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Stratasys Ltd.
12.2 3D Systems Corporation
12.3 Renishaw PLC
12.4 Voxeljet AG
12.5 Sandvik AB
12.6 EOS GmbH Electro Optical Systems
12.7 Titomic Limited
12.8 Höganäs AB
12.9 Materialise NV
12.10 The Exone Company
12.11 GE Additive
12.12 Carpenter Technology Corporation
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.13 Other Companies in the 3D Printing Metals Market
12.13.1 Wipro 3D
12.13.2 Proto Labs, Inc.
12.13.3 LPW Technology Ltd.
12.13.4 Incredible AM Pvt. Ltd.
12.13.5 Pollen AM Inc.
12.13.6 Trumpf GmbH + Co. KG
12.13.7 GKN PLC
13 Appendix (Page No. – 142)
13.1 Insights From Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の3Dプリント金属市場:フォーム別(粉末、フィラメント)、技術別(PBF、DED、バインダージェット、金属押出)、金属種類別(チタン、ニッケル、ステンレス、アルミニウム)、最終用途産業別(A&D、自動車、医療、歯科)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 4171
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の3Dプリント金属市場:フォーム別(粉末、フィラメント)、技術別(PBF、DED、バインダージェット、金属押出)、金属種類別(チタン、ニッケル、ステンレス、アルミニウム)、最終用途産業別(A&D、自動車、医療、歯科)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ナノ粒子トラッキング分析装置(NTA)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ナノ粒子トラッキング分析装置(NTA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノ粒子トラッキング分析装置(NTA)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 検体妥当性試験の世界市場:製品別(試薬、管理、アッセイキット、使い捨て用品)、タイプ別(実験室、POC(概念実証)試験)、エンドユーザー別(作業場所、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリテーションセンター)、地域別予測
    本資料は、検体妥当性試験の世界市場について調べ、検体妥当性試験の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(試薬、管理、アッセイキット、使い捨て用品)分析、タイプ別(実験室、POC(概念実証)試験)分析、エンドユーザー別(作業場所、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリテーションセンター)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・検体妥当性試験の世界市場概要 ・検体妥当性試験の世界市場環境 ・検体妥当性試験の世界市場動向 ・検体妥当性試験の世界市場規模 ・検体妥当性試験の世界市場規模:製品別(試薬、管理、アッセイキット、使い捨て用品) ・検体妥当性試験の世界市場規模:タイプ別(実験室、POC(概念実証)試験) ・検体妥当性試験の世界市場規模:エンドユーザー別(作業場所、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリテーションセンター) ・検体妥当性試験の世界市場:地域別市場規模・分析 ・検体妥当性試験の北米市場規模・予測 ・検体妥当性試験のアメリカ市場 …
  • 栄養補助食品の世界市場
    当調査レポートでは、栄養補助食品の世界市場について調査・分析し、栄養補助食品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 溶接ワイヤーの世界市場
    当調査レポートでは、溶接ワイヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶接ワイヤーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジャガイモ加工の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ジャガイモ加工の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、ジャガイモ加工の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テレハンドラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テレハンドラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレハンドラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床化学分析装置の世界市場分析:製品別(分析装置、試薬)、試験別(BMP、電解質パネル、肝臓パネル、脂質プロファイル、腎プロファイル、甲状腺機能プロファイル、特殊化学検査)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、臨床化学分析装置の世界市場について調査・分析し、臨床化学分析装置の世界市場動向、臨床化学分析装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床化学分析装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • リングメインユニット(RMU)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、リングメインユニット(RMU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、リングメインユニット(RMU)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エジプトの脊椎手術装置市場見通し
  • テールリフトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、テールリフトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テールリフト市場規模、製品別(カンチレバーリフト、スライダーテールリフト、トラックアウェイリフト、コラムリフト)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テールリフトの世界市場概要 ・テールリフトの世界市場環境 ・テールリフトの世界市場動向 ・テールリフトの世界市場規模 ・テールリフトの世界市場:業界構造分析 ・テールリフトの世界市場:製品別(カンチレバーリフト、スライダーテールリフト、トラックアウェイリフト、コラムリフト) ・テールリフトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・テールリフトの北米市場規模・予測 ・テールリフトのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・テールリフトのアジア太平洋市場規模・予測 ・テールリフトの主要国分析 ・テールリフトの世界市場:意思決定フレームワーク ・テールリフトの世界市場:成長要因、課題 ・テールリフトの世界市場:競争環境 ・テ …
  • ガス絶縁変圧器の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガス絶縁変圧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(計器用変成器、その他)別分析、電圧別分析、設置別分析、需要先別分析、ガス絶縁変圧器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 成長ホルモンアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における成長ホルモンアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・成長ホルモンアゴニストの概要 ・成長ホルモンアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の成長ホルモンアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・成長ホルモンアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・成長ホルモンアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • RFアンプチップの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、RFアンプチップの世界市場について調査・分析し、RFアンプチップの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別RFアンプチップシェア、市場規模推移、市場規模予測、RFアンプチップ種類別分析()、RFアンプチップ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・RFアンプチップの市場概観 ・RFアンプチップのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・RFアンプチップのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・RFアンプチップの世界市場規模 ・RFアンプチップの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・RFアンプチップのアメリカ市場規模推移 ・RFアンプチップのカナダ市場規模推移 ・RFアンプチップのメキシコ市場規模推移 ・RFアンプチップのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・RFアンプチップのドイツ市場規模推移 ・RFアンプチップのイギリス市場規模推移 ・RFアンプチップのロシア市場規模推移 ・RFアンプチップのアジア市場分析(日本、中 …
  • WebRTC(ウェブリアルタイムコミュニケーション)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、WebRTC(ウェブリアルタイムコミュニケーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 後生的糖化エンドプロダクト阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における後生的糖化エンドプロダクト阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・後生的糖化エンドプロダクト阻害剤の概要 ・後生的糖化エンドプロダクト阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の後生的糖化エンドプロダクト阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・後生的糖化エンドプロダクト阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・後生的糖化エンドプロダクト阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 検眼鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、検眼鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、検眼鏡市場規模、製品別(直像検眼鏡、倒像検眼鏡)分析、最終用途別(眼科クリニック、病院、ASC)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・検眼鏡の世界市場概要 ・検眼鏡の世界市場環境 ・検眼鏡の世界市場動向 ・検眼鏡の世界市場規模 ・検眼鏡の世界市場:業界構造分析 ・検眼鏡の世界市場:製品別(直像検眼鏡、倒像検眼鏡) ・検眼鏡の世界市場:最終用途別(眼科クリニック、病院、ASC) ・検眼鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・検眼鏡のアメリカ市場規模・予測 ・検眼鏡のヨーロッパ市場規模・予測 ・検眼鏡のアジア市場規模・予測 ・検眼鏡の主要国分析 ・検眼鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・検眼鏡の世界市場:成長要因、課題 ・検眼鏡の世界市場:競争環境 ・検眼鏡の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 睡眠時無呼吸症治療装置の世界市場予測(~2021):製品別、治療別(CPAP、APAP、BPAP、マスク、口腔装置(下顎前方固定装置)、診断別、需要先別
    当調査レポートでは、睡眠時無呼吸症治療装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、治療別分析、診断別分析、需要先別分析、睡眠時無呼吸症治療装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴルフカートのアメリカ市場:乗客定員別、種類別、燃料別、用途別、容量別
  • セラミック基板の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、セラミック基板の世界市場について調査・分析し、セラミック基板の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・セラミック基板の世界市場規模:製品種類別分析 ・セラミック基板の世界市場規模:用途別分析 ・セラミック基板の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • フィルター付きウォーターボトルの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、フィルター付きウォーターボトルの世界市場について調べ、フィルター付きウォーターボトルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フィルター付きウォーターボトルの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフィルター付きウォーターボトルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均15%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フィルター付きウォーターボトルの市場状況 ・フィルター付きウォーターボトルの市場規模 ・フィルター付きウォーターボトルの市場予測 ・フィルター付きウォーターボトルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・フィルター付きウォーターボトルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク …
  • DTC 遺伝子検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、DTC 遺伝子検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DTC 遺伝子検査の世界市場規模及び予測、サービス別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はDTC 遺伝子検査の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 23andMe• LabCorp• Myriad Genetics• Quest Diagnostics等です。
  • 世界の金融産業におけるアウトソーシング市場
    当調査レポートでは、世界の金融産業におけるアウトソーシング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の金融産業におけるアウトソーシング市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コバルトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コバルトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コバルト市場規模、用途別(電池・電子機器、超合金、硬質材料、顔料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コバルトの世界市場概要 ・コバルトの世界市場環境 ・コバルトの世界市場動向 ・コバルトの世界市場規模 ・コバルトの世界市場:業界構造分析 ・コバルトの世界市場:用途別(電池・電子機器、超合金、硬質材料、顔料、その他) ・コバルトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コバルトのアメリカ市場規模・予測 ・コバルトのヨーロッパ市場規模・予測 ・コバルトのアジア市場規模・予測 ・コバルトの主要国分析 ・コバルトの世界市場:意思決定フレームワーク ・コバルトの世界市場:成長要因、課題 ・コバルトの世界市場:競争環境 ・コバルトの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 暴動取り締まり装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、暴動取り締まり装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、暴動取り締まり装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデジタルX線装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、デジタルX線装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デジタルX線装置の概要 ・デジタルX線装置の開発動向:開発段階別分析 ・デジタルX線装置の開発動向:セグメント別分析 ・デジタルX線装置の開発動向:領域別分析 ・デジタルX線装置の開発動向:規制Path別分析 ・デジタルX線装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別デジタルX線装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・デジタルX線装置の最近動向
  • ポータブルグラインダーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポータブルグラインダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポータブルグラインダー市場規模、用途別(業務用、一般消費者用)分析、製品別(コード付き、コードレス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポータブルグラインダーの世界市場概要 ・ポータブルグラインダーの世界市場環境 ・ポータブルグラインダーの世界市場動向 ・ポータブルグラインダーの世界市場規模 ・ポータブルグラインダーの世界市場:業界構造分析 ・ポータブルグラインダーの世界市場:用途別(業務用、一般消費者用) ・ポータブルグラインダーの世界市場:製品別(コード付き、コードレス) ・ポータブルグラインダーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポータブルグラインダーの北米市場規模・予測 ・ポータブルグラインダーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ポータブルグラインダーのアジア太平洋市場規模・予測 ・ポータブルグラインダーの主要国分析 ・ポータブルグ …
  • 世界の顔用マスク市場2016
    本調査レポートでは、世界の顔用マスク市場2016について調査・分析し、顔用マスクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の3Dプリント金属市場:フォーム別(粉末、フィラメント)、技術別(PBF、DED、バインダージェット、金属押出)、金属種類別(チタン、ニッケル、ステンレス、アルミニウム)、最終用途産業別(A&D、自動車、医療、歯科)、地域別
    MarketsandMarkets社は、3Dプリント金属の世界市場規模が2019年774百万ドルから2024年3159百万ドルまで年平均32.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の3Dプリント金属市場を広く調査・分析し、市場概要、フォーム別(パウダー、フィラメント)分析、種類別(チタン、アルミニウム、ニッケル、ステンレス、銀、金、その他)分析、最終用途産業別(航空宇宙および防衛、医療および歯科、自動車、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の3Dプリント金属市場:フォーム別(パウダー、フィラメント) ・世界の3Dプリント金属市場:種類別(チタン、アルミニウム、ニッケル、ステンレス、銀、金、その他) ・世界の3Dプリント金属市場:最終用途産業別(航空宇宙および防衛、医療および歯科、自動車、その他) ・世界の3Dプリント金属市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 脳症(Encephalopathy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳症(Encephalopathy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳症(Encephalopathy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳症(Encephalopathy)の概要 ・脳症(Encephalopathy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳症(Encephalopathy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳症(Encephalopathy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 脱毛治療(ヘアケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 世界のL-ロイシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL-ロイシン市場2015について調査・分析し、L-ロイシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械状態監視の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarkets社は、機械状態監視の世界市場規模が2019年26億ドルから2025年39億ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、機械状態監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、機械状態監視におけるIoT、機械状態監視装置調達、監視別(サードパーティサービスプロバイダー、エンドユーザー)分析、監視技術別(振動モニタリング、サーモグラフィー、オイル分析、腐食モニタリング、超音波放射、モーター電流分析)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、展開種類別(オンプレミス、クラウド)分析、監視プロセス別(オンライン状態監視、ポータブル状態監視)分析、産業別(石油&ガス、発電、金属&鉱業、化学薬品、自動車、航空宇宙&防衛、食品&飲料、マリン、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・機械状態監視におけるIoT ・機械状態監視装置調達 ・機械状態監視の世界市場: …
  • 生体吸収性ステントの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、生体吸収性ステントの世界市場について調査・分析し、生体吸収性ステントの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・生体吸収性ステントの世界市場規模:吸収率別分析 ・生体吸収性ステントの世界市場規模:材料別分析 ・生体吸収性ステントの世界市場規模:薬別分析 ・生体吸収性ステントの世界市場規模:用途別分析 ・生体吸収性ステントの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・生体吸収性ステントの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 発泡型防火塗料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、発泡型防火塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発泡型防火塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍治療薬の中国市場:化学療法、標的療法、免疫療法、ホルモン療法
  • 船舶交通サービス(VTS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、船舶交通サービス(VTS)の世界市場について調査・分析し、船舶交通サービス(VTS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別船舶交通サービス(VTS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、船舶交通サービス(VTS)種類別分析(INS・NAS、TOS、その他)、船舶交通サービス(VTS)用途別分析(港湾サービス、沿岸航行、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・船舶交通サービス(VTS)の市場概観 ・船舶交通サービス(VTS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・船舶交通サービス(VTS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・船舶交通サービス(VTS)の世界市場規模 ・船舶交通サービス(VTS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・船舶交通サービス(VTS)のアメリカ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のカナダ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のメキシコ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス …
  • 細胞アッセイの世界市場予測(~2022年):試薬、アッセイキット、マイクロプレート、細胞株、サービス
    当調査レポートでは、細胞アッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、細胞アッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高吸水性高分子(SAP)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、高吸水性高分子(SAP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ポリアクリル酸ナトリウム、ポリアクリル酸/ポリアクリルアミド、共重合体)分析、用途別(個人衛生、農業、医療、工業、包装、建設、石油、ガス)分析、高吸水性高分子(SAP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、高吸水性高分子(SAP)の世界市場規模が2019年90億ドルから2024年129億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • 台湾の体外式除細動器市場見通し
  • インフラ監視の世界市場:技術、構成要素、用途(破損検出など)、需要先、地域別分析
    当調査レポートでは、インフラ監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成要素別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シリアルデバイスサーバの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シリアルデバイスサーバの世界市場について調査・分析し、シリアルデバイスサーバの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シリアルデバイスサーバシェア、市場規模推移、市場規模予測、シリアルデバイスサーバ種類別分析(1ポート型、2ポート型、4ポート型、8ポート型、16ポート型、その他(32ポート型等))、シリアルデバイスサーバ用途別分析(アクセスコントロールシステム、アテンダンスシステム、POSシステム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シリアルデバイスサーバの市場概観 ・シリアルデバイスサーバのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シリアルデバイスサーバのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シリアルデバイスサーバの世界市場規模 ・シリアルデバイスサーバの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シリアルデバイスサーバのアメリカ市場規模推移 ・シリアルデバイスサーバのカナダ市場規模推移 ・シリアルデバイスサーバのメキシコ市場規模推移 ・シリアルデバイス …
  • 黒鉛(グラファイト)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、黒鉛(グラファイト)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、黒鉛(グラファイト)市場規模、用途別(耐火物、ファウンドリー、L・C、電池、その他)分析、製品別(合成、天然)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場概要 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場環境 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場動向 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場規模 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場:業界構造分析 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場:用途別(耐火物、ファウンドリー、L・C、電池、その他) ・黒鉛(グラファイト)の世界市場: 製品別(合成、天然) ・黒鉛(グラファイト)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・黒鉛(グラファイト)のアメリカ市場規模・予測 ・黒鉛(グラファイト)のヨーロッパ市場規模・予測 ・黒鉛(グラファイト)のアジア市場規模・予測 ・黒鉛(グラファイト)の主要国分析 ・黒鉛(グラファイト)の世界市 …
  • Bluetoothビーコン端末の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Bluetoothビーコン端末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Bluetoothビーコン端末の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 股関節置換術用インプラントの世界市場:市場規模、分析、シェア、競合、成長&予測
  • セキュリティペーパーの世界市場予測(~2023年)
    セキュリティペーパーの世界市場は、2018年の114億米ドルから2023年には148億米ドルに達し、この期間中5.42%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、紙幣の印刷、流通および再印刷、ならびに観光業の成長に伴うパスポートやビザの需要増加が考えられます。一方で、デジタル化の進展、小切手や紙幣に代わる電子決済ソリューション、さらには、流通する紙幣を制限する法律規制により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、セキュリティペーパーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(基材、透かし、スレッド、ホログラム)分析、用途(紙幣、パスポート、身分証明書、認証、法的文書・政府文書、小切手、切手)分析、セキュリティペーパーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 走査型電子顕微鏡の世界市場:最終用途別、用途別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、走査型電子顕微鏡の世界市場について調査・分析し、走査型電子顕微鏡の世界市場動向、走査型電子顕微鏡の世界市場規模、市場予測、セグメント別走査型電子顕微鏡市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘアケア製品の世界市場:シャンプー、コンディショナー、ヘアスタイリング製品
    当調査レポートでは、ヘアケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘアケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 過活動膀胱(Overactive Bladder):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、過活動膀胱(Overactive Bladder)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・過活動膀胱(Overactive Bladder):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・過活動膀胱(Overactive Bladder)のフェーズ3治験薬の状況 ・過活動膀胱(Overactive Bladder)治療薬の市場規模(販売予測) ・過活動膀胱(Overactive Bladder)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・過活動膀胱(Overactive Bladder)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の過活動膀胱(Overactive Bladder)治療薬剤
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:車種別、コンポーネント別(電気配線、コネクター、端子)、用途別、電気自動車別、セグメント予測
    自動車用ワイヤーハーネスの世界市場は2025年には771億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.2%で成長すると予測されています。電子機器の車両への統合は自動車用ワイヤーハーネスの需要にプラスの影響を与えています。ワイヤーハーネスを車両に埋め込むことで、電気不足の懸念が少なくなり、燃費が向上し、性能が向上するなど、さまざまな利点があります。さらに、インフォテインメントシステムや先進的な運転支援システムなど、技術的に高度なシステムを採用することで、予測期間にわたって需要が増加するでしょう。本調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場動向、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ワイヤーハーネス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ファブリー病(Fabry Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるファブリー病(Fabry Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ファブリー病(Fabry Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ファブリー病(Fabry Disease)の概要 ・ファブリー病(Fabry Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のファブリー病(Fabry Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ファブリー病(Fabry Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"