"世界の飼料用酸化防止剤市場:種類別(合成(BHT、BHA、エトキシキン、没食子酸プロピル)、天然(カロテノイド、トコフェロール、植物抽出物、およびビタミン))、動物別(家禽、豚、養殖、牛、ペット)、フォーム別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 2381)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界の飼料用酸化防止剤市場:種類別(合成(BHT、BHA、エトキシキン、没食子酸プロピル)、天然(カロテノイド、トコフェロール、植物抽出物、およびビタミン))、動物別(家禽、豚、養殖、牛、ペット)、フォーム別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The feed antioxidants market is projected to grow at a CAGR of 4.9%, in terms of value.”
The global feed antioxidants market is estimated to be valued at USD 356 million in 2019 and is likely to reach USD 474 million by 2025, growing at a CAGR of 4.9% during the forecast period. During the storage of animal feed, many chemical processes take place, which alters their natural proprieties. Feed antioxidants are used to limit the deterioration caused by lipid oxidation, thus increasing the life of feed. Feed antioxidants prevent an oxidative process that is carried out by autoxidation or hydrolysis. Antioxidants have become the need of the hour as livestock farmers look to reduce their losses and maintain profitability by reducing feed costs. Factors such as a rise in demand for quality feed, improved technology for feed production, and an increase in the standardization of meat products stimulate the growth of the feed antioxidants market across the globe.

Key players in this market include Cargill (US), Archer Daniels Midland Company (US), Koninklijke DSM N.V. (Netherlands), BASF SE (Germany), Nutreco (Netherlands), Kemin (US), Adisseo (France), Perstorp (Sweden), Alltech (US), Caldic (Canada), Novus International (US), Chemical Fine Sciences (India), Oxiris Chemical (Spain), VDH ChemTech (India), Zhejiang Medicine (China), BTSA (Spain), Bertol Company (Czech Republic), FoodSafe Technologies (US), Videka Company (US), Lallemand Animal Nutrition (Canada), and Industrial Tecnica Pecuaria (Spain).

“The synthetic type segment in feed antioxidants market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on the type, the synthetic segment, comprising BHA, BHT, ethoxyquin, and propyl gallate, is estimated to account for the largest share in the feed antioxidants market in 2019. Synthetic antioxidants are generally produced as pure substances with consistent composition and are applied in well-defined mixtures with pure substances. Higher stability, easy availability, and low cost of production is fueling the growth of the synthetic segment in the feed antioxidants market.

“The poultry segment in the feed antioxidants market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Among animals fed with antioxidants, the poultry segment is estimated to account for the largest market share. The poultry segment is dominating the feed antioxidants market, owing to the growing demand for poultry-based meat consumption. Poultry production has to be efficient as feed has to be converted into meat and eggs. Feed costs can be reduced by adding feed additives such as enzymes and antioxidants, which increase digestibility and prevent the loss of nutrients, with the result that the poultry gains more nutritional value from the same amount of feed.

“The dry segment in the feed antioxidants market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Owing to factors such as ease of handling, the dry feed antioxidants segment is projected to account for the largest share during the review period. The dry form witnesses a higher demand among livestock producers, as they are easy to mix with feed, store, and handle. Most of the feed antioxidant manufacturers in the market provide the dry form of products such as powders, granules, and beadlets, considering the demand from end users.

“The Asia Pacific feed antioxidants market is projected to witness significant growth.”
The Asia Pacific region is projected to account for the largest share in the feed antioxidants market. Asia Pacific is the largest market for feed antioxidants. This region is a growing market and provides a great future potential for the producers. This is due to the growing economies in the Asian countries, which are bound to record an increase in disposable incomes of people and trigger the demand for protein-rich products such as meat and dairy. The globally increasing cost of feed is the main driver for the feed antioxidant industry. Also, the hot and humid climate in certain parts of the world makes the increased use of feed antioxidants necessary.
Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 45 %, Tier 2 – 33%, and Tier 3 – 22%
 By Designation: C-level – 70%, Director-level -20%, and Others* – 10%
 By Region: North America – 40%, Europe – 30%, Asia Pacific – 20%, and RoW** – 10%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes South America and the Middle East & Africa.

Leading Players Profiled in this Report:
This report includes a study of marketing and development strategies, along with the product portfolios of the leading companies in the feed antioxidants market. It includes the profiles of leading companies such as Cargill (US), Archer Daniels Midland Company (US), Koninklijke DSM N.V. (Netherlands), BASF SE (Germany), Nutreco (Netherlands), Kemin (US), Adisseo (France), Perstorp (Sweden), Alltech (US), Caldic (Canada), Novus International (US), Chemical Fine Sciences (India), Oxiris Chemical (Spain), VDH Chemicals (India), Zhejiang Medicine (China), BTSA (Spain), Bertol Company (Czech Republic), Foodsafe technologies (US), Videka Company (US), Lallemand Animal Nutrition (Canada), and Industrial Tecnica Pecuaria (Spain).

Research Coverage:
The report segments the feed antioxidants market based on type, form, animal, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global feed antioxidants high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the feed antioxidants market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions, in which the feed antioxidants market is gaining popularity


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界の飼料用酸化防止剤市場:種類別(合成(BHT、BHA、エトキシキン、没食子酸プロピル)、天然(カロテノイド、トコフェロール、植物抽出物、およびビタミン))、動物別(家禽、豚、養殖、牛、ペット)、フォーム別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
1.8 Inclusions & Exclusions
2 Research Methodology (Page No. – 26)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Factor Analysis
2.3.1 Introduction
2.3.2 Demand-Side Analysis
2.3.2.1 GDP (PPP), 2017
2.3.2.2 Increase in Feed Production
2.3.3 Supply-Side Analysis
2.3.3.1 Number of New Feed Antioxidant Products Launched
2.3.3.2 Increase in Environmental Concerns
2.4 Data Triangulation
2.5 Research Assumptions
2.6 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 36)
4 Premium Insights (Page No. – 43)
4.1 Attractive Opportunities in this Market
4.2 Feed Antioxidants Market, By Region
4.3 Synthetic Feed Antioxidants Market, By Type
4.4 Natural Feed Antioxidants Market, By Type
4.5 Asia Pacific: Feed Antioxidants Market, By Animal and Country
5 Market Overview (Page No. – 48)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Unpredictable Crop Harvest Patterns Leading to the Need for Storage
5.2.1.2 Growth in Feed Production
5.2.1.3 Implementation of Innovative Animal Husbandry Practices to Improve Meat Quality
5.2.1.4 Growth in Demand of Animal-Based Products
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Natural Antioxidants
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Significant Growth Opportunities in the Poultry and Aquafeed Sectors
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Quality Control of Feed Additive Products Manufactured By Asian Companies
5.3 Regulatory Framework
5.3.1 The Food and Agriculture Organization (FAO)
5.3.2 The European Commission
5.4 Supply Chain
6 Feed Antioxidants Market, By Type (Page No. – 55)
6.1 Introduction
6.2 Synthetic Antioxidants
6.2.1 BHA
6.2.1.1 BHA has Been Widely Used to Preserve the Freshness, Flavor, and Color of Feed
6.2.2 BHT
6.2.2.1 Demand for Poultry Feed Boosts the Market in the Feed Segment
6.2.3 Ethoxyquin
6.2.3.1 Factors Such as the Rising Adoption of Pets and the Demand for Preservatives in Poultry, in the Agricultural Sector, are Fueling Its Demand
6.2.4 Propyl Gallate
6.2.4.1 Rise in the Adoption of Pets in Asian Countries to Fuel the Demand for Propyl Gallate
6.2.5 Other Types
6.3 Natural Antioxidants
6.3.1 Carotenoids
6.3.1.1 Growth in the Application of Carotenoids in Feed Due to the Modernization of the Pork, Poultry, and Aquaculture Industries to Fuel the Market Demand
6.3.2 Tocopherols
6.3.2.1 Increase in Demand for Superior-Quality Pork and Other Meat Products Drives the Tocopherols Segment
6.3.3 Botanical Extracts
6.3.3.1 Botanical Extracts, With Their Therapeutic Properties, are in Demand for Feed
6.3.4 Vitamins
6.3.4.1 Vitamin E Acts as an Important Antioxidant to Protect Cells and Tissues and is Involved in Improving the Immunity of Animals
7 Feed Antioxidants Market, By Animal (Page No. – 73)
7.1 Introduction
7.2 Poultry
7.2.1 Growing Demand for Poultry-Based Meat Products in Domestic and International Markets
7.3 Swine
7.3.1 Swine-Based Meat Products Accounted for the Largest Share in the Market, Especially in Frozen Food
7.4 Cattle
7.4.1 Antioxidants in Cattle Feed Prevent Cell Damage, Resulting in A Healthy Immune System
7.5 Aquaculture
7.5.1 Increase in the Demand for Fish and Fish-Based Products Fuels the Demand for Feed Antioxidants in Aquaculture
7.6 Pets
7.6.1 Increase in the Humanization of Pets is Propelling the Demand for Pet Food Antioxidants to Boost the Immune System of Pets
8 Feed Antioxidants Market, By Form (Page No. – 85)
8.1 Introduction
8.2 Dry
8.2.1 Powders
8.2.1.1 Consistent Size and Convenience in Application Leads to Largest Market Share
8.2.2 Granules
8.2.2.1 Properties Such as Extended Shelf-Life and Delaying Rancidity Fuels the Market Demand
8.2.3 Beadlets
8.2.3.1 Flexibility in Using Beadlets Form of Antioxidants in Combination With Other Antioxidants is Driving the Demand
8.3 Liquid
8.3.1 More Accurate Dosing and Uniformity of Liquid Feed Antioxidants are Likely to Propel the Market
9 Feed Antioxidants Market, By Region (Page No. – 91)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Companies are Focusing on Innovation and Development of Natural Feed Antioxidants
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Increase in Demand for Quality Meat Acts as A Driving Factor in the Country
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Support From Government Programs and the Expanding Livestock Production to Drive the Consumption of Feed Antioxidants in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Concerns Regarding Meat Quality and Safety to Boost the Demand for Feed Additives Such as Feed Antioxidants in the Country
9.3.2 France
9.3.2.1 Environmental and Societal Requirements for Better Livestock Products With Accurate Efficacy and Functional Characteristics to Drive the Market in France
9.3.3 Italy
9.3.3.1 Italy is One of the Leading Poultry Meat Producing Countries in the EU, Along With France, the UK, and Spain, Thereby Driving the Demand for Feed Antioxidants
9.3.4 UK
9.3.4.1 Adoption of Intensive Feed Farming Solutions for Animals to Drive the Market
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Rising Demand for Feed Antioxidants has Been Witnessed in the Country to Meet the Increasing Demand for Meat and Dairy Products
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 The Demand for Superior-Quality Feed is Driven By Technological Advancements in the Feed Additives Market
9.4.2 India
9.4.2.1 Inflow of Foreign Direct Investment and Availability of Raw Material Make India A Preferable Destination for Companies
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Increase in Feed Production to have A Direct Impact on the Usage of Feed Antioxidants
9.4.4 Australia
9.4.4.1 Awareness of Importance of Safe Feed Ingredients is Driving the Antioxidants Market
9.4.5 Thailand
9.4.5.1 Favorable Export of Meat-Based Feed Products to Drive the Demand for Feed Antioxidants in Thailand
9.4.6 Indonesia
9.4.6.1 Technological Advancements and Growth in Production Units are Driving the Indonesian Feed Antioxidants Market
9.4.7 Rest of Asia Pacific
9.4.7.1 Rise in Awareness and Importance of Livestock Nutrition for Good-Quality Meat and Animal-Based Protein
9.5 South America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 Growth in Demand for Meat and Meat Products in the Domestic and International Markets
9.5.2 Argentina
9.5.2.1 Increase in Meat Exports By the Country and the Climate of the Country are Driving the Usage of Feed Antioxidants
9.5.3 Rest of South America
9.5.3.1 Lack of Awareness About the Usage of Feed Antioxidants Hindering the Market Growth
9.6 Rest of the World
9.6.1 Middle East
9.6.1.1 Improvement in Feed Manufacturing in the Region is Expected to Boost the Demand for Feed Antioxidants
9.6.2 Africa
9.6.2.1 Investments in Mills and Poultry Farms to Fuel the Market Demand for Feed Antioxidants
10 Competitive Landscape (Page No. – 132)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Dynamic Differentiators
10.2.3 Innovators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Competitive Leadership Mapping (Start-Up/SME)
10.3.1 Progressive Companies
10.3.2 Starting Blocks
10.3.3 Responsive Companies
10.3.4 Dynamic Companies
10.4 Market Share Analysis, 2018
10.5 Competitive Scenario
10.5.1 Partnerships
10.5.2 Expansions
10.5.3 New Product Launches
10.5.4 Acquisitions, Agreements, and Joint Ventures
11 Company Profiles (Page No. – 142)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Cargill
11.2 BASF
11.3 Archer Daniels Midland Company (ADM)
11.4 Koninklijke DSM N.V.
11.5 Nutreco
11.6 Kemin
11.7 Adisseo
11.8 Perstorp
11.9 Alltech
11.10 Novus International
11.11 VDH Chem Tech Pvt.LTD.
11.12 BTSA
11.13 Zhejiang Medicine Co. LTD.
11.14 Camlin Fine Sciences
11.15 Oxiris Chemicals
11.16 Bertol Company
11.17 Foodsafe Technologies
11.18 Caldic
11.19 Industrial Tecnica Pecuária
11.20 Videka
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 178)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界の飼料用酸化防止剤市場:種類別(合成(BHT、BHA、エトキシキン、没食子酸プロピル)、天然(カロテノイド、トコフェロール、植物抽出物、およびビタミン))、動物別(家禽、豚、養殖、牛、ペット)、フォーム別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 2381
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の飼料用酸化防止剤市場:種類別(合成(BHT、BHA、エトキシキン、没食子酸プロピル)、天然(カロテノイド、トコフェロール、植物抽出物、およびビタミン))、動物別(家禽、豚、養殖、牛、ペット)、フォーム別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • がん治療薬の世界市場:用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、その他)、主力薬剤別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケイド、イブルチニブ、パルボシクリブ、アビラテロン、ペメトレキセド、エンザルタミド、エルロチニブ、ペルツズマブ、その他)
    本資料は、がん治療薬の世界市場について調べ、がん治療薬の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・がん治療薬の世界市場概要 ・がん治療薬の世界市場環境 ・がん治療薬の世界市場動向 ・がん治療薬の世界市場規模 ・がん治療薬の世界市場:市場シェア ・がん治療薬の世界市場:用途別(血液がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、その他) ・がん治療薬の世界市場:主力薬剤別(レブリミド、アバスチン、ハーセプチン、リツキサン、オプジーボ、グリベック、ベルケイド、イブルチニブ、パルボシクリブ、アビラテロン、ペメトレキセド、エンザルタミド、エルロチニブ、ペルツズマブ、その他) ・がん治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・がん治療薬の北米市場規模・予測 ・がん治療薬のアメリカ市場規模・予測 ・がん治療薬のヨーロッパ市場規模・予測 …
  • BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BaaS(バイオメトリクスサービス)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリアミド11(ナイロン11)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド11(ナイロン11)市場2015について調査・分析し、ポリアミド11(ナイロン11)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テクニカルイラストレーションソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、テクニカルイラストレーションソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、技術別分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、組織規模別分析、テクニカルイラストレーションソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、テクニカルイラストレーションソフトウェアの世界市場規模が2019年38億ドルから2024年51億ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。
  • ヒドラジン一水和物の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヒドラジン一水和物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、濃度水準別分析、用途別分析、地域別分析、ヒドラジン一水和物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合材料用接着剤の世界市場予測(~2022年):エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂
    当調査レポートでは、複合材料用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、複合材料用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用非遺伝子組み換え飼料の世界市場2019-2023
    動物用飼料は、家畜に提供される食物です。動物用非遺伝子組み換え飼料とは、遺伝子組み換え原料を含まない飼料を指します。動物用非遺伝子組み換え飼料の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率7.51%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Archer Daniels Midland、Canadian Organic Feeds、Hiland Naturals、SunOpta、Texas Natural Feeds、Zeeland Farm Servicesなどです。 当調査レポートでは、動物用非遺伝子組み換え飼料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、動物用非遺伝子組み換え飼料市場規模、製品別(家禽、豚、反芻動物、水産養殖、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・動物用非遺伝子組み換え飼料の世界市場概要 ・動物用非遺伝子組み換え飼料の世界市場環境 ・動物用非遺伝子組み換え飼料の世界市場動向 ・動物用非遺伝子組 …
  • コードレス電動工具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コードレス電動工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コードレス電動工具の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ペルーの市場見通し(~2021年)
  • RTDティーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、RTDティーの世界市場について調査・分析し、RTDティーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別RTDティーシェア、市場規模推移、市場規模予測、RTDティー種類別分析(ガラス製ボトル、PETボトル、缶、その他)、RTDティー用途別分析(オントレード、オフトレード)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・RTDティーの市場概観 ・RTDティーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・RTDティーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・RTDティーの世界市場規模 ・RTDティーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・RTDティーのアメリカ市場規模推移 ・RTDティーのカナダ市場規模推移 ・RTDティーのメキシコ市場規模推移 ・RTDティーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・RTDティーのドイツ市場規模推移 ・RTDティーのイギリス市場規模推移 ・RTDティーのロシア市場規模推移 ・RTDティーのアジア市場分析(日本、中国、韓 …
  • アルコール試験装置の世界市場2016-2020:飲酒検知器(ブレサライザー)、アルコール検知用尿検査装置、アルコール検知用唾液検査装置
    当調査レポートでは、アルコール試験装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルコール試験装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • モバイル・エンゲージメントの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モバイル・エンゲージメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ユーザー別分析、ソリューション別分析、産業別分析、地域別分析、モバイル・エンゲージメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インダストリアルIoT(IIoT)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トロリーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、トロリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、トロリー市場規模、用途別(工業、空港、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Americana Companies, Cefla, National Cart, Sambo, Wanzlなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・トロリーの世界市場概要 ・トロリーの世界市場環境 ・トロリーの世界市場動向 ・トロリーの世界市場規模 ・トロリーの世界市場:業界構造分析 ・トロリーの世界市場:用途別(工業、空港、その他) ・トロリーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・トロリーの北米市場規模・予測 ・トロリーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・トロリーのアジア太平洋市場規模・予測 ・トロリーの主要国分析 ・トロリーの世界市場:意思決定フレームワーク ・トロリーの世界市場:成長要因、課題 ・トロリーの世界市場:競争環境 ・トロリーの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ソーシャルビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソーシャルビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーシャルビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの水力発電市場2015
  • 世界のスチレンモノマー(SM)市場2016
    本調査レポートでは、世界のスチレンモノマー(SM)市場2016について調査・分析し、スチレンモノマー(SM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 弁輪形成修復機器の世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、弁輪形成修復機器の世界市場について調査・分析し、弁輪形成修復機器のメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(僧帽弁、三尖弁)、用途別販売分析(病院、クリニック)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、弁輪形成修復機器産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・弁輪形成修復機器市場概要 ・弁輪形成修復機器のメーカー別販売量・メーカー別シェア ・弁輪形成修復機器の世界市場:種類別販売量(僧帽弁、三尖弁) ・弁輪形成修復機器の世界市場:用途別販売量(病院、クリニック) ・弁輪形成修復機器の世界市場:地域別販売量・市場シェア ・弁輪形成修復機器の米国市場規模 ・弁輪形成修復機器の中国市場規模 ・弁輪形成修復機器の欧州市場規模 ・弁輪形成修復機器の日本市場規模 ・弁輪形成修復機器の東南アジア市場規模 ・弁輪形成修復機器のインド市場規模 ・弁輪形成修復機器のメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等) ・弁輪形成修復機器のコスト分析・価格動向 ・弁輪形成修復機器の産業チェーン …
  • ラベルフリー検出(LFD)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ラベルフリー検出(LFD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラベルフリー検出(LFD)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はラベルフリー検出(LFD)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.76%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bio-Rad Laboratories、GE Healthcare、F.Hoffman-La Roche等です。
  • データセンタースイッチの世界市場:ポート速度別(10G以下、10G~25G、25G~40G、40G~100G、100G以上)、技術別(イーサネット、インフィニバンド、その他)、スイッチタイプ別(コア、ToRスイッチ、その他)、産業別(IT&テレコム、政府&防衛、金融、小売、製造、メディア&エンターテイメント、その他)
    本資料は、データセンタースイッチの世界市場について調べ、データセンタースイッチの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、ポート速度別(10G以下、10G~25G、25G~40G、40G~100G、100G以上)分析、スイッチタイプ別(コア、ToRスイッチ、その他)分析、産業別(IT&テレコム、政府&防衛、金融、小売、製造、メディア&エンターテイメント、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・データセンタースイッチの世界市場概要 ・データセンタースイッチの世界市場環境 ・データセンタースイッチの世界市場動向 ・データセンタースイッチの世界市場規模 ・データセンタースイッチの世界市場:市場シェア ・データセンタースイッチの世界市場:ポート速度別(10G以下、10G~25G、25G~40G、40G~100G、100G以上) ・データセンタースイッチの世界市場:技術別(イーサネット、インフィニバンド、その他) ・データセンタースイッチの世界市 …
  • 包装用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、包装用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、包装用ロボットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • グラフ分析の世界市場予測:コンポーネント別、組織規模別、用途別、業種別
    MarketsandMarkets社は、グラフ分析の世界市場規模が2019年584百万ドルから2024年2522百万ドルまで年平均34.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、グラフ分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、組織規模別分析、用途別(ルート最適化&不正検出)分析、業種別(ヘルスケア&ライフサイエンス、輸送&物流、およびBFSI)分析、グラフ分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モジュール式計測器の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、モジュール式計測器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、プラットフォームタイプ別(PXI、AXIe、VXI)分析、用途別(研究開発、製造・設置)分析、産業別(テレコム、航空宇宙・防衛、自動車、電子機器・半導体)分析、モジュール式計測器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • UAVドローンの世界市場見通し2016-2022:軍用ドローン、商用ドローン
    当調査レポートでは、UAVドローンの世界市場について調査・分析し、UAVドローンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・UAVドローンの世界市場:市場動向分析 ・UAVドローンの世界市場:競争要因分析 ・UAVドローンの世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・UAVドローンの世界市場:種類別分析/市場規模 ・UAVドローンの世界市場:用途別分析/市場規模 ・UAVドローンの世界市場:サブシステム別分析/市場規模 ・UAVドローンの世界市場:搭載量別分析/市場規模 ・UAVドローンの世界市場:地域別分析/市場規模 ・UAVドローンの北米市場規模 ・UAVドローンの欧州市場規模 ・UAVドローンのアジア市場規模 ・UAVドローンの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界のシビアデューティーモーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のシビアデューティーモーター市場2015について調査・分析し、シビアデューティーモーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の逆洗フィルター市場2016
    本調査レポートでは、世界の逆洗フィルター市場2016について調査・分析し、逆洗フィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療産業における拡張現実(AR)・仮想現実(VR)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療産業における拡張現実(AR)・仮想現実(VR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供方式別分析、機器種類別分析、用途別分析、地域別分析、医療産業における拡張現実(AR)・仮想現実(VR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステビオシド市場2015
    本調査レポートでは、世界のステビオシド市場2015について調査・分析し、ステビオシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロケット及びミサイルの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ロケット及びミサイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、推進方式別分析、地域別分析、ロケット及びミサイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タブレットの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • Network-as-a-Serviceの世界市場
    当調査レポートでは、Network-as-a-Serviceの世界市場について調査・分析し、Network-as-a-Serviceの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - Network-as-a-Serviceの世界市場:市場動向分析 - Network-as-a-Serviceの世界市場:競争要因分析 - Network-as-a-Serviceの世界市場:種類別 ・サービスとしてのWAN ・サービスとしてのLAN - Network-as-a-Serviceの世界市場:構成要素別 ・技術サービス ・インフラ - Network-as-a-Serviceの世界市場:用途別 ・サービスとしての統合ネットワークセキュリティー ・ネットワーク機能の可視化 ・V-CPE(仮想化CPE) ・オンデマンド帯域幅 ・その他 - Network-as-a-Serviceの世界市場:エンドユーザー別 ・ヘルスケア ・小売 ・ITおよび電気通信 ・銀行取引、金融サービス、保険 ・製造 ・政府 ・運送およびロジスティクス …
  • 自動車アフターマーケットの世界市場分析:タイヤ、バッテリー、ブレーキ部品、フィルター、ボディ部品、ライト、電子部品、ホイール、排気部品
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、自動車アフターマーケットの世界市場について調査・分析し、自動車アフターマーケットの世界市場動向、自動車アフターマーケットの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車アフターマーケット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用打ち抜き装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用打ち抜き装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用打ち抜き装置市場規模、最終用途別(自動車OEメーカー、独立系スタンププレス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場概要 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場環境 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場動向 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場規模 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:業界構造分析 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:最終用途別(自動車OEメーカー、独立系スタンププレス) ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用打ち抜き装置のアメリカ市場規模・予測 ・自動車用打ち抜き装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用打ち抜き装置のアジア市場規模・予測 ・自動車用打ち抜き装置の主要国分析 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:成長要因、課題 ・自動 …
  • キレート剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キレート剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キレート剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スキンケア製品の世界市場:製品別(フェイスクリーム、ボディローション)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、スキンケア製品の世界市場について調査・分析し、スキンケア製品の世界市場動向、スキンケア製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別スキンケア製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 出版の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、出版の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、出版市場規模、プラットフォーム別(従来型、デジタル型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・出版の世界市場概要 ・出版の世界市場環境 ・出版の世界市場動向 ・出版の世界市場規模 ・出版の世界市場:業界構造分析 ・出版の世界市場:プラットフォーム別(従来型、デジタル型) ・出版の世界市場:地域別市場規模・分析 ・出版のアメリカ市場規模・予測 ・出版のヨーロッパ市場規模・予測 ・出版のアジア市場規模・予測 ・出版の主要国分析 ・出版の世界市場:意思決定フレームワーク ・出版の世界市場:成長要因、課題 ・出版の世界市場:競争環境 ・出版の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場分析
    本調査レポートでは、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場について調査・分析し、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場動向、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別嚢胞性線維症(CF)治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他)、技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ)、エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他)
    本市場調査レポートではラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他)分析、技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ)分析、エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他) ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ) ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他) ・ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 3Dプリントアイウェアの世界市場予測2019-2024
    「3Dプリントアイウェアの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ポリアミド 12 (ナイロン)、感光性樹脂、フィラメント、金属など、用途別には、Prescription Glasses、Sunglasses、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。3Dプリントアイウェアのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・3Dプリントアイウェアの世界市場概要(サマリー) ・3Dプリントアイウェアの企業別販売量・売上 ・3Dプリントアイウェアの企業別市場シェア ・3Dプリントアイウェアの世界市場規模:種類別(ポリアミド 12 (ナイロン)、感光性樹脂、フィラメント、金属) ・3Dプリントアイウェアの世界市場規模:用途別(Prescription Glasses、Sunglasses、Others) ・3Dプリントアイウェアの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・3Dプリントアイウェアのアジア市場規模(日本、中 …
  • 手動モータースタータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、手動モータースタータの世界市場について調査・分析し、手動モータースタータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別手動モータースタータシェア、市場規模推移、市場規模予測、手動モータースタータ種類別分析(DC型、AC型)、手動モータースタータ用途別分析(石油・ガス、水・排水処理、工業生産、鉱業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・手動モータースタータの市場概観 ・手動モータースタータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・手動モータースタータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・手動モータースタータの世界市場規模 ・手動モータースタータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・手動モータースタータのアメリカ市場規模推移 ・手動モータースタータのカナダ市場規模推移 ・手動モータースタータのメキシコ市場規模推移 ・手動モータースタータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・手動モータースタータのドイツ市場規模推移 ・手 …
  • 射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場:ポリマー別(天然、合成)、繊維タイプ別(木質繊維、木質繊維以外)、エンドユーザー産業別(交通・運輸、電子電気機器、建築・建設、航空宇宙・防衛、消費財、その他)
    本資料は、射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場について調べ、射出成形用バイオプラスチック複合材の世界規模、市場動向、市場環境、ポリマー別(天然、合成)分析、エンドユーザー産業別(交通・運輸、電子電気機器、建築・建設、航空宇宙・防衛、消費財、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場概要 ・射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場環境 ・射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場動向 ・射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場規模 ・射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場:ポリマー別(天然、合成) ・射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場:繊維タイプ別(木質繊維、木質繊維以外) ・射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場:エンドユーザー産業別(交通・運輸、電子電気機器、建築・建設、航空宇宙・防衛、消費財、その他) ・射出成形用バイオプラスチック複合材の世界市場:地 …
  • 神経疾患治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、神経疾患治療法の世界市場について調べ、神経疾患治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、神経疾患治療法の市場規模をセグメンテーション別(用途別(CNS、PNS)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は神経疾患治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・神経疾患治療法の市場状況 ・神経疾患治療法の市場規模 ・神経疾患治療法の市場予測 ・神経疾患治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(CNS、PNS) ・神経疾患治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 粘着付与剤(タッキファイヤー)の世界市場:合成粘着付与剤、天然粘着付与剤
    当調査レポートでは、粘着付与剤(タッキファイヤー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、産業別分析、種類別分析、形態別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 耐摩耗性塗料の世界市場:セラミック系/金属系塗料、ポリマ系塗料
    当調査レポートでは、耐摩耗性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パワーバンクの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、パワーバンクの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パワーバンク市場規模、バッテリー別(リチウムポリマー電池、リチウムイオン電池)分析、製品別(バッテリーケース、ポータブル・パワーバンク、ソーラー・パワーバンク、その他)分析、ポートタイプ別(USBポート2個、USBポート1個、USBポート3個以上)分析、容量レンジ別(15500mAh以上、12500-15499mAh、9500-12499mAh、6500-9499mAh、3500-6499mAh)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ パワーバンクの世界市場:市場動向分析 ・ パワーバンクの世界市場:競争要因分析 ・ パワーバンクの世界市場:バッテリー別(リチウムポリマー電池、リチウムイオン電池) ・ パワーバンクの世界市場:製品別(バッテリーケース、ポータブル・パワーバンク、ソーラー・パワーバンク、その他) ・ パワーバンク …
  • 試験・検査・認証の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、試験・検査・認証の世界市場について調査・分析し、試験・検査・認証の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別試験・検査・認証シェア、市場規模推移、市場規模予測、試験・検査・認証種類別分析()、試験・検査・認証用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・試験・検査・認証の市場概観 ・試験・検査・認証のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・試験・検査・認証のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・試験・検査・認証の世界市場規模 ・試験・検査・認証の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・試験・検査・認証のアメリカ市場規模推移 ・試験・検査・認証のカナダ市場規模推移 ・試験・検査・認証のメキシコ市場規模推移 ・試験・検査・認証のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・試験・検査・認証のドイツ市場規模推移 ・試験・検査・認証のイギリス市場規模推移 ・試験・検査・認証のロシア市場規模推移 ・試験・検査・認証のアジア市場分析(日本、中 …
  • 世界のナトリウムメタンチオラート市場2015
    本調査レポートでは、世界のナトリウムメタンチオラート市場2015について調査・分析し、ナトリウムメタンチオラートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックスのASEAN(東南アジア諸国連合)市場
  • 臨床試験の世界市場動向
  • 商業用UV浄水器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商業用UV浄水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商業用UV浄水器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 UV浄水器は、特殊なランプから放出される短波長紫外線光により、水中の微生物や汚染物質を殺菌します。この水殺菌の方法は薬品や殺菌剤を使用しないため、様々な業界で広く使用されています。Technavio社は商業用UV浄水器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Aquafine• Atlantic Ultraviolet• BWT• Evoqua Water Technologies • Xylem等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"