"世界のスマート鉄道市場:ソリューション別(鉄道資産管理&保守、運用&制御、PIS、通信&ネットワーク、セキュリティ&安全性、鉄道分析)、サービス別(プロフェッショナルおよびマネージド)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 1417)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のスマート鉄道市場:ソリューション別(鉄道資産管理&保守、運用&制御、PIS、通信&ネットワーク、セキュリティ&安全性、鉄道分析)、サービス別(プロフェッショナルおよびマネージド)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Technological advancement targeted toward the enhancement of customer experience to drive the smart railways market growth
MarketsandMarkets projects the smart railways market to grow from USD 20.5 billion in 2019 to USD 39.0 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 13.7% from 2019 to 2024. The technological advancement targeted toward the enhancement of customer experience, government initiatives for smart cities and Public-private partnership (PPP) working model, and adoption of Internet of Things (IoT) and automation technologies to enhance optimization are the factors considered to be driving the growth of the smart railways market.

By offering, the solutions segment to account for a higher market share during the forecast period
Solutions play a crucial role in handling all railways operations-related activities that include moving goods from the suppliers to the place of production and eventually to the end user. To ensure that the raw materials or finished goods reach the market on time and to improve the operational efficiency, railways management systems and connectivity solutions are necessary. The solutions systematically support action plans for reducing traffic congestion, efficient signaling over traffic, and managing ticket collection and security system.

By solution, the rail communication and networking system segment to hold the largest market size in 2019
The rail communication and networking system segment involves voice and data between the train and track equipment for better traffic and infrastructure management. Rail communication and networking system provides the most secured communication among all railway operation management facilities and data networks, as well as effective communication in remote areas, such as rail construction sites or natural disaster sites. Railway communication systems provide reliable transmission of signaling, voice, video, and data traffic along railway lines and across backbone transmission networks. Rail communication and networking system provides secured communication among all railway operation management facilities and data networks. These are the factors contributing to the growth of the rail communication and networking system segment of the smart railways market.

By region, Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
Asia Pacific (APAC) is estimated to be the fastest-growing region in terms of the growth of the smart railways market, due to a rise in the adoption of new technologies, higher investments for digital transformation, and the growth in Gross Domestic Product (GDP) of the APAC countries. A majority of potential economies in the region, including Australia, Singapore, China, Korea, Hong Kong, and India, are expected to rapidly invest in the technological transformation of rail infrastructure. The high population growth rate in the region has intensified the need to transform and expand the existing rail infrastructure.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the smart railways market.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 55%, Tier 2 – 27%, and Tier 3 – 18%
• By Designation: C-Level Executives– 33%, Director Level – 25%, and Managers–42%
• By Region: North America – 38%, Europe – 19%, APAC – 14, and Rest of the World – 29%
The following key Smart railways market vendors are profiled in the report:
• Alstom (France)
• Cisco (US)
• Wabtec (US)
• ABB (Switzerland)
• IBM (US)
• Hitachi (Japan)
• Huawei (China)
• Indra (Spain)
• Siemens (Germany)
• Honeywell (US)
• Bombardier (Canada)
• Thales (France)
• Advantech (Taiwan)
• Fujitsu (Japan)
• Toshiba (Japan)
• Alcatel-Lucent Enterprises (France)
• Moxa (Taiwan)
• EKE-Electronics (Finland)
• Televic (Belgium)
• Aitek (Italy)

Research Coverage
The smart railways market is segmented by offering (solutions and services) and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overviews; services; key strategies; new service and product launches; partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the smart railways market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders and new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the smart railways market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across different regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities in the market.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new service developments, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のスマート鉄道市場:ソリューション別(鉄道資産管理&保守、運用&制御、PIS、通信&ネットワーク、セキュリティ&安全性、鉄道分析)、サービス別(プロフェッショナルおよびマネージド)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.1.2.2 Breakup of Primaries
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Methodology
2.6 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in the Smart Railways Market
4.2 Market in Europe, By Offering and Country
4.3 Market Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Technological Advancement Targeted Toward Enhancement of Customer Experience
5.2.1.2 Government Initiatives for Smart Cities and PPP Working Models
5.2.1.3 Adoption of IoT as Well as Automation Technologies to Enhance Optimization
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Initial Cost of Deployment
5.2.2.2 Lack of Technology Infrastructure and Interoperability
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Autonomous Trains to Provide Growth Opportunities for Smart Railways Solution Providers
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Integration Complexities of Legacy Systems and Networks
5.3 Industry Trends
5.3.1 Evolution
5.3.2 Value Chain Analysis
5.4 Case Studies
5.4.1 Case Study 1: Cisco, Davra Networks, and Intel Deliver Edge Analytics to San Diego Metropolitan Transit System
5.4.2 Case Study 2: Bane Nor Selected Thales to Provide Next-Generation Nationwide Traffic Management System
5.4.3 Case Study 3: Intelligent Software System By Huawei Analyzes Data, Improves Surveillance Efficiency, and Implements Convenient Surveillance Management Solutions for Qinghai–Tibet Railway
6 Smart Railways Market By Offering (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Passenger Information System
6.2.1.1 Multimedia Information and Entertainment
6.2.1.1.1 Passenger Demand of Digital Media Content for Entertainment to Drive Adoption of Multimedia Information and Entertainment Solutions in the Market
6.2.1.2 Network Connectivity
6.2.1.2.1 Growing Network Connectivity to Drive Demand for Network Connectivity Solutions in the Market
6.2.2 Freight Management System
6.2.2.1 Freight Operation Management
6.2.2.1.1 Growing Need to Improve Efficiency of Fright Operations to Drive Demand for Freight Operation Management Solutions in the Market
6.2.2.2 Freight Tracking
6.2.2.2.1 Growing Demand for Tracking Real-Time Location Information of Cargo Containers to Drive Demand for Freight Tracking Solutions in the Market
6.2.3 Security and Safety Solutions
6.2.3.1 Video Surveillance and Analytics
6.2.3.1.1 Growing Need to Analyze Huge Amount of Visual Data From Security and Safety Perspectives to Drive Demand for Video Surveillance and Analytics Solutions in the Market
6.2.3.2 Intrusion Detection
6.2.3.2.1 Increasing Instances of Theft to Drive Demand for Intrusion Detection Solutions in the Market
6.2.3.3 Access Control
6.2.3.3.1 Need to Restrict Access to Unauthorized Users in Rail Infrastructure to Drive Demand for Access Control Solutions in the Market
6.2.3.4 Fire Alarm and Voice Evacuation
6.2.3.4.1 Need to Notify People to Evacuate in Case of Fire to Drive Demand for Fire Alarm and Voice Evacuation Solutions in the Market
6.2.3.5 Others
6.2.4 Rail Communication and Networking System
6.2.4.1 Ground-To-Train Communication
6.2.4.1.1 Need to Enhance Communication Between Moving Vehicles and Train Control Stations to Drive Demand for Ground-To-Train Communication Solutions in the Market
6.2.4.2 Train-To-Train Communication
6.2.4.2.1 Need to Establish Communication Between Moving Rail Vehicles to Drive Demand for Train-To-Train Communication Solutions in the Market
6.2.5 Smart Ticketing System
6.2.5.1 Rising Demand to Simplify the Ticketing Process to Drive Demand for Smart Ticketing Solutions
6.2.6 Rail Analytics System
6.2.6.1 Emergence of Predictive Analytics to Drive Demand for Rail Analytics Systems in the Market
6.2.7 Rail Asset Management and Maintenance Solutions
6.2.7.1 Asset Planning and Scheduling
6.2.7.1.1 Growing Demand for Better Passenger Experience to Drive the Demand for Asset Planning and Scheduling Solutions in the Market
6.2.7.2 Workforce Management and Optimization
6.2.7.2.1 Need to Maximize Operation Agility and Workforce Productivity to Drive Demand for Workforce Management and Optimization Solution in the Market
6.2.7.3 Condition-Based Monitoring
6.2.7.3.1 Need to Improve Reliability of Existing Rail Infrastructure to Drive Demand for Condition-Based Monitoring Solutions in the Market
6.2.7.4 Predictive Maintenance
6.2.7.4.1 Need to Increase Life of Rail Assets to Drive Demand for Predictive Maintenance Solutions in the Market
6.2.7.5 Others
6.2.8 Rail Operation and Control Solutions
6.2.8.1 Demand to Increase Efficiency of Rail Operations to Drive Demand for Rail Operation and Control Solutions in the Market
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Consulting
6.3.1.1.1 Need to Understand Organizational Demand for Customized Smart Railways Solutions to Drive Adoption of Consulting Services in the Market
6.3.1.2 System Integration and Deployment
6.3.1.2.1 Need to Deploy Smart Railways Solutions Efficiently to Propel Demand for System Integration and Deployment Services in the Market
6.3.1.3 Support and Maintenance
6.3.1.3.1 Increase in Adoption Rate of Smart Railways Solutions to Lead to Growth in Demand for Support and Maintenance Services in the Market
6.3.2 Managed Services
6.3.2.1 Growing Demand to Outsource Maintenance of Smart Railways Solutions to Drive Demand for Managed Services in the Market
7 Smart Railways Market, By Region (Page No. – 80)
7.1 Introduction
7.2 North America
7.2.1 United States
7.2.1.1 Government Initiatives to Drive the Smart Railways Market Growth in the US
7.2.2 Canada
7.2.2.1 Increasing Number of Passengers and Growing Freight Traffic to Drive the Market Growth in Canada
7.3 Europe
7.3.1 United Kingdom
7.3.1.1 Need to Improve Efficiency of the Existing Railway Infrastructure to Boost the Market Growth in the UK
7.3.2 Germany
7.3.2.1 Growing Adoption of IoT and Analytics to Boost the Market Growth in Germany
7.3.3 France
7.3.3.1 High Investments By Railway Operators to Drive the Market Growth in France
7.3.4 Rest of Europe
7.4 Asia Pacific
7.4.1 China
7.4.1.1 High Government Investments in Railway Infrastructure and Rapid Growth in the Railway Sector to Drive the Smart Railways Market Growth in China
7.4.2 India
7.4.2.1 Growing Profits in the Railway Sector and Government Initiatives for Smart Cities to Drive the Market Growth in India
7.4.3 Japan
7.4.3.1 Higher Adoption of Railway Technologies to Boost the Market Growth in Japan
7.4.4 Rest of Asia Pacific
7.5 Middle East and Africa
7.5.1 Nigeria
7.5.1.1 Government Initiatives Combined With Cooperation With Other Countries to Boost the Smart Railways Market Growth in Nigeria
7.5.2 Turkey
7.5.2.1 Government Initiatives to Drive the Market Growth in Turkey
7.5.3 Rest of Middle East and Africa
7.6 Latin America
7.6.1 Brazil
7.6.1.1 High Scope for Further Development of Railway Infrastructure to Boost High-Growth Opportunities in Brazil
7.6.2 Mexico
7.6.2.1 Strategic Location to Play Key Role in Development of Railway Infrastructure in Mexico
7.6.3 Rest of Latin America
8 Competitive Landscape (Page No. – 113)
8.1 Competitive Leadership Mapping
8.1.1 Visionary Leaders
8.1.2 Innovators
8.1.3 Dynamic Differentiators
8.1.4 Emerging Companies
8.2 Ranking of Top Players in the Smart Railways Market, 2019
9 Company Profiles (Page No. – 116)
9.1 Introduction
9.2 Alstom
(Business Overview, Solutions and Services Offered, Recent Developments, and MnM View)*
9.3 Cisco Systems
9.4 Wabtec
9.5 ABB
9.6 IBM
9.7 Hitachi
9.8 Huawei Technologies
9.9 Indra
9.10 Siemens
9.11 Honeywell
9.12 Bombardier
9.13 Thales
9.14 Advantech
9.15 Fujitsu
9.16 Toshiba
9.17 Alcatel-Lucent Enterprises
9.18 Moxa
9.19 EKE-Electronics
9.20 Televic
9.21 Aitek S.P.A.
*Details on Business Overview, Solutions and Services Offered, Recent Developments, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
10 Appendix (Page No. – 158)
10.1 Discussion Guide
10.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
10.3 Available Customizations
10.4 Related Reports
10.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のスマート鉄道市場:ソリューション別(鉄道資産管理&保守、運用&制御、PIS、通信&ネットワーク、セキュリティ&安全性、鉄道分析)、サービス別(プロフェッショナルおよびマネージド)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 1417
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のスマート鉄道市場:ソリューション別(鉄道資産管理&保守、運用&制御、PIS、通信&ネットワーク、セキュリティ&安全性、鉄道分析)、サービス別(プロフェッショナルおよびマネージド)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 中国の掃除ロボット市場2015
    本調査レポートでは、中国の掃除ロボット市場2015について調査・分析し、掃除ロボットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの抗菌コーティング市場
  • 空気絶縁スイッチギヤ(開閉装置)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、空気絶縁スイッチギヤ(開閉装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧範囲別分析、設置別分析、用途別分析、地域別分析、空気絶縁スイッチギヤ(開閉装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ミオシン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるミオシン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ミオシン阻害剤の概要 ・ミオシン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のミオシン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ミオシン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ミオシン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 限定受信システム(CAS)の世界市場
    当調査レポートでは、限定受信システム(CAS)の世界市場について調査・分析し、限定受信システム(CAS)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • デジタルアイソレータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デジタルアイソレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタルアイソレータの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 アイソレーションとは、電力伝達の際に2つの電気システム間で直流(DC)と不必要な交流(AD)が流れることを防止する手段の一つです。アイソレーションにより、ユーザーを過渡電圧から保護し、高価なプロセッサーが受ける損傷を回避し、コミュニケーションネットワーク内でのグラウンドループ形成を破壊し、耐ノイズ性を向上することが出来ます。Technavio社はデジタルアイソレータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Analog Devices• Broadcom• Maxim Integrated• Silicon Laboratories• Texas Instruments等です。
  • 生体認証センサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生体認証センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生体認証センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アデノシンA1受容体作動薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアデノシンA1受容体作動薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アデノシンA1受容体作動薬の概要 ・アデノシンA1受容体作動薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のアデノシンA1受容体作動薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アデノシンA1受容体作動薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アデノシンA1受容体作動薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オフショア石油・ガス向けサイズモ系及び収集の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オフショア石油・ガス向けサイズモ系及び収集の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オフショア石油・ガス向けサイズモ系及び収集の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのサウジアラビア市場
  • 脳がん(Brain Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳がん(Brain Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳がん(Brain Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳がん(Brain Cancer)の概要 ・脳がん(Brain Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳がん(Brain Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳がん(Brain Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脳 …
  • アンプ(増幅器)及びコンパレータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アンプ(増幅器)及びコンパレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンプ(増幅器)及びコンパレータの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリエチレンジャケット市場2019
    本調査レポートでは、世界のポリエチレンジャケット市場2019について調査・分析し、ポリエチレンジャケットの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ポリエチレンジャケットのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ポリエチレンジャケットメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリエチレンジャケットの市場概要 ・ポリエチレンジャケットの上流・下流市場分析 ・ポリエチレンジャケットのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンジャケットのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンジャケットのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ポリエチレンジャケットのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリエチレンジャケットの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ポリエチレンジャケットの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ポリ …
  • バイオシミュレーション技術の世界市場
    当調査レポートでは、バイオシミュレーション技術の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・バイオシミュレーション技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・バイオシミュレーション技術の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・バイオシミュレーション技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・バイオシミュレーション技術のアメリカ市場規模予測 ・バイオシミュレーション技術のヨーロッパ市場規模予測 ・バイオシミュレーション技術のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • オランダの心臓律動管理装置市場見通し
  • K-12用図画工作材料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、K-12用図画工作材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、K-12用図画工作材料の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 Technavio社はK-12用図画工作材料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Itsy Bitsy• Michaels Stores• Ningbo Rainma Stationery• School Specialty• TTS Group等です。
  • Beta-1受容体作動薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBeta-1受容体作動薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Beta-1受容体作動薬の概要 ・Beta-1受容体作動薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のBeta-1受容体作動薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Beta-1受容体作動薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Beta-1受容体作動薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • パルプの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パルプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、パルプの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、原料別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 木材パルプまたはパルプは繊維性材料であり、主に水、セルロース繊維、リグニンとヘミセルロースで構成されています。セルロース繊維はパルプの主な構成要素であり、紙の生産にとって不可欠です。リグニンは、セルロース繊維を結合するポリマーの一種です。Technavio社はパルプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.61%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• APP• ARAUCO• Fibria• Suzano Pulp and Paper• UPM等です。
  • 多層ブローフィルムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、多層ブローフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、多層ブローフィルム市場規模、製品別(パウチ、袋、ラップ、ふた、その他)分析、層別(11層、9層、7層、5層、3層、2層、その他)分析、フィルム種類別(特殊フィルム、シュリンクフィルム、ストレッチフィルム)分析、材料別(エチレンビニルアセテート(EVA)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、エチルビニルアルコール(EVOH)、ポリアミド、ポリ塩化ビニリデン(PVCD)、その他)分析、製造工程別(ブローフィルム押出、共押出ラミネーション、キャストフィルム押出、共押出コーティング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 多層ブローフィルムの世界市場:市場動向分析 ・ 多層ブローフィルムの世界市場:競争要因分析 ・ 多層ブローフィルムの世界市場:製品別(パウチ、袋、ラップ、ふた、その他) ・ 多層ブローフィルムの世界市場:層別(11層、9層、7層、5層、3層、 …
  • ナノクレイ補強の世界市場分析:用途別(包装、自動車部品、コーティング)、エンドユーザー別(自動車、建設、海洋、電子部品・家電、軍事・防衛)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ナノクレイ補強の世界市場について調査・分析し、ナノクレイ補強の世界市場動向、ナノクレイ補強の世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノクレイ補強市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 鉱山用化学品の世界市場:粉砕助剤、硫化物コレクター、凝集剤、泡立て剤、溶媒抽出剤
    当調査レポートでは、鉱山用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱山用化学品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 硬水軟化装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、硬水軟化装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硬水軟化装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストリアの関節鏡検査装置市場見通し
  • 分子細胞遺伝学の世界市場:技術別(核型分析、比較ゲノムハイブリダイゼーション、蛍光in situハイブリダイゼーション、免疫組織化学、その他)、製品別(消耗品、サービス・ソフトウェア、器具)、用途別、最終用途別、地域別予測
    本資料は、分子細胞遺伝学の世界市場について調べ、分子細胞遺伝学の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(核型分析、比較ゲノムハイブリダイゼーション、蛍光in situハイブリダイゼーション、免疫組織化学、その他)分析、製品別(消耗品、サービス・ソフトウェア、器具)分析、用途別分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・分子細胞遺伝学の世界市場概要 ・分子細胞遺伝学の世界市場環境 ・分子細胞遺伝学の世界市場動向 ・分子細胞遺伝学の世界市場規模 ・分子細胞遺伝学の世界市場規模:技術別(核型分析、比較ゲノムハイブリダイゼーション、蛍光in situハイブリダイゼーション、免疫組織化学、その他) ・分子細胞遺伝学の世界市場規模:製品別(消耗品、サービス・ソフトウェア、器具) ・分子細胞遺伝学の世界市場規模:用途別 ・分子細胞遺伝学の世界市場規模:最終用途別 ・分子細胞遺伝学の世界市場:地域別市場規模・分析 ・分子細胞遺伝学の北米市場規模・予測 …
  • 世界のトウモロコシ種子市場2016
    本調査レポートでは、世界のトウモロコシ種子市場2016について調査・分析し、トウモロコシ種子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトニックセンサ&探知機の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:光ファイバーセンサ、バイオフォトニックセンサ、画像センサ
  • アメリカの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • ワクチンの世界市場販売分析:小児用ワクチン、成人用ワクチン、高齢者用ワクチン、トラベルワクチン、治療ワクチン
  • タイのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 脳炎(Encephalitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳炎(Encephalitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳炎(Encephalitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳炎(Encephalitis)の概要 ・脳炎(Encephalitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳炎(Encephalitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳炎(Encephalitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脳炎(Ence …
  • ファイバーグラス建築製品の世界市場
    当調査レポートでは、ファイバーグラス建築製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファイバーグラス建築製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非小細胞肺癌(NSCLC)治療の世界市場:医薬品予測・市場分析(~2025)
  • コールベッドメタンの世界市場:用途別(産業、発電、住宅、商業、輸送)、地域別予測
    本資料は、コールベッドメタンの世界市場について調べ、コールベッドメタンの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(産業、発電、住宅、商業、輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コールベッドメタンの世界市場概要 ・コールベッドメタンの世界市場環境 ・コールベッドメタンの世界市場動向 ・コールベッドメタンの世界市場規模 ・コールベッドメタンの世界市場規模:用途別(産業、発電、住宅、商業、輸送) ・コールベッドメタンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コールベッドメタンの北米市場規模・予測 ・コールベッドメタンのアメリカ市場規模・予測 ・コールベッドメタンのヨーロッパ市場規模・予測 ・コールベッドメタンのアジア市場規模・予測 ・コールベッドメタンの日本市場規模・予測 ・コールベッドメタンの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、トウプリプレグの世界市場規模が2019年305百万ドルから2024年492百万ドルまで年平均10.0%成長すると予測しています。当資料では、世界のトウプリプレグ市場を統合的に調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(エポキシ樹脂、フェノール樹脂、その他)分析、ファイバー種類別(炭素繊維、ガラス、その他)分析、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ、その他)分析、エンドユーズ産業別(航空宇宙および防衛、航空宇宙産業の動向、自動車および輸送、スポーツおよびレクリエーション、石油およびガス、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のトウプリプレグ市場:樹脂種類別(エポキシ樹脂、フェノール樹脂、その他) ・世界のトウプリプレグ市場:ファイバー種類別(炭素繊維、ガラス、その他) ・世界のトウプリプレグ市場:用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ、その他) ・世界のトウプリプレグ市場:エンドユーズ産業別(航空宇宙およ …
  • ポーランドの風力発電市場2016
  • 対UAV(C-UAV)技術の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、対UAV(C-UAV)技術の世界市場について調査・分析し、対UAV(C-UAV)技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 対UAV(C-UAV)市場の概要 3. 対UAV(C-UAV)の世界市場 2016-2026 4. 世界の対UAV(C-UAV)2次市場予測 2016-2026 5. 対UAV(C-UAV)市場のSWOT分析 2016-2026 6. 専門家の意見 7. 対UAV(C-UAV)企業主要20社 8. 結論および推奨事項 9. 用語集
  • 生産水処理の世界市場分析:生産由来別(原油、天然ガス)、技術別(一次分離、二次分離、三次分離)、用途別(オンショア、オフショア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生産水処理の世界市場について調査・分析し、生産水処理の世界市場動向、生産水処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別生産水処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トップ30 CMO市場分析
  • カスタム抗体の世界市場予測(~2023年)
    カスタム抗体の世界市場は、2018年の推定3億1,300万ドルから2023年には4億8,100万ドルに達し、8.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、主に研究活動の増加(特にライフサイエンス業界)、産学連携の拡大、および抗体医薬品の開発パイプラインの拡大が考えられます。特に、アジア太平洋地域および中南米地域の発展途上国での急成長、ならびに個別化医療やタンパク質療法に対する需要の増加は、成長機会を提供すると期待されています。一方で、急激な設備投資と長期にわたる抗体開発の必要性、そしてプロテオミクス研究を目的とした代替抗体への注目が高まっていることが、大きな市場課題となっています。当調査レポートでは、カスタム抗体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、サービス(抗体産生、特性評価、免疫化、断片化)分析、タイプ(モノクローナル、ポリクローナル、組み換え)分析、ソース(マウス、ウサギ)分析、研究分野(腫瘍学、免疫学)分析、カスタム抗体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業 …
  • ヒトマイクロバイオームの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、ヒトマイクロバイオームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、疾患別分析、用途別分析、製品別分析、技術別分析、ヒトマイクロバイオームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 過活動膀胱治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、過活動膀胱治療法の世界市場について調べ、過活動膀胱治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、過活動膀胱治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は過活動膀胱治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・過活動膀胱治療法の市場状況 ・過活動膀胱治療法の市場規模 ・過活動膀胱治療法の市場予測 ・過活動膀胱治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬) ・過活動膀胱治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 中国の赤外線式ガスセンサ市場2015
    本調査レポートでは、中国の赤外線式ガスセンサ市場2015について調査・分析し、赤外線式ガスセンサの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 希突起膠腫(Oligodendroglioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における希突起膠腫(Oligodendroglioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、希突起膠腫(Oligodendroglioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・希突起膠腫(Oligodendroglioma)の概要 ・希突起膠腫(Oligodendroglioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の希突起膠腫(Oligodendroglioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・希突起膠腫(Oligodendroglioma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の概要 ・機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の機能性(非潰瘍性)消化不良(Functional (Non Ulcer) Dyspepsia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • ハプティック技術の北米市場
  • 農業用ロボットの世界市場予測(~2022年):無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクター
    当調査レポートでは、農業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、提供商品別分析、用途別分析、地域別分析、農業用ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 輸血診断検査の世界市場2016
  • 溶液スチレンブタジエンゴム(S-SBR)の世界市場分析:用途別(タイヤ、履物、ポリマー改質、接着剤およびシーラント)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、溶液スチレンブタジエンゴム(S-SBR)の世界市場について調査・分析し、溶液スチレンブタジエンゴム(S-SBR)の世界市場動向、溶液スチレンブタジエンゴム(S-SBR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別溶液スチレンブタジエンゴム(S-SBR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気電子機器廃棄物管理の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界のプロセスポンプ市場2016
    本調査レポートでは、世界のプロセスポンプ市場2016について調査・分析し、プロセスポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"