"世界のプロピレングリコール市場:由来別(石油ベース、バイオベース)、グレード別(工業用、医薬品)、最終用途産業別(輸送、建築および建設、食品および飲料、医薬品、化粧品およびパーソナルケア)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 2729)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のプロピレングリコール市場:由来別(石油ベース、バイオベース)、グレード別(工業用、医薬品)、最終用途産業別(輸送、建築および建設、食品および飲料、医薬品、化粧品およびパーソナルケア)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Global propylene glycol market to record a CAGR of 4.4% during the forecast period”
The global propylene glycol market is expected to reach USD 4.7 billion by 2024 from USD 3.8 billion in 2019, at a CAGR of 4.4%. The growth is primarily due to the massive industrial growth in APAC and the Middle East & Africa, coupled with the rise in process automation in most of the industries. The factors restraining the growth of this market are the high cost of bio-based propylene glycol.

“Petroleum-based propylene glycol to be the larger segment by source in the global market”
The market for petroleum-based propylene glycol is projected to be the largest from 2019 to 2024. The rising demand from the construction and transportation industries is fueling the growth of the petroleum-based propylene glycol market.

“Transportation to be the largest end-use industry segment of the propylene glycol market during the forecast period”
Transportation is projected to be the largest end-use industry segment of the global propylene glycol market from 2019 to 2024. The growth is mainly due to the rising demand for propylene glycol in automotive coolants and aircraft wings & surface applications. Continuing economic development and increasing disposable income are also driving the global propylene glycol market in the transportation industry.

“APAC to be the fastest-growing market during the forecast period, in terms of both volume and value”
APAC is the largest propylene glycol market. The high growth of the emerging economies and the increasing disposable income in the region make APAC an attractive market for propylene glycol. The tremendous growth of industrial production and increased trade are primarily responsible for the high consumption of propylene glycols.
The breakup of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 39%, and Tier 3 – 26%
• By Designation: C-Level – 23%, Director Level – 37%, and Others – 40%
• By Region: North America – 32%, Europe – 21%, APAC – 28%, South America – 12%, Middle East & Africa – 7%
The key players profiled in the report include as The Dow Chemical Company (US), LyondellBasell Industries N.V. (Netherlands), BASF SE (Germany), Archer Daniels Midland Company (US), Global Bio-chem Technology Group Co., Ltd. (China), DuPont Tate & Lyle Bio Products, LLC (U.S.), Huntsman Corporation (US), SKC Co., Ltd. (South Korea), Temix International S.R.L. (Italy), and Ineos Oxide (Switzerland.

Research Coverage
This report segments the market for propylene glycol based on source, grade, end-use industry, and region and provides estimations for the overall market size across various regions. A detailed analysis of key industry players has been conducted to provide insights into their business overviews, products & services, key strategies, associated with the market for propylene glycols.

Reasons to Buy this Report
This research report is focused on various levels of analysis — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together provide an overall view on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the propylene glycol market; high-growth regions; and market drivers, restraints, and opportunities.
The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on propylene glycol offered by top players in the global market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets — the report analyzes the market for propylene glycol across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped regions, and recent developments in the global propylene glycol market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the propylene glycol market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のプロピレングリコール市場:由来別(石油ベース、バイオベース)、グレード別(工業用、医薬品)、最終用途産業別(輸送、建築および建設、食品および飲料、医薬品、化粧品およびパーソナルケア)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Scope of the Study
1.3.1 Propylene Glycol: Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Base Number Calculation
2.1.1 Primary and Secondary Research
2.1.2 Market Size Calculation By End-Use Industry
2.1.3 Market Size Calculation By Source
2.2 Forecast Number Calculation
2.3 Market Engineering Process
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.2 Top-Down Approach
2.4 Assumptions
2.5 Secondary Data
2.6 Primary Data
2.6.1 Breakdown of Primary Interviews
2.6.2 Key Industry Insights
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in the Propylene Glycol Market
4.2 APAC Propylene Glycol Market, By Source and Country, 2018
4.3 Propylene Glycol Market, By Region
4.4 Propylene Glycol Market Attractiveness
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.1.1 Pharmaceutical (USP/EP) Grade
5.1.2 Industrial Grade
5.2 Evolution
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Growing Automotive Industry in APAC and the Middle East & Africa
5.3.1.2 Increasing Demand for Petroleum-Based Propylene Glycol in APAC & the Middle East & Africa
5.3.1.3 Rising Demand for Processed Food in APAC
5.3.1.4 Eco-Friendly Production Process of Propylene Glycol
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Less Product Differentiation of Petroleum-Based Propylene Glycols
5.3.2.2 Growth in Demand for Hybrid Vehicles and Increasing Battery Price Parity
5.3.2.3 Huge Investment Requirement in R&D for Bio-Based Propylene Glycol
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Growing Domestic Income and Rising Population in Emerging Economies of APAC
5.3.3.2 Rising Demand for Bio-Based Propylene Glycol in Pharmaceutical (USP/EP) Grade Applications
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Volatile Crude Oil Prices
6 Industry Trends (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Porter’s Five Forces Analysis
6.2.1 Threat of New Entrants
6.2.2 Threat of Substitutes
6.2.3 Bargaining Power of Suppliers
6.2.4 Bargaining Power of Buyers
6.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
7 Propylene Glycol Market, By Source (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Petroleum-Based Propylene Glycol
7.2.1 Propylene Oxide
7.3 Bio-Based Propylene Glycol
7.3.1 Glycerin
7.3.2 Sorbitol
8 Propylene Glycol Market, By Grade (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Unsaturated Polyester Resin
8.2.1 Reinforced Thermoset
8.2.1.1 Reinforced Plastic Laminates
8.2.1.2 Sheet Molding Compounds
8.2.1.3 Electronic Components
8.2.2 Non-Reinforced Thermoset
8.2.2.1 Synthetic Marble Casting
8.2.2.2 Gel Coats
8.3 Antifreeze & Functional Fluids
8.3.1 Automotive Coolants
8.3.2 Hydraulic & Brake Fluid
8.3.3 Aircraft Deicing Fluid
8.3.4 Heat Transfer Fluid
8.4 Liquid Detergents
8.4.1 Household & Dishwashing
8.4.2 Industrial Soaps & Cleaning Fluids
8.5 Plasticizers
8.5.1 Cellophane Film
8.5.2 Phenolic Resin
8.6 Paints & Coatings
8.7 Food & Beverage
8.7.1 Dairies
8.8 Pharmaceuticals
8.8.1 Dental Care
8.8.2 Therapeutic Drugs and Medicines
8.9 Cosmetics
8.9.1 Skincare
8.10 Other Applications
9 Propylene Glycol Market, By End-Use Industry (Page No. – 73)
9.1 Introduction
9.2 Transportation
9.2.1 Automotive
9.2.2 Aerospace
9.2.3 Marine
9.3 Building & Construction
9.4 Food & Beverage
9.5 Pharmaceuticals
9.6 Cosmetics & Personal Care
9.7 Others
10 Propylene Glycol Market, By Region (Page No. – 85)
10.1 Introduction
10.2 APAC
10.2.1 China
10.2.1.1 Leading Global Companies are Focusing on Expanding Their Businesses in the Country
10.2.2 India
10.2.2.1 The Growing Manufacturing Sector is Driving the Demand for Propylene Glycol
10.2.3 Japan
10.2.3.1 The Country is Known for Advanced Technology and Innovation-Driven Approach Across All the Sectors
10.2.4 South Korea
10.2.4.1 South Korea has One of the Largest Automotive Industries in the World
10.2.5 Australia & New Zealand
10.2.5.1 The Rapid Development of the Country, Supported By Viable Economic Policies, is Helping in the Market Growth
10.3 North America
10.3.1 US
10.3.1.1 The Presence of Major Oil & Gas Giants in the Country are Driving the Market for Propylene Glycol
10.3.2 Canada
10.3.2.1 The Market in the Country is Witnessing Strong Competition From That in the Emerging Economies of APAC and the Middle East
10.3.3 Mexico
10.3.3.1 Booming Industrialization and Rising Population are Expected to Increase the Demand for Propylene Glycol
10.4 Europe
10.4.1 Russia
10.4.1.1 Growing Automobile Industry is Positively Influencing the Propylene Glycol Market in Russia
10.4.2 Germany
10.4.2.1 The Growing Automotive Industry is Expected to Drive the Demand for Propylene Glycol
10.4.3 UK
10.4.3.1 The Government’s Plans for Infrastructure Spending are Expected to Drive the Propylene Glycol Market
10.4.4 France
10.4.4.1 All the Major End-Use Industries of Propylene Glycol are Growing in the Country
10.4.5 Italy
10.4.5.1 Complete Economic Recovery is Expected to Fuel the Market in the Future
10.4.6 Spain
10.4.6.1 Spain Exports A Significant Percentage of Vehicles Produced in the Country
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 South Africa
10.5.1.1 The Country is Witnessing Increased Demand for Automobiles, Which is Aiding the Propylene Glycol Market
10.5.2 Turkey
10.5.2.1 as One of the Newly Industrialized Countries, Turkey has Immense Opportunities for Market Growth
10.5.3 Iran
10.5.3.1 Government Expenditure on Infrastructural Growth is Helpful for Market Growth
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Rapidly Expanding Economy Stimulated By Increasing Investments is Expected to Drive the Demand for Propylene Glycol
10.6.2 Argentina
10.6.2.1 The Growing Construction Industry is Expected to Drive the Demand for Propylene Glycol
11 Competitive Landscape (Page No. – 132)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
11.2.1 Innovators
11.2.2 Visionary Leaders
11.3 Strength of Product Portfolio (10 Players)
11.4 Business Strategy Excellence (10 Players)
11.5 Competitive Leadership Mapping (SMSE)
11.5.1 Progressive Companies
11.5.2 Responsive Companies
11.5.3 Dynamic Companies
11.5.4 Starting Blocks
11.6 Strength of Product Portfolio (16 Players)
11.7 Business Strategy Excellence (16 Players)
11.8 Market Share of Key Players
11.8.1 The DOW Chemical Company (US)
11.8.2 Lyondellbasedll Industries N.V. (Netherlands)
11.8.3 Global Bio-Chem Technology Group Co., LTD. (China)
11.8.4 Ineos Oxide (Switzerland)
11.9 Competitive Situations and Trends
11.9.1 Expansions
11.9.2 Partnerships
11.9.3 Contracts & Agreements
12 Company Profiles (Page No. – 143)
12.1 The DOW Chemical Company
12.2 LyondellBasell Industries N.V.
12.3 Archer Daniels Midland Company (ADM)
12.4 BASF SE
12.5 Huntsman Corporation
12.6 Global Bio-Chem Technology Group Co., LTD.
12.7 SKC Co., LTD.
12.8 DuPont Tate & Lyle Bio Products, LLC
12.9 Royal Dutch Shell PLC.
12.10 Temix Oleo S.R.L.
12.11 Other Key Market Players
12.11.1 Ineos Oxide (Switzerland)
12.11.2 Asahi Glass Co., LTD. (Japan)
12.11.3 Adeka Corporation (Japan)
12.11.4 Manali Petrochemicals Limited (India)
12.11.5 Qingdao Shida Chemical Co., LTD. (China)
12.11.6 Tongling Jintai Chemical Industrial Co., LTD. (China)
12.11.7 Dongying Hi-Tech Spring Chemical Industrial Co., LTD. (China)
12.11.8 Shandong Depu Chemical Industry Science and Technology Co., LTD (China)
12.11.9 Chaoyang Chemicals, Inc. (U.S.)
12.11.10 Oleon Nv (Belgium)
12.11.11 Golden Dyechem (India)
12.11.12 Haike Chemical Group (China)
12.11.13 Helm AG (Germany)
12.11.14 Oxyde Belgium B.V. (Belgium)
12.11.15 Arrow Chemical Group Corp. (China)
12.11.16 Trinternational, Inc. (US)
13 Appendix (Page No. – 170)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のプロピレングリコール市場:由来別(石油ベース、バイオベース)、グレード別(工業用、医薬品)、最終用途産業別(輸送、建築および建設、食品および飲料、医薬品、化粧品およびパーソナルケア)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 2729
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のプロピレングリコール市場:由来別(石油ベース、バイオベース)、グレード別(工業用、医薬品)、最終用途産業別(輸送、建築および建設、食品および飲料、医薬品、化粧品およびパーソナルケア)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • イギリスの股関節再建市場動向(~2021)
  • 電池エネルギー貯蔵システムの世界市場:リチウムイオン電池、先進鉛電池、フロー電池、ナトリウム硫黄(NAS)電池
    当調査レポートでは、電池エネルギー貯蔵システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、電池種類別分析、接続種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の土壌試験装置市場:エンドユーザー産業別(農業、建設、環境)、試験種類別(物理、残留、化学)、現場別(ラボ、オンサイト)、自動化程度別(自動、手動)、地域別
    MarketsandMarkets社は、土壌試験装置の世界市場規模が2019年33億ドルから2025年62億ドルまで年平均10.8%成長すると予測しています。本書は、世界の土壌試験装置市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーズ産業別(農業、建設、その他)分析、試験種類別(物理試験、残留試験、化学試験)分析、自動化程度別(手動、自動、半自動)分析、現場別(研究室、オンサイト)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の土壌試験装置市場:エンドユーズ産業別(農業、建設、その他) ・世界の土壌試験装置市場:試験種類別(物理試験、残留試験、化学試験) ・世界の土壌試験装置市場:自動化程度別(手動、自動、半自動) ・世界の土壌試験装置市場:現場別(研究室、オンサイト) ・世界の土壌試験装置市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 業務用食品スケールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用食品スケールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用食品スケールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 3Dレーザー切断機の世界市場2017-2021:ファイバーレーザー、CO2レーザー、固体レーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、3Dレーザー切断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dレーザー切断機の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は3Dレーザー切断機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Coherent、IPG Photonics、Jenoptik、Mazak Optonics、Prima Industrie、TRUMPF等です。
  • 鉄鋳造品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、鉄鋳造品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄鋳造品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリスペリドン市場2016
    本調査レポートでは、世界のリスペリドン市場2016について調査・分析し、リスペリドンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 先端エネルギー貯蔵システムの世界市場分析:技術別(電池、フライホイール、熱、圧搾空気、溶融塩)、セグメント予測 2022
    本調査レポートでは、先端エネルギー貯蔵システムの世界市場について調査・分析し、先端エネルギー貯蔵システムの世界市場動向、先端エネルギー貯蔵システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別先端エネルギー貯蔵システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 専門科向けPACS (医用画像保存通信システム) の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、専門科向けPACS (医用画像保存通信システム) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(放射線学、整形外科、腫瘍学、病理学、内視鏡検査、女性健康)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、エンドユーザー別(病院、クリニック、診断センター、研究)分析、専門科向けPACS (医用画像保存通信システム) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、専門科向けPACS(医用画像保存通信システム)の世界市場規模が2019年26億ドルから2024年35億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • 自動車用スチールホイールの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用スチールホイールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用スチールホイールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート変圧器の世界市場予測(~2022年):コンバータ、スイッチ、変圧器、変圧器監視用機器
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマート変圧器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、スマート変圧器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド電気自動車の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハイブリッド電気自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ハイブリッド電気自動車の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鉄道車両市場2015
    本調査レポートでは、世界の鉄道車両市場2015について調査・分析し、鉄道車両の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 押出プラスチックの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、押出プラスチックの世界市場規模が2017年1941.5億ドルから2026年3252.3億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、押出プラスチックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、押出プラスチック市場規模、フォーム別(フィルム、パイプ、シート、チューブ、ワイヤー・ケーブル)分析、種類別(高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリ塩化ビニル)分析、エンドユーザー別(自動車、建築・建設、消費財、電気電子、エネルギー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 押出プラスチックの世界市場:市場動向分析 ・ 押出プラスチックの世界市場:競争要因分析 ・ 押出プラスチックの世界市場:フォーム別(フィルム、パイプ、シート、チューブ、ワイヤー・ケーブル) ・ 押出プラスチックの世界市場:種類別(高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチ …
  • 脆弱X症候群(Fragile X Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)の概要 ・脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 日本の脊椎手術市場動向(~2021)
  • ピープロテイン加工装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ピープロテイン加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピープロテイン加工装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はピープロテイン加工装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ANDRITZ、Bühler、GEA Group、SATAKE等です。
  • 世界の再生可能化学物質市場2015
    本調査レポートでは、世界の再生可能化学物質市場2015について調査・分析し、再生可能化学物質の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア分析/医療分析の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヘルスケア分析/医療分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、アプリケーション別分析、構成要素別分析、需要先別分析、ヘルスケア分析/医療分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ストーンペーパーの世界市場分析:用途別(紙包装、ラベル用紙、粘着紙)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、ストーンペーパーの世界市場について調査・分析し、ストーンペーパーの世界市場動向、ストーンペーパーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ストーンペーパー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パッケージ入りウォーターの世界市場2014–2025:製品別(スティルウォーター、ガス入りウォーター、フレーバーウォーター、機能性ウォーター)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、パッケージ入りウォーターの世界市場について調査・分析し、パッケージ入りウォーターの世界市場動向、パッケージ入りウォーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別パッケージ入りウォーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 湿疹(Eczema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、湿疹(Eczema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・湿疹(Eczema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・湿疹(Eczema)のフェーズ3治験薬の状況 ・湿疹(Eczema)治療薬の市場規模(販売予測) ・湿疹(Eczema)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・湿疹(Eczema)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の湿疹(Eczema)治療薬剤
  • ロボット予防保全の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ロボット予防保全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット予防保全の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 局所鎮痛剤の世界市場
    本資料は、局所鎮痛剤の世界市場について調べ、局所鎮痛剤の世界規模、市場動向、市場環境、治療クラス別(非麻薬様物質、、麻薬様物質)分析、種類別(処方箋鎮痛剤、店頭(OTC)鎮痛剤)分析、剤型別(クリーム、ジェル、スプレー、パッチ、その他)分析、流通経路別(薬局&ドラッグストア、E-コマース、小売&食料雑貨店)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはATC、Tyco、Econolite、Kyosan、Fama、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・局所鎮痛剤の世界市場概要 ・局所鎮痛剤の世界市場環境 ・局所鎮痛剤の世界市場動向 ・局所鎮痛剤の世界市場規模 ・局所鎮痛剤の世界市場規模:治療クラス別(非麻薬様物質、、麻薬様物質) ・局所鎮痛剤の世界市場規模:種類別(処方箋鎮痛剤、店頭(OTC)鎮痛剤) ・局所鎮痛剤の世界市場規模:剤型別(クリーム、ジェル、スプレー、パッチ、その他) ・局所鎮痛剤の世界市場規模:流通経路別(薬局&ドラッグストア、E-コマース …
  • 粘着テープの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、粘着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、技術別分析、材料別分析、粘着テープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の装甲材市場:種類別(金属&合金、セラミック、複合材料、パラアラミド繊維、UHMWPE、グラスファイバー)、用途別(車両、航空宇宙、ボディ、市民、海洋)、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、南アメリカ、MEA)
    MarketsandMarkets社は、装甲材の世界市場規模が2019年107億ドルから2024年152億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。本書は、世界の装甲材市場について調査・分析し、市場概要、材料種類別(金属・合金、セラミックス、複合材、パラアラミド繊維、超高分子量、ファイバーグラス、その他)分析、用途別(ビークルアーマー、航空宇宙アーマー、ボディアーマー、シビルアーマー、マリンアーマー)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の装甲材市場:材料種類別(金属・合金、セラミックス、複合材、パラアラミド繊維、超高分子量、ファイバーグラス、その他) ・世界の装甲材市場:用途別(ビークルアーマー、航空宇宙アーマー、ボディアーマー、シビルアーマー、マリンアーマー) ・世界の装甲材市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 移植診断の世界市場:技術、製品・サービス(装置、試薬、ソフトウェア)、用途、エンドユーザー
    当調査レポートでは、移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 作業靴の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、作業靴の世界市場について調査・分析し、作業靴の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別作業靴シェア、市場規模推移、市場規模予測、作業靴種類別分析()、作業靴用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・作業靴の市場概観 ・作業靴のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・作業靴のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・作業靴の世界市場規模 ・作業靴の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・作業靴のアメリカ市場規模推移 ・作業靴のカナダ市場規模推移 ・作業靴のメキシコ市場規模推移 ・作業靴のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・作業靴のドイツ市場規模推移 ・作業靴のイギリス市場規模推移 ・作業靴のロシア市場規模推移 ・作業靴のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・作業靴の日本市場規模推移 ・作業靴の中国市場規模推移 ・作業靴の韓国市場規模推移 ・作業靴のインド市場規模推移 ・作業靴の東南アジア市場規模推移 …
  • ダイエット食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイエット食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイエット食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はダイエット食品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.88%成長すると予測しています。
  • ビジネスジェットの世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、ビジネスジェットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、航空機種類別(軽量、中型、大型、旅客機)分析、システム別(OEMシステム、アフターマーケットシステム)分析、エンドユーザー別(プライベート、オペレーター)分析、POS別(OEM、アフターマーケット)分析、ビジネスジェットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ビジネスジェットの世界市場規模が2019年247億ドルから2030年364億ドルまで年平均3.6%成長すると予測しています。
  • 介入的脊椎装置の世界市場2017-2021:椎体形成術、椎骨形成術、ラジオ波焼灼術
    当調査レポートでは、介入的脊椎装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、介入的脊椎装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド通信プラットフォームの世界市場:ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、クラウド通信プラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ソリューション別分析、サービス別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)市場規模、サービス種類別(パワートレイン、完成車、電気/電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場概要 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場環境 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場動向 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場規模 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場:業界構造分析 ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場:サービス種類別(パワートレイン、完成車、電気/電子、その他) ・自動車用エンジニアリングサービスプロバイダー(ESP)の世界市場 …
  • 果物・野菜加工の世界市場
    当調査レポートでは、果物・野菜加工の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・果物・野菜加工の世界市場:製品別分析/市場規模 ・果物・野菜加工の世界市場:加工製品別分析/市場規模 ・果物・野菜加工の世界市場:加工機械別分析/市場規模 ・果物・野菜加工の世界市場:作動方式別分析/市場規模 ・果物・野菜加工の世界市場:地域別分析/市場規模 ・果物・野菜加工のアメリカ市場規模予測 ・果物・野菜加工のヨーロッパ市場規模予測 ・果物・野菜加工のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 強化型ビジョンシステム(視覚装置)の世界市場予測(~2021):赤外線、合成ビジョンシステム、GPS、ミリ波レーダー
    当調査レポートでは、強化型ビジョンシステム(視覚装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別分析、構成要素別分析、プラットフォーム別分析、地域別分析、強化型ビジョンシステム(視覚装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ネットワークパケットブローカーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ネットワークパケットブローカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、帯域幅(1Gbps・10Gbps、40Gbps、100Gbps)分析、エンドユーザー(企業、サービスプロバイダー、政府機関)分析、ネットワークパケットブローカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱傷治療の世界市場:製品別(先進被覆材、生物製剤、従来型熱傷治療製品)、熱傷の深度別(軽度の熱傷、中間層熱傷、全層性熱傷)、原因別(熱、電気)、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、熱傷治療の世界市場について調査・分析し、熱傷治療の世界市場動向、熱傷治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱傷治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 古紙管理の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、古紙管理の世界市場について調べ、古紙管理の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、古紙管理の市場規模をセグメンテーション別(サービス別(リサイクル、埋立、焼却)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は古紙管理の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・古紙管理の市場状況 ・古紙管理の市場規模 ・古紙管理の市場予測 ・古紙管理の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:サービス別(リサイクル、埋立、焼却) ・古紙管理の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アイデンティティとアクセス管理(IAM)の世界市場:導入別(クラウド、ハイブリッド、オンプレミス)、最終用途別(BFSI、テレコム・IT、公共部門、ヘルスケア)、セグメント予測
    アイデンティティとアクセス管理(IAM)の世界市場は2025年には226億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.7%で成長すると予測されています。クラウドサービスとモバイルデバイスの採用、そして厳格なコンプライアンスの必要性と内部脅威の出現は、組織のITセキュリティへの支出増加につながり、市場の成長を牽引するものと考えられています。本調査レポートでは、アイデンティティとアクセス管理(IAM)の世界市場について調査・分析し、アイデンティティとアクセス管理(IAM)の世界市場動向、アイデンティティとアクセス管理(IAM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別アイデンティティとアクセス管理(IAM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カルボン酸の世界市場
    当調査レポートでは、カルボン酸の世界市場について調査・分析し、カルボン酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • データバックアップおよび復元ソフトウェアの世界市場予測(~2022年):データ複製、データ整理、データ保持
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データバックアップおよび復元ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア別分析、アプリケーション別分析、サービス別分析、地域別分析、データバックアップおよび復元ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のベタイン市場規模・予測2017-2025:種類別(合成、天然)、用途別(食品・飲料、動物用飼料、コスメティクス、洗剤・その他)、形態別(無水ベタイン・コカミドプロピルベタイン・ベタイン一水和物)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のベタイン市場について調査・分析し、世界のベタイン市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のベタイン関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • イギリスの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • アメリカのコネクテッドカーM2M通信およびサービス市場
    当調査レポートでは、アメリカのコネクテッドカーM2M通信およびサービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのコネクテッドカーM2M通信およびサービス市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • カンジダ症(Candidiasis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、カンジダ症(Candidiasis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カンジダ症(Candidiasis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・カンジダ症(Candidiasis)のフェーズ3治験薬の状況 ・カンジダ症(Candidiasis)治療薬の市場規模(販売予測) ・カンジダ症(Candidiasis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・カンジダ症(Candidiasis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のカンジダ症(Candidiasis)治療薬剤
  • 固定工具インサートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、固定工具インサートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固定工具インサートの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用食器洗い機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用食器洗い機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用食器洗い機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 世界の内視鏡装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、内視鏡装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・内視鏡装置の概要 ・内視鏡装置の開発動向:開発段階別分析 ・内視鏡装置の開発動向:セグメント別分析 ・内視鏡装置の開発動向:領域別分析 ・内視鏡装置の開発動向:規制Path別分析 ・内視鏡装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別内視鏡装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・内視鏡装置の最近動向
  • 合成生物学(構成生物学)の世界市場予測(~2022年):ツール、技術、用途、産業
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、合成生物学(構成生物学)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ツール別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、合成生物学(構成生物学)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水硫化ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の水硫化ナトリウム市場2015について調査・分析し、水硫化ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"