"世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 6122)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global EHS market size to grow at a CAGR of 10.2% during the forecast period
The global Environment, Health and Safety (EHS) market size is expected to grow from USD 5.3 billion in 2019 to USD 8.6 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 10.2% during the forecast period. To reach new levels of efficiency, accuracy, and security, organizations need real-time visibility and stability in business operations. Hence, the demand for EHS solution and services in increasing rapidly. The increasing business demand to enhance operational efficiency and stability is expected to make EHS a dominant model for organizations across all verticals in the near future.

Solution segment to lead the market in 2019
EHS solution providers enable various features in the EHS software to meet the requirements of their commercial clients. These features include environmental and occupational health management, energy and water management, waste management, air quality and compliance management, safety management, incident management and risk management, fire safety, and inventory management. Other than these major features, the EHS solution also offers employee engagement, chemical management, security program management, and product stewardship

Project deployment and implementation services to lead the EHS market in 2019
Project deployment and implementation services are provided during the deployment and implementation of an EHS solution. The successful implementation of EHS solution requires a thorough review of the organizational structures and processes, accurate migration of legacy data, and a well-organized deployment plan. During project deployment, these services help review the organizational structure and configuring site-specific profiles with proper roles and permissions based on unique EHS processes.

North America to lead the EHS market in 2019
North America leads in the adoption of EHS and provides great opportunities for the growth of the overall market. The region has always been an early adopter of new technology or software, and the North American market grows at a faster rate initially as compared to any other region. North America comprises the US and Canada. The US and Canada have sustainable and well-established economies, which empower them to invest strongly in Research and Development (R&D) activities, thereby contributing to the development of new technologies. The major reason behind the strong development of the EHS market can be attributed to the stringent rules and regulations followed by the US and Canada governments.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the EHS market.

The following list provides the breakup of primary respondents’ profiles:
 By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 20%
 By Designation: C-level Executives: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
 By Region: North America: 45%, Europe: 20%, Asia Pacific (APAC): 30%, and Rest of the World: 5%
Major vendors in the global EHS market include Enablon (France), VelocityEHS (US), Intelex (Canada), Gensuite (US), Cority (Canada), Quentic (Germany), Sphera (US), Enviance (US), ETQ (US), UL (US), SAP (Germany), DNV GL (Norway), SAI Global (US), Verisk 3E (US), Dakota Software (US), ProcessMAP (US), IsoMetrix (South Africa), Airsweb (England), SafetyCulture (Australia), ProntoForms (Canada), and Enhesa (US).

Research coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of key players in the EHS market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the global EHS market by component, service, deployment mode, vertical, and region.

Key benefits of buying the report:
The report would provide market leaders/new entrants in the EHS market, with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall EHS market and subsegments. The report would help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Environment, Health and Safety Market
4.2 Global EHS Market, By Component and Region
4.3 Market, By Region
4.4 Environment, Health and Safety Market: Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Stringent Environmental and Regulatory Compliance to Reduce Air Pollution
5.2.1.2 Increasing Workplace Incidents to Drive the EHS Market Growth
5.2.1.3 EHS Solution Reduces Risks for an Entire Organization and Increases the Transparency of Workflow
5.2.1.4 Emergence of the Software as a Service Deployment Model
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Complexity of Standards and Regulations
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Opportunities Provided By Emerging Technologies, Including Industrial Internet of Things, Artificial Intelligence, and Big Data
5.2.3.2 Acceptance of International Standards in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Funding and Expensive Cost of the Installation of EHS Software
5.2.4.2 Lack of Skills and End-To-End Solutions
5.3 History and Evolution of Environment, Health and Safety
5.3.1 Environment, Health and Safety Guidelines
5.4 Use Cases
5.4.1 Use Case: Construction and Engineering
5.4.2 Use Case: Oil and Gas
5.4.3 Use Case: Consumer Goods
5.4.4 Use Case: Automotive
5.5 Impact of Disruptive Technologies
5.5.1 Artificial Intelligence
5.5.2 Industrial Internet of Things and Big Data
6 Environment, Health and Safety Market, By Software Feature (Page No. – 47)
6.1 Environmental and Occupational Health Management
6.2 Energy and Water Management
6.3 Waste Management
6.4 Air Quality and Compliance Management
6.5 Safety Management
6.6 Incident and Risk Management
7 EHS Market, By Component (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Solution
7.2.1 Solution: Market Drivers
7.2.2 Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
7.3 Services
7.3.1 Services: Market Drivers
7.3.2 Services: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
7.3.3 Analytics
7.3.4 Project Deployment and Implementation
7.3.5 Business Consulting and Advisory
7.3.6 Audit, Assessment, and Regulatory Compliance
7.3.7 Certification
7.3.8 Training and Support
8 Environment, Health and Safety Market, By Deployment Mode (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Cloud
8.2.1 Cloud: Market Drivers
8.2.2 Cloud: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
8.3 On-Premises
8.3.1 On-Premises: EHS Market Drivers
8.3.2 On-Premises: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
9 EHS Market, By Vertical (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.1.1 Verticals: Environment, Health and Safety Market Drivers
9.1.2 Verticals: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
9.2 Energy and Utilities
9.3 Chemical and Materials
9.4 Healthcare
9.5 Construction and Engineering
9.6 Food and Beverage
9.7 Government and Defense
9.8 Others
10 Environment, Health and Safety Market, By Region (Page No. – 72)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 North America: Market Drivers
10.2.2 North America: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.2.3 United States
10.2.4 Canada
10.3 Europe
10.3.1 Europe: Market Drivers
10.3.2 Europe: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.3.3 United Kingdom
10.3.4 Germany
10.3.5 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific: Market Drivers
10.4.2 Asia Pacific: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.4.3 China
10.4.4 India
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Middle East and Africa: Environment, Health and Safety Market Drivers
10.5.2 Middle East and Africa: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.5.3 United Arab Emirates
10.5.4 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.5 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Latin America: Market Drivers
10.6.2 Latin America: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.6.3 Brazil
10.6.4 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 116)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Dynamic Differentiators
11.2.3 Innovators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Ranking of Key Players
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Mergers and Acquisitions
11.4.3 Partnerships
12 Company Profiles (Page No. – 122)
12.1 Introduction
(Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 Enablon
12.3 VelocityEHS
12.4 Intelex
12.5 Gensuite
12.6 Cority
12.7 Quentic
12.8 Sphera
12.9 Enviance
12.10 ETQ
12.11 UL
12.12 SAP
12.13 DNV GL
12.14 SAI Global
12.15 Verisk 3E
12.16 Dakota Software
12.17 ProcessMAP
12.18 IsoMetrix
12.19 Airsweb
12.20 SafetyCulture
12.21 ProntoForms
12.22 Enhesa
12.23 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 156)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 6122
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • UAV(ドローン)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、UAV(ドローン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UAV(ドローン)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用照明の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用照明の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 不織布/織物の世界市場:スパンボンド不織布、湿式不織布、乾式不織布
    当調査レポートでは、不織布/織物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、材料別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術室用装置の世界市場:手術台、手術灯、ディスプレイ、OR統合システム、手術用ブーム
    当調査レポートでは、手術室用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術室用装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 膜用化学品の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の膜用化学品市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・膜用化学品の世界市場:イントロダクション ・膜用化学品の世界市場:市場概観 ・膜用化学品の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・膜用化学品の世界市場:セグメント別市場分析 ・膜用化学品の世界市場:主要地域別市場分析 ・膜用化学品の世界市場:関連企業分析
  • 硫黄の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、硫黄の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硫黄の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は硫黄の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.69%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abu Dhabi National Oil Company、Chemtrade Logistics、China Petroleum & Chemical Corporation (Sinopec)、Enersul Limited Partnership、Gazprom等です。
  • 自動車ティプトロニック・トランスミッションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ティプトロニック・トランスミッションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ティプトロニック・トランスミッションの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 微生物培養の世界市場
    当調査レポートでは、微生物培養の世界市場について調査・分析し、微生物培養の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 水性耐火塗料の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、水性耐火塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(薄膜、厚膜)分析、基質別(構造用鋼・鋳鉄、木材)分析、応用技術別(スプレー、ブラシ、ローラー)分析、最終用途産業別(建築・建設、工業)分析、水性耐火塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ワックスエマルションの世界市場:ポリエチレン、パラフィン、カルナバ、ポリプロピレン
    当調査レポートでは、ワックスエマルションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、材料別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削機用ブレーカーの世界市場:種類別(全油圧式、空圧と油圧式、窒素膨張式)、用途別(鉱業、建設、道路工事、船舶メンテナンス、その他)、地域別予測
    本資料は、掘削機用ブレーカーの世界市場について調べ、掘削機用ブレーカーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(全油圧式、空圧と油圧式、窒素膨張式)分析、用途別(鉱業、建設、道路工事、船舶メンテナンス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはIndeco、Atlas Copco、Furukawa、Sandvik、Rammer、Caterpillar、NPKなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・掘削機用ブレーカーの世界市場概要 ・掘削機用ブレーカーの世界市場環境 ・掘削機用ブレーカーの世界市場動向 ・掘削機用ブレーカーの世界市場規模 ・掘削機用ブレーカーの世界市場規模:種類別(全油圧式、空圧と油圧式、窒素膨張式) ・掘削機用ブレーカーの世界市場規模:用途別(鉱業、建設、道路工事、船舶メンテナンス、その他) ・掘削機用ブレーカーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・掘削機用ブレーカーの北米市場規模・予測 ・掘削機用ブレーカーのアメリカ市場規模・予測 …
  • 世界の両面テープ市場2016
    本調査レポートでは、世界の両面テープ市場2016について調査・分析し、両面テープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 染料・顔料の世界市場予測:反応染料、分散染料、建染染料、酸性染料、二酸化チタン顔料、無機顔料、有機顔料
    当調査レポートでは、染料・顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、染料・顔料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の股関節再建市場動向(~2021)
  • 世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ、Mvr、サーマル)、用途別(廃水処理、製品加工)、最終用途産業別(化学および石油化学、自動車、食品および飲料、エネルギーおよび電力)、地域別
    MarketsandMarkets社は、真空エバポレーターの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年31億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の真空エバポレーター市場を広く調査・分析し、市場概要、技術種類別(ヒートポンプ真空蒸発器、機械式蒸気再圧縮真空蒸発器、熱真空蒸発器)分析、用途別(排水処理、製品加工、その他)分析、最終用途産業別(化学・石油化学、電子・半導体、エネルギー・電力、食品・飲料、医薬品、自動車、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の真空エバポレーター市場:技術種類別(ヒートポンプ真空蒸発器、機械式蒸気再圧縮真空蒸発器、熱真空蒸発器) ・世界の真空エバポレーター市場:用途別(排水処理、製品加工、その他) ・世界の真空エバポレーター市場:最終用途産業別(化学・石油化学、電子・半導体、エネルギー・電力、食品・飲料、医薬品、自動車、その他) ・世界の真空エバポレーター市場:地域別 ・競合動向 ・企 …
  • テープストレージの世界市場
    本資料は、テープストレージの世界市場について調べ、テープストレージの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(LTO-1 to LTO-5、LTO-6、LTO-7、LTO-8、DDS-1、DDS-2、DDS-3、DDS-4、DDS IV)分析、構成要素別(テープカートリッジ、テープボールト)分析、産業別(IT&通信、銀行・金融サービス及び保険、メディア&エンターテインメント、調査機関&学術研究機関、ヘルスケア、オイル&ガス、政府&防御、その他)分析、エンドユーザー別(クラウド供給者、データーセンター、企業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTaxicaller、TaxiStartup、MTData、Taximobility、Limo Anywhere、Samsride 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テープストレージの世界市場概要 ・テープストレージの世界市場環境 ・テープストレージの世界市場動向 ・テープストレージの世界市場規模 …
  • 次世代がん診断の世界市場予測
    当調査レポートでは、次世代がん診断の世界市場について調査・分析し、次世代がん診断の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・次世代がん診断の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・次世代がん診断の世界市場:セグメント別市場分析 ・次世代がん診断の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • スマートサーフィスの世界市場
    当調査レポートでは、スマートサーフィスの世界市場について調査・分析し、スマートサーフィスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の酸化ストレス用アッセイ市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸化ストレス用アッセイ市場2015について調査・分析し、酸化ストレス用アッセイの世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の風力発電市場2016
  • アメリカの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • 農業用消毒剤の世界市場:次亜塩素酸塩&ハロゲン、第4級アンモニウム化合物&フェノール、酸化剤&アルデヒド
    当調査レポートでは、農業用消毒剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、農業用消毒剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの電気生理学装置市場(~2021)
  • ロシアの注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • 遺伝子検査の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、遺伝子検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、遺伝子検査市場規模、技術別(生化学検査、細胞遺伝検査)分析、疾患別(アルツハイマー病、嚢胞性線維症、ハンチントン病、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、鎌状赤血球貧血、腫瘍・がん、サラセミア、特殊疾患、その他)分析、タイプ別(予測的検査・発症前検査、キャリア検査、遺伝子発現検査、法医学検査、新生児検査・出生前検査、分子遺伝学的検査・DNA検査、タンデム質量分析、高速液体クロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー・質量分析、その他)分析、検体別(唾液、毛髪、血液、腫瘍、その他)分析、用途別(癌遺伝子検査、既定の遺伝子検査、ファーマコゲノミクス遺伝子検査、遺伝性腫瘍関連検査、消費者直結型(DTC)遺伝子検査、神経疾患検査、筋ジストロフィー症、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 遺伝子検査の世界市場:市場動向分析 ・ 遺伝子検査の世界市場:競争要因分析 ・ 遺伝子検査 …
  • パーム油の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、パーム油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーム油の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はパーム油の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Golden Agri Resources、IOI Corporation、Sime Darby、Wilmar International等です。
  • 小型自動車用OEホイールの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEホイールの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEホイールの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • オートクレーブの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、オートクレーブの世界市場について調査・分析し、オートクレーブの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別オートクレーブシェア、市場規模推移、市場規模予測、オートクレーブ種類別分析(100L以下、100L-200L、200L以上)、オートクレーブ用途別分析(医療、歯科医院・個人開業、実験室、製薬、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・オートクレーブの市場概観 ・オートクレーブのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・オートクレーブのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・オートクレーブの世界市場規模 ・オートクレーブの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・オートクレーブのアメリカ市場規模推移 ・オートクレーブのカナダ市場規模推移 ・オートクレーブのメキシコ市場規模推移 ・オートクレーブのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・オートクレーブのドイツ市場規模推移 ・オートクレーブのイギリス市場規模推移 ・オートクレーブのロシア …
  • ワイヤレスディスプレイの世界市場予測(~2023年):ハードウェア、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ワイヤレスディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供方式別分析、用途別分析、技術プロトコル別分析、地域別分析、ワイヤレスディスプレイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • e-バイクの世界市場予測(~2025年)
    e-バイクの世界市場は、2018年の211億米ドルから2025年には386億米ドルに達し、この期間中9.01%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、排出量や交通渋滞に対する懸念の高まりが考えられます。交通渋滞は世界中の国々、特に混雑した都市が直面する問題です。自動車利用人口は日々増加しており、既存の道路インフラでは対応が難しくなっています。渋滞は各個人に公私にわたって影響を及ぼします。結果、政府・市民団体は交通渋滞を減らすための対策を講じるにいたっています。当調査レポートでは、e-バイクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、クラス分析、電池のタイプ(リチウムイオン、リチウムイオンポリマー、鉛)分析、モーターの種類(ミッドモーター、ハブモーター)分析、モード(スロットル、ペダルアシスト)分析、e-バイクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レスベラトロールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レスベラトロールの世界市場について調査・分析し、レスベラトロールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レスベラトロールシェア、市場規模推移、市場規模予測、レスベラトロール種類別分析()、レスベラトロール用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レスベラトロールの市場概観 ・レスベラトロールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レスベラトロールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レスベラトロールの世界市場規模 ・レスベラトロールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レスベラトロールのアメリカ市場規模推移 ・レスベラトロールのカナダ市場規模推移 ・レスベラトロールのメキシコ市場規模推移 ・レスベラトロールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レスベラトロールのドイツ市場規模推移 ・レスベラトロールのイギリス市場規模推移 ・レスベラトロールのロシア市場規模推移 ・レスベラトロールのアジア市場分析(日本、中 …
  • 中国のテクスチャード加工機械市場2015
    本調査レポートでは、中国のテクスチャード加工機械市場2015について調査・分析し、テクスチャード加工機械の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラーコントロールガラスの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ソーラーコントロールガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラーコントロールガラスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場分析
    本調査レポートでは、ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場について調査・分析し、ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場動向、ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ファーマコゲノミクス技術/セラノスティクス/コンパニオン診断(CDx)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 防護服の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、防護服の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、防護服の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガムの世界市場:チューインガム、風船ガム
    当調査レポートでは、ガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガムの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 病理学用機器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、病理学用機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、病理学用機器市場規模、用途別(診断、創薬、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・病理学用機器の世界市場概要 ・病理学用機器の世界市場環境 ・病理学用機器の世界市場動向 ・病理学用機器の世界市場規模 ・病理学用機器の世界市場:業界構造分析 ・病理学用機器の世界市場:用途別(診断、創薬、その他) ・病理学用機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・病理学用機器のアメリカ市場規模・予測 ・病理学用機器のヨーロッパ市場規模・予測 ・病理学用機器のアジア市場規模・予測 ・病理学用機器の主要国分析 ・病理学用機器の世界市場:意思決定フレームワーク ・病理学用機器の世界市場:成長要因、課題 ・病理学用機器の世界市場:競争環境 ・病理学用機器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のプロジェクター市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロジェクター市場2015について調査・分析し、プロジェクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 外科手術用ステープリングデバイスの世界市場:最終用途別(病院、外来センター)、製品別(電動、手動)、種類別(再使用可能、使い捨て)、セグメント予測
    本調査レポートでは、外科手術用ステープリングデバイスの世界市場について調査・分析し、外科手術用ステープリングデバイスの世界市場動向、外科手術用ステープリングデバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別外科手術用ステープリングデバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 連續性腎臟替代性治療法(CRRT)の世界市場
    当調査レポートでは、連續性腎臟替代性治療法(CRRT)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・連續性腎臟替代性治療法(CRRT)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・連續性腎臟替代性治療法(CRRT)の世界市場:モダリティ別分析/市場規模 ・連續性腎臟替代性治療法(CRRT)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・連續性腎臟替代性治療法(CRRT)のアメリカ市場規模予測 ・連續性腎臟替代性治療法(CRRT)のヨーロッパ市場規模予測 ・連續性腎臟替代性治療法(CRRT)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ケニアの太陽光発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 世界のバリン市場2016
    本調査レポートでは、世界のバリン市場2016について調査・分析し、バリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのサウジアラビア市場
  • 湿疹治療薬の世界市場:疾患別、地域別
    本レポートは、湿疹治療薬の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、疾患別(アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、その他)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・湿疹治療薬の世界市場:疾患別(アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、その他) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 高強度ラミネート接着剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高強度ラミネート接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高強度ラミネート接着剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エナジードリンクの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、エナジードリンクの世界市場について調査・分析し、エナジードリンクの世界市場動向、エナジードリンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別エナジードリンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のCCクリーム市場2016
    本調査レポートでは、世界のCCクリーム市場2016について調査・分析し、CCクリームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 再生医療の世界市場:細胞治療、組織スキャフォールド、遺伝子治療
    当調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、再生医療の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 配線用遮断器(MCCB)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、配線用遮断器(MCCB)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、配線用遮断器(MCCB)市場規模、定格電流別(75Aまで、76-250A、251-800A、800A以上)分析、製品別(小形遮断器(MCB)、配線保護用遮断器(MCCB))分析、最終用途別(電力会社、製造・プロセス産業、住宅・商業部門、輸送業界、データセンター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場概要 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場環境 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場動向 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場規模 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場:業界構造分析 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場:定格電流別(75Aまで、76-250A、251-800A、800A以上) ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場:製品別(小形遮断器(MCB)、配線保護用遮断器(MCCB)) ・配線用遮断器(MCCB) …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"