"世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 6122)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global EHS market size to grow at a CAGR of 10.2% during the forecast period
The global Environment, Health and Safety (EHS) market size is expected to grow from USD 5.3 billion in 2019 to USD 8.6 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 10.2% during the forecast period. To reach new levels of efficiency, accuracy, and security, organizations need real-time visibility and stability in business operations. Hence, the demand for EHS solution and services in increasing rapidly. The increasing business demand to enhance operational efficiency and stability is expected to make EHS a dominant model for organizations across all verticals in the near future.

Solution segment to lead the market in 2019
EHS solution providers enable various features in the EHS software to meet the requirements of their commercial clients. These features include environmental and occupational health management, energy and water management, waste management, air quality and compliance management, safety management, incident management and risk management, fire safety, and inventory management. Other than these major features, the EHS solution also offers employee engagement, chemical management, security program management, and product stewardship

Project deployment and implementation services to lead the EHS market in 2019
Project deployment and implementation services are provided during the deployment and implementation of an EHS solution. The successful implementation of EHS solution requires a thorough review of the organizational structures and processes, accurate migration of legacy data, and a well-organized deployment plan. During project deployment, these services help review the organizational structure and configuring site-specific profiles with proper roles and permissions based on unique EHS processes.

North America to lead the EHS market in 2019
North America leads in the adoption of EHS and provides great opportunities for the growth of the overall market. The region has always been an early adopter of new technology or software, and the North American market grows at a faster rate initially as compared to any other region. North America comprises the US and Canada. The US and Canada have sustainable and well-established economies, which empower them to invest strongly in Research and Development (R&D) activities, thereby contributing to the development of new technologies. The major reason behind the strong development of the EHS market can be attributed to the stringent rules and regulations followed by the US and Canada governments.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the EHS market.

The following list provides the breakup of primary respondents’ profiles:
 By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 20%
 By Designation: C-level Executives: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
 By Region: North America: 45%, Europe: 20%, Asia Pacific (APAC): 30%, and Rest of the World: 5%
Major vendors in the global EHS market include Enablon (France), VelocityEHS (US), Intelex (Canada), Gensuite (US), Cority (Canada), Quentic (Germany), Sphera (US), Enviance (US), ETQ (US), UL (US), SAP (Germany), DNV GL (Norway), SAI Global (US), Verisk 3E (US), Dakota Software (US), ProcessMAP (US), IsoMetrix (South Africa), Airsweb (England), SafetyCulture (Australia), ProntoForms (Canada), and Enhesa (US).

Research coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of key players in the EHS market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the global EHS market by component, service, deployment mode, vertical, and region.

Key benefits of buying the report:
The report would provide market leaders/new entrants in the EHS market, with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall EHS market and subsegments. The report would help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It further helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Global Environment, Health and Safety Market
4.2 Global EHS Market, By Component and Region
4.3 Market, By Region
4.4 Environment, Health and Safety Market: Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Stringent Environmental and Regulatory Compliance to Reduce Air Pollution
5.2.1.2 Increasing Workplace Incidents to Drive the EHS Market Growth
5.2.1.3 EHS Solution Reduces Risks for an Entire Organization and Increases the Transparency of Workflow
5.2.1.4 Emergence of the Software as a Service Deployment Model
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Complexity of Standards and Regulations
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Opportunities Provided By Emerging Technologies, Including Industrial Internet of Things, Artificial Intelligence, and Big Data
5.2.3.2 Acceptance of International Standards in Emerging Economies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Funding and Expensive Cost of the Installation of EHS Software
5.2.4.2 Lack of Skills and End-To-End Solutions
5.3 History and Evolution of Environment, Health and Safety
5.3.1 Environment, Health and Safety Guidelines
5.4 Use Cases
5.4.1 Use Case: Construction and Engineering
5.4.2 Use Case: Oil and Gas
5.4.3 Use Case: Consumer Goods
5.4.4 Use Case: Automotive
5.5 Impact of Disruptive Technologies
5.5.1 Artificial Intelligence
5.5.2 Industrial Internet of Things and Big Data
6 Environment, Health and Safety Market, By Software Feature (Page No. – 47)
6.1 Environmental and Occupational Health Management
6.2 Energy and Water Management
6.3 Waste Management
6.4 Air Quality and Compliance Management
6.5 Safety Management
6.6 Incident and Risk Management
7 EHS Market, By Component (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Solution
7.2.1 Solution: Market Drivers
7.2.2 Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
7.3 Services
7.3.1 Services: Market Drivers
7.3.2 Services: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
7.3.3 Analytics
7.3.4 Project Deployment and Implementation
7.3.5 Business Consulting and Advisory
7.3.6 Audit, Assessment, and Regulatory Compliance
7.3.7 Certification
7.3.8 Training and Support
8 Environment, Health and Safety Market, By Deployment Mode (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Cloud
8.2.1 Cloud: Market Drivers
8.2.2 Cloud: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
8.3 On-Premises
8.3.1 On-Premises: EHS Market Drivers
8.3.2 On-Premises: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
9 EHS Market, By Vertical (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.1.1 Verticals: Environment, Health and Safety Market Drivers
9.1.2 Verticals: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
9.2 Energy and Utilities
9.3 Chemical and Materials
9.4 Healthcare
9.5 Construction and Engineering
9.6 Food and Beverage
9.7 Government and Defense
9.8 Others
10 Environment, Health and Safety Market, By Region (Page No. – 72)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 North America: Market Drivers
10.2.2 North America: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.2.3 United States
10.2.4 Canada
10.3 Europe
10.3.1 Europe: Market Drivers
10.3.2 Europe: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.3.3 United Kingdom
10.3.4 Germany
10.3.5 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific: Market Drivers
10.4.2 Asia Pacific: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.4.3 China
10.4.4 India
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Middle East and Africa: Environment, Health and Safety Market Drivers
10.5.2 Middle East and Africa: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.5.3 United Arab Emirates
10.5.4 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.5 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Latin America: Market Drivers
10.6.2 Latin America: Core Environment, Health and Safety Vendor Initiatives and Developments
10.6.3 Brazil
10.6.4 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 116)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Dynamic Differentiators
11.2.3 Innovators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Ranking of Key Players
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 New Product Launches
11.4.2 Mergers and Acquisitions
11.4.3 Partnerships
12 Company Profiles (Page No. – 122)
12.1 Introduction
(Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 Enablon
12.3 VelocityEHS
12.4 Intelex
12.5 Gensuite
12.6 Cority
12.7 Quentic
12.8 Sphera
12.9 Enviance
12.10 ETQ
12.11 UL
12.12 SAP
12.13 DNV GL
12.14 SAI Global
12.15 Verisk 3E
12.16 Dakota Software
12.17 ProcessMAP
12.18 IsoMetrix
12.19 Airsweb
12.20 SafetyCulture
12.21 ProntoForms
12.22 Enhesa
12.23 Right-To-Win
*Details on Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 156)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 6122
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のEHS市場:コンポーネント別、サービス別(プロジェクト展開&実装、ビジネスコンサルティング&アドバイザリー、監査、評価、規制順守)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ロシアのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 自動車用死角検知の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用死角検知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用死角検知の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の呼吸装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、呼吸装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・呼吸装置の概要 ・呼吸装置の開発動向:開発段階別分析 ・呼吸装置の開発動向:セグメント別分析 ・呼吸装置の開発動向:領域別分析 ・呼吸装置の開発動向:規制Path別分析 ・呼吸装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別呼吸装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・呼吸装置の最近動向
  • 世界の硝酸アルミニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の硝酸アルミニウム市場2016について調査・分析し、硝酸アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機食品・飲料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、有機食品・飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有機食品・飲料市場規模、製品別(有機食品、有機飲料)分析、タイプ別(生鮮商品(果物・野菜)、袋詰食料品(果物・野菜)、穀物)分析、消費別(加工済み有機食品、新鮮な有機食品)分析、販売チャネル別(小売、卸売業者・代理店)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 有機食品・飲料の世界市場:市場動向分析 ・ 有機食品・飲料の世界市場:競争要因分析 ・ 有機食品・飲料の世界市場:製品別(有機食品、有機飲料) ・ 有機食品・飲料の世界市場:タイプ別(生鮮商品(果物・野菜)、袋詰食料品(果物・野菜)、穀物) ・ 有機食品・飲料の世界市場:消費別(加工済み有機食品、新鮮な有機食品) ・ 有機食品・飲料の世界市場:販売チャネル別(小売、卸売業者・代理店) ・ 有機食品・飲料の世界市場:主要地域別分析 ・ 有機食品・飲料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 有機食品・飲料のヨーロッパ市 …
  • 無線プリンターの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、無線プリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無線プリンターの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リモートセンシングサービスの世界市場予測(~2022年):衛星、無人機、航空機、地上
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、リモートセンシングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、需要先別分析、解像度別分析、地域別分析、リモートセンシングサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • BPMaaS(クラウド型ビジネスプロセスマネジメントサービス)の世界市場
    当調査レポートでは、BPMaaS(クラウド型ビジネスプロセスマネジメントサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BPMaaS(クラウド型ビジネスプロセスマネジメントサービス)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの末梢血管用装置市場見通し
  • ヒアルロン酸皮膚充填剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ヒアルロン酸皮膚充填剤の世界市場について調査・分析し、ヒアルロン酸皮膚充填剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ヒアルロン酸皮膚充填剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、ヒアルロン酸皮膚充填剤種類別分析(単相製品、複相製品)、ヒアルロン酸皮膚充填剤用途別分析(Bootlegging、スカルプティング、傷修正、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ヒアルロン酸皮膚充填剤の市場概観 ・ヒアルロン酸皮膚充填剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ヒアルロン酸皮膚充填剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ヒアルロン酸皮膚充填剤の世界市場規模 ・ヒアルロン酸皮膚充填剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ヒアルロン酸皮膚充填剤のアメリカ市場規模推移 ・ヒアルロン酸皮膚充填剤のカナダ市場規模推移 ・ヒアルロン酸皮膚充填剤のメキシコ市場規模推移 ・ヒアルロン酸皮膚充填剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ヒアル …
  • サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるサルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)の概要 ・サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のサルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サルコグリカン異常症(Sarcoglycanopathy)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • コネクテッドカーエコシステムの世界市場予測(~2030)
  • 世界のスパイラル分級機市場2015
    本調査レポートでは、世界のスパイラル分級機市場2015について調査・分析し、スパイラル分級機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ波無線の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロ波無線の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ波無線の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の特殊紙市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊紙市場2015について調査・分析し、特殊紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場:ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、フレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場について調べ、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他)、エンドユーザ別(食品および飲料、医療、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフレキシブルプラスチックパッケージングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場状況 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場規模 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの市場予測 ・フレキシブルプラスチックパッケージングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ポーチ、バッグ、フィルム・ラップ、その他) ・市場セグメンテーシ …
  • ヨーロッパ主要国の装具市場動向(~2021)
  • 神経機能代替(人工神経)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、神経機能代替(人工神経)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、神経機能代替(人工神経)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサブソイラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のサブソイラ市場2015について調査・分析し、サブソイラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タバコの世界市場:タイプ別(紙巻きたばこ、タバコ、無煙タバコ、葉巻・シガリロ)、セグメント予測
    タバコの世界市場は2021年には6,944億7,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率2.8%で成長すると予測されています。タバコ業界は少数の企業で構成されています。本調査レポートでは、タバコの世界市場について調査・分析し、タバコの世界市場動向、タバコの世界市場規模、市場予測、セグメント別タバコ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 商用車用尿素タンクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用車用尿素タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用尿素タンクの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用車用尿素タンクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.34%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cummins、Elkhart Plastics、Salzburger Aluminium等です。
  • 世界の精製テレフタル酸市場2015
    本調査レポートでは、世界の精製テレフタル酸市場2015について調査・分析し、精製テレフタル酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の刺繍ミシン市場2016
    本調査レポートでは、世界の刺繍ミシン市場2016について調査・分析し、刺繍ミシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)市場規模、製品別(デュアルチャネルABS、シングルチャネルABS)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場概要 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場環境 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場動向 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場規模 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場:業界構造分析 ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場:製品別(デュアルチャネルABS、シングルチャネルABS) ・オートバイ用ABS(アンチロックブレーキシステム)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートバイ用ABS(ア …
  • 世界のホキシム市場2015
    本調査レポートでは、世界のホキシム市場2015について調査・分析し、ホキシムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エンドポイント検出及び対応の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エンドポイント検出及び対応の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エンドポイント検出及び対応の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・配置別市場分析 ・エンドユーザー別市場分析 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・購買基準 ・ファイブフォース分析 ・競争状況 ・主要企業の概要 ・付録
  • グリーンパッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グリーンパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーンパッケージングの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの整形外科補綴市場見通し
  • 魚粉の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、魚粉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、魚粉市場規模、製品種類別(脱脂魚粉、全魚粉、半脱脂魚粉)分析、用途別(肥料、飼料)分析、エンドユーザー別(水産養殖、豚、家禽、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 魚粉の世界市場:市場動向分析 ・ 魚粉の世界市場:競争要因分析 ・ 魚粉の世界市場:製品種類別(脱脂魚粉、全魚粉、半脱脂魚粉) ・ 魚粉の世界市場:用途別(肥料、飼料) ・ 魚粉の世界市場:エンドユーザー別(水産養殖、豚、家禽、その他) ・ 魚粉の世界市場:主要地域別分析 ・ 魚粉の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 魚粉のヨーロッパ市場規模 ・ 魚粉のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・魚粉の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 狙撃探知システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、狙撃探知システムの世界市場について調査・分析し、狙撃探知システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別狙撃探知システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、狙撃探知システム種類別分析(音響センサ、光センサー)、狙撃探知システム用途別分析(車両、固定/地上設置、ヘリコプター、軍人)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・狙撃探知システムの市場概観 ・狙撃探知システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・狙撃探知システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・狙撃探知システムの世界市場規模 ・狙撃探知システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・狙撃探知システムのアメリカ市場規模推移 ・狙撃探知システムのカナダ市場規模推移 ・狙撃探知システムのメキシコ市場規模推移 ・狙撃探知システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・狙撃探知システムのドイツ市場規模推移 ・狙撃探知システムのイギリス市場規模推移 ・狙撃探知システムのロ …
  • アルミニウムダイカスト機械の世界市場:HPDC、LPDC、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、アルミニウムダイカスト機械の世界市場について調べ、アルミニウムダイカスト機械の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、アルミニウムダイカスト機械の市場規模をセグメンテーション別(製品別(HPDC、LPDC、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はアルミニウムダイカスト機械の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・アルミニウムダイカスト機械の市場状況 ・アルミニウムダイカスト機械の市場規模 ・アルミニウムダイカスト機械の市場予測 ・アルミニウムダイカスト機械の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(HPDC、LPDC、その他) ・アルミニウムダイカスト機械の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分 …
  • 全身スキャナーの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、全身スキャナーの世界市場について調査・分析し、全身スキャナーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 全身スキャナーの世界市場:市場動向分析 - 全身スキャナーの世界市場:競争要因分析 - 全身スキャナーの世界市場:技術別 ・ミリ波スキャナー ・後方散乱X線検査装置 ・3D全身スキャナー ・アクティブスキャナー ・パッシブスキャナー ・電送スキャナー - 全身スキャナーの世界市場:用途別 ・公衆安全 ・都市安全 - 全身スキャナーの世界市場:主要地域別分析 - 全身スキャナーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 全身スキャナーのヨーロッパ市場規模 - 全身スキャナーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・全身スキャナーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 血管造影用カテーテルの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、血管造影用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、地域別分析、需要先別分析、血管造影用カテーテルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの種子市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの種子市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの種子市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 現金輸送の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、現金輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、現金輸送の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のセンサー水栓市場2015
    本調査レポートでは、中国のセンサー水栓市場2015について調査・分析し、センサー水栓の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ炭の世界市場分析:技術別(熱分解、ガス化、その他)、用途別(農業(畑作、畜産、その他)、その他)、地域別、セグメント予測、2012 – 2025
    本調査レポートでは、バイオ炭の世界市場について調査・分析し、バイオ炭の世界市場動向、バイオ炭の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ炭市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業向け水処理設備市場規模、用途別(工程用水、廃水処理)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場概要 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場環境 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場動向 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場規模 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場:用途別(工程用水、廃水処理) ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス産業向け水処理設備の北米市場規模・予測 ・石油・ガス産業向け水処理設備のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・石油・ガス産業向け水処理設備のアジア太平洋市場規模・予測 ・石油・ガス産業向け水処理設備の主要国分析 ・石油・ガス産業向け水処理設備の世界市場:意思決 …
  • トルコの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • ゴルフ用距離計の世界市場:レーザー距離計、GPS距離計
    当調査レポートでは、ゴルフ用距離計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフ用距離計の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の心臓人工弁市場(~2021)
  • インスタント食品の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:肉・家禽、シリアル系、野菜系
  • 飛行機ナビゲーションシステムの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、飛行機ナビゲーションシステムの世界市場について調査・分析し、飛行機ナビゲーションシステムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 飛行機ナビゲーションシステムの世界市場:市場動向分析 - 飛行機ナビゲーションシステムの世界市場:競争要因分析 - 飛行機ナビゲーションシステムの世界市場:製品別 ・飛行機ナビゲーション装置 ・通信機器 ・飛行機制御装置 ・飛行管理装置 - 飛行機ナビゲーションシステムの世界市場:航空機の種類 ・固定翼 ・回転翼 - 飛行機ナビゲーションシステムの世界市場:飛行計器の種類 ・高度計 ・ジャイロスコープ ・自動操縦 ・磁気コンパス ・センサー - 飛行機ナビゲーションシステムの世界市場:主要地域別分析 - 飛行機ナビゲーションシステムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 飛行機ナビゲーションシステムのヨーロッパ市場規模 - 飛行機ナビゲーションシステムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・飛行機ナビゲーションシステムの世界市場:主な市場開拓 …
  • 心臓バイオマーカーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、心臓バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓バイオマーカーの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は心臓バイオマーカーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.97%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、Alere、F. Hoffmann-La Roche等です。
  • 世界のポリテトラフルオロエチレン(PTFE)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリテトラフルオロエチレン(PTFE)市場2016について調査・分析し、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアスファルト舗装機市場2015
    本調査レポートでは、世界のアスファルト舗装機市場2015について調査・分析し、アスファルト舗装機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 新生児スクリーニングの世界市場2015-2022
  • 食道胃接合部腺がん:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における食道胃接合部腺がんの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、食道胃接合部腺がん治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・食道胃接合部腺がんの概要 ・食道胃接合部腺がんの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の食道胃接合部腺がん治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・食道胃接合部腺がん治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・食道胃接合部腺がん治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 中国の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 触媒の世界市場:原材料別(金属、化合物)、製品別(不均一、均一)、用途別(ポリマー・石油化学製品、環境)、セグメント予測
    本調査レポートでは、触媒の世界市場について調査・分析し、触媒の世界市場動向、触媒の世界市場規模、市場予測、セグメント別触媒市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"