"世界のタンパク質工学市場:技術別(合理的設計、不合理な設計)、製品&サービス別(機器、消耗品)、タンパク質種類別(モノクローナル抗体、インスリン)、エンドユーザー別(アカデミックインスティテュート、バイオ医薬品、CRO)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT 7517)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のタンパク質工学市場:技術別(合理的設計、不合理な設計)、製品&サービス別(機器、消耗品)、タンパク質種類別(モノクローナル抗体、インスリン)、エンドユーザー別(アカデミックインスティテュート、バイオ医薬品、CRO)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The increasing focus on protein-based drug development by pharmaceutical and biotechnology firms is expected to drive the overall growth of the protein engineering market”
The global protein engineering market is estimated to grow from USD 2.2 billion in 2019 to USD 3.9 billion by 2024, at a CAGR of 12.4% during the forecast period. The major factors driving the growth of this market include the increasing investments in synthetic biology and the growing focus on protein-based drug development by pharmaceutical and biotechnology companies.

“Instruments segment to account for the largest share of the protein engineering market, by product & service, in 2019”
Based on product & service, the protein engineering market is segmented into instruments, consumables, and software & services. Instruments formed the largest product segment in this market in 2019 due to technological advancements in mass spectrometry and X-ray crystallography systems and their ability to integrate with other technologies.

“Monoclonal antibodies segment to grow at the highest CAGR in the protein engineering market, by protein type, in 2019”
Based on protein type, the protein engineering market is segmented into monoclonal antibodies, insulin, erythropoietin, interferons, vaccines, colony-stimulating factors, growth hormones, coagulation factors, and other proteins. The monoclonal antibodies segment is estimated to grow at the highest CAGR in this market owing to the increasing demand for monoclonal antibodies for the treatment of cancer, neurological diseases, and infectious diseases.

“Rational protein design segment to grow at the highest CAGR in the protein engineering market, by technology, in 2019”
Based on technology, the protein engineering market is segmented into rational and irrational protein design. The rational protein design segment is estimated to grow at the highest CAGR in this market during the forecast period majorly due to the growing use and continuous upgrades of bioinformatics platforms and software for protein analysis.

“North America is estimated to be the largest regional market for protein engineering products and services during the forecast period”
In 2019, North America accounted for the largest share of the global protein engineering market, majorly due to the presence of well-established CROs, rising R&D expenditure, and the availability of the latest techniques and instruments for drug discovery research in the region. Also, the increased adoption of biologic drugs such as monoclonal antibodies, erythropoietin, and interferons for the treatment of chronic diseases is the major factor driving the growth of the North American market.

In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the protein engineering market. Mentioned below is the breakdown of the interviews:
• By Respondent Type: Supply Side: 80%, Demand Side: 20%
• By Designation: C-level Executives: 25%, Directors: 18%, Others: 57%
• By Region: North America: 50%, Europe: 20%, APAC: 20%, RoW: 10%
The major players operating in the global protein engineering market include Thermo Fisher Scientific (US), Bio-Rad Laboratories (US), Agilent Technologies (US), Waters Corporation (US), and Danaher Corporation (US).

Research Coverage:
The study covers the protein engineering market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different product & service, protein type, technology, end user, and regional segments. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players operating in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
This report will help market leaders as well as new entrants in the market by providing information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall protein engineering market and its subsegments. It will also help stakeholders to understand the competitive landscape, gain more insights to better position their businesses, and plan suitable go-to-market strategies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のタンパク質工学市場:技術別(合理的設計、不合理な設計)、製品&サービス別(機器、消耗品)、タンパク質種類別(モノクローナル抗体、インスリン)、エンドユーザー別(アカデミックインスティテュート、バイオ医薬品、CRO)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Markets Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Assumptions for the Study
2.3.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Market Overview
4.2 Asia Pacific: Market, By Product (2018)
4.3 Market, By End User (2018)
4.4 Market, By Region (2018)
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Investments in Synthetic Biology
5.2.1.2 Growing Focus on Protein-Based Drug Development By Pharmaceutical & Biotechnology Firms
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Instruments
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets
6 Protein Engineering Market, By Product & Service (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Instruments
6.2.1 Instruments Will Continue to Dominate the Market in the Forecast Period
6.3 Consumables
6.3.1 Increasing Demand for Consumables in Proteomics Research is Supporting Market Growth
6.4 Software & Services
6.4.1 Software & Services Segment to Witness the Highest Growth Between 2019 and 2024
7 Protein Engineering Market, By Protein Type (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Monoclonal Antibodies
7.2.1 Accurate Binding Capacity and Specificity Have Supported the use of MABs
7.3 Insulin
7.3.1 Increasing Burden of Diabetes has Driven the Demand for Insulin
7.4 Erythropoietins
7.4.1 Continuous Research and Funding to Promote the Growth of Erythropoietins
7.5 Interferons
7.5.1 Rising Anemia Incidence is a Key Driver of the Market for Interferons
7.6 Vaccines
7.6.1 High Incidence of Diseases Such as Hepatitis and Influenza Likely to Boost Market Growth
7.7 Colony-Stimulating Factors
7.7.1 Demand for CSF in Bone and Inflammation Treatment Likely to Boost the Market
7.8 Growth Hormones
7.8.1 Demand for Hormone Therapies Likely to Boost the Market
7.9 Coagulation Factors
7.9.1 The Need to Combat Hemophilia is Expected to be the Primary Growth Driver for This Market Segment
7.10 Other Proteins
8 Protein Engineering Market, By Technology (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Rational Protein Design
8.2.1 Advancements in Bioinformatics Tools to Propel Market Growth
8.3 Irrational Protein Design/Directed Evolution
8.3.1 This Process Involves a Number of Uncertainties, Which May Limit Market Growth to a Certain Extent
9 Protein Engineering Market, By End User (Page No. – 63)
9.1 Introduction
9.2 Biopharmaceutical Companies
9.2.1 Biopharmaceutical Companies Dominate the Market
9.3 Contract Research Organizations
9.3.1 Increasing Need for Outsourcing Protein Engineering Activities to Cros to Support Market Growth
9.4 Academic Research Institutes
9.4.1 Need for Novel Proteins for the Production of Biotherapeutics to Boost Market Growth
10 Protein Engineering Market, By Region (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Patent Expiry and Increasing Research Funds
10.2.2 Canada
10.2.2.1 R&D Activities in Research Institutes and Universities to Drive Market Growth
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Strong R&D Base and Presence of Research Centers to Drive Market Growth
10.3.2 UK
10.3.2.1 Strong Preclinical Pipeline to Support Market Growth
10.3.3 France
10.3.3.1 Conference and Events in France Likely to Create Awareness
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Government Initiatives in Genomics and Proteomics are Likely to Support Market Growth in Japan
10.4.2 China
10.4.2.1 Presence of a Favorable Funding Scenario and Collaborations Will Drive Market Growth
10.4.3 India
10.4.3.1 Government Initiatives Will Propel Market Growth in India
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World
11 Competitive Landscape (Page No. – 97)
11.1 Introduction
11.2 Market Rank Analysis, 2018
11.3 Competitive Leadership Mapping (2019)
11.3.1 Vendor Inclusion Criteria
11.3.2 Visionary Leaders
11.3.3 Innovators
11.3.4 Dynamic Differentiators
11.3.5 Emerging Companies
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Partnerships, Agreements, and Collaborations (2016–2019)
11.4.2 Product Launches & Enhancements (2016–2019)
11.4.3 Expansions (2016–2019)
11.4.4 Acquisitions (2016–2019)
12 Company Profiles (Page No. – 103)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Thermo Fisher Scientific, Inc.
12.2 Danaher Corporation
12.3 Agilent Technologies, Inc.
12.4 Bio-Rad Laboratories, Inc.
12.5 Bruker Corporation
12.6 Genscript Biotech Corporation
12.7 Codexis, Inc.
12.8 Waters Corporation
12.9 New England Biolabs, Inc.
12.10 Merck KGaA
12.11 Perkinelmer, Inc.
12.12 GE Healthcare
12.13 Creative Biolabs
12.14 Enantis S.R.O.
12.15 Promega Corporation
12.16 Abzena, Ltd.
12.17 Proteogenix
12.18 Innovagen AB
12.19 Phynexus, Inc. (A Part of Biotage)
12.20 Takara Bio, Inc.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 140)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のタンパク質工学市場:技術別(合理的設計、不合理な設計)、製品&サービス別(機器、消耗品)、タンパク質種類別(モノクローナル抗体、インスリン)、エンドユーザー別(アカデミックインスティテュート、バイオ医薬品、CRO)
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT 7517
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のタンパク質工学市場:技術別(合理的設計、不合理な設計)、製品&サービス別(機器、消耗品)、タンパク質種類別(モノクローナル抗体、インスリン)、エンドユーザー別(アカデミックインスティテュート、バイオ医薬品、CRO)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • カザフスタンの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • Anti-CD279 (PD-1)抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD279 (PD-1)抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD279 (PD-1)抗体の概要 ・Anti-CD279 (PD-1)抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD279 (PD-1)抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD279 (PD-1)抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD279 (PD-1)抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ニキビ治療装置の世界市場予測2019-2024
    「ニキビ治療装置の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、光線力学、レーザー、無線周波数、その他など、用途別には、Hospitals、Beauty Salon、Home Useなどに区分してまとめた調査レポートです。ニキビ治療装置のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・ニキビ治療装置の世界市場概要(サマリー) ・ニキビ治療装置の企業別販売量・売上 ・ニキビ治療装置の企業別市場シェア ・ニキビ治療装置の世界市場規模:種類別(光線力学、レーザー、無線周波数、その他) ・ニキビ治療装置の世界市場規模:用途別(Hospitals、Beauty Salon、Home Use) ・ニキビ治療装置の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・ニキビ治療装置のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・ニキビ治療装置の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・ニキビ治療装置の中東・アフ …
  • バングラデシュのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 指圧痕用独立型スキャナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、指圧痕用独立型スキャナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、指圧痕用独立型スキャナの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バソプレッシン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるバソプレッシン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・バソプレッシン受容体アゴニストの概要 ・バソプレッシン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のバソプレッシン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・バソプレッシン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・バソプレッシン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)市場規模、最終用途別(自動車、工業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場概要 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場環境 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場動向 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場規模 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場:業界構造分析 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場:最終用途別(自動車、工業、その他) ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)のアメリカ市場規模・予測 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ミニチュア玉軸受(ボールベアリング)のアジア市場規模・予測 …
  • 世界のアブレーション装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、アブレーション装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アブレーション装置の概要 ・アブレーション装置の開発動向:開発段階別分析 ・アブレーション装置の開発動向:セグメント別分析 ・アブレーション装置の開発動向:領域別分析 ・アブレーション装置の開発動向:規制Path別分析 ・アブレーション装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別アブレーション装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・アブレーション装置の最近動向
  • カナダの体外式除細動器市場(~2021)
  • 産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用食品・飲料ろ過システム市場規模、製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場概要 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場環境 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場動向 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場規模 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場:業界構造分析 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場:製品別(液体ろ過システム、空気ろ過システム) ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場:用途別 ・産業用食品・飲料ろ過システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用食品・飲料ろ過システムのアメリカ市場規模・予測 ・産業用食品・飲料ろ過システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用食品・飲料ろ過システムのアジア市場規模・予測 ・産業用食品 …
  • ワークフロー管理システムの世界市場予測(~2021):構成要素別(ソフトウェア、サービス)、ソフトウェア別、サービス別、導入種類別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、ワークフロー管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、導入種類別分析、ワークフロー管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 薬物乱用検査の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、薬物乱用検査の世界市場について調査・分析し、薬物乱用検査の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・薬物乱用検査の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・薬物乱用検査の世界市場:セグメント別市場分析 ・薬物乱用検査の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクト・ポートフォリオ管理(PPM)の世界市場規模及び予測、導入別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品添加剤の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、医薬品添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(有機化学品(炭水化物、石油化学)無機化学品)分析、機能性別(増量剤、希釈剤、コーティング、崩壊剤)分析、製剤別(タブレット、カプセル、局所、非経口)分析、医薬品添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医薬品添加剤の世界市場規模が2019年69億ドルから2025年97億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。
  • コネクティッド・レールの世界市場予測(~2022年):乗客モビリティー、PIS、列車追跡・モニタリング、自動料金収受システム、予知保全
    当調査レポートでは、コネクティッド・レールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、サービス別分析、信号システム別分析、地域別分析、コネクティッド・レールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 注射型ドラッグデリバリーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、注射型ドラッグデリバリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、注射型ドラッグデリバリー市場規模、タイプ別(製剤、デバイス)分析、製剤容器別(カートリッジ、アンプル、ボトル、小瓶)分析、使用パターン別(予防接種、治療、その他) 分析、使用施設別(在宅医療、病院・診療所、その他)分析、投与部位別(循環・筋骨格(静脈内、心臓内、筋肉内、腹膜内)、皮膚(皮内・皮下)、中枢神経系(大脳内・クモ膜下)、臓器(硝子体内・関節内))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:市場動向分析 ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:競争要因分析 ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:タイプ別(製剤、デバイス) ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:製剤容器別(カートリッジ、アンプル、ボトル、小瓶) ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:使用パターン別(予防接種、治療、その他) ・ 注射型ドラッグデリ …
  • インテリジェント自動販売機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェント自動販売機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェント自動販売機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ハイマウントストップランプの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ハイマウントストップランプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、HELLA、KOITO MANUFACTURING、Magneti Marelli、OSRAM等です。
  • ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場:ディスプレイ機器、ネットワークインフラ機器
    当調査レポートでは、ワイヤレスギガビット(WiGig)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硬質プラスチック包装の世界市場予測(~2021年):ボトル・瓶、トレー、おけ型小型容器、カップ
    当調査レポートでは、硬質プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、原料別分析、種類別分析、製造方式別分析、用途別分析、硬質プラスチック包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 尿流動態検査装置・消耗品の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、尿流動態検査装置・消耗品の世界市場について調査・分析し、尿流動態検査装置・消耗品の世界市場動向、尿流動態検査装置・消耗品の世界市場規模、市場予測、セグメント別尿流動態検査装置・消耗品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フランスの血栓管理装置市場(~2021)
  • ペット食品成分の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、ペット食品成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、成分別(穀物、肉および肉製品、野菜、果物、脂肪、および添加物)分析、由来別(動物ベース、植物ベース、合成)分析、ペット別(犬、猫、魚)分析、フォーム別(乾燥および液体)分析、ペット食品成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ペット食品成分の世界市場規模が2019年370億ドルから2025年543億ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。
  • 世界の循環水処理装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の循環水処理装置市場2016について調査・分析し、循環水処理装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 禁煙および脱ニコチン依存製品の世界市場
    当調査レポートでは、禁煙および脱ニコチン依存製品の世界市場について調査・分析し、禁煙および脱ニコチン依存製品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 特大貨物輸送の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、特大貨物輸送の世界市場について調査・分析し、特大貨物輸送の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 特大貨物輸送の世界市場:市場動向分析 - 特大貨物輸送の世界市場:競争要因分析 - 特大貨物輸送の世界市場:用途別 建設 鉱石産業 石油化学産業 治水産業 その他の用途 - 特大貨物輸送の世界市場:種類別 空輸 鉄道輸送 陸路輸送 海上輸送 - 特大貨物輸送の世界市場:主要地域別分析 - 特大貨物輸送の北米市場規模(アメリカ市場等) - 特大貨物輸送のヨーロッパ市場規模 - 特大貨物輸送のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・特大貨物輸送の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の整形外科用補綴市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、整形外科用補綴のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・整形外科用補綴の概要 ・整形外科用補綴の開発動向:開発段階別分析 ・整形外科用補綴の開発動向:セグメント別分析 ・整形外科用補綴の開発動向:領域別分析 ・整形外科用補綴の開発動向:規制Path別分析 ・整形外科用補綴の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別整形外科用補綴の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・整形外科用補綴の最近動向
  • バイオポリマーフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バイオポリマーフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオポリマーフィルム市場規模、用途別(飲食料品、医療・ヘルスケア、家庭用・パーソナルケア、農業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイオポリマーフィルムの世界市場概要 ・バイオポリマーフィルムの世界市場環境 ・バイオポリマーフィルムの世界市場動向 ・バイオポリマーフィルムの世界市場規模 ・バイオポリマーフィルムの世界市場:業界構造分析 ・バイオポリマーフィルムの世界市場:用途別(飲食料品、医療・ヘルスケア、家庭用・パーソナルケア、農業) ・バイオポリマーフィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオポリマーフィルムのアメリカ市場規模・予測 ・バイオポリマーフィルムのヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオポリマーフィルムのアジア市場規模・予測 ・バイオポリマーフィルムの主要国分析 ・バイオポリマーフィルムの世界市場:意思決定フレームワーク ・バ …
  • 炭化ケイ素(SiC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、炭化ケイ素(SiC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、炭化ケイ素(SiC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物由来特殊酵素の世界市場予測2019-2024
    「動物由来特殊酵素の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、ポリメラーゼ・ヌクレアーゼ、リパーゼなど、用途別には、Pharmaceuticals、Research & Biotechnology、Diagnostic、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。動物由来特殊酵素のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・動物由来特殊酵素の世界市場概要(サマリー) ・動物由来特殊酵素の企業別販売量・売上 ・動物由来特殊酵素の企業別市場シェア ・動物由来特殊酵素の世界市場規模:種類別(カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、ポリメラーゼ・ヌクレアーゼ、リパーゼ) ・動物由来特殊酵素の世界市場規模:用途別(Pharmaceuticals、Research & Biotechnology、Diagnostic、Others) ・動物由来特殊酵素の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・動物 …
  • プラスチックベースウォーター包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチックベースウォーター包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチックベースウォーター包装の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 持続的腎代替療法装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、持続的腎代替療法装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、持続的腎代替療法装置市場規模、モダリティ別(持続的静脈-静脈血液濾過(CVVH)、持続的静静脈血液ろ過透析(CVVHDF)、持続的静静脈血液透析(CVVHD)、持続的限外ろ過(SCUF))分析、製品別(消耗品、システム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・持続的腎代替療法装置の世界市場概要 ・持続的腎代替療法装置の世界市場環境 ・持続的腎代替療法装置の世界市場動向 ・持続的腎代替療法装置の世界市場規模 ・持続的腎代替療法装置の世界市場:業界構造分析 ・持続的腎代替療法装置の世界市場:モダリティ別(持続的静脈-静脈血液濾過(CVVH)、持続的静静脈血液ろ過透析(CVVHDF)、持続的静静脈血液透析(CVVHD)、持続的限外ろ過(SCUF)) ・持続的腎代替療法装置の世界市場:製品別(消耗品、システム) ・持続的腎代替療法装置の世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 自動車用コラプシブルステアリングコラムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用コラプシブルステアリングコラムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用コラプシブルステアリングコラムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロプレートリーダーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マイクロプレートリーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、マイクロプレートリーダーの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイクロプレートリーダー市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロプレートリーダー市場2015について調査・分析し、マイクロプレートリーダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の個人保護装置(PPE)市場2015
    本調査レポートでは、中国の個人保護装置(PPE)市場2015について調査・分析し、個人保護装置(PPE)の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスタービンの世界市場
    当調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、ガスタービンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ガスタービンの世界市場:市場動向分析 - ガスタービンの世界市場:競争要因分析 - ガスタービンの世界市場:用途別 ・産業用 ・航空 ・発電 ・船舶 ・石油&ガス - ガスタービンの世界市場:定格出力別 ・1-40 MW ・40-120 MW ・120-300 MW ・300 MW超 - ガスタービンの世界市場:技術別 ・複合サイクル ・開放サイクル - ガスタービンの世界市場:製品の種類別 ・航空転用型 ・高負荷型 - ガスタービンの世界市場:主要地域別分析 - ガスタービンの北米市場規模(アメリカ市場等) - ガスタービンのヨーロッパ市場規模 - ガスタービンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ガスタービンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 人口健康管理(PHM)の世界市場分析:製品別(ソフトウェア、ハードウェア)、エンドユーザー別(医療提供者、医療支払者、雇用者グループ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、人口健康管理(PHM)の世界市場について調査・分析し、人口健康管理(PHM)の世界市場動向、人口健康管理(PHM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別人口健康管理(PHM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • Eコマースパッケージングのアジア市場
    当調査レポートでは、Eコマースパッケージングのアジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eコマースパッケージングのアジア市場規模及び予測、種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車及び輸送産業用アルミ板&アルミシートの世界市場
    当調査レポートでは、自動車及び輸送産業用アルミ板&アルミシートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車及び輸送産業用アルミ板&アルミシートの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 麦わらパルプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、麦わらパルプの世界市場について調査・分析し、麦わらパルプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別麦わらパルプシェア、市場規模推移、市場規模予測、麦わらパルプ種類別分析()、麦わらパルプ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・麦わらパルプの市場概観 ・麦わらパルプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・麦わらパルプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・麦わらパルプの世界市場規模 ・麦わらパルプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・麦わらパルプのアメリカ市場規模推移 ・麦わらパルプのカナダ市場規模推移 ・麦わらパルプのメキシコ市場規模推移 ・麦わらパルプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・麦わらパルプのドイツ市場規模推移 ・麦わらパルプのイギリス市場規模推移 ・麦わらパルプのロシア市場規模推移 ・麦わらパルプのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・麦わらパルプの日本市場規模推移 ・麦 …
  • 集光型太陽光発電の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、集光型太陽光発電の世界市場について調査・分析し、集光型太陽光発電の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・集光型太陽光発電の世界市場:市場動向分析 ・集光型太陽光発電の世界市場:競争要因分析 ・集光型太陽光発電の世界市場:集光レベル別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の世界市場:技術別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の世界市場:用途別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の世界市場:地域別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の北米市場規模・分析 ・集光型太陽光発電の欧州市場・分析 ・集光型太陽光発電のアジア市場・分析 ・集光型太陽光発電の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界のデジタルX線装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、デジタルX線装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・デジタルX線装置の概要 ・デジタルX線装置の開発動向:開発段階別分析 ・デジタルX線装置の開発動向:セグメント別分析 ・デジタルX線装置の開発動向:領域別分析 ・デジタルX線装置の開発動向:規制Path別分析 ・デジタルX線装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別デジタルX線装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・デジタルX線装置の最近動向
  • 産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用マルチプロトコルゲートウェイ市場規模、用途別分析、最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場概要 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場環境 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場動向 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場規模 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場:業界構造分析 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場:用途別 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場:最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・産業用マルチプロトコルゲートウェイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイのアメリカ市場規模・予測 ・産業用マルチプロトコルゲートウェイのヨーロッパ市場規 …
  • 製袋充填機の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、製袋充填機の世界市場について調査・分析し、製袋充填機の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・製袋充填機の世界市場規模:種類別分析 ・製袋充填機の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・製袋充填機の世界市場規模:製品別分析 ・製袋充填機の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • クメンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クメンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クメンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクメンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BP、China Petroleum & Chemical Corporation、ExxonMobil、Royal Dutch Shell、The Dow Chemical等です。
  • クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場について調査・分析し、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)シェア、市場規模推移、市場規模予測、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)種類別分析(エクセレントグレード、ファーストグレード)、クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)用途別分析(子供用おもちゃ、日常用化学製品・食品用包装、医療用機器・医療用包装、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の市場概観 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の世界市場規模 ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クエン酸アセチルトリブチル(ATBC)のアメ …
  • コードレス掃除機の世界市場:種類別、用途別(商業、住宅)、地域別予測
    本資料は、コードレス掃除機の世界市場について調べ、コードレス掃除機の世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、用途別(商業、住宅)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コードレス掃除機の世界市場概要 ・コードレス掃除機の世界市場環境 ・コードレス掃除機の世界市場動向 ・コードレス掃除機の世界市場規模 ・コードレス掃除機の世界市場規模:種類別 ・コードレス掃除機の世界市場規模:用途別(商業、住宅) ・コードレス掃除機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・コードレス掃除機の北米市場規模・予測 ・コードレス掃除機のアメリカ市場規模・予測 ・コードレス掃除機のヨーロッパ市場規模・予測 ・コードレス掃除機のアジア市場規模・予測 ・コードレス掃除機の日本市場規模・予測 ・コードレス掃除機の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のサイレージ用添加物市場2015
    本調査レポートでは、世界のサイレージ用添加物市場2015について調査・分析し、サイレージ用添加物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の心臓血管手術装置市場(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"