"世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AD 4535)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The concrete repair mortars market is projected to witness a CAGR of 6.1% during the forecast period.”
The concrete repair mortars market size was estimated at USD 2.1 billion in 2019 and is projected to reach USD 2.8 billion in 2024, at a CAGR of 6.1%. The high growth is attributed to rising pressure on the existing infrastructure due to rise in population. Concrete repair mortars are materials used in replacing corroded concrete in the existing structures, which helps in improving the lifespan of the structures.

“Buildings & carparks — the largest end-use industry in the overall concrete repair mortars market.”
Buildings & carparks is projected to be the largest end-use industry of the concrete repair mortars market. The large market size for this segment is attributed to high need for repair in the buildings & carparks as they are built to last for a long time period. The concrete tends to crack and corrode due to exposure to extreme environmental conditions over a long time period. The demand for concrete repair mortars in buildings & carparks is rising as they prevent the buildings from collapsing and increase their lifespans.

“Hand/Trawling is the fastest-growing application method segment in the concrete repair mortars market.”
Hand/trawling is expected to be the fastest-growing method of application in the concrete repair mortars market during the forecast period. This method can be used in various forms and for both structural and non-structural repair. The application method can be used for both horizontal and vertical repair. The polymer-modified cementitious mortars are mostly applied through hand/trawling, having a repair depth of 10–75 mm in this method. This will help the growth of the concrete repair mortars market during the forecast period.

“APAC is the largest and the fastest-growing market of concrete repair mortars market”
APAC is projected to be the largest and the fastest-growing market of concrete repair mortars. The high growth rate of the market in the region is due to high investment in maintenance of public infrastructure by governments, which is expected to drive the concrete repair mortars market in the region during the forecast period. Key countries in the region are China, Japan, India, Australia, and South Korea. High investment in public infrastructure to cater to the large population is leading to high rate of deterioration of the structures. This is expected to lead to the demand for repairs of structures during the forecast period.

Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size for several segments and subsegments and information gathered through secondary research.
The breakup of primary interviews is given below.
• By Company Type – Tier 1 – 40%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 –20%
• By Designation – C level – 49%, Director level –26 %, and Others –25 %
• By Region – North America: 25%, Europe: 20%, APAC: 35%, Middle East & Africa: 10%, South America: 10%
The major players in the concrete repair mortars market are Sika AG (Switzerland), Fosroc International Ltd. (UK), BASF SE (Germany), Mapei SpA (Italy), Saint-Gobain Weber SA (France), Pidilite Industries Ltd. (India), Remmers Baustofftechnik GmbH (Germany) Flexcrete Technologies Ltd. (UK), The Euclid Chemical Co. (UK), and Adhesive Technology Corp. (US).

Research Coverage:
This research report categorizes the global concrete repair mortars market on the basis of type, grade, application method, and end-use industry. The report includes detailed information regarding the major factors influencing the growth of the market, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities. The detailed analysis of key market players provides insights into business overviews, products & services, key strategies, investments & expansions, mergers & acquisitions, and recent developments in the market.

Reasons to Buy the Report:
1. This report segments the global concrete repair mortars market comprehensively and provides the closest approximations of sizes for the overall market and subsegments across various verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their positions in the business. The competitive landscape section includes expansions, new product developments, and mergers & acquisitions undertaken in the market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Units Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Opportunities in the Concrete Repair Mortars Market By Type and Country
4.2 Global Concrete Repair Mortars Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Pressure on Existing Infrastructure Due to Rising Population
5.2.1.2 Deteriorating Condition of Existing Infrastructure
5.2.1.3 The Need to Increase the Life Span of the Existing Buildings
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Regulations in Europe
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Trend of Shifting to Renewable Energy Generation
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Rise of New Construction Technology as A Replacement for Repair Materials
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competition
5.4 Yc, Ycc Drivers
6 Concrete Repair Mortars Market, By Type (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Polymer Modified Cementitious (PMC) Mortars
6.2.1 SBR Latex
6.2.2 Acrylics
6.3 Epoxy Based Mortars
7 Concrete Repair Mortars Market, By Grade (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Structural
7.3 Non Structural
8 Concrete Repair Mortars Market, By Application Method (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Hand/Trawling
8.3 Pouring
8.4 Spraying
9 Concrete Repair Mortars Market, By End-Use Industry (Page No. – 49)
9.1 Introduction
9.2 Buildings & Carparks
9.3 Road Infrastructure
9.4 Utility
9.5 Marine
10 Concrete Repair Mortars Market, By Region (Page No. – 55)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.3 Introduction
10.4.1 Large Backlog of Aging Buildings Requiring Repair and Maintenance and Repair During the Forecast Period to Help the Demand to Grow.
10.5 Canada
10.5.1 Harsh Climatic Conditions Leading the Country to Maintain the Transport System Will Support the Growth of the Market.
10.6.1 Increasing Dependence on Public Private Partnerships to Develop and Maintain the Country’s Infrastructure Will Lead the Market Growth.
10.7 APAC
10.8 Introduction
10.9 China
10.9.1 High Expenditure in the Repair of Large Concrete Structures Such as Dams and Bridges During the Forecast Period.
10.10 Japan
10.10.1 Continuous Exposure to Natural Calamities Will Lead to the Demand for Repair of Infrastructure During the Forecast Period.
10.11 India
10.11.1 Large Infrastructure Investment Plans By the Government Plan By the Government to Boost Demand.
10.12 Australia
10.12.1 Investment in the Maintenance of Aging Infrastructure to Boost Demand During the Forecast Period.
10.13 South Korea
10.13.1 Investment in the Improvement of the Social Infrastructure of the Country to Drive the Demand.
10.14 Rest of APAC
10.14.1 Investment in Infrastructure as A Measure to Boost the Economy Will Drive the Demand for Concrete Repair Mortars.
10.15 Europe
10.16 Introduction
10.17 Germany
10.17.1 High Public Expenditure in Maintenance of Public Infrastructure to Grow in the Market
10.18 UK
10.18.1 High Investment in Maintenance of Bridges to Be to Support the Growth Concrete Repair Mortars.
10.19 France
10.19.1 Expenditure on Maintenance of Public Infrastructure Will Support the Market Growth During the Forecast Period.
10.20 Italy
10.20.1 Deteriorating Public Infrastructure Putting Pressure on the Government to Increase Spending on Repair & Maintenance of the Structures.
10.21 Russia
10.21.1 High Investment in Upgradation of Concrete Repair Mortars to Drive the Market Growth
10.22 Spain
10.23 Belgium
10.23.1 High Investment in Development of Residential Building in the Future Will Drive the Demand for Concrete Repair Mortars.
10.24 Austria
10.24.1 Harsh Climate Conditions Force the Country to Maintain the Concrete Infrastructure During the Forecast Period.
10.25 Netherlands
10.25.1 Expenditure to Repair the Road and Waterways to Support the Growth of Concrete Repair Mortars Market.
10.26 Sweden
10.26.1 Decision to Repair All the Bridges of the Country to Drive the Growth of Concrete Repair Mortars Market.
10.27 Czech Republic
10.27.1 Need to Maintain the Road Infrastructure to Facilitate Transportation Will Support the Growth of Concrete Repair Mortars.
10.28 Poland
10.28.1 Support From Eu to Develop Country’s Infrastructure Will Drive the Demand for Concrete Repair Mortars.
10.29 Rest of Europe
10.29.1 Countries Striving to Maintain Their Civil Infrastructure Will Support the Demand for Concrete Repair Mortars.
10.30 Middle East & Africa
10.31 Introduction
10.32 Saudi Arabia
10.32.1 Heavy Investment on Development of Commercial Infrastructure Will Help the Country Grow.
10.33 UAE
10.33.1 Government Policy Supporting Growth of Infrastructure Projects Will Support the Market During Forecast Period.
10.34 South Africa
10.34.1 Government Striving to Build the Social Infrastructure in the Country Will Lead the Market.
10.35 Rest of Middle East & Africa
10.35.1 Growth is Attributed to Race to Develop Country’s Infrastructure.
10.36 South America
10.37 Introduction
10.38 Brazil
10.38.1 Expenditure Incurred in the Maintenance of One of the Largest Road Infrastructure Will Drive the Growth.
10.39 Argentina
10.39.1 Government Partnering With International Agencies to Boost Construction and Maintain the Existing Infrastructure,.
10.40.1 The Rise of Public-Private Partnerships in the Region Will Drive the Demand for Concrete Repair Mortars.
11 Competitive Landscape (Page No. – 151)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 Expansions
11.2.2 Acquisitions
11.2.3 New Product Launches
12 Company Profiles (Page No. – 155)
12.1 Sika AG
12.1.1 Business Overview
12.1.2 Products Offered
12.1.3 Recent Developments
12.1.4 Winning Imperative
12.1.5 Current Focus & Strategies
12.1.6 Threat of Competitors
12.1.7 Sika’s Right to Win
12.2 Fosroc International Ltd.
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Products Offered
12.2.3 Recent Developments
12.2.4 Current Focus & Strategies
12.2.5 Threat of Competitors
12.2.6 Fosroc’s Right to Win
12.3 BASF SE
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Products Offered
12.3.3 Recent Developments
12.3.4 Winning Imperative
12.3.5 Current Focus & Strategies
12.3.6 Threat of Competitors
12.3.7 BASF’s Right to Win
12.4 Mapei S.P.A
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Products Offered
12.4.3 Winning Imperative
12.4.4 Current Focus & Strategies
12.4.5 Threat of Competitors
12.4.6 Mapei’s Right to Win
12.5 Saint-Gobain Weber S.A.
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Products Offered
12.5.3 Winning Imperative
12.5.4 Current Focus & Strategies
12.5.5 Threat of Competitors
12.5.6 Saint-Gobain Weber’s Right to Win
12.6 Pidilite Industries Ltd
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Products Offered
12.6.3 Winning Imperatives
12.6.4 Current Focus and Strategies
12.6.5 Threat From Competition
12.6.6 Pidilite’s Right to Win
12.7 Remmers Baustofftechnik GmhH
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Products Offered
12.8 Flexcrete Technologies Ltd..
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Products Offered
12.9 The Euclid Chemical Co.
12.9.1 Business Overview
12.9.2 Products Offered
12.10 Adhesive Technology Corporation
12.10.1 Business Overview
12.10.2 Products Offered
12.11 W. R. Meadows, Inc.
12.12 Ardex GmbH
12.13 Garon Product Inc.
12.14 M C Building Chemicals
12.15 Ronacrete Ltd.
12.16 TCC Materials
12.17 Chembond Chemicals Limited
12.18 Perma Construction Aids Pvt Ltd.
12.19 Dayton Superior
12.20 Aquafin, Inc.
13 Appendix (Page No. – 178)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AD 4535
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場について調べ、眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(治療薬、手術器具、ビジョンケア)分析、エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場動向 ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場環境 ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場規模 ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場規模:製品タイプ別(治療薬、手術器具、ビジョンケア) ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、通院外科診療所) ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・眼科手術用装置および治療薬(アイケア …
  • 水素化処理触媒の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、水素化処理触媒の世界市場について調査・分析し、水素化処理触媒の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別水素化処理触媒シェア、市場規模推移、市場規模予測、水素化処理触媒種類別分析(水素化処理、水素化分解)、水素化処理触媒用途別分析(ディーゼル水素化処理、潤滑油、ナフサ、残油改質、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・水素化処理触媒の市場概観 ・水素化処理触媒のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・水素化処理触媒のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・水素化処理触媒の世界市場規模 ・水素化処理触媒の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・水素化処理触媒のアメリカ市場規模推移 ・水素化処理触媒のカナダ市場規模推移 ・水素化処理触媒のメキシコ市場規模推移 ・水素化処理触媒のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・水素化処理触媒のドイツ市場規模推移 ・水素化処理触媒のイギリス市場規模推移 ・水素化処理触媒のロシア市場規模推移 ・ …
  • バイオ燃料添加剤の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、バイオ燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、バイオ燃料添加剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:市場動向分析 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:競争要因分析 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:用途別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:バイオ燃料別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・バイオ燃料添加剤の北米市場規模・分析 ・バイオ燃料添加剤の欧州市場・分析 ・バイオ燃料添加剤のアジア市場・分析 ・バイオ燃料添加剤の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート体重計・体組成計・BMI計市場規模、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、価格帯別($100以上、$100以下)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場概要 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場環境 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場動向 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場規模 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場:業界構造分析 ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場:流通経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場:価格帯別($100以上、$100以下) ・スマート体重計・体組成計・BMI計の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート体重計・体組成計・BMI計のアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • 微生物増殖培地の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、微生物増殖培地の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、微生物増殖培地の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の硫酸バリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸バリウム市場2015について調査・分析し、硫酸バリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ループス腎炎(Lupus Nephritis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるループス腎炎(Lupus Nephritis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ループス腎炎(Lupus Nephritis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ループス腎炎(Lupus Nephritis)の概要 ・ループス腎炎(Lupus Nephritis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のループス腎炎(Lupus Nephritis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ループス腎炎(Lupus Nephritis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 軍用機格納庫の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用機格納庫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機格納庫の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コジェネレーション(熱電併給)装置の世界市場:レシプロエンジン、ガスタービン、蒸気タービン、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、コジェネレーション(熱電併給)装置の世界市場について調べ、コジェネレーション(熱電併給)装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コジェネレーション(熱電併給)装置の市場規模をセグメンテーション別(種類別(レシプロエンジン、ガスタービン、蒸気タービン、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はコジェネレーション(熱電併給)装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・コジェネレーション(熱電併給)装置の市場状況 ・コジェネレーション(熱電併給)装置の市場規模 ・コジェネレーション(熱電併給)装置の市場予測 ・コジェネレーション(熱電併給)装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(レシプロエンジン、ガスタービン、蒸気タービン、その他) ・コジェネレーション(熱電併給)装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア …
  • ポーランドの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • アイスクリームの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アイスクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイスクリームの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるテトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼの概要 ・テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼのパイプライン概要 ・企業別開発中のテトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼ ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼ開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびデータ処理、起動サービス)、種類別(ナノサテライトおよびマイクロサテライト)、用途別、業種別(政府、防衛、民事)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ナノサテライト&マイクロサテライトの世界市場規模が2019年15億ドルから2024年36億ドルまで年平均19.8%成長すると予測しています。当資料では、世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場を統合的に調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびデータ処理、宇宙サービス、打ち上げサービス)分析、種類別(ナノ衛星、マイクロ衛星)分析、用途別(コミュニケーション、地球観測&リモートセンシング、科学研究、生物実験、技術実証&検証、アカデミックトレーニング、マッピング&ナビゲーション、調査)分析、業種別(政府、市民、商業、防衛、エネルギー&インフラ、海上輸送)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェアおよびデータ処理、宇宙サービス、打ち上げサービス) ・世界のナノサテライト&マイクロサテライト市場:種 …
  • ラボオートメーションの世界市場:製品タイプ別(機器、ソフトウェア&インフォマティクス)、用途別(薬物発見、臨床診断、ゲノミクスソリューション、プロテオミクスソリューション)、エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬産業、研究所、その他)
    本市場調査レポートではラボオートメーションについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品タイプ別(機器、ソフトウェア&インフォマティクス)分析、用途別(薬物発見、臨床診断、ゲノミクスソリューション、プロテオミクスソリューション)分析、エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬産業、研究所、その他)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ラボオートメーションの世界市場:製品タイプ別(機器、ソフトウェア&インフォマティクス) ・ラボオートメーションの世界市場:用途別(薬物発見、臨床診断、ゲノミクスソリューション、プロテオミクスソリューション) ・ラボオートメーションの世界市場:エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬産業、研究所、その他) ・ラボオートメーションの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 泥炭の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、泥炭の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、泥炭市場規模、用途別(燃料・エネルギー、農業・園芸、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BORD NA MÓNA, Klasmann-Deilmann, Oulun Energia, R?kyva, Vapoなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・泥炭の世界市場概要 ・泥炭の世界市場環境 ・泥炭の世界市場動向 ・泥炭の世界市場規模 ・泥炭の世界市場:業界構造分析 ・泥炭の世界市場:用途別(燃料・エネルギー、農業・園芸、その他) ・泥炭の世界市場:地域別市場規模・分析 ・泥炭の北米市場規模・予測 ・泥炭のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・泥炭のアジア太平洋市場規模・予測 ・泥炭の主要国分析 ・泥炭の世界市場:意思決定フレームワーク ・泥炭の世界市場:成長要因、課題 ・泥炭の世界市場:競争環境 ・泥炭の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車用サラウンドビューシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用サラウンドビューシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用サラウンドビューシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • LEDライトエンジンの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、LEDライトエンジンの世界市場規模が2017年218.8億ドルから2026年845.3億ドルまで年平均16.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、LEDライトエンジンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、LEDライトエンジン市場規模、フォーム別(フレキシブル、リジッド)分析、製品別(ランプ、照明器具)分析、インストール別(新規インストール、レトロフィットインストール)分析、エンドユーザー別(室内照明、屋外照明)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ LEDライトエンジンの世界市場:市場動向分析 ・ LEDライトエンジンの世界市場:競争要因分析 ・ LEDライトエンジンの世界市場:フォーム別(フレキシブル、リジッド) ・ LEDライトエンジンの世界市場:製品別(ランプ、照明器具) ・ LEDライトエンジンの世界市場:インストール別(新規インストール、レトロフィットインストール) ・ LEDラ …
  • ハイパーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイパーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイパーカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軽飛行機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、軽飛行機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軽飛行機市場規模、技術別(従来型燃料駆動式、再生エネルギー駆動式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cirrus Aircraft, Diamond Aircraft, Piper Aircraft, TECNAM, Textron Aviationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・軽飛行機の世界市場概要 ・軽飛行機の世界市場環境 ・軽飛行機の世界市場動向 ・軽飛行機の世界市場規模 ・軽飛行機の世界市場:業界構造分析 ・軽飛行機の世界市場:技術別(従来型燃料駆動式、再生エネルギー駆動式) ・軽飛行機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・軽飛行機の北米市場規模・予測 ・軽飛行機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・軽飛行機のアジア太平洋市場規模・予測 ・軽飛行機の主要国分析 ・軽飛行機の世界市場:意思決定フレームワーク ・軽飛行機の世界市場:成長要因、課題 ・軽 …
  • 皮膚鏡検査の世界市場:技術別(LED、キセノン、ハロゲン、UV)、製品別(接触型、ハイブリッド型、非接触型)、モダリティ別(ハンドヘルド、ヘッドバンド)最終用途別、セグメント予測
    皮膚鏡検査の世界市場は2025年には17億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.6%で成長すると予測されています。皮膚鏡検査は、皮膚がんのスクリーニングにおいて重要な役割を果たし、色素性病変の早期発見および同定につながります。良性のほくろは、メラノーマを発症する危険性があります。本調査レポートでは、皮膚鏡検査の世界市場について調査・分析し、皮膚鏡検査の世界市場動向、皮膚鏡検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別皮膚鏡検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 入学管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、入学管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、入学管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 大学などの学校への入学は年に一、二度あり、その期間中、担当者には生徒や保護者からの入学に関する様々な質問に回答する負担がかかります。入学管理ソフトウェアで、入学等に関する学校のニーズに対処することができます。Technavio社は入学管理ソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Blackbaud• Ellucian Company• Hyland Software等です。
  • 放送機器の世界市場予測(~2023年):ディッシュアンテナ、アンプ、スイッチ、エンコーダー、ビデオ・サーバー、送信機、モジュレータ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、放送機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、用途別分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析、放送機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのPIRおよびマイクロ波モーションセンサー市場予測(~2020)
  • 非弾力性床材の世界市場:セラミックス、木材・ラミネート
    当調査レポートでは、非弾力性床材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非弾力性床材市場規模、製品別(セラミックス、木材・ラミネート)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Armstrong Flooring, Grupo Lamosa, Kajaria Ceramics, Mohawk Industries, RAK Ceramicsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・非弾力性床材の世界市場概要 ・非弾力性床材の世界市場環境 ・非弾力性床材の世界市場動向 ・非弾力性床材の世界市場規模 ・非弾力性床材の世界市場:業界構造分析 ・非弾力性床材の世界市場:製品別(セラミックス、木材・ラミネート) ・非弾力性床材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・非弾力性床材の北米市場規模・予測 ・非弾力性床材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・非弾力性床材のアジア太平洋市場規模・予測 ・非弾力性床材の主要国分析 ・非弾力性床材の世界市場:意思決定フ …
  • ブレーキ装置の世界市場予測(~2021年):ディスクブレーキ、ドラムブレーキ、電子制御ブレーキシステム
    当調査レポートでは、ブレーキ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、車両種類別分析、地域別分析、ブレーキ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業経営管理ソフトウェアの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、農業経営管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエステル短繊維(PSF)市場規模、用途別(衣服、家庭用家具、自動車、ろ過、その他)分析、製品別(固形、中空)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場概要 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場環境 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場動向 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場規模 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:業界構造分析 ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:用途別(衣服、家庭用家具、自動車、ろ過、その他) ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:製品別(固形、中空) ・ポリエステル短繊維(PSF)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポリエステル短繊維(PSF)のアメリカ市場規模・予測 ・ポリエステル短繊維(PSF)のヨーロッパ市場規模・予測 ・ポリエステル短繊維(PSF) …
  • 帯域外認証ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、帯域外認証ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、帯域外認証ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のブレンダー市場2016
    本調査レポートでは、世界のブレンダー市場2016について調査・分析し、ブレンダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用点火装置(イグニッションシステム)及びプラグの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用点火装置(イグニッションシステム)及びプラグの世界市場について調査・分析し、小型自動車用点火装置(イグニッションシステム)及びプラグの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • アサイーベリーの世界市場2017-2021:食品・飲料向け、機能性食品向け、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アサイーベリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アサイーベリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はアサイーベリーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAcaiExotic、ACAIROOTS.COM、Nativo Acai、SAMBAZON、Vision America International等です。
  • 世界の食品酸性度調整剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食品酸性度調整剤市場2015について調査・分析し、食品酸性度調整剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 粉末冶金の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、粉末冶金の世界市場について調査・分析し、粉末冶金の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 粉末冶金の世界市場:市場動向分析 - 粉末冶金の世界市場:競争要因分析 - 粉末冶金の世界市場:製品別 ・鉄系 ・非鉄系 ・その他 - 粉末冶金の世界市場:用途別 ・自動車 ・電気・電子 ・工業 ・医療 ・石油・ガス ・航空宇宙 ・その他 - 粉末冶金の世界市場:主要地域別分析 - 粉末冶金の北米市場規模(アメリカ市場等) - 粉末冶金のヨーロッパ市場規模 - 粉末冶金のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・粉末冶金の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 企業向けビデオソリューションの世界市場予測(~2022年):ウェブキャスティング、ビデオコンテンツ管理、ビデオ会議
    当調査レポートでは、企業向けビデオソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、導入形態別分析、アプリケーション別分析、産業別分析、企業向けビデオソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ザンサンガムの世界市場2017-2021:飲食料品、石油・ガス、医薬品、パーソナルケア・化粧品、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ザンサンガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ザンサンガムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はザンサンガムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.37%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Archer Daniels Midland、Cargill、DuPont、Fufeng Group、Solvay等です。
  • 搾乳ロボットの世界市場:システムタイプ別(シングルストール、マルチストール、ロータリーシステム)、飼育規模別(100頭未満、100-1,000頭、1,000頭超)、セグメント予測
    本調査レポートでは、搾乳ロボットの世界市場について調査・分析し、搾乳ロボットの世界市場動向、搾乳ロボットの世界市場規模、市場予測、セグメント別搾乳ロボット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベアリングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、ベアリングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ベアリングシェア、市場規模推移、市場規模予測、ベアリング種類別分析(ボールベアリング、ローラーベアリング)、ベアリング用途別分析(自動車産業、工業用機械、航空宇宙産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ベアリングの市場概観 ・ベアリングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ベアリングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ベアリングの世界市場規模 ・ベアリングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ベアリングのアメリカ市場規模推移 ・ベアリングのカナダ市場規模推移 ・ベアリングのメキシコ市場規模推移 ・ベアリングのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ベアリングのドイツ市場規模推移 ・ベアリングのイギリス市場規模推移 ・ベアリングのロシア市場規模推移 ・ベアリングのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア …
  • モジュラースイッチの世界市場:価格レベル別、販売チャネル別(仲介業者経由販売、オンライン販売・二重流通、直接販売)、最終用途別(工業、住宅、商業、その他)、地域別予測
    本資料は、モジュラースイッチの世界市場について調べ、モジュラースイッチの世界規模、市場動向、市場環境、価格レベル別分析、販売チャネル別(仲介業者経由販売、オンライン販売・二重流通、直接販売)分析、最終用途別(工業、住宅、商業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・モジュラースイッチの世界市場概要 ・モジュラースイッチの世界市場環境 ・モジュラースイッチの世界市場動向 ・モジュラースイッチの世界市場規模 ・モジュラースイッチの世界市場規模:価格レベル別 ・モジュラースイッチの世界市場規模:販売チャネル別(仲介業者経由販売、オンライン販売・二重流通、直接販売) ・モジュラースイッチの世界市場規模:最終用途別(工業、住宅、商業、その他) ・モジュラースイッチの世界市場:地域別市場規模・分析 ・モジュラースイッチの北米市場規模・予測 ・モジュラースイッチのアメリカ市場規模・予測 ・モジュラースイッチのヨーロッパ市場規模・予測 ・モジュラースイ …
  • IoTデバイス管理ソリューションの世界市場予測(~2022年):リアルタイムストリーミング分析、セキュリティソリューション、データ管理、リモートモニタリング、ネットワーク帯域管理
    当調査レポートでは、IoTデバイス管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、用途別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、IoTデバイス管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術用開創器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、手術用開創器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、手術用開創器市場規模、製品別(指用、整形外科用、胸部用、腹部用、神経用、その他)分析、製品別(体液スワブ、組織処理・解離)分析、設計別(角度/曲面フレーム、ブレード/高先端、固定/平面フレーム)分析、種類別(自己保持式、手持ち式)分析、用途別(創傷閉鎖、心臓胸郭部、産科婦人科、再建手術、整形外科、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 手術用開創器の世界市場:市場動向分析 ・ 手術用開創器の世界市場:競争要因分析 ・ 手術用開創器の世界市場:製品別(指用、整形外科用、胸部用、腹部用、神経用、その他) ・ 手術用開創器の世界市場:製品別(体液スワブ、組織処理・解離) ・ 手術用開創器の世界市場:設計別(角度/曲面フレーム、ブレード/高先端、固定/平面フレーム) ・ 手術用開創器の世界市場:種類別(自己保持式、手持ち式) ・ 手術用開創器の世界市場:用途別(創傷閉 …
  • 自動曲げ機の世界市場予測:自動、半自動
    MarketsandMarkets社は、自動曲げ機の世界市場規模が2019年19億ドルから2024年24億ドルまで年平均4.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動曲げ機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(自動および半自動)分析、技術別(電気、油圧、空気圧、誘導ベース)分析、用途別(チューブ/パイプ、金属板、バー)分析、自動曲げ機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞診断の世界市場:技術別(免疫組織化学、インサイツハイブリダイゼーション、デジタル・解剖病理学)、用途別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、細胞診断の世界市場について調査・分析し、細胞診断の世界市場動向、細胞診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別細胞診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱可塑性複合材料の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱可塑性複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂タイプ別(ポリプロピレン、ポリアミド、ポリエーテルエーテルケトン、ハイブリッド)分析、繊維種類別(ガラス、カーボン、ミネラル)分析、製品種類別(SFT、LFT、CFT、GMT)分析、用途別分析、熱可塑性複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱可塑性複合材料の世界市場規模が2019年280億ドルから2024年360億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。
  • 結束材の世界市場2014-2025:材料別(スチール、ポリプロピレン、ポリエステル)、用途別(F&B、産業流通、建設)、地域別
    本調査レポートでは、結束材の世界市場について調査・分析し、結束材の世界市場動向、結束材の世界市場規模、市場予測、セグメント別結束材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • キルギスのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • インフルエンザ菌B型感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるインフルエンザ菌B型感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、インフルエンザ菌B型感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・インフルエンザ菌B型感染症の概要 ・インフルエンザ菌B型感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のインフルエンザ菌B型感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インフルエンザ菌B型感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インフルエンザ菌B型感染症治療薬開発に取り組んでい …
  • アフリカのITアウトソーシング(ITO)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アフリカのITアウトソーシング(ITO)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アフリカのITアウトソーシング(ITO)市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨密度測定装置の世界市場
    当調査レポートでは、骨密度測定装置の世界市場について調査・分析し、骨密度測定装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 骨密度測定装置の世界市場:市場動向分析 - 骨密度測定装置の世界市場:競争要因分析 - 骨密度測定装置の世界市場:技術別 ・抹消部位での骨密度測定装置 ・身体中心部での骨密度測定装置 - 骨密度測定装置の世界市場:エンドユーザー別 ・クリニックでの骨密度測定装置 ・病院での骨密度測定装置 - 骨密度測定装置の世界市場:主要地域別分析 - 骨密度測定装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 骨密度測定装置のヨーロッパ市場規模 - 骨密度測定装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・骨密度測定装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 液体窒素の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、液体窒素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液体窒素の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用ドアモジュールの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用ドアモジュールの世界市場について調査・分析し、小型自動車用ドアモジュールの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"