"世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AD 4535)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The concrete repair mortars market is projected to witness a CAGR of 6.1% during the forecast period.”
The concrete repair mortars market size was estimated at USD 2.1 billion in 2019 and is projected to reach USD 2.8 billion in 2024, at a CAGR of 6.1%. The high growth is attributed to rising pressure on the existing infrastructure due to rise in population. Concrete repair mortars are materials used in replacing corroded concrete in the existing structures, which helps in improving the lifespan of the structures.

“Buildings & carparks — the largest end-use industry in the overall concrete repair mortars market.”
Buildings & carparks is projected to be the largest end-use industry of the concrete repair mortars market. The large market size for this segment is attributed to high need for repair in the buildings & carparks as they are built to last for a long time period. The concrete tends to crack and corrode due to exposure to extreme environmental conditions over a long time period. The demand for concrete repair mortars in buildings & carparks is rising as they prevent the buildings from collapsing and increase their lifespans.

“Hand/Trawling is the fastest-growing application method segment in the concrete repair mortars market.”
Hand/trawling is expected to be the fastest-growing method of application in the concrete repair mortars market during the forecast period. This method can be used in various forms and for both structural and non-structural repair. The application method can be used for both horizontal and vertical repair. The polymer-modified cementitious mortars are mostly applied through hand/trawling, having a repair depth of 10–75 mm in this method. This will help the growth of the concrete repair mortars market during the forecast period.

“APAC is the largest and the fastest-growing market of concrete repair mortars market”
APAC is projected to be the largest and the fastest-growing market of concrete repair mortars. The high growth rate of the market in the region is due to high investment in maintenance of public infrastructure by governments, which is expected to drive the concrete repair mortars market in the region during the forecast period. Key countries in the region are China, Japan, India, Australia, and South Korea. High investment in public infrastructure to cater to the large population is leading to high rate of deterioration of the structures. This is expected to lead to the demand for repairs of structures during the forecast period.

Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size for several segments and subsegments and information gathered through secondary research.
The breakup of primary interviews is given below.
• By Company Type – Tier 1 – 40%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 –20%
• By Designation – C level – 49%, Director level –26 %, and Others –25 %
• By Region – North America: 25%, Europe: 20%, APAC: 35%, Middle East & Africa: 10%, South America: 10%
The major players in the concrete repair mortars market are Sika AG (Switzerland), Fosroc International Ltd. (UK), BASF SE (Germany), Mapei SpA (Italy), Saint-Gobain Weber SA (France), Pidilite Industries Ltd. (India), Remmers Baustofftechnik GmbH (Germany) Flexcrete Technologies Ltd. (UK), The Euclid Chemical Co. (UK), and Adhesive Technology Corp. (US).

Research Coverage:
This research report categorizes the global concrete repair mortars market on the basis of type, grade, application method, and end-use industry. The report includes detailed information regarding the major factors influencing the growth of the market, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities. The detailed analysis of key market players provides insights into business overviews, products & services, key strategies, investments & expansions, mergers & acquisitions, and recent developments in the market.

Reasons to Buy the Report:
1. This report segments the global concrete repair mortars market comprehensively and provides the closest approximations of sizes for the overall market and subsegments across various verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their positions in the business. The competitive landscape section includes expansions, new product developments, and mergers & acquisitions undertaken in the market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Units Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Opportunities in the Concrete Repair Mortars Market By Type and Country
4.2 Global Concrete Repair Mortars Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Pressure on Existing Infrastructure Due to Rising Population
5.2.1.2 Deteriorating Condition of Existing Infrastructure
5.2.1.3 The Need to Increase the Life Span of the Existing Buildings
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Regulations in Europe
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Trend of Shifting to Renewable Energy Generation
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Rise of New Construction Technology as A Replacement for Repair Materials
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competition
5.4 Yc, Ycc Drivers
6 Concrete Repair Mortars Market, By Type (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Polymer Modified Cementitious (PMC) Mortars
6.2.1 SBR Latex
6.2.2 Acrylics
6.3 Epoxy Based Mortars
7 Concrete Repair Mortars Market, By Grade (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Structural
7.3 Non Structural
8 Concrete Repair Mortars Market, By Application Method (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Hand/Trawling
8.3 Pouring
8.4 Spraying
9 Concrete Repair Mortars Market, By End-Use Industry (Page No. – 49)
9.1 Introduction
9.2 Buildings & Carparks
9.3 Road Infrastructure
9.4 Utility
9.5 Marine
10 Concrete Repair Mortars Market, By Region (Page No. – 55)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.3 Introduction
10.4.1 Large Backlog of Aging Buildings Requiring Repair and Maintenance and Repair During the Forecast Period to Help the Demand to Grow.
10.5 Canada
10.5.1 Harsh Climatic Conditions Leading the Country to Maintain the Transport System Will Support the Growth of the Market.
10.6.1 Increasing Dependence on Public Private Partnerships to Develop and Maintain the Country’s Infrastructure Will Lead the Market Growth.
10.7 APAC
10.8 Introduction
10.9 China
10.9.1 High Expenditure in the Repair of Large Concrete Structures Such as Dams and Bridges During the Forecast Period.
10.10 Japan
10.10.1 Continuous Exposure to Natural Calamities Will Lead to the Demand for Repair of Infrastructure During the Forecast Period.
10.11 India
10.11.1 Large Infrastructure Investment Plans By the Government Plan By the Government to Boost Demand.
10.12 Australia
10.12.1 Investment in the Maintenance of Aging Infrastructure to Boost Demand During the Forecast Period.
10.13 South Korea
10.13.1 Investment in the Improvement of the Social Infrastructure of the Country to Drive the Demand.
10.14 Rest of APAC
10.14.1 Investment in Infrastructure as A Measure to Boost the Economy Will Drive the Demand for Concrete Repair Mortars.
10.15 Europe
10.16 Introduction
10.17 Germany
10.17.1 High Public Expenditure in Maintenance of Public Infrastructure to Grow in the Market
10.18 UK
10.18.1 High Investment in Maintenance of Bridges to Be to Support the Growth Concrete Repair Mortars.
10.19 France
10.19.1 Expenditure on Maintenance of Public Infrastructure Will Support the Market Growth During the Forecast Period.
10.20 Italy
10.20.1 Deteriorating Public Infrastructure Putting Pressure on the Government to Increase Spending on Repair & Maintenance of the Structures.
10.21 Russia
10.21.1 High Investment in Upgradation of Concrete Repair Mortars to Drive the Market Growth
10.22 Spain
10.23 Belgium
10.23.1 High Investment in Development of Residential Building in the Future Will Drive the Demand for Concrete Repair Mortars.
10.24 Austria
10.24.1 Harsh Climate Conditions Force the Country to Maintain the Concrete Infrastructure During the Forecast Period.
10.25 Netherlands
10.25.1 Expenditure to Repair the Road and Waterways to Support the Growth of Concrete Repair Mortars Market.
10.26 Sweden
10.26.1 Decision to Repair All the Bridges of the Country to Drive the Growth of Concrete Repair Mortars Market.
10.27 Czech Republic
10.27.1 Need to Maintain the Road Infrastructure to Facilitate Transportation Will Support the Growth of Concrete Repair Mortars.
10.28 Poland
10.28.1 Support From Eu to Develop Country’s Infrastructure Will Drive the Demand for Concrete Repair Mortars.
10.29 Rest of Europe
10.29.1 Countries Striving to Maintain Their Civil Infrastructure Will Support the Demand for Concrete Repair Mortars.
10.30 Middle East & Africa
10.31 Introduction
10.32 Saudi Arabia
10.32.1 Heavy Investment on Development of Commercial Infrastructure Will Help the Country Grow.
10.33 UAE
10.33.1 Government Policy Supporting Growth of Infrastructure Projects Will Support the Market During Forecast Period.
10.34 South Africa
10.34.1 Government Striving to Build the Social Infrastructure in the Country Will Lead the Market.
10.35 Rest of Middle East & Africa
10.35.1 Growth is Attributed to Race to Develop Country’s Infrastructure.
10.36 South America
10.37 Introduction
10.38 Brazil
10.38.1 Expenditure Incurred in the Maintenance of One of the Largest Road Infrastructure Will Drive the Growth.
10.39 Argentina
10.39.1 Government Partnering With International Agencies to Boost Construction and Maintain the Existing Infrastructure,.
10.40.1 The Rise of Public-Private Partnerships in the Region Will Drive the Demand for Concrete Repair Mortars.
11 Competitive Landscape (Page No. – 151)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 Expansions
11.2.2 Acquisitions
11.2.3 New Product Launches
12 Company Profiles (Page No. – 155)
12.1 Sika AG
12.1.1 Business Overview
12.1.2 Products Offered
12.1.3 Recent Developments
12.1.4 Winning Imperative
12.1.5 Current Focus & Strategies
12.1.6 Threat of Competitors
12.1.7 Sika’s Right to Win
12.2 Fosroc International Ltd.
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Products Offered
12.2.3 Recent Developments
12.2.4 Current Focus & Strategies
12.2.5 Threat of Competitors
12.2.6 Fosroc’s Right to Win
12.3 BASF SE
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Products Offered
12.3.3 Recent Developments
12.3.4 Winning Imperative
12.3.5 Current Focus & Strategies
12.3.6 Threat of Competitors
12.3.7 BASF’s Right to Win
12.4 Mapei S.P.A
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Products Offered
12.4.3 Winning Imperative
12.4.4 Current Focus & Strategies
12.4.5 Threat of Competitors
12.4.6 Mapei’s Right to Win
12.5 Saint-Gobain Weber S.A.
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Products Offered
12.5.3 Winning Imperative
12.5.4 Current Focus & Strategies
12.5.5 Threat of Competitors
12.5.6 Saint-Gobain Weber’s Right to Win
12.6 Pidilite Industries Ltd
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Products Offered
12.6.3 Winning Imperatives
12.6.4 Current Focus and Strategies
12.6.5 Threat From Competition
12.6.6 Pidilite’s Right to Win
12.7 Remmers Baustofftechnik GmhH
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Products Offered
12.8 Flexcrete Technologies Ltd..
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Products Offered
12.9 The Euclid Chemical Co.
12.9.1 Business Overview
12.9.2 Products Offered
12.10 Adhesive Technology Corporation
12.10.1 Business Overview
12.10.2 Products Offered
12.11 W. R. Meadows, Inc.
12.12 Ardex GmbH
12.13 Garon Product Inc.
12.14 M C Building Chemicals
12.15 Ronacrete Ltd.
12.16 TCC Materials
12.17 Chembond Chemicals Limited
12.18 Perma Construction Aids Pvt Ltd.
12.19 Dayton Superior
12.20 Aquafin, Inc.
13 Appendix (Page No. – 178)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AD 4535
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙&防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のコンクリート修理モルタル市場:種類別(PMCおよびエポキシベース)、適用方法別(手/トロール、スプレー、注ぐ)、最終用途産業別(建物および駐車場、道路インフラ、ユーティリティ、海洋)、グレード別(構造および非構造)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 医療機器試験の世界市場予測(~2023年):試験サービス、検査サービス、認証サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療機器試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、サービス別分析、クラス別分析、技術別分析、地域別分析、医療機器試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの電気生理装置市場見通し
  • 骨髄異形成(Myeloid Metaplasia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)の概要 ・骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・骨髄異形成(Myeloid Metaplasia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • タイの市場見通し(~2021年)
  • ノルウェーの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 自動車用タイミングベルトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用タイミングベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用タイミングベルトの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチバンドアンテナの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マルチバンドアンテナの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マルチバンドアンテナ市場規模、最終用途別(ワイヤレス通信、航空宇宙・防衛、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マルチバンドアンテナの世界市場概要 ・マルチバンドアンテナの世界市場環境 ・マルチバンドアンテナの世界市場動向 ・マルチバンドアンテナの世界市場規模 ・マルチバンドアンテナの世界市場:業界構造分析 ・マルチバンドアンテナの世界市場:最終用途別(ワイヤレス通信、航空宇宙・防衛、自動車、その他) ・マルチバンドアンテナの世界市場:地域別市場規模・分析 ・マルチバンドアンテナのアメリカ市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナのヨーロッパ市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナのアジア市場規模・予測 ・マルチバンドアンテナの主要国分析 ・マルチバンドアンテナの世界市場:意思決定フレームワーク ・マルチバンドアンテナの世界市場:成長要因、 …
  • 世界の特殊および高機能フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊および高機能フィルム市場2015について調査・分析し、特殊および高機能フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ヒルディセントコントロール(HDC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ヒルディセントコントロール(HDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ヒルディセントコントロール(HDC)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯肉炎(Gingivitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における歯肉炎(Gingivitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、歯肉炎(Gingivitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・歯肉炎(Gingivitis)の概要 ・歯肉炎(Gingivitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の歯肉炎(Gingivitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・歯肉炎(Gingivitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・歯肉炎(Gingiviti …
  • 世界のDNAシークエンシング市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、世界のDNAシークエンシング市場について調査・分析し、世界のDNAシークエンシング市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ケーブル試験および認証の世界市場予測(~2023年)
    ケーブル試験および認証の世界市場は、2018年の113億米ドルから2023年には147億米ドルに達し、この期間中5.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、OECD諸国と非OECD諸国における発電の増加に伴うケーブル使用の増加、世界的なエレクトロニクス・IT産業の成長、工業化・グローバリゼーションの進展などが考えれられます。当調査レポートでは、ケーブル試験および認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧(低電圧、中電圧、高電圧)分析、試験(定期試験、サンプル試験、タイプ試験)分析、エンドユーザー(ケーブルメーカー、ユーティリティプロバイダー)分析、ケーブル試験および認証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経内分泌(カルチノイド)がん:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における神経内分泌(カルチノイド)がんの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、神経内分泌(カルチノイド)がん治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・神経内分泌(カルチノイド)がんの概要 ・神経内分泌(カルチノイド)がんの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の神経内分泌(カルチノイド)がん治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・神経内分泌(カルチノイド)がん治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・神経内分泌(カルチノイド) …
  • パフォーマンスケミカルズ(特殊化学品)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パフォーマンスケミカルズ(特殊化学品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、パフォーマンスケミカルズ(特殊化学品)の世界市場規模及び予測、種類別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • パブリックセーフティ(公共安全)及びセキュリティの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パブリックセーフティ(公共安全)及びセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、パブリックセーフティ(公共安全)及びセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカおよび世界のメタクリル酸グリシジル市場予測
  • ウェアラブル電子機器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ウェアラブル電子機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェアラブル電子機器市場規模、コンポーネント別(オーディオ、バッテリー、カメラ、コントロール、インタフェース、メモリ、PCBs、電源、その他)分析、製品別(アイウェア、ボディウェア、ネックウェア、リストウェア、フットウェア、その他)分析、用途別(医療、エンターテイメント、防衛、家電、企業・産業、その他)分析、技術別(コンピューティング技術、ディスプレイ技術)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:市場動向分析 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:競争要因分析 ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:コンポーネント別(オーディオ、バッテリー、カメラ、コントロール、インタフェース、メモリ、PCBs、電源、その他) ・ ウェアラブル電子機器の世界市場:製品別(アイウェア、ボディウェア、ネックウェア、リストウェア、フットウェア、その他) ・ …
  • 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場
    当調査レポートでは、動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場について調査・分析し、動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:市場動向分析 - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:競争要因分析 - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:技術別 ・IPベースの動画管理ソフトウェア ・アナログベースの動画管理ソフトウェア - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:サービス別 ・管理サービス ・専門的サービス - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:ソリューション別 ・高度な動画管理 ・ケース管理 ・カスタムアプリケーション管理 ・データ統合 ・インテリジェント・ストリーミング ・モバイルアプリケーション ・ナビゲーション管理 ・セキュリティー管理 ・ストレージ管理 ・動画インテリジェンス - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場:展開別 ・オンプレミス ・クラウドベース - 動画管理ソフトウェア(VMS)の世界市場: …
  • 世界の非侵襲電子血圧計市場2016
    本調査レポートでは、世界の非侵襲電子血圧計市場2016について調査・分析し、非侵襲電子血圧計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 超コンデンサの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、超コンデンサの世界市場について調査・分析し、超コンデンサの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・超コンデンサの世界市場:市場動向分析 ・超コンデンサの世界市場:競争要因分析 ・超コンデンサの世界市場:用途別分析/市場規模 ・超コンデンサの世界市場:技術別分析/市場規模 ・超コンデンサの世界市場:材料別分析/市場規模 ・超コンデンサの世界市場:地域別分析/市場規模 ・超コンデンサの北米市場規模 ・超コンデンサの欧州市場規模 ・超コンデンサのアジア市場規模 ・超コンデンサの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • サバの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、サバの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サバ市場規模、製品別(冷凍・加工サバ、生サバ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サバの世界市場概要 ・サバの世界市場環境 ・サバの世界市場動向 ・サバの世界市場規模 ・サバの世界市場:業界構造分析 ・サバの世界市場:製品別(冷凍・加工サバ、生サバ) ・サバの世界市場:地域別市場規模・分析 ・サバの北米市場規模・予測 ・サバのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サバのアジア太平洋市場規模・予測 ・サバの主要国分析 ・サバの世界市場:意思決定フレームワーク ・サバの世界市場:成長要因、課題 ・サバの世界市場:競争環境 ・サバの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 低血圧(Hypotension):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低血圧(Hypotension)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低血圧(Hypotension):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低血圧(Hypotension)のフェーズ3治験薬の状況 ・低血圧(Hypotension)治療薬の市場規模(販売予測) ・低血圧(Hypotension)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低血圧(Hypotension)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低血圧(Hypotension)治療薬剤
  • リスク分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、リスク分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア種類別(ETL、リスク計算エンジン、スコアカード、視覚化)分析、サービス別分析、リスク種類別(戦略的リスク、運用リスク、財務リスク)分析、展開モード別分析、リスク分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、リスク分析の世界市場規模が2019年230億ドルから2024年459億ドルまで年平均14.8%成長すると予測しています。
  • インテリジェントプラットフォームマネジメントインターフェイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェントプラットフォームマネジメントインターフェイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェントプラットフォームマネジメントインターフェイスの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機とうもろこしの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、有機とうもろこしの世界市場について調査・分析し、有機とうもろこしの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別有機とうもろこしシェア、市場規模推移、市場規模予測、有機とうもろこし種類別分析()、有機とうもろこし用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・有機とうもろこしの市場概観 ・有機とうもろこしのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・有機とうもろこしのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・有機とうもろこしの世界市場規模 ・有機とうもろこしの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・有機とうもろこしのアメリカ市場規模推移 ・有機とうもろこしのカナダ市場規模推移 ・有機とうもろこしのメキシコ市場規模推移 ・有機とうもろこしのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・有機とうもろこしのドイツ市場規模推移 ・有機とうもろこしのイギリス市場規模推移 ・有機とうもろこしのロシア市場規模推移 ・有機とうもろこしのアジア市場分析(日本、中 …
  • 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場
    当調査レポートでは、冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場について調査・分析し、冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:市場動向分析 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:競争要因分析 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:製品別 ・オンポンプ式冠動脈バイパス装置 ・オフポンプ式冠動脈バイパス装置 ・吻合補助装置 ・内視鏡による血管採取用の装置 ・経心筋血行再建装置 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:種類別 ・内胸動脈移植 ・伏在静脈移植 ・その他 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:外科手術別 ・1枝のCABG手術 ・2枝のCABG手術 ・3枝のCABG手術 ・4枝のCABG手術 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:技術別 ・切開による血管採取(OVH)/従来の血管採取 ・内視鏡による血管採取 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:エンドユーザー別 ・循環器科のクリニック ・病院 ・研究機関 …
  • 北米のウォーターヒーター市場
    当調査レポートでは、北米のウォーターヒーター市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米のウォーターヒーター市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 屋内取付の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、屋内取付の世界市場について調査・分析し、屋内取付の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・屋内位置の世界市場規模:展開モード別分析 ・屋内位置の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・屋内位置の世界市場規模:ソリューション別分析 ・屋内位置の世界市場規模:用途別分析 ・屋内位置の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・屋内位置の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界のヘルスケアクラウドコンピューティング市場規模・予測2017-2025:展開別(プライベート、パブリック)、サービス別(SaaS、IaaS)、用途別(PACS、EMR、CPOE、RCM、クレーム管理)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のヘルスケアクラウドコンピューティング市場について調査・分析し、世界のヘルスケアクラウドコンピューティング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のヘルスケアクラウドコンピューティング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 外科手術用ステープリングデバイスの世界市場:最終用途別(病院、外来センター)、製品別(電動、手動)、種類別(再使用可能、使い捨て)、セグメント予測
    本調査レポートでは、外科手術用ステープリングデバイスの世界市場について調査・分析し、外科手術用ステープリングデバイスの世界市場動向、外科手術用ステープリングデバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別外科手術用ステープリングデバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ボンディングフィルムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ボンディングフィルムの世界市場について調査・分析し、ボンディングフィルムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ボンディングフィルムの世界市場:市場動向分析 - ボンディングフィルムの世界市場:競争要因分析 - ボンディングフィルムの世界市場:フィルムタイプ別 ・アクリル ・エポキシ ・ポリウタレン ・その他 - ボンディングフィルムの世界市場:技術別 ・高圧硬化 ・加熱硬化 ・その他の技術 - ボンディングフィルムの世界市場:エンドユーザー別 ・包装 ・電気・電子 ・運輸業 ・その他のエンドユーザー - ボンディングフィルムの世界市場:主要地域別分析 - ボンディングフィルムの北米市場規模(アメリカ市場等) - ボンディングフィルムのヨーロッパ市場規模 - ボンディングフィルムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ボンディングフィルムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 画像診断の世界市場:市場展望、企業戦略、マーケティング、技術分析
  • 溶接材料の世界市場予測(~2021):溶接棒、溶接充填材、フラックス、ワイヤ、ガス
    当調査レポートでは、溶接材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、需要先別分析、技術別分析、地域別分析、溶接材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のMEMSジャイロスコープ市場2015
    本調査レポートでは、世界のMEMSジャイロスコープ市場2015について調査・分析し、MEMSジャイロスコープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドマイニングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、コネクテッドマイニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクテッドマイニングの世界市場規模及び予測、種類別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動国境管理ソリューションの世界市場:タイプ別(ABC Eゲート、ABCキオスク)、ソリューション別(空港、陸港、、海港)、地域別予測
    本資料は、自動国境管理ソリューションの世界市場について調べ、自動国境管理ソリューションの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ABC Eゲート、ABCキオスク)分析、ソリューション別(空港、陸港、分析、海港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはVision-Box、Sita、Secunet Security Networks、OT-Morpho、Gemalto、NEC Corporation、Indra Sistemas、Accentureなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動国境管理ソリューションの世界市場概要 ・自動国境管理ソリューションの世界市場環境 ・自動国境管理ソリューションの世界市場動向 ・自動国境管理ソリューションの世界市場規模 ・自動国境管理ソリューションの世界市場規模:タイプ別(ABC Eゲート、ABCキオスク) ・自動国境管理ソリューションの世界市場規模:ソリューション別(空港、陸港、 ・自動国境管理ソリューションの世 …
  • オーソバイオロジクスの北米市場
  • ヨーロッパのアルミニウム線材市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヨーロッパのアルミニウム線材市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのアルミニウム線材市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用インフォテインメントOSの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用インフォテインメントOSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用インフォテインメントOSの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パワーバンクの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、パワーバンクの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パワーバンク市場規模、バッテリー別(リチウムポリマー電池、リチウムイオン電池)分析、製品別(バッテリーケース、ポータブル・パワーバンク、ソーラー・パワーバンク、その他)分析、ポートタイプ別(USBポート2個、USBポート1個、USBポート3個以上)分析、容量レンジ別(15500mAh以上、12500-15499mAh、9500-12499mAh、6500-9499mAh、3500-6499mAh)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ パワーバンクの世界市場:市場動向分析 ・ パワーバンクの世界市場:競争要因分析 ・ パワーバンクの世界市場:バッテリー別(リチウムポリマー電池、リチウムイオン電池) ・ パワーバンクの世界市場:製品別(バッテリーケース、ポータブル・パワーバンク、ソーラー・パワーバンク、その他) ・ パワーバンク …
  • 形成外科用製品の世界市場:注射剤、インプラント、手術装置
    当調査レポートでは、形成外科用製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、形成外科用製品の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ニューロピリン1受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロピリン1受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロピリン1受容体アンタゴニストの概要 ・ニューロピリン1受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロピリン1受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロピリン1受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロピリン1受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インターロイキン阻害剤の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、インターロイキン阻害剤の世界市場について調べ、インターロイキン阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、インターロイキン阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(インターロイキン-23阻害剤、インターロイキン-17阻害剤、インターロイキン-6阻害剤、その他のインターロイキン阻害剤)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はインターロイキン阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均13%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・インターロイキン阻害剤の市場状況 ・インターロイキン阻害剤の市場規模 ・インターロイキン阻害剤の市場予測 ・インターロイキン阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(インターロイキン-23阻害剤、インターロイキン-17阻害剤、インターロイキン-6阻害剤、その他のインターロイキン阻害剤) ・インターロイキン阻害剤の顧客状況 ・主 …
  • 次世代LMS(学習管理システム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、次世代LMS(学習管理システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、次世代LMS(学習管理システム)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場2017-2021:オルソフタル酸系樹脂、イソフタル酸系樹脂、DCPD
    当調査レポートでは、不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、不飽和ポリエステル樹脂(UPR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の下大静脈フィルター市場2015
    本調査レポートでは、世界の下大静脈フィルター市場2015について調査・分析し、下大静脈フィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 敗血症診断の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、敗血症診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、製品別分析、方式別分析、地域別分析、敗血症診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 真性多血症(Polycythemia Vera):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における真性多血症(Polycythemia Vera)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・真性多血症(Polycythemia Vera)の概要 ・真性多血症(Polycythemia Vera)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・真性多血症(Polycythemia Vera)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"