"世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア(統合ソリューションおよびスタンドアロンソリューション)、およびサービス)、学習種類別(同期学習と非同期学習)、エンドユーザー別(アカデミックおよびエンタープライズ)、地域別"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 3499)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア(統合ソリューションおよびスタンドアロンソリューション)、およびサービス)、学習種類別(同期学習と非同期学習)、エンドユーザー別(アカデミックおよびエンタープライズ)、地域別"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Proliferation of connected devices in the education sector
The smart learning market size is projected to grow from USD 23.2 billion in 2019 to USD 56.5 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 19.5% during the forecast period. The major factors driving the growth of the smart learning market include the proliferation of connected devices in the education sector, adoption of eLearning solutions, and growing use of Artificial Intelligence (AI) and Machine Learning (ML) in smart learning.

Software segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
Based on components, the software segment of the smart learning market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The smart learning software market is categorized into integrated solutions and standalone solutions. The standalone solutions include Learning Management System (LMS)/Learning Content Management System (LCMS), Student Information System (SIS), test and assessment, collaboration, eContent, and others, such as content authoring tools, screen capturing tools, and open-source software. Software solutions offer institutions with well-organized Enterprise Resource Planning (ERP) systems that help faculty members build enhanced courses and manage classrooms and schools proficiently. Online education platforms create virtual classrooms, enabling teachers to manage a large audience without any budget constraint. K-12 and higher education institutions constantly struggle to administer complex and contrasting Information Technology (IT) solutions scattered across the campus.

Asynchronous learning segment to record a higher market share in 2019
The asynchronous learning segment among learning type is projected to lead the smart learning market during the forecast period. Asynchronous learning can be carried out online as well as offline. It involves the coursework to be delivered by web, email, or message boards posted in online forums. In this type of leaning, learners cannot put forth their doubts in real time. With asynchronous learning, learners cannot receive immediate feedback from their fellow learners or tutors. Learners can be self-paced, which is not possible with the synchronous learning type. It provides benefits, such as message boards, discussion groups, and self-paced groups. Message boards help students put up their questions and doubts on a central board/forum or comment on the answers.

Enterprise segment to grow at a higher CAGR during the forecast period
Organizations and institutions in business domains, apart from the education sector, have been classified as enterprises in the report. Enterprise users include organizations catering to various verticals, such as retail; government; healthcare; and Banking, Financial Services and Insurance (BFSI). Corporate users implement these solutions as a tool to train and assess employees for providing various instructions and suggestions. Real-time mass notification solutions help enterprise management deploy faster communication among its employees about new policies and other instructions. This segment is further classified into SMEs and large enterprises based on the number of employees in the organization.

North America to record the highest market share in smart learning market in 2019
North America plays a huge role in the development of technology, which helps in the adoption of new smart learning solutions across the major end-user segments. A significant increase in the number of mobile learning applications has been witnessed in the region. According to an article published by Edweek Market Brief in February 2019, spending on educational technology till date exhibits to be more than USD 13.0 billion in the US alone. The North America Education Technology (EdTech) industry is growing significantly with abundant investments. In 2017, investments in EdTech products were more than USD 9.5 billion. This market has brought in many programs designed to help with elementary math and English skills. Various students and educators in the region are adopting mobile apps that enable them to access information at any time and any place.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the smart learning market.
• By Company Type: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level – 45%, Directors – 30%, and Others – 25%
• By Region: North America – 30%, Europe – 35%, APAC – 25%, and RoW– 10%
Major vendors include Blackboard (US), IBM (US), Samsung (South Korea), SMART Technologies (Canda), Adobe (US), Saba Software (US), Oracle (US), SAP (Germany), Microsoft (US), Cornerstone OnDemand (US), BenQ (Taiwan), Huawei (China), D2L (Canada), Newrow (US), Pearson (UK), McGraw-Hill (US), CrossKnowledge (US), Alphabet (US), Ellucian (US), Cisco (US), and UpsideLMS (India). The study included an in-depth competitive analysis of these key players with their company profiles, recent developments, and key growth strategies adopted by them.

Research coverage
The market study covers the smart learning market across different segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments by component (hardware, software [integrated solution and standalone solution], and services), learning type (synchronous learning and asynchronous learning), end user (academic and enterprise), and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report is expected to help the market leaders/new entrants in this market by providing them information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall smart learning market and its segments. This report is also expected to help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to improve the position of their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also aims at helping stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア(統合ソリューションおよびスタンドアロンソリューション)、およびサービス)、学習種類別(同期学習と非同期学習)、エンドユーザー別(アカデミックおよびエンタープライズ)、地域別"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Forecast
2.5 Research Assumptions and Limitations
2.5.1 Assumptions for the Study
2.5.2 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in the Market
4.2 Market in Asia Pacific, By Component and Country
4.3 Smart Learning Market: Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Proliferation of Connected Devices in the Education Sector
5.2.1.2 Adoption of Elearning Solutions
5.2.1.3 Growing use of AI and ML in Smart Learning
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Increasing Cyberattacks on Educational Institutes and Enterprises to Raise Data Security and Privacy Concerns
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Potential Growth Opportunities for System Integrators
5.2.3.2 Increasing Spending on the Education Sector
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Cost of Producing Elearning Content
5.2.4.2 Inability to Manage Real-Time and Unstructured Data
5.3 Regulatory Implications
5.3.1 Introduction
5.3.2 Right to Education
5.3.3 National Science Education Standards
5.3.4 International Standard Classification of Education
5.3.5 European Network for Quality Assurance in Higher Education
5.3.6 Australian Education Act
5.3.7 Education Services for Overseas Students Act
5.3.8 Fundamental Law of Education
5.3.9 Compulsory Education Law of the People’s Republic of China
5.3.10 South African Schools Act, No. 84 of 1996
5.3.11 the Education Act 2011
5.3.12 Every Student Succeeds Act
5.3.13 Fund for Maintenance and Development of the Fundamental Education and Valorization of Teaching
5.4 Use Cases
5.4.1 Use Case 1: Docebo
5.4.2 Use Case 2: G-Cube
5.4.3 Use Case 3: Saba Software
5.4.4 Use Case 4: Cisco
5.4.5 Use Case 5: IBM
5.4.6 Use Case 6: Google
5.4.7 Use Case 7: Cornerstone
5.4.8 Use Case 8: Blackboard
5.4.9 Use Case 9: Instructure
5.4.10 Use Case 10: Disprz
6 Smart Learning Market, By Component (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Interactive Displays
6.2.1.1 Interactive Displays Increase Learner Engagement, Inspire Students, and Encourage Enthusiasm for Learning
6.2.2 Interactive Projectors
6.2.2.1 Interactive Projectors Offer Benefits That Improve Cognitive Learning
6.2.3 Others
6.3 Software
6.3.1 Integrated Solution
6.3.1.1 Convenience of Scaling Up and Smooth Communication to Drive the Market of Integrated Solution
6.3.2 Standalone Solution
6.3.2.1 Learning Management System/Learning Content Management System
6.3.2.1.1 Learning Management System/Learning Content Management System Solutions Offer Holistic Learning Experience By Providing Econtent, Collaboration, Course Management, Test and Assessment, and Performance Management
6.3.2.2 Student Information System
6.3.2.2.1 Student Information System Helps Manage Large Data and Provides Constant Smooth Flow of Information Across Users
6.3.2.3 Test and Assessment
6.3.2.3.1 Test and Assessment Tools Help Understand Potential Areas of Improvement
6.3.2.4 Collaboration
6.3.2.4.1 Collaboration Tools Help Create Virtual Classrooms and Elearning Environment
6.3.2.5 Econtent
6.3.2.5.1 Mobile Devices and Integration of Digital Classroom Facilities to Drive the Econtent Demand
6.3.2.6 Others
6.4 Services
6.4.1 Consulting
6.4.1.1 Need for Technical Expertise in Latin America and MEA Regions to Drive the Demand for Consulting Services
6.4.2 Implementation
6.4.2.1 Implementation Services to Offer Significant Revenue Growth Opportunities in APAC
6.4.3 Support and Maintenance
6.4.3.1 Growing Demand for Smart Learning Solutions to Fuel the Demand for Support and Maintenance Services
7 Smart Learning Market, By Learning Type (Page No. – 69)
7.1 Introduction
7.2 Synchronous Learning
7.2.1 Demand for Instant Real-Time Interaction With Tutors to Drive the Synchronous Learning Model
7.3 Asynchronous Learning
7.3.1 Convenience of Time and Flexible Access to Econtent to Drive The Asynchronous Learning Model
8 Smart Learning Market, By End User (Page No. – 73)
8.1 Introduction
8.2 Academic
8.2.1 K-12
8.2.1.1 Student Engagement Through Interactive Devices to Drive the K-12 Segment
8.2.2 Higher Education
8.2.2.1 Ease of Learning Through LMS to Drive the Higher Education Segment
8.3 Enterprises
8.3.1 Small and Medium-Sized Enterprises
8.3.1.1 Rapid Digitization and Need to Adopt Latest Trends to Drive the Smart Learning Market Among SMES
8.3.2 Large Enterprises
8.3.2.1 Benefits, Such as Employee Management, Training, and Test and Assessment, to Drive the Market Among Large Enterprises
9 Smart Learning Market, By Region (Page No. – 81)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 United States
9.2.1.1 Government Initiatives and Investments in the Education Sector to Drive the US Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Adoption of Digital Technologies to Drive the Market in Canada
9.3 Europe
9.3.1 United Kingdom
9.3.1.1 Presence of Well-Established Academic Institutions and Their Adoption of Smart Learning Solutions
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Adoption of Lms and Learning Analytics to Increase Digital Learning Solutions
9.3.3 France
9.3.3.1 Presence of Large Vendors to Drive the US Market
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Increasing Focus on Adopting Advance Technologies in the Education Industry
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Early Adoption of the Smart Learning Environment
9.4.3 Australia and New Zealand
9.4.3.1 Increasing Need to Promote the use of Technology Across Verticals
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Middle East and Africa
9.5.1 United Arab Emirates
9.5.1.1 Mobile Penetration and Mobile Learning to Drive the UAE Market Growth
9.5.2 Saudi Arabia
9.5.2.1 Growing Focus on Learner Needs Using Technological Advancements
9.5.3 Rest of Middle East and Africa
9.6 Latin America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 Strong Economy and It Infrastructure to Drive the Market in Brazil
9.6.2 Mexico
9.6.2.1 the Need to Increase Educational Performance and Attainment in Compulsory Education
9.6.3 Rest of Latin America
10 Competitive Landscape (Page No. – 113)
10.1 Overview
10.2 Competitive Scenario
10.2.1 Partnerships
10.2.2 New Product Launches
10.2.3 Business Expansion
10.2.4 Acquisition
11 Company Profiles (Page No. – 118)
11.1 Introduction
(Business Overview, Products, Solutions and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View)*
11.2 Blackboard
11.3 IBM
11.4 Samsung
11.5 SMART Technologies
11.6 Adobe
11.7 Saba Software
11.8 Oracle
11.9 SAP
11.10 Microsoft
11.11 Cornerstone OnDemand
11.12 BenQ
11.13 Huawei
11.14 D2L
11.15 Newrow
11.16 Pearson
11.17 McGraw-Hill
11.18 CrossKnowledge
11.19 Alphabet
11.20 Ellucian
11.21 Cisco
11.22 Upside LMS
*Details on Business Overview, Products, Solutions and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 163)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customization
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア(統合ソリューションおよびスタンドアロンソリューション)、およびサービス)、学習種類別(同期学習と非同期学習)、エンドユーザー別(アカデミックおよびエンタープライズ)、地域別
【発行日】2020年1月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 3499
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】通信及びIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア(統合ソリューションおよびスタンドアロンソリューション)、およびサービス)、学習種類別(同期学習と非同期学習)、エンドユーザー別(アカデミックおよびエンタープライズ)、地域別についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ギリシャの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • パワーバンクの世界市場
    当調査レポートでは、パワーバンクの世界市場について調査・分析し、パワーバンクの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • スペインのABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • オートバイ用サスペンション装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用サスペンション装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用サスペンション装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱電モジュール市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱電モジュール市場2015について調査・分析し、熱電モジュールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用ベルトドライブの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用ベルトドライブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用ベルトドライブ市場規模、技術別分析、製品別(Vベルトドライブ、同期ベルトドライブ、プーリー)分析、最終用途別(マテリアルハンドリング産業、産業機械、農業、鉱業・鉱物産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用ベルトドライブの世界市場概要 ・工業用ベルトドライブの世界市場環境 ・工業用ベルトドライブの世界市場動向 ・工業用ベルトドライブの世界市場規模 ・工業用ベルトドライブの世界市場:業界構造分析 ・工業用ベルトドライブの世界市場:技術別 ・工業用ベルトドライブの世界市場:製品別(Vベルトドライブ、同期ベルトドライブ、プーリー) ・工業用ベルトドライブの世界市場:最終用途別(マテリアルハンドリング産業、産業機械、農業、鉱業・鉱物産業、その他) ・工業用ベルトドライブの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用ベルトドライブのアメリカ市 …
  • 光伝達網(OTN)の世界市場予測
    本調査レポートでは、光伝達網(OTN)の世界市場について調査・分析し、光伝達網(OTN)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ブタクサアレルギー(Ragweed Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるブタクサアレルギー(Ragweed Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ブタクサアレルギー(Ragweed Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ブタクサアレルギー(Ragweed Allergy)の概要 ・ブタクサアレルギー(Ragweed Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のブタクサアレルギー(Ragweed Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ブタクサアレルギー(Ragweed Allergy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • タイの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 世界の暖房装置市場規模・予測2017-2025:ユニタリーヒーター、ヒートポンプ、ボイラー、暖房炉
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の暖房装置市場について調査・分析し、世界の暖房装置市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の暖房装置関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 在宅医療の世界市場予測(~2022年):製品、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、在宅医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、ソフトウェア・サービス別分析、地域別分析、在宅医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用コントロールアームシャフト市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用コントロールアームシャフト市場2015について調査・分析し、自動車用コントロールアームシャフトの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 気道感染症(Respiratory Tract Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、気道感染症(Respiratory Tract Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・気道感染症(Respiratory Tract Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・気道感染症(Respiratory Tract Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・気道感染症(Respiratory Tract Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・気道感染症(Respiratory Tract Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・気道感染症(Respiratory Tract Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の気道感染症(Respiratory Tract Infections)治療薬剤
  • 北米の技術教育・職業教育市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米の技術教育・職業教育市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米の技術教育・職業教育市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の矯正器具市場2015
    本調査レポートでは、世界の矯正器具市場2015について調査・分析し、矯正器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコバルト粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のコバルト粉市場2016について調査・分析し、コバルト粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 交通分野における人工知能(AI)の世界市場予測(~2030年):ディープラーニング、コンピュータビジョン、コンテキストアウェアネス、NLP
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、交通分野における人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機械学習別分析、用途別分析、プロセス別分析、地域別分析、交通分野における人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 仮想センサーの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、仮想センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション・サービス)分析、展開モード別 (クラウド・オンプレミス)分析、エンドユーザー別(プロセス工業-製造・ユーティリティ、自動車・輸送、石油・ガス)分析、仮想センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 肝炎治療の世界市場分析:病気別(A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、肝炎治療の世界市場について調査・分析し、肝炎治療の世界市場動向、肝炎治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別肝炎治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 心筋症(Cardiomyopathy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心筋症(Cardiomyopathy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心筋症(Cardiomyopathy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・心筋症(Cardiomyopathy)の概要 ・心筋症(Cardiomyopathy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の心筋症(Cardiomyopathy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・心筋症(Cardiomyopathy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • 絶縁用マイカテープの世界市場:種類別(ガラスマイカテープ、ポリエステルマイカテープ)、用途別(3.3〜6kV、6〜10kV、10kV超)、地域別予測
    本資料は、絶縁用マイカテープの世界市場について調べ、絶縁用マイカテープの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ガラスマイカテープ、ポリエステルマイカテープ)分析、用途別(3.3〜6kV、6〜10kV、10kV超)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはISOVOLTA Group、VonRoll、Pamica、Meifeng Mica、Chhaperia 、Glory Mica、Nippon Rika、Spbsluda、Haiying Insulation、OKABE MICA、Electrolock、Jyoti 、Cogebi、Sakti Mica、Ruby Micaなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・絶縁用マイカテープの世界市場概要 ・絶縁用マイカテープの世界市場環境 ・絶縁用マイカテープの世界市場動向 ・絶縁用マイカテープの世界市場規模 ・絶縁用マイカテープの世界市場規模:種類別(ガラスマイカテープ、ポリエステルマイカテープ) ・絶縁用マイ …
  • マイクロサーバーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、マイクロサーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロサーバーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はマイクロサーバーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均42.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Dell、HP Development、FUJITSU、Huawei Technologies、Quanta Computer、Super Micro Computer等です。
  • ルートビアの世界市場
    当調査レポートでは、ルートビアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ルートビアの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場:有機牛乳、有機ヨーグルト、有機チーズ、その他の有機乳製品
    当調査レポートでは、オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(オーガニックミルク、オーガニックヨーグルト、オーガニックチーズ、およびその他のオーガニックデイリーフードアンドドリンク)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場:種類別(オーガニックミルク、オーガニックヨーグルト、オーガニックチーズ、およびその他のオーガニックデイリーフードアンドドリンク) ・オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • キノア種子の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キノア種子の世界市場について調査・分析し、キノア種子の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キノア種子シェア、市場規模推移、市場規模予測、キノア種子種類別分析(黒色、赤、白色)、キノア種子用途別分析(直接食用、加工食用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キノア種子の市場概観 ・キノア種子のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キノア種子のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キノア種子の世界市場規模 ・キノア種子の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キノア種子のアメリカ市場規模推移 ・キノア種子のカナダ市場規模推移 ・キノア種子のメキシコ市場規模推移 ・キノア種子のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・キノア種子のドイツ市場規模推移 ・キノア種子のイギリス市場規模推移 ・キノア種子のロシア市場規模推移 ・キノア種子のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・キノア種子の日本市場規模推移 ・ …
  • ルーマニアの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 世界のアルミニウム・ホウ素合金市場2016
    本調査レポートでは、世界のアルミニウム・ホウ素合金市場2016について調査・分析し、アルミニウム・ホウ素合金の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空用複合材料の世界市場予測(~2022年):炭素、ガラス、セラミック
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維種類別分析、樹脂種類別分析、航空機種類別分析、地域別分析、航空用複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 交通管理ソリューションの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、交通管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、ソリューション別分析、検知方式別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中東の石油貯蔵ターミナル市場展望(~2020):貯蔵能力、投資予測、ターミナル現状・計画
  • UAEの股関節再建装置市場見通し
  • 世界の低温パウダーコーティング市場2019
    本調査レポートでは、世界の低温パウダーコーティング市場2019について調査・分析し、低温パウダーコーティングの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、低温パウダーコーティングのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、低温パウダーコーティングメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・低温パウダーコーティングの市場概要 ・低温パウダーコーティングの上流・下流市場分析 ・低温パウダーコーティングのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・低温パウダーコーティングのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・低温パウダーコーティングのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・低温パウダーコーティングのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・低温パウダーコーティングの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・低温パウダーコーティングの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • 世界の低公害(グリーン)・バイオ溶剤市場予測2017-2024
    本調査レポートでは、世界の低公害(グリーン)・バイオ溶剤市場について調査・分析し、世界の低公害(グリーン)・バイオ溶剤市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 3Dバイオプリンティングの世界市場:技術別(磁気浮上式、インクジェット式、シリンジ式、レーザー式)、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、3Dバイオプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dバイオプリンティングの世界市場動向、3Dバイオプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dバイオプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用蒸発器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用蒸発器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用蒸発器の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の創傷管理デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷管理デバイス市場2015について調査・分析し、創傷管理デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ごみ収集車の世界市場:タイプ別(フロントローダー、リアローダー、サイドローダー)、用途別(住宅地、商業地、工業地)、地域別予測
    本資料は、ごみ収集車の世界市場について調べ、ごみ収集車の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(フロントローダー、リアローダー、サイドローダー)分析、用途別(住宅地、商業地、工業地)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBucher (Johnston)、ZOOMLION 、Elgin、FULANGMA、Hako、FAYAT GROUP、Aebi Schmidt、Exprolink、Alamo Group、FAUN、TYMCO、Tennant、Global Sweeper、AEROSUN、Dulevo、Boschung 、Alfred Karcher、KATO、Henan Senyuan、Hubei Chengliなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ごみ収集車の世界市場概要 ・ごみ収集車の世界市場環境 ・ごみ収集車の世界市場動向 ・ごみ収集車の世界市場規模 ・ごみ収集車の世界市場規模:タイプ別(フロントローダー、リアローダー、サイドローダー) …
  • クリーンルーム用エアフィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クリーンルーム用エアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム用エアフィルターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリーンルーム用エアフィルターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Camfil, • American Air Filters Company,• M+W group, • Vokes Air等です。
  • カムコーダー(VTR一体型ビデオカメラ)の世界市場
    当調査レポートでは、カムコーダー(VTR一体型ビデオカメラ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カムコーダー(VTR一体型ビデオカメラ)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの心臓律動管理装置市場見通し
  • 世界のRF増幅器市場2016
    本調査レポートでは、世界のRF増幅器市場2016について調査・分析し、RF増幅器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラスロッドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ブラスロッドの世界市場について調査・分析し、ブラスロッドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ブラスロッドシェア、市場規模推移、市場規模予測、ブラスロッド種類別分析(従来型、特別型)、ブラスロッド用途別分析(機械、自動車、電気、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ブラスロッドの市場概観 ・ブラスロッドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ブラスロッドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ブラスロッドの世界市場規模 ・ブラスロッドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ブラスロッドのアメリカ市場規模推移 ・ブラスロッドのカナダ市場規模推移 ・ブラスロッドのメキシコ市場規模推移 ・ブラスロッドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ブラスロッドのドイツ市場規模推移 ・ブラスロッドのイギリス市場規模推移 ・ブラスロッドのロシア市場規模推移 ・ブラスロッドのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • コンピュータ生物学の世界市場:用途別(細胞・生物学的シミュレーション、創薬・疾患モデリング)、サービス別、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、コンピュータ生物学の世界市場について調査・分析し、コンピュータ生物学の世界市場動向、コンピュータ生物学の世界市場規模、市場予測、セグメント別コンピュータ生物学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオ系建築用ポリマーの世界市場分析:製品別(セルロースアセテート、エポキシ、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリウレタン)、用途別(パイプ、外郭、断熱)、セグメント予測
    本調査レポートでは、バイオ系建築用ポリマーの世界市場について調査・分析し、バイオ系建築用ポリマーの世界市場動向、バイオ系建築用ポリマーの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系建築用ポリマー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ナイフ研ぎ器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ナイフ研ぎ器の世界市場について調査・分析し、ナイフ研ぎ器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ナイフ研ぎ器シェア、市場規模推移、市場規模予測、ナイフ研ぎ器種類別分析(電動式、手動式)、ナイフ研ぎ器用途別分析(家庭用、飲食店用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ナイフ研ぎ器の市場概観 ・ナイフ研ぎ器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ナイフ研ぎ器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ナイフ研ぎ器の世界市場規模 ・ナイフ研ぎ器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ナイフ研ぎ器のアメリカ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のカナダ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のメキシコ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ナイフ研ぎ器のドイツ市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のイギリス市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のロシア市場規模推移 ・ナイフ研ぎ器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 紙染料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、紙染料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、紙染料市場規模、形態別(液体、粉末)分析、用途別(包装・ボード、紙印字・印刷、コート紙、ティッシュペーパー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Archroma,, Atul, BASF, DyStar Singapore, Kemiraなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・紙染料の世界市場概要 ・紙染料の世界市場環境 ・紙染料の世界市場動向 ・紙染料の世界市場規模 ・紙染料の世界市場:業界構造分析 ・紙染料の世界市場:形態別(液体、粉末) ・紙染料の世界市場:用途別(包装・ボード、紙印字・印刷、コート紙、ティッシュペーパー、その他) ・紙染料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・紙染料の北米市場規模・予測 ・紙染料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・紙染料のアジア太平洋市場規模・予測 ・紙染料の主要国分析 ・紙染料の世界市場:意思決定フレームワーク ・紙染 …
  • 自動車用調整可能ステアリングシステムの世界市場:手動調整可能ステアリング、電気的調整可能ステアリング
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用調整可能ステアリングシステムの世界市場について調べ、自動車用調整可能ステアリングシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用調整可能ステアリングシステムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(手動調整可能ステアリング、電気的調整可能ステアリング)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用調整可能ステアリングシステムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用調整可能ステアリングシステムの市場状況 ・自動車用調整可能ステアリングシステムの市場規模 ・自動車用調整可能ステアリングシステムの市場予測 ・自動車用調整可能ステアリングシステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(手動調整可能ステアリング、電気的調整可能ステアリング) ・自動車用調整可能ステアリングシステムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋 …
  • セイボリー成分の世界市場予測:酵母エキス、植物タンパク質加水分解物、動物性蛋白質加水分解物、グルタミン酸ソーダ、ヌクレオチド
    当調査レポートでは、セイボリー成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、由来別分析、地域別分析、セイボリー成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨て血圧測定用カフの世界市場分析:コールポイント別(外科医、医師、臨床医)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、使い捨て血圧測定用カフの世界市場について調査・分析し、使い捨て血圧測定用カフの世界市場動向、使い捨て血圧測定用カフの世界市場規模、市場予測、セグメント別使い捨て血圧測定用カフ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"