"電動自転車の世界市場2020-2024"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TNV20FB040)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電動自転車の世界市場2020-2024"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global E-Bike Market 2020-2024
Technavio has been monitoring the global e-bike market and it is poised to grow by 8118.92 thousand units during 2020-2024, progressing at a CAGR of 4% during the forecast period. Our reports on E-bike market provides a holistic analysis, market size and forecast, trends, growth drivers, and challenges, as well as vendor analysis covering around 25 vendors.

The report offers an up-to-date analysis regarding the current global market scenario, latest trends and drivers, and the overall market environment. The market is driven by declining cost of Li-ion batteries. In addition, growing popularity of connected e-bikes is anticipated to boost the growth of the e-bike market as well.

Market Segmentation

Technavio’s global E-bike market is segmented as below:
Battery Type
• SLA Batteries
• Li-Ion Batteries

Geographic segmentation
• APAC
• Europe
• MEA
• North America
• South America

Key Trends for e-bike market growth
This study identifies growing popularity of connected E-bikes as the prime reasons driving the e-bike market growth during the next few years.

Prominent vendors in e-bike market
We provide a detailed analysis of around 25 vendors operating in the E-bike market, including some of the vendors such as Accell Group NV, BH BIKES EUROPE SL, Derby Cycle Holding GmbH, Georg Fritzmeier GmbH & Co. KG, Giant Bicycle Inc., Klever Mobility GmbH, Riese & Müller GmbH, Yadea Group Holdings Ltd. , Yamaha Motor Co. Ltd. and Zhejiang Luyuan Electric Vehicle Co. Ltd.

The study was conducted using an objective combination of primary and secondary information including inputs from key participants in the industry. The report contains a comprehensive market and vendor landscape in addition to an analysis of the key vendors. For further information on this report, please visit -https://www.technavio.com/report/Global-E-bike-Market-industry-analysis

About Technavio
Technavio presents a detailed picture of the market by the way of study, synthesis, and summation of data from multiple sources by an analysis of key parameters such as profit, pricing, competition, and promotions. It presents various market facets by identifying the key industry influencers. The data presented is comprehensive, reliable, and a result of extensive research – both primary and secondary. Technavio’s market research reports provide a complete competitive landscape and an in-depth vendor selection methodology and analysis using qualitative and quantitative research to forecast an accurate market growth.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"電動自転車の世界市場2020-2024"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
• Value chain analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2019
• Market outlook
• Market size and forecast 2019-2024
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 07: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2019-2024
• Europe – Market size and forecast 2019-2024
• North America – Market size and forecast 2019-2024
• South America – Market size and forecast 2019-2024
• MEA – Market size and forecast 2019-2024
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY BATTERY TYPE
• Market segmentation by battery type
• Comparison by battery type
• SLA batteries – Market size and forecast 2019-2024
• Li-ion batteries – Market size and forecast 2019-2024
• Market opportunity by battery type
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Popularity of connected e-bikes
• Development of ABS for e-bikes
• Development of technologically advanced and lightweight e-bikes
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• Accell Group NV
• BH BIKES EUROPE SL
• Derby Cycle Holding GmbH
• Georg Fritzmeier GmbH & Co. KG
• Giant Bicycle Inc.
• Klever Mobility GmbH
• Riese & Müller GmbH
• Yadea Group Holdings Ltd.
• Yamaha Motor Co. Ltd.
• Zhejiang Luyuan Electric Vehicle Co. Ltd.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Global bicycle market (Volume)
Exhibit 02: Segments of global bicycle market (Volume)
Exhibit 03: Market characteristics
Exhibit 04: Market segments
Exhibit 05: Vendors: Key offerings
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2019
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2019-2024 (thousand units)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2019
Exhibit 11: Five forces analysis 2024
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2019
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: Market share by geography 2019-2024 (%)
Exhibit 20: Geographic comparison
Exhibit 21: APAC – Market size and forecast 2019-2024 (thousand units)
Exhibit 22: APAC – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 23: Europe – Market size and forecast 2019-2024 (thousand units)
Exhibit 24: Europe – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 25: North America – Market size and forecast 2019-2024 (thousand units)
Exhibit 26: North America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 27: South America – Market size and forecast 2019-2024 (thousand units)
Exhibit 28: South America – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 29: MEA – Market size and forecast 2019-2024 (thousand units)
Exhibit 30: MEA – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 31: Key leading countries
Exhibit 32: Market opportunity
Exhibit 33: Battery type – Market share 2019-2024 (%)
Exhibit 34: Comparison by battery type
Exhibit 35: SLA batteries – Market size and forecast 2019-2024 (thousand units)
Exhibit 36: SLA batteries – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 37: Li-ion batteries – Market size and forecast 2019-2024 (thousand units)
Exhibit 38: Li-ion batteries – Year-over-year growth 2020-2024 (%)
Exhibit 39: Market opportunity by battery type
Exhibit 40: Impact of drivers and challenges
Exhibit 41: Vendor landscape
Exhibit 42: Landscape disruption
Exhibit 43: Vendors covered
Exhibit 44: Vendor classification
Exhibit 45: Market positioning of vendors
Exhibit 46: Accell Group NV – Vendor overview
Exhibit 47: Accell Group NV – Product segments
Exhibit 48: Accell Group NV – Organizational developments
Exhibit 49: Accell Group NV – Geographic focus
Exhibit 50: Accell Group NV – Segment focus
Exhibit 51: Accell Group NV – Key offerings
Exhibit 52: BH BIKES EUROPE SL – Vendor overview
Exhibit 53: BH BIKES EUROPE SL – Product segments
Exhibit 54: BH BIKES EUROPE SL – Organizational developments
Exhibit 55: BH BIKES EUROPE SL – Key offerings
Exhibit 56: Derby Cycle Holding GmbH – Vendor overview
Exhibit 57: Derby Cycle Holding GmbH – Business segments
Exhibit 58: Derby Cycle Holding GmbH – Key offerings
Exhibit 59: Georg Fritzmeier GmbH & Co. KG – Vendor overview
Exhibit 60: Georg Fritzmeier GmbH & Co. KG – Product segments
Exhibit 61: Georg Fritzmeier GmbH & Co. KG – Organizational developments
Exhibit 62: Georg Fritzmeier GmbH & Co. KG – Key offerings
Exhibit 63: Giant Bicycle Inc. – Vendor overview
Exhibit 64: Giant Bicycle Inc. – Business segments
Exhibit 65: Giant Bicycle Inc. – Organizational developments
Exhibit 66: Giant Bicycle Inc. – Key offerings
Exhibit 67: Klever Mobility GmbH – Vendor overview
Exhibit 68: Klever Mobility GmbH – Product segments
Exhibit 69: Klever Mobility GmbH – Key offerings
Exhibit 70: Riese & Müller GmbH – Vendor overview
Exhibit 71: Riese & Müller GmbH – Organizational developments
Exhibit 72: Riese & Müller GmbH – Key offerings
Exhibit 73: Yadea Group Holdings Ltd. – Vendor overview
Exhibit 74: Yadea Group Holdings Ltd. – Product segments
Exhibit 75: Yadea Group Holdings Ltd. – Organizational developments
Exhibit 76: Yadea Group Holdings Ltd. – Key offerings
Exhibit 77: Yamaha Motor Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 78: Yamaha Motor Co. Ltd. – Business segments
Exhibit 79: Yamaha Motor Co. Ltd. – Organizational developments
Exhibit 80: Yamaha Motor Co. Ltd. – Geographic focus
Exhibit 81: Yamaha Motor Co. Ltd. – Segment focus
Exhibit 82: Yamaha Motor Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 83: Zhejiang Luyuan Electric Vehicle Co. Ltd. – Vendor overview
Exhibit 84: Zhejiang Luyuan Electric Vehicle Co. Ltd. – Business segments
Exhibit 85: Zhejiang Luyuan Electric Vehicle Co. Ltd. – Organizational developments
Exhibit 86: Zhejiang Luyuan Electric Vehicle Co. Ltd. – Key offerings
Exhibit 87: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 88: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電動自転車の世界市場2020-2024
【発行日】2020年1月13日
【調査会社】Technavio
【コード】TNV20FB040
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電動自転車の世界市場2020-2024についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のタブレット市場2015
    本調査レポートでは、世界のタブレット市場2015について調査・分析し、タブレットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ユビキチン特異プロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるユビキチン特異プロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ユビキチン特異プロテアーゼ阻害剤の概要 ・ユビキチン特異プロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のユビキチン特異プロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ユビキチン特異プロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ユビキチン特異プロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ウォールオーブン(壁埋め込み式オーブン)の世界市場
    当調査レポートでは、ウォールオーブン(壁埋め込み式オーブン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ウォールオーブン(壁埋め込み式オーブン)の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート教育ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマート教育ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート教育ソフトウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホットドリンクの世界市場2017-2021:コーヒー系飲料、お茶系飲料、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホットドリンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ホットドリンクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はホットドリンクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Associated British Foods (ABF)、JACOBS DOUWE EGBERTS (JDE)、Keurig Green Mountain (KGM)、Tata Global Beverages (TGB)、Unilever等です。
  • ドリルパイプの世界市場分析:グレード別(APIグレード、プレミアムグレード)、用途別(オンショア、オフショア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ドリルパイプの世界市場について調査・分析し、ドリルパイプの世界市場動向、ドリルパイプの世界市場規模、市場予測、セグメント別ドリルパイプ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ミドルオフィス業務アウトソーシング市場規模、最終用途別(投資銀行、資産運用会社、ブローカーディーラー、証券取引所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場概要 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場環境 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場動向 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場規模 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:業界構造分析 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:最終用途別(投資銀行、資産運用会社、ブローカーディーラー、証券取引所、その他) ・ミドルオフィス業務アウトソーシングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングのアメリカ市場規模・予測 ・ミドルオフィス業務アウトソーシングのヨーロッパ市場規模・ …
  • バッテリーアナライザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バッテリーアナライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バッテリーアナライザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバッテリーアナライザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.72%成長すると予測しています。
  • 廃炉サービスの世界市場2019-2023
    廃炉サービスは、原子力発電所を廃止するための一連の措置です。主要なプロセスには、汚染除去、解体、廃棄物移送、現場の処理および再利用が含まれます。廃炉サービスの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率13.25%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、AECOM、Babcock International Group、Bechtel、Holtec International、Oranoなどです。 当調査レポートでは、廃炉サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、廃炉サービス市場規模、原子炉タイプ別(PWR、BWR、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・廃炉サービスの世界市場概要 ・廃炉サービスの世界市場環境 ・廃炉サービスの世界市場動向 ・廃炉サービスの世界市場規模 ・廃炉サービスの世界市場:業界構造分析 ・廃炉サービスの世界市場:原子炉タイプ別(PWR、BWR、その他) ・廃炉サービスの世界市場: …
  • 水産養殖および漁業の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、水産養殖および漁業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水産養殖および漁業市場規模、タイプ別(食用魚、餌魚、観賞魚、有料釣り、水族館の養殖、湖沼養殖、いけす養殖、曳き網、トラップネット、トロール網)分析、種別(鯉、軟体動物、甲殻類、通し回遊魚、サバ、サバヒー、サーモン、シーバス、マス、鯛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 水産養殖および漁業の世界市場:市場動向分析 ・ 水産養殖および漁業の世界市場:競争要因分析 ・ 水産養殖および漁業の世界市場:タイプ別(食用魚、餌魚、観賞魚、有料釣り、水族館の養殖、湖沼養殖、いけす養殖、曳き網、トラップネット、トロール網) ・ 水産養殖および漁業の世界市場:種別(鯉、軟体動物、甲殻類、通し回遊魚、サバ、サバヒー、サーモン、シーバス、マス、鯛、その他) ・ 水産養殖および漁業の世界市場:主要地域別分析 ・ 水産養殖および漁業の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 水産養殖 …
  • 光トランシーバの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、光トランシーバの世界市場について調査・分析し、光トランシーバの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・光トランシーバの世界市場規模:形状因子別分析 ・光トランシーバの世界市場規模:波長別分析 ・光トランシーバの世界市場規模:用途別分析 ・光トランシーバの世界市場規模:距離別分析 ・光トランシーバの世界市場規模:データレート別分析 ・光トランシーバの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 自動車用先進運転支援システム(ADAS)の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車用先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、自動車用先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の真空遮断器市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空遮断器市場2015について調査・分析し、真空遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 陸上移動無線の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、陸上移動無線の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、陸上移動無線市場規模、技術別(TETRA、プロジェクト25、DMR、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・陸上移動無線の世界市場概要 ・陸上移動無線の世界市場環境 ・陸上移動無線の世界市場動向 ・陸上移動無線の世界市場規模 ・陸上移動無線の世界市場:業界構造分析 ・陸上移動無線の世界市場:技術別(TETRA、プロジェクト25、DMR、その他) ・陸上移動無線の世界市場:地域別市場規模・分析 ・陸上移動無線のアメリカ市場規模・予測 ・陸上移動無線のヨーロッパ市場規模・予測 ・陸上移動無線のアジア市場規模・予測 ・陸上移動無線の主要国分析 ・陸上移動無線の世界市場:意思決定フレームワーク ・陸上移動無線の世界市場:成長要因、課題 ・陸上移動無線の世界市場:競争環境 ・陸上移動無線の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界及び欧州の放送機器市場-分析及び展望(~2022年)
  • 世界の感染予防&管理市場
  • 潰瘍性大腸炎(UC)治療薬の世界市場予測・分析
  • APT攻撃対策の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、APT攻撃対策の世界市場について調査・分析し、APT攻撃対策の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 印刷済みカートンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、印刷済みカートンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、印刷済みカートン市場規模、エンドユーザー別(飲食料品、パーソナルケア・家庭用品、ヘルスケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・印刷済みカートンの世界市場概要 ・印刷済みカートンの世界市場環境 ・印刷済みカートンの世界市場動向 ・印刷済みカートンの世界市場規模 ・印刷済みカートンの世界市場:業界構造分析 ・印刷済みカートンの世界市場:エンドユーザー別(飲食料品、パーソナルケア・家庭用品、ヘルスケア、その他) ・印刷済みカートンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・印刷済みカートンの北米市場規模・予測 ・印刷済みカートンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・印刷済みカートンのアジア太平洋市場規模・予測 ・印刷済みカートンの主要国分析 ・印刷済みカートンの世界市場:成長要因、課題 ・印刷済みカートンの世界市場:競争環境 ・印刷済みカートンの世界市 …
  • 風力タービン運用・保守の世界市場分析
    本調査レポートでは、風力タービン運用・保守の世界市場について調査・分析し、風力タービン運用・保守の世界市場動向、風力タービン運用・保守の世界市場規模、市場予測、セグメント別風力タービン運用・保守市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 低ナトリウム血症(Hyponatremia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬の状況 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の市場規模(販売予測) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬剤
  • 放射線情報システムの世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、放射線情報システムの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(統合RIS、スタンドアロンRIS)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・放射線情報システムの世界市場:製品別(統合RIS、スタンドアロンRIS) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 玄関用フロアマットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、玄関用フロアマットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、玄関用フロアマットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 中国のUV光安定剤市場2015
    本調査レポートでは、中国のUV光安定剤市場2015について調査・分析し、UV光安定剤の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 納豆の世界市場2019-2023
    納豆は、枯草菌で発酵させた大豆から作られた伝統的な日本食です。大抵は朝食時に提供され、醤油、カラシ、ねぎが添えられています。納豆の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率6.78%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Captek Softgel International、AzumaShokuhin、CP Kelco、ASAICHIBAN、MegumiNATT?、Mizkan Holdings、Takanofoodsなどです。 当調査レポートでは、納豆の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、納豆市場規模、用途別(食べ物、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・納豆の世界市場概要 ・納豆の世界市場環境 ・納豆の世界市場動向 ・納豆の世界市場規模 ・納豆の世界市場:業界構造分析 ・納豆の世界市場:用途別(食べ物、その他) ・納豆の世界市場:地域別市場規模・分析 ・納豆の北米市場規模・予測 ・納豆のヨーロッ …
  • エレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、エレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのパレット市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパのパレット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのパレット市場規模及び予測、材料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のELT(英語教育)市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のELT(英語教育)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のELT(英語教育)市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 亜鉛鉱業の世界市場(~2020)
  • 産業用X線フィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用X線フィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用X線フィルム市場規模、エンドユーザー別(石油・ガス、自動車、A&D)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、China Aerospace Science and Technology, FOMA BOHEMIA, FUJIFILM Holdings, GENERAL ELECTRIC, Konica Minoltaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用X線フィルムの世界市場概要 ・産業用X線フィルムの世界市場環境 ・産業用X線フィルムの世界市場動向 ・産業用X線フィルムの世界市場規模 ・産業用X線フィルムの世界市場:業界構造分析 ・産業用X線フィルムの世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、自動車、A&D) ・産業用X線フィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用X線フィルムの北米市場規模・予測 ・産業用X線フィルムのヨーロッパ・中東・アフリカ市 …
  • 救急機サービスの世界市場分析:タイプ別(回転翼、固定翼)、サービスモデル別(コミュニティベース、病院ベース)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、救急機サービスの世界市場について調査・分析し、救急機サービスの世界市場動向、救急機サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別救急機サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プラスチック加工機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック加工機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ディスポーザブル医療機器用センサーの世界市場:バイオセンサー、イメージセンサー、加速度センサー、圧力センサー、温度センサー
    当調査レポートでは、ディスポーザブル医療機器用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、センサー種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 包装用テープの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、包装用テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装用テープの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • グラフデータベースの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)、データベースタイプ別(リレーショナル(SQL)、非リレーショナル(NoSQL))、分析タイプ別(パス分析、接続性分析、コミュニティ分析、中心性分析)、用途別(不正検出およびリスク管理、マスターデータ管理、顧客分析、IDおよびアクセス管理、推奨エンジン、プライバシーおよびリスクコンプライアンス、その他)
    本資料は、グラフデータベースの世界市場について調べ、グラフデータベースの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、データベースタイプ別(リレーショナル(SQL)、非リレーショナル(NoSQL))分析、分析タイプ別(パス分析、接続性分析、コミュニティ分析、中心性分析)分析、用途別(不正検出およびリスク管理、マスターデータ管理、顧客分析、IDおよびアクセス管理、推奨エンジン、プライバシーおよびリスクコンプライアンス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・グラフデータベースの世界市場概要 ・グラフデータベースの世界市場環境 ・グラフデータベースの世界市場動向 ・グラフデータベースの世界市場規模 ・グラフデータベースの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・グラフデータベースの世界市場:展開モデル別(オンプレミス、クラウド) ・グラフデータベースの世界市場:データベースタイプ別(リレーショナ …
  • ゴーシェ病治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、ゴーシェ病治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・ゴーシェ病の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・ゴーシェ病治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • ボールバルブの世界市場予測(~2024年)
    ボールバルブの世界市場は、2019年の126億米ドルから2024年には152億米ドルに達し、この期間中3.75%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ボールバルブの交換、エネルギー消費の増加、工業化・都市化・スマートシティへの取り組みの強化、予想外のダウンタイムを回避するためのIIoT対応ボールバルブの統合、製造ラインでの3Dプリンターの使用、製油所・石油化学製品と化学製品工場の数の増加などが考えられます。一方で、認証やポリシーの標準化が進まないことにより、この市場の成長は妨げられる可能性があります。当調査レポートでは、ボールバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サイズ(1 インチ未満、1~6インチ、6~25インチ、25~50インチ、50インチ以上)分析、種類(トラニオン型、フローティング型、ライジングステム型)分析、材質(ステンレス鋼、鋳鉄、合金、低温用)分析、産業分析、ボールバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートフォン用IC市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートフォン用IC市場2015について調査・分析し、スマートフォン用ICの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の有機飼料市場:種類別(シリアル&穀物、油糧種子)、フォーム別(ペレット、クランブル、マッシュ)、家畜別(家禽、反すう動物、豚、水生動物)、添加物別(アミノ酸、酵素、ビタミン、ミネラル、植物性生物)、地域別
    MarketsandMarkets社は、有機飼料の世界市場規模が2019年68億ドルから2025年101億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。当資料では、世界の有機飼料市場を統合的に調査・分析し、市場概要、種類別(シリアル&穀物、油料種子、その他)分析、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他の家畜)分析、フォーム別(ペレット、クランブル、マッシュ)分析、添加剤別(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、植物学)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の有機飼料市場:種類別(シリアル&穀物、油料種子、その他) ・世界の有機飼料市場:家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他の家畜) ・世界の有機飼料市場:フォーム別(ペレット、クランブル、マッシュ) ・世界の有機飼料市場:添加剤別(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、植物学) ・世界の有機飼料市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 中国のポリプロピレン市場(~2019)
  • ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場分析:用途別(BFSI、教育、ITサービス、政府、製造、ヘルスケア)、企業規模別(中小企業、大企業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場について調査・分析し、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場動向、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ソフトウェア定義ストレージ(SDS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 屠殺用機器の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、屠殺用機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屠殺用機器市場規模、製品別(半自動、全自動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屠殺用機器の世界市場概要 ・屠殺用機器の世界市場環境 ・屠殺用機器の世界市場動向 ・屠殺用機器の世界市場規模 ・屠殺用機器の世界市場:業界構造分析 ・屠殺用機器の世界市場:製品別(半自動、全自動) ・屠殺用機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屠殺用機器の北米市場規模・予測 ・屠殺用機器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・屠殺用機器のアジア太平洋市場規模・予測 ・屠殺用機器の主要国分析 ・屠殺用機器の世界市場:意思決定フレームワーク ・屠殺用機器の世界市場:成長要因、課題 ・屠殺用機器の世界市場:競争環境 ・屠殺用機器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、BAADER、BANSS、BAYLE、LIMOS、Marelなどです。
  • 乳製品加工装置の世界市場予測(~2023年)
    乳製品加工装置の世界市場は、2018年の86億米ドルから2023年には112億米ドルに達し、この期間中5.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、乳製品に対する需要の増加、乳製品製造業者による効率化技術の採用、プロセスの自動化を実現するための技術の立ち上げ、欧州連合における生乳クオータ制度の廃止などが考えられます。一方で、加工装置の操作に必要な電力およびエネルギーのコストの上昇は、市場の成長を大きく左右する制約です。当調査レポートでは、乳製品加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(殺菌装置、ホモジナイザー、セパレーター、エバポレーター、膜ろ過)分析、用途(加工乳、生鮮乳製品、バター、チーズ、粉ミルク、タンパク質)分析、操作分析、乳製品加工装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科治療薬及び機器の世界市場予測
    本調査レポートでは、眼科治療薬及び機器の世界市場について調査・分析し、眼科治療薬及び機器の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 核医学/放射性医薬品の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、核医学/放射性医薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類(診断、治療)別分析、用途別分析、地域別分析、核医学/放射性医薬品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硬質プラスチック包装の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、硬質プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、硬質プラスチック包装市場規模、種類別(PC、PS、PMMA、SAN・ABS、PVC、PP、その他)分析、用途別(建設、電気・電子、自動車、包装、医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・硬質プラスチック包装の世界市場概要 ・硬質プラスチック包装の世界市場環境 ・硬質プラスチック包装の世界市場動向 ・硬質プラスチック包装の世界市場規模 ・硬質プラスチック包装の世界市場:業界構造分析 ・硬質プラスチック包装の世界市場:種類別(PC、PS、PMMA、SAN・ABS、PVC、PP、その他) ・硬質プラスチック包装の世界市場:用途別(建設、電気・電子、自動車、包装、医療、その他) ・硬質プラスチック包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・硬質プラスチック包装の北米市場規模・予測 ・硬質プラスチック包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・硬質プラ …
  • サービスとしての調達の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、サービスとしての調達の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(戦略的調達、支出管理、カテゴリ管理、プロセス管理、契約管理、トランザクション管理)分析、業種別分析、組織規模別分析、サービスとしての調達の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、サービスとしての調達の世界市場規模が2019年54億ドルから2024年78億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。
  • 人工採油システムの世界市場分析:製品別(ロッドリフト、電気式水中ポンプ、一軸ねじポンプ、ガスリフト、油圧ポンプ)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、人工採油システムの世界市場について調査・分析し、人工採油システムの世界市場動向、人工採油システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別人工採油システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アンチウイルスソフトウェアパッケージの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アンチウイルスソフトウェアパッケージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンチウイルスソフトウェアパッケージの世界市場規模及び予測、需要先別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"