多重検出イムノアッセイ市場の世界の産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、および予測、2020-2030年:アッセイタイプ別(プラナーアッセイ、ビーズベースアッセイ)、技術別(核酸ベース技術、タンパク質ベース技術、バイオセンサーベース技術)、アプリケーション別(疾病検査、食品汚染検査、研究&開発、動物疾病検査)、エンドユーザー別(製薬・バイオ製薬企業、臨床研究機関、食品・飲料業界、学術・研究機関、診断センター、その他)

www.marketreport.jp/multiplex-detection-immunoassays-market-assay-tmr21mc090

多重検出イムノアッセイ市場 – レポートの範囲

TMRのレポート「多重検出イムノアッセイの世界市場」は、2020年から2030年までの予測期間における市場のこれらの指標の貴重な洞察を得るために、過去だけでなく現在の成長傾向と機会を研究しています。本レポートでは、2019年を基準年、2030年を予測年として、2018年から2030年までの世界の多重検出イムノアッセイ市場の収益を提供しています。また、予測期間における多重検出イムノアッセイの世界市場の複合年間成長率(CAGR)も提供しています。

本レポートは、広範な一次および二次調査を経て作成されました。一次調査では、アナリストが業界のリーダーやオピニオンメーカーにインタビューを行うなど、大規模な調査を実施しました。二次調査では、世界の多重検出イムノアッセイ市場を理解するために、主要企業の文献、年次報告書、プレスリリース、および関連文書を参照しました。

二次調査には、インターネット上の情報源、政府機関やウェブサイト、業界団体の統計データなども含まれます。アナリストは、世界の多重検出イムノアッセイ市場のさまざまな現象を調べるために、トップダウンとボトムアップのアプローチを組み合わせて調査を行いました。

本レポートには、詳細なエグゼクティブサマリーと、調査対象に含まれる様々なセグメントの成長挙動のスナップショットが含まれています。さらに、本レポートでは、世界の多重検出イムノアッセイ市場における競争力の変化についても明らかにしています。これらの指標は、既存の市場関係者だけでなく、世界の多重検出イムノアッセイ市場への参入を検討している企業にとっても貴重なツールとなります。

本レポートでは、世界の多重検出イムノアッセイ市場の競争状況について考察しています。世界の多重検出イムノアッセイ市場で事業を展開する主要企業を特定し、各企業の特徴的なビジネス特性をプロファイリングしています。会社概要、財務状況、最近の開発状況、SWOTなどは、世界の多重検出イムノアッセイ市場で活躍する企業の特徴をまとめたものです。

Multiplex Detection Immunoassays Market Reportで回答された主要な質問

マルチプレックス検出イムノアッセイ市場における企業の成長範囲は?
2019年から2027年にかけて、世界の多重検出イムノアッセイ市場のY-o-Y成長はどうなるか?
技術のトレンド変化がマルチプレックス検出イムノアッセイの世界市場に与える影響は?
世界のマルチプレックス検出イムノアッセイ提供者にとって、北米は引き続き最も収益性の高い市場ですか?
予測期間中に世界の多重検出イムノアッセイ市場の成長を阻害する要因は何ですか?
世界の多重検出イムノアッセイ市場のリーディングカンパニーはどこですか?
調査方法

世界の多重検出イムノアッセイ市場の成長に関する包括的な調査を行い、市場の将来的な成長見通しに関する結論を得るために、TMRは独自の調査方法を採用しています。この調査方法は、一次調査と二次調査を組み合わせたもので、アナリストが導き出した結論の正確性と信頼性を保証するのに役立っています。

世界の多重検出イムノアッセイ市場のレポートを作成する際にアナリストが参照した一次資料は、様々な企業の営業担当者です。二次資料としては、企業の年次報告書、SEC提出書類、企業のウェブサイト、世界銀行のデータベース、投資家向けプレゼンテーション、規制当局のデータベース、政府刊行物、業界のホワイトペーパーなどから得た統計情報が挙げられます。またアナリストは、TMRの世界の多重検出イムノアッセイ市場に関する調査に貢献したシニアマネジャー、ポートフォリオマネジャー、CEO、VP、マーケットインテリジェンスマネジャーにインタビューを行いました。

これらの一次および二次情報源からは、インタビュー中に独占的な情報が提供されており、多重検出イムノアッセイ市場のリーダーによる検証となっています。本レポートでは、内部の広範なリポジトリと外部の独自データベースにアクセスすることで、世界の多重検出イムノアッセイ市場に関する特定の詳細や疑問に正確に対応することができます。また、本調査では、トップダウンアプローチで各セグメントの数値を評価し、ボトムアップアプローチでそれらを反証しています。これにより、世界の多重検出イムノアッセイ市場の将来性に関するTMRの推定値を、より確実かつ正確に導き出すことができました。

【レポートの目次】 1.

1. はじめに
1.1. 市場の定義と範囲
1.2. 市場のセグメント化
1.3. 主要な研究目的
1.4. リサーチハイライト
2. 前提条件と調査方法
3. エグゼクティブサマリー:マルチプレックス検出免疫測定法の世界市場
4. 市場の概要
4.1. はじめに
4.1.1. タイプの定義
4.1.2. 業界の進化・発展
4.2. 概要
4.3. 市場力学
4.3.1. ドライバー
4.3.2. 阻害要因
4.3.3. 機会
4.4. 多重検出イムノアッセイの世界市場分析・予測、2018-2030年
4.4.1. 市場収益予測(US$ Mn)
4.5. ポーターのファイブフォース分析
5. キーインサイト
5.1. 技術的進歩
5.2. 主要なM&A(合併・買収
5.3. COVID-19パンデミックの業界への影響(バリューチェーンと短期/中期/長期の影響)
6. 多重検出イムノアッセイの世界市場分析と予測、アッセイタイプ別
6.1. はじめに・定義
6.2. 主な調査結果/開発状況
6.3. 市場価値予測、アッセイタイプ別、2018-2030年
6.3.1. プラナーアッセイ
6.3.1.1. ブレンドプロテインアレイ(マルチプレックスELISA)
6.3.1.2. 抗体アレイ
6.3.2. ビーズベースアッセイ
6.3.2.1. 磁気ビーズベース
6.3.2.2. 非磁性ビーズベース
6.4. 市場魅力度分析(アッセイタイプ別
7. 多重検出イムノアッセイの世界市場分析と予測:手法別
7.1. 導入と定義
7.2. 主な調査結果/開発状況
7.3. 市場価値予測、手法別、2018-2030年
7.3.1. 核酸ベースの手法
7.3.2. タンパク質ベースの手法
7.3.3. バイオセンサーを用いた手法
7.4. 市場魅力度分析(手法別
8. 多重検出イムノアッセイの世界市場分析・予測:アプリケーション別
8.1. 導入と定義
8.2. 主な調査結果/開発状況
8.3. 市場価値予測、アプリケーション別、2018-2030年
8.3.1. 疾患検査
8.3.1.1. 伝染病検査
8.3.1.2. 自己免疫疾患の検査
8.3.1.3. その他の疾患の検査
8.3.2. 食品汚染検査
8.3.3. 研究および開発
8.3.4. 獣医学的疾患検査
8.4. 市場魅力度分析(アプリケーション別
9. 多重検出イムノアッセイのエンドユーザー別世界市場分析・予測
9.1. 導入と定義
9.2. 主な調査結果/開発状況
9.3. 市場価値予測、エンドユーザー別、2018-2030年
9.3.1. 製薬・バイオ医薬品企業
9.3.2. 臨床研究機関
9.3.3. 食品・飲料業界
9.3.4. 学術・研究機関
9.3.5. 診断センター
9.3.6. その他
9.4. エンドユーザー別の市場魅力度分析
10. 多重検出イムノアッセイの世界市場分析と予測(地域別
10.1. 主な調査結果
10.2. 市場価値予測、地域別
10.2.1. 北アメリカ
10.2.2. 欧州
10.2.3. アジアパシフィック
10.2.4. ラテンアメリカ
10.2.5. 中近東・アフリカ
10.3. 市場魅力度分析(国/地域別
11. 北米の多重検出イムノアッセイ市場の分析と予測
11.1. はじめに
11.1.1. 主な調査結果
11.2. 市場価値予測、アッセイタイプ別、2018-2030年
11.2.1. プラナーアッセイ
11.2.1.1. ブレンドプロテインアレイ(マルチプレックスELISA)
11.2.1.2. 抗体アレイ
11.2.2. ビーズベースアッセイ
11.2.2.1. 磁気ビーズベース
11.2.2.2. 非磁性ビーズベース
11.3. 市場価値予測、手法別、2018-2030年
11.3.1. 核酸ベースの手法
11.3.2. タンパク質ベースの手法
11.3.3. バイオセンサーを用いた手法
11.4. 市場価値予測、アプリケーション別、2018-2030年
11.4.1. 疾患検査
11.4.1.1. 伝染病検査
11.4.1.2. 自己免疫疾患の検査
11.4.1.3. その他の疾患の検査
11.4.2. 食品汚染検査
11.4.3. 研究・開発
11.4.4. 獣医学的疾患検査
11.5. 市場価値予測、エンドユーザー別、2018-2030年
11.5.1. 製薬・バイオ医薬品企業
11.5.2. 臨床研究機関
11.5.3. 食品・飲料業界
11.5.4. 学術・研究機関
11.5.5. 診断センター
11.5.6. その他
11.6. 市場価値予測、国別、2018-2030年
11.6.1. 米国(U.S.)
11.6.2. カナダ
11.7. 市場魅力度分析
11.7.1. アッセイタイプ別
11.7.2. 技術別
11.7.3. アプリケーション別
11.7.4. エンドユーザー別
11.7.5. 国別
12. ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場の分析と予測
12.1. はじめに
12.1.1. 主な調査結果
12.2. 市場価値予測、アッセイタイプ別、2018-2030年
12.2.1. プラナーアッセイ
12.2.1.1. ブレンドプロテインアレイ(マルチプレックスELISA)
12.2.1.2. 抗体アレイ
12.2.2. ビーズベースアッセイ
12.2.2.1. 磁気ビーズベース
12.2.2.2. 非磁性ビーズベース
12.3. 市場価値予測、手法別、2018-2030年
12.3.1. 核酸ベースの手法
12.3.2. タンパク質ベースの手法
12.3.3. バイオセンサーを用いた手法
12.4. 市場価値予測、アプリケーション別、2018-2030年
12.4.1. 疾患検査
12.4.1.1. 伝染病検査
12.4.1.2. 自己免疫疾患の検査
12.4.1.3. その他の疾患の検査
12.4.2. 食品汚染検査
12.4.3. 研究・開発
12.4.4. 獣医学的疾患検査
12.5. 市場価値予測、エンドユーザー別、2018-2030年
12.5.1. 製薬・バイオ医薬品企業
12.5.2. 臨床研究機関
12.5.3. 食品・飲料業界
12.5.4. 学術・研究機関
12.5.5. 診断センター
12.5.6. その他
12.6. 国・サブリージョン別市場価値予測、2018-2030年
12.6.1. ドイツ
12.6.2. イギリス
12.6.3. フランス
12.6.4. イタリア
12.6.5. スペイン
12.6.6. その他のヨーロッパ諸国
12.7. 市場魅力度分析
12.7.1. アッセイタイプ別
12.7.2. 技術別
12.7.3. アプリケーション別
12.7.4. エンドユーザー別
12.7.5. 国・地域別
13. アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場の分析と予測
13.1. はじめに
13.1.1. 主な調査結果
13.2. 市場価値予測、アッセイタイプ別、2018-2030年
13.2.1. プラナーアッセイ
13.2.1.1. ブレンドプロテインアレイ(マルチプレックスELISA)
13.2.1.2. 抗体アレイ
13.2.2. ビーズベースアッセイ
13.2.2.1. 磁気ビーズベース
13.2.2.2. 非磁性ビーズベース
13.3. 市場価値予測(手法別、2018-2030年
13.3.1. 核酸ベースの手法
13.3.2. タンパク質ベースの手法
13.3.3. バイオセンサーを用いた手法
13.4. アプリケーション別市場価値予測、2018-2030年
13.4.1. 疾患検査
13.4.1.1. 伝染病検査
13.4.1.2. 自己免疫疾患の検査
13.4.1.3. その他の疾患の検査
13.4.2. 食品汚染検査
13.4.3. 研究および開発
13.4.4. 獣医学的疾患検査
13.5. 市場価値予測、エンドユーザー別、2018-2030年
13.5.1. 製薬・バイオ医薬品企業
13.5.2. 臨床研究機関
13.5.3. 食品・飲料業界
13.5.4. 学術・研究機関
13.5.5. 診断センター
13.5.6. その他
13.6. 市場価値予測、国・サブリージョン別、2018-2030年
13.6.1. 中国
13.6.2. インド
13.6.3. 日本
13.6.4. オーストラリアおよびニュージーランド
13.6.5. その他のアジア太平洋地域
13.7. 市場魅力度分析
13.7.1. アッセイタイプ別
13.7.2. 技術別
13.7.3. アプリケーション別
13.7.4. エンドユーザー別
13.7.5. 国・地域別
14. ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場の分析と予測
14.1. はじめに
14.1.1. 主な調査結果
14.2. 市場価値予測、アッセイタイプ別、2018-2030年
14.2.1. プラナーアッセイ
14.2.1.1. ブレンドプロテインアレイ(マルチプレックスELISA)
14.2.1.2. 抗体アレイ
14.2.2. ビーズベースアッセイ
14.2.2.1. 磁気ビーズベース
14.2.2.2. 非磁性ビーズベース
14.3. 市場価値予測、手法別、2018-2030年
14.3.1. 核酸ベースの手法
14.3.2. タンパク質ベースの手法
14.3.3. バイオセンサーを用いた手法
14.4. 市場価値予測、アプリケーション別、2018-2030年
14.4.1. 疾患検査
14.4.1.1. 伝染病検査
14.4.1.2. 自己免疫疾患の検査
14.4.1.3. その他の疾患の検査
14.4.2. 食品汚染検査
14.4.3. 研究・開発
14.4.4. 獣医学的疾患検査
14.5. 市場価値予測、エンドユーザー別、2018-2030年
14.5.1. 製薬・バイオ医薬品企業
14.5.2. 臨床研究機関
14.5.3. 食品・飲料業界
14.5.4. 学術・研究機関
14.5.5. 診断センター
14.5.6. その他
14.6. 市場価値予測、国・サブリージョン別、2018-2030年
14.6.1. ブラジル
14.6.2. メキシコ
14.6.3. その他のラテンアメリカ
14.7. 市場魅力度分析
14.7.1. アッセイタイプ別
14.7.2. 技術別
14.7.3. アプリケーション別
14.7.4. エンドユーザー別
14.7.5. 国・地域別
15. 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場の分析と予測
15.1. はじめに
15.1.1. 主な調査結果
15.2. 市場価値予測、アッセイタイプ別、2018-2030年
15.2.1. プラナーアッセイ
15.2.1.1. ブレンドプロテインアレイ(マルチプレックスELISA)
15.2.1.2. 抗体アレイ
15.2.2. ビーズベースアッセイ
15.2.2.1. 磁気ビーズベース
15.2.2.2. 非磁性ビーズベース
15.3. 市場価値予測、手法別、2018-2030年
15.3.1. 核酸ベースの手法
15.3.2. タンパク質ベースの手法
15.3.3. バイオセンサーを用いた手法
15.4. 市場価値予測、アプリケーション別、2018-2030年
15.4.1. 疾患検査
15.4.1.1. 伝染病検査
15.4.1.2. 自己免疫疾患の検査
15.4.1.3. その他の疾患の検査
15.4.2. 食品汚染検査
15.4.3. 研究・開発
15.4.4. 獣医学的疾患検査
15.5. 市場価値予測、エンドユーザー別、2018-2030年
15.5.1. 製薬・バイオ医薬品企業
15.5.2. 臨床研究機関
15.5.3. 食品・飲料業界
15.5.4. 学術・研究機関
15.5.5. 診断センター
15.5.6. その他
15.6. 市場価値予測、国・サブリージョン別、2018-2030年
15.6.1. GCC諸国
15.6.2. 南アフリカ共和国
15.6.3. その他の中近東・アフリカ地域
15.7. 市場魅力度分析
15.7.1. アッセイタイプ別
15.7.2. 技術別
15.7.3. アプリケーション別
15.7.4. エンドユーザー別
15.7.5. 国・地域別
16. 競争状況
16.1. 市場プレーヤー – 競合マトリックス(企業の階層別、規模別
16.2. 市場シェア分析(企業別、2018年
16.3. 企業のプロファイル
16.3.1. F. ホフマン・ラ・ロシュ社
16.3.1.1. 会社概要
16.3.1.2. 会社の財務状況
16.3.1.3. 成長戦略
16.3.1.4. SWOT分析
16.3.2. QIAGEN
16.3.2.1. 会社概要
16.3.2.2. 会社の財務状況
16.3.2.3. 成長戦略
16.3.2.4. SWOT分析
16.3.3. Merck KGaA
16.3.3.1. 会社概要
16.3.3.2. 会社の財務状況
16.3.3.3. 成長戦略
16.3.3.4. SWOT分析
16.3.4. マイクロシンセ社
16.3.4.1. 会社概要
16.3.4.2. 会社の財務状況
16.3.4.3. 成長戦略
16.3.4.4. SWOT分析
16.3.5. バイオ・ラッド・ラボラトリーズ
16.3.5.1. 会社概要
16.3.5.2. 会社の財務状況
16.3.5.3. 成長戦略
16.3.5.4. SWOT分析
16.3.6. サーモフィッシャーサイエンティフィック
16.3.6.1. 会社概要
16.3.6.2. 会社の財務状況
16.3.6.3. 成長戦略
16.3.6.4. SWOT分析
16.3.7. 株式会社ルミネックス
16.3.7.1. 会社概要
16.3.7.2. 会社の財務状況
16.3.7.3. 成長戦略
16.3.7.4. SWOT分析
16.3.8. ベクトン・ディッキンソン・アンド・カンパニー
16.3.8.1. 会社概要
16.3.8.2. 会社の財務状況
16.3.8.3. 成長戦略
16.3.8.4. SWOT分析
16.3.9. その他の著名なキープレイヤー

表の一覧

表01: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値(US$ Mn)予測、アッセイタイプ別、2018-2030年

表02: 多重検出イムノアッセイの世界市場数量(千台)予測、プラナーアッセイ別、2018-2030年

表03: 多重検出イムノアッセイの世界市場規模(千台)予測、ビーズベースアッセイ別、2018-2030年

表04: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値(US$ Mn)予測、手法別、2018-2030年

表05: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2018-2030年

表06: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値(US$ Mn)予測、疾患検査別、2018-2030年

表07: 多重検出イムノアッセイの世界市場収益(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2018-2030年

表08: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値(US$ Mn)予測、地域別、2018-2030年

表09:北米の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2018-2030年

表10:北米の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、アッセイタイプ別、2018-2030年

表11:北米の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、プラナーアッセイ別、2018-2030年

表12:北米の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、ビーズベースアッセイ別、2018-2030年

表13:北米の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、手法別、2018-2030年

表14:北米の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2018-2030年

表15:北米の多重検出イムノアッセイの市場価値(US$ Mn)予測、疾患検査別、2018-2030年

表16:北米の多重検出イムノアッセイの市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2018-2030年

表17:ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2018-2030年

表18:ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、アッセイタイプ別、2018-2030年

表19:ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、プラナーアッセイ別、2018-2030年

表20:ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、ビーズベースアッセイ別、2018-2030年

表21:ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、手法別、2018-2030年

表22:ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2018-2030年

表23: 欧州の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、疾患検査別、2018-2030年

表24: 欧州の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2018-2030年

表25: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2018-2030年

表26: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、アッセイタイプ別、2018-2030年

表27: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測:プラナーアッセイ別、2018-2030年

表28: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測:ビーズベースアッセイ別、2018-2030年

表29: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、手法別、2018-2030年

表30: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2018-2030年

表31: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、疾病検査別、2018-2030年

表32: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2018-2030年

表33: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2018-2030年

表34: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、アッセイタイプ別、2018-2030年

表35: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測:プラナーアッセイ別、2018-2030年

表36: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、ビーズベースアッセイ別、2018-2030年

表37: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、手法別、2018-2030年

表38: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2018-2030年

表39: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、疾病検査別、2018-2030年

表40: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2018-2030年

表41: 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2018-2030年

表42: 中東・アフリカのマルチプレックス検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測:アッセイタイプ別、2018-2030年

表43: 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測:プラナーアッセイ別、2018-2030年

表44: 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測:ビーズベースアッセイ別、2018-2030年

表45: 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、手法別、2018-2030年

表46: 中東・アフリカのマルチプレックス検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2018-2030年

表47: 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、疾患検査別、2018-2030年

表48: 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2018-2030年

図のリスト

図01: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値(US$ Mn)予測、2018-2030年

図02: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値シェア、手法別、2019年

図03: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値シェア、アプリケーション別、2019年

図04: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値シェア、アッセイタイプ別、2019年

図05:多重検出イムノアッセイの世界市場価値シェア:エンドユーザー別、2019年

図06:多重検出イムノアッセイの世界市場価値シェア分析、タイプ別、2019年および2030年

図07: 多重検出イムノアッセイの世界市場魅力度分析、タイプ別、2020-2030年

図08: 多重検出イムノアッセイの世界市場収益(US$ Mn)、プラナーアッセイ別、2018-2030年

図09:多重検出イムノアッセイの世界市場売上高(US$ Mn)、ビーズベースアッセイ別、2018-2030年

図10: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値シェア分析、手法別、2019年および2030年

図11: 多重検出イムノアッセイの世界市場魅力度分析、手法別、2020-2030年

図12: 多重検出イムノアッセイの世界市場収益(US$ Mn)、核酸ベースの手法別、2018-2030年

図13: 多重検出イムノアッセイの世界市場収益(US$ Mn)、タンパク質ベースの手法別、2018-2030年

図14:多重検出イムノアッセイの世界市場収益(US$ Mn)、バイオセンサーベースの技法別、2018-2030年

図15:アプリケーション別多重検出イムノアッセイ世界市場価値シェア分析、2019年および2030年

図16: 多重検出イムノアッセイの世界市場魅力度分析、アプリケーション別、2020-2030年

図17: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値(US$ Mn)、疾病検査別、2018-2030年

図18: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値(US$ Mn)、食品汚染検査別、2018-2030年

図19: 研究開発別の多重検出イムノアッセイの世界市場価値 (US$ Mn)、2018-2030年

図20: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値(US$ Mn)、獣医学的疾患検査別、2018-2030年

図21: 多重検出イムノアッセイの世界市場価値シェア分析、エンドユーザー別、2019年および2030年

図22:エンドユーザー別の多重検出イムノアッセイの世界市場魅力度分析、2020年~2030年

図23:世界の多重検出イムノアッセイ市場収益(US$ Mn)、製薬・バイオ医薬品企業別、2018-2030年

図24: 多重検出イムノアッセイの世界市場収益 (US$ Mn)、臨床研究機関別、2018-2030年

図25: マルチプレックス検出イムノアッセイの世界市場収益(US$ Mn)、食品・飲料業界別、2018-2030年

図26: マルチプレックス検出イムノアッセイの世界市場収益(US$ Mn):学術・研究機関別、2018-2030年

図27: 多重検出イムノアッセイの世界市場収益(US$ Mn):診断センター別、2018-2030年

図28: 多重検出イムノアッセイの世界市場収益(US$ Mn)、その他別、2018-2030年

図29: 2019年および2030年の世界の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、地域別

図30: 図30: 世界の多重検出イムノアッセイ市場の魅力度分析、地域別、2020-2030年

図31: 北米の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測および前年比成長率(%)予測、2018-2030年

図32: 北米の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア、国別、2019年~2030年

図33: 図33: 北米の多重検出イムノアッセイ市場の魅力度分析、国別、2019年~2030年

図34: 北米の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、アッセイタイプ別、2019年および2030年

図35: 図35:北米の多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、アッセイタイプ別、2020-2030年

図36: 北米の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、手法別、2019年および2030年

図37: 北米の多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、手法別、2020-2030年

図38: 北米の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、アプリケーション別、2019年および2030年

図39: 北米の多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、アプリケーション別、2020年~2030年

図40: 北米の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、エンドユーザー別、2019年および2030年

図41: 北米の多重検出イムノアッセイ市場の魅力分析、エンドユーザー別、2020年~2030年

図42: ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測とY-o-Y成長(%)予測、2018-2030年

図43: ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア、国・サブリージョン別、2019年~2030年

図44: ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場の魅力度分析、国/サブリージョン別、2019年~2030年

図45: ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、アッセイタイプ別、2019年および2030年

図46: ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場の魅力分析、アッセイタイプ別、2020-2030年

図47: ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、手法別、2019年および2030年

図48: 欧州の多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、手法別、2020-2030年

図49: ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、アプリケーション別、2019年および2030年

図50: 欧州の多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、アプリケーション別、2020-2030年

図51: ヨーロッパの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、エンドユーザー別、2019年および2030年

図52: 欧州の多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、エンドユーザー別、2020年~2030年

図53: 図53:アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測およびY-o-Y成長(%)予測、2018年~2030年

図54: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア、国・サブリージョン別、2019年~2030年

図55: 図55:アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場の魅力度分析、国/サブリージョン別、2019年~2030年

図56: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、アッセイタイプ別、2019年および2030年

図57: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場の魅力分析、アッセイタイプ別、2020年~2030年

図58: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、手法別、2019年および2030年

図59: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、手法別、2020-2030年

図60:アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、アプリケーション別、2019年および2030年

図61: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、アプリケーション別、2020-2030年

図62: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、エンドユーザー別、2019年および2030年

図63: アジア太平洋地域の多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、エンドユーザー別、2020-2030年

図64: 図64:ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測およびY-o-Y成長(%)予測、2018年~2030年

図65: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア、国・サブリージョン別、2019年~2030年

図66: 図66:ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場の魅力度分析、国/サブ地域別、2019年~2030年

図67: 図67:ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、アッセイタイプ別、2019年および2030年

図68: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場魅力度分析、アッセイタイプ別、2020-2030年

図69: ラテンアメリカのマルチプレックス検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、手法別、2019年および2030年

図70: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析:手法別、2020-2030年

図71: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、アプリケーション別、2019年および2030年

図72: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、アプリケーション別、2020-2030年

図73: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、エンドユーザー別、2019年および2030年

図74: ラテンアメリカの多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析、エンドユーザー別、2020年~2030年

図75: 図75:中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値(US$ Mn)予測およびY-o-Y成長(%)予測、2018年~2030年

図76: 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア、国・サブ地域別、2019年~2030年

図77: 図77:中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場の魅力度分析、国・サブ地域別、2019年~2030年

図78: 図78:中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、アッセイタイプ別、2019年および2030年

図79: 図79:中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場の魅力度分析、アッセイタイプ別、2020年~2030年

図80:中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア分析、手法別、2019年および2030年

図81: 図81:中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析:手法別、2020-2030年

図82: 図82:中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、アプリケーション別、2019年および2030年

図83: 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場の魅力的な分析:アプリケーション別、2020-2030年

図84: 中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場価値シェア(%)、エンドユーザー別、2019年および2030年

図85: 図85:中東・アフリカの多重検出イムノアッセイ市場の魅力度分析、エンドユーザー別、2020年~2030年

図86: 多重検出イムノアッセイの世界市場シェア分析、企業別、2019年

www.marketreport.jp/multiplex-detection-immunoassays-market-assay-tmr21mc090

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です